"ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 2711)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increased focus on human microbiome therapy development to drive the growth of this market.”The global human microbiome market is projected to reach USD 1,731 million in 2027 from 942 million in 2024, at CAGR of 22.5 % during the forecast period. Market growth is largely driven by the increasing focus on the development of human microbiome therapy. It has also become a validated target for drug development. The growing number of collaborations between market players is expected to offer a wide range of growth opportunities for market players during the forecast period. However, a lack of expertise and detailed research on the human microbiome is restraining the growth of this market.

“Prebiotics are expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on product, the human microbiome market is segmented into probiotics, prebiotics, foods, medical foods, diagnostic tests, and drugs. Of these, probiotics are expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The large share of this market segment can primarily be attributed to growing awareness about probiotics as a potential therapy and the credibility of health claims and safety of probiotics.

“The diagnostics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on application, the human microbiome market is segmented into therapeutics and diagnostics. The diagnostics segment is expected to grow at the highest CAGR in the forecast period. Advances in life science research on a wide number of diseases, technological innovations in human genome mapping, the emergence of omics technologies, and the increasing emphasis on improving the cost-effectiveness of healthcare and patient outcomes are some of the major factors driving the growth of this segment.

“The infectious diseases segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The infectious disease segment is expected to account for the largest share of the global human microbiome market in 2024. This is due to increasing research in microbiome-based products and their use in treating infectious diseases. Many smaller companies are investing in research, and their major focus is on developing products targeting the microbiome modulators for infectious diseases, which accounts for 40-50 products that are currently in the pipeline.

“The genomics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
On the basis of technology, the human microbiome research spending market is segmented into genomics, proteomics, and metabolomics. The genomics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing number of projects funded by private and government bodies is a key driver for the genomics market. Newly emerging disciplines such as metagenomics help researchers to uncover what microorganisms are present in a sample, to determine their relative abundance and gain insights on their biochemical pathways.

“North America to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
In the human microbiome market, North America is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such as the increasing incidence of lifestyle diseases, rising awareness on preventive healthcare, availability of funding for microbiome research, and growing acceptance of probiotic products are the factors driving the North American human microbiome market.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the human microbiome market.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 30%
By Designation: C-level Executives: 27%, Directors: 18%, and Others: 55%
By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 15%, and RoW: 15%
The human microbiome market comprises major players such as Enterome Bioscience (France), Seres Therapeutics (US), and 4D Pharma (UK). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the patient market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the human microbiome market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, based on the product, application, disease, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall human microbiome market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Covered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Human Microbiome: Market Overview
4.2 Human Microbiome Market, By Product
4.3 Europe: Market, By Product & Application (2022)
4.4 Market, By Disease
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Increased Focus on Human Microbiome Therapy Development
5.1.1.2 Human Microbiome as A Validated Target for Drug Development
5.1.1.3 Human Microbiome for Early Disease Detection and Diagnosis
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Lack of Expertise and Detailed Research
5.1.2.2 Barriers in Proving the Causal Link Between Dysbiosis and Disease
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Investigational New Drug Requirements for Fecal Microbiota
5.1.3.2 Increasing Collaborations
