"セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7337)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increase in the number of complex cyberattacks faced by organizations is driving the overall growth of the SOAR marketThe SOAR market is projected to grow from USD 868 million in 2019 to USD 1,791 million by 2024, at a CAGR of 15.6% from 2019 to 2024. Market growth is driven by various factors, such as increasing cyberattacks, lack in the availability of staff, stringent regulations and compliances, lack of centralized views on threats, and high number of false alerts, which are contributing a considerable share in the SOAR ecosystem.

By deployment, the cloud segment is estimated to account for a larger market size than the on-premises segment in 2019
SOAR technology is offered as a platform or as a tool by cybersecurity solution vendors. Companies of all sizes and industries are migrating to cloud due to the lower cost and features, such as enhanced security, 24/7 support and maintenance, scalability, and speed. With the entire ecosystem shifting to the cloud from on-premises legacy methods, organizations are taking advantage of cloud security platforms, such as SOAR to visualize threats in a centralized manner and make collective efforts to remediate attacks. Organizations suffer from shortage of staff for security operations. Cloud platforms can automate the entire process and will free security analysts from the task of monitoring and help them concentrate on other important issues. Cloud platforms also offer other additional services, such as support and consulting, which are provided by security vendors, managed security service providers, and other vendors who offer SOAR platforms or solutions.

Based on application, the incident management segment is projected to grow at a higher CAGR than the network forensics segment during the forecast period
An incident signifies an unexpected occurrence of an undesirable event which may cause or has the potential to cause major damage to business operations. SOAR solutions for incident management mechanize and rationalize the incident management processes, empowering businesses to identify, supervise, and design resolution plans for security threats or incidents in real-time. Additionally, they record events, track investigations, and report on incidents. This enables organizations to rapidly resolve future incidents so that the consequences can be minimized, and the network infrastructure remains unaffected.

The Asia Pacific market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific comprises some of the largest economies in the world, such as China, India, Japan, and Australia. The threat landscapes in these countries are changing every day, and threats are being experienced at alarming rates. The types of threats faced by these regions are also changing and growing more complex each day. The region is also leading the adoption of various technologies, such as Smart Cities. As an increasing number of technologies or complex projects are adopted, vulnerability to highly sophisticated threats is also expected to grow. The Asia Pacific is an ideal environment for cybercriminals to thrive in, due to the high digital connectivity and low cybersecurity awareness, growing cross-border data transfers, and weak regulations. The increasing number of alerts and threats combined with the comparative shortage of staff is resulting in 50% of the threats remaining undetected. SOAR solutions can increase the efficiency of security solutions by responding to low-level incidents without the need for human assistance.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the SOAR market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:

• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 35%, D-level – 35%, and Others – 30%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, Asia Pacific – 25%, RoW – 5%
Major vendors offering SOAR solutions include IBM Corporation (US), FireEye (US), Cisco Systems Inc. (US), Rapid7 (US), Splunk Inc. (US), Swimlane LLC (US), Tufin (US), ThreatConnect (US), Demisto (Palo Alto Networks) (US), DFLabs (Italy), LogRhythm (US), Siemplify (US), Resolve Systems (US), CyberSponse (US), and Exabeam (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key market players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the SOAR market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by component, application, deployment mode, organization size, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall SOAR market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Security Orchestration Automation and Response Market
4.2 Market By Component, 2019–2024
4.3 Market By Services, 2019–2024
4.4 Market By Deployment Mode, 2019–2024
4.5 Market By Application, 2019–2024
4.6 Market By Region, 2019–2024
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Shortage of Staff to Handle Security Operations of Organizations
5.2.1.2 Vulnerability to Cyber Threats Due to Digitalization of Businesses
5.2.1.3 Demand for Centralized View on Threats and Their Processing
