"ブロックチェーンデバイスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7335)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ブロックチェーンデバイスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Blockchain devices market to grow at CAGR of 42.5% from 2019 to 2024The blockchain devices market is projected to grow from USD 218 million in 2019 to USD 1,285 million by 2024, at a CAGR of 42.5% from 2019 to 2024. Some of the major growth drivers for this market include increasing adoption of blockchain technology in retail & supply chain management, rising venture capital funding, and growing market cap for cryptocurrency and Initial Coin Offering (ICO). One of the key opportunities for the market is the increasing acceptance of cryptocurrency across various industries and regions. Whereas, major factors restraining the market growth include uncertain regulations & compliances and lack of awareness.

Crypto hardware wallets segment to hold the largest share of blockchain devices market during the forecast period
Crypto hardware wallets are among the most secure methods of storing cryptocurrencies. They contain a range of security features to protect digital currency keys. These wallets allow traders to store the keys safely and also protect the information from malware. Crypto hardware wallets are protected using PINs. They also include other security features such as a screen for viewing transaction details and buttons to verify the transactions manually. Companies such as Ledger (France), Cylance (US), Blockchain Luxembourg S.A. (UK), and KASSE (US) are among the frontrunners in the development of crypto hardware wallets for the blockchain devices market.

Among the applications, the market for corporate to hold the largest share of Blockchain devices market from 2019 to 2024
Devices such as crypto ATMs, PoS devices, crypto hardware wallets, etc. are majorly used by corporate users to access blockchain from their systems. PoS devices are used in the retail industry to carry out payments while other devices such as crypto ATMs, crypto hardware wallets, and blockchain gateways are used in different industry verticals such as BFSI, government, retail & e-commerce, travel & hospitality, automotive, transportation & logistics, IT & telecommunication, etc. to make their existing networks blockchain-enabled. Several traders use crypto hardware wallets to store their private keys, carry out payments, save smart contracts, and share data.

The Blockchain Devices market in APAC to grow at highest CAGR during the forecast period.
APAC is expected to be the largest blockchain devices market during the forecast period. This market is divided further into China, Japan, South Korea, India, Singapore, and the Rest of APAC. The Rest of APAC includes Malaysia, Thailand, Australia, and New Zealand. China is the largest market among all APAC countries. China, Japan, South Korea, and Singapore are witnessing growth in the blockchain devices and its start-ups. Various major industry such as BFSI, government, retail industries in this region is rapidly deploying blockchain devices in their networks.

Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 = 30%, Tier 2 = 30%, and Tier 3 = 40%
• By Designation: C-Level Executives = 45%, Directors = 30%, and Others = 25%
• By Region: North America = 30%, Europe = 40%, APAC = 25%, and RoW = 5%
Ledger SAS (France), HTC Corporation (Taiwan), Pundi X Labs Private Limited (Singapore), Filament (US), GENERAL BYTES R.O. (Czech Republic), RIDDLE&CODE (Austria), AVADO (Switzerland), Sikur (US), SIRIN LABS (Switzerland), Blockchain Luxembourg S.A. (UK), SatoshiLabs (Czech Republic), Genesis Coin Inc. (US), and Lamassu Industries AG (Switzerland) are some of the major players in the blockchain devices market.

Research Coverage:
Type, connectivity, application, and geography are the segments covered in this report. It also gives a detailed view of the market across four main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.
Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the blockchain devices market in terms of type, connectivity, application, and region, along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the blockchain devices market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the blockchain devices market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ブロックチェーンデバイスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Market
4.2 Market, By Type
4.3 Wireless Blockchain Devices Market, By Type
4.4 Market in APAC, By Type and Country
4.5 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Faster Transaction
5.2.1.2 Increasing Adoption of Blockchain Technology in Retail &, Supply Chain Management
5.2.1.3 Increasing Venture Capital Funding
5.2.1.4 Growing Market Cap for Cryptocurrency and Initial Coin Offering (ICO)
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Uncertain Regulations and Compliances
5.2.2.2 Lack of Awareness
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Acceptance of Cryptocurrency Across Various Industries as Well as Regions
5.2.3.2 Anticipated Adoption of Blockchain Devices for Payments, Smart Contracts, and Digital Identity
5.2.3.3 Increasing Number of Government Initiatives for Adopting Blockchain Technology and Devices
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Issues Related to Security, Privacy, and Control
5.3 Types of Blockchain
5.3.1 Public Blockchain
5.3.2 Private Blockchain
5.3.3 Hybrid Blockchain
5.4 Blockchain Associations and Consortiums
5.4.1 Enterprise Ethereum Alliance
5.4.2 CLS Group
5.4.3 R3ce V Blockchain Consortium
5.4.4 Hyperledger
5.4.5 Global Payments Steering Group (GPSG)
5.4.6 Financial Blockchain Shenzhen Consortium (FBSC)
5.4.7 Culedger
5.4.8 Blockchain Collaborative Consortium (BCCC)
5.4.9 Global Blockchain Business Council
5.4.10 Wall Street Blockchain Alliance (WSBA)
6 Blockchain Devices Market, By Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Blockchain Smartphones
6.2.1 Need for Safe Storage and Ease of Transfer of Cryptocurrencies Drive the Market for Blockchain Smartphones
6.3 Crypto Hardware Wallets
6.3.1 Increasing Need of Wallets to Save the Private Keys
6.4 Crypto ATMS
6.4.1 One-Way Crypto ATMS
6.4.1.1 Exchange of Cryptocurrencies Drive the Market for Crypto ATMS
6.4.2 Two-Way Crypto ATMS
6.4.2.1 Two-Way is the Fastest Growing Market for Crypto ATMS
6.5 POS Devices
6.5.1 Easy and Fast Transactions of Cryptocurrencies Drive the Market for POS Device
6.6 Others
7 Blockchain Devices Market, By Connectivity (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Wired
7.2.1 Wired Held the Largest Share of Blockchain Device
7.3 Wireless
7.3.1 Wireless Connectivity is the Fastest Growing Market for Blockchain Devices
8 Blockchain Devices Market, By Application (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Personal
8.2.1 Increasing Use of Crypto Hardware Wallets for Personal Use Drive the Market
8.3 Corporate
8.3.1 BFSI
8.3.1.1 Increasing Need to Secure Business Transactions to Drive the Demand for Blockchain Device in the BFSI
8.3.2 Government
8.3.2.1 Government Agencies are Deploying Blockchain Devices to Improve the Transparency and Efficiency in Operations
8.3.3 Retail & E-Commerce
8.3.3.1 The Need to Enhance Customer Experience Driving the Adoption of Blockchain in the Retail and eCommerce Vertical
8.3.4 Travel & Hospitality
8.3.4.1 Increasing Need for Blockchain Applications Across Travel and Hospitality Start-Ups to Manage Internal Processes and Inventories
8.3.5 Automotive
8.3.5.1 Increasing Demand for Digital Identity of Vehicles Drive the Blockchain Device Market
8.3.6 Transportation & Logistics
8.3.6.1 Need for Blockchain Technology to Maintain Transparency and Security of Goods and Raw Materials Across Transport and Logistics Industry Vertical
8.3.7 It & Telecommunication
8.3.7.1 IoT and 5G to Create Great Market Opportunity for Blockchain in the It and Telecommunication Vertical
8.3.8 Others
9 Regional Analysis (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US A Major Contributor of Blockchain Device Market in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canada Holds the Significant Growth Opportunity for Market in North America
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Mexico Expected to Grow at A Fastest Rate
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Company Initiatives to Drive Blockchain Device in Germany
9.3.2 UK
9.3.2.1 UK to Account for the Largest Share of Blockchain Devices in Europe
9.3.3 France
9.3.3.1 France is the Fastest Growing Market for Blockchain Devices
9.3.4 Austria
9.3.4.1 Increasing Initiatives By Public & Private Sector for Deploying the Blockchain Devices
9.3.5 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China Held the Largest Share of Blockchain Device
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan to Provide Attractive Opportunity for Blockchain Device
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Government Initiatives to Drive the Blockchain Devices in South Korea
9.4.4 India
9.4.4.1 Government Initiated Blockchain Project to Drive Blockchain Devices Market in India
9.4.5 Singapore
9.4.5.1 Increasing Adoption of Blockchain Devices in Retails Industry Drive the Market
9.4.6 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 South America
9.5.1.1 South America to Be Fastest Growing Region for Blockchain Devices
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Turkey, Israel and South Africa are Expected to Be the Major Contributors of Blockchain Device Market in MEA
10 Competitive Landscape (Page No. – 79)
10.1 Overview
10.2 Ranking Analysis of Key Players in the Market
10.3 Competitive Situations and Trends
10.3.1 Product Launches
10.3.2 Agreements, Partnerships, Collaborations, & Contracts
10.3.3 Expansions
10.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Dynamic Differentiators
10.4.3 Innovators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 87)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Ledger SAS.
