"コンテナセキュリティの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7329)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンテナセキュリティの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global container security market size to grow at a CAGR of 30.9% during the forecast periodThe global container security market size to grow from USD 568 million in 2019 to USD 2,178 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 30.9% during the forecast period. The global container security market is expected to have significant growth potential, due to the increasing vulnerabilities and cyberattacks, a large number of open-source vendors offering container platforms, increasing popularity of microservices, growing digital transformation across enterprises, and need to adhere to regulatory policies. However, limited security budget among Small and Medium Enterprises (SMEs) may limit the market growth.

SMEs to grow at a higher CAGR during the forecast period
SMEs have gradually started adopting technological advancements, automating their business operations, and providing customer-centric services. They have realized that immediate response, quick business decisions, and customer satisfaction are the most important features needed to expand the business, generate more revenue, and ensure the desired outcome. The adoption of container security is expected to result in increased revenue, desired outcome, and improved business efficiency for SMEs.

APAC to grow at the highest growth rate during the forecast period
Asia Pacific (APAC) has the world’s fastest-growing economies, and technology penetration in the region is high. The region covers some of the potential market countries, such as China, Japan, South Korea, Indonesia, Thailand, Malaysia, and Singapore. The affordability and ease of deployment of container services among enterprises are one of the driving factors for the adoption of container security in the region. APAC is expected to experience extensive growth opportunities in the next few years.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the container security market.

The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By Designation: C level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By Region: North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global container security market include Aqua Security (Israel), Alert Logic (US), Anchore (US), Qualys (US), Docker (US), NeuVector (US), Aporeto, (US), Trend Micro (Japan), Red Hat (US), CloudPassage (US), Black Duck (US), Twistlock (US), Thales Group (France), Google (US), and Guardicore (Israel).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the container security market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global container security market by component, deployment type, organization size, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide the market leaders/new entrants in the container security market, information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall container security market and subsegments. The report would also help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コンテナセキュリティの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Participants’ Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Container Security Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Service, 2019–2024
4.4 Market Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.5 Market By Deployment Type, 2019
4.6 Market By Organization Size, 2019
5 Container Security Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Vulnerabilities and Cyberattacks to Promote Container Security Platforms
5.2.1.2 Presence of A Large Number of Open-Source Vendors Offering Container Platforms
5.2.1.3 Increasing Popularity of Microservices and Digital Transformation Across Enterprises
5.2.1.4 Need to Adhere to Regulatory Standards
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Security Budgets Among SMEs
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Cloud-Based Containers (Container as A Service) Across Industry Verticals
5.2.3.2 Expanding Range of IoT Applications
5.2.3.3 Leveraging AI and Ml to Provide Better Container Security
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Technical Expertise and Lack of Awareness About Container Technologies and Security
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Red Hat
5.3.2 Use Case: Trend Micro
5.3.3 Use Case: Docker
5.4 Innovation Spotlight
5.4.1 Sysdig
5.4.2 Prophaze
5.4.3 Synk
6 Container Security Market By Feature (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Vulnerability Management
