"脳神経外科用装置の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7344)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"脳神経外科用装置の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The neurosurgery devices market is projected to grow at a CAGR of 13.0% during the forecast period.”The neurosurgery devices market is projected to reach USD 13.5 billion by 2024 from USD 7.3 billion in 2019, at a CAGR of 13.0% during the forecast period. Growth in this market can be attributed to the rising prevalence of neurological disorders, efforts to develop the application base for neuromodulation, the benefits of neuroendoscopic surgeries over conventional brain surgeries, and the growing prevalence of neurological diseases. However, the high cost of neuroendoscopy procedures and equipment, along with a dearth of a trained workforce, is expected to limit market growth to a certain extent during the forecast period.

“The internal neuromodulation devices segment accounted for the largest share of the neuromodulation devices market in 2018.”
On the basis of product, the neurosurgery devices market is segmented into neuromodulation devices and neuroendoscopy devices. The neuromodulation devices market is further segmented into internal neuromodulation devices and external neuromodulation devices. The internal neuromodulation devices segment accounted for the largest share of the neuromodulation devices market in 2018. The large share of this segment is attributed to the rising number of neurological disorders owing to the rising geriatric population globally.

“The chronic pain applications segment will continue to dominate the spinal cord stimulation applications market during the forecast period.”
On the basis of application, the neurosurgery devices market is segmented into spinal cord stimulation, deep brain stimulation, and neuroendoscopy applications. The spinal cord stimulation applications market is further segmented into chronic pain, failed back surgery syndrome, and ischemia. The chronic pain segment accounted for the largest share of the spinal cord stimulation applications market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the growing geriatric population and the increasing incidence of age-related neurological disorders.

“The neurosurgery devices market in the Asia Pacific region is expected to witness the highest growth rate during the forecast period.”
Geographically, the neurosurgery devices market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. The Asia Pacific market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the large population in Asia (India and China account for over one-third of the global population) as well as the rising geriatric population in Asian countries.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1: 55%, Tier 2: 20%, and Tier 3: 25%
• By Designation: C-level: 35%, Director-level: 25%, and Others: 40%
• By Region: North America: 20%, Europe: 25%, APAC: 40%, and the RoW: 15%

Major players in this market include B. Braun Melsungen (Germany), Medtronic (US), Boston Scientific Corporation (US), Nevro Corporation (US), KARL STORZ (Germany), Abbott (US), Ackermann Instrumente (Germany), Hawk (China), Machida Endoscope (Japan), and adeor Medical (Germany).

Research Coverage
This report studies the neurosurgery devices market based on product, application, and region. The report also studies the different factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the neurosurgery devices market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"脳神経外科用装置の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Design
2.2 Research Approach
2.2.1 Research Methodology Steps
2.2.2 Secondary and Primary Research Methodology
2.2.2.1 Secondary Research
2.2.2.2 Secondary Sources
