"航空宇宙用テープの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7326)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空宇宙用テープの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The aerospace tapes market is projected to register a CAGR of 4.0%, in terms of value, between 2019 and 2024.The aerospace tapes market is projected to grow from USD 2.0 billion in 2019 to USD 2.4 billion by 2024, at a CAGR of 4.0% between 2019 and 2024. The major driving factors in the aerospace tapes market are initiatives taken by governments of China and India, increasing demand for lightweight and more fuel-efficient aircraft, growing demand for passenger aircraft in emerging regions, and replacement of old/aging aircraft and modernization of existing aircraft.

However, a shortage of profitable airlines in emerging economies and reduced defense spending in developed economies are expected to restrain the growth of the market. The rising influence of low-cost airlines and the emergence of aircraft manufacturers in APAC and South America will bring new growth opportunities for this market. Delay in aircraft deliveries and costly MRO services are the challenges faced by this market during the forecast period.

The silicone-based resin segment is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period.
The performance of silicone-based aerospace tapes is excellent on low surface energy substrates. Silicone resins consist of silicone polymers and are used widely in the aerospace industry as the aircraft are exposed to extreme environments. These tapes are used in the form of masking tapes, process tapes, and high-performance insulation film/laminates.

Silicone-based aerospace tapes can maintain adhesion over a high-temperature range and possesses the ability to adhere to tough surfaces. Silicone-based aerospace tapes are used for specialty shielding applications and often find usage as high-performance masking tape. These tapes prevent aircraft windows from damage during chemical stripping of old paint and for the cleaning of aircraft, among several other applications.

Paper/tissue backed aerospace tapes are expected to be the largest and fastest-growing backing material during the forecast period
Paper/tissue-backed aerospace tapes have high growth opportunities in the aerospace industry. The growing awareness of aerospace tapes in different parts of an aircraft has encouraged tape manufacturers to focus on products where these tapes can replace other fastening systems. They are relatively thin, flexible, and also smooth, which makes them suitable for aircraft manufacturing. The quality of paper backing tapes can differ widely based on the type of raw material used in the production of paper. The use of paper backing material depends on the quality and where, how long, and for what purpose the aerospace tapes are to be used.

The market in the commercial aviation end-use industry is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.
Aerospace tapes witness high demand from the commercial aviation industry compared to military and general aviation industries. The current surge in demand for commercial aircraft would benefit the leading OEMs and their suppliers in the US. As the standard of living is improving in developing countries, the demand for air travel will continue to grow. Wide and narrow-body aircraft deliveries are expected to drive most of the market growth. As per Boeing’s report on World Air Cargo Forecast, the global air cargo traffic has grown on an average by 5.2% every year since 1983, adding to the growth of the aerospace tapes market in commercial aviation.

North America is expected to be the largest region in the aerospace tapes market during the forecast period.
Despite the maturity of the market, there is a demand for aerospace tapes in both the US and Canada due to the presence of manufacturing facilities and distribution networks of the major market players. The aerospace industry in North America is highly regulated, which plays a key role in monitoring the performance and commercialization of aerospace tapes. The aerospace tapes market in Mexico is comparatively smaller than that in the US and Canada, but it is a rapidly growing market as aerospace is one of the largest industries of the country’s manufacturing sector. According to Boeing, there will be a demand for 7,290 airplanes in the next 15 years in North America. According to Bombardier, North America will require 3,650 aircraft in the next 15 years. This is expected to boost the demand for aerospace tapes in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in aerospace tapes market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 30%
• By Designation: C Level – 20%, D Level – 30%, and Others – 50%
• By Region: North America – 20%, APAC – 40%, Europe – 20%, South America- 10%, and the Middle East & Africa – 10%

The key companies profiled in this report are the 3M Company (US), Nitto Denko Corporation (Japan), Avery Dennison Corporation (US), tesa SE (Germany), Scapa Group plc (UK), Intertape Polymer Group (Canada), Compagnie de Saint-Gobain S.A. (France), Berry Global, Inc. (US), Advance Tapes International (UK), Stokvis Tapes BV (Netherlands), Shurtape Technologies, LLC (US), DeWAL Industries (US), MBK Tape Solutions (US), GERGONNE – The Adhesive Solution (France), Adhesives Research, Inc. (US), American Biltrite Inc. (US), Can-Do National Tape, Inc. (US), Av-DEC, Inc. (US), JTAPE Limited (UK), Fralock Innovative Materials Manufacturing & Automation (US), UltraTape (US), and Mask-Off Company, Inc. (US).

