"発泡剤の世界市場予測(~2026年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2309)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"発泡剤の世界市場予測(~2026年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing use of polymer foam in industries such as construction, automotive, and electronics, to drive the blowing agent market”The blowing agent market size is estimated to be USD 1.5 billion in 2019 and is projected to reach USD 2.2 billion by 2026, at a CAGR of 5.8%. The increasing polymeric foam application in industries such as packaging, automotive, building & construction, marine, transportation, appliances, bedding & furniture, and packaging industry is expected to drive the blowing agent market.
Further, the increasing blowing agent usage in developing economies, mainly in the construction industry, is expected to boost the blowing agent consumption. The construction sector is a major consumer of PIR/ PUR board, XPS board, and sandwich panels, which majorly uses polyurethane foams. The increasing infrastructure spending is expected to drive the growth of this market. However, the frequent shifts in blowing agent technologies owing to rising environmental concerns and frequent amendments to rules & regulations along with high shifting cost will act as a restrain for the market.

“HC is the fastest-growing segment of the blowing agent.”
HC was the most widely consumed type of blowing agent globally in 2018 in terms of value and volume. The huge consumption of hydrocarbon-based polyolefin and extruded polystyrene foams in applications such as packaging, refrigerator, and continuous panels are expected to drive the market for blowing agents during the forecast period. Further, the improved thermal efficiency of hydrocarbon foams due to technological advancement will also support its growth in the future.

“Polyurethane Foam (PU) is the largest application of blowing agents in by foam segment.”
Polyurethane foam (PU) was the largest application of blowing agent in terms of value and volume in 2018. Polyurethane foam (PU) is majorly used in varied application industries owing to its low density, mechanical strength, and resilience properties. The considerable demand for polyurethane foam (PU) from industries such as furniture cushioning, packaging, automotive, footwear, and household appliances are expected to drive its market in the future. Polyurethane foams are available in three types, i.e., flexible, rigid, and semi-rigid forms.

“APAC is the largest as well as the fastest-growing market for blowing agents.”
APAC is the largest as well as the fastest-growing market for blowing agents in 2018 in terms of value and volume. The largest market share in 2018 and the highest growth during the forecast period is attributed to the presence of developing markets such as China as well as emerging economies such as India, South Korea, and Indonesia. APAC is one of the prominent construction markets and is expected to grow at a rapid pace in the coming years, with India expected to become a new global hub for construction in the emerging markets, growing almost twice as fast as China. Therefore, due to the steady growth of the construction industry, the region is expected to have a heavy demand for different types of foams, which will further drive the blowing agent market in the region. In addition, the shifting preference towards low GWP and ODP more environment-friendly blowing agents with the planned phase-out HFCs will further drive the blowing agent demand in the region.
Extensive primary interviews were conducted in the process of determining and verifying sizes of different types, end-user of the blowing agents market gathered through secondary research.

The breakdown of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 9%, Director-Level – 27%, and Others – 64%
• By Region: North America – 27%, Europe – 18%, APAC – 37%, South America – 9%, and the Middle East & Africa – 9%
The key companies profiled in this report on the blowing agent market include Honeywell International Inc. (US), Solvay SA (Belgium), Arkema SA (France), Exxon Mobil Corporation (US), Linde plc (UK), Daikin Industries, Ltd. (Japan), The Chemours Company (US), Haltermann Carless (Germany), Foam Supplies, Inc. (US), and Harp International Ltd. (UK).

Research Coverage
The blowing agent market has been segmented based on type, foam, and region. This report covers the blowing agent market and forecasts its market size until 2026. It also provides detailed information on company profiles and competitive strategies adopted by the key players to strengthen their position in the blowing agent market. The report also provides insights into the drivers and restraints in the blowing agent market along with opportunities and challenges. The report also includes profiles of top manufacturers in the blowing agent market.

Reasons to Buy the Report
The report is expected to help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the blowing agent market and provides the closest approximations of revenue numbers for the overall market and its segments across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders understand the pulse of the blowing agent market and provide information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the market growth.
