"使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7331)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Stringent regulations pertaining to the safety of personnel in developed economies are expected to drive the disposable protective clothing market.”The disposable protective clothing market is estimated to grow from USD 2.6 billion in 2019 to USD 3.6 billion by 2024, at a CAGR of 6.5%. The disposable protective clothing market is driven primarily by the stringent regulations pertaining to the safety of personnel in developed economies. The rising number of workplace-related injuries is leading to the concern of the employers about ensuring the safety of their workers. The increasing concern of both the employers and employees regarding the safety at the workplace is expected to drive the disposable protective clothing market.

“Polyethylene is expected to be the fastest-growing segment by material type of the disposable protective clothing market, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The polyethylene segment is expected to witness the highest growth in terms of value during the forecast period. Excellent mechanical resistance accompanied by chemical resistance makes polyethylene a viable choice for manufacturing disposable protective clothing for a broad range of applications. These characteristics of polyethylene over other materials are estimated to boost its demand in the disposable protective clothing market.

“The chemical application segment is estimated to account for the largest share of the overall disposable protective clothing market, in terms of value, between 2019 and 2024.”
Chemicals were the largest application segment of disposable protective clothing due to its extensive use across different industries such as oil & gas, manufacturing, healthcare/medical, and construction, among others. The growing concern for avoiding accidents and injuries related to the handling of hazardous chemicals and particulates is expected to drive the demand for chemical protective clothing market.

“Rising demand from the construction, manufacturing, healthcare/medical, and oil & gas industries to drive the demand for disposable protective clothing in North America.”
North America disposable protective clothing market is estimated to witness considerable growth during the forecast period. The regulations that mandate the use of disposable protective clothing at manufacturing facilities are driving the market in the region. The mandate by the government, coupled with the awareness among the workers, and demand for relatively cheaper protective clothing, is leading to the growth of the disposable protective clothing market in the region.

The increasing number of accidents in the industries mentioned above has led to the rising demand for disposable protective clothing. The workers involved in ground activities are exposed to chemical hazards, erection, repair, demolition, maintenance, painting, land clearing, earthmoving, grading, drilling, blasting, and concreting. Thermal, chemical, mechanical, visibility, and biological/radiation applications of protective clothing help individuals to work efficiently in risky operations by providing the necessary protection. In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted.
• By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: North America – 33%, Europe – 27%, APAC – 27%, South America – 7%, Middle East & Africa – 6%,

The key players profiled in the report include as 3M Company (US), Du Pont de Nemours and Company (US), Kimberly Clark Corp (US), International Enviroguard (US), Derekduck Industries (Taiwan), and Lakeland Industries, Inc. (US).

Research Coverage
This report segments the market for protective clothing based on material type, application, end-use industry, and region, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, new product launches, expansions, agreements, and acquisitions associated with the market for protective clothing.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market ranking analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the disposable protective clothing market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on disposable protective clothing offered by top players in the global market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, R&D activities, and new product launches in the disposable protective clothing market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for disposable protective clothing across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global disposable protective clothing market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the disposable protective clothing market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Market Definition and Scope