Research Coverage:
This report provides detailed segmentation of the aerospace tapes market based on resin type, backing material, end-use industry, and region. Resin type is divided into acrylic, rubber, silicone, and others. With respect to the backing material, the aerospace tapes market has been segmented into paper/tissue, film, foam, and others. Based on end-use industry, the market has been segmented into commercial aviation, military aviation, and general aviation. Based on the region, the market has been segmented into North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East & Africa, and South America.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share ranking of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"航空宇宙用テープの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Aerospace Tapes: Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Aerospace Tapes Market
4.2 Aerospace Tapes Market, By Resin Type
4.3 Aerospace Tapes Market, By Backing Material
4.4 Aerospace Tapes Market, By End-Use Industry and Key Countries
4.5 Aerospace Tapes Market, Developed vs. Developing Countries
4.6 APAC: Aerospace Tapes Market
4.7 Aerospace Tapes Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Initiatives Taken By Governments of China and India
5.2.1.2 Increasing Demand for Lightweight and More Fuel-Efficient Aircraft
5.2.1.3 Increasing Demand for Passenger Aircraft in Emerging Regions
5.2.1.4 Replacement of Old/Aging Aircraft and Modernization of Existing Aircraft
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Shortage of Profitable Airlines in Emerging Economies
5.2.2.2 Reduced Defense Spending in Developed Economies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Influence of Low-Cost Airlines
5.2.3.2 Emergence of Aircraft Manufacturers in APAC and South America
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Delay in Aircraft Deliveries
5.2.4.2 Costly Mro Services
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Bargaining Power of Buyers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview & Industry Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Growth Trends in Aerospace Industry
5.5 Impact on Aerospace Division on Future Revenue Pockets of the Manufacturers
5.5.1 Mega Industry Trends
5.5.1.1 Continued Technological Advancement
5.5.1.2 Unmanned Aircraft Systems (UAS)
5.5.1.3 In-Flight Entertainment & Connectivity
5.5.1.4 Strong Replacement Demand
5.5.1.5 Decline in Fuel Prices
5.5.1.6 Increasing Focus on Enhancing Safety and Efficiency
6 Aerospace Tapes Market, By Category (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.1.1 Specialty
6.1.2 Masking
7 Aerospace Tapes Market, By Application (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.1.1 Interior
7.1.2 Exterior
8 Aerospace Tapes Market, By Resin Type (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Acrylic
8.2.1 Demand for Acrylic Resins in Aerospace Interiors Application is Boosting their Demand
8.3 Rubber
8.3.1 Rubber-Based Aerospace Tapes Possess High Tack and Peel Strength and are More Economical Than Most of the Acrylic Tapes
8.4 Silicone
8.4.1 Silicone Resins Consist of Silicone Polymers and are Widely Used in the Aerospace Industry as Aircraft are Exposed to Extreme Environments
8.5 Others
9 Aerospace Tapes Market, By Backing Material (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Paper/Tissue
