"イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2797)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for event automation and an increasing focus on gaining actionable business insights from events are driving the growth of event management software marketMarketsandMarkets projects the event management software market to grow from USD 5.7 billion in 2019 to USD 11.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 15.0% from 2019 to 2024. This market is driven by the growing need for software to plan, manage, and automate the activities associated with events throughout its lifecycle. On the other hand, the integration issues of the software in the existing system or software packages of an organization is one of the major restraints for the event management software market.

Event management software is expected to hold the major market size during the forecast period.
The event management software refers to a wide range of software products used in the management of trade exhibitions, conferences, and events. It helps enhance the quality of events and provides enhanced visibility for event organizers. Managing events require many hours of hard work of the existing resources; therefore, to streamline the planning, scheduling, and event marketing processes, various organizations are opting for the event management software, which helps them in facilitating reliable and outstanding services to the attendees and customers at a lower cost. The event management software segment is divided further into venue management software, event registration & ticketing software, event planning software, event marketing software, analytics & reporting software, and others (mobile apps, content management, booking and billing, resource scheduling, visitor management, and catering).

On-premises deployment is expected to hold the major market size during the forecast period.
The on-premises deployment type refers to the installation of the event management software on the premises of an organization rather than at a remote facility. On-premises solutions are delivered with a one-time licensing fee, along with a service agreement. Furthermore, deployment of this solution requires huge infrastructure and a personal data center, which is affordable only for large organizations. Hence, SMEs often face the dilemma of choosing between the hosted and on-premises solutions. In spite of advantages, such as control over the system and data, and dedicated staff for maintenance and support, the on-premises deployment type has various drawbacks, which include high deployment costs and good infrastructure requirements that are not always possible for every organization. The growth of the on-premises deployment type is expected to be affected by the rapid development of cloud computing solutions.

North America is expected to hold the major market size during the forecast period.
North America consists of developed countries, such as the US and Canada. This region is open to the adoption of new and emerging technologies. Moreover, its strong financial position allows it to invest heavily to adopt the latest and leading tools & technologies for ensuring effective business operations. Such advantages help organizations in this region gain a competitive edge.

North America has the first-mover advantage in the adoption of new technologies, such as smartphones and cloud platforms. The factors expected to be driving the growth of the event management software market in North America are the stable economy, technological enhancements, and advanced the infrastructure costs. APAC is one of the fastest-growing regions and has a favorable market for event management software and service vendors. India, China, Australia, and Japan are significant contributors to the event management software market growth in APAC.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The break-up of profiles of primary participants is given below as:
• By company type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By designation: C-level – 40%, Director level – 35%, and Others – 25%
• By region: North America – 45%, Europe – 25%, APAC – 20%, RoW – 10%
The event management software ecosystem comprises major vendors, such as ACTIVE Network (US), Arlo (New Zealand), Attendify (US), Aventri (US), Bizzabo (US), Certain (US), Cvent (US), EventBank (US), EventBooking (US), Eventbrite (US), EventGeek (US), EventMobi (Canada), EventPro (Canada), eventuosity (US), Eventzilla (US), Gather Technologies (US), Hubb (US), Hubilo (India), Meeting Evolution (US), Regpack (US), SignUpGenius (US), Social Tables (US), Ungerboeck Software (US), Whova (US), XING Events (Germany), and RainFocus (US).

Research Coverage
The report includes an in-depth competitive analysis of these key players in the event management software market, with their company profiles, product portfolios, recent developments, and key market strategies. The research report segments the event management software market by component (software and services), deployment type, organization size, end-user, and region.

