"鉛蓄電池の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 7328)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉛蓄電池の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global lead acid battery market is projected to grow at a CAGR of about 4 – 5% from 2019 to 2024” The global lead acid battery market is projected to reach USD 52.5 billion by 2024 from an estimated USD 41.6 billion in 2019, at a CAGR of 4.7% during the forecast period. This growth can be attributed to factors such as the basic requirement of cost-effective battery storage solutions in the developing countries, the rapid expansion of the telecom sector across the globe, and the rapidly expanding data centers requiring a steady supply of back-up power from uninterrupted power supplies (UPS).

“The transportation segment is expected to be the largest market, by end-user, during the forecast period”
The transportation segment is expected to be the largest market, by end-user, during the forecast period. This segment consists of automobiles and logistics. Majority of the implementation happens in the stat, lighting, and ignition (SLI) application in this segment. Cargo handling units like cargo vehicles, trolleys, forklifts, etc.

“Advanced lead acid battery segment is expected to be the fastest-growing segment of the lead acid battery market, by technology, during the forecast period”
Advanced lead acid batteries contain carbon cushioning which limits the rate at which the anode plate of the lead acid battery gets used up. This control on the plate ensures a longer life of the battery and also drastically reduces the maintenance of the cell. Thus, this segment is expected to see significant growth in the forecast period as end-users from all domains value these benefits, which make advanced lead acid batteries more valuable than the basic ones.

“Asia Pacific: The largest lead acid battery market”
Asia Pacific is projected to be the largest and the fastest-growing lead acid battery market by 2024. Countries like China, Japan, and India, generally prefer cost-effective solutions to cater to their need for battery storage systems. Applications like peak shaving, integration of generated renewable energy into the national grid, consistency in the electric energy supplied, and dependable source for backup power, require the installation of lead acid battery systems.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–60%, Tier II–20%, and Tier III–20%
By Designation: C-Level–55%, Director Level–30%, and Others–15%
By Region: North America–15%, Europe–20%, Asia Pacific–25%, the Middle East & Africa–25%, and South America–10%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global lead acid battery market is dominated by a few major players that have an extensive regional presence. The leading players in the lead acid battery market are EnerSys (US), Exide Industries (India), GS Yuasa (China), Clarios (US), Panasonic (Japan), Chaowei Power (China), Narada Power (China), HBL Power Systems (India), Crown Battery (US), NorthStar (Sweden), Hitachi Chemical (Japan), Exide Technologies (US), Teledyne Technologies (US), East Penn (US), Hankook AltasBX (Korea), HOPPECKE (Germany), C&D Technologies (US), Rolls Battery (Canada), Camel Power (Malaysia), Amara Raja Power System (India), XUPAI Battery (China), Okaya Power (India), Leoch International Technology (Hong Kong), Harbin Coslight Power (China), First National Battery (South Africa)

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global lead acid battery market, by technology, type, construction method, end-user, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the lead acid battery market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"鉛蓄電池の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Limitations
1.5 Years Considered for the Study
1.6 Currency
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Scope
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Demand-Side Analysis
2.2.1.1 Calculation