9.2.1 Repulpable Nature of Paper to Drive the Use of Paper/Tissue Backing Material in Aerospace Tapes Market
9.3 Film
9.3.1 Excellent Properties of Pp, Ptfe, and Pet Films are Expected to Drive the Aerospace Tapes Market
9.4 Foam
9.4.1 Growing Awareness About Foam Tapes in Military Aviation has Increased the Number of Foam-Backed Aerospace Tape Manufacturers
9.5 Others
10 Aerospace Tapes Market, By End-Use Industry (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 Commercial Aviation
10.2.1 Increasing Demand for Air Travel Owing to the Improving Standard of Living in Developing Regions to Boost Commercial Aviation Segment
10.3 Military Aviation
10.3.1 Fifth-Generation Technology Aircraft, Advanced Composite Materials, and Stealth Technology are Emerging Trends for Military Aircraft
10.4 General Aviation
10.4.1 Business Jets to Witness Fast Growth Owing to Rising Demand From Brics Countries
11 Aerospace Tapes Market, By Region (Page No. – 72)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Presence of Manufacturing Facilities of the Key Market Players, Strong Commercial Aviation Sector, and Increasing Air Passenger Traffic are the Market Drivers
11.2.2 Canada
11.2.2.1 The Market is Expected to Grow, Owing to A Full Range of Manufacturing Capabilities for the Aerospace Industry
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Aerospace is One of the Largest Industries in the Manufacturing Sector in the Country
11.3 Europe
11.3.1 Russia
11.3.1.1 The Aircraft Manufacturing Sector is A Key Contributor to the Economy of the Country
11.3.2 France
11.3.2.1 The Country’s Aerospace Industry is Heavily Reliant on the Export Market
11.3.3 UK
11.3.3.1 The Presence of Top Aircraft Design Companies in London is Helping the Market Growth
11.3.4 Germany
11.3.4.1 The Growing Domestic and International Air Travel in the Country is Expected to Aid the Market to Grow in the Near Future
11.3.5 Italy
11.3.5.1 The Increasing Demand for New Airplanes for Fleet Expansion and Replacement is Fueling the Market
11.3.6 Spain
11.3.6.1 Spain is A Promising Market, Owing to the Shifting Manufacturing Base to the Country
11.3.7 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 The Growth of the Aircraft Manufacturing and Maintenance Sector is Favorable for the Market
11.4.2 Japan
11.4.2.1 The Demand for New Airplanes to Replace the Older Ones is Likely to Influence the Market, Positively
11.4.3 India
11.4.3.1 Government’s Initiative to Make Air Travel More Affordable and Growth in Air Passenger Traffic are Contributing to the Market Growth
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 The Demand is Expected to Grow in Both the Commercial and General Aviation Segments
11.4.5 Singapore
11.4.5.1 Growth in Demand for Aircraft Parts Manufacturing and Low-Cost Carriers are Likely to Impact the Market
11.4.6 Rest of APAC
11.5 Middle East & Africa
11.5.1 Israel
11.5.1.1 The Presence of Oems is Boosting the Market
11.5.2 Turkey
11.5.2.1 Major Companies are Spending on Branding By Creating Awareness About Aerospace Tapes in the Country
11.5.3 Rest of Middle East & Africa
11.6 South America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 The Country is One of the Only Five Commercial Jet Manufacturers, Globally
11.6.2 Rest of South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 99)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Strength of Product Portfolio
