"自動テストの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 6163)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動テストの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The automation testing market is expected to grow at a CAGR of 18% during the forecast period due to the Need to provide seamless end-user experience with reduced time-to-market The global automation testing market size is expected to grow from USD 12.6 billion in 2019 to USD 28.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 18.0% during the forecast period. Automated testing involves different types of testing, such as static and dynamic, used to automate testing scripts by running those scripts frequently. Wherein, static testing is used to examine the output or other project artifacts without executing it, and dynamic testing is used to examine codes through its execution. The dynamic testing further comprises functional and non-functional testing.

The web segment expected to hold a higher significant market share
Companies across verticals are increasingly relying on web applications, thereby increasing the dependency on the web to make their customers happier and increase their sales revenue and profit. Web applications undergo constant changes to meet evolving market demands and customer expectations. Automated regression suites ensure quality across web versions while keeping the costs at an acceptable level and reducing the release cycle times, thereby helping companies remain competitive in their businesses. Automation testing of web applications involves testing of front-end or user interface of web applications running in a web browser. Moreover, automation testing includes automating manual testing tasks, which are mostly time-consuming and error-prone. This type of testing is more accurate, efficient, reliable, and cost-effective as compared to manual testing.

The Banking, Financial Services and Insurance (BFSI) vertical segment expected to hold a higher significant market share
Over the years, the BFSI vertical is going through a tremendous change in their modes of operation due to digitalization. The digital transformation efforts in the vertical are focused mainly on improvising customer experience, which can be catered further through automation of QA and testing. Several organizations are experimenting with analytics, AI, and ML to optimize the automation of QA and test activities. This is evident from the fact that a US-based BFSI organization is using AI dashboard, which is helping agile teams work better, by providing easy project visibility to the stakeholders.

Furthermore, the increase in the demand for software development across interfaces and platforms is expected to drive the growth of the automation testing market in the BFSI vertical. Moreover, technological advancements, such as Robotic Process Automation (RPA), AI, and ML, and their use in the software testing space to drive the demand for automation testing skills in project teams. However, mid-tier and smaller financial service organizations are finding it hard to adopt it and hire the skills necessary to include agile methodologies in their projects.

North America expected to have the largest market size during the forecast period
North America is the most mature market in terms of automation testing adoption. North America is likely to account for a substantial share of the global automation testing market during the forecast period. The market growth in this region is driven primarily by the presence of large IT companies/users and rapid technological advancements, such as digitalization in the US and Canada. The presence of key players in automation testing market in the region is expected to be a significant factor driving the market growth in North America. Key players, such as IBM, CA Technologies, Microsoft, SmartBear Software, Parasoft, Cigniti Technologies, and Eggplant with several startups in the region, are offering enhanced automation testing solutions, to cater to the needs of customers.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level – 35%, Director Level – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, RoW – 5%
The major automation testing vendors include IBM (US), CA Technologies (US), Micro Focus (UK), Capgemini (France), Microsoft (US), Tricentis (Austria), SmartBear Software (US), Parasoft (US), Cigniti Technologies (US), Ranorex (Austria), Eggplant (US), Sauce Labs (US), Applitools (US), AFour Technologies (India), Invensis Technologies (India), Keysight (CA), QA Mentor (US), Testim (US), Codoid (India), Mobisoft Infotech (US), Infostretch (US), ThinkSys (US), Astegic (US), Cygnet Infotech (India), QualityKiosk Technologies (India), QAsource (US), froglogic (Germany) and Worksoft (US).

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the automation testing market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the automation testing market by component (testing types (static and dynamic testing) and services), endpoint interface (mobile, web, desktop and embedded software) organization size, vertical, and region

Key Benefits of Buying the Report:
The automation testing market has been segmented based on component (testing types (static and dynamic testing) and services), endpoint interface (mobile, web, desktop and embedded software) organization size, vertical, and region.
