"クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 5710)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Critical communication market to grow at CAGR of 7.4% from 2019 to 2024.”The critical communication market is expected to grow from USD 13.9 billion in 2019 to USD 19.8 billion by 2024, at a CAGR of 7.4%. Advanced features of critical communication network, high demand for critical communication solutions from diverse industries such as public safety, transportation, and medical, and increasing need to modernize old equipment are the major driving factors for the market growth during the forecast period. However, budget constraints toward procurement and interoperability issues are likely to hinder the growth of the critical communication market in the future.

“LMR technology to hold the largest market share during the forecast period.”
Land mobile radios (LMRs) is a wireless communication system intended for use by terrestrial users in vehicles or on foot. These systems are used widely by first responders such as police, ambulance, and fire services. Analog systems make good use of bandwidth and are user-friendly. These devices can be operated easily, even by firefighters wearing gloves.
Earlier, analog LMR systems used amplitude modulation (AM) signals, which worked like AM radio stations. For several decades, analog LMRs have used standard frequency modulation (FM) as they are less susceptible to noise interference. These are some of the factors fueling the growth of the critical communication market for LMR technology during the forecast period.

“Transportation to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The transportation vertical comprises buses, trams, metros, railways, and airplanes, among others. Communication plays a vital role in a transportation system, especially in air transport, where information about the arrival and departure of flights is conveyed and interoperated by the security personnel. Modern transport facilities, such as highway, public transportation, and port & airport facilities, have provided increased travel opportunities and greater choices to travelers. Similarly, critical communication is used in road transport for maintaining coordination and safety. In the transportation sector, TETRA-based critical communication network is deployed widely because of its proven reliability.

“Hardware offering to hold the largest market share during the forecast period.”
Hardware offerings are the backbone of any critical communications network system. A few of the vital components forming a critical communications system are command & control systems, infrastructure equipment, and end-user devices. Infrastructure equipment is the most important constituent of a critical communications network. Thus, the hardware segment is expected to hold a larger share of the critical communication market because of the rising demand from the ongoing as well as new deployment of critical communication networks primarily in North America, APAC, and Europe.

“APAC to record the highest growth rate during the forecast period.”
APAC is a potential market for critical communication systems because of the strong government focus on establishing robust communication infrastructure. Governments are implementing critical communication solutions such as networks, surveillance & biometric authentication systems, and other screening & scanning systems for emergency and disaster management.
India is among the fastest-growing nations in the world in terms of technology; therefore, installing critical communication networks in the country is a necessity to serve its ever-growing population. Moreover, to combat the ever-growing incidents of terrorism and natural disasters, countries in APAC are increasing their spending on the adoption of security solutions. In recent years, APAC has witnessed tremendous economic growth, political transformation, and social change; this is expected to increase the demand for critical communication in this region. Countries such as China, India, Australia, Singapore, and Malaysia are expected to witness tremendous growth in the critical communication market.

In the process of determining and verifying the market sizes for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with people holding key positions across several regions. The breakup of the profiles of primary participants has been given below:

• By Company Type: Tier 1 = 30%, Tier 2 = 25%, and Tier 3 = 45%
• By Designation: C-Level Executives = 35%, Directors = 45%, and Others = 20%
• By Region: North America = 45%, Europe = 15%, APAC = 35%, and RoW = 5%
Key players in the market include Motorola Solutions (US), Ericsson (Sweden), Nokia (Finland), Huawei (China), AT&T (US), Hariss (US), ZTE (China), Cobham Wireless (UK), Inmarsat (UK), Hytera (China), JVCKENWOOD Corporation (Japan), Mentura Group (Finland), Tait Communications (New Zealand), Telestra (Australia), Ascom (Switzerland), Zenitel (Belgium), Leonardo (Italy), Secure Land Communications (France), and Simoco Wireless Solutions (UK).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the critical communication market based on offering, technology, end-use vertical, and geography. It provides detailed information regarding the major factors influencing the growth of the critical communication market (drivers, restraints, opportunities, and challenges). It also analyzes the competitive developments—such as joint ventures, collaborations, agreements, contracts, partnerships, mergers and acquisitions, and product launches—carried out by key players to grow in the market.