2.2 Base Number Calculation
2.2.1 Primary and Secondary Research
2.2.2 Market Calculation, By End-Use Industry
2.3 Forecast Number Calculation
2.4 Market Engineering Process
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Top-Down Approach
2.5 Assumptions
2.6 Secondary Data
2.7 Primary Data
2.7.1 Breakdown of Primary Interviews
2.7.2 Key Industry Insights
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Disposable Protective Clothing Market
4.2 Disposable Protective Clothing Market in North America, By Application and Country, 2018
4.3 Disposable Protective Clothing Market, By Region
4.4 Disposable Protective Clothing Market, By Material Type
4.5 Disposable Protective Clothing Market Attractiveness, By Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Strict Regulations Pertaining to Workers’ and Employees’ Safety in Developed Economies
5.2.1.1.1 Protective Clothing Standards
5.2.1.2 Rising Demand From the Healthcare/Medical Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Requirement of Massive Investment for R&D
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Innovation in Product Development
5.3 Technology
5.3.1 Nanotechnology
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
5.4.1 Threat of Substitutes
5.4.2 Threat of New Entrants
5.4.3 Bargaining Power of Suppliers
5.4.4 Bargaining Power of Buyers
5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.5 Macroeconomic Indicators
5.5.1 Gdp Trends and Forecast of Major Economies
5.5.2 Construction Industry
6 Disposable Protective Clothing Market, By Material Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Polyethylene
6.2.1 Polyethylene-Based Disposable Protective Clothing Offers Excellent Mechanical and Chemical Resistance
6.3 Polypropylene
6.3.1 Polypropylene Can Be Used in A Variety of Fibrous Forms
6.4 Polyester
6.4.1 Polyester-Based Fabrics Have High Tensile Strength and Offer Structural Stability
6.5 Others
7 Disposable Protective Clothing Market, By Application (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Thermal
7.2.1 Thermal Protective Clothing is Made of Three Layers of Clothing – Thermal Liner, Moisture Barrier, and Outer Shell
7.3 Visibility
7.3.1 Innovations By Major Players are Promising for the Market Growth in This Segment
7.4 Mechanical
7.4.1 The Market in This Application Segment has Growth Potential in the Future Due to the Development of the Manufacturing Sector in the Emerging Economies
7.5 Chemical
7.5.1 Rising Demand From Oil & Gas, Construction, and Manufacturing Industries is Expected to Support the Market Growth in Chemical Application
7.6 Biological/Radiation
7.6.1 The Developing Nuclear Industry is Influencing the Market Positively in the Biological/Radiation Application
7.7 Other Applications
8 Disposable Protective Clothing Market, By End-Use Industry (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Construction
8.2.1 Disposable Protective Clothing is Widely Used in the Construction Industry for Visibility and ARC Protection
8.2.1.1 Visibility
8.2.1.2 ARC Protection
8.3 Manufacturing
8.3.1 Infrastructural Development in Emerging Countries is Boosting the Market in this Segment
8.4 Oil & Gas
8.4.1 The Use of Protective Clothing in the Oil & Gas Industry is Driven By the Increased Risk of Encountering Life-Threatening Chemical Hazards
8.5 Healthcare/Medical
8.5.1 The Market in This Industry is Expected to Be Driven By the Introduction of More Advanced Disposable Protective Clothing for Medical Applications
8.5.2 Cleaning Room Protection
8.5.3 Bio-Hazard Protection
8.6 Mining
8.6.1 Rising Focus on Safety Standards for Workers By Local Governments is Driving the Market
8.7 Defense & Public Safety
8.7.1 Increasing Demand From Emerging Countries in APAC and the Middle East & Africa is Likely to Propel the Market
8.8 Energy & Power
8.8.1 Rising Focus on Safety Standards is Expected to Drive the Demand for Disposable Protective Clothing in the Industry