11.1.2 HTC
11.1.3 Pundi X
11.1.4 Filament
11.1.5 General Bytes R.O.
11.1.6 Riddle&Code
11.1.7 Avado
11.1.8 Sikur
11.1.9 Sirin Labs
11.1.10 Blockchain Luxembourg S.A
11.1.11 Satoshilabs S.R.O.
11.1.12 Genesis Coin Inc.
11.1.13 Lamassu Industries AG
11.2 Other Companies
11.2.1 Samsung Electronics
11.2.2 Shapeshift
11.2.3 Coolbitx
11.2.4 Bitaccess
11.2.5 Covault
11.2.6 Ellipal Limited
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 107)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ブロックチェーンデバイスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7335
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ブロックチェーンデバイスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高調波フィルター(HF)の世界市場予測(~2023年):アクティブフィルタ、パッシブフィルタ
    当調査レポートでは、高調波フィルター(HF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、電圧別分析、需要先別分析、地域別分析、高調波フィルター(HF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの外傷固定装置市場見通し
  • 構造用接着剤の世界市場:建物・建設用、バス・トラック用、自動車用、航空用、船舶用、風力エネルギー用接着剤
    当調査レポートでは、構造用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、局所薬物デリバリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(半固体(クリーム、軟膏、ゲル、ローション)、液体、固体、経皮製剤)分析、経路別(皮膚、眼、直腸、膣、鼻)分析、利用施設別(在宅、病院、バーンセンター)分析、局所薬物デリバリーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、局所薬物デリバリーの世界市場規模が2019年932億ドルから2024年1232億ドルまで年平均5.7%成長すると予測しています。
  • 鉱業向け個人用保護具の世界市場2017-2021:防護服、呼吸用保護具、眼保護具・顔面保護具、足保護具、安全帯
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱業向け個人用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け個人用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け個人用保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Ansell、Honeywell International、MSA等です。
  • スマートシティの世界市場:ビジネス要因、技術、企業動向、ソリューション
  • 世界無線通信会議(WRC-15)の主要成果
  • フィンランドの外傷固定装置市場見通し
  • スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン用パワーマネジメントIC市場規模、価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場概要 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場環境 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場動向 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場規模 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:業界構造分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯) ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの北米市場規模・予測 ・スマートフォン用パワーマネジメントICのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートフォン用 …
  • 包装スーパーフードスナックの世界市場:ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他
    当調査レポートでは、包装スーパーフードスナックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装スーパーフードスナック市場規模、製品別(ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Mills, Nature's Path Foods, Naturya, NAVITAS ORGANICS, Rhythm Superfoods, Sunfoodなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装スーパーフードスナックの世界市場概要 ・包装スーパーフードスナックの世界市場環境 ・包装スーパーフードスナックの世界市場動向 ・包装スーパーフードスナックの世界市場規模 ・包装スーパーフードスナックの世界市場:業界構造分析 ・包装スーパーフードスナックの世界市場:製品別(ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他) ・包装スーパーフードスナックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装スーパーフードスナ …
  • 世界の呼吸測定装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、呼吸測定装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸測定装置の概要 ・呼吸測定装置の開発動向:開発段階別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:セグメント別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:領域別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:規制Path別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別呼吸測定装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・呼吸測定装置の最近動向
  • 全身性乾癬治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、全身性乾癬治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、全身性乾癬治療薬市場規模、製品別(小分子、生物製剤)分析、投薬経路別(経口、非経口)分析、重症度別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AbbVie, Amgen, Celgene, Johnson & Johnsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・全身性乾癬治療薬の世界市場概要 ・全身性乾癬治療薬の世界市場環境 ・全身性乾癬治療薬の世界市場動向 ・全身性乾癬治療薬の世界市場規模 ・全身性乾癬治療薬の世界市場:業界構造分析 ・全身性乾癬治療薬の世界市場:製品別(小分子、生物製剤) ・全身性乾癬治療薬の世界市場:投薬経路別(経口、非経口) ・全身性乾癬治療薬の世界市場:重症度別 ・全身性乾癬治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・全身性乾癬治療薬の北米市場規模・予測 ・全身性乾癬治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・全身性乾癬治療薬のアジア太平洋 …
  • 小型ドローンの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、小型ドローンの世界市場について調査・分析し、小型ドローンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 小型ドローンの世界市場:市場動向分析 - 小型ドローンの世界市場:競争要因分析 - 小型ドローンの世界市場:発動機構別 自動制御モーター 電動モーター - 小型ドローンの世界市場:推進システム別 燃料電池 ハイブリッド電池 水素 リチウムイオン 太陽電池 - 小型ドローンの世界市場:フレーム別 ヘクサコプター オクタコプター クワドコプター トリコプター - 小型ドローンの世界市場:サイズ別 ナノドローン ミニドローン ミクロドローン - 小型ドローンの世界市場:高度別 高高度 低高度 中間高度 - 小型ドローンの世界市場:種類別 回転ウィング 固定ウィング その他の種類 - 小型ドローンの世界市場:級別 3級 2級 1級 - 小型ドローンの世界市場:主要地域別分析 - 小型ドローンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 小型ドローンのヨーロッパ市場規模 - 小型ドローンのアジア市場規模(日 …
