"非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 5140)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growth in this market is driven by the high risk of chromosomal abnormalities with increasing maternal age.”The non-invasive prenatal testing market is projected to reach USD 7.3 billion by 2024 from USD 3.9 billion in 2019, at a CAGR of 13.5% during the forecast period. Growth in this market is driven by the high risk of chromosomal abnormalities with increasing maternal age, growing preference for non-invasive techniques over invasive methods, improving reimbursement scenario for NIPT, and increasing awareness of NIPT. However, a dearth of skilled professionals is restraining the growth of this market.

“The services segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on product and service, the NIPT market is segmented into products and services. The services segment is estimated to register the highest growth rate during the forecast period. The rising incidence of genetic disorders, increasing focus on prenatal screening, and government initiatives to provide prenatal testing services are contributing to the growth of this market.

“The diagnostic laboratories segment accounted for the largest share of the NIPT products market in 2018.”
Based on end user, the NIPT products market is classified into diagnostic laboratories and hospitals. In 2018, diagnostic laboratories formed the largest and fastest-growing end users of NIPT products. This can primarily be attributed to factors such as the implementation of initiatives by diagnostic laboratories to provide safe and effective prenatal tests and rising incidence of chromosomal abnormalities.

“Asia to witness high growth during the forecast period.”
By region, the global NIPT market is segmented into North America, Europe, Asia, and the Rest of the World (RoW). In 2018, North America accounted for the largest market share, followed by Europe. On the other hand, Asia is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The developing healthcare infrastructure, rising awareness programs & conferences, and rising focus of prominent players on expanding their presence in Asia are driving market growth in this region.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:

• By Company Type: Tier 1 (32%), Tier 2 (44%), and Tier 3 (24%)
• By Designation: C-level (30%), D-level (34%), and Others (36%)
• By Region: North America (40%), Europe (28%), Asia (20%), and RoW (12%)

List of Companies Profiled in the Report

• Illumina, Inc. (US)
• Thermo Fisher Scientific Inc. (US)
• GE Healthcare (US)
• BGI (China)
• Agilent Technologies, Inc. (US)
• F. Hoffmann-La Roche Ltd. (Switzerland)
• PerkinElmer Inc. (US)
• Laboratory Corporation of America Holdings (LabCorp) (US)
• Natera, Inc. (US)
• Yourgene Health (UK)

Research Coverage:
This report provides a picture of the global NIPT market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product & service, application, and region. The NIPT products market is segmented on the basis of method and end user. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall NIPT market and its subsegments. This report will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to better position their business and make suitable go-to-market strategies. It will also enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Non-Invasive Prenatal Testing: Market Overview
4.2 Non-Invasive Prenatal Testing Market, By Application (2019–2024)
4.3 Non-Invasive Prenatal Testing Market Share, By Method & Region (2018)
4.4 Non-Invasive Prenatal Testing Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 High Risk of Chromosomal Abnormalities With Increasing Maternal Age
5.1.1.2 Growing Preference for Noninvasive Techniques Over Invasive Methods
5.1.1.3 Improving Reimbursement Scenario for NIPT
5.1.1.4 Programs Focusing on Increasing the Awareness of NIPT
5.1.2 Opportunities
5.1.2.1 Untapped Emerging Markets
5.1.3 Challenges
5.1.3.1 Reliability of Test Results, Especially in Obese Women
5.1.3.2 Lack of Skilled Professionals
6 Non-Invasive Prenatal Testing Market, By Product & Service (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Products
6.2.1 Consumables
6.2.1.1 Assay Kits & Reagents
6.2.1.1.1 North America is the Largest Market for Assay Kits & Reagents Segments
6.2.1.2 Disposables
6.2.1.2.1 Use of Disposables to Avoid Contamination is One of the Major Growth Factors for This Segment
6.2.2 Instruments
6.2.2.1 Ultrasound Devices
6.2.2.1.1 Popularity of Ultrasound in Fetal and Embryonic Imaging and Safety has Driven Market Growth
6.2.2.2 Next-Generation Sequencing Systems
