"術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7339)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The intraoperative radiation therapy market is projected to grow at a CAGR of 7.0% during the forecast period.”The global intraoperative radiation therapy market is projected to reach USD 68 million by 2024 from USD 48 million in 2019, at a CAGR of 7.0%. The rising incidence of cancer, technological advancements, and advantages offered by IORT over conventional radiotherapy are the major factors driving the growth of the global intraoperative radiation therapy market. Additionally, growing clinical trials exploring the use of IORT for various cancer applications is expected to offer lucrative growth opportunities to market players. However, the complex nature of technology coupled with a shortage of trained personnel and preference of conventional radiotherapy over IORT by physicians owing to reimbursement coverage are the major factors that are expected to restrain the growth of this market.

“The system/accelerators segment is expected to account for the largest market share during the forecast period.”
Based on product type, the intraoperative radiation therapy market products market is segmented into system/accelerators, treatment planning systems, applicators & afterloaders, and accessories. The systems/accelerators segment is expected to account for the largest share of the IORT products market in 2019. The large share of this segment can be attributed to the low cost of accelerators as compared to advanced radiosurgery products, growing applications of IORT products in cancer treatment, and the development of technologically advanced mobile systems/accelerators.

“The breast cancer segment is expected to hold the largest share of the intraoperative radiation therapy market, by application, during the forecast period.”
Based on application, the intraoperative radiation therapy market is segmented into breast cancer, brain tumor, gastrointestinal cancer, head & neck cancer, and other cancers. The breast cancer segment is expected to account for the largest share of this market in 2019. The large share of this segment can be attributed to a high prevalence of breast cancer, coupled with advantages offered by IORT such as the reduced amount of irradiation, shorter treatment time, and lesser clinical risks.

“Europe to account for the second-largest share of the global market in 2019.”
The intraoperative radiation therapy market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. Europe is expected to account for the second-largest share of the global intraoperative radiation therapy market in 2019. The growing incidence of cancer, supportive government initiatives, and the implementation of intraoperative radiation therapy market training programs & conferences/symposiums are the major factors propelling the demand for intraoperative radiation therapy market products in Europe. Furthermore, several key market players are focusing on enhancing their intraoperative radiation therapy market products to improve the quality of patient care across Europe.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (25%), Tier 2 (30%), and Tier 3 (45%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (35%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (16%)

The major players in the market include ZEISS Group (Germany) and iCAD, Inc. (US), IntraOp Medical Corporation (US), Ariane Medical Systems, Ltd. (UK), Sordina IORT Technologies S.p.A. (Italy), GMV Innovating Solutions (Spain), Sensus Healthcare, Inc.(US), Elekta AB (Sweden), Varian Medical Systems, Inc. (US), and Eckert & Ziegler Group (Germany), among others.

Research Coverage
This report studies the intraoperative radiation therapy market based on method, products & services, application, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions (and the respective countries in these regions).

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the intraoperative radiation therapy market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Limitations and Assumptions
2.4.1 Limitations
2.4.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Intraoperative Radiation Therapy: Market Overview
4.2 Regional Analysis: Intraoperative Radiation Therapy Products Market, By Type
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Global Prevalence of Cancer
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Advantages of IORT Over EBRT
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complexity of Technology and Shortage of Trained Personnel
5.2.2.2 Preference for Conventional Radiotherapy Over IORT
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Applications of IORT
6 Intraoperative Radiation Therapy Market, By Method (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Electron IORT
6.2.1 Minimal Treatment Times and High Penetration have Driven Demand for Electron IORT
6.3 Intraoperative Brachytherapy
6.3.1 Intraoperative Brachytherapy is A Better Option for Deep-Seated Tumors
7 Intraoperative Radiation Therapy Market, By Product & Service (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Products