12.4 Business Strategy Excellence
12.5 Market Ranking Analysis
12.6 Competitive Scenario
12.6.1 Merger & Acquisition
12.6.2 Investment & Expansion
13 Company Profiles (Page No. – 107)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 3M Company
13.2 Nitto Denko Corporation
13.3 Avery Dennison Corporation
13.4 Tesa SE
13.5 Scapa Group Plc
13.6 Intertape Polymer Group
13.7 Compagnie De Saint-Gobain
13.8 Berry Global Group, Inc.
13.9 Advance Tapes International
13.10 DeWAL Industries, Inc.
13.11 Other Key Companies
13.11.1 Shurtape Technologies, LLC
13.11.2 Stokvis Tape Bv
13.11.3 MBK Tape Solutions
13.11.4 GERGONNE – the Adhesive Solution
13.11.5 Adhesives Research, Inc.
13.11.6 American Biltrite Inc.
13.11.7 Can-Do National Tape, Inc.
13.11.8 Av-DEC, Inc.
13.11.9 JTAPE Limited
13.11.10 Fralock Innovative Materials Manufacturing & Automation
13.11.11 Ultratape
13.11.12 Mask-Off Company, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 136)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空宇宙用テープの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7326
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空宇宙用テープの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • XPS(X線光電子分光法)の世界市場分析:使用法別(要素検出、汚染検出、密度推定、経験式決定)、用途別(ヘルスケア、半導体、電子、航空宇宙、自動車、法医学、食品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、XPS(X線光電子分光法)の世界市場について調査・分析し、XPS(X線光電子分光法)の世界市場動向、XPS(X線光電子分光法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別XPS(X線光電子分光法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グラフデータベースの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、データベースタイプ別(リレーショナル(SQL)、非リレーショナル(NoSQL))、分析タイプ別(パス分析、接続性分析、コミュニティ分析、中心性分析)、用途別(不正検出およびリスク管理、マスターデータ管理、顧客分析、IDおよびアクセス管理、推奨エンジン、プライバシーおよびリスクコンプライアンス、その他)
    本資料は、グラフデータベースの世界市場について調べ、グラフデータベースの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、データベースタイプ別(リレーショナル(SQL)、非リレーショナル(NoSQL))分析、分析タイプ別(パス分析、接続性分析、コミュニティ分析、中心性分析)分析、用途別(不正検出およびリスク管理、マスターデータ管理、顧客分析、IDおよびアクセス管理、推奨エンジン、プライバシーおよびリスクコンプライアンス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・グラフデータベースの世界市場概要 ・グラフデータベースの世界市場環境 ・グラフデータベースの世界市場動向 ・グラフデータベースの世界市場規模 ・グラフデータベースの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・グラフデータベースの世界市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・グラフデータベースの世界市場:データベースタイプ別(リレーショナ …
  • 太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム)、ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他)、用途別(住宅用、商業用、工業用)、最終用途別(発電、加熱、充電、照明)
    当調査レポートでは、太陽光エネルギーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、ソーラーモジュール別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム) ・太陽光エネルギーの世界市場:ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他) ・太陽光エネルギーの世界市場:用途別(住宅用、商業用、工業用) ・太陽光エネルギーの世界市場:最終用途別(発電、加熱、充電、照明) ・太陽光エネルギーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ドローン識別システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、ドローン識別システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 組織診断の世界市場予測(~2022年):消耗品、装置、技術、疾患、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、組織診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、疾患別分析、需要先別分析、組織診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブキオスクの世界市場:種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク)、業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他)
    本市場調査レポートではインタラクティブキオスクについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク)分析、業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・インタラクティブキオスクの世界市場:種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク) ・インタラクティブキオスクの世界市場:業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他) ・インタラクティブキオスクの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 装甲車両の世界市場:製品別(防衛、商業)、用途別(主力戦車、装甲兵員輸送車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、装甲車両の世界市場について調査・分析し、装甲車両の世界市場動向、装甲車両の世界市場規模、市場予測、セグメント別装甲車両市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のマスカラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマスカラ市場2015について調査・分析し、マスカラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬剤
  • 電気圧力釜の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気圧力釜の世界市場について調査・分析し、電気圧力釜の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気圧力釜シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気圧力釜種類別分析(機械式タイマ型、デジタル・プログラミング型)、電気圧力釜用途別分析(商用、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気圧力釜の市場概観 ・電気圧力釜のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気圧力釜のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気圧力釜の世界市場規模 ・電気圧力釜の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気圧力釜のアメリカ市場規模推移 ・電気圧力釜のカナダ市場規模推移 ・電気圧力釜のメキシコ市場規模推移 ・電気圧力釜のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気圧力釜のドイツ市場規模推移 ・電気圧力釜のイギリス市場規模推移 ・電気圧力釜のロシア市場規模推移 ・電気圧力釜のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・電気圧力釜 …