6.2.2.2.1 Ngs Systems have Found Rising Use in NIPT
6.2.2.3 Polymerase Chain Reaction Instruments
6.2.2.3.1 Increasing Research in the Field of Prenatal Genetic Testing is Expected to Boost Market Growth
6.2.2.4 Microarrays
6.2.2.4.1 Flexibility of Chips and Short Processing Times have Supported the Use of Microarrays
6.2.2.5 Other Instruments
6.3 Services
6.3.1 North America Shows the Highest Demand for Testing Services
7 Non-Invasive Prenatal Testing Products Market, By Method (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Ultrasound Detection
7.2.1 Ultrasound Detection Segment Dominates the NIPT Products Market
7.3 Biochemical Screening Tests
7.3.1 High Incidence of Genetic Disorders & Increasing Focus on Prenatal Testing to Support Market Growth
7.4 Cell-Free Dna in Maternal Plasma Tests
7.4.1 Cell-Free Dna in Maternal Plasma Tests Segment to Register the Highest CAGR in the Forecast Period
8 Non-Invasive Prenatal Testing Market, By Application (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Trisomy
8.2.1 Trisomy Forms the Largest and Fastest-Growing Application Segment of the NIPT Market
8.3 Microdeletion Syndrome
8.3.1 High Incidence of Microdeletion Syndrome is A Key Factor Driving the Growth of This Application Segment
8.4 Other Applications
9 Non-Invasive Prenatal Testing Products Market, By End User (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 Diagnostic Laboratories
9.2.1 Increase in Research Intensity to Drive the Usage of NIPT Products Among Diagnostic Labs
9.3 Hospitals
9.3.1 North America Holds the Major Share of This End-User Segment
10 Non-Invasive Prenatal Testing Market, By Region (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 High Number of Babies Born With Chromosomal Syndromes is A Major Factor Driving the Demand for Non-Invasive Prenatal Testing in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Unfavorable Reimbursement Scenario for Non-Invasive Prenatal Testing is A Key Challenge for Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 France
10.3.1.1 Favorable Insurance Coverage for Prenatal Testing to Increase the Adoption of NIPT in France
10.3.2 UK
10.3.2.1 High Incidence of Genetic Abnormalities to Increase the Demand for Prenatal Testing Procedures in the UK
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Increasing Healthcare Spending—A Major Factor Contributing to Market Growth in Germany
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia
10.4.1 High Cost of NIPT Products is A Major Factor Limiting Market Growth in Asia During the Forecast Period
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 104)
11.1 Overview
11.2 Market Player Ranking
11.3 Competitive Leadership Mapping – Product Market
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Players
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 Product & Services Launches
11.4.2 Expansions
11.4.3 Acquisitions
11.4.4 Other Strategies
12 Company Profile (Page No. – 112)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, and MnM View)*
12.1 Illumina, Inc.
12.2 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.3 GE Healthcare (A Wholly Owned Subsidiary of General Electric Company)
12.4 Perkinelmer, Inc.
12.5 Agilent Technologies, Inc.
12.6 Beijing Genomics Institute
12.7 F. Hoffman-La Roche Ltd.
12.8 Laboratory Corporation of America Holdings
12.9 Natera, Inc.
12.10 Yourgene Health
* Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 137)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 5140
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用触媒の世界市場予測2019-2024
    「自動車用触媒の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ツーウェイ、三元など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicle、Motorcycleなどに区分してまとめた調査レポートです。自動車用触媒のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動車用触媒の世界市場概要(サマリー) ・自動車用触媒の企業別販売量・売上 ・自動車用触媒の企業別市場シェア ・自動車用触媒の世界市場規模:種類別(ツーウェイ、三元) ・自動車用触媒の世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle、Motorcycle) ・自動車用触媒の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動車用触媒のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動車用触媒の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動車用触媒の中東・アフリ …
  • 鉱業向け機械的駆動装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け機械的駆動装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB • Nidec• Siemens • SKF等です。
  • ナノコンポジットの世界市場2017-2021:ポリマー・粘土、CNT・グラフェン、金属、セラミック、繊維
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ナノコンポジットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノコンポジットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノコンポジットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均23.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Arkema、BASF、Cabot、Evonik Industries等です。
