"IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7342)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for cloud-based security solutions and services to drive the adoption of Identity as a Service (IDaaS) marketThe IDaaS market is projected to grow from USD 2.5 billion in 2019 to USD 6.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 21.1% during the forecast period. The fast growth in IT infrastructure has given rise to new vulnerabilities and threats. The cloud-based security solutions and services, such as IDaaS, offer significant advantages, as they are cost-effective and provide 24×7 monitoring. Hence, the rising demand for cloud-based security solutions is driving the global IDaaS market.

Advanced authentication segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The advanced authentication segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The term advanced authentication includes different types of authentication methods. It combines multi-factor credentials to avoid unwanted access and frauds. This is a scalable and flexible solution, which incorporates both risk-based authentication and strong authentication. It includes software revenues from technologies used for biometric recognition of identities; smart cards software; and 2, 3, and multifactor authentications. The market for advanced authentication is growing due to the rising concerns of thefts and data breaches of sensitive information from the organization’s electronic devices. It also provides the centralized visibility of all user identities for accessing cloud or on-premises-based applications and systems.

Large organizations segment to lead the IDaaS market in 2019
Organizations with more than 1000 employees are categorized as large businesses. Affordability of resources and high economies of scale enable these organizations to leverage the benefits of IDaaS. As cloud technologies are simplifying the IT aspects, several enterprises have replaced their traditional IT infrastructure technologies and various other management processes with cloud deployment and service delivery models. Hence, a number of enterprises are building strategies inclined toward IDaaS, which would provide a common platform to the complex and dispersed computing environment and management of identities and provisioning of employees scattered at different locations. The large enterprises would have centralized management and single point of accountability for the management of various types of user provisioning and authentications that would help them reduce the cost of implementing on-premises solutions while complying with the ever-changing regulatory environment. IDaaS would also help them reduce the IT department’s responsibility in ensuring enterprises are complying with governance, security, and the policies of the government while minimizing enterprise risks.

The APAC IDaaS market to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to invest more in security spending owing to the increasing number of identity and access breaches. The region consists of the world’s fastest-growing economies such as China, India, and Japan. Moreover, technology penetration in the region is high. APAC has witnessed advanced and dynamic adoption of innovative technologies and has always been a lucrative market for security solutions and service providers. Though the region is adopting the latest security technologies, it is targeted by several cyberattacks. In 2018, APAC witnessed rising threats; for instance, the computer systems of 2 Thailand banks were compromised, which affected the personal and corporate data of more than 120,000 customers. According to a survey by Fair Isaac Corporation (FICO), 74% of APAC banks surveyed believe that cases of fraud in their country will increase significantly in 2019. As per Global Cybersecurity Index (GCI) 2017 by International Telecommunication Union (ITU), Singapore and Malaysia are among the top 5 countries globally that have shown commitment toward building national policies for protection against cybercrimes. This has led to increased adoption of IDaaS solutions in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the IDaaS market.
• By Company Type: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-level – 38%, Directors – 30%, and Others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, APAC – 35%, MEA – 5%, and Latin America– 5%
Major vendors of IDaaS solutions and services include Okta, Inc. (US), IDaptive, LLC (US), Ping Identity (US), OneLogin (US), CA Technologies (US), SailPoint Technologies (US), Microsoft Corporation (US), Oracle Corporation (US), IBM Corporation (US), Google (US), Salesforce (US), HCL (India), Capgemini (France), Gemalto (Netherlands), Simeio Solutions (US), Jumio (US), Connectis (Netherlands), Auth0 (US), One Identity (US), and JumpCloud (US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the IDaaS market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on deployment types, components, organization sizes, verticals, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall IDaaS market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Identity as a Service Market
4.2 Asia Pacific Market By Vertical and Country
4.3 Identity as a Service Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Obligations to Follow Regulatory Mandates and Data Protection Laws