6.3 Runtime Protection
6.4 Compliance Management
6.5 Secrets Management
6.6 Continuous Integration/Continuous Delivery Integrations
6.7 Access Control
7 Container Security Market By Component (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Container Security Platform
7.2.1 Container Security Platform Enables Enterprises to Secure Their Virtual Container Environments From Development to Production
7.3 Services
7.3.1 Deployment and Integration
7.3.1.1 Deployment and Integration Services Ensure the Proper Integration of the Container Security Platform and Services
7.3.2 Support and Maintenance
7.3.2.1 Support and Maintenance Services Address the Technical Queries and Deliver Cost-Effective Support, Enabling Improved Business Performance
7.3.3 Training and Consulting
7.3.3.1 Training and Consulting Services to Help Enterprises Make the Right and Informed Decisions to Achieve the Desired Outcome
8 Container Security Market By Deployment Type (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Safety and Security Offered By the Cloud to Increase the Adoption of Cloud Deployment Type in the Container Security Market
8.3 On-Premises
8.3.1 Increasing Need to Maintain Compliances and Ensure the Security of Applications to Drive the Adoption of On-Premises Container Security
9 Container Security Market By Organization Size (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Large Enterprises
9.2.1 Large Enterprises Increasing Investment in Container Security and Associated Services to Drive Market Growth
9.3 Small and Medium-Sized Enterprises
9.3.1 Adaptability of Small and Medium-Sized Enterprises for New Technology Adoption to Drive the Deployment of Container Security
10 Container Security Market By Vertical (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Container Security to Offer Various Benefits, Enabling the BFSI Vertical to Invest Heavily in the Market
10.3 Retail
10.3.1 Retailers to Push Forward to Adopt Cloud-Based Container Services, Which Increases the Demand for Container Security
10.4 Healthcare
10.4.1 Enterprises Increasingly Adopted Container Security, as They Enable Health, IT, and Devops Teams to Quickly and Securely Deploy Applications in A Hipaa-Compliant Cloud
10.5 IT and Telecommunication
10.5.1 Increasing Demand for Container Services to Provide On-Demand Availability of Information and Real-Time Services to ITs Customers Driving the Container Security Market Growth
10.6 Government
10.6.1 Adoption of Container Technology in the Government Vertical to Increase the Deployment of Container Security
10.7 Manufacturing
10.7.1 Manufacturers Implement Cloud-Based Container Services to Optimize Supply Chains for Cost, Quality, and Efficiency
10.8 Others
11 Container Security Market By Region (Page No. – 65)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Increasing Collaborations and Partnerships to Drive the Growth of the Container Security Market in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Container Security Market to Witness A High Growth Rate Due to Technological Advancements and Increase in the Adoption of Container Security
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Focus on Container Security Programs to Drive the Adoption of Container Security in the UK
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Initiatives By Government and Private Firms to Increase Container Security Adoption in Germany
11.3.3 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Alibaba and Docker to Drive China’s Container Security Industry
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Japan to Form Different Partnerships, Collaborations, and Hosting Seminars With the Aim of Developing IoT in the Region
11.4.3 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
11.5.1 Middle East and Africa
11.5.1.1 Increasing Use of Cloud Technologies to Drive Container Security Demand in Mea
11.5.2 Latin America
11.5.2.1 Increasing Demand for Private and Hybrid Cloud Deployment Type to Drive the Container Security Market Growth in Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 80)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Players
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.3.2 Partnerships and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 85)
13.1 Introduction
(Business Overview, Platforms Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.2 Aqua Security
13.3 Alert Logic
13.4 Anchore
13.5 Qualys
13.6 Docker
13.7 Neuvector
13.8 Aporeto
13.9 Trend Micro
13.10 Red Hat
13.11 Cloudpassage
13.12 Black Duck
13.13 Twistlock
13.14 Thales Group
13.15 Google