  • 心室頻拍(Ventricular Tachycardia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室頻拍(Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室頻拍(Ventricular Tachycardia)治療薬剤
  • 重建設機械の世界市場予測(~2021):種類別(陸上移動、マテリアルハンドリング、重工業車両)、最終用途産業別(建設・製造業、公共事業・鉄道、鉱業)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、重建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、重建設機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スパイラル型膜の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スパイラル型膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、高分子の種類別(ポリアミド、PS・PES)分析、技術別(RO、NF、UF、MF)分析、最終用途産業別(排水浄化、食品・飲料、製薬・バイオテクノロジー、石油・ガス)分析、スパイラル型膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒトマイクロバイオームの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ヒトマイクロバイオームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、疾患別分析、用途別分析、製品別分析、技術別分析、ヒトマイクロバイオームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 学習管理システム(LMS)の世界市場2015-2022
  • ドアホンの世界市場2016-2020:音声ドアホン、ビデオドアホン
    当調査レポートでは、ドアホンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドアホンの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの遠隔教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの遠隔教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの遠隔教育市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境監視の世界市場予測(~2021):製品別(モニター(固定、ポータブル)、センサー(アナログ、デジタル)、ソフトウェア)、サンプリング方法別、用途別
    当調査レポートでは、環境監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、サンプリング方法別分析、用途別分析、地域別分析、環境監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの外傷固定装置市場見通し
  • カフリンクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カフリンクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カフリンクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乳酸市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳酸市場2015について調査・分析し、乳酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウィルスベクター製造の世界市場:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)、用途別(ワクチン、遺伝子治療)、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)、地域別予測
    本資料は、ウィルスベクター製造の世界市場について調べ、ウィルスベクター製造の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)分析、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)分析、用途別(ワクチン、遺伝子治療)分析、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウィルスベクター製造の世界市場概要 ・ウィルスベクター製造の世界市場環境 ・ウィルスベクター製造の世界市場動向 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:用途別(ワクチン、遺伝子治療) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社) ・ウィルスベクター製造の世 …
  • 商業用HVACの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商業用HVACの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用HVAC市場規模、用途別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll-Rand, Johnson Controls, Lennox International, LG Electronics, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用HVACの世界市場概要 ・商業用HVACの世界市場環境 ・商業用HVACの世界市場動向 ・商業用HVACの世界市場規模 ・商業用HVACの世界市場:業界構造分析 ・商業用HVACの世界市場:用途別(機器、サービス) ・商業用HVACの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用HVACの北米市場規模・予測 ・商業用HVACのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業用HVACのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • チェコの装具市場見通し
  • 安全靴の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、安全靴の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、安全靴の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの心臓補助装置市場見通し
  • サーフェスコンピューティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サーフェスコンピューティングの世界市場について調査・分析し、サーフェスコンピューティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サーフェスコンピューティングの世界市場:市場動向分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:競争要因分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:表面の種類別 ・フラットディスプレイ ・曲面ディスプレイ ・部品 - サーフェスコンピューティングの世界市場:使用方法別 ・直接 ・マルチユーザー,物体認識 ・マルチタッチ ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:技術別 ・抵抗 ・光学 ・容量性 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:映像別 ・二次元 ・三次元 - サーフェスコンピューティングの世界市場:ハードウェア別 ・CPU ・スクリーン ・赤外線 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:用途別 ・医療 ・教育 ・自動車 ・小売 ・金融サービス ・病院 ・娯楽 ・行政 ・その他 - サーフェスコンピューティ …
  • 携帯電話保険エコシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、携帯電話保険エコシステムの世界市場について調査・分析し、携帯電話保険エコシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別携帯電話保険エコシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、携帯電話保険エコシステム種類別分析()、携帯電話保険エコシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・携帯電話保険エコシステムの市場概観 ・携帯電話保険エコシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・携帯電話保険エコシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・携帯電話保険エコシステムの世界市場規模 ・携帯電話保険エコシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・携帯電話保険エコシステムのアメリカ市場規模推移 ・携帯電話保険エコシステムのカナダ市場規模推移 ・携帯電話保険エコシステムのメキシコ市場規模推移 ・携帯電話保険エコシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・携帯電話保険エコシステムのドイツ市場規模推移 ・携帯 …