  • セルラーM2M通信およびサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルラーM2M通信およびサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルラーM2M通信およびサービスの世界市場規模及び予測、産業別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘビーデューティ型ポンプの世界市場
    当調査レポートでは、ヘビーデューティ型ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘビーデューティ型ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 感熱式&インクジェットディスクプリンタの米国、日本、欧州市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • フィンランドの整形外科装置市場見通し
  • 世界のシートベルトプリテンショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のシートベルトプリテンショナー市場2015について調査・分析し、シートベルトプリテンショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドエンタープライズの世界市場予測(~2021):プラットフォーム別(デバイス、接続性管理&アプリケーション対応)、ソリューション別、サービス別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、コネクテッドエンタープライズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、コネクテッドエンタープライズの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気ヒューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気ヒューズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体メモリIPの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体メモリIPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、半導体メモリIPの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • バスバー中継システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、バスバー中継システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、需要先別分析、出力別分析、導体別分析、地域別分析、バスバー中継システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 自動車用スノーチェーンの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用スノーチェーンの世界市場について調査・分析し、自動車用スノーチェーンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用スノーチェーンの世界市場:市場動向分析 - 自動車用スノーチェーンの世界市場:競争要因分析 - 自動車用スノーチェーンの世界市場:製品別 ゴム鎖 鉄鎖 ディトコマンティス鎖 その他の製品 - 自動車用スノーチェーンの世界市場:用途別 乗用車 商用自動車 - 自動車用スノーチェーンの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用スノーチェーンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用スノーチェーンのヨーロッパ市場規模 - 自動車用スノーチェーンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用スノーチェーンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 衛星トランスポンダの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星トランスポンダの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は衛星トランスポンダの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Eutelsat• Inmarsat• Intelsat• SES等です。
  • 製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場2017-2021:ソフトウェア、サービス、ハードウェア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は製品ライフサイクル・資産管理におけるIoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、IBM、PTC、RapidValue、SAP、Siemens等です。
  • 中国のジネブ市場2015
    本調査レポートでは、中国のジネブ市場2015について調査・分析し、ジネブの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 包装ウコンベース飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装ウコンベース飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装ウコンベース飲料市場規模、用途別(健康・ウェルネス、医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dunn's River Brands, Gaia Herbs, House Foods Group, Just-C, Numi, Unileverなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装ウコンベース飲料の世界市場概要 ・包装ウコンベース飲料の世界市場環境 ・包装ウコンベース飲料の世界市場動向 ・包装ウコンベース飲料の世界市場規模 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:業界構造分析 ・包装ウコンベース飲料の世界市場:用途別(健康・ウェルネス、医薬品) ・包装ウコンベース飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装ウコンベース飲料の北米市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・包装ウコンベース飲料のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • カタログ管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カタログ管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カタログ管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 カタログ管理は、製品カタログを管理する戦略的プロセスであり、販売チャネル全体において製品データの質を保証します。カタログ管理には、各販売チャネルにおける製品データの整理、標準化、発行を含んでいます。Technavio社はカタログ管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Coupa Software• Hubwoo• Oracle• SAP等です。
  • トルコの心臓律動管理装置市場見通し
  • クラスDオーディオアンプの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、デバイス別(スマートフォン、テレビ、ホームオーディオシステム、自動車用インフォテインメントシステム)分析、アンプ種類別(モノチャンネル、2チャンネル、4チャンネル、6チャンネル)分析、エンドユーザー産業別分析、クラスDオーディオアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラスDオーディオアンプの世界市場規模が2019年23億ドルから2024年36億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 世界のレパグリニド市場2015
    本調査レポートでは、世界のレパグリニド市場2015について調査・分析し、レパグリニドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ポリアミド(PA)、ポリカーボネート(PC)、ポリアセタール(POM)、ポリエステル(PBT)、ABS樹脂(ABS)、スチレンアクリル(SAN)
  • 塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シュガーフリー食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シュガーフリー食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シュガーフリー食品・飲料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 全粒粉高繊維食品の世界市場
