"ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7343)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing big data generation by enterprises and their increasing demand for virtualization and cloud in data centers to drive the market growth of SDx solutionsThe global Software-Defined Anything (SDx) market size is expected to grow from 51.7 billion in 2019 to USD 160.8 by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 25.5% during the forecast period. Organizations worldwide are increasingly adopting SDx solutions as these technologies were introduced to enable efficient policy-based creation, deletion, and management of data in private and public cloud infrastructure along with effective network management and control. Due to multi-fold benefits, the SDx market is showing growth across the globe.

By type, the Software-Defined Anything (SDDC) segment is expected to account for the highest market share during the forecast period
By type, the SDDC segment is expected to account for the highest market share during the forecast period. Organizations are widely adopting SDDC as they enable them to capitalize on the agility, elasticity, and scalability of cloud computing. Businesses are leveraging the chief advantages of SDDC that enable them to automate all functions with the help of intelligent software, speeding Information Technology (IT) resource provisioning and enhancement of operational management.

By enterprise, the retail enterprise segment to record the highest growth rate during the forecast period
By enterprise, the retail enterprise segment is expected to record the highest growth rate during the forecast period. The companies in retail across the globe are increasingly adopting SDx solutions to enrich and curate the customer experience by using a huge amount of customer data available to them. They are opting for SDx solutions that help them speed up digital and in-store service delivery, reduce complexities, and build and maintain growing flexible network architecture.

By region, APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, due to the widespread adoption of emerging technologies, such as cloud computing, big data analytics, and rising digital transformation in the region. Organizations are moving to a hybrid IT model, and the need to ensure secure, highly agile, and flexible network access to branch offices across the region has become more pivotal than ever. Strong, resilient networks are becoming the core of the organization’s digital investment priorities as they race to build their presence in the region. Moreover, the presence of growing economies, such as China and India, which are rapidly implementing latest technologies due to the increasing internet penetration and improving customer demand, which is increasing big data, is also considered to be a key factor for the growth of the SDx market in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the SDx market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level – 65%, Managers – 35%
• By Region: North America – 30%, Europe – 35%, APAC – 25%, and RoW – 10%
The following key SDx vendors are profiled in the report:
• Cisco (US)
• Dell EMC (US)
• HPE (US)
• IBM (US)
• VMware (US)
• Huawei (China)
• Juniper Networks (US)
• Microsoft (US)
• Nokia (Finland)
• Oracle (US)
• Aryaka Networks (US)
• Big Switch Networks (US)
• Citrix (US)
• Extreme Networks (US)
• Infovista (France)
• NEC (Japan)
• Nutanix (US)
• Pluribus Networks (US)
• Red Hat (US)
• Silver Peak Systems (US)
• SUSE (Germany)
• Adaptiv Networks (US)
• Arista Networks (US)
• Bigleaf Networks (US)
• CloudGenix (US)
• Cumulus Networks (US)
• DataCore Software (US)
• DataDirect Networks (US)
• FatPipe Networks (US)
• flexiWAN (Israel)
• Fortinet (US)
• Fujitsu (Japan)
• HiveIO (US)
• Lavelle Networks (India)
• Lenovo (Hong Kong)
• Martello Technologies (Canada)
• Maxta (US)
• Mushroom Networks (US)
• NetApp (US)
• Peplink (US)
• Pica8 (US)
• Pivot3 (US)
• Riverbed (US)
• Scale Computing (US)
• StarWind Software (US)
• StorMagic (UK)
• Stratoscale (Israel)
• Veeam Software (Switzerland)
• Versa Networks (US)
• Zenlayer (US)

Research Coverage
The SDx market by type (SDN, SD-WAN, and SDDC), end user (service providers, and enterprises), and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the global SDx market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders/new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the SDx market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Software-Defined Anything Market
