"重合開始剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7332)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"重合開始剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing use of polymers in various end-use industry applications to drive the market.”The polymerization initiators market size was estimated to be USD 3.4 billion in 2019 and is projected to reach USD 4.2 billion by 2024, at a CAGR of 4.3%. The market is driven by the growing need for polymer production in the world for various end-use applications. However, the increasing regulations on the use of recycled polymer could hamper the market for these initiators.

“The peroxides type segment is projected to register a higher CAGR during the forecast period.”
The peroxides segment is projected to witness higher growth rate than other persulfates and azo compounds during the forecast period. The demand for organic peroxides is driven mainly by the growing demand from the coating, adhesives, and elastomer manufacturers. The increased consumption of these compounds in the various end-use sectors such as automotive, electronics & electrical, construction, composites, and chemicals & plastics industry is another vital factor for the high demand of organic peroxides.

“The market in the free radical segment to account for the largest share during the forecast period.”
The most common initiation reaction in free radical polymerization is the thermal decomposition of molecules that contain weak bonds such as peroxides or azo compounds. The radical formed then reacts with the monomers. After the reaction is initiated, the chain will grow by the repeated additions of monomer molecules with the immediate formation of a new radical site. This propagation reaction is very fast, so very long polymer chains will be already formed in the initial stage of the reaction.

“MEA is estimated to be the fastest-growing region during the forecast period.”
MEA accounted for the smallest share of the global polymer initiators market. The demand for polymer initiators in the region is driven by the presence of robust petrochemical industry. Countries in this region, such as Saudi Arabia and Kuwait, have huge oil & gas reserves. Due to the fluctuations in the oil & gas prices, they are focusing on reducing the reliance on oil & gas and diversifying their economies into non-oil sectors.
APAC is the second-fastest-growing polymerization initiator market and accounted for the share of the global market in terms of volume in 2018. The market was the largest because of the increased use of polymerization initiator in the polymers that are being used in end-use industries such as electronics, automotive, and industrial. China is estimated to be the largest country market for polymerization initiator in APAC because the country is the largest producer of the raw material required for polymerization initiator and is also one of the largest producers of polymers in the world.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 10%, Tier 2 – 80%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C level – 20%, Director Level – 10%, and Others – 70%
• By Region: APAC – 30%, Europe – 30%, North America – 30%, Rest of the World – 10%
The leading players in the polymerization initiators market are BASF (Germany), Arkema (France), AkzoNobel (Netherlands), Celanese (US), United Initiators (Germany), LANXESS (Germany), and Adeka Corporation (Japan).

Research Coverage:
This research report categorizes the polymerization initiators market based on type, active species, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, key strategies, and recent developments associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the polymerization initiators market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes developments, such as expansion, acquisition, and new product development.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"重合開始剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Polymerization Initiators: Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Polymerization Initiator Market
4.2 APAC: Polymerization Initiator Market, By Type and Country
4.3 Polymerization Initiator Market, By Type
4.4 Polymerization Initiatormarket, By Active Species
4.5 Polymerization Initiatormarket, By Application
4.6 Polymerization Initiatormarket: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing R&D Activities to Improve the Polymerization Processes
5.2.1.2 Growing Demand From Various End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Safety Concerns of these Initiators
5.2.2.2 Increasing Demand for the Use of Recycled Plastics
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Multi-Functionality of the Polymerization Initiators
