"生物肥料の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 2569)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"生物肥料の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The biofertilizers market is projected to grow at a CAGR of 11.2% %, in terms of value, driven by the growth in the organic food industry, initiatives by government agencies and increasing awareness about the need for sustainability in modern agriculture.”The biofertilizers market is estimated to be valued at USD 2.0 billion in 2019 and is projected to grow at a CAGR of 11.2%, recording a value of USD 3.8 billion by 2025. The growth of the biofertilizers market is driven by the growing organic food industry, initiatives by government agencies, and increasing awareness about the need for sustainability in modern agriculture. Rising awareness of the hazards of chemical fertilizers is also accelerating market growth. However, environment and technological constraints along with poor infrastructure & high initial investment for biofertilizers manufacturing facilities, are hampering the market growth.

“The liquid biofertilizer segment in the biofertilizers market is projected to record the fastest CAGR during the forecast period.”
Liquid biofertilizer technology is considered as an alternative solution to the conventional form of carrier-based biofertilizers. Liquid biofertilizers are formulated specially and contain not only the desired microorganisms strains but also substances that can support the stability of the storage conditions of resting spores and cysts for longer shelf-life. Liquid fertilizers can be stored for two to three years without any special arrangements. They do not get contaminated and have greater immunity against native soil microbial population.

Liquid fertilizers have better tolerance limits for adverse conditions. The quality control protocols for liquid biofertilizers are easy and expeditious compared to carrier-based biofertilizers. These products are also convenient for biofertilizer manufacturers due to limited risks associated with inventory keeping for a longer period, which reduces the need for a year-long production process. Thus, these factors are propelling market growth.

“Soil treatment segment held the maximum share, based on the mode of application, in the biofertilizers market.”
Soil treatment is a method, in which certain bacteria, fungi, and other microorganisms, such as algae and protozoa, are mixed with plowed soil or organic fertilizers to enrich the soil microbiome. When these helpful microorganisms are introduced in the soil, they help the plant to receive adequate nutrients, which are available in the soluble and absorbable form. In addition, these biofertilizers do not impact the soil fertility adversely but help to enhance it.

Liquid biofertilizer formulation is used mostly for soil treatment due to its convenience. The mixture can be sprinkled with water into the soil in rows at the time of sowing or irrigation — the dosage of these treatment methods changes with climatic conditions. For instance, in India, rhizobium strains are mostly used in legumes such as groundnuts, pulses, and soybeans, as they increase the crop yield by 10%–35% whereas phosphate solubilizers are used in all crops by soil application to enhance the crop yield up to 5%–30%. However, lack of awareness about seed treatment in rural areas of developing countries is also a key factor, which is influencing the adoption of soil treatment in the biofertilizers market.

“Nitrogen-fixing biofertilizers segment held the maximum share, based on type, in the biofertilizers market.”
The nitrogen-fixing biofertilizers contain microorganisms such as Rhizobium, Actinobacteria, Azotobacter, and Azospirillum. They help in transforming nitrogen into organic compounds. Biological nitrogen fixation is one way of converting elemental nitrogen into a usable form for the plants. It is the reduction of nitrogen (N2) to ammonia (NH3). Thus, increasing awareness of water pollution and nitrate emissions is driving the need for alternative sustainable sources such as nitrogen-fixing biofertilizers.

Among all the microorganisms, Rhizobium is used widely due to its efficiency in nitrogen fixation. Rhizobium is a symbiotic, nitrogen-fixing bacterium, which integrates atmospheric nitrogen with the root nodules of crops. This bacteria doesn’t have an unpleasant odor as well has no foam formation with pH range from 6.8–7.5.

“High growth is projected to be witnessed in the North America biofertilizers market during the forecast period.”