3. This report is expected to help stakeholders obtain an in-depth understanding of the competitive landscape of the blowing agent market and gain insights to improve the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on strategies, such as merger & acquisition, new product developments, expansions, and collaborations.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"発泡剤の世界市場予測(~2026年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 By Region
1.3.2 Years Considered for the Study
1.3.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Blowing Agents Market
4.2 Blowing Agents Market, By Region (2016–2021)
4.3 Blowing Agents Market Attractiveness
4.4 Blowing Agents Market in Asia-Pacific, 2015
4.5 Blowing Agents Market: Emerging vs. Mature Markets
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 By Product
5.3.2 By Foams
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.2 Short-Term Drivers
5.4.2.1 High Growth in Global Polymeric Foams Market
5.4.3 Mid-Term Drivers
5.4.3.1 Growing Chinese Market
5.4.4 Long-Term Driver
5.4.4.1 Increasing Use of Blowing Agents in Construction, Automotive and Appliances Industry
5.4.5 Restraints
5.4.5.1 Frequent Changes in the Choice of Blowing Agents With Respect to Environmental Regulations
5.4.5.2 High Cost of Shifting Technology
5.4.6 Opportunities
5.4.6.1 Increasing Demand for Environment-Friendly Blowing Agents
5.4.7 Challenges
5.4.7.1 Phase Down of HFCS
5.5 Regulations
5.5.1 Montreal Protocol (MP)
5.5.2 Kyoto Protocol
5.5.3 U.S. Environment Protection Agency (EPA)– Snap Program
6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Comparison of Blowing Agents
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Bargaining Power of Suppliers
6.3.2 Threat of New Entrants
6.3.3 Threat of Substitutes
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6.4 Economic Indicator
6.4.1 Trends and Forecast of GDP
6.4.2 Overview of Manufacting Sector
6.5 Patent Analysis
6.5.1 Introduction
6.5.2 Patent Analysis of Blowing Agents Market, By Product
6.5.3 Patent Analysis of Blowing Agents Market, By Foams
6.5.4 Patent Analysis of Foam Blowing Agent Market, By Region
7 Blowing Agents Market, By Chemistry (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Physical Blowing Agents
7.3 Chemical Blowing Agents
8 Blowing Agents Market, By Foaming Agent Process (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Endothermic Chemical Foaming Agents
