"一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3423)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global Mass Notification Systems (MNS) market size is expected to grow from USD 7.3 billion in 2019 to USD 17.3 billion by 2024, at a CAGR of 18.8% during the forecast periodThe growing concern for public safety and security and the increasing implementation of Internet Protocol (IP)-based notification devices are the major factors driving the growth of the MNS market.

In-building segment, by solution, to hold the highest market share during the forecast period
The in-building MNS typically provide personnel and building occupants with clear, concise, and intelligible voice messages to communicate how people should respond during various emergencies. Indoor public address systems, digital signage, desktop alerting, tone alert radios, voice-enabled fire alarm panels, posted notices, video screens, and telephones are part of in-building mass notification solutions that are instrumental in relaying information about a critical event in a swift manner. North America is the largest adopter of in-building solutions majorly used in large enterprises, SMEs, commercial buildings, and educational institutions. In-building MNS are a useful means of mass notification to notify personnel and requisite agencies or departments of power outages, scheduled maintenance work, mock drills, hostage situations, IT system issues, meeting and conference requests, and fire outbreaks.

Cloud segment to account for significant growth during the forecast period
The cloud-based mass notification solutions make the deployment easy with no need for on-site hardware deployment. The cloud-based mass notification solutions are used for efficient business operations, business continuity, and disaster recovery processes. With reduced physical infrastructure, less maintenance cost, 24*7 data accessibility and support, and effective monitoring of data, most of the MNS application providers are rapidly moving toward cloud deployment.

North America to have the largest market size during the forecast period
In North America, there has been an increased awareness about MNS after the 9/11 terrorist attacks. Moreover, the increase in occurrence of campus shootouts has troubled the law enforcement agencies. After the 9/11 terrorist attacks, the Department of Defense (DoD) issued stringent norms related to installation and management of MNS in industrial enterprises, public installations, and defense installations. Most of the law enforcement agencies in the US, such as federal agencies, Marine Corps, US Army, and defense installations, have deployed MNS for instant intelligent alerts and better and quick response management. North America is also rapidly adopting MNS and emergency communication initiatives.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 43%
• By Designation: C-Level Executives – 62%, Directors – 20%, and Others – 18%
• By Region: North America – 40%, APAC – 30%, Europe – 20%, Middle East and Africa – 5% Latin America– 5%,
The MNS market includes various major vendors, such as Motorola Solutions (US), BlackBerry AtHoc (US), Eaton (Ireland), Honeywell (US), Siemens (Germany), Everbridge (US), Blackboard (US), Desktop Alert (US), OnSolve (US), Singlewire Software (US), xMatters (US), Alertus (US), Johnson Controls (US), Federal Signal Corporation (US), and Rave Mobile Safety (US).

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the MNS market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the MNS market by component (hardware, software and services), solution (in-building solutions, wide-area solutions, and distributed recipient solutions), deployment type (on-premises and cloud), organization size (large enterprises and SMEs), vertical, and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The MNS market has been segmented on the basis of component (hardware, and software and services), solution (in-building solutions, wide-area solutions, and distributed recipient solutions), deployment type (on-premises and cloud), organization size (large enterprises and SMEs), vertical, and region.
The report will help the market leaders/new entrants in the MNS market in the following ways:
1. The overall MNS market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors offering mass notification products, solutions, systems, and services. The services include advisory, integration, and support and maintenance services. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, namely, North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.3 Market Breakup and Data Triangulation
2.2 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Mass Notification Systems Market
4.2 Market By Vertical
4.3 Market By Region
4.4 Market in North America, By Vertical and Country
5 Mass Notification Systems Market Overview and Industry Trends (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Concern for Public Safety and Security to Boost the Adoption of the MNS Market
5.2.1.2 Increasing Implementation of Ip-Based Notification Devices