North America held a majority share of the global biofertilizers industry in 2018. This is due to the rising demand for organic products, high acceptance of biofertilizers as well as high adoption of advanced irrigation systems such as drip & sprinkler irrigation. Industrialization and urbanization have resulted in the decline in agricultural as well as arable land in North America. Due to the rampant use of chemical fertilizers, the fertility of the soil is declining. The farmers in this region are highly skilled in terms of knowledge and machinery. Thus, to maintain soil fertility as well as the yield of crops, farmers are opting for organic manure and biofertilizers.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 33 %, Tier 2 – 47%, and Tier 3 – 20%
 By Designation: C-level – 35%, D-level – 40%, and Others*- 25%
 By Region: Asia Pacific – 50%, North America- 25%, Europe- 20%, and RoW – 5%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Novozymes (Denmark)
• T Stanes & Company Ltd (India)
• SOM Phytopharma (India) Ltd (India)
• International Panaacea Limited (India)
• Kan Biosys (India)
• Kiwa Biotech (China)
• Symborg (Spain)
• Madras Fertilizers Limited (India)
• Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd (India)
• Lallemand Inc. (Canada)
• National Fertilizers Limited (India)
• Rizobacter Argentina S.A (Argentina)
• Rashtriya Chemicals & Fertilizers Ltd (India)
• Mapleton Agribiotech (Australia)

Research Coverage:
The report segments the biofertilizers market based on form, mode of application, crop type, type, and region. In terms of insights, this report focuses on various levels of analyses—the competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global biofertilizers market, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the biofertilizers market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the biofertilizers market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"生物肥料の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in this Market
4.2 Biofertilizers Market, By Form
4.3 North America: Biofertilizers Market, By Crop Type & Country
4.4 Market, By Type
4.5 Market, By Key Country
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Macroeconomic Indicators Influencing the Biofertilizers Market
5.2.1 Population Growth and Diversified Food Demand
5.2.2 Increase in Organic Farm Area
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growth in the Organic Food Industry
5.3.1.2 Initiatives By Government Agencies and Increasing Awareness About the Need for Sustainability in Modern Agriculture
5.3.1.3 Hazards of Using Chemical Fertilizers
5.3.1.4 Increase in the Usage of Biofertilizers in Ranches and Private Farms
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Environmental and Technological Constraints
5.3.2.2 Poor Infrastructure & High Initial Investment
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 New Target Markets: Asia Pacific & Africa
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Awareness & Low Adoption Rate of Biofertilizers
5.3.4.2 Supply of Counterfeit and Less-Effective Products
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 North America
5.4.1.1 Canada
5.4.2 Europe
5.4.2.1 Spain
5.4.2.2 Italy
5.4.3 Asia Pacific
5.4.3.1 India
5.4.3.2 China
5.4.3.3 Taiwan
5.4.3.4 Thailand
5.4.3.5 Australia
5.4.3.6 Vietnam
5.4.3.7 Philippines
5.4.3.8 Bhutan
5.4.4 South America
5.4.4.1 Brazil
5.4.5 RoW
5.5 Patent Analysis
6 Biofertilizers Market, By Mode of Application (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Soil Treatment
6.2.1 Increase in Awareness and Easier Application of Biofertilizers to Fuel the Demand for Soil Treatment Among Farmers
6.3 Seed Treatment
6.3.1 Low Labor Costs Associated With Seed Treatment
6.4 Others
7 Biofertilizers Market, By Form (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Liquid Biofertilizers
7.2.1 Longer Shelf-Life Compared to That of Carrier-Based Biofertilizers
7.3 Carrier-Based Biofertilizers
7.3.1 Rise in Demand for Pelleted Potash Mobilizing Biofertilizers
8 Biofertilizers Market, By Type (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Nitrogen-Fixing Biofertilizers
8.2.1 Increasing Awareness About Nitrate Emissions and the Resulting Water Hypoxia Drives Its Adoption
8.3 Phosphate Solubilizing & Mobilizing Biofertilizers
8.3.1 Rise in Adoption of Sugarcane, Fruits, and Vegetables
8.4 Potash Solubilizing & Mobilizing Biofertilizers
8.4.1 Higher Adoption of Carrier-Based Potash Solubilizing Biofertilizers for Better Productivity
8.5 Others
8.5.1 Increase in Adoption of Zinc and Sulfur Solubilizers Among Sugarcane Producers
9 Biofertilizers Market, By Crop Type (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 Cereals & Grains
9.2.1 Growth in Adoption of Associative Symbiotic and Free-Living Bacteria for Cereal Crops Such as Rice and Corn
