"デジタルMROの世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7330)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"デジタルMROの世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand for unmanned vehicles and ongoing military modernization programs are expected to fuel the growth of the digital MRO market across the globe.The digital MRO market is projected to grow from USD 1.0 billion in 2019 to USD 4.7 billion by 2030, at a CAGR of 14.6% from 2019 to 2030. Increasing digitalization of MRO to increase efficiency and reduce aircraft downtime is the key factor which is expected to fuel the growth of the digital MRO market. However, limited budgets which restrain the adoption of MRO hurdle the growth of this market.

The artificial intelligence segment of the market is projected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2030.
Based on application, the artificial intelligence segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to the increasing demand for predictive maintenance, part failure analysis, and troubleshooting.
Based on end user, the MROs segment is projected to lead the digital MRO market from 2019 to 2030.
Based on end user, the MROs segment is projected to lead during the forecast period. Due to the demand for workflow efficiency and reducing aircraft downtime, the market for MROs is expected to lead during the forecast period.

The North American region is estimated to account for the largest share of the digital MRO market in 2019.
The digital MRO market in the North American region is expected to witness substantial growth during the forecast period, owing to the high adoption of digitalization by MROs across the region. The MROs in this region are opting for solutions to optimize the complex repair and maintenance tasks with the help of advanced technologies such as robotics, digital twin, etc.

The break-up of the profiles of primary participants in the digital MRO market is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 35%; Tier 2 – 45%; and Tier 3 – 20%
• By Designation: C Level Executives – 35%; Directors – 25%; and Others – 40%
• By Region: North America – 45%; Europe – 20%; Asia Pacific – 30%; and Rest of the World – 5%
Major players in the digital MRO market are IBM Corporation (US), IFS (Sweden), Ramco Systems (India), Rusada (Switzerland). SAP (Germany), Swiss AviationSoftware (Switzerland), Lufthansa Technik (Germany), General Electric (US), Boeing (US), and Honeywell International (US).

Research Coverage
This market study covers the digital MRO market across various segments and subsegments. It aims at estimating the size and growth potential of this market across different segments based on end user, application, technology, and region. This study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments undertaken by them, and key market strategies adopted by them.

Reasons to Buy this Report
This report is expected to help market leaders/new entrants by providing them the closest approximations of the revenue numbers for the overall digital MRO market and its segments. This study is also expected to provide region-wise information about the applications wherein digital MRO solutions are used. It also aims at helping the stakeholders understand the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and plan suitable go-to-market strategies. This report is also expected to help them understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the digital MRO market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"デジタルMROの世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.3.1 Exclusions
2.2 Research Approach & Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in the Digital MRO Market
4.2 North America Digital MRO Market, By Technology
4.3 Asia Pacific Digital MRO Market, By End User and Country
4.4 Europe Digital MRO Market, By Application
4.5 Digital MRO Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Predictive, Prescriptive, and Condition-Based Maintenance Through Data Shared By Connected Aircraft
5.2.1.2 Growing Adoption of Software-As-A-Service (SaaS)
5.2.1.3 Rising Need for Replacing Legacy Aviation Management Information Systems
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Acquisition of Integrated MRO Software Suite