Reasons to Buy the Report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast pertaining to the critical communication market based on offering, technology, end-use vertical, and geography have been conducted to provide an overall view of the critical communication market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the critical communication market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape of the key players in the market and their ranking.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach to Capture Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach to Capture Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Overall Critical Communication Market
4.2 Market, By Technology
4.3 Market, By Vertical
4.4 Market in APAC, By Vertical and Country
4.5 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Demand for Critical Communication Solutions From Diverse Industries Such as Public Safety, Transportation, and Medical
5.2.1.2 Advanced Features of Critical Communication Networks
5.2.1.3 Increased Need to Modernize Old Equipment
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Availability of Bandwidth
5.2.2.2 Increased Complexity of Networks and Systems Due to Multiple Communication Standards
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Need for Reliable and High-Quality Public Safety Communication Systems
5.2.3.2 Standardization of Infrastructure Platforms
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Budget Constraints Toward Procurement
5.2.4.2 Interoperability Issues
6 Critical Communication Market, By Offering (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Command and Control Systems
6.2.1.1 APAC to Be Fastest-Growing Region in Critical Communication Market for Command and Control Systems During Forecast Period
6.2.2 Infrastructure Equipment
6.2.2.1 North America to Hold Substantial Share of Critical Communication Market for Infrastructure Equipment During Forecast Period
6.2.3 End-Use Devices
6.2.3.1 Critical Communication Market for End-Use Devices to Grow at Highest Growth Rate During Forecast Period
6.3 Services
6.3.1 Consulting Services
6.3.1.1 Consulting Services to Witness Significant Growth in Critical Communication Market During Forecast Period
6.3.2 Integration Services
6.3.2.1 Technological Advancements to Boost Demand for Integration Services During Forecast Period
6.3.3 Maintenance and Support Services
6.3.3.1 Maintenance and Support Services to Dominate the Critical Communication Market During Forecast Period
7 Critical Communication Market, By Technology (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Land Mobile Radio (LMR)
7.2.1 LMR Technology-Based Critical Communication Solutions to Account for Larger Market Share During 2019–2024
7.2.2 Tetra/P25
7.2.2.1 Tera/P25 LMR Technology to Record Highest CAGR in Critical Communication Market During Forecast Period
7.2.3 Analog
7.2.3.1 Analog Technology Accounted for Largest Share of Market for LMR in 2018
7.2.4 Others
7.3 Long-Term Evolution (LTE)
7.3.1 LTE Technology to Witness Highest CAGR in Market During Forecast Period
8 Critical Communication Market, By Vertical (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Public Safety
8.2.1 Public Safety Vertical to Witness Highest Demand for Critical Communication Solutions During Forecast Period
8.3 Transportation
8.3.1 Transportation Vertical to Witness Highest CAGR in Market From 2019 to 2024
8.4 Utilities
8.4.1 Need for Robust Communication in Utilities Vertical to Propel Market Growth During Forecast Period
8.5 Mining
8.5.1 APAC to Record Highest CAGR in Market for Mining Vertical During Forecast Period
8.6 Others
9 Geographic Analysis (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Hold Major Share of Critical Communication Market in North America During Forecast Period
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canadian Critical Communication Market Growth is Accelerated By Huge Investments By Government
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 LMR Technology to Capture Major Share of Critical Communication Market in Mexico During Forecast Period
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 UK to Lead European Critical Communication Market During Forecast Period
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany to Record Highest CAGR in Critical Communication Market in Europe During Forecast Period
9.3.3 France
9.3.3.1 LTE Technology to Witness Higher CAGR in French Critical Communication Market During 2019–2024
9.3.4 Spain