Reasons to Buy the Report
The report on the global event management software market will help leaders/new entrants in the market in the following ways:
1. The report segments the event management software market comprehensively and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and subsegments. The market numbers are split further across various industry verticals and regions.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders in better understanding the competitors and gaining more insights to position their businesses better. There is a separate section on competitive landscape, including competitor ecosystem, and mergers and acquisitions. Besides, there are company profiles of 26 major vendors in this market. In this section, market internals have been provided, that can put them ahead of the competitors.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Top-Down Approach
2.2.2 Bottom-Up Approach
2.3 Market Forecast
2.4 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Event Management Software Market
4.2 Market By Service
4.3 Market By End User
4.4 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Event Automation Among Marketers
5.2.1.2 Increased Demand to Capture Actionable Business Insights From Events
5.2.1.3 Growing use of Social Media for Event Marketing
5.2.1.4 Increasing Adoption of Advanced Data Analytics Solutions
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Integrating Event Management Software With Business Systems
5.2.2.2 High Initial Cost Associated With Event Management Software
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Gamification of Events to Engage Audience
5.2.3.2 Advancements in Augmented and Virtual Reality
5.2.3.3 Use of AI and Machine Learning in Event Management
5.2.3.4 IoT as a Facilitator in Event Management
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Wide Gap Between Organizers’ Offerings and Attendees’ Needs
5.2.4.2 Lack of Awareness of Event Management Software
5.3 Event Management Software: use Cases
5.3.1 Use Case #1
5.3.2 Use Case #2
5.3.3 Use Case #3
5.3.4 Use Case #4
5.3.5 Use Case #5
5.4 Innovation Spotlight
5.4.1 Augmented Reality and Virtual Reality
5.4.2 Artificial Intelligence
5.4.3 Smart Displays
5.4.4 Wearable Technology
5.4.5 Internet of Things
5.4.6 Radio Frequency Identification
6 Event Management Software Market By Component (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Growing Demand for Event Management Software to Streamline Planning, Scheduling, and Event Marketing Processes of Various Organizations and Facilitate Reliable and Outstanding Services to Attendees and Customers at a Lower Cost
6.2.2 Event Planning Software
6.2.3 Venue Management Software
6.2.4 Event Registration and Ticketing Software
6.2.5 Event Marketing Software
6.2.6 Analytics and Reporting Software
6.2.7 Onsite Technology
6.2.8 Content Management Software
6.2.9 Visitor Management Software
6.2.10 Others
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Consulting
6.3.1.1.1 Consulting Services Help Organizations in Understanding the Capabilities of Various Software and Deciding How to Implement a Particular Software
6.3.1.2 Deployment and Integration
6.3.1.2.1 Deployment and Integration Services Help Reduce the Complexities in Configuring the Software in the Existing System
6.3.1.3 Support and Maintenance
6.3.1.3.1 Support and Maintenance Services Enhance the Product Knowledge Base By Receiving Feedbacks Through Interviews and Surveys
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 MSPS Help to Reduce the Cost of the Network Infrastructure Maintenance and Enable Organizations to Concentrate on Their Core Businesses
7 Event Management Software Market By Deployment Type (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Cloud
7.2.1 Cloud Services Help in Reducing the Overall Costs While Providing Highly Flexible and Scalable Access to Event Management Solutions Through the Hosted It Infrastructure of the CSPS
7.3 On-Premises
7.3.1 Higher Adoption of On-Premises Deployment Type Due to the Security and Privacy Concerns in the Cloud Deployment Type
8 Event Management Software Market By Organization Size (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 SMES Preferring the Cloud Deployment Type to Reduce Their It Infrastructure Cost and Focus on Their Core Activities
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Surge in Scalable Products and Addition of New Features for Organizing Events to Increase Their Demand Among Large Enterprises
9 Event Management Software Market By End User (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Event Organizers and Planners