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Inadequate Rules and Regulations Across Verticals
5.2.2.2 Stringent Privacy Regulations Pertaining to Access of Individual Data
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Extensive Demand in the Energy and Utilities Vertical
5.2.3.2 Growing Cloud-Based MNS Deployment
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About MNS
5.2.4.2 Hardware Infrastructure Prone to Single-Point Failures
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case 1
5.3.2 Use Case 2
5.3.3 Use Case 3
5.4 Regulations and Compliances
5.4.1 Clery Act
5.4.2 National Fire Alarm and Signaling Code
5.4.3 Unified Facilities Criteria
5.4.4 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4.5 Sarbanes-Oxley Act Compliance
5.4.6 International Organization for Standardization (ISO) 22301 and 22313
6 Mass Notification Systems Market By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Increasing Need for Clear and Concise Voice Alerts Propagation to Drive the Demand for Mass Notification Hardware
6.3 Software and Services
6.3.1 Growing Need for Seamless Delivery of Notifications and Alerts to Spur the Demand for Software and Services
7 Mass Notification Systems Market By Solution (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 In-Building Solutions
7.2.1 Increasing Need to Minimize the Damage and Misalignment of Business Resources to Drive the Demand for In-Building Solutions
7.3 Wide-Area Solutions
7.3.1 Occurrence of Natural Calamities, Such as Floods, Tsunamis, Earthquakes, and Volcanic Eruptions, to Spur the Demand for Wide-Area Solutions
7.4 Distributed Recipient Solutions
7.4.1 Need for Direct Communication With Targeted Individuals and Groups to Drive the Market for Distributed Recipient Solutions
8 Mass Notification Systems Market By Deployment Type (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Concerns Over the Security of Sensitive Data to Drive the Adoption of On-Premises MNS
8.3 Cloud
8.3.1 Scalability, Enhanced Collaboration, and Cost-Effectiveness Offered By the Cloud Platform to Boost the Demand for Cloud-Based MNS
9 Mass Notification Systems Market By Organization Size (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Growing Need for Continuity Measures and Disaster Recovery to Boost the Adoption of MNS in Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Increasing Need to Analyze the Huge Volumes of Data Generated From Various Enterprise Systems to Drive the Demand for MNS Among Large Enterprises
10 Mass Notification Systems Market By Vertical (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 Commercial and Industrial
10.2.1 Need for Notification Systems During Possible Mishaps in Buildings or Commercial Space to Drive the Adoption of MNS
10.3 Education
10.3.1 Growing Adoption of MNS Among Educational Institutions to Ensure the Safety and Security of Students and Faculty
10.4 Energy and Utilities
10.4.1 Changing Weather Conditions, Geographical Proximity, and Vulnerability to Industrial Accidents Driving the Adoption of MNS in Energy and Utilities Vertical
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.5.1 MNS to Improve Patient Management, Monitoring, and Experience and Engagement in Healthcare Organizations
10.6 Defense and Military
10.6.1 Need for Reliable, Fast, and Ultra-Secure Communication Mode to Boost the Adoption of MNS in Defense and Military Vertical
10.7 Transportation and Logistics
10.7.1 Threats Such as Terror Activities, Plane Hijacks, Smuggling, and Weather-Related Situations to Spur the Adoption of MNS in the Transportation and Logistics Vertical
10.8 Government
10.8.1 Growing Use of MNS to Coordinate Citizens, Organizations, and Agencies During Natural Calamities or Attacks By Government Institutions
10.9 Others
11 Mass Notification Systems Market By Region (Page No. – 68)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Growing Implementation of Cloud, Ai and Ml Based Solutions to Fuel the Demand for MNS in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increase in Internet Users to Drive the Growth of MNS Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Industry 4.0 to Drive the MNS Market in Germany
11.3.2 United Kingdom
11.3.2.1 Safety Laws and Compliances to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in the UK
11.3.3 France
11.3.3.1 Safety Concerns in Chemical and Oil & Gas to Drive the MNS Market in France
11.3.4 Spain
11.3.4.1 Increased Instances of Mishaps and Public Attacks to Drive the Mass Notification Systems Market in Spain
11.3.5 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Technological Advancement Across Different Verticals to Drive the Growth of MNS Market in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Introduction of Risk Assessments, and Establishment of Oshms to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in Japan
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 Government’s Initiative and Safety Laws Introduction to Drive the Adoption of Mass Notification Solutions in South Korea
11.4.4 India
11.4.4.1 Increase in Investments Among Startups and Growth of Cloud Technology Across Verticals to Trigger MNS Adoption in India