8.9 Others
9 Disposable Protective Clothing Market, By Region (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 Growing Manufacturing Industry, Coupled With Increased Awareness Among the Workers and Employers Regarding Safety, is Driving the Market for Disposable Protective Clothing in China
9.2.2 Japan
9.2.2.1 Rising Awareness Regarding Industrial Safety and Protective Wears is Expected to Drive the Disposable Protective Clothing Market in Japan
9.2.3 India
9.2.3.1 Growing Population and Income Levels, Coupled With A Lack of Stringent Regulatory Intervention, Have Enabled the Country to Emerge as One of the Fastest-Growing Disposable Protective Clothing Markets
9.2.4 South Korea
9.2.4.1 Rapid Industrialization and Technological Advancements in the Country are Supporting the Growth of the Disposable Protective Clothing Market
9.2.5 Australia
9.2.5.1 Disposable Protective Clothing Market in Australia is Expected to Grow Owing to the Rising Demand for Thermal Protective Clothing
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.1.1 Rising Demand From Construction, Manufacturing, and Healthcare Industries to Drive the Demand for Disposable Protective Clothing
9.3.2 Canada
9.3.2.1 Trade Agreements Undertaken By Canada to Favor the Export of the Canadian Protective Clothing in the Global Market
9.3.3 Mexico
9.3.3.1 Growing Infrastructural Development and Construction Activities to Drive the Demand for Disposable Protective Clothing in the Country
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Government Emphasis on Safety of Industrial Workers is A Major Factor Contributing to the Growth of the Disposable Protective Clothing Market in the Country
9.4.2 Italy
9.4.2.1 Increased Safety Awareness Among the Employees and Employers is Expected to Drive the Disposable Protective Clothing Market in Italy
9.4.3 France
9.4.3.1 Rising Demand for Disposable Protective Clothing in the Manufacturing Industry is Driving Its Growth in the Country
9.4.4 UK
9.4.4.1 The Rising Number of Accidents in Chemical Laboratories and at Construction Sites is Estimated to Drive the Market for Disposable Protective Clothing in the Country
9.4.5 Spain
9.4.5.1 Rising Demand From Manufacturing and Construction Industries Will Drive the Demand for Disposable Protective Clothing in the Country
9.4.6 Russia
9.4.6.1 Increase in Exploration Activities in the Oil & Gas Industry is Driving the Market for Protective Clothing in Russia
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Rising Awareness for Worker Safety to Drive the Market in the Country
9.5.2 UAE
9.5.2.1 Disposable Protective Clothing Market in the Country is Driven By the Oil & Gas and Manufacturing Industries
9.5.3 Iraq
9.5.3.1 Disposable Protective Clothing in Iraq is Dominated By the Oil & Gas Industry
9.5.4 South Africa
9.5.4.1 Rising Demand for Personal Protective Equipment to Support the Growth of the Disposable Protective Clothing Market in the Country
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Regulatory Mandates for Ensuring Worker Safety to Drive the Disposable Protective Clothing Demand in the Country
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 National and International Regulations Mandating the Use of Protective Clothing in Various Industries to Drive the Disposable Protective Clothing Market
9.6.3 Chile
9.6.3.1 Increasing Industrialization to Result in Rising Demand for Protective Clothing in the Country
10 Competitive Landscape (Page No. – 105)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Terminology/Nomenclature
10.2.1.1 Visionary Leaders
10.2.1.2 Innovators
10.2.1.3 Emerging Companies
10.2.2 Strength of Product Portfolio
10.2.3 Business Strategy Excellence
10.3 Competitive Leadership Mapping (Small and Medium-Sized Enterprises)
10.3.1 Terminology/Nomenclature
10.3.1.1 Progressive Companies
10.3.1.2 Starting Blocks
10.3.1.3 Responsive Companies
10.3.1.4 Dynamic Companies
10.3.2 Strength of Product Portfolio
10.3.3 Business Strategy Excellence, 2018
10.4 Market Share Analysis
10.4.1 3M Company
10.4.2 Du Pont De Nemours Inc.
10.4.3 Honeywell International
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 New Product Launch
10.5.2 Agreement
10.5.3 Expansion
10.5.4 Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 117)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 3M Company