The report will help the market leaders/new entrants in the automation testing market in the following ways:
1. The overall automation testing market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering automation testing solutions and services. Wherein services are inclusive of consulting and implementation, and support and maintenance services. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, namely, North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動テストの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Automation Testing Market
4.2 Market By Testing Type, 2019
4.3 Market By Endpoint Interface, 2019–2024
4.4 Market Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.5 Market By Organization Size, 2019
4.6 Market Investment Scenario
5 Automation Testing Market Overview and Industry Trends (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need to Provide Seamless End-User Experience With Reduced Time-To-Market
5.2.1.2 Demand for AI and ML in Quality Assurance and Testing Among Enterprises
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Implementation Cost and Prevailing Manual Testing in the Automation Testing Market
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Continuous Development in the It Sector
5.2.3.2 Increase in Consumption of Mobile-Based Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Professionals
5.3 Industry Trends
5.3.1 Artificial Intelligence and Machine Learning
5.3.2 Continuous Testing
6 Automation Testing Market By Component (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Testing Types
6.2.1 Adoption of Automated Testing to Reduce the Cycle Time By Decreasing Product and Integration Test Time Driving the Growth of the Testing Types Segment
6.3 Services
6.3.1 Need to Increase Software Testing Speed, Cut Manual Costs, and Maintain Product Quality Driving the Growth of the Services Segment
7 Automation Testing Market By Testing Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Static Testing
7.2.1 Growing Demand for Left Shift Testing Across the Globe to Drive the Growth of the Static Testing Segment
7.3 Dynamic Testing
7.3.1 Growing Requirement for Automation in Functional and Non-Functional Testing Types to Drive the Growth of the Dynamic Testing Segment
8 Automation Testing Market By Dynamic Testing (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Functional Testing
8.2.1 Adoption of Automated Testing to Achieve Productivity Improvement By Simplifying Testing Fueling the Growth of the Functional Testing Segment
8.3 Non-Functional Testing
8.3.1 Growing Demand for Quality Software Testing to Drive the Growth of the Non-Functional Testing Segment
8.3.2 API Testing
8.3.2.1 Need to Accelerate the Testing Process, Enhance Productivity and Agility, and Reduce Testing and Maintenance Cost Driving the Growth of the API Testing Segment
8.3.3 Security Testing
8.3.3.1 Growing Demand for Quality of Security Measures, Such as Policies, Standards, Guidelines, Procedures, Monitoring, and Escalation Processes to Drive the Growth of the Security Testing Segment
8.3.4 Performance Testing
8.3.4.1 Need for Improved Application Quality in Terms of Transaction Responsiveness, Speed, Scalability, and Stability Under a Variety of Load Conditions to Drive the Growth of the Performance Testing Segment
8.3.5 Compatibility Testing
8.3.5.1 Growing Demand for Automated Testing Compatible Across Interfaces and Platforms to Fuel the Growth of the Compatibility Testing Segment
8.3.6 Compliance Testing
8.3.6.1 Need to Provide Visibility Into Audit Results and Help Testing Teams Identify Systems That Deviate From Compliance Policy Driving the Growth of the Compliance Testing Segment
8.3.7 Usability Testing
8.3.7.1 Increasing Demand for Better User Convenience While Using an Application’s Interface to Fuel the Growth of the Usability Testing Segment
9 Automation Testing Market By Service (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Advisory and Consulting
9.2.1 Need to Improve Customer Experience, Lower Total Cost of Ownership, and Reduce Client Complaints Driving the Demand for Advisory and Consulting Services
9.3 Planning and Development
9.3.1 Need to Control the Risks Associated With Test Failures Driving the Demand for Planning and Development Services
9.4 Support and Maintenance