7.2.1 Systems/Accelerators
7.2.1.1 The Low Cost of Systems/Accelerators is Supporting Their Adoption in the Market
7.2.2 Applicators & Afterloaders
7.2.2.1 Growing Approvals of Applicators & Afterloaders for the Treatment of Different Cancer Types is Supporting the Growth of This Segment
7.2.3 Treatment Planning Systems
7.2.3.1 Technological Advancements & Growing Regulatory Approvals are Supporting Market Growth
7.2.4 Accessories
7.2.4.1 The Growing Number of IORT Procedures to Drive Market Growth
7.3 Services
7.3.1 Growing Need to Ensure Effective Dose Management and the Need for Frequent Software Upgrades to Drive Market Growth
8 Intraoperative Radiation Therapy Market, By Application (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.1.1 Breast Cancer
8.1.1.1 The Growing Number of Breast Cancer Cases Across the Globe is Fueling the Adoption of IORT
8.1.2 Brain Tumor
8.1.2.1 The Growing Number of Brain Tumor Cases and the High Efficiency, Shorter Treatment Time, and Better Recovery Rate of IORT to Support the Growth of This Application Segment
8.1.3 Gastrointestinal Cancer
8.1.3.1 IORT Offers A Suitable Alternative for Gastrointestinal Cancer Treatment as Opposed to Surgery Or Conventional Radiation
8.1.4 Head & Neck Cancer
8.1.4.1 IORT is Highly Efficient in the Treatment of Head & Neck Cancer as It Offers Better Tumor Control
8.1.5 Other Cancers
9 Intraoperative Radiation Therapy, By Region (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Growing Government Initiatives Boosting the Adoption of IORT in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Rising Cancer Incidence is Driving the Demand for IORT Devices in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Holds the Largest Share of the IORT Market in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Preference for Conventional Radiotherapy Restraining the Growth of IORT in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Incidence of Breast Cancer in the UK is Driving Market Growth
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China Dominates the APAC Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Rising Geriatric Population is Contributing to Overall Cancer Prevalence in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Breast Cancer Treatment is the Primary Application Segment for IORT in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 95)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Product Launches and Approvals
10.3.2 Partnerships and Agreements
10.3.3 Acquisitions
10.3.4 Expansions
10.4 Vendor Dive Overview
10.5 Vendor Inclusion Criteria
10.6 Vendor Dive
10.6.1 Visionary Leaders
10.6.2 Innovators
10.6.3 Dynamic Differentiators
10.6.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 101)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Ariane Medical Systems, Ltd.
11.2 Eckert & Ziegler
11.3 Elekta AB
11.4 GMV Innovating Solutions
11.5 ICAD, Inc.
11.6 Intraop Medical Corporation
11.7 Sordina IORT Technologies S.P.A.
11.8 Sensus Healthcare, Inc.
11.9 Varian Medical Systems, Inc.
11.10 Zeiss Group
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 116)
12.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.2 Available Customizations
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7339
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 構造用芯材の世界市場2018–2025:製品別(フォーム、バルサ、ハニカム)、肌質別、エンドユーズ別(航空宇宙、自動車、風力発電、船舶、建築)
    本調査レポートでは、構造用芯材の世界市場について調査・分析し、構造用芯材の世界市場動向、構造用芯材の世界市場規模、市場予測、セグメント別構造用芯材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(機器、ソリューション、サービス)分析、帯域幅別(1・10Gbps、40Gbps、100Gbps)分析、技術別(イーサネット、光ファイバー、InfiniBand)分析、エンドユーザー別(企業、テレコム)分析、ネットワークモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道ネットワーク用ケーブル市場規模、用途別(電力ケーブル、信号用・通信用ケーブル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場概要 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場環境 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場動向 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場規模 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場:業界構造分析 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場:用途別(電力ケーブル、信号用・通信用ケーブル) ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの北米市場規模・予測 ・鉄道ネットワーク用ケーブルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・鉄道ネットワーク用ケーブルのアジア太平洋市場規模・予測 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの主要国分析 ・鉄道ネットワーク用ケーブルの世界市場 …
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は商用車テレマティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・商用車テレマティクスの市場状況 ・商用車テレマティクスの市場規模 ・商用車テレマティクスの市場予測 ・商用車テレマティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(LCV、M&HCV) ・市場セグメンテーション:種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス) ・商用車テレマ …
  • 動物飼料用オーガニック微量ミネラルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、動物飼料用オーガニック微量ミネラルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、動物飼料用オーガニック微量ミネラルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は動物飼料用オーガニック微量ミネラルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alltech、Balchem、Kemin Industries、NOVUS INTERNATIONAL、Pancosma、Tanke、Zinpro等です。
  • 業務用食品陳列棚の世界市場