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rising Prices of Raw Materials
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat From New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Polymerization Initiator Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Persulfate
6.2.1 High Oxidation Capability of Persulfate Initiator Increases Its Uses in Different Applications
6.3 Peroxides
6.3.1 High Usage of Peroxide Initiator in the Manufacturing of Cross–Linked Polymers is Driving the Market for the Product
6.4 Aliphatic AZO Compounds
6.4.1 Excellent Reactivity of the Initiator Helps in Improving the Processability of the Polymerization Reaction
6.5 Others
7 Polymerization Initiator Market, By Active Species (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Free Radical
7.2.1 Non-Specific Nature of Free Radicals Toward Vinyl Monomers Helps in the Copolymerization of Various Monomers
7.3 Anionic
7.3.1 Anionic Polymerization Reaction Yields More Regular Polymer With Narrow Molecular Weight Distribution
7.4 Cationic
7.4.1 The Reactions Happening Under Cationic Polymerization Proceed at A High Rate and Low Temperature
8 Polymerization Initiator Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Polyethylene
8.2.1 The Growing Packaging Industries has A Positive Impact on the Production of Polyethylene
8.3 Polypropylene
8.3.1 Low Thermal Expansion and High Chemical Resistance Increase the Demand for Polypropylene
8.4 Polyvinyl Chloride
8.4.1 The Increasing Use of Polyvinyl Chloride in Industrial Sectors, Such as Automotive, Building & Construction, and Packaging, is Driving the Market for the Polymer
8.5 Polystyrene
8.5.1 Polystyrene is Mostly Used in the Food Industry, and Applications, Such as Rigid Trays, Containers, and Disposable Utensils
8.6 ABS (Acrylonitrile Butadiene Styrene)
8.6.1 Greater Heat Stability, Ease of Processability, and Rigidity of Acrylonitrile Butadiene Styrene Drive the Demand for the Polymer
8.7 Others
9 Polymerization Initiator Market, By Region (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Growing Demand for Polymer Production From Various End-Use Industries to Drive the Polymerization Initiator Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Packaging Industry in the Country to Drive the Market for Polymerization Initiator
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increasing Demand for Polymers in Packaging, Automotive, Aerospace, and Home Appliances to Drive the Market for Polymerization Initiator
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is Projected to Be the Largest Market for Polymerization Initiator in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Polymer Industry Likely to Be Affected By Brexit
9.3.3 France
9.3.3.1 Slower Growth of Initiators is Expected Due to Changing Government Policies
9.3.4 Russia
9.3.4.1 Growing Economy is Expected to Drive the Market of Polymerization Initiator
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Slower Growth Rate is Expected in the Country Due to Lack of Investment
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Developing Manufacturing Industries in the Country Have Led to the Increase in Polymer Production, Which Will Indirectly Drive the Market ForPolymerization Initiator
9.4.2 India
9.4.2.1 Growing Polymer Industry and Upcoming Government Reforms to Drive the Market in the Country
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Sharp Decline in the Automotive Industry to Have A Negative Impact on the Polymerization Initiator Market
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Declining Automotive Industry Will Hamper the Market for Polymerization Initiator During the Forecast Period
9.4.5 Rest of APAC
9.5 MEA
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Increasing Investment in the Downstream Sector to Drive the Demand for Polymerization Initiator in Saudi Arabia
9.5.2 South Africa
9.5.2.1 Growing Polymer Industry in South Africa to Drive the Demand for Polymerization Initiator in the Country
9.5.3 Rest of MEA
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Imports of Polymers is Hampering the Domestic Polymer Manufacturing in the Country
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Increasing Investment Opportunities in the Oil & Gas Industry to Drive the Demand Polymerization Initiator in the Country.
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 125)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Expansions
10.2.2 New Product Developments
10.2.3 Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 128)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Arkema S.A.
11.2 LANXESS AG