2.2.2.3 Primary Research
2.2.2.4 Primary Sources
2.2.2.5 Key Insights From Primary Sources
2.3 Neurosurgery Instruments Market Size Estimation Methodology
2.4 Market Data Estimation and Triangulation
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Neurosurgery Devices: Market Overview
4.2 Neurosurgery Devices Market for Spinal Cord Stimulation, By Type, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.3 Deep Brain Stimulation Applications Market, By Type, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Research Into Expanding Applications of Neuromodulation
5.2.1.2 Benefits of Neuroendoscopic Surgery Over Conventional Brain Surgery
5.2.1.3 Rising Prevalence of Neurological Diseases
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Neuroendoscopy Procedures and Equipment
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Trained Professionals
6 Neurosurgery Devices Market, By Product (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Neuromodulation Devices
6.2.1 Internal Neuromodulation Devices
6.2.2 Spinal Cord Stimulation Devices
6.2.2.1 SCS Devices Dominate the Internal Neuromodulation Devices Market as They are Cost-Efficient
6.2.3 Deep Brain Stimulation Devices
6.2.3.1 Growing Prevalence of Parkinson’s Disease and Other Neurological Disorders to Fuel Market Growth
6.2.4 Other Internal Neuromodulation Devices
6.3 External Neuromodulation Devices
6.3.1 Rising Demand for Noninvasive Neuromodulation Techniques to Drive the Adoption of External Neuromodulation Devices
6.4 Neuroendoscopy Devices
6.4.1 Low Cost, Smaller Incisions, and Reduced Hospital Stay are Some of the Advantages Associated With Neuroendoscopy Devices
7 Neurosurgery Devices Market, By Application (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Spinal Cord Stimulation Market
7.2.1 Chronic Pain
7.2.1.1 Spinal Cord Stimulation is the Standard Procedure for Patients With Chronic Pain
7.2.2 Failed Back Surgery Syndrome (FBSS)
7.2.2.1 Treatments Such as Chiropractic and Acupressure are Expected to Hamper the Growth of the Market for FBSS
7.2.3 Ischemia
7.2.3.1 High Incidence of Ischemia to Drive the Demand for Neurosurgery Devices
7.3 Deep Brain Stimulation Market
7.3.1 Parkinson’s Disease
7.3.1.1 Rising Incidence of Parkinson’s and the Growing Number of Researches Conducted in This Field to Drive Market Growth
7.3.2 Tremor
7.3.2.1 Rising Geriatric Population and the High Efficacy of DBS to Support Market Growth
7.3.3 Depression
7.3.3.1 DBS Therapies to Treat Depression Involve Activating the Brain Directly With Magnets, Implants, and Electricity
7.3.4 Other DBS Applications
7.4 Neuroendoscopy
7.4.1 Transnasal Neuroendoscopy
7.4.1.1 Transnasal Neuroendoscopy is Indicated for Biopsies, Removal of Cysts, and Removal of Pituitary Gland Tumors
7.4.2 Intraventricular Neuroendoscopy
7.4.2.1 Ease of Use, Increased Visibility, and Treatment of A Large Number of Neurological Conditions—Key Advantages of Intraventricular Neuroendoscopy
7.4.3 Transcranial Neuroendoscopy
7.4.3.1 Transcranial Approach is More Invasive as Compared to the Transnasal Neuroendoscopic Approach
8 Neurosurgery Devices Market, By Region (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 The US Dominates the North American Neurosurgery Devices Market Due to the High Prevalence of Traumatic Brain Injuries
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Favorable Government Initiatives to Support Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 The Strong Presence of Key Neurosurgery Equipment Manufacturers to Support Market Growth
8.3.2 UK
8.3.2.1 High Burden of Brain Tumors to Fuel Market Growth
8.3.3 France
8.3.3.1 Rising Geriatric Population and the Associated Increase in the Prevalence of Neurological Disorders to Drive the Demand for Neurosurgery Devices