9.2.1 Event Organizers and Planners to Help Organizers in the Management of the Complete Event Life Cycles
9.3 Corporate
9.3.1 Event Management Software Helps Corporates Control the Chaos and Simplify Their Event Tasks
9.4 Government
9.4.1 Event Management Software for the Government Segment Includes a Robust Software That Serves Thousands of Users and Handles Events 24/7, With Deep Insights Into Online Reporting and Analysis
9.5 Education
9.5.1 Event Management Software for the Education Industry Helps Streamline the Events and Optimize the use of Classrooms and Venue Operations
9.6 Others
10 Event Management Software Market By Region (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Venture Capital Firms are Looking Forward to Investing in New and Innovative Event Technology Firms in the United States
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada Being an Education Hub With Various Universities and Colleges to Provide Opportunities for Event Management Professionals
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Growth Opportunity for the Event Management Software Market in the UK Due to the Country Being a World Leader in Outdoor Activities and Events
10.3.2 Germany
10.3.2.1 BFSI, Healthcare, Chemical, Trading and Services, and Automobile are Expected to be Major Contributors to the Growth of the Event Management Software Market in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Japan Offers Highly Advanced Infrastructure and Amenities to Event Organizers
10.4.2 China
10.4.2.1 Increasing Investment in the Hospitality Sector to Provide Opportunity for Event Organizers in China
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Government Initiatives Encouraging the Adoption of Event Management in Australia and New Zealand
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.1.1 Kingdom of Saudi Arabia Offers Advanced Infrastructure With Modern Facilities, Sophisticated Hotels, and Government Support for the Event Industry
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 UAE Offering World-Class Infrastructure Facilities and Sustained Investments to Help Efficiently Conduct International Events
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 South Africa is Attracting Various Enterprises and Event Stakeholders, Including Meeting Planners and Delegates Across the Globe
10.5.4 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Large Investments for Constructing Convention Centers and Hotels Would Boost the Business Tourism and Event Industry in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Mexico Offering Various Competitive Advantages, Such as Excellent Connectivity, Competitive Pricing of Hotels, World-Class Convention Centers, and Matured Supply Chain, to Event Organizers
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 91)
11.1 Microquadrant Overview
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Dynamic Differentiators
11.1.3 Innovators
11.1.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 93)
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 ACTIVE Network
12.2 Aventri
12.3 Cvent
12.4 Eventbrite
12.5 XING Events
12.6 Arlo
12.7 Attendify
12.8 RainFocus
12.9 Bizzabo
12.10 Certain
12.11 EventBank
12.12 EventBooking
12.13 EventGeek
12.14 EventMobi
12.15 Gather Technologies
12.16 Hubb
12.17 Meeting Evolution
12.18 Regpack
12.19 SignUpGenius
12.20 Ungerboeck Software
12.21 Whova
12.22 EventPro
12.23 Eventuosity
12.24 Eventzilla
12.25 Hubilo
*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 140)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2797
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スペインの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 衛星推進システムの世界市場
    当調査レポートでは、衛星推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星推進システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コネクタの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • レジャーボートの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、レジャーボートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レジャーボート市場規模、製品別(アクセサリー、モーター、ビルディング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レジャーボートの世界市場概要 ・レジャーボートの世界市場環境 ・レジャーボートの世界市場動向 ・レジャーボートの世界市場規模 ・レジャーボートの世界市場:業界構造分析 ・レジャーボートの世界市場:製品別(アクセサリー、モーター、ビルディング) ・レジャーボートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レジャーボートの北米市場規模・予測 ・レジャーボートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・レジャーボートのアジア太平洋市場規模・予測 ・レジャーボートの主要国分析 ・レジャーボートの世界市場:意思決定フレームワーク ・レジャーボートの世界市場:成長要因、課題 ・レジャーボートの世界市場:競争環境 ・レジャーボートの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のアルミニウム空気電池市場2016