5.2.1.2 Increased Security Concerns Both in the Public and Private Sector Enhanced the Demand for Cloud-Based Security Solutions and Services
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Budgetary Limitations to Inhibit the Adoption of Idaas Solutions
5.2.2.2 Organizations’ Hesitations About Cloud-Based Security Adoption
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Addition of AI and ML Technologies to Improve Identity Management
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rise in IT Infrastructure Complexities
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
6 Identity as a Service Market By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Provisioning
6.2.1 Provisioning is at the Core of Access Rights Compliance and Enforcement Management
6.3 Single Sign-On
6.3.1 Single Sign-On to Save a Lot of Time for Users By Authenticating the User for All the Applications
6.4 Advanced Authentication
6.4.1 Growing Concerns of Thefts and Data Breaches From Organization’s Electronic Devices Increasing the Demand for Advanced Authentication
6.5 Audit, Compliance, and Governance
6.5.1 Stringent Regulatory Compliances for Audit, Compliance, and Governance Solution to Drive the Market Growth
6.6 Directory Services
6.6.1 Directory Services to Manage User Access Access Control to Users Based on Centralized Policy and Rules
6.7 Password Management
6.7.1 Increasing Number of Users and Device Identities to Fuel the Growth of the Password Management Segment
7 Identity as a Service Market By Deployment Type (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Public Cloud
7.2.1 Low Cost and Increased Security Capabilities to Result in Rising Popularity of Public Cloud
7.3 Private Cloud
7.3.1 Private Cloud to Gain Popularity Among Enterprises Requiring Better Control Over Data
7.4 Hybrid Cloud
7.4.1 Hybrid Cloud to Gain a Huge Traction Due to ITs Several Benefits to Enterprises
8 Identity as a Service Market By Organization Size (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises Adopt Cloud-Based Services for Achieving Low Operational Costs and Capital Expenditure Advantages
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Growing Inclination of Large Enterprises Toward Identity as a Service to Provide a Common Platform for the Complex and Dispersed Computing Environment and Management of Identities
9 Identity as a Service Market By Vertical (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Rise in Impersonation Fraud Incidents and Identity Attacks on Banks and Financial Institutes to Foster the Adoption of Identity as a Service Solutions
9.3 Telecom and IT
9.3.1 Need to Manage the Huge Databases of Identities Generated in the Telecom and IT Vertical to Drive the Adoption of Identity as a Service
9.4 Retail and Consumer Goods
9.4.1 Constant Need to Manage Large Databases of Consumer Identity in the Retail Vertical to Drive the Demand for Identity as a Service Solutions
9.5 Public Sector
9.5.1 Rise in Corruption and Bribery to Raise the Need for Improved Cloud-Based Identity Management Solutions and Services
9.6 Energy and Utilities
9.6.1 Identity as a Service Solutions to Enhance Operational Efficiency and Mitigate Potential Identity-Based Threats in the Energy and Utilities Vertical
9.7 Manufacturing
9.7.1 Growing Adoption of Security Solutions and Services in the Manufacturing Vertical to Drive the Growth of the Identity as a Service Market
9.8 Healthcare
9.8.1 Increasing Instances of Patient Identity Thefts to Drive the Demand for Identity as a Service Solutions in the Healthcare Vertical
9.9 Education
9.9.1 Technological Enhancements in Education Vertical to Drive the Demand for Identity as a Service Solutions
9.10 Others
10 Identity as a Service Market By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Demand for Adoption of Digital Identities in the Government and Public Sector to Drive the Adoption of Identity as a Service Solutions in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Rise in False Transactions in Canada to Increase the Adoption of Identity as a Service
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Emphasis on Securing Citizens’ Identities and Addressing GDPR Requirements to Drive the Identity as a Service Market Growth in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Growing use of the Internet to Push the Demand for Data and Identity Security Against Attacks in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increased Demand for Online Identity Verification to Prove Chinese Nationals’ Identity and New Cyber Policies to Foster the Adoption of Identity as a Service
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Rise in Money Laundering and Identity Impersonation to Boost the Adoption of Identity as a Service in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 Increased Adoption Rate of Cloud-Based Security Solutions to Contribute to the Growth of Identity as a Service
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 United Arab Emirates
10.5.1.1 Increased Need to Prevent Identity Thefts to Fuel the Demand for Identity as a Service in the UAE
10.5.2 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.2.1 Government Initiatives to Improve the Security Landscape to Offer Opportunities for the Identity as a Service Market in Saudi Arabia
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 Rapid Adoption of the Latest Technologies to Provide Opportunities to Identity as a Service Providers in South Africa