5.2.2.2 Lack of A Common Data Standard
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Internet of Things (IoT), Artificial Intelligence (AI), Blockchain, Augmented Reality (AR), and Big Data Analytics By MROs
5.2.3.2 Growing Demand for 3D-Printed Parts and Robotic Inspection
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Compliance With Stringent Aviation Regulations
5.2.4.2 Increasing Digitalization Will Require Investments in Cybersecurity
5.3 Case Studies
5.3.1 Wearables
5.3.1.1 Klm Engineering & Maintenance and Royal Netherlands Aerospace Centre (Nlr) have Created A Joint Venture Called Nuveon for Developing AR/VR Based Solutions
5.3.2 Robotics
5.3.2.1 Air New Zealand has Teamed Up With MRO Provider St Engineering for Trial Testing of Droscan, A Drone-Based Aircraft Inspection Solution
5.3.3 Digital Twin
5.3.3.1 Ge Aviation is Producing A Digital Twin for Each Engine Being Manufactured
5.3.4 3D Printing
5.3.4.1 Eos has Tied Up With Etihad Airways Engineering for MRO
5.3.4.2 Royal Netherlands Air Force to 3D Print Tools That Fit Into the Custom-Made Parts of Aircraft
5.3.5 Predictive Analysis
5.3.5.1 Delta Ops Enters Into A Contract With Airbus for Predictive Maintenance Technology
5.3.5.2 Thai Airways Partnered With Airbus for Developing Robotics for Predictive MRO
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Technological Advancements in the Aviation Industry
6.2.1 Internet of Things (IoT)
6.2.2 Prescriptive Maintenance
6.2.3 Augmented Reality
6.2.4 Blockchain Application in MRO
6.3 Transformation of Aviation Industry Through Data Science Revolution
6.3.1 Optimization of Operations
6.4 Emerging Trends
6.4.1 Maintenance On-The-Go
6.4.2 Increased Mobility
6.4.3 3D Printing
6.4.4 Big Data
6.5 Application Areas for New Technologies in Digital MRO Market
6.5.1 Introduction
6.5.2 Cloud Technology
6.5.3 Advanced Analytics and Digital Transformation
6.5.4 Data Routing
6.5.5 Artificial Intelligence
6.5.6 Internet of Things
6.6 Parameters for the Selection of an MRO Software
6.7 Innovations and Patent Registrations
7 Digital MRO Market, By Technology (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Predictive Maintenance
7.2.1 Predictive Analysis Reduces Downtime and Increases Operational Efficiency for Airlines
7.3 AR/VR
7.3.1 MROs are Exploring the AR/VR Technology for Maintenance and Repair, the Demand for AR/VR is Expected to Increase in Future
7.4 3D Printing
7.4.1 3D Printing in MRO is Expected to Help Reduce the Time Required to Source Parts During Maintenance
7.5 Blockchain
7.5.1 Blockchain is Useful in the Complex Supply Chain of MROs, Wherein Failure, the Risk of Cyberattacks, and High Cost are Involved
7.6 Artificial Intelligence
7.6.1 Artificial Intelligence is Helpful in Predictive Maintenance and Turning an Unscheduled Maintenance Into A Scheduled Maintenance By Predicting Failures
7.7 Robotics
7.7.1 Drones
7.7.2 Robots
7.8 Big Data Analytics
7.8.1 MROs have Not Taken Advantage of Big Data for Maintenance Management to Help Reap Benefits, Such as Faster Turnaround Times, Increased Aircraft Availability, Cost Savings, and Fewer Maintenance Delays
7.9 Digital Twin
7.9.1 Ge Utilizes Its Digital Twin Technology for Continuously Monitoring Aircraft Engines Produced Till Date for Performance Monitoring Using Its IoT Sensors
7.10 Internet of Things
7.10.1 Internet of Things is Expected to Help Reduce Unscheduled Maintenance, as All Connected Devices Continuously Feed Data Into A Centralized System
8 Digital MRO Market, By Application (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 Inspection
8.2.1 Advancements in the Robotics Technology are Expected to Lead to an Increase in the Demand for Robot-Based Inspection
8.3 Performance Monitoring
8.3.1 IoT Sensors Provide Real-Time Information About Aircraft Engine Components, Which Helps in the Improvement of Engines, and Predictive Analysis
8.4 Predictive Analysis
8.4.1 Increasing Next-Generation Aircraft Fleet is Expected to Drive the Demand for Predictive Analytics
8.5 Part Replacement
8.5.1 Increasing Demand for 3D Printed Parts is Expected to Drive the Demand for Part Replacement
8.6 Mobility & Functionality
8.6.1 Mobility & Functionality Includes Advanced Software Which is Used to Integrate Data and Connect With Other Parties