8.3 Exothermic Chemical Foaming Agents
8.4 Endothermic and Exothermic Blend Chemical Foaming Agents
9 Blowing Agents Market, By Product Type (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Market Size & Projection
9.3 Hydrochlorofluorocarbons (HCFCS)
9.3.1 HCFC-141b
9.3.2 HCFC-142b
9.3.3 HCFC-22
9.3.4 Others HCFCS
9.4 Hydrofluorocarbons (HFCS)
9.4.1 HFC-245fa
9.4.2 HFC-134a
9.4.3 HFC-365mfc/227ea
9.4.4 HFC-152a
9.5 Hydro Carbons (HCS)
9.5.1 N-Pentane
9.5.2 Cyclopentane
9.5.3 Isopentane
9.5.4 Isobutane
9.5.5 N-Butane
9.5.6 Other HCS
9.6 Others
9.6.1 Hydrofluoroolefin (HFOS)
9.6.2 Inert Gases
9.6.3 Methyl Formate
10 Blowing Agents Market, By Foams (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Market Size & Projection
10.3 By Foam Type
10.3.1 Polyurethane Foam (PU)
10.3.1.1 Appliances
10.3.1.2 Apparel
10.3.1.3 Automotive
10.3.1.4 Building & Construction
10.3.1.5 Electronics
10.3.1.6 Flooring
10.3.1.7 Furnishing
10.3.1.8 Marine
10.3.1.9 Medical
10.3.1.10 Packaging
10.3.2 Polystyrene Foam (PS)
10.3.2.1 Building & Construction
10.3.2.2 Food Packaging
10.3.2.3 Transportation
10.3.2.4 Other Application
10.3.3 Phenolic Foam
10.3.3.1 Building & Construction
10.3.3.2 Insulation
10.3.3.3 Other Applications
10.3.4 Polyolefin Foam
10.3.4.1 Automotive
10.3.4.2 Medical
10.3.4.3 Building & Construction
10.3.4.4 Packaging
10.3.4.5 Other Applications
10.3.5 Others
10.3.5.1 Automotive
10.3.5.2 Building & Construction
10.3.5.3 Packaging
10.3.5.4 Other Applications
10.4 HCFCS Market, By Foams
10.5 HFCS Market, By Foams
10.6 Hydrocarbons (HCS) Market, By Foams
10.7 Others Blowing Agents Market, By Foams
11 Blowing Agents Market, By Region (Page No. – 91)
11.1 Introduction
11.2 Asia-Pacific
11.2.1 China
11.2.2 Japan
11.2.3 India
11.2.4 South Korea
11.2.5 Rest of Asia-Pacific
11.3 North America
11.3.1 U.S.
11.3.2 Canada
11.3.3 Mexico
11.4 Europe
11.4.1 Germany
11.4.2 U.K.
11.4.3 France
11.4.4 Belgium
11.5 Central & Eastern Europe
11.5.1 Turkey
11.5.2 Russia
11.5.3 Rest of Europe
11.6 Middle East & Africa
11.6.1 Saudi Arabia
11.6.2 UAE
11.6.3 Rest of Middle East & Africa
11.7 South America
11.7.1 Brazil
11.7.2 Argentina
11.7.3 Rest of South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 129)
12.1 Overview
12.2 Market Share Analysis
12.3 Competitive Situation and Trends
12.4 Partnerships/Agreements/Collaborations
12.5 New Product Launches
12.6 Expansions
12.7 Mergers & Acquisitions
12.8 Joint Venture
13 Company Profiles (Page No. – 134)
13.1 Exxon Mobil Corporation
13.1.1 Business Overview
13.1.2 Products Offered
13.1.3 SWOT Analysis
13.1.4 MnM View
13.2 Honeywell International Inc.
13.2.1 Business Overview
13.2.2 Products Offered
13.2.3 Recent Developments
13.2.4 SWOT Analysis
13.2.5 MnM View
13.3 Linde AG
13.3.1 Business Overview
13.3.2 Products Offered
13.3.3 SWOT Analysis
13.3.4 MnM View
13.4 Solvay SA
13.4.1 Business Overview
13.4.2 Products Offered
13.4.3 Recent Developments
13.4.4 SWOT Analysis
13.4.5 MnM View
13.5 Arkema S.A.
13.5.1 Business Overview
13.5.2 Products Offered
13.5.3 Recent Developments
13.5.4 SWOT Analysis
13.5.5 MnM View
13.6 Daikin Industries, Ltd.
13.6.1 Business Overview
13.6.2 Products Offered
13.7 E.I. Dupont De Nemours & Company
13.7.1 Business Overview
13.7.2 Products Offered
13.8 Haltermann GmbH
13.8.1 Business Overview
13.8.2 Products Offered
13.8.3 Recent Developments
13.9 Foam Supplies, Inc.
13.9.1 Business Overview
13.9.2 Products Offered
13.9.3 Recent Developments
13.10 Harp International Ltd.
13.10.1 Business Overview
13.10.2 Products Offered
14 Additional Company Profiles (Page No. – 156)
15 Appendix (Page No. – 159)
15.1 Insights From Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.2.1 Global Blowing Agents Market
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
15.5 Available Customizations
15.6 Related Reports
15.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】発泡剤の世界市場予測(~2026年)
【発行日】2019年9月10日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2309
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
発泡剤の世界市場予測(~2026年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 欧州主要国の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界のゾル-ゲル製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のゾル-ゲル製品市場2015について調査・分析し、ゾル-ゲル製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チョコレート菓子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、チョコレート菓子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、チョコレート菓子市場規模、構成品目別(チョコレートクリーム、ナッツチョコレート、オーガニックチョコレート、ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ブラックチョコレート、その他)分析、製品種別(チョコレートキャンディ、おまけ付きチョコレート、型押し板チョコ・タブレット型チョコレート、ノベルティ、アルフォーレス、その他)分析、販売経路別(クラブストア、菓子専門店、コンビニエンスストア、ディスカウント店/ダラーストア、ドラッグストア、その他)分析、用途別(菓子工場、レストラン・喫茶店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ チョコレート菓子の世界市場:市場動向分析 ・ チョコレート菓子の世界市場:競争要因分析 ・ チョコレート菓子の世界市場:構成品目別(チョコレートクリーム、ナッツチョコレート、オーガニックチョコレート、ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート …
  • 世界のカラーレジスト市場2015
    本調査レポートでは、世界のカラーレジスト市場2015について調査・分析し、カラーレジストの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康・ウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス市場規模、製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・健康・ウェルネスの世界市場概要 ・健康・ウェルネスの世界市場環境 ・健康・ウェルネスの世界市場動向 ・健康・ウェルネスの世界市場規模 ・健康・ウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品) ・健康・ウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・健康・ウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのアジア市場規模・予測 ・健康・ウェルネスの主要国分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:意思決定フレームワーク ・健康・ウェ …
  • 無菌処理の世界市場予測(~2022):装置別(加工&包装)、用途別、パッケージング別、地域別
    当調査レポートでは、無菌処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、用途別分析、パッケージング別分析、地域別分析、無菌処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイアライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイアライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイアライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用増粘剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品用増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品用増粘剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品用増粘剤の世界市場:市場動向分析 - 食品用増粘剤の世界市場:競争要因分析 - 食品用増粘剤の世界市場:由来別 ・動物 ・植物 ・微生物 - 食品用増粘剤の世界市場:用途別 ・ソース、ドレッシング、マリネ、グレイビーソース ・乳製品&冷凍のデザート ・菓子 ・インスタント&加工食品 ・パン ・飲料 - 食品用増粘剤の世界市場:種類別 ・プロテイン ・親水コロイド ・澱粉 - 食品用増粘剤の世界市場:主要地域別分析 - 食品用増粘剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品用増粘剤のヨーロッパ市場規模 - 食品用増粘剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品用増粘剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 栽培ソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、栽培ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、栽培ソリューション市場規模、用途別(複合環境制御装置(CECE)、農業クラウド、生産サポートソリューション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 栽培ソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ 栽培ソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ 栽培ソリューションの世界市場:用途別(複合環境制御装置(CECE)、農業クラウド、生産サポートソリューション) ・ 栽培ソリューションの世界市場:主要地域別分析 ・ 栽培ソリューションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 栽培ソリューションのヨーロッパ市場規模 ・ 栽培ソリューションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・栽培ソリューションの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 鉱山機械レンタルの世界市場2017-2021:石炭採掘用、金属鉱業用、鉱石採掘用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱山機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山機械レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱山機械レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAtlas Copco、Caterpillar、Hertz Equipment Rental、Komatsu、Sunbelt Rentals等です。
  • クールルーフコーティングの世界市場分析:製品別(エラストマー、IR反射)、用途別(スロースロープ、スティープスロープ)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、クールルーフコーティングの世界市場について調査・分析し、クールルーフコーティングの世界市場動向、クールルーフコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別クールルーフコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤の概要 ・デオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸プライマーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マルチクッカーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチクッカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチクッカー市場規模、ボウル容量別(5〜6クォート、6クオート以上、5クォート未満)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、GLEN DIMPLEX GROUP, Groupe SEB, Instant Brands, Newell Brands, Spectrum Brands, Whirlpool Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチクッカーの世界市場概要 ・マルチクッカーの世界市場環境 ・マルチクッカーの世界市場動向 ・マルチクッカーの世界市場規模 ・マルチクッカーの世界市場:業界構造分析 ・マルチクッカーの世界市場:ボウル容量別(5〜6クォート、6クオート以上、5クォート未満) ・マルチクッカーの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・マルチクッカーの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • アスファルトプラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アスファルトプラントの世界市場について調査・分析し、アスファルトプラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アスファルトプラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、アスファルトプラント種類別分析(240t/h以下、240t/h-320t/h、320t/h以上)、アスファルトプラント用途別分析(道路工事、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アスファルトプラントの市場概観 ・アスファルトプラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アスファルトプラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アスファルトプラントの世界市場規模 ・アスファルトプラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アスファルトプラントのアメリカ市場規模推移 ・アスファルトプラントのカナダ市場規模推移 ・アスファルトプラントのメキシコ市場規模推移 ・アスファルトプラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アスファルトプラントのドイツ市 …
  • 肝炎検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・広域スペクトルケモカイン阻害剤の概要 ・広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の広域スペクトルケモカイン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・広域スペクトルケモカイン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・広域スペクトルケモカイン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飲用水モニタリング用IoTの世界市場2017-2021:化学検査、物理検査、バイオ検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、飲用水モニタリング用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲用水モニタリング用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は飲用水モニタリング用IoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGE、Libelium、Trimble、Valarm等です。