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East and North Africa
11.5.1.1 Adoption of MNS in Oil and Gas Vertical to Drive the Growth of MNS Market in Mena
11.5.2 Sub-Saharan Africa
11.5.2.1 Government Initiatives to Drive the Adoption of Safety and Emergency Systems in the Sub-Saharan Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Mexico
11.6.1.1 Growing It Infrastructure to Fuel the Adoption of Mass Notification Solutions in Mexico
11.6.2 Brazil
11.6.2.1 Emerging Startups in Brazil to Drive the Growth of Mass Notification Systems Market in the Coming Years in Brazil
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 89)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionary Leaders
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Competitive Landscape Overview
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches/Product Enhancements
12.3.2 Partnerships, Agreements, and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 96)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 MotoRoLA Solutions
13.2 BlackBerry AtHoc
13.3 Eaton
13.4 Honeywell
13.5 Siemens
13.6 Everbridge
13.7 Blackboard
13.8 DesKTop Alert
13.9 OnSolve (Ecn+ Mir3+ Sendwordnow)
13.10 Singlewire Software
13.11 xMatters
13.12 Alertus
13.13 Johnson Controls
13.14 Federal Signal Corporation
13.15 Rave Mobile Safety
*Details on Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 128)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3423
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 造影剤注入装置の世界市場予測(~2021年):CT用造影剤注入器、MRI用造影剤注入器
    当調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤注入装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自律型無人潜水機(AUV)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンベデッド・アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、エンベデッド・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:ビジネス用途別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:分析ツール別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 麦芽成分の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麦芽成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麦芽成分の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用材料の世界市場予測2019-2024
    「航空宇宙用材料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他など、用途別には、Commercial Aircraft、Military Aircraftなどに区分してまとめた調査レポートです。航空宇宙用材料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空宇宙用材料の世界市場概要(サマリー) ・航空宇宙用材料の企業別販売量・売上 ・航空宇宙用材料の企業別市場シェア ・航空宇宙用材料の世界市場規模:種類別(アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他) ・航空宇宙用材料の世界市場規模:用途別(Commercial Aircraft、Military Aircraft) ・航空宇宙用材料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空宇宙用材料のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空宇宙用材料の欧州市場規模(ドイツ、 …
  • バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器)、技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど)、用途別(創薬、診断、個別化医療)、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)
    本資料は、バイオマーカー技術の世界市場について調べ、バイオマーカー技術の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(消耗品、機器)分析、用途別(創薬、診断、個別化医療)分析、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオマーカー技術の世界市場概要 ・バイオマーカー技術の世界市場環境 ・バイオマーカー技術の世界市場動向 ・バイオマーカー技術の世界市場規模 ・バイオマーカー技術の世界市場:市場シェア ・バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器) ・バイオマーカー技術の世界市場:技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど) ・バイオマーカー技術の世界市場:用途別(創薬、診断、個別化医療) ・バイオマーカー技術の世界市場:疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他) ・バイオマーカー技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ …
  • グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の概要 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用トルクアクチュエータモーター市場規模、用途別(ETC、ターボチャージャー、EGR)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場概要 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場環境 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場動向 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場規模 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場:用途別(ETC、ターボチャージャー、EGR) ・自動車用トルクアクチュエータモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用トルクアクチュエータモーターのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用トルクアクチュエータモーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用トルクアクチュエータモーターの …
  • 神経学診断装置の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 欧州の物流市場2017-2021
    当調査レポートでは、欧州の物流市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、欧州の物流市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・種類別市場分類 ・種類別市場分類 ・地域別分析 ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 半導体ベアダイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ベアダイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ベアダイ市場規模、用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ベアダイの世界市場概要 ・半導体ベアダイの世界市場環境 ・半導体ベアダイの世界市場動向 ・半導体ベアダイの世界市場規模 ・半導体ベアダイの世界市場:業界構造分析 ・半導体ベアダイの世界市場:用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他) ・半導体ベアダイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ベアダイのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのアジア市場規模・予測 ・半導体ベアダイの主要国分析 ・半導体ベアダイの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ベアダイの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ベアダイの世界市場:競争環境 ・半導体ベアダイの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用バックミラーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用バックミラーの世界市場について調査・分析し、自動車用バックミラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用バックミラーの世界市場:市場動向分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:競争要因分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:特徴別 ・死角検出機能 ・自動折りたたみ機能 ・方向指示機能 ・自動防眩機能 ・電力制御機能 ・加温機能 ・電動調整 ・その他 - 自動車用バックミラーの世界市場:取付位置別 ・ドア装着 ・ボディ装着 - 自動車用バックミラーの世界市場:ミラータイプ別 ・ルームミラー ・外装バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:車両タイプ別 ・ 小型商用車 ・バス ・乗用車 ・トラック - 自動車用バックミラーの世界市場:製品別 ・スマートバックミラー ・従来型バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用バックミラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用バックミラーのヨーロッパ市場規模 - 自動車用バックミ …