9 Digital MRO Market, By End User (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Airlines
9.2.1 Small Airlines
9.2.1.1 Small Airlines Outsource Most of Their Aircraft MRO Operations to Save Costs on Capital Investment and Human Resources
9.2.2 Medium Airlines
9.2.2.1 Medium Airlines have Dedicated MRO Hangars and Use Sophisticated Software to Undertake Core Operations
9.2.3 Large Airlines
9.2.3.1 Most Large Airlines Completely Digitalize Activities By Sharing Real-Time Data With OEMs and Third-Party MROs
9.3 MROs
9.3.1 Small MROs
9.3.1.1 Limited Budgets have Restrained the Adoption of Digital MRO By Small MRO Service Providers, as Most of Their Capital Investment is Required for Other Core Functions
9.3.2 Medium MROs
9.3.2.1 Most Medium MRO Service Providers are in A Transitory Stage; They are Focused on Enhancing Their It Capabilities By Shifting From the Erp Module to the Digitalization of the Entire Ecosystem
9.3.3 Large MROs
9.3.3.1 Large MRO Service Providers are Focused on the Acquisition of Health Monitoring Software, Asset Management Software, and Resource Planning Software to Enhance Operational Efficiency
9.4 OEMs
9.4.1 Aircraft OEMs
9.4.1.1 Aircraft Manufacturers Use Advanced Software Suites to Facilitate Real-Time Data Sharing With Airlines and MROs
9.4.2 Engine OEMs
9.4.2.1 Engine Manufacturers and System Manufacturers Share Data Generated From Sensors Installed on Different Systems in Aircraft
10 Regional Analysis (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Increasing Procurement and Upgradation of Existing Aircraft has Led to the Modernization of Aircraft Fleet
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Modernization Plans to Enhance Narrow-Body Aircraft Fleet is Expected to Drive the Market for Digital MRO in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Presence of OEM Facilities for Aircraft Maintenance and Focus on Digitalization of Entire It Infrastructure is Expected to Drive Digital MRO Market in Germany
10.3.2 UK
10.3.2.1 Presence of Major Aircraft OEM Subsidiaries is Contributing to the Demand for MRO Services in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 Presence of Major Aircraft OEMs, Such as Airbus, is Projected to Drive the Growth of the Digital MRO Market in France
10.3.4 Spain
10.3.4.1 High Demand for Digital MRO From Small Airlines and OEM Facilities to Carry Out Retrofitting of Aircraft is Expected to Drive the Market in Spain
10.3.5 Sweden
10.3.5.1 Increase in Fleet Size of Leading Airlines is Expected to Drive the Demand for MRO Services in Sweden
10.3.6 Russia
10.3.6.1 Need to Upgrade Existing Aircraft Components and Procurement of New Aircraft is Contributing to the Growth of the Digital MRO Market in Russia
10.3.7 Netherlands
10.3.7.1 Need for Digitalization of MRO Services and Expansion of Medium MROs and Airlines is Driving the Demand for Advanced Aviation Software
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 High Demand for Narrow-Body Aircraft and Wide-Body Aircraft is Contributing to the Growth of Digital MRO in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Increasing Aircraft Deliveries and the Need to Upgrade Existing Aircraft Systems are Driving Japan’s Digital MRO Market
10.4.3 India
10.4.3.1 High Demand for MRO Services From Airlines and the Increase in Aircraft Deliveries are Driving Digital MRO Market in India
10.4.4 Singapore
10.4.4.1 Increasing Adoption of MRO Services in the Country is Expected to Drive the Market for Digital MRO in Singapore
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Latin America
10.5.1.1 Expansion of the Airline Industry in Latin America Presents Growth Opportunities to Developers of Digital MRO
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Increased Investments in Airspace Infrastructure, High Demand for MRO Services, and Successful Implementation of the Low-Cost Carrier Business Model are Driving the Market for Digital MRO in the Middle East
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Increase in Aircraft Deliveries and Demand for MRO Services is Expected to Drive the Market for Digital MRO in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 102)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Major Players in Digital MRO Market
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