2.2.1.2 Assumptions
2.2.2 Supply Side Analysis
2.2.2.1 Assumptions
2.2.2.2 Calculation
2.2.3 Forecast
2.3 Some of the Insights of Industry Experts
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Lead Acid Battery Market During the Forecast Period
4.2 Market, By Technology
4.3 Market, By Type
4.4 Market, By Construction Method
4.5 Market, By End-User
4.6 Market, By Industrial Segment
4.7 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Cost-Competitive Energy Storage Solution
5.2.1.2 Rapid Technological Advancements and Expansion in the Telecom Sector
5.2.1.3 Easily Recyclable Compared With Lithium-Ion Batteries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low-Cost Alternatives in Energy Storage Space
5.2.2.2 Safety Related to Battery Usage
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Expanding Data Center Infrastructure
5.2.3.2 Increase in Renewable Energy Generation Target
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Usage Capacity of Lead Acid Batteries
5.2.4.2 Growth of Electric Vehicles
5.3 Supply Chain Analysis
5.3.1 Raw Material Suppliers
5.3.2 Manufacturers
5.3.3 Distributors
5.3.4 End-Users/Engine Manufacturers
6 Market, By Technology (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Basic Lead Acid Battery
6.2.1 Demand for Basic Lead Acid Battery is Driven By Its Low Selling Cost
6.3 Advanced Lead Acid Battery
6.3.1 Demand for Advanced Lead Acid Battery is Driven By Its Longer Life Cycle as Compared With Basic Lead Acid Battery
7 Market, By Type (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Stationary
7.2.1 Usage of These Batteries Would Primarily Be in the Commercial & Residential Sectors and Utilities, Which is Expected to Lead to the Growth of the Segment During the Forecast Period
7.3 Motive
7.3.1 Increased Application in the Starting, Lighting, and Ignition (Sli) and Related Transportation Sector is Expected to Boost the Segment During the Forecast Period
8 Market, By Construction Method (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Flooded
8.2.1 The Usage in Static Applications Will Help in the Growth of the Segment During the Forecast Period
8.3 Vrla Battery
8.3.1 Usage of Vrla Batteries in the Motive and Transportation Segments is Expected to Grow During the Forecast Period
9 Market, By End-User (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Utility
9.2.1 Renewable Energy Drives the Need for Lead Acid Battery in the Utility Segment
9.3 Transportation
9.3.1 Increasing Need for Efficient Management of Goods and Services in the Transportation Sector has Led to A Rise in the Demand for Lead Acid Batteries
9.4 Industrial
9.4.1 Power Backup in Industrial Applications Creates the Need for Usage of Lead Acid Batteries
9.5 Commercial & Residential
9.5.1 Demand for Advanced Lead Acid Battery is Driven By Its Longer Life Cycle as Compared With Basic Lead Acid Battery
10 Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 By Technology
10.2.2 By Type
10.2.3 By Construction Method
10.2.4 By End-User
10.2.5 By Country
10.2.5.1 China
10.2.5.1.1 The Nation has A Storehouse for Lead to Cater to the Rising Demand for Lead Acid Batteries
10.2.5.2 Japan
10.2.5.2.1 The Country is Investing in the Installation of Lead Acid Batteries in the Marine Industry
10.2.5.3 India
10.2.5.3.1 The Onset of the Electric Vehicle Market Will Provide the Push to the Lead Acid Battery Sales in the Region
10.2.5.4 South Korea
10.2.5.4.1 Major Usage of Lead Acid Batteries Lies in Integrating Renewable Energy to the Existing Grid
10.2.5.5 Rest of Asia Pacific
10.3 Europe
10.3.1 By Technology
10.3.2 By Type
10.3.3 By Construction Method
10.3.4 By End-User
10.3.5 By Country
10.3.5.1 Germany
10.3.5.1.1 Steady Transition in the Usage of Lead Acid Batteries From the Automotive Sector to the Utilities
10.3.5.2 Russia
10.3.5.2.1 Major Developments in the Automobile Manufacturing Category is Expected to Boost Lead Acid Battery Sales
10.3.5.3 UK
10.3.5.3.1 The Nation is Working on the Recycling of Lead Acid Batteries
10.3.5.4 Italy