4.2 Market By End User
4.3 Market in North America, By End User and Country
4.4 Market in Europe, By End User and Country
4.5 Market in Asia Pacific, By End User and Country
5 Software-Defined Anything Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Data Volume
5.2.1.2 Significant Reduction in Capex and Opex
5.2.1.3 Need for Effective Network Management
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concerns Over Data Privacy and Security
5.2.2.2 Inefficient Resource Provisioning and Lack of Skilled Workforce
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Hybrid Clouds
5.2.3.2 Growing Adoption of IoT
5.2.3.3 Regulations Concerning Data Localization
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Data Management for Enterprises
5.2.4.2 Difficulties in Transitioning From Traditional to Software Defined
5.3 Software-Defined Anything Architectural Ecosystem
5.3.1 Edge Routers
5.3.2 Switches
5.3.3 Workstations
5.3.4 Controllers
5.3.5 Firewalls
5.4 Software-Defined Anything Application Areas
5.4.1 Cloud Approach
5.4.2 Remote Connectivity
5.4.3 Multi-Tenant Platform Creation
5.4.4 Multibranch Connectivity
5.4.5 Security
5.4.6 Network Visibility
5.5 Value Chain Analysis
5.5.1 Software-Defined Data Center Networking
5.5.2 Software-Defined Storage
5.5.3 Software-Defined Compute
5.5.4 Network Virtualization Solution Providers
5.5.5 Hardware Equipment Providers
5.5.6 Resellers
5.5.7 Managed Service Providers
5.5.8 End Users
5.6 Industry Standards
5.6.1 Distributed Management Task Force Standards
5.6.2 Cloud Infrastructure Management Interface
5.6.3 Open Virtualization Format
5.6.4 Organization for the Advancement of Structured Information Standards
5.6.5 Storage Networking Industry Association—Cloud Data Management Interface
5.6.6 European Telecommunications Standards Institute/ Industry Specification Group—Network Function Virtualization
6 Software-Defined Anything Market, By Type (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Software-Defined Networking
6.2.1 Increasing Demand for Cost-Effective Solutions for Operating Network Infrastructure and Business Functions to Drive the Software-Defined Networking Industry
6.3 Software-Defined Wide Area Network
6.3.1 Delivering Robust Branch Connectivity Over Traditional Wan Architecture By Reducing Overall Capex and Improving Network Capacity Effectively to Drive the Software-Defined Wide Area Network Industry
6.4 Software-Defined Data Center
6.4.1 Software-Defined Computing
6.4.1.1 Software-Defined Computing Tools to Facilitate Efficient and Dynamic Allocation of Workloads Across the Servers in the System
6.4.2 Software-Defined Storage
6.4.2.1 Liberty to Choose Industry-Standard Servers to Drive the Sds Segment Growth
6.4.3 Software-Defined Data Center Networking
6.4.3.1 Sddcn to Provide Centralized Control of the Network Traffic Without Configuring the Settings of Individual Switches
7 Software-Defined Anything Market, By End User (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Service Providers
7.2.1 Telecom Service Providers
7.2.1.1 Transition to 5G to Drive the SDx Market in Telecom Service Providers Segment
7.2.2 Cloud Service Providers
7.2.2.1 Reduced Network Infrastructure Cost and Enhanced Service Assurance to Bolster the Adoption of the SDx Technology in the Cloud Service Providers Segment
7.3 Enterprises
7.3.1 Banking, Financial Services, and Insurance
7.3.1.1 Flexibility and Added Speed in Application Delivery to Drive the SDx Technology in the BFSI Sector
7.3.2 Manufacturing
7.3.2.1 Centralized and Pre-Defined Policy Management to Drive the Adoption of SDx in Manufacturing
7.3.3 Retail
7.3.3.1 Evolving Nature of the Sector to Provide Next-Gen In-Store Technologies for Enforcing Retailers to Implement the SDx Technology
7.3.4 Healthcare
7.3.4.1 Need for In-Depth Network Visibility and Compliance to Bolster the Adoption of SDx in the Healthcare Segment
7.3.5 Government
7.3.5.1 Need for Overcoming Siloed It Infrastructure and Streamlining Data Economy to Motivate Government Stakeholders for Adopting the SDx Technology
7.3.6 Education
7.3.6.1 Growing Adoption of Digital Campuses With Cloud and IoT to Drive the Adoption of SDx in the Education Sector
7.3.7 Others
