"心血管情報システム(CVIS)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT 7196)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"心血管情報システム(CVIS)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The China cardiology information system market is projected to register a CAGR of 8.9% during the forecast period.”The China cardiology information system market is projected to reach USD 54 million by 2024 from USD 35 million in 2019, at a CAGR of 8.9%. Growth in this market is driven by the increasing use of medical imaging modalities due to the rising incidence of cardiovascular disease, an increasing number of hospitals in China, and government initiatives for HCIT development. On the other hand, integration and interoperability issues pose a major challenge in this market.

“The integrated systems segment will witness the highest growth during the forecast period.”
Based on system, the China cardiology information system market is segmented into integrated and standalone systems. The integrated systems segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Their cost-effectiveness and potential for workflow efficiency have contributed to their adoption.

“The Software segment will register the highest growth in the China cardiology information system market during the forecast period.”
Based on component, the China cardiology information system market is segmented into software, services, and hardware. The software segment is projected to witness the highest growth in the China cardiology information system market during the forecast period. The growing need to integrate CVIS with C-PACS, EMRs, and other cardiology modules are the major factors supporting the growth of this segment.

“L3B and L2 hospitals are estimated to register the highest CAGR during the forecast period.”
In this report, the China cardiology information system market is segmented into L3A, L3B, and L2 hospitals. The L3B and L2 hospitals segment is projected to register the highest growth rate during the forecast period, mainly due to the increasing number of such hospitals in the country.
Breakdown of Profiles of Primary Participants:
• By Company Type: Tier 1: 20%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 35%
• By Designation: C-level: 30%, Director-level: 20%, and Others: 50%

Key players in the China cardiology information system market include Philips Healthcare (Netherlands), CREALIFE Medical Technology (China), Central Data Network (Australia), Infinitt Healthcare (South Korea), and Esaote (Italy).

Research Coverage:
The report analyzes the China cardiology information system market by system, component, and end user. Apart from comprehensive geographic product analysis and market sizing, the report also provides a competitive landscape that covers the growth strategies adopted by market players over the last three years. In addition, the company profiles include the product portfolios, developments, and strategies adopted by prominent market players to maintain and increase their shares in the market. Market research data, current market size, and a forecast of the future trends will help key market players and new entrants to make the necessary decisions regarding product offerings, geographic focus, changes in strategic approach, and levels of output to remain successful in the market.

Key Benefits of Buying the Report:
This report will enable both established firms and new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help these firms garner greater market shares. Firms purchasing the report can use any one or a combination of the below-mentioned five strategies for strengthening their market shares.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the China cardiology information system market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the product approvals, R&D activities, and product launches in the China cardiology information system market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of the market strategies, geographic and business segments, and product portfolios of the leading players in the China cardiology information system market
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, recent developments, and investments in the China cardiology information system market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"心血管情報システム(CVIS)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Introduction