9.3.4.1 Technological Advancements and Concerns of Safety and Security to Surge Demand for Critical Communication Solutions in Spain in Coming Years
9.3.5 Rest of Europe
9.3.5.1 Strong Government Support for Development of Advanced Critical Communication Systems Boost Critical Communication Market Growth in Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 China
9.4.1.1 China to Hold Major Share of Critical Communication Market in APAC During Forecast Period
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Critical Communication Market in Japan is Driven By Increasing Preference for Smart Home Technologies
9.4.3 India
9.4.3.1 India to Witness Highest CAGR in Market in APAC During Forecast Period
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 LTE Technology to Register Highest CAGR in Market in South Korea During Forecast Period
9.4.5 Rest of APAC
9.4.5.1 LMR Technology to Hold Significant Share of Market in Rest of APAC During Forecast Period
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.1.1 South America to Register Higher CAGR in Market in RoW During Forecast Period
9.5.2 Middle East and Africa
9.5.2.1 Middle East and Africa to Hold Major Share of Market in RoW During Forecast Period
10 Competitive Landscape (Page No. – 90)
10.1 Overview
10.2 Ranking Analysis of Key Players in Critical Communication Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio (25 Companies)
10.5 Business Strategy Excellence (25 Companies)
10.6 Competitive Situations and Trends
10.6.1 Product Launches and Developments
10.6.2 Agreements, Partnerships, Contracts, Collaborations
10.6.3 Acquisitions
10.6.4 Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 101)
(Business Overview, Products, Solutions, and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Introduction
11.2 Key Players
11.2.1 MotoRoLA Solutions
11.2.2 Nokia
11.2.3 Harris
11.2.4 AT&T
11.2.5 Hytera
11.2.6 Ericsson
11.2.7 ZTE
11.2.8 Huawei
11.2.9 Cobham Wireless
11.2.10 Ascom
11.3 Other Key Players
11.3.1 Leonardo
11.3.2 Mentura Group
11.3.3 Inmarsat
11.3.4 Zenitel
11.3.5 Telstra
11.3.6 Jvckenwood Corporation
11.3.7 Tait Communications
11.3.8 Secure Land Communications (Airbus)
11.3.9 Simoco Wireless Solutions
*Details on Business Overview, Products, Solutions, and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 141)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 5710
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車サイバーセキュリティーの世界市場2016-2021
    当調査レポートでは、自動車サイバーセキュリティーの世界市場について調査・分析し、自動車サイバーセキュリティーの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 自動車サイバーセキュリティ市場の概要 3. 自動車サイバーセキュリティの世界市場2016-2021 4. 世界の自動車サイバーセキュリティー2次市場予測2016-2021 5. 主要9カ国の自動車サイバーセキュリティ市場予測2016-2021 6. 自動車サイバーセキュリティ世界市場のSWOT分析 7. 専門家の意見 8. 自動車サイバーセキュリティの主要企業 9. 結論および予測 10. 用語集
  • 北米の外傷固定市場動向(~2021)
  • 放射線皮膚炎の世界市場の規模と予測:製品別(局所用、コルチコステロイド、親水性クリーム、抗生物質、ドレッシング、ヒドロゲル・親水コロイド、無刺激バリアフィルム、シリコーンコーティング)、流通経路別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、放射線皮膚炎の世界市場について調査・分析し、放射線皮膚炎の世界市場動向、放射線皮膚炎の世界市場規模、市場予測、セグメント別放射線皮膚炎市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スリッティングワインダーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スリッティングワインダーの世界市場について調査・分析し、スリッティングワインダーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スリッティングワインダーシェア、市場規模推移、市場規模予測、スリッティングワインダー種類別分析(1000mmウェブ幅未満、1000-2000mmウェブ幅、2001mmウェブ幅以上)、スリッティングワインダー用途別分析(プラスチックフィルム、紙、ホイル、ラミネート)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スリッティングワインダーの市場概観 ・スリッティングワインダーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スリッティングワインダーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スリッティングワインダーの世界市場規模 ・スリッティングワインダーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スリッティングワインダーのアメリカ市場規模推移 ・スリッティングワインダーのカナダ市場規模推移 ・スリッティングワインダーのメキシコ市場規模推移 ・スリッティングワインダー …
  • グラフェンの世界市場の規模及び予測:製品別(ナノプレートレット、酸化物)、用途別(エレクトロニクス、複合材料、エネルギー)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、グラフェンの世界市場について調査・分析し、グラフェンの世界市場動向、グラフェンの世界市場規模、市場予測、セグメント別グラフェン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の酢市場2015
    本調査レポートでは、世界の酢市場2015について調査・分析し、酢の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder)の概要 ・ライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のライソゾーム病(Lysosomal Storage Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ライソゾーム病(Lysoso …
  • 癌バイオマーカーの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、癌バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、癌バイオマーカーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インテリジェントRFIDプラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェントRFIDプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェントRFIDプラットフォームの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの心臓補助装置市場見通し