13.16 Guardicore
*Details on Business Overview, Platforms Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 108)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンテナセキュリティの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7329
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンテナセキュリティの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ガスクロマトグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガスクロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスクロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドローンサービスの世界市場予測(~2025年)
    ドローンサービスの世界市場は、2018年の44億米ドルから2025年には636億米ドルに達し、この期間中55.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、業界固有ソリューションへのドローンサービスの使用増加、規制枠組みの適正化、さまざまな業界での定性的データの要件の高まりなどが考えられます。一方で、安全性への懸念と訓練を受けた熟練オペレーターの不足が市場全体の成長を制限しています。当調査レポートでは、ドローンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(航空写真、データ収集・アナリティクス)分析、産業(インフラ、メディア・エンターテイメント、農業)分析、種類(プラットフォームサービス、MRO、トレーニング)分析、ソリューション分析、ドローンサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用電線(配線)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用電線(配線)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用電線(配線)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 整形外科手術ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、整形外科手術ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科手術ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLED市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED市場2015について調査・分析し、LEDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用ワイパー装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車用ワイパー装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ワイパー装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用ワイパー装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.80 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Robert Bosch • DENSO • DOGA• Federal-Mogul• TRICO等です。
  • 世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模・予測2017-2025:構成要素別(モノマー、オリゴマー、光重合開始剤)、用途別(グラフィックアート、産業用、自動車、木材塗料)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場について調査・分析し、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の紫外線(UV)硬化樹脂関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 小線源治療用アフターローダーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、小線源治療用アフターローダーの世界市場について調べ、小線源治療用アフターローダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、小線源治療用アフターローダーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(HDRアフターローダー、PDRアフターローダー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は小線源治療用アフターローダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・小線源治療用アフターローダーの市場状況 ・小線源治療用アフターローダーの市場規模 ・小線源治療用アフターローダーの市場予測 ・小線源治療用アフターローダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(HDRアフターローダー、PDRアフターローダー) ・小線源治療用アフターローダーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク尿(Proteinuria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、タンパク尿(Proteinuria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク尿(Proteinuria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・タンパク尿(Proteinuria)のフェーズ3治験薬の状況 ・タンパク尿(Proteinuria)治療薬の市場規模(販売予測) ・タンパク尿(Proteinuria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・タンパク尿(Proteinuria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のタンパク尿(Proteinuria)治療薬剤
  • デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場分析:製品別(ブランド、ビスホスホネート、副甲状腺ホルモン療法、カルシトニン、選択的エストロゲン阻害モジュレーター(SERM)、ランクリガンド阻害剤、ジェネリック)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場について調査・分析し、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場動向、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨粗鬆症薬と保持器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生鮮魚介用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生鮮魚介用包装の世界市場について調査・分析し、生鮮魚介用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生鮮魚介用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、生鮮魚介用包装種類別分析(剛性包装、柔軟材包装)、生鮮魚介用包装用途別分析(魚、エビ、その他魚介類)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生鮮魚介用包装の市場概観 ・生鮮魚介用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生鮮魚介用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生鮮魚介用包装の世界市場規模 ・生鮮魚介用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生鮮魚介用包装のアメリカ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のカナダ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のメキシコ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生鮮魚介用包装のドイツ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のイギリス市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のロシア市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のアジア市場分析(日 …
  • アセチルイソバレリルの世界市場予測2019-2024