9.3 Oilseeds & Pulses
9.3.1 Rise in Usage of Soybean as Feed Is, in Turn, Increasing the Consumption of Biofertilizers
9.4 Fruits & Vegetables
9.4.1 Increase in Trend of Organic Fruits & Vegetables Due to Changing Lifestyles
9.5 Other Crops
9.5.1 Growth in Adoption of Biofertilizers Among Sugarcane Plantation Owners
10 Biofertilizers Market, By Region (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Strengthening the Supply Channels of Organic Products for the Feed and Food Industries to Be A Key Factor for the Growth in Demand for Biofertilizers
10.2.2 Canada
10.2.2.1 The Rise in Organic Farmlands is Projected to Encourage Biofertilizer Manufacturers to Increase their Production Capacity
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 The Rise in Exports of Fruits & Vegetables to the US is Projected to Increase the Adoption of Biofertilizers Among Small Organic Producers
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany, an Early Adopter of Eu Agricultural Standards and Policies, Would Drive the Market Growth of Nitrogen-Fixing Biofertilizers
10.3.2 France
10.3.2.1 Need for Rise in Sustainable Crop Production has Encouraged Farmers to Opt for Organic Practices
10.3.3 Italy
10.3.3.1 Government Initiatives to Provide Financial Support to Farmers
10.3.4 Spain
10.3.4.1 Increase in Research & Development to Provide Innovative Products
10.3.5 UK
10.3.5.1 Greater Awareness About the Need for Sustainable Farming Practices Across the Food and Feed Value Chains
10.3.6 Russia
10.3.6.1 Greater Focus to Increase the Production Capacity of Biofertilizers Among Agri-Input Players
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Increase in the Use of Biofertilizer Products in UKraine and Scandinavian Countries
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 The Increasing Trend of Utilizing Biofertilizers for High-Quality Rice Production
10.4.2 Australia
10.4.2.1 Growth in the Number of Collaborative Research Projects to Encourage the Production of Innovative Products
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Stronger Emphasis on Rice Production Using Both Traditional and Modern Practices is Projected to Drive the Demand for Biofertilizers
10.4.4 India
10.4.4.1 Deeper Market Penetration at the District Level With the Growing Number of Biofertilizer Manufacturers in the Country to Impact Market Growth
10.4.5 Vietnam
10.4.5.1 Increase in Government Initiatives to Support Exports is A Major Reason Driving the Market Growth
10.4.6 Rest of Asia Pacific
10.4.6.1 Export of Organic Fruits & Vegetables and Increase in Sustainable Rice Cultivation Practices are Factors Projected to Drive the Biofertilizers Market
10.5 Rest of the World
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increase in Exports and Research Activities are A Significant Boost for the Biofertilizers Market
10.5.2 South Africa
10.5.2.1 Increase in the Exports of Exotic Fruits & Vegetables Would Influence the Biofertilizers Market
10.5.3 Argentina
10.5.3.1 High Market Penetration in the Country With the Help of Local Companies
10.5.4 Others in RoW
10.5.4.1 Greater Support From Government and Charitable Organizations
11 Competitive Landscape (Page No. – 110)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Competitive Scenario
11.5.1 Expansions & Investments
11.5.2 Acquisitions
11.5.3 Agreements, Partnerships, and Collaborations
11.5.4 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 119)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Novozymes A/S
12.2 Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd
12.3 Rizobacter Argentina S.A.
12.4 Rashtriya Chemicals & Fertilizers Limited
12.5 T. Stanes & Company Limited
12.6 National Fertilizers Limited
12.7 Madras Fertilizers Limited
12.8 International Panaacea Limited
12.9 Lallemand Inc.
12.10 KAN Biosys
12.11 Kiwa Bio-Tech
12.12 Symborg
12.13 SOM Phytopharma India Limited
12.14 Mapleton Agri Biotech
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 150)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】生物肥料の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 2569
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農林水産
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
生物肥料の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 再生医療の世界市場予測(~2024年)
    再生医療の世界市場は、2019年の133億米ドルから2024年には387億米ドルに達し、この期間中23.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん発生率の上昇、高齢者人口の増加、CAR-T細胞療法などの再生医療の技術的シフト、ヘルスケアセクターの成長や可処分所得の上昇につながる経済が考えられます。当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(細胞ベースの免疫療法・細胞療法、組織工学、遺伝子治療)分析、用途別(創傷・皮膚損傷、筋骨格系疾患、腫瘍)分析、再生医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの装具市場見通し