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Awareness and Knowledge Among Organizations About SOAR Technology
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Prioritization and Management of Security Operations of Organizations
5.2.3.2 High Number of False Security Alerts
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Gap in Security Skills and Expertise
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
6 Security Orchestration Automation and Response Market By Component (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Increasing Cybersecurity Attacks Expected to Drive the Adoption of SOAR Solutions
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Increasing Need to Deploy Business-Specific Security Solutions Will Drive the Demand for Professional Services
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 the Growing Complexity of Network Security Threats Will Lead to Increasing Deployment of SOAR Solutions
7 Security Orchestration Automation and Response Market By Application (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Threat Intelligence
7.2.1 Increasing Cyber Threats Boost the Growth of Threat Intelligence Prevention Solutions
7.3 Network Forensics
7.3.1 Growing Number of Instances of Identity Intrusions Among Enterprises Will Fuel the Demand for SOAR Solutions
7.4 Incident Management
7.4.1 Rising Number of Unexpected Events in Real-Time Will Drive the Adoption of Cybersecurity Solutions
7.5 Compliance Management
7.5.1 Increasing Compliances Among Enterprises Will Lead to Higher Adoption of SOAR Solutions
7.6 Workflow Management
7.6.1 Growing Data Breaches and Thefts Fuel the Demand for Workflow Management Threat Prevention Solutions
7.7 Others
8 Security Orchestration Automation and Response Market By Deployment Mode (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Cost-Effectiveness and Scalability of Cloud-Based SOAR Solutions Drive Their Adoption During the Forecast Period
8.3 On-Premises
8.3.1 Security Concerns Drive the Adoption of On-Premises SOAR Solutions
9 Security Orchestration Automation and Response Market By Organization Size (Page No. – 49)
9.1 Introduction
9.2 Small & Medium Enterprises (SMES)
9.2.1 Increased Cyberattacks in SMES are Expected to Boost the Adoption of SOAR Solutions
9.3 Large Enterprises
9.3.1 The Adoption of SOAR Solutions is Expected to Increase in Large Enterprises to Secure Volumes of Critical Data
10 Security Orchestration Automation and Response Market By Vertical (Page No. – 52)
10.1 Introduction
10.2 BFSI
10.2.1 The BFSI Vertical is Increasingly Deploying SOAR Solutions to Protect Information From Cyberattacks
10.3 Government
10.3.1 Adoption of SOAR Solutions Help Government Vertical to Secure Sensitive Information and Ensure Data Privacy
10.4 Energy & Utilities
10.4.1 Evolving Network-Based Attacks Affect the Delivery of SOAR Services in Energy & Utilities Vertical
10.5 Healthcare
10.5.1 Growing Need to Secure Patient’s Data Boost the Adoption of SOAR Solutions in the Healthcare Vertical
10.6 Retail
10.6.1 Retail Companies to Deploy SOAR Solution to Safeguard Confidential Information of Customers
10.7 IT & Telecom
10.7.1 Increasing Use of ICT Technologies Across IT & Telecom Vertical to Lead the Growth of SOAR Solutions
10.8 Others
11 Security Orchestration Automation and Response Market By Region (Page No. – 57)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Growth in Technological Innovations and Stringent Regulations to Drive the Market Growth of SOAR in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 1.2.2.1 Government Initiatives Against Cyberattacks to Set the Market Growth of SOAR in Canada
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 Rising Number of Cyber Threats
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increased Government Spending on Cybersecurity
11.3.3 France
11.3.3.1 Government Initiatives
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Organizations’ Weaker It Environment
11.4.2 Australia
11.4.2.1 Increased Cyber Threats Faced Leading to the Adoption of SOAR Solutions in Australia
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Increased Cybersecurity Initiatives to Boost the Security Orchestration Automation and Response Market in Japan
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa (MEA)
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Growing Number of Threats to Major Sectors Expected to Boost the SOAR Market
11.5.2 Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Increasing Demand for the SOAR Methodology Due to Wide Adoption Among Corporates
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Digital Advancements to Enable the SOAR Market Growth
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 78)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionary Leaders
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Competitive Scenario
12.2.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations
12.2.2 New Product Launches/Product Enhancements
12.2.3 Mergers & Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 83)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 IBM