10.3.5.4.1 Major Projects in the Renewable Space is Expected to Use Lead Acid Batteries
10.3.5.5 Rest of Europe
10.4 North America
10.4.1 By Technology
10.4.2 By Type
10.4.3 By Construction Method
10.4.4 By End-User
10.4.5 By Country
10.4.5.1 US
10.4.5.1.1 Major Usage is Expected to Be in Utilities and Home Systems
10.4.5.2 Canada
10.4.5.2.1 The Nation is Set to Install Lead Acid Batteries for Renewable Integration and Data Centers
10.4.5.3 Mexico
10.4.5.3.1 Lead Acid Batteries are Used in the Metals & Mining Industry
10.5 South America
10.5.1 By Technology
10.5.2 By Type
10.5.3 By Construction Method
10.5.4 By End-User
10.5.5 By Country
10.5.5.1 Brazil
10.5.5.1.1 Brazil to Make Massive Investments in Data Centers and the Telecom Industry
10.5.5.2 Chile
10.5.5.2.1 Chile is Set to Get Its First Major Investment in Data Centers and Hence Boost the Lead Acid Technology in the Country
10.5.5.3 Rest of South America
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 By Technology
10.6.2 By Type
10.6.3 By Construction Method
10.6.4 By End-User
10.6.5 By Country
10.6.5.1 UAE
10.6.5.1.1 The UAE is Expected to Install Infrastructure to Boost Telecom
10.6.5.2 Saudi Arabia
10.6.5.2.1 Google has Set Eyes on the Country to Build Its Data Infrastructure
10.6.5.3 South Africa
10.6.5.3.1 Renewable Integration is the Major Application Driving the Lead Acid Battery Market in the Country
10.6.5.4 Rest of Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 90)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic
11.2.4 Emerging
11.3 Market Share Analysis
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Expansions & Investments
11.4.3 Contracts & Agreements
11.4.4 Mergers & Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 98)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
12.1 Enersys
12.2 Exide Industries
12.3 GS Yuasa
12.4 Clarios
12.5 Panasonic
12.6 Chaowei Power
12.7 Narada Power
12.8 HBL Power Systems
12.9 Crown Battery
12.1 Northstar
12.11 Hitachi Chemical
12.12 Exide Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 134)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉛蓄電池の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 7328
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉛蓄電池の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ひずみゲージセンサの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ひずみゲージセンサの世界市場について調査・分析し、ひずみゲージセンサの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ひずみゲージセンサシェア、市場規模推移、市場規模予測、ひずみゲージセンサ種類別分析()、ひずみゲージセンサ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ひずみゲージセンサの市場概観 ・ひずみゲージセンサのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ひずみゲージセンサのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ひずみゲージセンサの世界市場規模 ・ひずみゲージセンサの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ひずみゲージセンサのアメリカ市場規模推移 ・ひずみゲージセンサのカナダ市場規模推移 ・ひずみゲージセンサのメキシコ市場規模推移 ・ひずみゲージセンサのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ひずみゲージセンサのドイツ市場規模推移 ・ひずみゲージセンサのイギリス市場規模推移 ・ひずみゲージセンサのロシア市場規模推移 ・ひずみゲ …
  • オーラル(口腔)ケアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、オーラル(口腔)ケアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オーラル(口腔)ケア市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場概要 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場環境 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場動向 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場規模 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:業界構造分析 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーラル(口腔)ケアの北米市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアのアジア太平洋市場規模・予測 ・オーラル(口腔)ケアの主要国分析 ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:意思決定フレームワーク ・オーラル(口腔)ケアの世界市場:成長要因、課題 ・オーラル(口腔)ケアの世界 …
  • 網膜移植の世界市場:装置タイプ別(網膜移植アルファAMS、埋め込み型ミニチュアテレスコープ、Argus II)、セグメント予測