  • 航空機用装飾ラミネートの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、航空機用装飾ラミネートの世界市場について調べ、航空機用装飾ラミネートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空機用装飾ラミネートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(フィルムラミネート、強化ラミネート)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は航空機用装飾ラミネートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・航空機用装飾ラミネートの市場状況 ・航空機用装飾ラミネートの市場規模 ・航空機用装飾ラミネートの市場予測 ・航空機用装飾ラミネートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(フィルムラミネート、強化ラミネート) ・航空機用装飾ラミネートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • 慢性背部痛(Chronic Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性背部痛(Chronic Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性背部痛(Chronic Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性背部痛(Chronic Back Pain)の概要 ・慢性背部痛(Chronic Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性背部痛(Chronic Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性背部痛(Chronic Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 死角検知 (BSD)システムの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、死角検知 (BSD)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、死角検知 (BSD)システムの世界市場規模及び予測、エンドマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間ヘリコプターの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、民間ヘリコプターの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 民間ヘリコプター市場の概要 3. 民間ヘリコプターの世界市場 2016-2026 4. 世界の民間ヘリコプター2次市場予測 2016-2026 5. 主要地域の民間ヘリコプター市場予測 2016-2026 6. 民間ヘリコプター市場のSWOT分析 7. 民間ヘリコプター世界市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • 使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 使い捨て陰圧傷治療(NPWT)機器は、バッテリー、動力付きポンプ、キャニスタ無しの被覆材(ドレッシング)で構成されています。低~中程度の血液の滲み出ている傷を治療することに適しており、最高80mm Hgの圧をかけることができます。Technavio社は使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Acelity• Mölnlycke Health Care• Smith & Nephew等です。
  • 5G試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、5G試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、5G試験装置市場規模、製品別(オシロスコープ、信号発生器、信号解析器、ネットワーク解析器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・5G試験装置の世界市場概要 ・5G試験装置の世界市場環境 ・5G試験装置の世界市場動向 ・5G試験装置の世界市場規模 ・5G試験装置の世界市場:業界構造分析 ・5G試験装置の世界市場:製品別(オシロスコープ、信号発生器、信号解析器、ネットワーク解析器、その他) ・5G試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・5G試験装置のアメリカ市場規模・予測 ・5G試験装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・5G試験装置のアジア市場規模・予測 ・5G試験装置の主要国分析 ・5G試験装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・5G試験装置の世界市場:成長要因、課題 ・5G試験装置の世界市場:競争環境 ・5G試験装置の世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 下痢(Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下痢(Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下痢(Diarrhea)の概要 ・下痢(Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下痢(Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下痢(Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • プライベートセキュリティサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プライベートセキュリティサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プライベートセキュリティサービス市場規模、サービス別(人的警備、電子保安システム、キャッシュサービス)分析、エンドユーザー別(個人、住居、金融機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allied Universal, Brink's, G4S, SECOM, Securitas, Security & Intelligence Services (India)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場概要 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場環境 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場動向 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場規模 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場:業界構造分析 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場:サービス別(人的警備、電子保安システム、キャ …
  • 自転車用カーボンフレームの世界市場
    当調査レポートでは、自転車用カーボンフレームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用カーボンフレームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業向けウェルネスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けウェルネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、企業向けウェルネスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・種類別市場分類 ・ソリューション別市場分類 ・サービス別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • ポルトガルの装具市場見通し
  • 欧州主要国のインフルエンザワクチン市場:市場規模、動向、予測
  • レーザー変位センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー変位センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー変位センサー市場規模、最終用途別(自動車、工業用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー変位センサーの世界市場概要 ・レーザー変位センサーの世界市場環境 ・レーザー変位センサーの世界市場動向 ・レーザー変位センサーの世界市場規模 ・レーザー変位センサーの世界市場:業界構造分析 ・レーザー変位センサーの世界市場:最終用途別(自動車、工業用、その他) ・レーザー変位センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー変位センサーのアメリカ市場規模・予測 ・レーザー変位センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザー変位センサーのアジア市場規模・予測 ・レーザー変位センサーの主要国分析 ・レーザー変位センサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー変位センサーの世界市場:成長要因、課題 ・レーザー変位センサーの世界市場:競争環境 …
  • バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Akrapovic• Yoshimura, • FMF, • Vanes & Hines等です。