    「アセチルイソバレリルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、液状、 粉末状 など、用途別には、Food Industry、Beverage Industry、Chemical Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アセチルイソバレリルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アセチルイソバレリルの世界市場概要(サマリー) ・アセチルイソバレリルの企業別販売量・売上 ・アセチルイソバレリルの企業別市場シェア ・アセチルイソバレリルの世界市場規模:種類別(液状、 粉末状 ) ・アセチルイソバレリルの世界市場規模:用途別(Food Industry、Beverage Industry、Chemical Industry、Others) ・アセチルイソバレリルの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アセチルイソバレリルのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ …
  • サウジアラビアの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • ヘリコプター飛行制御システム(FCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘリコプター飛行制御システム(FCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリコプター飛行制御システム(FCS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステアリン酸マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のステアリン酸マグネシウム市場2016について調査・分析し、ステアリン酸マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学品の世界市場:製品の種類別(石油化学品、工業用ガス、合成染料、エチルアルコール、プラスチック材料、合成ゴム、肥料、農薬、塗料・コーティング剤、接着剤)、用途別(石鹸・クレンジング、印刷用インク、トイレタリー用品、その他)、地域別予測
    本資料は、化学品の世界市場について調べ、化学品の世界規模、市場動向、市場環境、製品の種類別(石油化学品、工業用ガス、合成染料、エチルアルコール、プラスチック材料、合成ゴム、肥料、農薬、塗料・コーティング剤、接着剤)分析、用途別(石鹸・クレンジング、印刷用インク、トイレタリー用品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、Sinopec、Exxon Mobil、Saudi Basic Industries Corporation、Puma、Bayer AGなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・化学品の世界市場概要 ・化学品の世界市場環境 ・化学品の世界市場動向 ・化学品の世界市場規模 ・化学品の世界市場規模:製品の種類別(石油化学品、工業用ガス、合成染料、エチルアルコール、プラスチック材料、合成ゴム、肥料、農薬、塗料・コーティング剤、接着剤) ・化学品の世界市場規模:用途別(石鹸・クレンジング、印刷用インク、トイレタリー用品、その他) …
  • 細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)の概要 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivit …
  • カザフスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場分析:製品別(乳がん、肺がん、結腸/直腸がん、前立腺がん、肝臓がん、骨がん、神経/筋骨格/心臓血管がん)、乳房CAD画像診断法別(マンモグラフィー、磁気共鳴イメージング、超音波イメージング、トモシンセシス、核イメージング)、撮像方法別(X線イメージング、コンピュータ断層撮影、超音波イメージング、磁気共鳴、核医学イメージング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場について調査・分析し、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場動向、コンピュータ支援診断(CAD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ支援診断(CAD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オフィス文具及び備品B2Bの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、オフィス文具及び備品B2Bの世界市場について調べ、オフィス文具及び備品B2Bの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オフィス文具及び備品B2Bの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、製品別(紙製品、机用品、文具/郵送用品、コンピューター/プリンター用品、ファイリング用品、製本用品、時間追跡用品、吊り下げ用品、識別用品)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はオフィス文具及び備品B2Bの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場状況 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場規模 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場予測 ・オフィス文具及び備品B2Bの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:製品別(紙製品、机用品、文具/郵送用品、コンピューター/ …
  • 建物用断熱材の世界市場予測(~2021年):ガラスウール断熱材、ストーンウール断熱材、EPS、XPS、PUフォーム、ポリイソシアヌレート、フェノール・フォーム
    当調査レポートでは、建物用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、建物用断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • フランスの病院用品市場(~2021)
  • 損害保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、損害保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、損害保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、石油およびガスの探鉱・開発の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油およびガスの探鉱・開発市場規模、製品別(原油、天然ガス)分析、方法・技術別(掘削方法・技術、探査方法・技術、生産方法・技術)分析、用途別(オフショア抗井、オンショア抗井)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:市場動向分析 ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:競争要因分析 ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:製品別(原油、天然ガス) ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:方法・技術別(掘削方法・技術、探査方法・技術、生産方法・技術) ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:用途別(オフショア抗井、オンショア抗井) ・ 石油およびガスの探鉱・開発の世界市場:主要地域別分析 ・ 石油およびガスの探鉱・開発の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 石油およびガスの探鉱・開発のヨーロッパ市場規模 ・ 石油お …
  • 生体吸収性スキャフォールド(BVS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場について調査・分析し、生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生体吸収性スキャフォールド (BVS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、生体吸収性スキャフォールド (BVS)種類別分析(金属製BVS、ポリマー性BVS)、生体吸収性スキャフォールド (BVS)用途別分析(病院・診療所、医療センター)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の市場概観 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場規模 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のアメリカ市場規模推移 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS) …
  • アジア太平洋の美白製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の美白製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の美白製品市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • E-スクーターの世界市場2020-2024