    網膜移植の世界市場は2026年には7,470万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率10.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、標的疾患の罹患率の上昇と高齢者人口の増加が考えられます。網膜移植による視力回復能力の向上は、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。本調査レポートでは、網膜移植の世界市場について調査・分析し、網膜移植の世界市場動向、網膜移植の世界市場規模、市場予測、セグメント別網膜移植市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のグルコン酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸カリウム市場2015について調査・分析し、グルコン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物肥料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、生物肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、フォーム別(液体、担体ベース)分析、施用方法別(土壌処理、種子処理)分析、作物種類別分析、種類別(窒素固定、リン可溶化および可動化、カリ可溶化および可動化)分析、生物肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、生物肥料の世界市場規模が2019年20億万ドルから2025年38億万ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。
  • 心室頻拍(Ventricular Tachycardia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬剤
  • 金属分析装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、金属分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金属分析装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、OLYMPUS、Oxford Instruments、Rigaku、SPECTRO Analytical Instruments、Thermo Fisher Scientific等です。
  • NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3プロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、インシデント及び緊急事態管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(緊急/大量通知システム、境界侵入検知、および火災とHAZMAT)、サービス、および通信システム)分析、シミュレーション別分析、業種別分析、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模が2019年1070億ドルから2024年1485億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。
  • メディアゲートウェイの世界市場:タイプ別(アナログ、デジタル)、技術別(有線、無線、ハイブリッド)、垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送)、地域別予測
    本資料は、メディアゲートウェイの世界市場について調べ、メディアゲートウェイの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アナログ、デジタル)分析、技術別(有線、無線、ハイブリッド)分析、垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メディアゲートウェイの世界市場概要 ・メディアゲートウェイの世界市場環境 ・メディアゲートウェイの世界市場動向 ・メディアゲートウェイの世界市場規模 ・メディアゲートウェイの世界市場規模:タイプ別(アナログ、デジタル) ・メディアゲートウェイの世界市場規模:技術別(有線、無線、ハイブリッド) ・メディアゲートウェイの世界市場規模:垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送) ・メディアゲートウェイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディアゲートウェイの北米市場規模・予測 ・メディアゲートウェイのアメリカ市場規模・予測 ・メディアゲートウェイのヨーロッパ市 …
  • オピオイド誘発性便秘症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、オピオイド誘発性便秘症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・オピオイド誘発性便秘症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・オピオイド誘発性便秘症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 採掘トラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、採掘トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、採掘トラックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は採掘トラックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.90%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Caterpillar• Hitachi Construction Machinery• Komatsu• Liebherr• Terex Trucks等です。
  • 病院用EMR(電子カルテ)システムの世界市場予測(~2023年)
    病院用EMR(電子カルテ)システムの世界市場は、2018年の120億米ドルから2023年には183億米ドルに達し、この期間中8.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、EMR採用に対する政府の支援、および医療費を削減するニーズの高まりが考えれられます。一方で、EMRソリューションはコストが高くなることにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、病院用EMR(電子カルテ)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、提供モード(クラウドベース、オンプレミス)分析、タイプ(汎用EMR、専門EMR)分析、病院用EMR(電子カルテ)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLCoSプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界のLCoSプロジェクター市場2015について調査・分析し、LCoSプロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 原子層堆積(ALD)の世界市場2014-2025:製品タイプ別(金属、酸化アルミニウム、プラズマ強化、触媒)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、原子層堆積(ALD)の世界市場について調査・分析し、原子層堆積(ALD)の世界市場動向、原子層堆積(ALD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別原子層堆積(ALD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場:種類別(固体、中空粒子)、材料別(フライアッシュ、ガラス、セラミック、金属、高分子)、用途別(石油・ガス、医療技術、塗料・コーティング剤、自動車、建設用複合材料、化粧品・パーソナルケア用品、航空宇宙、ライフサイエンス・バイオテクノロジー)、地域別予測
    本資料は、フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場について調べ、フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(固体、中空粒子)分析、材料別(フライアッシュ、ガラス、セラミック、金属、高分子)分析、用途別(石油・ガス、医療技術、塗料・コーティング剤、自動車、建設用複合材料、化粧品・パーソナルケア用品、航空宇宙、ライフサイエンス・バイオテクノロジー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場概要 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場環境 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場動向 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模:種類別(固体、中空粒子) ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模:材料別(フライアッシ …