1.2 Objectives of the Study
2 Research Methodology
3 Market Overview
3.1 Introduction
3.2 Drivers
3.2.1 Rising Incidence and Prevalence of Cardiovascular Disease in China
3.2.2 Increasing Number of Hospitals in China
3.2.3 Favorable Government Initiatives
3.3 Opportunities
3.3.1 Use of Cloud-Based Solutions
3.4 Challenges
3.4.1 Integration and Interoperability
4 China Cardiology Information System Market, By System
4.1 Integrated Systems
4.2 Standalone Systems
5 China Cardiology Information System Market, By Component
5.1 Software
5.2 Services
5.3 Hardware
6 China Cardiology Information System Market, By End User Analysis
6.1 Introduction
6.2 L3A Hospitals
6.3 L3B & L2 Hospitals
6.4 Level 1 Hospitals
7 China Cardiology Information System Market, By End User Analysis
7.1 Market Share Analysis, 2018
7.2 China: Cardiology Information Technology Market Share Analysis for Individual Players, By Hospital Type (2018)
8 China Cardiology Information System Market, Company Profiles
8.1 Philips Healthcare
8.1.1 Company Overview
8.1.2 Products Offered in China
8.1.3 Business Overview
8.1.4 SWOT Analysis
8.1.5 Strategy
8.2 Crealife Medical Technology
8.2.1 Company Overview
8.2.2 Products Offered in China
8.2.3 SWOT Analysis
8.2.4 Strategy
8.3 Central Data Networks
8.3.1 Company Overview
8.3.2 Products Offered in China
8.3.3 SWOT Analysis
8.3.4 Strategy
8.4 Esaote China Ltd.
8.4.1 Company Overview
8.4.2 Products Offered in China
8.5 Infinitt Healthcare Co., Ltd.
8.5.1 Company Overview
8.5.2 Products Offered in China
9 Key Insights From Industry Participants
10 Appendix
10.1 Discussion Guide
10.2 Knowledge Store: Marketssandmarkets’ Subscription Portal
10.3 Related Reports
10.4 Authors Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】心血管情報システム(CVIS)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT 7196
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
心血管情報システム(CVIS)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アメリカの抗凝固剤市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの抗凝固剤市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの抗凝固剤市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 神経血管ステントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、神経血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 消泡剤の世界市場分析:製品別(水ベース、油ベース、シリコンベース)、用途別(パルプ・紙、コーティング、農薬、水処理、食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、消泡剤の世界市場動向、消泡剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別消泡剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動力用鉛蓄電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、動力用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動力用鉛蓄電池市場規模、電池別(VRLA電池、FLA電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・動力用鉛蓄電池の世界市場概要 ・動力用鉛蓄電池の世界市場環境 ・動力用鉛蓄電池の世界市場動向 ・動力用鉛蓄電池の世界市場規模 ・動力用鉛蓄電池の世界市場:業界構造分析 ・動力用鉛蓄電池の世界市場:電池別(VRLA電池、FLA電池) ・動力用鉛蓄電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・動力用鉛蓄電池のアメリカ市場規模・予測 ・動力用鉛蓄電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・動力用鉛蓄電池のアジア市場規模・予測 ・動力用鉛蓄電池の主要国分析 ・動力用鉛蓄電池の世界市場:意思決定フレームワーク ・動力用鉛蓄電池の世界市場:成長要因、課題 ・動力用鉛蓄電池の世界市場:競争環境 ・動力用鉛蓄電池の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • テーマパークバケーションの世界市場:ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク
    当調査レポートでは、テーマパークバケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他)分析、年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ)分析、旅行客種類別(ソロ、グループ)分析、販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・テーマパークバケーションの世界市場:種類別(ウォーターパーク、チルドレンズプレイパーク、アドベンチャーパーク、その他) ・テーマパークバケーションの世界市場:年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ) ・テーマパークバケーションの世界市場:旅行客種類別(ソロ、グループ) ・テーマパークバケーションの世界市場:販売チャンネル(オンラインチャネル、ダイレクトチャネル) ・テーマパークバケーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界のコネクティッド・ヘルスケア市場予測2014-2020
    本調査レポートでは、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場について調査・分析し、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のイムモビライザー市場2015
    本調査レポートでは、世界のイムモビライザー市場2015について調査・分析し、イムモビライザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血清学的移植診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血清学的移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、血清学的移植診断の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ナローバンドIoTチップセットの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ナローバンドIoTチップセットの世界市場について調査・分析し、ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模:展開種類別分析 ・ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模:提供別分析 ・ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模:デバイス別分析 ・ナローバンドIoTチップセットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • HIV/AIDS検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • バスルーム&トイレ用補助器具の世界市場:チェア・スツール、バスリフト、便座レイザー、トイレ補助用品、室内用トイレ、ハンドグリップ・グラブバー、入浴補助用品
    当調査レポートでは、バスルーム&トイレ用補助器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動脈切開・閉鎖機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、動脈切開・閉鎖機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・動脈切開・閉鎖機器の概要 ・動脈切開・閉鎖機器の開発動向:開発段階別分析 ・動脈切開・閉鎖機器の開発動向:セグメント別分析 ・動脈切開・閉鎖機器の開発動向:領域別分析 ・動脈切開・閉鎖機器の開発動向:規制Path別分析 ・動脈切開・閉鎖機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別動脈切開・閉鎖機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・動脈切開・閉鎖機器の最近動向