13.3 FireEye
13.4 Cisco Systems, Inc.
13.5 Rapid7
13.6 Splunk Inc.
13.7 Swimlane, LLC
13.8 Tufin
13.9 ThreatConnect
13.10 Demisto (Palo Alto Networks)
13.11 DFLabs
13.12 Exabeam
13.13 LogRhythm, Inc.
13.14 Ayehu Software Technologies Ltd.
13.15 Siemplify
13.16 Resolve Systems
13.17 CyberSponse
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 116)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7337
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ノンシュガー甘味料の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ノンシュガー甘味料の世界市場について調査・分析し、ノンシュガー甘味料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:市場動向分析 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:競争要因分析 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の北米市場規模 ・ノンシュガー甘味料の欧州市場規模 ・ノンシュガー甘味料のアジア市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • パッケージ入りデュカスパイスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りデュカスパイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りデュカスパイス市場規模、用途別(肉・鶏肉用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場概要 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場環境 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場動向 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場規模 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場:用途別(肉・鶏肉用、その他) ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りデュカスパイスのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りデュカスパイスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りデュカスパイスのアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りデュカスパイスの主要国分析 ・パッケージ入りデュカスパイスの世界市場:意思決定フレームワー …
  • Eゲート(自動化ゲート)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、Eゲート(自動化ゲート)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eゲート(自動化ゲート)市場規模、コンポーネント別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場概要 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場環境 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場動向 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場規模 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:業界構造分析 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・Eゲート(自動化ゲート)のアメリカ市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)のヨーロッパ市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)のアジア市場規模・予測 ・Eゲート(自動化ゲート)の主要国分析 ・Eゲート(自動化ゲート)の世界市場:意思決定フレームワー …
  • ボイラー水処理用化学物質の世界市場
    当調査レポートでは、ボイラー水処理用化学物質の世界市場について調査・分析し、ボイラー水処理用化学物質の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボイラー水処理用化学物質の世界市場:市場動向分析 - ボイラー水処理用化学物質の世界市場:競争要因分析 - ボイラー水処理用化学物質の世界市場:化学物質の種類別 ・腐食およびスケール防止剤 ・バイオサイド ・凝固剤&凝集剤 ・pH調整剤 ・泡制御剤 ・脱酸素剤 ・その他 - ボイラー水処理用化学物質の世界市場:エンドユーザー別 ・自動車&航空宇宙 ・化学工業 ・商業用 ・機器製造業 ・食品&飲料 ・石油精製&石油化学 ・電力部門(発電所) ・製紙 ・スチール&金属 ・繊維および建設 ・学会および教育機関 ・公共施設(空港、鉄道) ・その他 - ボイラー水処理用化学物質の世界市場:主要地域別分析 - ボイラー水処理用化学物質の北米市場規模(アメリカ市場等) - ボイラー水処理用化学物質のヨーロッパ市場規模 - ボイラー水処理用化学物質のアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • エンジニアードフォームの世界市場予測(~2026):ポリウレタン、ポリスチレン、ポリオレフィン
    当調査レポートでは、エンジニアードフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類別分析、形状別分析、需要先別分析、地域別分析、エンジニアードフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 格安航空会社の世界市場(~2019)
  • 水素化ビスフェノールAの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水素化ビスフェノールAの世界市場について調査・分析し、水素化ビスフェノールAの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水素化ビスフェノールAシェア、市場規模推移、市場規模予測、水素化ビスフェノールA種類別分析()、水素化ビスフェノールA用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水素化ビスフェノールAの市場概観 ・水素化ビスフェノールAのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水素化ビスフェノールAのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水素化ビスフェノールAの世界市場規模 ・水素化ビスフェノールAの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水素化ビスフェノールAのアメリカ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのカナダ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのメキシコ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水素化ビスフェノールAのドイツ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのイギリス市 …
  • コハク酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コハク酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コハク酸の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコハク酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均27.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BioAmber• KAWASAKI KASEI CHEMICALS • Myriant• Reverdia• Succinity等です。
  • ウェハ検査装置の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ウェハ検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェハ検査装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー加工の世界市場:固体レーザー、液体レーザー、ガスレーザー