8 Software-Defined Anything Market, By Region (Page No. – 82)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 Proliferation of Software-Defined Technologies Within Enterprises to Drive the Market Growth in the US
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Government Initiatives Toward Digital Transformation to Fuel the Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.1.1 Rapid Digitalization to Drive the Growth of the SDx Market in the UK
8.3.2 Germany
8.3.2.1 Increase in the Number of Automotive Oems to Boost the SDx Market in Germany
8.3.3 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Demand for Hyperconverged Data Centers to Boost the SDx Market in China
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Emergence of 5G and Edge Computing to Drive the SDx Market in Japan
8.4.3 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Middle East and Africa
8.5.2 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 100)
9.1 Overview
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Partnerships
9.2.2 New Product Launches
9.2.3 Acquisitions
9.2.4 Business Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 105)
(Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Cisco
10.2 Dell EMC
10.3 HPE
10.4 IBM
10.5 VMware
10.6 Huawei
10.7 Juniper Networks
10.8 Microsoft
10.9 Nokia
10.10 Oracle
10.11 Aryaka
10.12 Big Switch Networks
10.13 Citrix
10.14 Extreme Networks
10.15 Infovista
10.16 NEC
10.17 Nutanix
10.18 Pluribus Networks
10.19 Red Hat
10.20 Silver Peak
10.21 SUSE
10.22 Adaptiv Networks
10.23 Arista Networks
10.24 Bigleaf
10.25 CloudGenix
10.26 Cumulus Networks
10.27 DataCore Software
10.28 DataDirect Networks
10.29 FatPipe
10.30 FlexiWAN
10.31 Fortinet
10.32 Fujitsu
10.33 HiveIO
10.34 Lavelle Networks
10.35 Lenovo
10.36 Martello
10.37 Maxta
10.38 Mushroom Networks
10.39 NetApp
10.40 Peplink
10.41 Pica8
10.42 Pivot3
10.43 Riverbed
10.44 Scale Computing
10.45 StarWind Software
10.46 StorMagic
10.47 Stratoscale
10.48 Veeam Software
10.49 Versa Networks
10.50 Zenlayer
*Details on Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 171)
11.1 Discussion Guide
11.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.2 Available Customizations
11.3 Related Reports
11.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7343
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アメリカの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 中国の個人レッスン市場2017-2021
    当調査レポートでは、中国の個人レッスン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の個人レッスン市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 除細動器の世界市場分析:植え込み型除細動器、体外式除細動器
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、除細動器の世界市場について調査・分析し、除細動器の世界市場動向、除細動器の世界市場規模、市場予測、セグメント別除細動器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生分解性パッケージ材料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生分解性パッケージ材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、生分解性パッケージ材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 地盤工学用計装・モニタリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供商品別分析、技術別分析、構造別分析、需要先別分析、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高分子分散剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、高分子分散剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、高分子分散剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートサーモスタット市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートサーモスタット市場について調査・分析し、世界のスマートサーモスタット市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートサーモスタット関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブラジルの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • カプノグラフィー装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、カプノグラフィー装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(カプノメーター、付属品)分析、技術(メインストリーム、サイドストリーム)分析、用途(心疾患治療、外傷、救急治療)分析、エンドユーザー(病院)分析、カプノグラフィー装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • フォークリフトの世界市場予測(~2021):用途別(製造、卸売&小売流通、貨物運送、物流)、燃料別、トン数別、クラス別、地域別
    当調査レポートでは、フォークリフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、燃料別分析、トン数別分析、クラス別分析、フォークリフトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • ハンガリーの心臓人工弁市場見通し
  • レーザー技術の世界市場予測(~2022年):固体レーザー、液体レーザー、ガスレーザー
    当調査レポートでは、レーザー技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、レーザー技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体廃棄物管理の世界市場: 発生源別(住宅、商業施設)、産業別、サービス別(収集、輸送)
    本調査レポートでは、液体廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、液体廃棄物管理の世界市場動向、液体廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベルギーの装具市場見通し
  • コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの概要 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場の動向分析:用途別(食品・飲料、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場について調査・分析し、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場動向、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラクトオリゴ糖(GOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィンランドの体外式除細動器市場見通し
  • 耐衝撃性ガラスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、耐衝撃性ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、中間層別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、耐衝撃性ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの装具市場見通し
  • Wi-Fiホットスポットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、Wi-Fiホットスポットの世界市場について調査・分析し、Wi-Fiホットスポットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:市場動向分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:競争要因分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:サービス別 ・コンサルティング ・設置・統合 ・管理 ・専門 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:ソフトウェア別 ・Wi-Fiセキュリティソフト ・Wi-Fiホットスポット課金ソフト ・クラウドベースホットスポット管理 ・集中ホットスポット管理 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:構成要素別 ・モバイルホットスポット機器 ・ワイヤレスホットスポットコントローラー ・ワイヤレスホットスポットゲートウェイ - Wi-Fiホットスポットの世界市場:エンドユーザー別 ・企業 ・通信サービスプロバイダー,ネットワーク技術者 ・行政 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:用途別 ・教育 ・金融サービス ・医療 ・接客 ・小売 …
  • 世界のペデスタル・ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のペデスタル・ポンプ市場2015について調査・分析し、ペデスタル・ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の神経外科ロボットシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経外科ロボットシステム市場2015について調査・分析し、神経外科ロボットシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨成長因子市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨成長因子のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨成長因子の概要 ・骨成長因子の開発動向:開発段階別分析 ・骨成長因子の開発動向:セグメント別分析 ・骨成長因子の開発動向:領域別分析 ・骨成長因子の開発動向:規制Path別分析 ・骨成長因子の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨成長因子の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨成長因子の最近動向
  • 韓国の移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 分散制御システム(DCS)の世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分散制御システム(DCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業別分析、用途別分析、地域別分析、分散制御システム(DCS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て酸素マスクの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、使い捨て酸素マスクの世界市場について調べ、使い捨て酸素マスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使い捨て酸素マスクの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は使い捨て酸素マスクの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・使い捨て酸素マスクの市場状況 ・使い捨て酸素マスクの市場規模 ・使い捨て酸素マスクの市場予測 ・使い捨て酸素マスクの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク) ・使い捨て酸素マスクの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インドのアクリル酸市場(~2019)
  • クロールアルカリの世界市場:苛性ソーダ、塩素、ソーダ灰
    当調査レポートでは、クロールアルカリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ココイルイセチオン酸ナトリウム市場規模、種類別(粉末、顆粒、針状)分析、販路別(代理店、直販)分析、用途別(スキンケア、オーラルケア、ベビー用品、ヘアケア、アイメイクリムーバー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:市場動向分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:競争要因分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:種類別(粉末、顆粒、針状) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:販路別(代理店、直販) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:用途別(スキンケア、オーラルケア、ベビー用品、ヘアケア、アイメイクリムーバー、その他) ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの世界市場:主要地域別分析 ・ ココイルイセチオン酸ナトリウムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ココイ …
  • GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、GaN(窒化ガリウム)パワーデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ウェハ別分析、デバイス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の概要 ・急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性呼吸窮迫症候群(Acute Respiratory Distress Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 世界のマイクロニードルユニット市場:詳細分析レポート2017-2022
  • インダッシュナビゲーションシステムの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インダッシュナビゲーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、技術別分析、構成品別分析、ナビゲーションサービス別分析、車両種類別分析、インダッシュナビゲーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クーリング織物の世界市場予測(~2021年):スポーツ衣類、保護服、ライフスタイル
    当調査レポートでは、クーリング織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、クーリング織物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の電気生理処置機器市場見通し(~2021)