  • メキシコの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 北米の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の概要 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 世界のチューブパッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のチューブパッケージ市場2015について調査・分析し、チューブパッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ乳酸の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ポリ乳酸の世界市場について調査・分析し、ポリ乳酸の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 関節内補充療法の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、関節内補充療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、関節内補充療法の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞生存率アッセイの世界市場予測(~2023年):MTTアッセイ、XTTアッセイ、カルセイン、レサズリン、フローサイトメトリー、分光光度計
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、細胞生存率アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(MTTアッセイ、XTTアッセイ、カルセイン、レサズリン、フローサイトメトリー、分光光度計)分析、細胞タイプ(ヒト、動物、微生物)分析、用途(基礎研究、幹細胞、創薬・開発)分析、細胞生存率アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソイルエアレーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ソイルエアレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ソイルエアレーター市場規模、用途別(農業、農業以外)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Alstrong, Deere & Company, Great Plains Manufacturing, Husqvarna Group, Schiller Grounds Careなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ソイルエアレーターの世界市場概要 ・ソイルエアレーターの世界市場環境 ・ソイルエアレーターの世界市場動向 ・ソイルエアレーターの世界市場規模 ・ソイルエアレーターの世界市場:業界構造分析 ・ソイルエアレーターの世界市場:用途別(農業、農業以外) ・ソイルエアレーターの世界市場:製品別 ・ソイルエアレーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ソイルエアレーターの北米市場規模・予測 ・ソイルエアレーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はセキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARJO Systems、Gemalto、Josanti Infoimaging、OT-Morpho等です。
  • スマートドアロックの世界市場:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)、用途別(家庭、商業、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートドアロックの世界市場について調べ、スマートドアロックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)分析、用途別(家庭、商業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはASSA ABLOY、Samsung、Allegion、Kwikset、MIWA Lock、Master Lock、Guangdong Be-Tech、Adel、August、Honeywell、Jiangmen Keyu Intelligence、 Tenon、Locstar、Probuck、Guangdong Level Intelligent Lockなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートドアロックの世界市場概要 ・スマートドアロックの世界市場環境 ・スマートドアロックの世界市場動向 ・スマートドアロックの世界市場規模 ・スマートドアロックの世界市場規模:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その …
  • チェコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 医療機器リーダーシリーズ:体外診断用医療機器(IVD)の上位企業2017-2027
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の股関節置換処置動向(~2021)
  • 世界及び欧州の電気自動車(EV)市場-分析及び展望(~2022年)
  • 建設用添加剤の世界市場予測(~2022年):可塑剤、空気連行剤、防水剤、遅延エージェント、遅延剤、鉱物、繊維
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、建設用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、建設用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場見通し2016-2022:ネットワークインフラストラクチャ装置、ディスプレイ装置
    当調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:使用モデル別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の北米市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の欧州市場規模 ・ワイヤレスギガビット(WiGig)の …
  • 歩数計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歩数計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩数計の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歩数計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fitbit• Garmin• Jawbone• Omron Healthcare等です。
  • ガンマセクレターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるガンマセクレターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ガンマセクレターゼ阻害剤の概要 ・ガンマセクレターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のガンマセクレターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ガンマセクレターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ガンマセクレターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の光学レンズ市場2016
    本調査レポートでは、世界の光学レンズ市場2016について調査・分析し、光学レンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトニクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、フォトニクスの世界市場について調査・分析し、フォトニクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・フォトニクスの世界市場規模:製品別分析 ・フォトニクスの世界市場規模:用途別分析 ・フォトニクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・フォトニクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 配電変圧器の世界市場2016:市場規模、競争状況、主要国分析、予測
  • 世界の板紙パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の板紙パッケージ市場2015について調査・分析し、板紙パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蒸気ボイラーシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、蒸気ボイラーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、蒸気ボイラーシステム市場規模、種類別(スーパーヒーター、煙管ボイラー、水管ボイラー)分析、コンポーネント別(エコノマイザー、空気予熱器、ボイラー、供給ポンプ、過熱器)分析、燃料別(ガス焚蒸気ボイラー、バイオマス焚蒸気ボイラー、石炭焚蒸気ボイラー、石油焚蒸気ボイラー、電気蒸気ボイラー)分析、エンドユーザー別(化学薬品、一次金属、火力発電所、食品、製油所、その他)分析、用途別(蒸気機関(機関車)、セメント生産、発電機、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:種類別(スーパーヒーター、煙管ボイラー、水管ボイラー) ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:コンポーネント別(エコノマイザー、空気予熱器、ボイラー、供給ポンプ、過熱器 …