11.4.3 Contracts
12 Company Profiles (Page No. – 111)
(Business Overview, Products/Services/Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 Ansys
12.2 Boeing
12.3 Capgemini
12.4 SAP
12.5 General Electric (GE)
12.6 Hexaware
12.7 Honeywell
12.8 IFS
12.9 International Business Machines (IBM)
12.10 Lufthansa Technik
12.11 Ramco Systems
12.12 Rusada
12.13 Swiss Aviationsoftware
12.14 Winair
12.15 Traxxall
* Business Overview, Products/Services/Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 146)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets™ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】デジタルMROの世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7330
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
デジタルMROの世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ゼロカロリー甘味料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゼロカロリー甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼロカロリー甘味料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波カッター市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波カッター市場2015について調査・分析し、超音波カッターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エマルジョンポリマーの世界市場
    当調査レポートでは、エマルジョンポリマーの世界市場について調査・分析し、エマルジョンポリマーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • タイヤ製造機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、タイヤ製造機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイヤ製造機市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイヤ製造機の世界市場概要 ・タイヤ製造機の世界市場環境 ・タイヤ製造機の世界市場動向 ・タイヤ製造機の世界市場規模 ・タイヤ製造機の世界市場:業界構造分析 ・タイヤ製造機の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・タイヤ製造機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイヤ製造機の北米市場規模・予測 ・タイヤ製造機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・タイヤ製造機のアジア太平洋市場規模・予測 ・タイヤ製造機の主要国分析 ・タイヤ製造機の世界市場:意思決定フレームワーク ・タイヤ製造機の世界市場:成長要因、課題 ・タイヤ製造機の世界市場:競争環境 ・タイヤ製造機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • リグニンの世界市場
    当調査レポートでは、リグニンの世界市場について調査・分析し、リグニンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • はちみつ食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、はちみつ食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、はちみつ食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルアセット管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタルアセット管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルアセット管理の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場
    当調査レポートでは、業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックフィルターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックフィルター市場規模、用途別(家庭用、商業用、工業用)分析、製品別(水フィルター、空気フィルター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックフィルターの世界市場概要 ・セラミックフィルターの世界市場環境 ・セラミックフィルターの世界市場動向 ・セラミックフィルターの世界市場規模 ・セラミックフィルターの世界市場:業界構造分析 ・セラミックフィルターの世界市場:用途別(家庭用、商業用、工業用) ・セラミックフィルターの世界市場:製品別(水フィルター、空気フィルター) ・セラミックフィルターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックフィルターのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックフィルターのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックフィルターのアジア市場規模・予測 ・セラミックフィルターの主要国分析 ・セラミックフィルターの世界市場:意思決 …
  • 細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)の概要 ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細菌性肺炎(Bacterial Pneumonia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッド自動販売機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッド自動販売機の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • IBS-C薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、IBS-C薬の世界市場について調査・分析し、IBS-C薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニストの概要 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ムスカリン性アセチルコリン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 副腎皮質癌治療薬の世界市場:化学療法、標的療法
    Technavio社の本調査レポートでは、副腎皮質癌治療薬の世界市場について調べ、副腎皮質癌治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、副腎皮質癌治療薬の市場規模をセグメンテーション別(種類別(化学療法、標的療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は副腎皮質癌治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・副腎皮質癌治療薬の市場状況 ・副腎皮質癌治療薬の市場規模 ・副腎皮質癌治療薬の市場予測 ・副腎皮質癌治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(化学療法、標的療法) ・副腎皮質癌治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 吻合器の世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用途別(心臓血管手術、消化管手術)、地域別、市場勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、吻合器の世界市場について調査・分析し、吻合器の世界市場動向、吻合器の世界市場規模、市場予測、セグメント別吻合器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のイソマルトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソマルトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、イソマルトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の射出成型機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の射出成型機械市場2015について調査・分析し、射出成型機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用化学薬品の世界市場