  • 硬質プラスチック包装の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・硬質プラスチック包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・硬質プラスチック包装の世界市場:需要先別市場分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:樹脂種類別市場分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • プレキャスト工法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プレキャスト工法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、プレキャスト工法の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフ用品の世界市場:ゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフバック、ゴルフシューズ
    当調査レポートでは、ゴルフ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 放射線皮膚炎の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線皮膚炎の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線皮膚炎市場規模、流通経路別(オンライン薬局、小売薬局、病院薬局)分析、製品別(経口薬、包帯、局所用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線皮膚炎の世界市場:流通経路別(オンライン薬局、小売薬局、病院薬局) ・ 放射線皮膚炎の世界市場:製品別(経口薬、包帯、局所用) ・ 放射線皮膚炎の世界市場:主要地域別分析 ・ 放射線皮膚炎の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 放射線皮膚炎のヨーロッパ市場規模 ・ 放射線皮膚炎のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・放射線皮膚炎の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • イタリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • モバイルアプリケーションセキュリティ市場のベンダー比較分析2015
  • 産業用高圧電動機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用高圧電動機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用高圧電動機市場規模、最終用途別(石油・ガス、化学・石油化学、ユーティリティ、水・廃水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用高圧電動機の世界市場概要 ・産業用高圧電動機の世界市場環境 ・産業用高圧電動機の世界市場動向 ・産業用高圧電動機の世界市場規模 ・産業用高圧電動機の世界市場:業界構造分析 ・産業用高圧電動機の世界市場:最終用途別(石油・ガス、化学・石油化学、ユーティリティ、水・廃水処理、その他) ・産業用高圧電動機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用高圧電動機のアメリカ市場規模・予測 ・産業用高圧電動機のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用高圧電動機のアジア市場規模・予測 ・産業用高圧電動機の主要国分析 ・産業用高圧電動機の世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用高圧電動機の世界市場:成長要因、課題 ・産業用高圧電動機 …
  • オンライン個別指導の世界市場:コース別(STEM、語学、その他)、地域別予測
    本資料は、オンライン個別指導の世界市場について調べ、オンライン個別指導の世界規模、市場動向、市場環境、コース別(STEM、語学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはClub Z Tutoring、Fleet Education Services、Pearson ELT、ArborBridge、BechPrep、EF Education First、Kaplan、Knewton 、Revolution Prep.、Sylvan Learningなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンライン個別指導の世界市場概要 ・オンライン個別指導の世界市場環境 ・オンライン個別指導の世界市場動向 ・オンライン個別指導の世界市場規模 ・オンライン個別指導の世界市場規模:コース別(STEM、語学、その他) ・オンライン個別指導の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンライン個別指導の北米市場規模・予測 ・オンライン個別指導のアメリカ市場規模・予測 ・オンラ …
  • 電動自転車の世界市場2020-2024
    「電動自転車の世界市場2020-2024」は、電動自転車について市場概要、市場規模、電池別(SLA電池、リチウムイオン電池)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・電動自転車の世界市場:電池別(SLA電池、リチウムイオン電池) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)
    当調査レポートでは、精密畜産農業(PLF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、機能プロセス別(気候管理、水の使用量、飼料投与量、体重推定、動物行動)分析、ハードウェア別(カメラ、搾乳ロボット、センサー、マイク)分析、用途別分析、精密畜産農業(PLF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、精密畜産農業(PLF)の世界市場規模が2019年30億万ドルから2024年46億万ドルまで年平均9.2成長すると予測しています。
  • ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場分析:用途別(医療、パーソナルケア、工業用)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場について調査・分析し、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場動向、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエチレングリコール(PEG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ケーブルアセンブリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルアセンブリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルアセンブリ市場規模、用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他)分析、製品別(用途特化型、長方形、RF、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルアセンブリの世界市場概要 ・ケーブルアセンブリの世界市場環境 ・ケーブルアセンブリの世界市場動向 ・ケーブルアセンブリの世界市場規模 ・ケーブルアセンブリの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルアセンブリの世界市場:用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:製品別(用途特化型、長方形、RF、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルアセンブリのアメリカ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのヨーロッパ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのアジア市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリの主要国分析 ・ケーブ …
  • ナノ複合材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナノ複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(カーボンナノチューブ、ナノクレイ金属酸化物、ナノファイバー、グラフェン)、分析、樹脂タイプ別分析、用途別(包装、自動車、電気および半導体、コーティング、航空宇宙および防衛、エネルギー)分析、ナノ複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナノ複合材料の世界市場規模が2019年41億ドルから2024年85億ドルまで年平均16.0%成長すると予測しています。
  • 凝固検査の世界市場2016
  • 燃料電池の世界市場:製品別(PEMFC、PAFC、SOFC、MCFC)、用途別(固定式、輸送用、ポータブル)、セグメント予測