11.3 BASF SE
11.4 Lyondellbasell Industries
11.5 Akzonobel
11.6 Celanese Corporation
11.7 United Initiators
11.8 Adeka Corporation
11.9 Akkim Kimya
11.10 MPI Chemie
11.11 NOF Corporation
11.12 Peroxychem
11.13 Mitsubishi Gas Chemical Company
11.14 Pergan GmbH
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 149)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】重合開始剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7332
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
重合開始剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のマウスウォッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマウスウォッシュ市場2015について調査・分析し、マウスウォッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • MALDI-TOF質量分析計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、MALDI-TOF質量分析計の世界市場について調査・分析し、MALDI-TOF質量分析計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別MALDI-TOF質量分析計シェア、市場規模推移、市場規模予測、MALDI-TOF質量分析計種類別分析(2000FWHM未満、2000-4999FWHM、5000FWHM以上)、MALDI-TOF質量分析計用途別分析(バイオ医薬品企業、研究機関、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・MALDI-TOF質量分析計の市場概観 ・MALDI-TOF質量分析計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・MALDI-TOF質量分析計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・MALDI-TOF質量分析計の世界市場規模 ・MALDI-TOF質量分析計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・MALDI-TOF質量分析計のアメリカ市場規模推移 ・MALDI-TOF質量分析計のカナダ市場規模推移 ・MALDI-TOF質量分析計のメキシコ市場規模推 …
  • 会陰ケアの世界市場2019-2023
    会陰ケア製品は、性器の洗浄に使用し、おりもの、尿・便漏れによる細菌感染、真菌感染、皮膚の損傷、かゆみ、炎症、臭いを防ぐためのものです。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に会陰ケアの世界市場は4.62%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Cardinal Health、Coloplast、ConvaTec、Essity Aktiebolag、Smith & Nephewなどです。 当調査レポートでは、会陰ケアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、会陰ケア市場規模、製品別(バリア、洗浄剤、ウォッシュクロス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・会陰ケアの世界市場概要 ・会陰ケアの世界市場環境 ・会陰ケアの世界市場動向 ・会陰ケアの世界市場規模 ・会陰ケアの世界市場:業界構造分析 ・会陰ケアの世界市場:製品別(バリア、洗浄剤、ウォッシュクロス) ・会陰ケアの世界市場:地域別市場規 …
  • 在宅医療用酸素濃縮器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、在宅医療用酸素濃縮器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、在宅医療用酸素濃縮器市場規模、製品別(ポータブル型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場概要 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場環境 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場動向 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場規模 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:業界構造分析 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:製品別(ポータブル型、固定型) ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・在宅医療用酸素濃縮器のアメリカ市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器のヨーロッパ市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器のアジア市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器の主要国分析 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:意思決定フレームワーク ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:成長要因、課題 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:競争環境 ・在宅医療 …
  • 音声認識バイオメトリクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音声認識バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音声認識バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動倉庫システム(ASRS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高圧ポンプ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 世界のランドリートロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のランドリートロリー市場2016について調査・分析し、ランドリートロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォークリフトトラックの世界市場2018-2022
    運転効率向上と炭素排出量の削減を求める厳しい規制により、予測期間中の燃料電池式フォークリフトの導入が促進されています。水素燃料電池の置換頻度は、鉛蓄電池の置換頻度よりも低くなっています。 更に、水素燃料フォークリフトの給油時間は、電池式フォークリフトの給油時間よりも80%~85%少なくなっています。 水素は天然ガス由来の為、水素燃料はディーゼルおよびLPGよりもはるかに安価です。 こうした要因は、向上した性能、環境上のメリット、および低メンテナンス性とともに、燃料電池式のフォークリフトに対する需要を促進し、市場の成長を促進する主要動向となる見通しです。 Technavioのアナリストは、フォークリフトトラックの世界市場が2022年までに約6%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Crown Equipment、Jungheinrich、KION GROUP、Mitsubishi Heavy Industries、Toyota Industriesなどです。 当調査レポートでは、フォークリフトトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フォークリフト …
  • 在宅医療の世界市場:コンポーネント別(機器、サービス)、セグメント予測
    在宅医療の世界市場は2025年には5172億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.8%で成長すると予測されています。在宅医療サービスの需要増加は、患者の転帰、長期療養、およびコスト効率の改善、さらには不必要な入院の排除、患者意向の設定などに起因しています。本調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、在宅医療の世界市場動向、在宅医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別在宅医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カナダの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 油田用プロセス化学薬品の世界市場2017-2021:掘削薬品、刺激薬品、生産薬品、セメンチング剤、改修・仕上げ剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、油田用プロセス化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油田用プロセス化学薬品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は油田用プロセス化学薬品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBaker Hughes、BASF、Halliburton、Schlumberger、The Dow Chemical company等です。