    当調査レポートでは、建設用化学薬品の世界市場について調査・分析し、建設用化学薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・建設用化学薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・建設用化学薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・建設用化学薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • レトルト包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、レトルト包装の世界市場について調査・分析し、レトルト包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - レトルト包装の世界市場:市場動向分析 - レトルト包装の世界市場:競争要因分析 - レトルト包装の世界市場:種類別 ・カートン ・小袋 ・トレー - レトルト包装の世界市場:材料別 ・アルミホイル ・バイオ材料 ・紙・板紙 ・無延伸ポリプロピレン ・ポリエチレン ・プラスチック ・その他 - レトルト包装の世界市場:エンドユーザー別 ・飲料 ・医療 ・食品 ・調剤 ・パーソナルケア ・その他 - レトルト包装の世界市場:形状別 ・フレキシブル ・硬質 ・半硬式 - レトルト包装の世界市場:主要地域別分析 - レトルト包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - レトルト包装のヨーロッパ市場規模 - レトルト包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・レトルト包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アンチエイジング製品の世界市場2016-2020:アンチエイジング用スキンケア、アンチエイジング用ヘアケア
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチエイジング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの装具市場見通し
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラスレンズの世界市場:多重焦点レンズ、単焦点レンズ、二重焦点レンズ
    当調査レポートでは、ガラスレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ガラスレンズの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キャップ・クロージャーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、キャップ・クロージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャップ・クロージャー市場規模、種類別(金属キャップ/クロージャー、プラスチックキャップ/クロージャー、その他)分析、原料別(金属、プラスチック、その他)分析、エンドユーザー別(医療、化粧品・洗面道具、食品、自動車、医薬品、飲料、アルコール飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ キャップ・クロージャーの世界市場:市場動向分析 ・ キャップ・クロージャーの世界市場:競争要因分析 ・ キャップ・クロージャーの世界市場:種類別(金属キャップ/クロージャー、プラスチックキャップ/クロージャー、その他) ・ キャップ・クロージャーの世界市場:原料別(金属、プラスチック、その他) ・ キャップ・クロージャーの世界市場:エンドユーザー別(医療、化粧品・洗面道具、食品、自動車、医薬品、飲料、アルコール飲料、その他) ・ キャップ・クロージャーの世界市場:主要地 …
  • 空港情報システムの世界市場
    当調査レポートでは、空港情報システムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・空港情報システムの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:空港サイズ別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:コスト別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:機能別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・空港情報システムのアメリカ市場規模予測 ・空港情報システムのヨーロッパ市場規模予測 ・空港情報システムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 歯科用診断・手術装置の北米市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置の北米市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医療転写の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「医療転写の世界市場2020-2024」は、医療転写について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(病院、医師団および診療所)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療転写の世界市場:エンドユーザー別(病院、医師団および診療所) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 高強度鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高強度鋼の世界市場について調査・分析し、高強度鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高強度鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、高強度鋼種類別分析(従来の強度鋼(HSS)、高強度鋼(ASHH))、高強度鋼用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高強度鋼の市場概観 ・高強度鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高強度鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高強度鋼の世界市場規模 ・高強度鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高強度鋼のアメリカ市場規模推移 ・高強度鋼のカナダ市場規模推移 ・高強度鋼のメキシコ市場規模推移 ・高強度鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高強度鋼のドイツ市場規模推移 ・高強度鋼のイギリス市場規模推移 ・高強度鋼のロシア市場規模推移 ・高強度鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・高強度鋼の日本市場規模推移 ・高強度鋼の中国市場規 …
  • 世界のメタクリル酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタクリル酸メチル市場2015について調査・分析し、メタクリル酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、生産・供給・販売動向、販売チャネル分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド画像検査装置の世界市場2017-2021:PET/CT、SPECT/CT、PET/MRI
    当調査レポートでは、ハイブリッド画像検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド画像検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェンスバッテリーセンサー市場規模、技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN))分析、電圧別(12ボルト、14ボルト、24ボルト、48ボルト以上)分析、車両別(商用車、乗用車)分析、電気自動車別(バッテリー式電気自動車、プラグインハイブリッド電気自動車、ハイブリッド電気自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:技術別(モーター制御装置、コントローラーエリアネットワーク(CAN)、ローカル相互接続ネットワーク(LIN)) ・ インテリジェンスバッテリーセンサーの世界市場:電圧別(12ボルト、14ボル …