  • 電気集塵装置の世界市場:技術別(乾式、湿式)、用途別(化学、金属、発電、製造、セメント)、セグメント予測
    電気集塵装置の世界市場は2025年には149億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、消費者意識の高まり、健康的な生活様式への傾き、大気汚染の増加が考えられます。本調査レポートでは、電気集塵装置の世界市場について調査・分析し、電気集塵装置の世界市場動向、電気集塵装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別電気集塵装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パーフォレーションガンの世界市場2019-2023
    パーフォレーションガンは、坑井用キャスティングとセメントシースに穿孔する道具です。それにより坑井と貯留層との間に流路が形成され、炭化水素が貯留層から坑井に流れるようになります。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、パーフォレーションガンの世界市場が5.07%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Orano、などです。 当調査レポートでは、パーフォレーションガンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パーフォレーションガン市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パーフォレーションガンの世界市場概要 ・パーフォレーションガンの世界市場環境 ・パーフォレーションガンの世界市場動向 ・パーフォレーションガンの世界市場規模 ・パ …
  • 暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬剤
  • ドアクローザの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドアクローザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドアクローザの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティング用セラミックスの世界市場:ガラス、溶融シリカ、石英
    当調査レポートでは、3Dプリンティング用セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、3Dプリンティング用セラミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 月経困難症(Dysmenorrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における月経困難症(Dysmenorrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・月経困難症(Dysmenorrhea)の概要 ・月経困難症(Dysmenorrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・インフルエンザ菌感染症(Haemophilus Influenzae Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のインフルエンザ菌感染症( …
  • フロー電池の世界市場:レドックスフロー電池、ハイブリッドフロー電池
    当調査レポートでは、フロー電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フロー電池の世界市場規模及び予測、電池種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ドアヒンジの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドアヒンジの世界市場について調査・分析し、自動車用ドアヒンジの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:車両の種類別 ・大型商用車 ・小型商用車 ・乗用車 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:製品の種類別 ・テールゲート用ヒンジ ・フードヒンジ ・フロント&バックドア用ヒンジ - 自動車用ドアヒンジの世界市場:販路別 ・アフターマーケットでの販売 ・OEM販売 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ドアヒンジの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ドアヒンジのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ドアヒンジのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用ドアヒンジの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 電動スクーターの世界市場分析:製品別(レトロ、起立/自己平衡型、折りたたみ)、電池別(密閉鉛酸、NiMH、リチウムイオン)、電圧別(24V、36V、48V)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、電動スクーターの世界市場について調査・分析し、電動スクーターの世界市場動向、電動スクーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別電動スクーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中東(GCC)の消火器市場2016-2020
    当調査レポートでは、中東(GCC)の消火器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東(GCC)の消火器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人事管理(HRM)の世界市場2014-2025:ソフトウェア別、サービス別、展開別(ホステッド、オンプレミス)、組織規模別(大企業、中小企業)エンドユーズ別
    本調査レポートでは、人事管理(HRM)の世界市場について調査・分析し、人事管理(HRM)の世界市場動向、人事管理(HRM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別人事管理(HRM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 米国のオレフィン市場
  • 防水透湿性テキスタイル(WBT)の世界市場分析:原材料別(ePTFE、ポリウレタン、ポリエステル)、テキスタイル別(密織、メンブレン、コーティング)、製品別(衣類、履物、手袋)、用途別(アクティブスポーツウェア)、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、防水透湿性テキスタイル(WBT)の世界市場について調査・分析し、防水透湿性テキスタイル(WBT)の世界市場動向、防水透湿性テキスタイル(WBT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別防水透湿性テキスタイル(WBT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウドDLPの世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドDLPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、クラウドDLPの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車衝突修復の世界市場2014–2025:製品別(塗料・コーティング剤、消耗品・スペアパーツ)、車種別(小型車、大型車)、サービスチャネル別(DIY、OE、DIFM)
    本調査レポートでは、自動車衝突修復の世界市場について調査・分析し、自動車衝突修復の世界市場動向、自動車衝突修復の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車衝突修復市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生物刺激剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、生物刺激剤の世界市場について調査・分析し、生物刺激剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生物刺激剤の世界市場:市場動向分析 - 生物刺激剤の世界市場:競争要因分析 - 生物刺激剤の世界市場:作物別 果物及び野菜 芝生及び観賞植物 条潘作物及び穀類 その他の作物種 - 生物刺激剤の世界市場:有効成分 抽出物 酸化物 その他の有効成分 - 生物刺激剤の世界市場:用途別 土壌 種子 葉面 - 生物刺激剤の世界市場:様式 液状 乾燥状 - 生物刺激剤の世界市場:ブランド別 オーザイムーイタリポリナ(SAP) ラットシェットーノボザイム(A/S) マキシクロップーバラグロ(SAP) ピラタスーアリスタ生化学株式会社 Tウェーブバラグロ(SAP) トルクモボザイム - 生物刺激剤の世界市場:主要地域別分析 - 生物刺激剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 生物刺激剤のヨーロッパ市場規模 - 生物刺激剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生物刺激剤の世界市場:主な市場開拓 …