9.4.1 Growing Need to Provide Rapid Resolution of Incidents and Consistent Service Levels Driving the Demand for Support and Maintenance Services
9.5 Documentation and Training
9.5.1 Need to Provide an Objective Assessment of a Software Product’s Quality in the Current as Well as Updated Versions Driving the Demand for Documentation and Training Services
9.6 Implementation
9.6.1 Need to Derive Tangible Benefit From Test Automation to Drive the Demand for Implementation Services
9.7 Managed
9.7.1 Growing Need to Reduce Infrastructure Complexity and Operational Cost Driving the Demand for Managed Services
9.8 Others
10 Automation Testing Market By Endpoint Interface (Page No. – 75)
10.1 Introduction
10.2 Mobile
10.2.1 Need to Test Increasing Mobile Software Applications Developed Across Operating Systems Driving the Growth of the Mobile Segment
10.3 Web
10.3.1 Need to Meet the Evolving Market Demands and Customer Expectations Across Web Applications Driving the Growth of the Web Segment
10.4 Desktop
10.4.1 Need to Test the Desktop Applications in Multiple Environments With Different System Configurations Driving the Growth of the Desktop Segment
10.5 Embedded Software
10.5.1 Need to Ensure the Quality of Concerned Embedded Software Driving the Growth of the Embedded Software Segment
11 Automation Testing Market By Organization Size (Page No. – 81)
11.1 Introduction
11.2 Small and Medium-Sized Enterprises
11.2.1 Demand for Seamless Business Operability, Increased Productivity, and Dynamic Business Processes to Drive the Adoption of Automation Testing Among Small and Medium-Sized Enterprises
11.3 Large Enterprises
11.3.1 Need to Certify the Smooth Functioning of the Business Operations and Enhance Customer Satisfaction Driving the Adoption of Automation Testing Among Large Enterprises
12 Automation Testing Market By Vertical (Page No. – 86)
12.1 Introduction
12.2 Banking, Financial Services, and Insurance
12.2.1 Increased Demand for Software Development Across Interfaces and Platforms to Drive the Adoption of Automation Testing in the BFSI Vertical
12.3 Automotive
12.3.1 Need to Test Increasing Software Applications for Automobiles to Drive the Adoption of Automation Testing in the Automotive Vertical
12.4 Defense and Aerospace
12.4.1 Need to Automate Testing Process to Transform the Traditional Processes and Systems Driving the Adoption of Automation Testing in the Defense and Aerospace Vertical
12.5 Healthcare and Life Sciences
12.5.1 Need to Enhance the Performance of Healthcare Applications Driving the Adoption of Automation Testing in the Healthcare and Life Sciences Vertical
12.6 Retail
12.6.1 Increasing Need of Cloud Computing Models for Both Running Application and Testing Function to Drive the Adoption of Automation Testing in the Retail Vertical
12.7 Telecom and IT
12.7.1 Need to Improve System Efficiency and Cost Reduction With Scriptless Automation and Automated Frameworks Driving the Adoption of Automation Testing in the Telecom and IT Vertical
12.8 Manufacturing
12.8.1 Need to Perform Non-Signaling Tests on Connected Devices and Support Cellular and Non-Cellular Standards Driving the Adoption of Automation Testing in the Manufacturing Vertical
12.9 Logistics and Transportation
12.9.1 Need to Detect and Mitigate Threats and Vulnerabilities in Applications By Ensuring the Proper Assessment of Compliances Driving the Adoption of Automation Testing in the Logistics and Transportation Vertical
12.10 Energy and Utilities
12.10.1 Increasing Demand for Digital Transformation to Drive the Adoption of Automation Testing in the Energy and Utilities Vertical
12.11 Media and Entertainment
12.11.1 Need for Speed and Flexibility to Automate Applications Driving the Adoption of Automation Testing in the Media and Entertainment Vertical
12.12 Others
13 Automation Testing, By Region (Page No. – 100)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 United States
13.2.1.1 Advanced IT Infrastructure and the Presence of Multiple Players to Contribute to the Growth of Automation Testing Market in the US
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Increasing Adoption of New Technologies to Drive the Growth of Market in Canada
13.3 Europe
13.3.1 United Kingdom
13.3.1.1 AI and ML Based Automation Testing Tools to Increase the Demand for Automation Testing Applications in the UK
13.3.2 Germany