8.3.4 RoE
8.4 Asia Pacific
8.5 Rest of the World
9 Competitive Landscape (Page No. – 91)
9.1 Overview
9.2 Neurosurgery Instruments Market Share Analysis
9.2.1 Introduction
9.3 Competitive Leadership Mapping
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Product Launches
9.4.2 Expansions
9.4.3 Acquisitions
9.4.4 Joint Ventures
10 Company Profiles (Page No. – 99)
10.1 B. Braun Melsungen
10.2 Medtronic
10.3 Boston Scientific Corporation
10.4 Nevro Corporation
10.5 Karl Storz
10.6 Abbott
10.7 Ackermann Instrumente
10.8 Adeor Medical
10.9 Hangzhou Hawk Optical Electronic Instruments
10.10 Machida Endoscope Co., Ltd.
11 Appendix (Page No. – 114)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】脳神経外科用装置の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7344
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
脳神経外科用装置の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 潤滑油精製による副産物の世界市場予測(~2023年):完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン
    潤滑油精製による副産物の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には113億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は1.8%と予測されています。パッケージング、ゴム製造、化粧品、および製薬の各業界における成長は、この市場を促進する原動力となると考えられています。当調査レポートでは、潤滑油精製による副産物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン、その他)分析、潤滑油精製による副産物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トゥレット障害(Tourette Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・トゥレット障害(Tourette Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のトゥレット障害(Tourette Syndrome)治療薬剤
  • インタラクティブホワイトボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボードの世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インタラクティブホワイトボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、インタラクティブホワイトボード種類別分析()、インタラクティブホワイトボード用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インタラクティブホワイトボードの市場概観 ・インタラクティブホワイトボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インタラクティブホワイトボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インタラクティブホワイトボードの世界市場規模 ・インタラクティブホワイトボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インタラクティブホワイトボードのアメリカ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのカナダ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのメキシコ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • RTLSのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、RTLSのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTLSのアメリカ市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、ソリューション別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、セキュリティ技術別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dディスプレイの世界市場:3Dテレビ、3Dスマートフォン、3D HMD
    当調査レポートでは、3Dディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ペット用ダイエットサプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ペット用ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用ダイエットサプリメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プロセス別分析、運用別分析、種類別分析、産業別分析、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DDoS防御の世界市場2017-2021:製品、サービス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、DDoS防御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DDoS防御の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はDDoS防御の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.04%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkamai Technologies、ARBOR NETWORKS、F5 Networks、Imperva、Neustar等です。
  • 走査型電子顕微鏡の世界市場:最終用途別、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、走査型電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、走査型電子顕微鏡の世界市場動向、走査型電子顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別走査型電子顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 一成分ポリウレタンフォームの世界市場予測(~2022年):ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)、ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、一成分ポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、一成分ポリウレタンフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデルモコスメティック(スキンケア化粧品)市場
  • 世界の椎弓根スクリューベース動的安定装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、椎弓根スクリューベース動的安定装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の概要 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向:開発段階別分析 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向:セグメント別分析 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向:領域別分析 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向:規制Path別分析 ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別椎弓根スクリューベース動的安定装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・椎弓根スクリューベース動的安定装置の最近動向
  • 奥行き感知の世界市場予測(~2023年):ステレオビジョン、立体照明、TOF
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、奥行き感知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術(ステレオビジョン、立体照明、TOF)別分析、産業別分析、地域別分析、奥行き感知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフラクトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のフラクトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、フラクトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤の概要 ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療機器の外注の世界市場分析:用途別(クラスI、クラスII、クラスIII)、サービス別(規制コンサルティング、製品設計と開発、製品テスト、製品実装、製品アップグレード、製品メンテナンス)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医療機器の外注の世界市場について調査・分析し、医療機器の外注の世界市場動向、医療機器の外注の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器の外注市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セラミック装甲の世界市場:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)、地域別予測