  • 試料調製の世界市場:装置(ワークステーション、液体取扱システム)、消耗品(キット、フィルター)、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、試料調製の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノセンサーの世界市場2017-2021:化学ナノセンサー、機械的ナノセンサー、バイオロジカルナノセンサー
    当調査レポートでは、ナノセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノセンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソレノイド弁市場2015
    本調査レポートでは、世界のソレノイド弁市場2015について調査・分析し、ソレノイド弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮内膜症(Endometriosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮内膜症(Endometriosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮内膜症(Endometriosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮内膜症(Endometriosis)の概要 ・子宮内膜症(Endometriosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮内膜症(Endometriosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮内膜症(Endometriosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 殺菌剤の世界市場予測(~2022年):ベンズイミダゾール、ジチオカルバメート、フェニルアミド、クロロニトリル、ストロビルリン、トリアゾール
    当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、作物種類別分析、形状別分析、地域別分析、殺菌剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の概要 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralg …
  • 世界のポリフッ化ビニル(PVF)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリフッ化ビニル(PVF)市場2015について調査・分析し、ポリフッ化ビニル(PVF)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱臭システムの世界市場予測(~2023年)
    脱臭システムの世界市場は、2018年の34億米ドルから2023年には43億米ドルに達し、4.93%の年平均成長率で成長すると予測されています。脱臭システム市場の成長は、食用油の需要の高まりと、より栄養価の高い油の将来性の高さによって牽引されています。この市場の成長を促す要因として、開発途上国および先進国における食用油の生産と消費の増加、ならびに市場にプラスの影響を及ぼす油糧作物生産に対する政府の介入が考えれられます。特にアジア太平洋地域は、予測期間中、食用油、脂肪、およびショートニング向けの脱臭システムに対する需要の増加、より健康的な油に関する研究開発の増加、消費者の健康意識に対する高まりを背景に、この市場を支配すると予想されます。一方で、この地域では、種子の輸入に対する関税や規制の面で課題に直面することが予想され、脱臭システムの需要が妨げられると考えられています。当調査レポートでは、脱臭システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、食用油(ヤシ、大豆、ひまわり、落花生)分析、コンポーネント分析、精製手法(物理、化学)分析、操作(バ …
  • プロバイオティクスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 高純度アルミナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高純度アルミナの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • スピルパレットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スピルパレットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スピルパレット市場規模、製品別(PSP、SSP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brady Corporation, DENIOS, New Pig, Nilkamal, UltraTech Internationalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スピルパレットの世界市場概要 ・スピルパレットの世界市場環境 ・スピルパレットの世界市場動向 ・スピルパレットの世界市場規模 ・スピルパレットの世界市場:業界構造分析 ・スピルパレットの世界市場:製品別(PSP、SSP) ・スピルパレットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルパレットの北米市場規模・予測 ・スピルパレットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スピルパレットのアジア太平洋市場規模・予測 ・スピルパレットの主要国分析 ・スピルパレットの世界市場:意思決定フレームワーク ・スピルパレットの …
  • 画像診断の世界市場:市場展望、企業戦略、マーケティング、技術分析
  • 癌診断装置の世界市場:肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌、子宮頸癌
    当調査レポートでは、癌診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、癌診断装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 完成車ロジスティックスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、完成車ロジスティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、完成車ロジスティックスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 完成車ロジスティクスには、ヤード管理、通関手続、請求管理、工場出荷時・ディーラー到着時におけるけん検査が含まれています。完成車ロジスティックス市場は、道路輸送、鉄道輸送、海上輸送、航空輸送と輸送手段別に分類されています。Technavio社は完成車ロジスティックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CEVA Logistics• GEFCO• APL Logistics• Sevatas等です。
  • 多形膠芽細胞腫治療(GBM)の世界市場
    当調査レポートでは、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場について調査・分析し、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の内視鏡装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、内視鏡装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・内視鏡装置の概要 ・内視鏡装置の開発動向:開発段階別分析 ・内視鏡装置の開発動向:セグメント別分析 ・内視鏡装置の開発動向:領域別分析 ・内視鏡装置の開発動向:規制Path別分析 ・内視鏡装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別内視鏡装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・内視鏡装置の最近動向