  • 自動車用熱交換器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用熱交換器市場規模、車両種類別(小型商用車、中型・大型商用車、乗用車、内燃機関(ICE)車、その他)分析、電気自動車別(プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリー式電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(EHV))分析、オフハイウェー車種類別(建設機械、農業機械)分析、設計種類別(チューブフィン、プレートバー、その他)分析、用途別(中間冷却器、空調システム、ラジエーター、排ガス熱交換器、油冷却器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用熱交換器の世界市場:車両種類別(小型商用車、中型・大型商用車、乗用車、内燃機関(ICE)車、その他) ・ 自動車用熱交換器の世界市場:電気自動車別(プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテ …
  • ポリイソブチレンの世界市場予測(~2022年):C-PIB、HR-PIB
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリイソブチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、分子量別分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、ポリイソブチレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体包装用板紙の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体包装用板紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体包装用板紙の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • UV安定剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、UV安定剤の世界市場について調査・分析し、UV安定剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・UV安定剤の世界市場規模:種類別分析 ・UV安定剤の世界市場規模:用途別分析 ・UV安定剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 遠隔放射線学の世界市場
    当調査レポートでは、遠隔放射線学の世界市場について調査・分析し、遠隔放射線学の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 遠隔放射線学の世界市場:市場動向分析 - 遠隔放射線学の世界市場:競争要因分析 - 遠隔放射線学の世界市場:技術別 ・クラウドベース ・ウェブベース - 遠隔放射線学の世界市場:方式別 ・コンピューター断層撮影 ・ 磁気共鳴画像法 ・核医学画像 ・超音波システム ・X線 - 遠隔放射線学の世界市場:カテゴリー別 ・電気通信およびネットワーク構築 ・ソフトウェア ・ハードウェア - 遠隔放射線学の世界市場:用途別 ・放射線医学情報システム(RIS) ・画像保管通信システム(PACS) - 遠隔放射線学の世界市場:主要地域別分析 - 遠隔放射線学の北米市場規模(アメリカ市場等) - 遠隔放射線学のヨーロッパ市場規模 - 遠隔放射線学のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・遠隔放射線学の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ホームエンターテイメントの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホームエンターテイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームエンターテイメントの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はホームエンターテイメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bose、LG Electronics、Samsung Electronics、Sony、Yamaha等です。
  • 地形認識警報装置(TAWS)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地形認識警報装置(TAWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、システム別分析、エンジン種類別分析、用途別分析、地域別分析、地形認識警報装置(TAWS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械状態監視センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機械状態監視センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械状態監視センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオレキシン受容体1型市場2019
    本調査レポートでは、世界のオレキシン受容体1型市場2019について調査・分析し、オレキシン受容体1型の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、オレキシン受容体1型のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、オレキシン受容体1型メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体1型の市場概要 ・オレキシン受容体1型の上流・下流市場分析 ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市 …
  • メカニカルシールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メカニカルシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メカニカルシールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用超音波システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、眼科用超音波システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼科用超音波システム市場規模、モダリティ別(独立型、ポータブル型)分析、製品別(パキメーター、超音波生体顕微鏡(UBM)、Aスキャン、Bスキャン、複合スキャン)分析、用途別(インスリン送達、ワクチン送達、小児用注射、頭痛管理)分析、エンドユーザー別(眼科研究機関、眼科クリニック、病院、外来外科センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:市場動向分析 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:競争要因分析 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:モダリティ別(独立型、ポータブル型) ・ 眼科用超音波システムの世界市場:製品別(パキメーター、超音波生体顕微鏡(UBM)、Aスキャン、Bスキャン、複合スキャン) ・ 眼科用超音波システムの世界市場:用途別(インスリン送達、ワクチン送達、小児用注射、頭痛管理) ・ 眼科用超音波システムの世界市 …
  • ハイブリッドクラウドサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼロカロリー甘味料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゼロカロリー甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼロカロリー甘味料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フローケミストリーの世界市場分析:用途別(医薬品、化学薬品、学術研究、石油化学製品)、リアクター別(CSTR、プラグフローリアクター、MRT、マイクロ波システム)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、フローケミストリーの世界市場について調査・分析し、フローケミストリーの世界市場動向、フローケミストリーの世界市場規模、市場予測、セグメント別フローケミストリー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データセンタ・インターコネクトの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、データセンタ・インターコネクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、データセンタ・インターコネクトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の2,3-ジクロロピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界の2,3-ジクロロピリジン市場2016について調査・分析し、2,3-ジクロロピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 戦闘機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、戦闘機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、戦闘機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 治験管理システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、治験管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、導入形式別分析、種類別分析、構成要素別分析、治験管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 UAV (無人機)用地上制御局 (GCS)とは、オペレーターがドローンの機能を操作するためのセンターもしくはシステムを指します。地上制御局(GCS)は各種ハードウェアやソフトウェア 、インターフェース、コンピューター、テレメトリー、電子光学センサー、音響センサー、制御装置など を組み合わせた構造となっており、高周波 (RF) 無線などのワイヤレス通信技術を用いてUAVに情報や指令を伝えることができますTechnavio社はUAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Boeing• General Ato …