    燃料電池の世界市場は2025年には248億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率20.9%で成長すると予測されています。エネルギー多様化への国際的な圧力により、代替エネルギーに対する積極的な投資環境が提唱されています。本調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、燃料電池の世界市場動向、燃料電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別燃料電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アクリルエラストマーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アクリルエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(アクリルコモノマーエラストマー・ACM、エチレンアクリルエラストマー・AEM)別分析、最終用途産業(自動車、建設、工業)別分析、アクリルエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の血液透析チェア市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液透析チェア市場2016について調査・分析し、血液透析チェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水酸化マグネシウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水酸化マグネシウム市場2015について調査・分析し、水酸化マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場について調査・分析し、自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:市場動向分析 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:競争要因分析 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:構成要素別 ・タッチレスシステム ・タッチベースのシステム - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:認証の種類別 ・顔認識 ・手/指紋/脚認証 ・視覚/虹彩認識 ・その他 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:用途別 ・照明システム ・マルチメディア/ナビゲーション/インフォテインメント ・その他 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ジェスチャー認識システム(AGRS)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ジェスチャー認識シス …
  • 鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の概要 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 世界のスクリュージェットパイル市場2019
    本調査レポートでは、世界のスクリュージェットパイル市場2019について調査・分析し、スクリュージェットパイルの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、スクリュージェットパイルのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、スクリュージェットパイルメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・スクリュージェットパイルの市場概要 ・スクリュージェットパイルの上流・下流市場分析 ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スクリュージェットパイルのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スクリュージェットパイルの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • トラッククレーンの世界市場2018-2022
    急速な技術の進歩に伴い、カスタマーからの進化し続ける操作上の要件を満たすため、トラッククレーンメーカーはテレマティクスやソフトウェアシステムといった最新技術を組み込んでいます。メーカーによるこのような技術の採用が増えたことで、トラッククレーンの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Liebherr、Manitowoc、Sumitomo Heavy Industries、Tadano、Terexなどです。 当調査レポートでは、トラッククレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラッククレーン市場規模、エンドユーザー別(建設、工業、公共事業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラッククレーンの世界市場概要 ・トラッククレーンの世界市場環境 ・トラッククレーンの世界市場動向 ・トラッククレーンの世界市場規模 ・トラッククレーンの世界市場:業界構造分析 ・トラ …
  • 世界の電気式フォークリフト市場2016
    本調査レポートでは、世界の電気式フォークリフト市場2016について調査・分析し、電気式フォークリフトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サンドコントロールシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サンドコントロールシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サンドコントロールシステム市場規模、坑井タイプ別(ケーシング坑井、オープンホール坑井)分析、技術別(フラックパック法、グラベルパック法、流入制御デバイス法、サンドスクリーン法、スロットライナー法、その他)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:市場動向分析 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:競争要因分析 ・ サンドコントロールシステムの世界市場:坑井タイプ別(ケーシング坑井、オープンホール坑井) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:技術別(フラックパック法、グラベルパック法、流入制御デバイス法、サンドスクリーン法、スロットライナー法、その他) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:用途別(オフショア、オンショア) ・ サンドコントロールシステムの世界市場:主要地 …
  • 世界のランニング・アパレル市場2015
    本調査レポートでは、世界のランニング・アパレル市場2015について調査・分析し、ランニング・アパレルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用コーヒーグラインダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用コーヒーグラインダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用コーヒーグラインダー市場規模、製品別(ローラー型、バー型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場概要 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場環境 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場動向 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場規模 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:業界構造分析 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:製品別(ローラー型、バー型) ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用コーヒーグラインダーのアメリカ市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーのヨーロッパ市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーのアジア市場規模・予測 ・工業用コーヒーグラインダーの主要国分析 ・工業用コーヒーグラインダーの世界市場:意思決定フレームワーク ・工業用コーヒーグライン …
  • セリの世界市場2018-2022
    セリは、地上近くをはって伸びるほふく茎と長い糸のような白い根を持つ多年草です。セリの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率2.99%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Emorsgate Seeds、Magic Garden Seeds、Kitazawa Seed Company、Mr. Fothergill's Seeds、Water Gardening Directなどです。 当調査レポートでは、セリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セリ市場規模、製品別(苗、種子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セリの世界市場概要 ・セリの世界市場環境 ・セリの世界市場動向 ・セリの世界市場規模 ・セリの世界市場:業界構造分析 ・セリの世界市場:製品別(苗、種子) ・セリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セリの北米市場規模・予測 ・セリのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セリのアジア太平洋市場 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"