  • データセンター液体冷却の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンター液体冷却の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンター液体冷却市場規模、用途別(冷水冷却、液浸冷却)分析、製品別(空調設備、冷却塔、エコノマイザー、チラー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、IBM, Rittal (Friedhelm Loh Group), Schneider Electric, STULZ, Vertivなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンター液体冷却の世界市場概要 ・データセンター液体冷却の世界市場環境 ・データセンター液体冷却の世界市場動向 ・データセンター液体冷却の世界市場規模 ・データセンター液体冷却の世界市場:業界構造分析 ・データセンター液体冷却の世界市場:用途別(冷水冷却、液浸冷却) ・データセンター液体冷却の世界市場:製品別(空調設備、冷却塔、エコノマイザー、チラー、その他) ・データセンター液体冷却の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デー …
  • フォトマスクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フォトマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトマスクの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬剤
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、経カテーテル的大動脈弁置換術市場規模、製品別(大腿骨移植、経肛門的移植)分析、最終用途別(病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場概要 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場環境 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場動向 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場規模 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:業界構造分析 ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:製品別(大腿骨移植、経肛門的移植) ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:最終用途別(病院、その他) ・経カテーテル的大動脈弁置換術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のアメリカ市場規模・予測 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のヨーロッパ市場規模・予測 ・経カテーテル的大動脈弁置換術のアジア市場規模 …
  • 顕微鏡の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は顕微鏡の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bruker、JEOL、Thermo Fisher Scientific、ZEISS等です。
  • セパレート型エアコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セパレート型エアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セパレート型エアコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフォロプター市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォロプター市場2015について調査・分析し、フォロプターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型トラック用ステアリングシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、小型トラック用ステアリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小型トラック用ステアリングシステム市場規模、種類別(EPS、HPS、EHPS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場概要 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場環境 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場動向 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場規模 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:業界構造分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:種類別(EPS、HPS、EHPS) ・小型トラック用ステアリングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小型トラック用ステアリングシステムの北米市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・小型トラック用ステアリングシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・小型ト …
  • 食品保存料の世界市場2018-2028
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、食品保存料の世界市場について調査・分析し、食品保存料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・食品保存料の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・食品保存料の世界市場:セグメント別市場分析 ・食品保存料の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • APT攻撃対策のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、APT攻撃対策のヨーロッパ市場について調査・分析し、APT攻撃対策のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車端子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車端子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車端子市場規模、オンハイウェイ車両種類別(大型商用車(HCV)、小型商用車(LCV)、乗用車(PC)分析、電流定格別(100アンペア以上、41~100アンペア、40アンペア以下)分析、電気自動車別(プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、バッテリー電気自動車(BEV))分析、エンジン種類別(電気、内燃エンジン(ICE)分析、オフハイウェイ車両種類別(建設車両、農業車両)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車端子の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車端子の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車端子の世界市場:オンハイウェイ車両種類別(大型商用車(HCV)、小型商用車(LCV)、乗用車(PC) ・ 自動車端子の世界市場:電流定格別(100アンペア以上、41~100アンペア、40アンペア以下) ・ 自動車端子の世界市場:電気自動車 …
  • 世界のナノ濾過膜(NF膜)市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノ濾過膜(NF膜)市場2015について調査・分析し、ナノ濾過膜(NF膜)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉛蓄電池の世界市場2020-2024:用途別、製品別、地域別
    「鉛蓄電池の世界市場2020-2024」は、鉛蓄電池について市場概要、市場規模、用途別(自動車、静止、動機)分析、製品別(VRLAバッテリー、FLAバッテリー)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・鉛蓄電池の世界市場:用途別(自動車、静止、動機) ・鉛蓄電池の世界市場:製品別(VRLAバッテリー、FLAバッテリー) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の鉄欠乏性貧血(Iron Deficiency Anemia)治療薬剤
  • ロシアのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 不織布の世界市場予測(~2022年):技術、素材、用途、機能、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、材料別分析、用途別分析、機能別分析、不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗レトロウイルス療法の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、抗レトロウイルス療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、抗レトロウイルス療法の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は抗レトロウイルス療法の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Gilead、ViiV Healthcare、Janssen Pharmaceuticals、F. Hoffmann-La Roche等です。
  • 硬性内視鏡の世界市場2017-2021:直線型、半硬性
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、硬性内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬性内視鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は硬性内視鏡の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKARL STORZ、Olympus、Stryker、Richard Wolf、B. Braun Melsungen等です。