    本資料は、セラミック装甲の世界市場について調べ、セラミック装甲の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)分析、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)分析、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セラミック装甲の世界市場概要 ・セラミック装甲の世界市場環境 ・セラミック装甲の世界市場動向 ・セラミック装甲の世界市場規模 ・セラミック装甲の世界市場規模:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素) ・セラミック装甲の世界市場規模:用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶) ・セラミック装甲の世界市場規模:プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間) ・セラミック装甲の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミック装甲の北米市場規模・予測 ・セラミック装甲のアメリカ市場規模・予測 ・セラミック装甲のヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミック …
  • サービスロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サービスロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サービスロボット市場規模、コンポーネント別(アクチュエーター、制御システム、電源、センサー、ソフトウェア、その他)分析、オペレーティング環境別(地上ベース、空域、無人サーフェスコントロール、ROV、AUV)分析、用途別(プロフェッショナルサービスロボット、パーソナルサービスロボット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サービスロボットの世界市場:市場動向分析 ・ サービスロボットの世界市場:競争要因分析 ・ サービスロボットの世界市場:コンポーネント別(アクチュエーター、制御システム、電源、センサー、ソフトウェア、その他) ・ サービスロボットの世界市場:オペレーティング環境別(地上ベース、空域、無人サーフェスコントロール、ROV、AUV) ・ サービスロボットの世界市場:用途別(プロフェッショナルサービスロボット、パーソナルサービスロボット、その他) …
  • 皮膚科用診断装置の世界市場:顕微鏡、イムノアッセイ、分子診断
    当調査レポートでは、皮膚科用診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚科用診断装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インクヘッドプリンターヘッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インクヘッドプリンターヘッドの世界市場について調査・分析し、インクヘッドプリンターヘッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インクヘッドプリンターヘッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、インクヘッドプリンターヘッド種類別分析(圧電型、感熱式)、インクヘッドプリンターヘッド用途別分析(一般消費者・企業用、商業用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インクヘッドプリンターヘッドの市場概観 ・インクヘッドプリンターヘッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インクヘッドプリンターヘッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インクヘッドプリンターヘッドの世界市場規模 ・インクヘッドプリンターヘッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インクヘッドプリンターヘッドのアメリカ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのカナダ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのメキシコ市場規模推移 ・インクヘッドプリンターヘッドのヨーロッパ市場分析( …
  • 農業用カメラ・監視システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、農業用カメラ・監視システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用カメラ・監視システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は農業用カメラ・監視システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBasler、Dakota Micro、Orlaco、PROVIX、Tetracam等です。
  • 人工内耳の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工内耳の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工内耳市場規模、種類別(片耳用、両耳用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工内耳の世界市場概要 ・人工内耳の世界市場環境 ・人工内耳の世界市場動向 ・人工内耳の世界市場規模 ・人工内耳の世界市場:業界構造分析 ・人工内耳の世界市場:種類別(片耳用、両耳用) ・人工内耳の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工内耳のアメリカ市場規模・予測 ・人工内耳のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工内耳のアジア市場規模・予測 ・人工内耳の主要国分析 ・人工内耳の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工内耳の世界市場:成長要因、課題 ・人工内耳の世界市場:競争環境 ・人工内耳の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 精密農業の世界市場予測(~2022):技術別(誘導システム、リモートセンシング、可変レート技術)、提供形態別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、提供形態別分析、用途別分析、地域別分析、精密農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのアルコール飲料市場:ビール、スピリッツ、ワイン
    当調査レポートでは、アメリカのアルコール飲料市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのアルコール飲料市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイン酸受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイン酸受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイン酸受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 堅牢型携帯端末の世界市場
    当調査レポートでは、堅牢型携帯端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、堅牢型携帯端末の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動音声応答(IVR)システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動音声応答(IVR)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動音声応答(IVR)システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 不揮発性DIMMメモリ(NVDIMM)の世界市場
    当調査レポートでは、不揮発性DIMMメモリ (NVDIMM) の世界市場について調査・分析し、不揮発性DIMMメモリ (NVDIMM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • サーバー用レールキットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、サーバー用レールキットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーバー用レールキット市場規模、用途別(ラックサーバー、ブレードサーバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーバー用レールキットの世界市場概要 ・サーバー用レールキットの世界市場環境 ・サーバー用レールキットの世界市場動向 ・サーバー用レールキットの世界市場規模 ・サーバー用レールキットの世界市場:業界構造分析 ・サーバー用レールキットの世界市場:用途別(ラックサーバー、ブレードサーバー) ・サーバー用レールキットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーバー用レールキットの北米市場規模・予測 ・サーバー用レールキットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーバー用レールキットのアジア太平洋市場規模・予測 ・サーバー用レールキットの主要国分析 ・サーバー用レールキットの世界市場:意思決定フレームワーク ・サーバー用レールキットの世界市場:成 …