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Government Regulations
6 Human Microbiome Market, By Product (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Probiotics
6.2.1 Ongoing Researches on Probiotics Promoting Its Credibility in Health Claims and Safety
6.3 Prebiotics
6.3.1 Development of Targeted Prebiotics Towards Enhancing GUT Microbiota is the Key Growth Driver for This Segment
6.4 Foods
6.4.1 Rising Awareness of Microbiota-Targeted Diets is Driving Market Growth
6.5 Medical Foods
6.5.1 Usage of Targeted Microbiome for Treating Metabolic Syndrome is Expected to Drive This Segment
6.6 Diagnostic Tests
6.6.1 Increased Consumer Awareness About Microbiome-Based Tests, Which Provide Preventative Health Insights to Drive This Segment
6.7 Drugs
6.7.1 Increasing Number of Microbiome-Based Drug Pipeline is the Key Factor Driving the Growth of This Segment
7 Human Microbiome Market, By Application (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Therapeutics
7.2.1 Availability of Funding for Research and Growing Evidence for Effectiveness of Microbiome is Favoring Market Growth
7.3 Diagnostics
7.3.1 Increasing Focus of Biotech Companies on Life Science Research is Supporting Market Growth
8 Human Microbiome Market, By Disease (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Infectious Diseases
8.2.1 Increasing R&D Into Targeted Anti-Bacterial Products Will Drive Market Growth
8.3 Inflammatory Diseases
8.3.1 Side-Effects of Immunosuppressants have Prompted Demand for Better Therapeutics
8.4 Endocrine & Metabolic Disorders
8.4.1 GUT Microbiota has Become A Potential Nutritional and Pharmacological Target for Obesity Management
8.5 Cancer
8.5.1 Microbiome-Based Products have Demonstrated Efficacy in the Treatment of Cancer Polyps
8.6 Other Diseases
9 Human Microbiome Research Spending Market, By Technology (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 Genomics
9.2.1 Sequencing
9.2.1.1 The Declining Cost of Next-Generation Sequencing is Driving the Growth of This Market
9.2.2 Other Genomics Technologies
9.3 Proteomics
9.3.1 Technological Advancements in Proteomics Technologies to Drive Market Growth
9.4 Metabolomics
9.4.1 Metabolomics has Several Advantages Over Genomics and Proteomics in Microbiome Research
10 Human Microbiome Market, By Region (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Europe
10.2.1 Extended Applications for Microbiome to Therapeutic Areas to Boost the Adoption of Microbiome-Based Products in Europe
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 Rising of Investment By Nih to Support Microbiome Research is Driving the Market Growth in the US
10.3.2 Canada
10.3.2.1 The Canadian Microbiome Initiative 2 is Supporting the Market Growth in the Country
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Increasing Focus on Microbiome Research to Drive Market Growth
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Increasing Incidence of Cancer to Drive the Development of Microbiome-Based Diagnostic Tools in RoW
11 Competitive Landscape (Page No. – 92)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (2018)
11.2.1 Innovators
11.2.2 Emerging Companies
11.3 Competitive Situation and Trends
11.3.1 Agreements, Collaborations, and Partnerships
11.3.2 Acquisitions and Mergers
11.3.3 Product Launches
11.3.4 Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 97)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Enterome Bioscience
12.2 Seres Therapeutics
12.3 4D Pharma PLC
12.4 Ubiome, Inc.
12.5 E.I. Du Pont De Nemours and Company
12.6 Synlogic
12.7 Second Genome
12.8 Vedanta Biosciences, Inc.
12.9 Ferring Pharmaceuticals
12.10 Evelo Biosciences, Inc.
12.11 Vithera Pharmaceuticals, Inc.
12.12 Biomx
12.13 LNC Therapeutics
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 122)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 2711
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高機能顔料の世界市場分析:製品別(有機、無機)、用途別(塗料、プラスチック、インク、化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高機能顔料の世界市場について調査・分析し、高機能顔料の世界市場動向、高機能顔料の世界市場規模、市場予測、セグメント別高機能顔料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアロスタットのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、エアロスタットのヨーロッパ市場について調査・分析し、エアロスタットのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の自動車用エンジン電子制御システム市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エンジン電子制御システム市場2016について調査・分析し、自動車用エンジン電子制御システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学・石油化学製品、W・WW)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, GENERAL ELECTRIC, Honeywell, Schneider Electric, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場概要 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場環境 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場動向 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場:業界構造分析 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学・石油化学製品、W・WW) ・インテリジェント遠隔端末装置(R …
  • 世界の鋳物用コークス市場2016
    本調査レポートでは、世界の鋳物用コークス市場2016について調査・分析し、鋳物用コークスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 離型剤の世界市場2017-2021:溶液型、水性