    当調査レポートでは、業務用食品陳列棚の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食品陳列棚の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紙コーティング添加剤市場:分散剤、消泡剤、レオロジー改質剤
  • 中国のスマートテレビ市場2015
    本調査レポートでは、中国のスマートテレビ市場2015について調査・分析し、スマートテレビの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ファスナーの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用ファスナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、特徴別分析、製品別分析、材料タイプ別分析、用途別分析、自動車用ファスナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冷間圧延コイル市場2015
    本調査レポートでは、世界の冷間圧延コイル市場2015について調査・分析し、冷間圧延コイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)の世界市場:産業別、検査法別(目視検査、磁粉探傷試験、渦流探傷試験、超音波探傷試験、放射線透過試験)、セグメント予測
    非破壊検査(NDT)の世界市場は2025年には212億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、発展途上国および先進国における製造業の活性化が考えられます。本調査レポートでは、非破壊検査(NDT)の世界市場について調査・分析し、非破壊検査(NDT)の世界市場動向、非破壊検査(NDT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別非破壊検査(NDT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 陸上掘削リグの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、陸上掘削リグの世界市場について調査・分析し、陸上掘削リグの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・陸上掘削リグの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・陸上掘削リグの世界市場:セグメント別市場分析 ・陸上掘削リグの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ヨーロッパ主要国の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場分析:用途別(EOR、産業、農業)、捕集技術別(燃焼前、産業用、酸素燃焼、燃焼後)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場動向、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化炭素貯留(CCS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場見通し2016-2022:ネットワークインフラストラクチャ装置、ディスプレイ装置
    当調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:使用モデル別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の北米市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の欧州市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の …
  • 世界の手動カミソリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動カミソリ市場2015について調査・分析し、手動カミソリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩素酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩素酸カリウム市場2015について調査・分析し、塩素酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋補給船の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海洋補給船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海洋補給船市場規模、製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BOURBON, Edison Chouest Offshore, SEACOR Marine, Swire Pacific, Tidewaterなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海洋補給船の世界市場概要 ・海洋補給船の世界市場環境 ・海洋補給船の世界市場動向 ・海洋補給船の世界市場規模 ・海洋補給船の世界市場:業界構造分析 ・海洋補給船の世界市場:製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他) ・海洋補給船の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海洋補給船の北米市場規模・予測 ・海洋補給船のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・海洋補給船のアジア太平洋市場規模・予測 ・海洋補給船の主要国分析 ・海洋補給船の世界市場:意思決定フレームワーク ・海洋 …
  • 発酵槽の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、発酵槽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(食品、飲料、ヘルスケア、化粧品)分析、微生物別(バクテリア、菌類)分析、プロセス別(バッチ、フェドバッチ、連続)分析、動作モード別(半自動、自動)分析、発酵槽の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • mTORC-1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmTORC-1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mTORC-1阻害薬の概要 ・mTORC-1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のmTORC-1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mTORC-1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mTORC-1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳波計(EEG)・筋電計(EMG)市場規模、製品別(脳波計、筋電計)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場概要 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場環境 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場動向 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場規模 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:業界構造分析 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:製品別(脳波計、筋電計) ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のアメリカ市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のヨーロッパ市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のアジア市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の主要 …
  • スペインの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 光通信およびネットワークの世界市場予測(~2023年):光ファイバー、光トランシーバー、光増幅器、光スイッチ、光スプリッタ、光サーキュレータ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、光通信およびネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、光通信およびネットワークの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック装甲の世界市場:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)、地域別予測
    本資料は、セラミック装甲の世界市場について調べ、セラミック装甲の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)分析、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)分析、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セラミック装甲の世界市場概要 ・セラミック装甲の世界市場環境 ・セラミック装甲の世界市場動向 ・セラミック装甲の世界市場規模 ・セラミック装甲の世界市場規模:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素) ・セラミック装甲の世界市場規模:用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶) ・セラミック装甲の世界市場規模:プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間) ・セラミック装甲の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミック装甲の北米市場規模・予測 ・セラミック装甲のアメリカ市場規模・予測 ・セラミック装甲のヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミック …
  • 軟磁性材料の世界市場予測:ソフトフェライト、電磁鋼、コバルト