  • 脱酸素剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脱酸素剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脱酸素剤市場規模、種類別(金属、非金属)分析、最終用途別(飲食料品、医薬品、化学薬品、石油・ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脱酸素剤の世界市場概要 ・脱酸素剤の世界市場環境 ・脱酸素剤の世界市場動向 ・脱酸素剤の世界市場規模 ・脱酸素剤の世界市場:業界構造分析 ・脱酸素剤の世界市場:種類別(金属、非金属) ・脱酸素剤の世界市場:最終用途別(飲食料品、医薬品、化学薬品、石油・ガス、その他) ・脱酸素剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脱酸素剤のアメリカ市場規模・予測 ・脱酸素剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・脱酸素剤のアジア市場規模・予測 ・脱酸素剤の主要国分析 ・脱酸素剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・脱酸素剤の世界市場:成長要因、課題 ・脱酸素剤の世界市場:競争環境 ・脱酸素剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • タイガンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タイガンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイガンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 タイガンは、結束に使われる工具の一種です。タイガンのノブに設定したテンションでケーブルタイの締め付け、または使用しない部分のケーブルタイを切断します。Technavio社はタイガンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apex Tool Group (ATG)• Eastwood• Greenlee• Panduit等です。
  • チェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるチェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬の概要 ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のチェックポイントキナーゼ1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・チェックポイントキナーゼ1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリー市場規模、製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場概要 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場環境 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場動向 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場規模 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:地域別 …
  • 水素圧縮機の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、水素圧縮機の世界市場について調べ、水素圧縮機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、水素圧縮機の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(石油及びガス、化学、その他)、技術別(マルチステージ、シングルステージ)、種類別(オイルベース、オイルフリー))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は水素圧縮機の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・水素圧縮機の市場状況 ・水素圧縮機の市場規模 ・水素圧縮機の市場予測 ・水素圧縮機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(石油及びガス、化学、その他) ・市場セグメンテーション:技術別(マルチステージ、シングルステージ) ・市場セグメンテーション:種類別(オイルベース、オイルフリー) ・水素圧縮機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヨーロッパ主要国の股関節置換処置動向(~2021)
  • フィンランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場2017-2027:高出力マイクロ波(HPM)、高出力レーザー(HPL)
    当調査レポートでは、指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場について調査・分析し、指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 複合イベント処理(CEP)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、複合イベント処理(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、複合イベント処理(CEP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は複合イベント処理(CEP)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はIBM、Oracle、SAP等です。
  • 世界及び欧州のプリント基板(PCB)市場-分析及び展望(~2022年)
  • アジア太平洋の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • フィンランドの股関節再建装置市場見通し
  • 感圧テープの世界市場分析:バッキング材別(ポリプロピレン、紙、PVC)、製品別(カートンシーリングテープ、マスキングテープ、両面テープ、電気テープ)、用途別(梱包、建築・建設、電気・電子、自動車、健康・衛生)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧テープの世界市場について調査・分析し、感圧テープの世界市場動向、感圧テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のステンレスボトル市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレスボトル市場2015について調査・分析し、ステンレスボトルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車シャシー装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車シャシー装置の世界市場について調査・分析し、自動車シャシー装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のマスカラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマスカラ市場2015について調査・分析し、マスカラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トライク(3輪バイク)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、トライク(3輪バイク)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、トライク(3輪バイク)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はトライク(3輪バイク)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bombardier Recreational Products、Campagna Motors、Harley Davidson、Polaris Industries等です。
  • リアスポイラーの世界市場:車両タイプ別(通常車、エコカー)、システムタイプ別(パッシブスポイラー、アクティブスポイラー)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、リアスポイラーの世界市場について調査・分析し、リアスポイラーの世界市場動向、リアスポイラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別リアスポイラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アテレクトミー機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アテレクトミー機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アテレクトミー機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場:天然ゼオライト、合成ゼオライト
    当調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼオライトの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカの心臓人工弁市場(~2021)
  • アメリカのアダルト・バイブレータ市場