  • インスタント飲料プリミックスの世界市場
    当調査レポートでは、インスタント飲料プリミックスの世界市場について調査・分析し、インスタント飲料プリミックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のエフェクトピグメント市場2016
    本調査レポートでは、世界のエフェクトピグメント市場2016について調査・分析し、エフェクトピグメントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビル用断熱材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビル用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビル用断熱材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はビル用断熱材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASF• Knauf Insulation• Owens Corning• Paroc Group• ROCKWOOL International等です。
  • タンパク質サプリメントの世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、タンパク質サプリメントの世界市場について調査・分析し、タンパク質サプリメントの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用プラスチックの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動車用プラスチックの世界市場について調査・分析し、自動車用プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車用プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・自動車用プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・自動車用プラスチックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用プラスチックの北米市場規模・分析 ・自動車用プラスチックの欧州市場・分析 ・自動車用プラスチックのアジア市場・分析 ・自動車用プラスチックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • セラミックファイバーの世界市場:非晶質セラミックファイバー、結晶質セラミックファイバー
    当調査レポートでは、セラミックファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱画像装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱画像装置市場2015について調査・分析し、熱画像装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出
    当調査レポートでは、ガスセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、ガス種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • ハンガリーの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 外陰萎縮症(Vulval Atrophy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、外陰萎縮症(Vulval Atrophy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・外陰萎縮症(Vulval Atrophy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・外陰萎縮症(Vulval Atrophy)のフェーズ3治験薬の状況 ・外陰萎縮症(Vulval Atrophy)治療薬の市場規模(販売予測) ・外陰萎縮症(Vulval Atrophy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・外陰萎縮症(Vulval Atrophy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の外陰萎縮症(Vulval Atrophy)治療薬剤
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • 局所皮膚接着剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、局所皮膚接着剤の世界市場について調査・分析し、局所皮膚接着剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別局所皮膚接着剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、局所皮膚接着剤種類別分析(2-オクチルシアノアクリレート、N-2-ブチル-シアノアクリレート、2-エチル-シアノアクリレー)、局所皮膚接着剤用途別分析(外科用、屋外用医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・局所皮膚接着剤の市場概観 ・局所皮膚接着剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・局所皮膚接着剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・局所皮膚接着剤の世界市場規模 ・局所皮膚接着剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・局所皮膚接着剤のアメリカ市場規模推移 ・局所皮膚接着剤のカナダ市場規模推移 ・局所皮膚接着剤のメキシコ市場規模推移 ・局所皮膚接着剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・局所皮膚接着剤のドイツ市場規模推移 ・局所皮膚接着剤のイギリス市場規模 …
  • 世界のポリエーテルポリオール市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエーテルポリオール市場2015について調査・分析し、ポリエーテルポリオールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 多機能ディスプレイの世界市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海上)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)、地域別予測
    本資料は、多機能ディスプレイの世界市場について調べ、多機能ディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(陸上、空中、海上)分析、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)分析、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))分析、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・多機能ディスプレイの世界市場概要 ・多機能ディスプレイの世界市場環境 ・多機能ディスプレイの世界市場動向 ・多機能ディスプレイの世界市場規模 ・多機能ディスプレイの世界市場規模:プラットフォーム別(陸上、空中、海上) ・多機能ディスプレイの世界市場規模:システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ) …
  • 自動車用自動防眩ミラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用自動防眩ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用自動防眩ミラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • Anti GM-CSF抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti GM-CSF抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti GM-CSF抗体の概要 ・Anti GM-CSF抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti GM-CSF抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti GM-CSF抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti GM-CSF抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"