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、離型剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は離型剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Chem-Trend、DAIKIN INDUSTRIES、Dow Corning、Henkel、Wacker Chemie等です。
  • 内燃機関の世界市場見通し2016-2022:圧縮着火エンジン(C.I.エンジン)、火花点火エンジン(S.I.エンジン)
    当調査レポートでは、内燃機関の世界市場について調査・分析し、内燃機関の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・内燃機関の世界市場:市場動向分析 ・内燃機関の世界市場:競争要因分析 ・内燃機関の世界市場:用途別分析/市場規模 ・内燃機関の世界市場:サイクル種類別分析/市場規模 ・内燃機関の世界市場:点火種類別分析/市場規模 ・内燃機関の世界市場:燃料種類別分析/市場規模 ・内燃機関の世界市場:地域別分析/市場規模 ・内燃機関の北米市場規模 ・内燃機関の欧州市場規模 ・内燃機関のアジア市場規模 ・内燃機関の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ギガビットイーサネットカメラの世界市場2016-2020:CMOSセンサー、CCDセンサー
    当調査レポートでは、ギガビットイーサネットカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギガビットイーサネットカメラの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの仮想・遠隔実験室市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの仮想・遠隔実験室市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 内分泌科用治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、内分泌科用治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、内分泌科用治療薬市場規模、治療領域別(糖尿病治療薬、甲状腺ホルモン障害薬、hGH、テストステロン補充療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbvie, Merck, Novo Nordisk, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・内分泌科用治療薬の世界市場概要 ・内分泌科用治療薬の世界市場環境 ・内分泌科用治療薬の世界市場動向 ・内分泌科用治療薬の世界市場規模 ・内分泌科用治療薬の世界市場:業界構造分析 ・内分泌科用治療薬の世界市場:治療領域別(糖尿病治療薬、甲状腺ホルモン障害薬、hGH、テストステロン補充療法) ・内分泌科用治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・内分泌科用治療薬の北米市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬の主要国分析 …
  • ココアの世界市場:ココア液、ココア粉、ココアバター
    当調査レポートでは、ココアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココアの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別患者エンゲージメントソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、患者エンゲージメントソフトウェア種類別分析(ウェブベース型、クラウドベース型、オンプレミス型)、患者エンゲージメントソフトウェア用途別分析(健康管理、社会的・行動管理、在宅医療管理、財務健全性管理)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・患者エンゲージメントソフトウェアの市場概観 ・患者エンゲージメントソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・患者エンゲージメントソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・患者エンゲージメントソフトウェアの世界市場規模 ・患者エンゲージメントソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・患者エンゲージメントソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・患者エンゲージメントソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・ …
  • 教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育機関向けプロジェクターのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • API管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、API管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、API管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエレベータおよびエスカレータ新技術分析2015-2019
    ※当調査レポートでは、世界のエレベータおよびエスカレータ新技術市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概観 ・業界の構造分析 ・エレベータの進化 ・エレベータの世界市場規模 ・エレベータの新技術 ・エスカレータの世界市場規模 ・エスカレータの新技術 ・関連企業分析
  • 世界及び欧州のパッケージング自動化ソリューション市場-分析及び展望(~2022年)
  • マウスウォッシュ(洗口液)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • ユーザ・プロビジョニングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ユーザ・プロビジョニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ビジネスアプリケーション別分析、サービス別分析、業務機能別分析、産業別分析、ユーザ・プロビジョニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニオブコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のニオブコンデンサ市場2015について調査・分析し、ニオブコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 中国のスマート・ドアロック市場2015
    本調査レポートでは、中国のスマート・ドアロック市場2015について調査・分析し、スマート・ドアロックの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 旅行サービスのインド市場:サービス別、予約モード別
  • ボツリヌス症(Botulism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるボツリヌス症(Botulism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ボツリヌス症(Botulism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ボツリヌス症(Botulism)の概要 ・ボツリヌス症(Botulism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のボツリヌス症(Botulism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ボツリヌス症(Botulism)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ボツリヌス症( …
  • 顕微鏡の世界市場:光学顕微鏡(蛍光顕微鏡、超解像顕微鏡)、共焦点顕微鏡、電子顕微鏡
    当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、健康保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアンプIC市場2016
    本調査レポートでは、世界のアンプIC市場2016について調査・分析し、アンプICの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業向けマシンツーマシン(M2M)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・ファイブフォース分析 ・種類別市場分類 ・用途別市場分類 ・サービス種類別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 磁気センサの世界市場予測(~2023年):ホール効果センサ、磁気抵抗センサ、超伝導量子干渉計(SQUID)、フラックス・ゲートセンサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、磁気センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、磁気センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力エネルギー財団の世界市場分析:場所別(オフショアタイプ(モノパイル、ジャケットパイル、重力、サクション、三脚)、オンショアバイタイプ(ラフト、パイル、ウェルファウンデーション))、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力エネルギー財団の世界市場について調査・分析し、風力エネルギー財団の世界市場動向、風力エネルギー財団の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力エネルギー財団市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電子運行記録装置(ELD)の世界市場予測(~2025年)