13.3.2.1 Existing Ecosystem to Increase the Need for Automation Testing Applications in German Organizations
13.3.3 France
13.3.3.1 Growing Adoption of Automation Testing Applications to Improve the Time-To-Market and Reduce the Overall Software Development Cost in France
13.3.4 Rest of Europe
13.4 Asia Pacific
13.4.1 Australia and New Zealand
13.4.1.1 Presence of Local and International Players to Contribute to the Growth of Automation Testing Market in ANZ
13.4.2 Japan
13.4.2.1 Growing Adoption of Industry 4.0 to Spur the Demand for Automation Testing Applications in Japan
13.4.3 China
13.4.3.1 Already Existing Economy to Enhance the Growth of Automation Testing Market in China
13.4.4 Rest of Asia Pacific
13.5 Middle East and Africa
13.5.1 Middle East
13.5.1.1 Digitalization of Core Business Functions to Drive the Growth of Automation Testing Market in the Middle East
13.5.2 Africa
13.5.2.1 Cloud-Based Solution to Boost the Overall Growth of the Market in Africa
13.6 Latin America
13.6.1 Brazil
13.6.1.1 Increasing Cloud Adoption to Boost the Growth of Market in Brazil
13.6.2 Mexico
13.6.2.1 Investment From Multinational Companies to Boost the Growth of Market in Mexico
13.6.3 Rest of Latin America
14 Competitive Landscape (Page No. – 133)
14.1 Introduction
14.2 Competitive Leadership Mapping
14.2.1 Visionary Leaders
14.2.2 Dynamic Differentiators
14.2.3 Innovators
14.2.4 Emerging Companies
14.3 Competitive Scenario
14.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
14.3.2 Partnerships and Collaborations
14.3.3 Mergers and Acquisitions
15 Company Profiles (Page No. – 140)
(Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
15.1 IBM
15.2 CA Technologies
15.3 Micro Focus
15.4 Capgemini
15.5 Microsoft
15.6 Tricentis
15.7 SmartBear Software
15.8 Parasoft
15.9 Cigniti Technologies
15.10 Ranorex
15.11 Eggplant
15.12 Keysight Technologies
15.13 Sauce Labs
15.14 Applitools
15.15 AFour Technologies
15.16 Invensis Technologies
15.17 QA Mentor
15.18 Testim
15.19 Codoid
15.20 Mobisoft Infotech
15.21 Infostretch
15.22 ThinkSys
15.23 Astegic
15.24 Cygnet Infotech
15.25 QualityKiosk Technologies
15.26 QAsource
15.27 Froglogic
15.28 Worksoft
*Details on Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 192)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizationss
16.4 Related Reports
16.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動テストの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 6163
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動テストの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • イノベーション管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、イノベーション管理の世界市場について調査・分析し、イノベーション管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - イノベーション管理の世界市場:市場動向分析 - イノベーション管理の世界市場:競争要因分析 - イノベーション管理の世界市場:エンドユーザー別 健康管理及び製薬化学 自動車及び製造工場 輸送及び流通 宇宙航空学及び防衛 一般部門及び教育 小売及び消費財 情報技術、銀広報及び通信技術 銀行、金融機関及び保険 その他のエンドユーザー - イノベーション管理の世界市場:種類別 サービス ソフトウェア - イノベーション管理の世界市場:団体規模別 大規模企業 中小企業(SMES) - イノベーション管理の世界市場:用途別 市場開発、デザイン及びアイディア基盤 製品調査及び開発基盤 情報収集及び予測基盤 人事及び契約雇用基盤 - イノベーション管理の世界市場:展開層別 クラウド 自社運用/専用運用 - イノベーション管理の世界市場:主要地域別分析 - イノベーション管理の北米市場規模(ア …
  • ポリウレタンシーラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリウレタンシーラントの世界市場について調査・分析し、ポリウレタンシーラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリウレタンシーラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリウレタンシーラント種類別分析(単一成分、複数成分)、ポリウレタンシーラント用途別分析(建築、自動車、機械、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリウレタンシーラントの市場概観 ・ポリウレタンシーラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリウレタンシーラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリウレタンシーラントの世界市場規模 ・ポリウレタンシーラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリウレタンシーラントのアメリカ市場規模推移 ・ポリウレタンシーラントのカナダ市場規模推移 ・ポリウレタンシーラントのメキシコ市場規模推移 ・ポリウレタンシーラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポリウレタンシーラントのドイツ市場規 …
  • ピレスロイドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ピレスロイドの世界市場について調査・分析し、ピレスロイドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ピレスロイドの世界市場:市場動向分析 - ピレスロイドの世界市場:競争要因分析 - ピレスロイドの世界市場:穀種別 果物及び野菜 穀類 脂肪種子及び豆類 その他の穀種 - ピレスロイドの世界市場:有効成分別 パルメチン サイパーメスリン ビフェンスリン ラムダシハロスリン シフルスリン デルタメトリン その他のピレスロイド - ピレスロイドの世界市場:用途別 穀物外基盤 穀物基盤 - ピレスロイドの世界市場:主要地域別分析 - ピレスロイドの北米市場規模(アメリカ市場等) - ピレスロイドのヨーロッパ市場規模 - ピレスロイドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ピレスロイドの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場分析:製品別(セキュリティシステム、生命安全システム、施設管理システム、建築エネルギー管理システム)、用途別(住宅、商業、および産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場について調査・分析し、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場動向、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別インテリジェントビルディング自動化技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動グレージング市場規模・予測2017-2025:、商品別(ポリカーボネート、強化ガラス・ラミネートグラス)、用途別(サイドライト、フロントガラス・リアガラス、サンルーフ)、エンドユーズ別(LCV、HCV、乗用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動グレージング市場について調査・分析し、世界の自動グレージング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動グレージング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ニトロセルローズの世界市場2017-2021:印刷用インク、自動車塗料、木材塗料、皮革処理、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ニトロセルローズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニトロセルローズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はニトロセルローズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DowDuPont、Manuco、Nitro Química、Synthesia、Tembec等です。
  • エアゾール冷媒の世界市場2014-2025:製品別(スチール、アルミ)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、エアゾール冷媒の世界市場について調査・分析し、エアゾール冷媒の世界市場動向、エアゾール冷媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別エアゾール冷媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイヤレスピックトゥライトの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、ワイヤレスピックトゥライトの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスピックトゥライトのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(自動ガイド、手動)、用途別販売分析(アセンブリ・製造、小売・eコマース、食品・飲料、製薬・化粧品、その他)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、ワイヤレスピックトゥライト産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ワイヤレスピックトゥライト市場概要 ・ワイヤレスピックトゥライトのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ワイヤレスピックトゥライトの世界市場:種類別販売量(自動ガイド、手動) ・ワイヤレスピックトゥライトの世界市場:用途別販売量(アセンブリ・製造、小売・eコマース、食品・飲料、製薬・化粧品、その他) ・ワイヤレスピックトゥライトの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ワイヤレスピックトゥライトの米国市場規模 ・ワイヤレスピックトゥライトの中国市場規模 ・ワイヤレスピックトゥライトの欧州市場規模 ・ワイヤレスピックトゥライトの日本市場規模 ・ワ …
  • 試験・検査・認証(TIC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス種類別分析、ソーシングタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用インスツルメントクラスタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用インスツルメントクラスタの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用インスツルメントクラスタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Continental、Bosch、Stoneridge、Delphi Automotive等です。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の股関節再建市場動向(~2021)
  • ストラドルキャリアの世界市場
    当調査レポートでは、ストラドルキャリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストラドルキャリアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車燃料供給システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車燃料供給システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車燃料供給システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車燃料供給システムの世界市場概要 ・自動車燃料供給システムの世界市場環境 ・自動車燃料供給システムの世界市場動向 ・自動車燃料供給システムの世界市場規模 ・自動車燃料供給システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車燃料供給システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車燃料供給システムの北米市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムの主要国分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車燃料供給システムの世界市場:成長要因、課題 ・自動車燃料供給システ …
  • 半導体レーザー治療の世界市場:美容、手術、眼科、歯科用途
    当調査レポートでは、半導体レーザー治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体レーザー治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心内膜炎(Endocarditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心内膜炎(Endocarditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心内膜炎(Endocarditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心内膜炎(Endocarditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・心内膜炎(Endocarditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・心内膜炎(Endocarditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心内膜炎(Endocarditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心内膜炎(Endocarditis)治療薬剤
  • ハーブ化粧品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ハーブ化粧品の世界市場について調べ、ハーブ化粧品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ハーブ化粧品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(スキンケア、ヘアケア、ボディーケア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はハーブ化粧品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ハーブ化粧品の市場状況 ・ハーブ化粧品の市場規模 ・ハーブ化粧品の市場予測 ・ハーブ化粧品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(スキンケア、ヘアケア、ボディーケア) ・ハーブ化粧品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 一般管理業務アウトソーシング(GAO)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、一般管理業務アウトソーシング(GAO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一般管理業務アウトソーシング(GAO)の世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 搾乳ロボットの世界市場:システムタイプ別(シングルストール、マルチストール、ロータリーシステム)、飼育規模別(100頭未満、100-1,000頭、1,000頭超)、セグメント予測