    当調査レポートでは、軟磁性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、軟磁性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱酸素剤の世界市場2014-2025:タイプ別(金属、非金属)、最終用途別(食品・飲料、製薬、化学、石油・ガス)、地域別
    本調査レポートでは、脱酸素剤の世界市場について調査・分析し、脱酸素剤の世界市場動向、脱酸素剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別脱酸素剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イギリスの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、耐火試験の世界市場規模が2019年63億ドルから2024年86億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本書は、世界の耐火試験市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(試験、検査、認証、その他)分析、ソーシング種類別(社内、外部委託)分析、用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の耐火試験市場:サービス別(試験、検査、認証、その他) ・世界の耐火試験市場:ソーシング種類別(社内、外部委託) ・世界の耐火試験市場:用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他) ・世界の耐火試験 …
  • 世界のタイヤ空気圧計市場2016
    本調査レポートでは、世界のタイヤ空気圧計市場2016について調査・分析し、タイヤ空気圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用品ネット通販の世界市場予測2021:インフォテインメント・マルチメディア、内装アクセサリー、エンジン部品、タイヤ、電気製品
    当調査レポートでは、自動車用品ネット通販の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、ベンダー別分析、製品ラベル別分析、用品別分析、技術別分析、自動車用品ネット通販の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼内レンズの世界市場2014-2025:製品別(眼内レンズ、角膜インプラント、緑内障インプラント、眼プロテーゼ)、用途別(緑内障、薬物送達)、最終用途別
    本調査レポートでは、眼内レンズの世界市場について調査・分析し、眼内レンズの世界市場動向、眼内レンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カナダのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場2018–2025:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別、技術別(Bluetooth、ZigBee、Wi-Fi、NFC)、用途別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場について調査・分析し、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場動向、産業用無線センサーネットワーク(IWSN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用無線センサーネットワーク(IWSN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農業用ロボットの世界市場分析:製品別(UAV、無人トラクター、搾乳ロボット、材料管理)、原材料別、用途別(畑作、酪農、動物、土壌・作物管理)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、農業用ロボットの世界市場動向、農業用ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の概要 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場分析:製品別(スパンバウンド、ステープル、メルトブローン、コンポジット)、用途別(衛生、産業、医療、ジオテキスタイル、家具、カーペット、農業)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場について調査・分析し、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場動向、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリプロピレン(PP)不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 米州のテニスウェア市場2016-2020
    当調査レポートでは、米州のテニスウェア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米州のテニスウェア市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防弾保護設備の世界市場分析:材質別(アラミド、複合材、UHMWPE、スチール)、製品別(頭部保護、ソフトアーマー、ハードアーマー)、エンドユーザー別(防衛、商業、法執行・安全)セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、防弾保護設備の世界市場について調査・分析し、防弾保護設備の世界市場動向、防弾保護設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別防弾保護設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のトランジスター市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランジスター市場2015について調査・分析し、トランジスターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーン塗装の世界市場:添加剤、ポリマー、100%シリコーン、撥水シリコーン
    当調査レポートでは、シリコーン塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸の世界市場:用途別(肥料、アジピン酸、ニトロベンゼン、トルエンジイソシアネート、ニトロクロロベンゼン)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、硝酸の世界市場について調査・分析し、硝酸の世界市場動向、硝酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別硝酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のウエディングドレス市場2015
    本調査レポートでは、世界のウエディングドレス市場2015について調査・分析し、ウエディングドレスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱成形プラスチックの世界市場分析:製品別、プロセス別、用途別(ヘルスケア、食品包装、電気・電子、自動車、建設、消費財)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱成形プラスチックの世界市場動向、熱成形プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱成形プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 女性用健康リハビリ製品の世界市場分析:製品別(整形外科ケア、尿失禁、乳がんケア、妊娠出産後ケア)、治療別(理学療法、作業療法)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、女性用健康リハビリ製品の世界市場について調査・分析し、女性用健康リハビリ製品の世界市場動向、女性用健康リハビリ製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別女性用健康リハビリ製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 低速車の北米市場
  • 工業用ファスナーの世界市場分析:製品別(外部ネジ、航空宇宙グレード、その他標準ファスナー)、用途別(自動車OEM、機械OEM、その他OEM、MRO、建設)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、工業用ファスナーの世界市場について調査・分析し、工業用ファスナーの世界市場動向、工業用ファスナーの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用ファスナー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロボティックプロセスオートメーションの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボティックプロセスオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボティックプロセスオートメーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はロボティックプロセスオートメーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均25.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Accenture、Cognizant、Deloitte、IBM等です。
  • 世界の抗乳化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の抗乳化剤市場2015について調査・分析し、抗乳化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 咳(Cough):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における咳(Cough)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・咳(Cough)の概要 ・咳(Cough)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の咳(Cough)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・咳(Cough)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別、地域別
    本レポートは、ワイヤレスディスプレイの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"