  • 運用分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、運用分析の世界市場について調べ、運用分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、運用分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は運用分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・運用分析の市場状況 ・運用分析の市場規模 ・運用分析の市場予測 ・運用分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー) ・運用分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ネットワークスライシングの世界市場予測(~2022年):技術(SDN、NFV、C-RAN)、サービス、応用分野、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークスライシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、サービス別分析、応用分野別分析、地域別分析、ネットワークスライシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LNGバンカリングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、LNGバンカリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LNGバンカリング市場規模、エンドユーザー別(フェリー・ローロー船、タンカー、コンテナ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・LNGバンカリングの世界市場概要 ・LNGバンカリングの世界市場環境 ・LNGバンカリングの世界市場動向 ・LNGバンカリングの世界市場規模 ・LNGバンカリングの世界市場:業界構造分析 ・LNGバンカリングの世界市場:エンドユーザー別(フェリー・ローロー船、タンカー、コンテナ、その他) ・LNGバンカリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・LNGバンカリングの北米市場規模・予測 ・LNGバンカリングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・LNGバンカリングのアジア太平洋市場規模・予測 ・LNGバンカリングの主要国分析 ・LNGバンカリングの世界市場:成長要因、課題 ・LNGバンカリングの世界市場:競争環境 ・LNG …
  • オートバイ用クラッチの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用クラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用クラッチの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 排気システムの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、排気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、後処理装置別(DOC、DPF、LNT、SCR、GPF)分析、アフターマーケット別(DOC、DPF、SCR)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV、建設機械、農業用トラクター)分析、コンポーネント別分析、排気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローンデータサービスの世界市場分析:地図作成、サーベイ、写真測量、3Dモデリング
    本調査レポートでは、ドローンデータサービスの世界市場について調査・分析し、ドローンデータサービスの世界市場動向、ドローンデータサービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ドローンデータサービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)血液検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Danaher, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthcare, Sysmexなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検 …
  • 航空宇宙用塗料の世界市場2017-2021:商用航空機、軍用航空機、一般航空機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空宇宙用塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空宇宙用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Akzo Nobel、Hentzen Coatings、PPG Industries、Sherwin-Williams等です。
  • クラウドシステム管理ソフトウェアの世界市場予測
    当調査レポートでは、クラウドシステム管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、クラウドシステム管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の概要 ・非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非小細胞肺がん(Non-Small Cell Lung Carcinoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • 種子処理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、種子処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、種子処理の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能(AI)の世界市場
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農薬メーカの戦略的方向性分析2016
  • イギリスの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 外側上顆炎治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外側上顆炎治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外側上顆炎治療市場規模、種類別(非外科治療、外科治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外側上顆炎治療の世界市場概要 ・外側上顆炎治療の世界市場環境 ・外側上顆炎治療の世界市場動向 ・外側上顆炎治療の世界市場規模 ・外側上顆炎治療の世界市場:業界構造分析 ・外側上顆炎治療の世界市場:種類別(非外科治療、外科治療) ・外側上顆炎治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外側上顆炎治療の北米市場規模・予測 ・外側上顆炎治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外側上顆炎治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・外側上顆炎治療の主要国分析 ・外側上顆炎治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・外側上顆炎治療の世界市場:成長要因、課題 ・外側上顆炎治療の世界市場:競争環境 ・外側上顆炎治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ロシアの装具市場動向(~2021)
  • モチリン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるモチリン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・モチリン受容体アゴニストの概要 ・モチリン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のモチリン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・モチリン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・モチリン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 油脂の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、油脂の世界市場について調査・分析し、油脂の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・油脂の世界市場:市場動向分析 ・油脂の世界市場:競争要因分析 ・油脂の世界市場:製品別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:用途別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:地域別分析/市場規模 ・油脂の北米市場規模 ・油脂の欧州市場規模 ・油脂のアジア市場規模 ・油脂の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • クラウド基盤給与計算ソフトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド基盤給与計算ソフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド基盤給与計算ソフトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • WebRTCの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、WebRTCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品種類別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、WebRTCの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スクイーズチューブの世界市場