  • 特殊化学品の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、特殊化学品の世界市場について調査・分析し、特殊化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 冷蔵庫の世界市場:シングルドア冷凍庫、ダブルドア冷蔵庫、フレンチドア冷凍庫
    当調査レポートでは、冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵庫の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の銀ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、世界の銀ナノ粒子市場2015について調査・分析し、銀ナノ粒子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の接線流ろ過市場:製品別(TFFシステム、メンブレンフィルター)、用途別(バイオプロセス、ウイルスベクター精製)、技術別(限外ろ過、精密ろ過)、材料種類別(PES / PS膜)、地域別
    MarketsandMarkets社は、接線流ろ過の世界市場規模が2019年944百万ドルから2024年1590百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の接線流ろ過市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(システム、メンブレンフィルター、アクセサリー)分析、材料別(PES / PS、再生セルロース、その他の材料)分析、技術別(限外ろ過、精密ろ過、その他のタンジェンシャルフローろ過技術)分析、用途別(バイオプロセス用途、ウイルスベクターおよびワクチン精製、その他の用途)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の接線流ろ過市場:製品別(システム、メンブレンフィルター、アクセサリー) ・世界の接線流ろ過市場:材料別(PES / PS、再生セルロース、その他の材料) ・世界の接線流ろ過市場:技術別(限外ろ過、精密ろ過、その他のタンジェンシャルフローろ過技術) ・世界の接線流ろ過市場:用途別(バイオプロセス用途、ウイルスベクターおよびワク …
  • カルボヒドラーゼの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルボヒドラーゼの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルボヒドラーゼ市場規模、用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルボヒドラーゼの世界市場概要 ・カルボヒドラーゼの世界市場環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場動向 ・カルボヒドラーゼの世界市場規模 ・カルボヒドラーゼの世界市場:業界構造分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他) ・カルボヒドラーゼの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カルボヒドラーゼのアメリカ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのヨーロッパ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのアジア市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼの主要国分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:意思決定フレームワーク ・カルボヒドラーゼの世界市場:成長要因、課題 ・カルボヒドラーゼの世界市場:競争環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場:関連企業情報 …
  • 中東のファシリティマネジメントサービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中東のファシリティマネジメントサービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東のファシリティマネジメントサービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超小型LEDの世界市場予測(~2025年):LEDディスプレイパネル、LED照明機器
    当調査レポートでは、超小型LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供商品別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、超小型LEDの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、動物飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物飼料市場規模、製品別(家禽、豚、反芻動物、水産養殖、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・動物飼料の世界市場概要 ・動物飼料の世界市場環境 ・動物飼料の世界市場動向 ・動物飼料の世界市場規模 ・動物飼料の世界市場:業界構造分析 ・動物飼料の世界市場:製品別(家禽、豚、反芻動物、水産養殖、その他) ・動物飼料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・動物飼料のアメリカ市場規模・予測 ・動物飼料のヨーロッパ市場規模・予測 ・動物飼料のアジア市場規模・予測 ・動物飼料の主要国分析 ・動物飼料の世界市場:意思決定フレームワーク ・動物飼料の世界市場:成長要因、課題 ・動物飼料の世界市場:競争環境 ・動物飼料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界市場について調べ、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(心調律管理デバイス、心臓監視装置)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場状況 ・心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場規模 ・心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場予測 ・心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(心 …
  • 木質床材の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、木質床材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木質床材の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 音声認識技術の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、音声認識技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の概要 ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 携帯電話保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、携帯電話保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯電話保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中枢神経系(CNS)治療の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、中枢神経系(CNS)治療の世界市場について調査・分析し、中枢神経系(CNS)治療の世界市場動向、中枢神経系(CNS)治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別中枢神経系(CNS)治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェアラブルカメラの世界市場
    当調査レポートでは、ウェアラブルカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルカメラの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"