11.2 Dupont De Nemours Inc.
11.3 Honeywell International, Inc.
11.4 Kimberly Clark Corp
11.5 Lakeland Industries, Inc.
11.6 Derekduck Industries Corp.
11.7 International Enviroguard
11.8 Drager
11.9 Asatex
11.10 Uvex
11.11 Other Players
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 141)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7331
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の高級自動車市場2015
    本調査レポートでは、世界の高級自動車市場2015について調査・分析し、高級自動車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 不凍タンパク質の世界市場:種類別(1型、3型、不凍糖タンパク質)、形態別(固体、液体)、最終用途別(医療、化粧品、食品)、由来別、地域別予測
    本資料は、不凍タンパク質の世界市場について調べ、不凍タンパク質の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質)分析、形態別(固体、液体)分析、最終用途別(医療、化粧品、食品)分析、由来別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・不凍タンパク質の世界市場概要 ・不凍タンパク質の世界市場環境 ・不凍タンパク質の世界市場動向 ・不凍タンパク質の世界市場規模 ・不凍タンパク質の世界市場規模:タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質) ・不凍タンパク質の世界市場規模:形態別(固体、液体) ・不凍タンパク質の世界市場規模:最終用途別(医療、化粧品、食品) ・不凍タンパク質の世界市場規模:由来別 ・不凍タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・不凍タンパク質の北米市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアメリカ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のヨーロッパ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアジア市場規模・予測 ・不凍タンパク質の日本市場規模・ …
  • 世界の送受信兼用無線機市場2015
    本調査レポートでは、世界の送受信兼用無線機市場2015について調査・分析し、送受信兼用無線機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エステルクワットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、エステルクワットの世界市場について調査・分析し、エステルクワットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エステルクワットの世界市場規模:原材料別分析 ・エステルクワットの世界市場規模:用途別分析 ・エステルクワットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:技術別、製品別、用途別、需要先別、地域別予測
    本資料は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場について調べ、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場概要 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場環境 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場動向 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:技術別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:製品別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:用途別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:需要先別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場: …
  • 産業用塗料の世界市場予測(~2022年):アクリル塗料、アルキド塗料、エポキシ塗料、ポリウレタン塗料、ポリエステル塗料
    当調査レポートでは、産業用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、産業用塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場2016-2020:歯科矯正、歯内療法、歯周療法、歯科手術
    当調査レポートでは、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳波(EEG)キャップの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、脳波(EEG)キャップの世界市場について調べ、脳波(EEG)キャップの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、脳波(EEG)キャップの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は脳波(EEG)キャップの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・脳波(EEG)キャップの市場状況 ・脳波(EEG)キャップの市場規模 ・脳波(EEG)キャップの市場予測 ・脳波(EEG)キャップの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ) ・脳波(EEG)キャップの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ネットワーク暗号化の世界市場予測(~2023年)
    ネットワーク暗号化の世界市場は、2018年の29億米ドルから2023年には46億米ドルに達し、この期間中、9.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな法規制を順守する必要性が増えたこと、組織をネットワークセキュリティの侵害から保護することへの意識の高まりなどが考えられます。一方で、地域間でデータ保護に関する政府の方針が頻繁に変更されることにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ネットワーク暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ハードウェア、プラットフォーム、サービス)分析、伝送の種類(従来型伝送、光伝送)分析、データレート分析、組織のサイズ分析、ネットワーク暗号化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベリリウム・コバルト銅市場2016
    本調査レポートでは、世界のベリリウム・コバルト銅市場2016について調査・分析し、ベリリウム・コバルト銅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気ヒューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気ヒューズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • 家庭用殺虫剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用殺虫剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 健康保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、健康保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工場自動化ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工場自動化ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工場自動化ソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心臓律動管理(CRM)機器の世界市場2017-2021:除細動器、ペースメーカー、CRT機器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓律動管理(CRM)機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓律動管理(CRM)機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Medtronic等です。
  • ターボエキスパンダーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ターボエキスパンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ローディング装置(コンプレッサ、発電装置、オイルブレーク)別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ターボエキスパンダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年)
    ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場は、2018年の21億米ドルから2024年には361億米ドルに達し、この期間中50.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ビッグデータとして利用可能な増大し続ける複雑なデータセット、増加する医療費を削減するニーズの高まり、そしてコンピューティング能力の向上とハードウェアコストの低下などが考えられます。一方で、AIベースの技術を採用することへの消極的な医療従事者の姿勢、および医療ソフトウェアに関する熟練した労働力と規制ガイドラインの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術(機械学習、NLP、コンテキストアウェアコンピューティング、コンピュータービジョン)分析、最終用途分析、エンドユーザー分析、ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお …
  • 世界の自動車用フローリング市場規模・予測2017-2025:材料別(ポリプロピレン、ゴム、ポリウレタン、ナイロン、その他)、商品別(マット、カーペット)、用途別(LCV、乗用車、HCV)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用フローリング市場について調査・分析し、世界の自動車用フローリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用フローリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国のタイヤ金型市場2015
    本調査レポートでは、中国のタイヤ金型市場2015について調査・分析し、タイヤ金型の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用エバポレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、工業用エバポレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用エバポレータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 エバポレーターは、混合流体の液体をガスに気化し液体状態から気体状態に変化させることにより、そのまま固形成分を残すことができます。エバポレーターは、ある食品をごくわずかな液体、もしくはまったく残さないほどの濃縮状態にする場合に使用されます。Technavio社は工業用エバポレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ENCON Evaporators• General Electric (GE)• KMU LOFT• Technoforce Solutions• Thermal Kinetics Engineering等です。
  • 送電塔の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、送電塔の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、送電塔の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は送電塔の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kalpataru Power Transmission Limited、KEC International、Nanjing Daji Group等です。
  • スマートウォッチの世界市場
    当調査レポートでは、スマートウォッチの世界市場について調査・分析し、スマートウォッチの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 農業用界面活性剤の世界市場:アニオン界面活性剤、ノニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤
    当調査レポートでは、農業用界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別
    MarketsandMarkets社は、合成ガス&誘導体世界市場規模が2019年277,507MWthから2024年501,932MWthまで年平均12.6%成長すると予測しています。本書は、世界の合成ガス&誘導体市場について調査・分析し、市場概要、生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)分析、ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他)分析、原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物、その他)分析、用途別(化学薬品、燃料、電気)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃 …
  • 乗用車用ホイールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、乗用車用ホイールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乗用車用ホイール市場規模、材料種類別(合金、鋼、カーボン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・乗用車用ホイールの世界市場概要 ・乗用車用ホイールの世界市場環境 ・乗用車用ホイールの世界市場動向 ・乗用車用ホイールの世界市場規模 ・乗用車用ホイールの世界市場:業界構造分析 ・乗用車用ホイールの世界市場:材料種類別(合金、鋼、カーボン) ・乗用車用ホイールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・乗用車用ホイールのアメリカ市場規模・予測 ・乗用車用ホイールのヨーロッパ市場規模・予測 ・乗用車用ホイールのアジア市場規模・予測 ・乗用車用ホイールの主要国分析 ・乗用車用ホイールの世界市場:意思決定フレームワーク ・乗用車用ホイールの世界市場:成長要因、課題 ・乗用車用ホイールの世界市場:競争環境 ・乗用車用ホイールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のスノーチェーン市場2016
    本調査レポートでは、世界のスノーチェーン市場2016について調査・分析し、スノーチェーンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のBOPETラミネートフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のBOPETラミネートフィルム市場2016について調査・分析し、BOPETラミネートフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ潅漑装置の世界市場予測
    本調査レポートでは、マイクロ潅漑装置の世界市場について調査・分析し、マイクロ潅漑装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のポリオール市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリオール市場2015について調査・分析し、ポリオールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機向け次世代アビオニクスの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、民間航空機向け次世代アビオニクスの世界市場について調査・分析し、民間航空機向け次世代アビオニクスの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 民間航空機向け次世代アビオニクス世界市場の概要 3. 民間航空機向け次世代アビオニクスの世界市場 4. 世界の民間航空機向け次世代アビオニクス2次市場予測 5. 主要地域の民間航空機向け次世代アビオニクス市場予測 6. 民間航空機向け次世代アビオニクス世界市場のSWOT分析 7. 世界の民間航空機とアビオニクス産業のPEST分析 8. 民間航空機向け次世代アビオニクス主要企業10社 9. 結論および推奨事項
  • 世界の患者血液管理市場:製品別(機器(遠心分離機、輸液装置、アフェレーシス、PCR、NGS、ストレージデバイス)、アクセサリ(シリンジ、バイアル)、試薬、ソフトウェア)、コンポーネント別、エンドユーザー別(血液銀行、病院)、地域別