  • 世界の耐火性セラミック繊維(RCF)市場2015
    本調査レポートでは、世界の耐火性セラミック繊維(RCF)市場2015について調査・分析し、耐火性セラミック繊維(RCF)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 敗血症診断の世界市場2017-2021:免疫測定検査、POCT、分子検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、敗血症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、敗血症診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は敗血症診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.74%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、bioMérieux、T2 Biosystems等です。
  • 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場について調査・分析し、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:部品別 ・セパレータープレート ・シール ・平形電池 ・マニホールド ・その他 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:用途別 ・携帯型 ・移動型 ・固定 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主要地域別分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 平板型固体酸化物燃料電池のヨーロッパ市場規模 - 平板型固体酸化物燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 生分解性プラスチックの世界市場予測(~2023年):PLA、デンプンブレンド、生分解性ポリエステル、PHA
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(PLA、デンプンブレンド、生分解性ポリエステル、PHA)分析、最終用途産業別(パッケージング・バッグ、消費財、農業・園芸)分析、生分解性プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用オンボードパワーインバーター市場規模、用途別(乗用車、小型商用車)分析、出力範囲別(150W未満、150W以上)分析、OEM別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場概要 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場環境 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場動向 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場規模 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場:用途別(乗用車、小型商用車) ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場:出力範囲別(150W未満、150W以上) ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場:OEM別 ・自動車用オンボードパワーインバーターの世界市場:地域別市場規 …
  • フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場:フレキシブルバッテリー、フレキシブルディスプレイ、フレキシブルバッテリー
    当調査レポートでは、フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブル・エレクトロニクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 包装用インク・コーティングの世界市場2016-2020:軟質プラスチック、硬質プラスチック、金属、紙
    当調査レポートでは、包装用インク・コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用インク・コーティングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 油田掘削ビットの世界市場
    当調査レポートでは、油田掘削ビットの世界市場について調査・分析し、油田掘削ビットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 油田掘削ビットの世界市場:市場動向分析 - 油田掘削ビットの世界市場:競争要因分析 - 油田掘削ビットの世界市場:掘削ビットの種類別 ・ローラーコーンビット ・固定のカッターの付いたビット - 油田掘削ビットの世界市場:用途別 ・海上での掘削 ・陸上での掘削 - 油田掘削ビットの世界市場:主要地域別分析 - 油田掘削ビットの北米市場規模(アメリカ市場等) - 油田掘削ビットのヨーロッパ市場規模 - 油田掘削ビットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油田掘削ビットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • メラトニンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、メラトニンの世界市場について調査・分析し、メラトニンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別メラトニンシェア、市場規模推移、市場規模予測、メラトニン種類別分析(医薬品グレード、食品グレード)、メラトニン用途別分析(健康補助食品、医療用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・メラトニンの市場概観 ・メラトニンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・メラトニンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・メラトニンの世界市場規模 ・メラトニンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・メラトニンのアメリカ市場規模推移 ・メラトニンのカナダ市場規模推移 ・メラトニンのメキシコ市場規模推移 ・メラトニンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・メラトニンのドイツ市場規模推移 ・メラトニンのイギリス市場規模推移 ・メラトニンのロシア市場規模推移 ・メラトニンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・メラトニンの日本 …
  • 業務用スキンケア製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用スキンケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の麻酔時気道確保装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、麻酔時気道確保装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・麻酔時気道確保装置の概要 ・麻酔時気道確保装置の開発動向:開発段階別分析 ・麻酔時気道確保装置の開発動向:セグメント別分析 ・麻酔時気道確保装置の開発動向:領域別分析 ・麻酔時気道確保装置の開発動向:規制Path別分析 ・麻酔時気道確保装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別麻酔時気道確保装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・麻酔時気道確保装置の最近動向
  • スイスの心臓補助装置市場見通し
  • ハイブリッド種子の世界市場予測2022
    当調査レポートでは、ハイブリッド種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、作物種類別分析、存続期間別分析、種子処理別分析、地域別分析、ハイブリッド種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 精液分析機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、精液分析機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液分析機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイビング器材の世界市場:リブリーザー、耐寒耐水服、減圧室
    当調査レポートでは、ダイビング器材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ダイビング器材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの心臓血管疾患用装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"