    当調査レポートでは、アメリカのアダルト・バイブレータ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのアダルト・バイブレータ市場規模及び予測、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場について調査・分析し、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:市場動向分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:競争要因分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:材料別 バルサ材 発砲樹脂 低密度発砲樹脂 高密度発砲樹脂 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:垂直市場別 宇宙航空系 建設業 海洋業 運送業 風力発電 その他 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主要地域別分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のヨーロッパ市場規模 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のメトロニダゾール市場2015
    本調査レポートでは、世界のメトロニダゾール市場2015について調査・分析し、メトロニダゾールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用テキスタイルの世界市場2018-2022
    医療用テキスタイルは、衛生、健康、およびプライベートケアやそれらの製品における使用、ならびに外科手術用途に使用されるよう設計されたテキスタイル材料です。医療用テキスタイルの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率4.23%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Asahi Kasei、Cardinal Health、Freudenberg、Getinge、KCWW、Schouwなどです。 当調査レポートでは、医療用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用テキスタイル市場規模、用途別(外科手術、ヘルスケア・衛生用品、体外用)分析、製品タイプ別(織物、不織布、編み織物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用テキスタイルの世界市場概要 ・医療用テキスタイルの世界市場環境 ・医療用テキスタイルの世界市場動向 ・医療用テキスタイルの世界市場規模 ・医療用テキスタイルの世界市場:業界構造分析 ・医療 …
  • グリーンパッケージングの世界市場:リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グリーンパッケージング市場規模、製品別(リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品)分析、エンドユーザー別(食品、飲料、医療、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amcor, Bemis, DS Smith, Mondi, Sealed Airなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グリーンパッケージングの世界市場概要 ・グリーンパッケージングの世界市場環境 ・グリーンパッケージングの世界市場動向 ・グリーンパッケージングの世界市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:業界構造分析 ・グリーンパッケージングの世界市場:製品別(リサイクル可能製品、再利用可能製品、分解可能製品) ・グリーンパッケージングの世界市場:エンドユーザー別(食品、飲料、医療、パーソナルケア、その他) ・グリーンパッケージングの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 自動車用エレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(ECU、通電デバイス、センサー)、アプリケーション別(安全システム、ADAS、ボディエレクトロニクス)、販売チャネル別、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、自動車用エレクトロニクスの世界市場動向、自動車用エレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 燃料の世界市場:ガソリン、ディーゼル、重質燃料油、ジェット燃料、灯油
    当調査レポートでは、燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物理セキュリティ情報管理(PSIM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オランダの心臓血管手術装置市場見通し
  • 金属用仕上げ剤の世界市場:製品別(メッキ化学薬品、化成処理剤、化学洗浄剤)、プロセス別、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、金属用仕上げ剤の世界市場について調査・分析し、金属用仕上げ剤の世界市場動向、金属用仕上げ剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属用仕上げ剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lym …
  • 腫瘍用バイオ後続品の世界市場:がん治療薬、支持療法用薬
    当調査レポートでは、腫瘍用バイオ後続品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腫瘍用バイオ後続品の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、産業別分析、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのDNAシークエンシング市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパのDNAシークエンシング市場について調査・分析し、ヨーロッパのDNAシークエンシング市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 低温貯蔵の世界市場: 倉庫の類型別 (バルク倉庫、工場用倉庫)、保存温度別 (冷蔵、冷凍)、用途別、倉庫の形態別
    本調査レポートでは、低温貯蔵の世界市場について調査・分析し、低温貯蔵の世界市場動向、低温貯蔵の世界市場規模、市場予測、セグメント別低温貯蔵市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サイバー保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サイバー保険の世界市場について調査・分析し、サイバー保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サイバー保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、サイバー保険種類別分析(中小企業、大企業)、サイバー保険用途別分析(医療、小売、金融サービス、情報科学技術・サービス、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サイバー保険の市場概観 ・サイバー保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サイバー保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サイバー保険の世界市場規模 ・サイバー保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サイバー保険のアメリカ市場規模推移 ・サイバー保険のカナダ市場規模推移 ・サイバー保険のメキシコ市場規模推移 ・サイバー保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サイバー保険のドイツ市場規模推移 ・サイバー保険のイギリス市場規模推移 ・サイバー保険のロシア市場規模推移 ・サイバー保険のアジア市場分析(日本、 …
  • キャリブレーションサービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、キャリブレーションサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャリブレーションサービス市場規模、タイプ別(サードパーティーサービス、社内ラボ、相手先商標製造会社(OEM))分析、サービス別(電子、物理・寸法、機械、熱力学)分析、エンドユーザー別(工業 ・自動車、電子機器製造、航空宇宙・防衛、通信、バイオ医薬・医薬品、材料生産、農業・食品生産、高度技術、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:市場動向分析 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:競争要因分析 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:タイプ別(サードパーティーサービス、社内ラボ、相手先商標製造会社(OEM)) ・ キャリブレーションサービスの世界市場:サービス別(電子、物理・寸法、機械、熱力学) ・ キャリブレーションサービスの世界市場:エンドユーザー別(工業 ・自動車、電子機器製造、航空宇宙・防衛、 …
  • セロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン受容体アンタゴニストの概要 ・セロトニン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"