10.5.4 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Digital Transformation Initiatives Across Verticals, Such as BFSI, Retail, Manufacturing, and Healthcare
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Adoption of Cloud-Based Solutions to Increase the Demand for Identity as a Service in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 84)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Situation and Trends
11.2.1 New Product Launches and Product Enhancements
11.2.2 Agreements and Partnerships
11.2.3 Acquisitions
11.3 Market Ranking of Key Players
12 Company Profiles (Page No. – 88)
12.1 Okta
(Business Overview, Solutions, Platforms, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Ping Identity
12.3 Idaptive
12.4 Microsoft
12.5 Oracle
12.6 Onelogin
12.7 IBM
12.8 Google
12.9 Salesforce
12.10 CA Technologies
12.11 SailPoint Technologies
12.12 Simeio Solutions
12.13 Jumio
12.14 Connectis
12.15 Auth0
12.16 One Identity
12.17 JumpCloud
12.18 HCL
12.19 Capgemini
12.20 Gemalto
*Details on Business Overview, Solutions, Platforms, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 123)
13.1 Industry Excerpts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7342
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スキンケア製品の世界市場分析:製品別(フェイスクリーム、ボディローション)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場動向、スキンケア製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別スキンケア製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療ホログラフィの世界市場分析:製品別(ホログラフィックディスプレイ、レーザー、接触式、ピストン、半透明、顕微鏡、印刷、ソフトウェア)、用途別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医療ホログラフィの世界市場について調査・分析し、医療ホログラフィの世界市場動向、医療ホログラフィの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療ホログラフィ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタル電力計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタル電力計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル電力計の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 対UAV(C-UAV)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、対UAV(C-UAV)技術の世界市場について調査・分析し、対UAV(C-UAV)技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 対UAV(C-UAV)市場の概要 3. 対UAV(C-UAV)の世界市場 2016-2026 4. 世界の対UAV(C-UAV)2次市場予測 2016-2026 5. 対UAV(C-UAV)市場のSWOT分析 2016-2026 6. 専門家の意見 7. 対UAV(C-UAV)企業主要20社 8. 結論および推奨事項 9. 用語集
  • 硫酸アンモニウムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、硫酸アンモニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硫酸アンモニウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は硫酸アンモニウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Domo Chemicals、Honeywell International、OCI等です。
  • ベルギーの電気生理装置市場見通し
  • 慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性安定狭心症(Chronic Stable Angina)治療薬剤
  • 世界のLEDチップおよびLEDモジュール市場2015
    本調査レポートでは、世界のLEDチップおよびLEDモジュール市場2015について調査・分析し、LEDチップおよびLEDモジュールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の反転授業市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米の反転授業市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の反転授業市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイルランドの膝関節再建装置市場見通し
  • エジプトの整形外科補綴市場見通し
  • キルギスの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 中国の楽器市場2015
    本調査レポートでは、中国の楽器市場2015について調査・分析し、楽器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性特発性便秘(CIC)治療薬の北米市場
  • トルコの関節鏡検査装置市場見通し
  • フォトニクス(光工学)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、フォトニクス(光工学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別(LED及びレーザー、検出器、センサー及びイメージングデバイス)分析、用途別(ICT・生産技術)分析、エンドユーズ産業別(メディア、放送&電気通信、消費者&ビジネスオートメーション)分析、フォトニクス(光工学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フォトニクス(光工学)の世界市場規模が2018年5564億ドルから2023年7804億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。
  • 量子ドットの世界市場予測(~2023年):QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、量子ドットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(QD医療機器、QD太陽電池、QD光検知器、QDセンサ、QDレーザー、QD照明、電池、エネルギー貯蔵システム、QDトランジスタ、QDタグ)別分析、材料別分析、産業別分析、地域別分析、量子ドットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の境界セキュリティ市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の境界セキュリティ市場について調査・分析し、世界の境界セキュリティ市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 再生医療の世界市場:細胞治療、遺伝子治療、免疫治療、組織工学
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、治療分野別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫黄の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、硫黄の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硫黄の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は硫黄の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abu Dhabi National Oil Company、Chemtrade Logistics、China Petroleum & Chemical Corporation (Sinopec)、Enersul Limited Partnership、Gazprom等です。
  • 腫瘍アブレーション機器の世界市場
    当調査レポートでは、腫瘍アブレーション機器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:治療別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器のアメリカ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のヨーロッパ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のn-ブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のn-ブタノール市場2015について調査・分析し、n-ブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンターテインメント用ロボットの世界市場:教育ロボット、ロボットペット