    本調査レポートでは、世界のアルミニウム空気電池市場2016について調査・分析し、アルミニウム空気電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の銀ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、世界の銀ナノ粒子市場2015について調査・分析し、銀ナノ粒子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオメトリクス(生体認証)及びアイデンティティ(ID)管理の世界市場2015-2022
  • 自動車ワイヤーハーネスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、推進別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車ワイヤーハーネスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 勃起不全(Erectile Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・勃起不全(Erectile Dysfunction)の概要 ・勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・勃起不全(Erectile Dysfunction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 世界の工業用ギヤ油市場
  • 細菌性敗血症(Bacterial Sepsis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性敗血症(Bacterial Sepsis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性敗血症(Bacterial Sepsis)治療薬剤
  • ナノセルロースの世界市場予測(~2023年):ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(ミクロフィブリル化セルロース、セルロースナノクリスタル)分析、用途別(パルプ・製紙、複合材料・パッケージング、生体医療・製薬、エレクトロニクス・センサー)分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 使い捨てIV製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨てIV製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨てIV製品市場規模、エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Baxter, BD, Fresenius, ICU Medical, Smiths Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨てIV製品の世界市場概要 ・使い捨てIV製品の世界市場環境 ・使い捨てIV製品の世界市場動向 ・使い捨てIV製品の世界市場規模 ・使い捨てIV製品の世界市場:業界構造分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他) ・使い捨てIV製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨てIV製品の北米市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・使い捨てIV製品の主要国分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:意思決定フレ …
  • 中国のニコスルフロン市場2015
    本調査レポートでは、中国のニコスルフロン市場2015について調査・分析し、ニコスルフロンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 靴下の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、靴下の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、靴下の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロスタグラジンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロスタグラジンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロスタグラジンアンタゴニストの概要 ・プロスタグラジンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロスタグラジンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロスタグラジンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロスタグラジンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 泌尿器科用医療機器の世界市場予測:内視鏡、可視化装置、ロボット装置、レーザー、砕石術、透析、尿力学装置
    当調査レポートでは、泌尿器科用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、疾患別分析、地域別分析、泌尿器科用医療機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場予測:チェーンコンベヤ、スラットコンベヤ、ベルトコンベヤ、スケートコンベヤ、ローラ・トラック、無人搬送車(AGV)
    当調査レポートでは、自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、 搬出口別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、自動トラック積載システム(ATLS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GEOINTソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、GEOINTソリューションの世界市場について調査・分析し、GEOINTソリューションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・GEOINTソリューションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・GEOINTソリューションの世界市場:セグメント別市場分析 ・GEOINTソリューションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 中国のIoT(モノのインターネット)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のIoT(モノのインターネット)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のIoT(モノのインターネット)市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デスクトップ仮想化(VDI)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デスクトップ仮想化(VDI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デスクトップ仮想化(VDI)の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • うつ病(Depression):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、うつ病(Depression)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・うつ病(Depression):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬の状況 ・うつ病(Depression)治療薬の市場規模(販売予測) ・うつ病(Depression)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のうつ病(Depression)治療薬剤
  • メキシコの心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、力センサーの世界市場規模が2019年18億ドルから2024年23億ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。本書は、世界の力センサー市場について調査・分析し、市場概要、用途別(製造、エネルギー&電力、医薬品、化学薬品、石油&ガス、鉱業、その他)分析、操作別(アナログ、デジタル)分析、力種類別(圧縮、張力、圧縮&張力)分析、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、静電容量力センサー、磁気弾性力センサー、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の力センサー市場:用途別(製造、エネルギー&電力、医薬品、化学薬品、石油&ガス、鉱業、その他) ・世界の力センサー市場:操作別(アナログ、デジタル) ・世界の力センサー市場:力種類別(圧縮、張力、圧縮&張力) ・世界の力センサー市場:技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、静電容量力センサー、磁気弾性力センサー、その他) ・世界の力センサー市場:地域別 ・ …