  • Akt3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAkt3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Akt3阻害剤の概要 ・Akt3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAkt3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Akt3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Akt3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マイトマイシンCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マイトマイシンCの世界市場について調査・分析し、マイトマイシンCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マイトマイシンCシェア、市場規模推移、市場規模予測、マイトマイシンC種類別分析()、マイトマイシンC用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マイトマイシンCの市場概観 ・マイトマイシンCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マイトマイシンCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マイトマイシンCの世界市場規模 ・マイトマイシンCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マイトマイシンCのアメリカ市場規模推移 ・マイトマイシンCのカナダ市場規模推移 ・マイトマイシンCのメキシコ市場規模推移 ・マイトマイシンCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マイトマイシンCのドイツ市場規模推移 ・マイトマイシンCのイギリス市場規模推移 ・マイトマイシンCのロシア市場規模推移 ・マイトマイシンCのアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界及び米国のセージエッセンシャルオイル抽出物市場2017-2022
  • 世界の患者ポジショニングシステム市場規模・予測2017-2025:用途別(診断、手術)、商品別(台、付属品)、エンドユーズ別(病院、外来外科)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の患者ポジショニングシステム市場について調査・分析し、世界の患者ポジショニングシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の患者ポジショニングシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 粉チーズの世界市場予測(~2022):種類別(チェダー、モッツァレラ、パルメザン、アメリカン、ブルー)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、粉チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、粉チーズの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱成形プラスチックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱成形プラスチックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • mTORC-2阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmTORC-2阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mTORC-2阻害薬の概要 ・mTORC-2阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のmTORC-2阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mTORC-2阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mTORC-2阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートホーム向けIT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートホーム向けIT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートホーム向けIT支出の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペアパーツロジスティクスの世界市場:エンドユーザー別(工業、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙)、地域別予測
    本資料は、スペアパーツロジスティクスの世界市場について調べ、スペアパーツロジスティクスの世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(工業、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スペアパーツロジスティクスの世界市場概要 ・スペアパーツロジスティクスの世界市場環境 ・スペアパーツロジスティクスの世界市場動向 ・スペアパーツロジスティクスの世界市場規模 ・スペアパーツロジスティクスの世界市場規模:エンドユーザー別(工業、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙) ・スペアパーツロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スペアパーツロジスティクスの北米市場規模・予測 ・スペアパーツロジスティクスのアメリカ市場規模・予測 ・スペアパーツロジスティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・スペアパーツロジスティクスのアジア市場規模・予測 ・スペアパーツロジスティクスの日本市場規模・予測 ・スペアパーツロジスティクスの中国 …
  • 肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺炎球菌(レンサ球菌)感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺炎球菌(レンサ球菌)感染症治療薬剤
  • 世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015について調査・分析し、水素化ホウ素ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品有効成分(API) の世界市場:合成類型別(バイオテク、合成)、メーカータイプ別(キャプティブ、商人)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、医薬品有効成分(API) の世界市場について調査・分析し、医薬品有効成分(API) の世界市場動向、医薬品有効成分(API) の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品有効成分(API) 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の3D印刷医療機器市場規模・予測2017-2025:構成要素別(機器、マテリアル、ソフトウェア・サービス)、技術別(EBM、LBM、画像ポリマー化、3D印刷・液滴付着、商品の種類別(手術ガイド、補綴・インプラント手術用機器・組織工学用品)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の3D印刷医療機器市場について調査・分析し、世界の3D印刷医療機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の3D印刷医療機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 歯科用3Dプリンティングの世界市場:技術別、用途別(歯科矯正、歯科補綴、インプラント)、最終用途別(研究所、クリニック)、セグメント予測
    歯科用3Dプリンティングの世界市場は2025年には97億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率29.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加とカスタマイズされた歯科用3Dプリンティングソリューションに対する需要増加が考えられます。本調査レポートでは、歯科用3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、歯科用3Dプリンティングの世界市場動向、歯科用3Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別歯科用3Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"