  • プラチナ採掘の世界市場2022
  • 世界の真空断熱パネル(VIP)市場2016
    本調査レポートでは、世界の真空断熱パネル(VIP)市場2016について調査・分析し、真空断熱パネル(VIP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビニルタイルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビニルタイルの世界市場について調査・分析し、ビニルタイルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビニルタイルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ビニルタイル種類別分析(柔軟型、リギッド型)、ビニルタイル用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビニルタイルの市場概観 ・ビニルタイルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビニルタイルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビニルタイルの世界市場規模 ・ビニルタイルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビニルタイルのアメリカ市場規模推移 ・ビニルタイルのカナダ市場規模推移 ・ビニルタイルのメキシコ市場規模推移 ・ビニルタイルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビニルタイルのドイツ市場規模推移 ・ビニルタイルのイギリス市場規模推移 ・ビニルタイルのロシア市場規模推移 ・ビニルタイルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ビニ …
  • 建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場
  • 世界の自動車用シリンダーヘッド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用シリンダーヘッド市場2016について調査・分析し、自動車用シリンダーヘッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産養殖の主要5か国市場:ポンパノ、スナッパー、サーモン、ミルクフィッシュ、マグロ、ティラピア、ナマズ、シーバス
    当調査レポートでは、水産養殖の主要5か国について調査・分析し、市場概要、魚種類別(ポンパノ、スナッパー、サーモン、ミルクフィッシュ、マグロ、ティラピア、ナマズ、シーバス、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・水産養殖の主要5か国:魚種類別(ポンパノ、スナッパー、サーモン、ミルクフィッシュ、マグロ、ティラピア、ナマズ、シーバス、その他) ・水産養殖のアメリカ市場 ・水産養殖のヨーロッパ市場 ・水産養殖のロシア市場 ・水産養殖の中国市場 ・水産養殖の日本市場 ・企業動向
  • 動脈瘤(Aneurysm):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈瘤(Aneurysm)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈瘤(Aneurysm)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈瘤(Aneurysm)の概要 ・動脈瘤(Aneurysm)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈瘤(Aneurysm)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈瘤(Aneurysm)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・動脈瘤(Aneurysm)治療薬開発に取り組んでい …
  • 治験管理システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、治験管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、導入形式別分析、種類別分析、構成要素別分析、治験管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消化性潰瘍(Peptic Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の概要 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • ビジネスホテルの世界市場2022
  • 実験室用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、実験室用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、実験室用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スパイス及び調味料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパイス及び調味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパイス及び調味料の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 運動制御の世界市場予測(~2022):構成要素別、用途別(パッケージング、マテリアルハンドリング、金属加工、変換、位置決め)、産業別、地域別
    当調査レポートでは、運動制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、運動制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ファブリックの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ファブリックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ファブリック市場規模、販売チャネル別(オフライン、オンライン)分析、繊維別(コンポジット(ガラス繊維・炭素繊維)、ポリアミド、アラミド、ポリエステル、その他)分析、用途別(伝動ベルト、防護服、難燃性アパレル、コンベヤーベルト、自動車用カーペット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ファブリックの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ファブリックの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用ファブリックの世界市場:販売チャネル別(オフライン、オンライン) ・ 産業用ファブリックの世界市場:繊維別(コンポジット(ガラス繊維・炭素繊維)、ポリアミド、アラミド、ポリエステル、その他) ・ 産業用ファブリックの世界市場:用途別(伝動ベルト、防護服、難燃性アパレル、コンベヤーベルト、自動車用カーペット、その他) ・ 産業用ファブリックの世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • ロシアのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 南アフリカの整形外科装置市場見通し
  • 眼痛(Ocular Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における眼痛(Ocular Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、眼痛(Ocular Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・眼痛(Ocular Pain)の概要 ・眼痛(Ocular Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の眼痛(Ocular Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・眼痛(Ocular Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・眼痛(Ocular Pai …
  • 船舶用照明の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、船舶用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、船舶別(旅客、商業、ヨット)分析、技術別(LED、蛍光、ハロゲン、キセノン)分析、用途別(ナビゲーション、ドーム、C&U、読書、ドッキング、安全、装飾)分析、種類別(機能性、装飾用)分析、船舶用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、船舶用照明の世界市場規模が2019年328百万ドルから2027年495百万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。
  • 海洋バイオテクノロジーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、海洋バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、海洋バイオテクノロジーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:市場動向分析 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:競争要因分析 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:製品別 ・バイオ材料 ・生物活性物質 ・その他 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:用途別 ・消費財 ・エネルギー ・環境 ・食料・飼料 ・医療/バイオテクノロジー ・工業製品 ・公共サービス・インフラ ・その他 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:原料別 ・珊瑚・海綿 ・大型藻類 ・海生菌類 ・海洋ウイルス ・微細藻類 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:主要地域別分析 - 海洋バイオテクノロジーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 海洋バイオテクノロジーのヨーロッパ市場規模 - 海洋バイオテクノロジーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・海洋バイオテクノロジーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"