    当調査レポートでは、全粒粉高繊維食品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・全粒粉高繊維食品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・全粒粉高繊維食品の世界市場:繊維種類別分析/市場規模 ・全粒粉高繊維食品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・全粒粉高繊維食品のアメリカ市場規模予測 ・全粒粉高繊維食品のヨーロッパ市場規模予測 ・全粒粉高繊維食品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の下大静脈フィルター市場2015
    本調査レポートでは、世界の下大静脈フィルター市場2015について調査・分析し、下大静脈フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 世界の発酵化学薬品市場規模・予測2017-2025:商品別(酵素、有機酸、アルコール)、用途別(食品・飲料、産業用、プラスチック・ファイバー、栄養・医薬品)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の発酵化学薬品市場について調査・分析し、世界の発酵化学薬品市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の発酵化学薬品関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • スマートビルディングの世界市場予測(~2022年):ビルディング自動化ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートビルディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、ビルタイプ別分析、地域別分析、スマートビルディングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器用コーティングの世界市場分析:製品別(親水性、抗菌性、薬物溶出性、抗血栓性)、用途別(神経学、整形外科、一般外科、心臓血管、歯科、婦人科)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療機器用コーティングの世界市場について調査・分析し、医療機器用コーティングの世界市場動向、医療機器用コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器用コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空管制(ATC)の世界市場予測(~2022年):ATCSCC、ARTCC、TRACON、ATCT、FSS
    当調査レポートでは、航空管制(ATC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、領空別分析、用途別分析、分野別分析、地域別分析、航空管制(ATC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペンニ—ドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペンニ—ドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ペンニ—ドルの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場の規模と分析:エンドユーザー別、サービス別、ソリューション別(物理ネットワークインフラストラクチャ、仮想化/制御ソフトウェア、SDNアプリケーション)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場について調査・分析し、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場動向、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファイバレーザの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバレーザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファイバレーザの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファイバレーザの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IPG Photonics• ROFIN-SINAR Technologies • TRUMPF• Newport• Coherent等です。
  • BOXIPCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BOXIPCの世界市場について調査・分析し、BOXIPCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BOXIPCシェア、市場規模推移、市場規模予測、BOXIPC種類別分析(ファンレス、従来型)、BOXIPC用途別分析(鉄道輸送建設、工業オートメーション、インテリジェントサービス、電力・エネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BOXIPCの市場概観 ・BOXIPCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BOXIPCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BOXIPCの世界市場規模 ・BOXIPCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BOXIPCのアメリカ市場規模推移 ・BOXIPCのカナダ市場規模推移 ・BOXIPCのメキシコ市場規模推移 ・BOXIPCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BOXIPCのドイツ市場規模推移 ・BOXIPCのイギリス市場規模推移 ・BOXIPCのロシア市場規模推移 ・BOX …
  • 臓器保存の世界市場:ソリューション、技術、臓器種類、地域別分析
    当調査レポートでは、臓器保存の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、保存ソリューション別分析、技術別分析、臓器種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 爪切りの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、爪切りの世界市場について調査・分析し、爪切りの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別爪切りシェア、市場規模推移、市場規模予測、爪切り種類別分析(爪切り、ニッパー型爪切り、爪切りばさみ、その他)、爪切り用途別分析(人間用、動物用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・爪切りの市場概観 ・爪切りのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・爪切りのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・爪切りの世界市場規模 ・爪切りの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・爪切りのアメリカ市場規模推移 ・爪切りのカナダ市場規模推移 ・爪切りのメキシコ市場規模推移 ・爪切りのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・爪切りのドイツ市場規模推移 ・爪切りのイギリス市場規模推移 ・爪切りのロシア市場規模推移 ・爪切りのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・爪切りの日本市場規模推移 ・爪切りの中国市場規模推移 ・爪切りの韓国市場規模推移 …
  • 法医学技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、法医学技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、法医学技術市場規模、製品別(弾丸鑑識装置、バイオメトリック装置、デジタル・フォレンジック、DNA検査、その他)分析、種類別(自動リキッドハンドリング技術、キャピラリー電気泳動、マイクロアレイ、次世代シークエンシング、高速DNA分析、その他)分析、ロケーション別(検査室用、ポータブル型)分析、サービス別(銃器分析、DNAプロファイリング、指紋分析、化学分析、その他)分析、用途別(遺伝薬理学、法廷/法執行、生物兵器防衛/生物学的監視)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 法医学技術の世界市場:市場動向分析 ・ 法医学技術の世界市場:競争要因分析 ・ 法医学技術の世界市場:製品別(弾丸鑑識装置、バイオメトリック装置、デジタル・フォレンジック、DNA検査、その他) ・ 法医学技術の世界市場:種類別(自動リキッドハンドリング技術、キャピラリー電気泳動、マイクロアレイ、次世代シー …
  • 世界の屋根用化学物質市場2015
    本調査レポートでは、世界の屋根用化学物質市場2015について調査・分析し、屋根用化学物質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Kohinoor Energy Limited:発電所および企業SWOT分析2015
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"