  • 空気浄化マスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空気浄化マスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気浄化マスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の概要 ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成人悪性神経膠腫(Adult Malignant Glio …
  • 電気生理学装置の世界市場予測2017-2026:モニタリング装置(心エコー検査、診断用カテーテル、ホルター心電計、イベントモニター)および治療装置(ペースメーカー、ICD、アブレーションカテーテル、CRT-Ds、CRT-P)の収益予測
    当調査レポートでは、電気生理学装置の世界市場について調査・分析し、電気生理学装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のサージアレスタ市場2015
    本調査レポートでは、世界のサージアレスタ市場2015について調査・分析し、サージアレスタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテナオーケストレーションの世界市場:構成要素別(プラットフォーム&サービス)、組織規模別(大企業&中小企業)、業種別(BFSI、政府、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、その他)
    本調査レポートでは、コンテナオーケストレーションの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(プラットフォーム&サービス)分析、組織規模別(大企業&中小企業)分析、業種別(BFSI、政府、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・コンテナオーケストレーションの世界市場:構成要素別(プラットフォーム&サービス) ・コンテナオーケストレーションの世界市場:組織規模別(大企業&中小企業) ・コンテナオーケストレーションの世界市場:業種別(BFSI、政府、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、その他) ・コンテナオーケストレーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場:消費者のタイプ別(B2B、B2C)、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)、提供別(製品、サービス)、地域別予測
    本資料は、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場について調べ、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界規模、市場動向、市場環境、消費者のタイプ別(B2B、B2C)分析、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)分析、提供別(製品、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdvance Auto Parts、 Alibaba Group、 Amazon Inc.、AutoZone Inc.、National Automotive Parts Association、DENSO Corporation、Pep Boys、U.S. Auto Parts Network Inc.、EBay Inc.、Rakuten Commerce LLC、Cdiscount、Das Ersatzteil GmbH、ERA SPA、CATI SpA、AliExpressなどです …
  • 検査機械の世界市場:漏れ検出器、ビジョンマシン、X線検査装置、重量選別機、金属探知機
    当調査レポートでは、検査機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、包装別分析、需要先別分析、検査機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアハンドリングユニットの世界市場予測(~2026):用途別(商用、住宅用)、種類別、容量別、地域別
    当調査レポートでは、エアハンドリングユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、種類別分析、容量別分析、地域別分析、エアハンドリングユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用電動肉切り機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用電動肉切り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用電動肉切り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のスポーツカメラ市場2015
    本調査レポートでは、中国のスポーツカメラ市場2015について調査・分析し、スポーツカメラの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微細気泡断熱材の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、微細気泡断熱材の世界市場について調査・分析し、微細気泡断熱材の世界市場動向、微細気泡断熱材の世界市場規模、市場予測、セグメント別微細気泡断熱材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプラスチックバック市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチックバック市場2015について調査・分析し、プラスチックバックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート教育・学習の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア)、学習法別(仮想インストラクター主導のトレーニング、シミュレーションベースの学習、社会的学習、ブレンド型学習、アダプティブラーニング(適応学習)、協調学習)、エンドユーザー別(学術機関、企業)
    本資料は、スマート教育・学習の世界市場について調べ、スマート教育・学習の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(学術機関、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート教育・学習の世界市場概要 ・スマート教育・学習の世界市場環境 ・スマート教育・学習の世界市場動向 ・スマート教育・学習の世界市場規模 ・スマート教育・学習の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス、教育コンテンツ、ハードウェア) ・スマート教育・学習の世界市場:学習法別(仮想インストラクター主導のトレーニング、シミュレーションベースの学習、社会的学習、ブレンド型学習、アダプティブラーニング(適応学習)、協調学習) ・スマート教育・学習の世界市場:エンドユーザー別(学術機関、企業) ・スマート教育・学習の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート教育・学習の北米市場規模・予測 ・ …
  • 乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の抗真菌薬市場規模・予測2017-2025:薬剤クラス別(エキノカンジン、アゾール、ポリエン、アリルアミン)、適応別(アスペルギルス症、カンジダ症、皮膚糸状菌症)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の抗真菌薬市場について調査・分析し、世界の抗真菌薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の抗真菌薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 赤外線撮像の世界市場
    当調査レポートでは、赤外線撮像の世界市場について調査・分析し、赤外線撮像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 赤外線撮像の世界市場:市場動向分析 - 赤外線撮像の世界市場:競争要因分析 - 赤外線撮像の世界市場:波長別 ・遠赤外線 ・長波赤外線 ・中波赤外線 ・近赤外線 ・短波赤外線 - 赤外線撮像の世界市場:部品別 ・赤外線センサー ・赤外検出器 ・赤外線レンズシステム ・その他 - 赤外線撮像の世界市場:種類別 ・固定赤外線撮像製品 ・持ち運び可能な赤外線撮像製品 - 赤外線撮像の世界市場:用途別 ・航空宇宙および防衛 ・自動車 ・家電 ・消火 ・産業用 ・医療用 ・監視 - 赤外線撮像の世界市場:技術別 ・冷却赤外線技術 ・非冷却赤外線技術 - 赤外線撮像の世界市場:主要地域別分析 - 赤外線撮像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 赤外線撮像のヨーロッパ市場規模 - 赤外線撮像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・赤外線撮像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 酵母エキスとベータグルカンの世界市場
    当調査レポートでは、酵母エキスとベータグルカンの世界市場について調査・分析し、酵母エキスとベータグルカンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 中国の豚用飼料市場2015