    「E-スクーターの世界市場2020-2024」は、E-スクーターについて市場概要、市場規模、電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・E-スクーターの世界市場:電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ベビームーブメントモニターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビームーブメントモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビームーブメントモニター市場規模、製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他)分析、販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビームーブメントモニターの世界市場概要 ・ベビームーブメントモニターの世界市場環境 ・ベビームーブメントモニターの世界市場動向 ・ベビームーブメントモニターの世界市場規模 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビームーブメントモニターのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーム …
  • アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤の概要 ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ-シヌクレイン(alphaSyn又はSNCA)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脂質栄養の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、脂質栄養の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂質栄養の世界市場:市場動向分析 - 脂質栄養の世界市場:競争要因分析 - 脂質栄養の世界市場:形状別 ・液状 ・粉末 - 脂質栄養の世界市場:由来別 ・植物性 ・動物性 - 脂質栄養の世界市場:種類別 ・中鎖脂肪酸トリグリセリド (MCTs) ・オメガ6 ・オメガ3 ・大鎖脂肪酸トリグリセリド (LCTs) ・その他 - 脂質栄養の世界市場:販売チャネル別 ・ 間接チャネル ・ 直接チャネル - 脂質栄養の世界市場:用途別 ・動物栄養 ・乳児用調製粉乳 ・医薬品 ・食物栄養価の強化 ・栄養補助食品・機能性食品 ・飲料・食品 ・ペットフード ・その他 - 脂質栄養の世界市場:主要地域別分析 - 脂質栄養の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂質栄養のヨーロッパ市場規模 - 脂質栄養のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂質栄養の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 慢性心不全(Chronic Heart Failure):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬剤
  • 世界の高圧洗浄機市場2015
    本調査レポートでは、世界の高圧洗浄機市場2015について調査・分析し、高圧洗浄機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RSウイルス(RSV)感染症治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、RSウイルス(RSV)感染症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・RSウイルス(RSV)感染症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・RSウイルス(RSV)感染症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 世界の低電圧遮断器市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧遮断器市場2016について調査・分析し、低電圧遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱電発電機の世界市場
    当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、熱電発電機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 熱電発電機の世界市場:市場動向分析 - 熱電発電機の世界市場:競争要因分析 - 熱電発電機の世界市場:ワット数別 ・中出力(10-1 Kw) ・低出力( 1 Kw) - 熱電発電機の世界市場:用途別 ・産業用 ・自動車 ・電源内蔵型センサー ・航空宇宙および防衛 ・ウェアラブル ・その他 - 熱電発電機の世界市場:電源別 ・コジェネレーション ・直接発電 ・環境発電 ・排熱回収 - 熱電発電機の世界市場:素材別 ・テルル化鉛(PB-TE) ・テルル化ビスマス(BI-TE) ・その他 - 熱電発電機の世界市場:温度別 ・高温(> 500°C) ・中温(80°-500°C) ・低温(
  • インドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 周波数シンセサイザの世界市場予測(~2022):アナログシンセサイザ、ディジタルシンセサイザ、位相検出器、ループフィルタ、発振器、ミキサー
    当調査レポートでは、周波数シンセサイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、周波数シンセサイザの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ステンレス鋼製制御弁の世界市場
    当調査レポートでは、ステンレス鋼製制御弁の世界市場について調査・分析し、ステンレス鋼製制御弁の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 臓器移植免疫抑制薬の世界市場
    当調査レポートでは、臓器移植免疫抑制薬の世界市場について調査・分析し、臓器移植免疫抑制薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 産業用ギヤボックスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ギヤボックスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ペットフードの世界市場
    本調査レポートでは、ペットフードの世界市場について調査・分析し、ペットフードの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 空間光通信の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空間光通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空間光通信の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空間光通信の世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、fSONA Networks、LightPointe Communications、Wireless Excellence等です。
  • 地域冷房の世界市場予測(~2021年):フリークーリング、吸収冷却、電動式チラー
    当調査レポートでは、地域冷房の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、生産技術別分析、用途別分析、地域別分析、地域冷房の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダンパーアクチュエータの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダンパーアクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダンパーアクチュエータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダンパーアクチュエータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Belimo、Honeywell、Johnson Controls、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 商業用高圧便器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、商業用高圧便器の世界市場について調査・分析し、商業用高圧便器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別商業用高圧便器シェア、市場規模推移、市場規模予測、商業用高圧便器種類別分析()、商業用高圧便器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・商業用高圧便器の市場概観 ・商業用高圧便器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・商業用高圧便器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・商業用高圧便器の世界市場規模 ・商業用高圧便器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・商業用高圧便器のアメリカ市場規模推移 ・商業用高圧便器のカナダ市場規模推移 ・商業用高圧便器のメキシコ市場規模推移 ・商業用高圧便器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・商業用高圧便器のドイツ市場規模推移 ・商業用高圧便器のイギリス市場規模推移 ・商業用高圧便器のロシア市場規模推移 ・商業用高圧便器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"