  • デジタル医療の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタル医療の世界市場について調べ、デジタル医療の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタル医療の市場規模をセグメンテーション別(用途別(ワイヤレスヘルス、モバイルヘルス、HER、テレヘルス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はデジタル医療世界市場規模が2019-2023期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタル医療の市場状況 ・デジタル医療の市場規模 ・デジタル医療の市場予測 ・デジタル医療の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(ワイヤレスヘルス、モバイルヘルス、HER、テレヘルス) ・デジタル医療の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 難燃ケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、難燃ケーブルの世界市場について調べ、難燃ケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー)分析、断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・難燃ケーブルの世界市場概要 ・難燃ケーブルの世界市場環境 ・難燃ケーブルの世界市場動向 ・難燃ケーブルの世界市場規模 ・難燃ケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・輸送、製造、エネルギー) ・難燃ケーブルの世界市場規模:断熱材(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・難燃ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・難燃ケーブルの北米市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのヨーロッパ市場規模・予測 ・難燃ケーブルのアジア市場規模・予測 ・難燃ケーブルの日本市場規模・予測 ・難燃ケーブルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • アメリカの教室用ウェアラブル技術市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの教室用ウェアラブル技術市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの教室用ウェアラブル技術市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフカートの世界市場:製品タイプ別(電気ゴルフカート、ガソリンゴルフカート、ソーラーゴルフカート)、用途別(ゴルフコース、パーソナルサービス、および商業サービス)
    当調査レポートでは、ゴルフカートの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ゴルフカートの世界市場:製品タイプ別(電気ゴルフカート、ガソリンゴルフカート、ソーラーゴルフカート) ・ゴルフカートの世界市場:用途別(ゴルフコース、パーソナルサービス、および商業サービス) ・ゴルフカートの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 中国のテスト準備市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のテスト準備市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のテスト準備市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脆弱性管理(VM)市場2019
    本調査レポートでは、世界の脆弱性管理(VM)市場2019について調査・分析し、脆弱性管理(VM)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、脆弱性管理(VM)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、脆弱性管理(VM)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・脆弱性管理(VM)の市場概要 ・脆弱性管理(VM)の上流・下流市場分析 ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・脆弱性管理(VM)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・脆弱性管理(VM)の北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • アクリルキャスト板の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アクリルキャスト板の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクリルキャスト板市場規模、用途別(衛生陶器、自動車・輸送、看板・ディスプレイ、建築・インテリアデザイン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アクリルキャスト板の世界市場概要 ・アクリルキャスト板の世界市場環境 ・アクリルキャスト板の世界市場動向 ・アクリルキャスト板の世界市場規模 ・アクリルキャスト板の世界市場:業界構造分析 ・アクリルキャスト板の世界市場:用途別(衛生陶器、自動車・輸送、看板・ディスプレイ、建築・インテリアデザイン) ・アクリルキャスト板の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アクリルキャスト板の北米市場規模・予測 ・アクリルキャスト板のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アクリルキャスト板のアジア太平洋市場規模・予測 ・アクリルキャスト板の主要国分析 ・アクリルキャスト板の世界市場:成長要因、課題 ・アクリルキャスト板の世界市場 …
  • 動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場予測2019-2024
    「動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、塞栓コイル、バルーン・ステント支援コイル、アクセス・デリバリーデバイス、動脈瘤クリップ、分流器など、用途別には、Hospitals、Clinics、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動脈瘤コイル塞栓術装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場概要(サマリー) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の企業別販売量・売上 ・動脈瘤コイル塞栓術装置の企業別市場シェア ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場規模:種類別(塞栓コイル、バルーン・ステント支援コイル、アクセス・デリバリーデバイス、動脈瘤クリップ、分流器) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Others) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動脈瘤コイル塞栓術装置のアジア市場規模( …
  • 企業向けゲームベース学習の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けゲームベース学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けゲームベース学習の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の蛍光スクリーン市場2017-2022
  • 低電力広域通信網(WAN)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、低電力広域通信網(WAN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、通信技術別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲戦闘支援車両の世界市場予測2019-2024
    「装甲戦闘支援車両の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、小型装甲車、中型装甲車、大型装甲車など、用途別には、Surveillance and Reconnaissance、Logistics Service、Firefighting、Communicationなどに区分してまとめた調査レポートです。装甲戦闘支援車両のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・装甲戦闘支援車両の世界市場概要(サマリー) ・装甲戦闘支援車両の企業別販売量・売上 ・装甲戦闘支援車両の企業別市場シェア ・装甲戦闘支援車両の世界市場規模:種類別(小型装甲車、中型装甲車、大型装甲車) ・装甲戦闘支援車両の世界市場規模:用途別(Surveillance and Reconnaissance、Logistics Service、Firefighting、Communication) ・装甲戦闘支援車両の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"