    本調査レポートでは、中国の豚用飼料市場2015について調査・分析し、豚用飼料の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルカードリーダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルカードリーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルカードリーダーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用タイヤの世界市場2017-2021
  • モニター心電図の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モニター心電図の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モニター心電図の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン再取り込み阻害薬の概要 ・セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン再取り込み阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン再取り込み阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン再取り込み阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 研究室用真空ポンプの世界市場2019-2023
    研究室や半導体工程における真空ポンプシステム用途の増加により、研究室用真空ポンプの需要が高まっています。研究室用真空ポンプの使用は増加しており、質量分析からろ過、乾燥、脱気、蒸留、ゲル乾燥、蒸発まで、幅広い用途にわたり性能を最適化します。 真空ポンプは研究室において有用な器具とされており、高出力真空吸引による濾過時間の短縮に使用されます。 研究室用真空ポンプは、迅速なチャンバー排気、チャンバー環境交換、および高い処理能力のために使用されています。半導体産業における用途の増加に伴い、予測期間中に研究室用真空ポンプの導入が増加する見込みです。 Technavioのアナリストは、研究室用真空ポンプの世界市場が2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Agilent Technologies、EBARA、Gardner Denver、Graham、ULVACなどです。 当調査レポートでは、研究室用真空ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研究室用真空ポンプ市場規模、製品別(乾式真空ポンプ、ロータリーベーンポンプ)分析、市場動向、競争 …
  • 口腔粘膜炎(Oral Mucositis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の概要 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 日本の麻酔器市場動向(~2021)
  • ミスト除去装置の世界市場予測(~2026):ワイヤーメッシュ型、ベーン型、ファイバーベッド型ミスト除去装置
    当調査レポートでは、ミスト除去装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、材料別分析、用途別分析、需要先別分析、ミスト除去装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エナジードリンクの世界市場2015
  • アルミニウム箔の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、アルミニウム箔の世界市場について調べ、アルミニウム箔の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、アルミニウム箔の市場規模をセグメンテーション別(用途別(食品・飲料包装、消費者包、医薬品包、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はアルミニウム箔の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・アルミニウム箔の市場状況 ・アルミニウム箔の市場規模 ・アルミニウム箔の市場予測 ・アルミニウム箔の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(食品・飲料包装、消費者包、医薬品包、その他) ・アルミニウム箔の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクティブオプティカルケーブル(AOC)市場規模、プロトコル別(ディスプレイポート、イーサネット、HDMI、InfiniBand、USB、その他)分析、コネクター別(Cフォームファクタプラガブル、スモールフォームファクタプラガブル(SFP)、クワッドスモールフォームファクタプラガブル(QSFP)、CDFP(400フォームファクタプラガブル)、CXP、その他)分析、用途別(デジタルサイネージ、家電、高性能コンピューティング(HPC)、パーソナルコンピューティング(PC)、データセンター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:市場動向分析 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:競争要因分析 ・ アクティブオプティカルケーブル(AOC)の世界市場:プロトコル別(ディス …
  • ナチュラルフレグランスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ナチュラルフレグランスの世界市場について調べ、ナチュラルフレグランスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ナチュラルフレグランスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭用、パーソナルケア・化粧品、ファインフレグランス)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はナチュラルフレグランスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ナチュラルフレグランスの市場状況 ・ナチュラルフレグランスの市場規模 ・ナチュラルフレグランスの市場予測 ・ナチュラルフレグランスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(家庭用、パーソナルケア・化粧品、ファインフレグランス) ・ナチュラルフレグランスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)、地域別予測
    本資料は、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調べ、創傷ケア用生物製剤の世界規模、市場動向、市場環境、創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創傷ケア用生物製剤の世界市場概要 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場環境 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場動向 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・創傷ケア用生物製剤の北米市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアメリカ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアジア市場規模・予測 ・創傷ケ …
  • 世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016について調査・分析し、変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓超音波検査(心エコー)の世界市場
    当調査レポートでは、心臓超音波検査(心エコー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓超音波検査(心エコー)の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高等教育の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高等教育の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高等教育市場規模、製品別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高等教育の世界市場概要 ・高等教育の世界市場環境 ・高等教育の世界市場動向 ・高等教育の世界市場規模 ・高等教育の世界市場:業界構造分析 ・高等教育の世界市場:製品別(ソフトウェア、ハードウェア) ・高等教育の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高等教育の北米市場規模・予測 ・高等教育のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高等教育のアジア太平洋市場規模・予測 ・高等教育の主要国分析 ・高等教育の世界市場:意思決定フレームワーク ・高等教育の世界市場:成長要因、課題 ・高等教育の世界市場:競争環境 ・高等教育の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 温度計の世界市場分析:製品別(水銀ベース、水銀フリー、赤外線温度計、デジタル温度計)、用途別(医療、工業、食品、実験室)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、温度計の世界市場について調査・分析し、温度計の世界市場動向、温度計の世界市場規模、市場予測、セグメント別温度計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 無線電力伝送(非接触給電)の世界市場:電磁誘導方式、磁界共鳴方式
    当調査レポートでは、無線電力伝送(非接触給電)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"