    本調査レポートでは、搾乳ロボットの世界市場について調査・分析し、搾乳ロボットの世界市場動向、搾乳ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別搾乳ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のアンモニア生産能力および投資動向
  • オーストラリアの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 重工業向けロボットの世界市場:マテリアルハンドリングロボット、組み立てラインロボット、溶接ロボット
    当調査レポートでは、重工業向けロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重工業向けロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 泡消火剤の世界市場:水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他
    当調査レポートでは、泡消火剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泡消火剤市場規模、製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Angus International Safety Group, DIC CORPORATION, Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer, Johnson Controls, The Solberg Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泡消火剤の世界市場概要 ・泡消火剤の世界市場環境 ・泡消火剤の世界市場動向 ・泡消火剤の世界市場規模 ・泡消火剤の世界市場:業界構造分析 ・泡消火剤の世界市場:製品別(水性皮膜形成泡、耐アルコール水性皮膜形成泡、たん白泡薬剤、合成界面活性剤泡、その他) ・泡消火剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泡消火剤の北米市 …
  • プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場について調査・分析し、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:市場動向分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:競争要因分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:用途別 ・包装用 ・非包装用 ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:製品の種類別 ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリエステル(PES) ・ポリアミド(PA) ・低密度ポリエチレン(LDPE) ・リニアポリエチレン(LLDPE) ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・無軸延伸ポリプロピレン(CPP) ・二軸配向ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・二軸配向ポリエチレン(BOPP) ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:主要地域別分析 - プラスチックフィルムとプ …
  • 車内エンターテインメントの世界市場
    当調査レポートでは、車内エンターテインメントの世界市場について調査・分析し、車内エンターテインメントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 車内エンターテインメントの世界市場:市場動向分析 - 車内エンターテインメントの世界市場:競争要因分析 - 車内エンターテインメントの世界市場:技術別 ・ソフトウェア ・ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI) - 車内エンターテインメントの世界市場:流通ルートの種類別 ・アフターマーケット ・相手先商標製造会社(OEM) - 車内エンターテインメントの世界市場:製品別 ・オーディオプレーヤー ・ナビゲーション装置 ・付属品 ・後部座席用エンターテイメント ・スピーカー ・ビデオ表示画面 ・USB ・その他 - 車内エンターテインメントの世界市場:接続別 ・Wi-Fi ・Bluetooth ・近距離無線通信 ・4G ・3G ・2G - 車内エンターテインメントの世界市場:サービス別 ・無線 ・インターネット ・ナビゲーション - 車内エンターテインメントの世界 …
  • ハンガリーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • バス用エアサス装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用エアサス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス用エアサス装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場見通し2016-2026
    当調査レポートでは、廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場について調査・分析し、廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. 廃棄物エネルギー回収市場の概要 3. 廃棄物エネルギー回収の世界市場 2016-2026 4. 欧州の廃棄物エネルギー回収市場 2016-2026 5. アジア太平洋の廃棄物エネルギー回収市場 2016-2026 6. 北米の廃棄物エネルギー回収市場 7. その他地域の廃棄物エネルギー回収市場予測 2016-2026 8. 廃棄物エネルギー回収市場のPEST分析 2016-2026 9. 専門家の意見 10. 廃棄物エネルギー回収市場における主要企業 11. 結論 12. 用語集
  • 避雷システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、避雷システムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • モジュラーデータセンタの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モジュラーデータセンタの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モジュラーデータセンタの世界市場:イントロダクション ・モジュラーデータセンタの世界市場:市場概観 ・モジュラーデータセンタの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モジュラーデータセンタの世界市場:セグメント別市場分析 ・モジュラーデータセンタの世界市場:機能モジュールソリューション別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:導入規模別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:分野別分析/市場規模 ・モジュラーデータセンタの世界市場:主要地域別市場分析 ・モジュラーデータセンタの世界市場:関連企業分析
  • モルト成分の世界市場
    当調査レポートでは、モルト成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モルト成分の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗アクネ化粧品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抗アクネ化粧品の世界市場について調査・分析し、抗アクネ化粧品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抗アクネ化粧品シェア、市場規模推移、市場規模予測、抗アクネ化粧品種類別分析(女性用、男性用)、抗アクネ化粧品用途別分析(エステサロン、自宅用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抗アクネ化粧品の市場概観 ・抗アクネ化粧品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抗アクネ化粧品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抗アクネ化粧品の世界市場規模 ・抗アクネ化粧品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抗アクネ化粧品のアメリカ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のカナダ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のメキシコ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抗アクネ化粧品のドイツ市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のイギリス市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のロシア市場規模推移 ・抗アクネ化粧品のアジア市場分析(日 …