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場:地域別、アプリケーション別(コーティング剤、自動車、電気・電子、工業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンサルファイド(PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日本の麻酔器市場動向(~2021)
  • 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場について調査・分析し、軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場:市場動向分析 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場:競争要因分析 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場:用途別 ・海事用 ・飛行用 ・戦闘用 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場:主要地域別分析 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの北米市場規模(アメリカ市場等) - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアのヨーロッパ市場規模 - 軍用AR (拡張現実) ヘッドギアのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・軍用AR (拡張現実) ヘッドギアの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のセミトレーラー市場2016
    本調査レポートでは、世界のセミトレーラー市場2016について調査・分析し、セミトレーラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭化ピナベリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、臭化ピナベリウムの世界市場について調査・分析し、臭化ピナベリウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別臭化ピナベリウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、臭化ピナベリウム種類別分析(5mg、10mg、25mg、その他)、臭化ピナベリウム用途別分析(病院、クリニック、薬局)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・臭化ピナベリウムの市場概観 ・臭化ピナベリウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・臭化ピナベリウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・臭化ピナベリウムの世界市場規模 ・臭化ピナベリウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・臭化ピナベリウムのアメリカ市場規模推移 ・臭化ピナベリウムのカナダ市場規模推移 ・臭化ピナベリウムのメキシコ市場規模推移 ・臭化ピナベリウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・臭化ピナベリウムのドイツ市場規模推移 ・臭化ピナベリウムのイギリス市場規模推移 ・臭化ピナベリウムのロシア市 …
  • 瘻(Fistula):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における瘻(Fistula)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、瘻(Fistula)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・瘻(Fistula)の概要 ・瘻(Fistula)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の瘻(Fistula)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・瘻(Fistula)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・瘻(Fistula)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 炭素繊維樹脂の世界市場:熱硬化性、熱可塑性、プリプレグ、非プリプレグ、用途
    当調査レポートでは、炭素繊維樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016について調査・分析し、チオシアン酸アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの血栓管理装置市場(~2021)
  • モバイルM2Mモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルM2Mモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルM2Mモジュールの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心肺用自己輸血装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心肺用自己輸血装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心肺用自己輸血装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血漿用フリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血漿用フリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血漿用フリーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンの北米市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの北米市場について調査・分析し、ポリオレフィンの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • イスラエルの心臓補助装置市場見通し
  • 近距離無線通信(NFC)の世界市場分析:製品別(SDカード、SIMカード、NFCカバー、NFC IC、NFCタグ、NFCリーダー)、用途別(アクセス制御、発券、データ共有、医療機器、取引、製品識別)、セグメント予測
    本調査レポートでは、近距離無線通信(NFC)の世界市場について調査・分析し、近距離無線通信(NFC)の世界市場動向、近距離無線通信(NFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別近距離無線通信(NFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グルジアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • P2X7受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるP2X7受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・P2X7受容体アンタゴニストの概要 ・P2X7受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のP2X7受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・P2X7受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・P2X7受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 母屋材及びサイドレールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、母屋材及びサイドレールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、母屋材及びサイドレールの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • レーザー距離計(LDM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レーザー距離計(LDM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー距離計(LDM)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの農薬市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの農薬市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの農薬市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟磁性粉末の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、軟磁性粉末の世界市場について調べ、軟磁性粉末の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、軟磁性粉末の市場規模をセグメンテーション別(製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他)、エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は軟磁性粉末の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・軟磁性粉末の市場状況 ・軟磁性粉末の市場規模 ・軟磁性粉末の市場予測 ・軟磁性粉末の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他) ・軟磁性粉末の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワ …
  • エンドウでん粉の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンドウでん粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(食品・飲料、飼料、ペットフード、工業用)分析、機能別(結合・増粘、ゲル化、テクスチャライジング、膜形成)分析、グレード別分析、エンドウでん粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アイウェア用3Dプリンターの世界市場予測2019-2024
    「アイウェア用3Dプリンターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平台型プリンター、ユニバーサルプリンターなど、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アイウェア用3Dプリンターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場概要(サマリー) ・アイウェア用3Dプリンターの企業別販売量・売上 ・アイウェア用3Dプリンターの企業別市場シェア ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:種類別(平台型プリンター、ユニバーサルプリンター) ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・アイウェア用3Dプリンターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アイウェア用3Dプリンターのアジア市場規模(日本、中国、韓国 …
  • Workspace-as-a-Service(WaaS)ベンダー比較
  • 天然繊維複合体の世界市場2017-2021:木質繊維、非木材繊維
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、天然繊維複合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然繊維複合体の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は天然繊維複合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、FlexForm Technologies、PolyOne、TECNARO、UPM、Weyerhaeuser Company等です。
  • アルゼンチンの外傷固定装置市場見通し
  • デンマークの股関節再建装置市場見通し
  • マネージドDNSサービスの世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、マネージドDNSサービスの世界市場について調査・分析し、マネージドDNSサービスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、システム・ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の外傷固定処置動向(~2021)
  • マイクロ電気自動車(EV)の世界市場:ゴルフカート、マイクロカー、四輪車
    当調査レポートでは、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセスオートメーション&計装の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プロセスオートメーション&計装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機器別(フィールド機器、制御バルブ、分析機器)分析、ソリューション別(APC、DCS、HMI、MES、PLC、安全オートメーション、SCADA)分析、産業別分析、プロセスオートメーション&計装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プロセスオートメーション&計装の世界市場規模が2019年714億ドルから2024年955億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • カイトボーディング用品の世界市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、地域別
    「カイトボーディング用品の世界市場2020-2024」は、カイトボーディング用品について市場概要、市場規模、製品別(カイト、アクセサリー、ボード)分析、流通チャンネル別(小売、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・カイトボーディング用品の世界市場:製品別(カイト、アクセサリー、ボード) ・カイトボーディング用品の世界市場:流通チャンネル別(小売、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 廃水処理サービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(設計およびエンジニアリングコンサルティング、構築および設置、運用およびプロセス制御、メンテナンスおよび修理)分析、エンドユーザー別(市、工業)分析、廃水処理サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、廃水処理サービスの世界市場規模が2019年485億ドルから2024年651億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。
  • 世界の射出成型プラスチック市場2015
    本調査レポートでは、世界の射出成型プラスチック市場2015について調査・分析し、射出成型プラスチックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアモルファス合金トランスフォーマ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアモルファス合金トランスフォーマ市場2016について調査・分析し、アモルファス合金トランスフォーマの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビニール盤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビニール盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビニール盤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビジネス分析の世界市場
    当調査レポートでは、ビジネス分析の世界市場について調査・分析し、ビジネス分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ビジネス分析の世界市場:市場動向分析 - ビジネス分析の世界市場:競争要因分析 - ビジネス分析の世界市場:展開種類別 ・オンサイト ・クラウド - ビジネス分析の世界市場:用途別 ・電気通信&IT ・小売 ・メディアおよび娯楽 ・製造 ・ヘルスケア ・政府 ・エネルギーおよび電力 ・教育 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・その他 - ビジネス分析の世界市場:ソフトウェア別 ・検索および変更 ・先端の予測分析 ・業績およびビッグ・データの管理 ・データの発見および視覚化用ソフトウェア ・内容分析 ・ビジネス・インテリジェンス ・企業の業績管理一式 ・その他 - ビジネス分析の世界市場:エンドユーザー別 ・中小企業(SMB) ・大企業 - ビジネス分析の世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - ビジネス分析の世界市場:主要地域別分析 - ビジネス分析の北米市場規模(アメリカ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"