    電子運行記録装置(ELD)の世界市場は、2018年の125億米ドルから2025年には166億米ドルに達し、この期間中4.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。欧州におけるこの市場の成長を促す要因として、デジタルタコグラフとして知られる電子運行記録装置に関連する規制が考えられます。2006年以降、GVWRが3.5トンを超えるすべての商用車にデジタルタコグラフが義務付けられています。当調査レポートでは、電子運行記録装置(ELD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ディスプレイ、テレマティクスユニット)分析、フォームファクタ(組み込み、統合)分析、新規・アフターサービス(エントリーレベル、ミドルレンジ、ハイエンド)分析、車両タイプ(トラック、バス、LCV)分析、電子運行記録装置(ELD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 荷敷用エアバッグの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、荷敷用エアバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、荷敷用エアバッグ市場規模、原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他)分析、包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製)分析、バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上)分析、エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:市場動向分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:競争要因分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:主要地域別分析 ・ 荷敷用エアバッグの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 荷敷 …
  • 鉱業向け発電装置レンタルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱業向け発電装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け発電装置レンタルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け発電装置レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aggreko、Atlas Copco、Cummins、Energyst、United Rentals等です。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カナダの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インデックス可能なインサート器具の世界市場
    当調査レポートでは、インデックス可能なインサート器具の世界市場について調査・分析し、インデックス可能なインサート器具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - インデックス可能なインサート器具の世界市場:市場動向分析 - インデックス可能なインサート器具の世界市場:競争要因分析 - インデックス可能なインサート器具の世界市場:差込みパーツの品質等級別 ・セラミック ・ダイヤモンドを用いたツール ・セメント ・立方晶窒化硼素/多結晶立方晶窒化ホウ素 ・超硬合金(炭化タングステン) ・微粒子超硬合金 - インデックス可能なインサート器具の世界市場:用途別 ・穿孔、突き刺し、輪郭削り ・穴開け ・仕上げ ・溝削り ・高負荷 ・ホブ切り ・微細加工 ・フライス削り ・輪郭づけ ・荒加工 ・のこ引き ・専門的な用途 ・タップ加工 ・ねじ切り ・旋盤細工 - インデックス可能なインサート器具の世界市場:産業別 ・自動車 ・電気 ・航空宇宙および防衛 ・医療/研究 ・建設 ・製紙業 ・化学処理 ・石油&ガス ・発電 ・一 …
  • プロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロゲステロン受容体アゴニストの概要 ・プロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロゲステロン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロゲステロン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロゲステロン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 肺内視鏡検査機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フェイスケア(スキンケア)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界のチップインダクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のチップインダクタ市場2016について調査・分析し、チップインダクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 包装チアシードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、包装チアシードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装チアシードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スプロケットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スプロケットの世界市場について調査・分析し、スプロケットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スプロケットシェア、市場規模推移、市場規模予測、スプロケット種類別分析()、スプロケット用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スプロケットの市場概観 ・スプロケットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スプロケットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スプロケットの世界市場規模 ・スプロケットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スプロケットのアメリカ市場規模推移 ・スプロケットのカナダ市場規模推移 ・スプロケットのメキシコ市場規模推移 ・スプロケットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スプロケットのドイツ市場規模推移 ・スプロケットのイギリス市場規模推移 ・スプロケットのロシア市場規模推移 ・スプロケットのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・スプロケットの日本市場規模推移 ・ス …
  • 網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の概要 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬の評価    …
  • バイオインプラントの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 高圧直流送電(HVDC)の世界市場:CCC(コンデンサ整流コンバータ)、VSC(電圧源コンバータ)、LCC(ライン整流コンバータ)、UHVDC
    当調査レポートでは、高圧直流送電(HVDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、プロジェクト種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質バルク包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、硬質バルク包装の世界市場について調査・分析し、硬質バルク包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 硬質バルク包装の世界市場:市場動向分析 - 硬質バルク包装の世界市場:競争要因分析 - 硬質バルク包装の世界市場:材料別 ・鋼鉄 ・プラスチック ・木材パネル - 硬質バルク包装の世界市場:製品別 ・硬質バルク容器 ・荷物用コンテナ ・硬質フレキシブルコンテナ(RIBC) ・荷物用箱 ・バケツ ・ドラム缶 - 硬質バルク包装の世界市場:エンドユーザー別 ・塗装・コーティング ・化学 ・農業 ・洗剤 ・調剤 ・食品・飲料 - 硬質バルク包装の世界市場:主要地域別分析 - 硬質バルク包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 硬質バルク包装のヨーロッパ市場規模 - 硬質バルク包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・硬質バルク包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 硝酸セリウムアンモニウムの世界市場分析:用途別(実験室、フォトマスク、液晶ディスプレイ)、セグメント予測 -2022
    本調査レポートでは、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場について調査・分析し、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場動向、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別硝酸セリウムアンモニウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱伝導材料の世界市場:放熱パッド、放熱グリス、相変化物質、填隙剤、金属TIMS
    当調査レポートでは、熱伝導材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱伝導材料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:材料別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱伝導材料のアメリカ市場規模予測 ・熱伝導材料のヨーロッパ市場規模予測 ・熱伝導材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"