    当調査レポートでは、スクイーズチューブの世界市場について調査・分析し、スクイーズチューブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スクイーズチューブの世界市場:市場動向分析 - スクイーズチューブの世界市場:競争要因分析 - スクイーズチューブの世界市場:エンドユーザー向け製品別 ・コンディショナー ・洗剤 ・ジェル ・液体ソープ ・ローション ・医薬品 ・ソース ・シャンプー ・肌用クリーム ・その他 - スクイーズチューブの世界市場:素材の種類別 ・EVOH(エチレンビニルアルコールコポリマー) ・HDPE(高密度ポリエチレン) ・LDPE(低密度ポリエチレン) ・LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン) ・MDPE(中密度ポリエチレン) - スクイーズチューブの世界市場:エンドユーザー別 ・食品 ・日用品 ・潤滑油 ・パーソナルケア ・医薬品 ・その他 - スクイーズチューブの世界市場:主要地域別分析 - スクイーズチューブの北米市場規模(アメリカ市場等) - スクイーズチューブのヨーロッパ市場規模 …
  • 空気アルミニウム電池の世界市場予測2019-2024
    「空気アルミニウム電池の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウムなど、用途別には、Military、Civilなどに区分してまとめた調査レポートです。空気アルミニウム電池のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空気アルミニウム電池の世界市場概要(サマリー) ・空気アルミニウム電池の企業別販売量・売上 ・空気アルミニウム電池の企業別市場シェア ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:種類別(鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウム) ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:用途別(Military、Civil) ・空気アルミニウム電池の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・空気アルミニウム電池のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・空気アルミニウム電池の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イ …
  • 固体電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、固体電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、固体電池市場規模、用途別(輸送、グリッドストレージ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・固体電池の世界市場概要 ・固体電池の世界市場環境 ・固体電池の世界市場動向 ・固体電池の世界市場規模 ・固体電池の世界市場:業界構造分析 ・固体電池の世界市場:用途別(輸送、グリッドストレージ、その他) ・固体電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・固体電池の北米市場規模・予測 ・固体電池のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・固体電池のアジア太平洋市場規模・予測 ・固体電池の主要国分析 ・固体電池の世界市場:意思決定フレームワーク ・固体電池の世界市場:成長要因、課題 ・固体電池の世界市場:競争環境 ・固体電池の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自己免疫疾患検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自己免疫疾患検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫疾患検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓補助装置市場(~2021)
  • LEDセカンダリーオプティクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDセカンダリーオプティクスの世界市場について調査・分析し、LEDセカンダリーオプティクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDセカンダリーオプティクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDセカンダリーオプティクス種類別分析()、LEDセカンダリーオプティクス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDセカンダリーオプティクスの市場概観 ・LEDセカンダリーオプティクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDセカンダリーオプティクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDセカンダリーオプティクスの世界市場規模 ・LEDセカンダリーオプティクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDセカンダリーオプティクスのアメリカ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのカナダ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのメキシコ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 無水フタル酸の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、無水フタル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無水フタル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無水フタル酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AEKYUNG PETROCHEMICAL、BASF、Exxon Mobil、I G Petrochemicals、MITSUBISHI GAS CHEMICAL等です。
  • ハンドケア(スキンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 有機ライスタンパク質の世界市場分析:製品別(ライスタンパク質分離物、ライスタンパク質濃縮物)、用途別(スポーツ・エネルギー栄養学、製パン・製菓、肉類代用品・増量剤、乳製品代替品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、有機ライスタンパク質の世界市場について調査・分析し、有機ライスタンパク質の世界市場動向、有機ライスタンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機ライスタンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨肉腫(Osteosarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨肉腫(Osteosarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨肉腫(Osteosarcoma)の概要 ・骨肉腫(Osteosarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・骨 …
  • 世界主要国におけるバイメタル帯鋸刃市場2018-2023
    本調査レポートでは、バイメタル帯鋸刃の世界市場について調査・分析し、バイメタル帯鋸刃の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(高速度鋼系、炭化タングステン)、用途別市場規模(鉄冶金産業、機械産業、自動車産業、航空産業)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、バイメタル帯鋸刃の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・バイメタル帯鋸刃の世界市場概要 ・バイメタル帯鋸刃の企業別市場シェア ・バイメタル帯鋸刃の地域別市場規模 ・バイメタル帯鋸刃の種類別市場規模(高速度鋼系、炭化タングステン) ・バイメタル帯鋸刃の用途別市場規模(鉄冶金産業、機械産業、自動車産業、航空産業) ・バイメタル帯鋸刃の主要企業分析 ・バイメタル帯鋸刃の北米市場規模 ・バイメタル帯鋸刃の米国市場規模 ・バイメタル帯鋸刃の南米市場規模 ・バイメタル帯鋸刃の欧州市場規模 …
  • ジョッキーボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ジョッキーボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジョッキーボックス市場規模、製品別(コイルクーラー、コールドプレートクーラー)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ジョッキーボックスの世界市場概要 ・ジョッキーボックスの世界市場環境 ・ジョッキーボックスの世界市場動向 ・ジョッキーボックスの世界市場規模 ・ジョッキーボックスの世界市場:業界構造分析 ・ジョッキーボックスの世界市場:製品別(コイルクーラー、コールドプレートクーラー) ・ジョッキーボックスの世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・ジョッキーボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ジョッキーボックスのアメリカ市場規模・予測 ・ジョッキーボックスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ジョッキーボックスのアジア市場規模・予測 ・ジョッキーボックスの主要国分析 ・ジョッキーボックスの世界市場:意思決定フレームワー …
  • 航空用接着剤およびシーラントの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、航空用接着剤およびシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、技術別分析、需要先別分析、OEM/MRO別分析、航空用接着剤およびシーラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"