    MarketsandMarkets社は、患者血液管理の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年153億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の患者血液管理市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア)分析、コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ)分析、エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の患者血液管理市場:製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア) ・世界の患者血液管理市場:コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ) ・世界の患者血液管理市場:エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所) ・世界の患者血液管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • グルメソルトの世界市場2017-2021:製パン・製菓、肉製品・鶏肉製品、魚介製品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グルメソルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グルメソルトの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はグルメソルトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCargill、SAN FRANSISCO SALT COMPANY、Saltworks、Morton Salt、Devonshire Gourmet salts等です。
  • 民間アビオニクスシステムの世界市場:サブシステム別(飛行管理システム、飛行制御システム、健全性監視システム、電装・緊急システム、通信・航行・監視システム)、機体別(ナローボディ航空機、ワイドボディ航空機、リージョナルジェット)、地域別予測
    本資料は、民間アビオニクスシステムの世界市場について調べ、民間アビオニクスシステムの世界規模、市場動向、市場環境、サブシステム別(飛行管理システム、飛行制御システム、健全性監視システム、電装・緊急システム、通信・航行・監視システム)分析、機体別(ナローボディ航空機、ワイドボディ航空機、リージョナルジェット)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはUnited Technologies Corporation、Thales Group、GE Aviation、Garmin Ltd.、Rockwell Collins、Honeywell International Inc.、L-3 Communication Holdings Inc.、Panasonic Avionics Corporation 、Universal Avionics System Corporation、Teledyne Technologies Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • クラミジア感染症の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クラミジア感染症の世界市場について調査・分析し、クラミジア感染症の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クラミジア感染症シェア、市場規模推移、市場規模予測、クラミジア感染症種類別分析(治療、診断)、クラミジア感染症用途別分析(生殖器疾患、眼病、関節、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クラミジア感染症の市場概観 ・クラミジア感染症のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クラミジア感染症のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クラミジア感染症の世界市場規模 ・クラミジア感染症の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クラミジア感染症のアメリカ市場規模推移 ・クラミジア感染症のカナダ市場規模推移 ・クラミジア感染症のメキシコ市場規模推移 ・クラミジア感染症のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・クラミジア感染症のドイツ市場規模推移 ・クラミジア感染症のイギリス市場規模推移 ・クラミジア感染症のロシア市場規模推移 ・ク …
  • 中国の赤外線撮像システム市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線撮像システム市場2015について調査・分析し、赤外線撮像システムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPSA酸素濃縮器市場2015
    本調査レポートでは、世界のPSA酸素濃縮器市場2015について調査・分析し、PSA酸素濃縮器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシング衛星の世界市場:SATCOM、レーダー、EO/IRシステム
    当調査レポートでは、リモートセンシング衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモートセンシング衛星の世界市場規模及び予測、システム別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アークフラッシュ保護の世界市場予測(~2022年):アークフラッシュ検出&制御システム、個人保護具
    当調査レポートでは、アークフラッシュ保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、アークフラッシュ保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学の世界市場:核医学装置、SPECT、PET、放射性医薬品
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核医学の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オランダの血栓管理装置市場見通し
  • 窒素発生器の世界市場:種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器)、最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品)
    本市場調査レポートでは窒素発生器について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器)分析、最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・窒素発生器の世界市場:種類別(PSA窒素発生器、膜窒素発生器、低温窒素発生器) ・窒素発生器の世界市場:最終用途産業別(食品および飲料、輸送、医療および医薬品、電気および電子機器、化学薬品) ・窒素発生器の世界市場:地域別 ・企業概要
  • IT運用分析の世界市場予測(~2022):リアルタイムログ分析、アプリケーション性能管理
    当調査レポートでは、IT運用分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、技術別分析、導入方式別分析、産業別分析、IT運用分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • EASアンテナの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EASアンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EASアンテナの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場:製品別(医療用・人工装具、繊維、シート、ロッド)、用途別
    本調査レポートでは、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別超高分子ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上、インクジェットベース、シリンジベース、レーザーベース)、用途別(医療、歯科、バイオセンサー、バイオインク)、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の切換スイッチ市場2015
    本調査レポートでは、中国の切換スイッチ市場2015について調査・分析し、切換スイッチの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 狂犬病(Rabies):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における狂犬病(Rabies)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、狂犬病(Rabies)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・狂犬病(Rabies)の概要 ・狂犬病(Rabies)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の狂犬病(Rabies)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・狂犬病(Rabies)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・狂犬病(Rabies)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のウェーブ・スプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のウェーブ・スプリング市場2016について調査・分析し、ウェーブ・スプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"