  • 家庭用除湿器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用除湿器の世界市場について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用除湿器シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用除湿器種類別分析(ポータブル、家全体)、家庭用除湿器用途別分析(家庭用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用除湿器の市場概観 ・家庭用除湿器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用除湿器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用除湿器の世界市場規模 ・家庭用除湿器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用除湿器のアメリカ市場規模推移 ・家庭用除湿器のカナダ市場規模推移 ・家庭用除湿器のメキシコ市場規模推移 ・家庭用除湿器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用除湿器のドイツ市場規模推移 ・家庭用除湿器のイギリス市場規模推移 ・家庭用除湿器のロシア市場規模推移 ・家庭用除湿器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等 …
  • カーボンブラックの世界市場予測(~2021年):ファーネスブラック、チャネルブラック、サーマルブラック、アセチレンブラック
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、カーボンブラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのスキンケア市場動向(~2020)
  • コンピューター支援コーディングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、コンピューター支援コーディングの世界市場について調査・分析し、コンピューター支援コーディングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - コンピューター支援コーディングの世界市場:市場動向分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:競争要因分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:デリバリー形態型 ・クラウド型ソリューション ・オンプレミスソリューション ・ウェブ型ソリューション - コンピューター支援コーディングの世界市場:製品・サービス別 ・サービス ・ソフトウェア - コンピューター支援コーディングの世界市場:エンドユーザー別 ・大学医療センター ・臨床検査室・診断センター ・病院 ・診療所 ・保険者 ・その他の医療機関 - コンピューター支援コーディングの世界市場:用途別 ・自動コンピューター支援コーディング ・臨床コード監査 ・管理レポート・分析 - コンピューター支援コーディングの世界市場:主要地域別分析 - コンピューター支援コーディングの北米市場規模(アメ …
  • 世界の赤外線検知装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線検知装置市場2015について調査・分析し、赤外線検知装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ウインドシールドの世界市場予測(~2025年):合わせガラス、強化ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ウインドシールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ガラス種類別分析、材料種類別分析、位置別分析、車両種類別分析、自動車ウインドシールドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸バリウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、硝酸バリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硝酸バリウム市場規模、最終用途別(花火・花火製造、ガラス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硝酸バリウムの世界市場概要 ・硝酸バリウムの世界市場環境 ・硝酸バリウムの世界市場動向 ・硝酸バリウムの世界市場規模 ・硝酸バリウムの世界市場:業界構造分析 ・硝酸バリウムの世界市場:最終用途別(花火・花火製造、ガラス、その他) ・硝酸バリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・硝酸バリウムのアメリカ市場規模・予測 ・硝酸バリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・硝酸バリウムのアジア市場規模・予測 ・硝酸バリウムの主要国分析 ・硝酸バリウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・硝酸バリウムの世界市場:成長要因、課題 ・硝酸バリウムの世界市場:競争環境 ・硝酸バリウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • パーライトの世界市場2014-2025:用途別(建設製品、園芸・農業、工業、濾過・加工助剤)、地域別
    本調査レポートでは、パーライトの世界市場について調査・分析し、パーライトの世界市場動向、パーライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別パーライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のアスファルト舗装機市場2015
    本調査レポートでは、世界のアスファルト舗装機市場2015について調査・分析し、アスファルト舗装機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管性浮腫(Angioedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性浮腫(Angioedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性浮腫(Angioedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性浮腫(Angioedema)の概要 ・血管性浮腫(Angioedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性浮腫(Angioedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性浮腫(Angioedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血 …
  • 世界のインターロッキング髄内釘市場2015
    本調査レポートでは、世界のインターロッキング髄内釘市場2015について調査・分析し、インターロッキング髄内釘の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ボディードライヤーの世界市場:種類別(壁掛け式、床置き式)、エンドユーズ別(住宅、商業)
    本資料は、ボディードライヤーの世界市場について調べ、ボディードライヤーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(壁掛け式、床置き式)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ボディードライヤーの世界市場概要 ・ボディードライヤーの世界市場環境 ・ボディードライヤーの世界市場動向 ・ボディードライヤーの世界市場規模 ・ボディードライヤーの世界市場:市場シェア ・ボディードライヤーの世界市場:種類別(壁掛け式、床置き式) ・ボディードライヤーの世界市場:エンドユーズ別(住宅、商業) ・ボディードライヤーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボディードライヤーの北米市場規模・予測 ・ボディードライヤーのアメリカ市場規模・予測 ・ボディードライヤーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ボディードライヤーのアジア市場規模・予測 ・ボディードライヤーの日本市場規模・予測 ・ボディードライヤーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 炭化ケイ素(SiC)の世界市場:製品別(黒色SiC、緑色SiC)、最終用途別(鋼鉄・エネルギー、自動車、航空宇宙及び航空機)、セグメント予測
    本調査レポートでは、炭化ケイ素(SiC)の世界市場について調査・分析し、炭化ケイ素(SiC)の世界市場動向、炭化ケイ素(SiC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭化ケイ素(SiC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用電気式食品蒸し器の世界市場
    当調査レポートでは、業務用電気式食品蒸し器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用電気式食品蒸し器の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 無菌包装の世界市場分析:製品別(カートン、ボトル、バッグ・パウチ、充填済シリンジ、試料びん・アンプル)、用途別(食品、飲料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、無菌包装の世界市場動向、無菌包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別無菌包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のころ軸受市場2015
    本調査レポートでは、世界のころ軸受市場2015について調査・分析し、ころ軸受の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の概要 ・増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • 術中医用画像撮影の世界市場2017-2021:術中CT、術中超音波、術中MRI、携帯Cアーム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、術中医用画像撮影の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中医用画像撮影の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は術中医用画像撮影の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBrainlab、GE Healthcare、IMRIS, Deerfield Imaging、Philips Healthcare、Siemens Healthcare等です。
  • 貴金属の世界市場:金、銀、パラジウム、白金
    当調査レポートでは、貴金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、貴金属の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"