  • 自動車用レーシング・シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用レーシング・シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用レーシング・シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用レーシング・シートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• RECARO • Corbeau等です。
  • オランダのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • アミノ酸の世界市場
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アミノ酸の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アミノ酸のアメリカ市場規模予測 ・アミノ酸のヨーロッパ市場規模予測 ・アミノ酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 前立腺がん治療の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、前立腺がん治療の世界市場について調査・分析し、前立腺がん治療の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 前立腺がん治療の世界市場:市場動向分析 - 前立腺がん治療の世界市場:競争要因分析 - 前立腺がん治療の世界市場:投薬クラス別 抗がん剤治療 標的治療 ホルモン治療 免疫治療 - 前立腺がん治療の世界市場:配送経路 病院薬局 小売薬局 オンライン販売 その他の配送経路 - 前立腺がん治療の世界市場:主要地域別分析 - 前立腺がん治療の北米市場規模(アメリカ市場等) - 前立腺がん治療のヨーロッパ市場規模 - 前立腺がん治療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・前立腺がん治療の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ガスエンジンの世界市場予測(~2021年):天然ガス、特殊ガス、発電、熱電併給
    当調査レポートでは、ガスエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、燃料別分析、用途別分析、需要先別分析、出力別分析、ガスエンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラケット・ストリング機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のラケット・ストリング機械市場2015について調査・分析し、ラケット・ストリング機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チップレスRFIDタグの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、チップレスRFIDタグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チップレスRFIDタグの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 風力発電所用防火設備の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、風力発電所用防火設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電所用防火設備の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • N-ブロモスクシンイミドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、N-ブロモスクシンイミドの世界市場について調査・分析し、N-ブロモスクシンイミドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別N-ブロモスクシンイミドシェア、市場規模推移、市場規模予測、N-ブロモスクシンイミド種類別分析(含有量99%、含有業98%)、N-ブロモスクシンイミド用途別分析(医薬品、駆除剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・N-ブロモスクシンイミドの市場概観 ・N-ブロモスクシンイミドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・N-ブロモスクシンイミドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・N-ブロモスクシンイミドの世界市場規模 ・N-ブロモスクシンイミドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・N-ブロモスクシンイミドのアメリカ市場規模推移 ・N-ブロモスクシンイミドのカナダ市場規模推移 ・N-ブロモスクシンイミドのメキシコ市場規模推移 ・N-ブロモスクシンイミドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・N- …
  • 世界のメラミンフォーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のメラミンフォーム市場2015について調査・分析し、メラミンフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスマスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガスマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ガスマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用ドローンの世界市場:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)、種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、農業用ドローンの世界市場について調べ、農業用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)分析、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業用ドローンの世界市場概要 ・農業用ドローンの世界市場環境 ・農業用ドローンの世界市場動向 ・農業用ドローンの世界市場規模 ・農業用ドローンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・農業用ドローンの世界市場規模:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス) ・農業用ドローンの世界市場規模:種類別 ・農業用ドローンの世界市場規模:用途別 ・農業用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用ドローンの北米市場規模・予測 ・農業用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・農業用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・農業用ドローンのアジア市場規模・予測 ・農業用ドローンの日本市場規模・予測 …
  • 母線トランキングシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、母線トランキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、母線トランキングシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場について調査・分析し、キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キシロオリゴ糖(XOS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、キシロオリゴ糖(XOS)種類別分析(XOS-95P、XOS-70P、XOS-70L、XOS-35P、XOS-20P)、キシロオリゴ糖(XOS)用途別分析(医療・健康用製品、飲食料品、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キシロオリゴ糖(XOS)の市場概観 ・キシロオリゴ糖(XOS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キシロオリゴ糖(XOS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場規模 ・キシロオリゴ糖(XOS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キシロオリゴ糖(XOS)のアメリカ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のカナダ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のメキシコ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のヨーロ …
  • 業務用薪式ピザ窯の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用薪式ピザ窯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用薪式ピザ窯の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 業務用薪式ピザ窯は、業務用厨房でのピザ作りに使用され、多くがドーム型であり、均一に熱が分布します。業務用薪式ピザ窯では、薪を使うことにより十分な熱が発生し、その熱は壁に吸収されます。そのため、業務用薪式ピザ窯内では、高熱を維持することができます。Technavio社は業務用薪式ピザ窯の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• FONTANA FORNI• Forno Bravo• Le Panyol• Mugnaini Imports• The Stone Bake Oven Company等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"