  • 世界のS状結腸鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界のS状結腸鏡市場2015について調査・分析し、S状結腸鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの整形外科補綴市場見通し
  • キャンプファイヤー用三脚の世界市場
    当調査レポートでは、キャンプファイヤー用三脚の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャンプファイヤー用三脚の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • スマートルームヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートルームヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートルームヒーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のノルマルブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のノルマルブタノール市場2015について調査・分析し、ノルマルブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 規制環境および影響分析: 無菌包装市場
  • クラウド運用サービスの世界市場2014-2025:サービスタイプ別(ビジネス、ネットワーク、セキュリティ、データセンター、可動性)、展開別(公的、私的)、エンドユーザー別、垂直別、地域別
    本調査レポートでは、クラウド運用サービスの世界市場について調査・分析し、クラウド運用サービスの世界市場動向、クラウド運用サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラウド運用サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水晶発振器の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水晶発振器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、装着方式別分析、水晶カット別分析、種類別分析、用途別分析、水晶発振器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の中圧ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の中圧ケーブル市場2015について調査・分析し、中圧ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テイストモジュレーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テイストモジュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ(甘味モジュレーター、塩味モジュレーター、脂質モジュレーター)別分析、用途(菓子製品、ベーカリー製品、乳製品、スナック・セーボリー、肉製品)別分析、テイストモジュレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス、接続技術)、用途別(テレメディシン、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ヘルスケアにおけるIoTの世界市場規模が2019年555億ドルから2024年1880億ドルまで年平均27.6%成長すると予測しています。当資料では、世界のヘルスケアにおけるIoT市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス)分析、用途別(遠隔医療、臨床運用およびワークフロー管理、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング、薬物管理、その他)分析、接続技術別(Wi-Fi、Bluetooth低エネルギー、Zigbee、NFC、携帯電話、衛星)分析、エンドユーザー別(病院・外科センター・クリニック、臨床研究機関、政府および防衛機関、研究および診断研究所)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス) ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:用途別(遠隔医療、臨床運用およびワ …
  • アイルランドの整形外科装置市場見通し
  • 生分解性プラスチックの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)、技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム))、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)
    本資料は、手術用イメージングの世界市場について調べ、手術用イメージングの世界規模、市場動向、市場環境、モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)分析、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・手術用イメージングの世界市場概要 ・手術用イメージングの世界市場環境 ・手術用イメージングの世界市場動向 ・手術用イメージングの世界市場規模 ・手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他) ・手術用イメージングの世界市場:技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム)) ・手術用イメージングの世界市場:用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術) ・手術用イメージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用イメージングの北米市場規模・ …
  • アプリケーションセキュリティの世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、アプリケーションセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、ソリューション別分析、テスト種類別分析、産業別分析、アプリケーションセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シロアリ防除の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、シロアリ種類別分析、防除方式別分析、用途別分析、地域別分析、シロアリ防除の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 新生児スクリーニングの世界市場2015-2022
  • 藻類オイルの世界市場分析:グレード別(燃料、食料、飼料)、用途別(バイオ燃料、栄養補助食品、F&B、動物飼料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米・MEA)、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、藻類オイルの世界市場について調査・分析し、藻類オイルの世界市場動向、藻類オイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別藻類オイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 小骨と関節用矯正装置の世界市場
    当調査レポートでは、小骨と関節用矯正装置の世界市場について調査・分析し、小骨と関節用矯正装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:市場動向分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:競争要因分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:種類別 ・肝線維症バイオマーカー ・血清バイオマーカー ・酸化ストレスバイオマーカー ・アポトーシスバイオマーカー ・その他 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:最終用途別 ・病院 ・製薬・医薬品開発受託機関(CRO) ・学術研究機関 ・診断検査研究所 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:主要地域別分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの北米市場規模(アメリカ市場等) - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマ …
  • 世界の手術用メッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用メッシュ市場2015について調査・分析し、手術用メッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コロニー刺激因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコロニー刺激因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コロニー刺激因子阻害剤の概要 ・コロニー刺激因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコロニー刺激因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コロニー刺激因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コロニー刺激因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"