    当調査レポートでは、エンターテインメント用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンターテインメント用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ情報およびイベント管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セキュリティ情報およびイベント管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ情報およびイベント管理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場規模及び予測:遺伝子送達別(経口、吸入、経皮、注射、眼、鼻、局所)、遺伝子送達ベクター別(ウイルス性、非ウイルス性)、遺伝子送達別(その場、体外)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場について調査・分析し、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場動向、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別薬物および遺伝子送達デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場規模及び予測、市場シェア、テレビ種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ジェスチャ認識の世界市場
    当調査レポートでは、ジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、ジェスチャ認識の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ガラス包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、ガラス包装の世界市場について調査・分析し、ガラス包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ガラス包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ガラス包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・ガラス包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。
  • 血液培養テストの世界市場:方式(自動、手動)、製品(消耗品、装置)、技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、血液培養テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方式別分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭化カルシウムの世界市場2017-2021:アセチレン用、切断・溶接用、還元剤・脱水剤用、製鉄用、石灰窒素用、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は炭化カルシウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CARBIDE INDUSTRIES、Denka、MCB INDUSTRIES、Praxair technology、SA Calcium Carbide等です。
  • セラミックトリマコンデンサの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セラミックトリマコンデンサの世界市場について調査・分析し、セラミックトリマコンデンサの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セラミックトリマコンデンサシェア、市場規模推移、市場規模予測、セラミックトリマコンデンサ種類別分析(SMDセラミックトリマコンデンサ、DIPセラミックトリマコンデンサ)、セラミックトリマコンデンサ用途別分析(通信デバイス、家庭用電気機械器具)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セラミックトリマコンデンサの市場概観 ・セラミックトリマコンデンサのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セラミックトリマコンデンサのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セラミックトリマコンデンサの世界市場規模 ・セラミックトリマコンデンサの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セラミックトリマコンデンサのアメリカ市場規模推移 ・セラミックトリマコンデンサのカナダ市場規模推移 ・セラミックトリマコンデンサのメキシコ市場規模推移 ・セラミックトリマコンデンサ …
  • インドの電気生理学装置市場(~2021)
  • 軍人モニタリングシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍人モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍人モニタリングシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塩化メチレンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、塩化メチレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塩化メチレン市場規模、用途別(塗料はく離剤、医薬品、化学処理、金属洗浄、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・塩化メチレンの世界市場概要 ・塩化メチレンの世界市場環境 ・塩化メチレンの世界市場動向 ・塩化メチレンの世界市場規模 ・塩化メチレンの世界市場:業界構造分析 ・塩化メチレンの世界市場:用途別(塗料はく離剤、医薬品、化学処理、金属洗浄、その他) ・塩化メチレンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・塩化メチレンのアメリカ市場規模・予測 ・塩化メチレンのヨーロッパ市場規模・予測 ・塩化メチレンのアジア市場規模・予測 ・塩化メチレンの主要国分析 ・塩化メチレンの世界市場:意思決定フレームワーク ・塩化メチレンの世界市場:成長要因、課題 ・塩化メチレンの世界市場:競争環境 ・塩化メチレンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場規模及び予測、ギア種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタブレット用プロセッサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用プロセッサ市場2015について調査・分析し、タブレット用プロセッサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場
    本資料は、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場について調べ、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ソフトウェアソリューション、プラットフォーム、サービス)分析、用途別(建物&ホームオートメーション、スマートエネルギー&ユーティリティー、スマート製造、ロジスティックス関連、スマート小売り、スマートモビリティ&輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGoogle 、Twitter、BIGO Live、Facebook、You Now、Periscope 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場概要 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場環境 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場動向 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模:種 …
  • 運送業界向け次世代バッテリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、運送業界向け次世代バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、運送業界向け次世代バッテリー市場規模、技術別(ソリッドステートバッテリー、リチウム硫黄電池、先進鉛蓄電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場概要 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場環境 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場動向 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場規模 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場:技術別(ソリッドステートバッテリー、リチウム硫黄電池、先進鉛蓄電池) ・運送業界向け次世代バッテリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・運送業界向け次世代バッテリーのアメリカ市場規模・予測 ・運送業界向け次世代バッテリーのヨーロッパ市場規模・予測 ・運送業界向け次世代バッテリーのアジア市場規模・予測 ・運送業界向け次世代バッテ …
  • アジアの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 体重減量および体重管理の世界市場予測(~2022年):フィットネス機器(ルームランナー、エリプティカル・マシン、階段ステッパー)、手術機器、ダイエット、体重減量サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、体重減量および体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、サービス別分析、地域別分析、体重減量および体重管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの心臓血管手術装置市場見通し
  • 韓国の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • eディスカバリーの世界市場
    当調査レポートでは、eディスカバリーの世界市場について調査・分析し、eディスカバリーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のX線フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界のX線フィルム市場2015について調査・分析し、X線フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの末梢血管用装置市場見通し
  • 女性不妊症治療薬の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、女性不妊症治療薬の世界市場について調べ、女性不妊症治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、女性不妊症治療薬の市場規模をセグメンテーション別(投与経路別(非経口、経口、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は女性不妊症治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・女性不妊症治療薬の市場状況 ・女性不妊症治療薬の市場規模 ・女性不妊症治療薬の市場予測 ・女性不妊症治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:投与経路別(非経口、経口、その他) ・女性不妊症治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"