  • バイオシミラー・モノクローナル抗体の世界市場:インフリキシマブ、リツキシマブ、トラスツズマブ、アダリムマブ、ベバシズマブ、アブシキシマブ
  • PPSUの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PPSUの世界市場について調査・分析し、PPSUの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PPSUシェア、市場規模推移、市場規模予測、PPSU種類別分析()、PPSU用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PPSUの市場概観 ・PPSUのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PPSUのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PPSUの世界市場規模 ・PPSUの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PPSUのアメリカ市場規模推移 ・PPSUのカナダ市場規模推移 ・PPSUのメキシコ市場規模推移 ・PPSUのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PPSUのドイツ市場規模推移 ・PPSUのイギリス市場規模推移 ・PPSUのロシア市場規模推移 ・PPSUのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・PPSUの日本市場規模推移 ・PPSUの中国市場規模推移 ・PPSUの韓国市場規模推移 ・PPSUのインド市 …
  • チェコの心臓律動管理装置市場見通し
  • ビデオ分析ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ビデオ分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者介護器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、患者介護器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、患者介護器具市場規模、製品別(患者移乗・移動、移動器具、昇降装置、風呂安全装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・患者介護器具の世界市場概要 ・患者介護器具の世界市場環境 ・患者介護器具の世界市場動向 ・患者介護器具の世界市場規模 ・患者介護器具の世界市場:業界構造分析 ・患者介護器具の世界市場:製品別(患者移乗・移動、移動器具、昇降装置、風呂安全装置) ・患者介護器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・患者介護器具のアメリカ市場規模・予測 ・患者介護器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・患者介護器具のアジア市場規模・予測 ・患者介護器具の主要国分析 ・患者介護器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・患者介護器具の世界市場:成長要因、課題 ・患者介護器具の世界市場:競争環境 ・患者介護器具の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • インターベンション心臓病学の世界市場2017-2021:冠動脈ステント、PTCAバルーンカテーテル、インターベンションガイドワイヤ、インターベンション心臓画像システム、左心耳(LAA)閉鎖装置、アテレクトミー装置
    当調査レポートでは、インターベンション心臓病学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターベンション心臓病学の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 沈降シリカの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、沈降シリカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、沈降シリカの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエプロンラック市場2016
    本調査レポートでは、世界のエプロンラック市場2016について調査・分析し、エプロンラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジャガイモ加工の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ジャガイモ加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ジャガイモ加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・サラダドレッシングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・サラダドレッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・サラダドレッシングの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用医療機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、整形外科用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の防火戸市場2016
    本調査レポートでは、世界の防火戸市場2016について調査・分析し、防火戸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プログラマブル輸液ポンプの世界市場:流通経路別、製品別、地域別
    本レポートは、プログラマブル輸液ポンプの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・プログラマブル輸液ポンプの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 音楽ストリーミングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音楽ストリーミングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽ストリーミングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は音楽ストリーミングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apple, • Deezer, • Google,• iHeartMedia, • Pandora Media, • Spotify等です。
  • ソリッドステートドライブの世界市場
    当調査レポートでは、ソリッドステートドライブの世界市場について調査・分析し、ソリッドステートドライブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ユビキチン結合酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるユビキチン結合酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ユビキチン結合酵素阻害剤の概要 ・ユビキチン結合酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のユビキチン結合酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ユビキチン結合酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ユビキチン結合酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)のフェーズ3治験薬の状況 ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬の市場規模(販売予測) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尋常性魚鱗癬(Ichthyosis Vulgaris)治療薬剤
  • 平面状ガラスの世界市場予測(~2022年):フロートガラス、圧延ガラス、板ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、平面状ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、平面状ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"