"マルチモーダルイメージングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7353)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マルチモーダルイメージングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global multimodal imaging market is projected to grow at a CAGR of 4.4% during the forecast period.”Multimodal imaging includes PET/CT systems, SPECT/CT systems, PET/MR systems, OCT/Fundus Imaging systems, and other multimodal imaging systems. The global multimodal imaging market is projected to reach USD 2.9 billion by 2024 from USD 2.3 billion in 2019, at a CAGR of 4.4% from 2019 to 2024.
Growing applications of multimodal imaging systems, technological advancements in diagnostic imaging modalities, availability of funding for research, favorable reimbursement scenario, growing insurance coverage, and increasing R&D into radiotracers are some of the key factors driving the multimodal imaging market. However, the high cost of multimodal imaging systems, lack of infrastructure in emerging countries, and a dearth of trained professionals are expected to limit market growth to a certain extent.

“The PET/CT systems segment accounted for the largest share of the global multimodal imaging market in 2018.”
Based on technology, the multimodal imaging market is broadly segmented into PET/CT systems, PET/MR systems, SPECT/CT systems, OCT/Fundus Imaging systems, and other multimodal imaging systems (tri-modality systems such as SPECT/CT/PET, PET/CT + MR, and IVUS + NIRS systems, among others). The PET/CT systems segment accounted for the largest share of the multimodal imaging market in 2018. This can be attributed to the increasing demand for early and accurate cancer diagnosis, growing clinical evidence for the early detection of Alzheimer’s disease, increasing applications of PET/CT systems in cardiology, favorable reimbursement scenario, and the technological advancements in the field of PET/CT.

“The oncology segment accounted for the largest share of the multimodal imaging market in 2018.”
On the basis of application, the multimodal imaging market is segmented into brain & neurology, cardiology, oncology, ophthalmology, and other applications. The oncology segment accounted for the largest market share in 2018. This can be attributed to the expanding use of multimodal imaging systems in oncology diagnosis, increasing demand for the early & accurate diagnosis of cancer, and growing clinical evidence on the use of multimodal imaging in the diagnosis of novel cancer types.

“Europe accounted for the second-largest share of the global market in 2018.”
The multimodal imaging market is segmented into five major regions, namely, North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. Europe accounted for the second-largest share of the market in 2018. Factors such as growing product approvals and rising public-private investments for developing multimodal imaging modalities for novel applications are the major factors driving market growth in Europe.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (30%), Tier 2 (32%), and Tier 3 (38%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (34%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (17%)

The major players operating in the multimodal imaging market are GE Healthcare (US), Siemens Healthineers (Germany), Koninklijke Philips N.V. (Netherlands), United Imaging Healthcare Co., Ltd. (China), Canon Medical Systems Corporation (Japan), Mediso Medical Imaging Kft (Hungary), Neusoft Medical Systems Co., Ltd. (China), Spectrum Dynamics Medical (Switzerland), Infraredx, Inc. (Japan), Topcon Corporation (Japan), Carl Zeiss AG (Germany), and Heidelberg Engineering (Germany).

Research Coverage
This report studies the multimodal imaging market based on technology, application, end user, and region. The report also studies factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges affecting market growth. It also provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and the respective countries in these regions.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views. It also analyzes the competitive landscape; emerging segments of the multimodal imaging market; and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"マルチモーダルイメージングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Secondary and Primary Research Methodology
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions for the Study
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Multimodal Imaging: Market Overview
4.2 Geographic Analysis: Multimodal Imaging Market Share, By Application and Region, 2018
4.3 Technology Analysis: Market Size, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 End-User Analysis: Market Share, 2019 vs 2024
4.5 Geographic Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Applications of Multimodal Imaging Systems
5.2.1.2 Technological Advancements in Diagnostic Imaging Modalities
5.2.1.3 Availability of Funding for Research
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Multimodal Imaging Systems
5.2.2.2 Lack of Adequate Healthcare Infrastructure
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Availability of Reimbursement and Insurance Coverage for Scans
5.2.3.2 Increasing R&D Into Radiotracers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Trained Professionals
6 Multimodal Imaging Market, By Technology (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 PET/CT Systems
6.2.1 PET/CT Systems Have Almost Practically Replaced Stand-Alone PET Systems Across the World
6.2.2 PET/CT Systems Market Split By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.2.3 PET/CT Systems Market Split By End User, 2017–2024 (USD Million)
6.3 SPECT/CT Systems
6.3.1 Improved Resolution of SPECT/CT Systems has Provided A Clear Advantage Over Stand-Alone Spect Systems
6.3.2 SPECT/CT Systems Market Split By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.3.3 SPECT/CT Systems Market Split By End User, 2017–2024 (USD Million)
6.4 PET/MR Systems
6.4.1 PET/MR Systems Showcase Increasing Clinical Evidence With Enhanced Tissue Contrast
6.4.2 PET/MR Systems Market Split By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.4.3 PET/MR Systems Market Split By End User, 2017–2024 (USD Million)
6.5 OCT/Fundus Imaging Systems
6.5.1 OCT/Fundus Imaging Systems Have Wide Applications in Retinal Disease Diagnosis
6.5.2 OCT/Fundus Imaging Systems Market Split By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.5.3 OCT/Fundus Imaging Systems Market Split By End User, 2017–2024 (USD Million)
6.6 Other Multimodal Imaging Systems
6.6.1 Other Multimodal Imaging Systems Market Split By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.6.2 Other Multimodal Imaging Systems Market Split By End User, 2017–2024 (USD Million)
7 Multimodal Imaging Market, By Application (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Oncology
7.2.1 Oncology is the Largest Application Segment of the Market
7.3 Ophthalmology
7.3.1 Technological Innovations in Ophthalmic Multimodal Imaging Systems By Key Market Players to Support Market Growth
7.4 Cardiology
7.4.1 Increasing Prevalence of Cardiac Conditions & Increasing Demand for Early Disease Diagnosis to Support Market Growth
7.5 Brain & Neurology
7.5.1 Increasing Incidence of Brain & Neurological Disorders to Propel the Adoption of Multimodal Imaging Systems
7.6 Other Applications
8 Multimodal Imaging Market, By End User (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Large Hospitals With Nuclear Medicine Departments Have Been Early Adopters of Multimodal Imaging Systems
8.3 Diagnostic Imaging Centers
8.3.1 Increasing Number of Private Imaging Centers is Contributing to the Growth of This Segment
8.4 Other End Users
9 Multimodal Imaging Market, By Region (Page No. – 72)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Government Budget Cuts and Long Wait Time for Scans to Hamper the Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Favorable Reimbursement Scenario in the Country to Support Market Growth
9.3.2 UK
9.3.2.1 Government Initiatives and the Increasing Number of Funding and Research Activities Related to the Use of Multimodal Imaging are Driving Market Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 France has the Third-Largest Government Expenditure on Healthcare—A Major Factor Driving Market Growth
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Large Installation Base of Hybrid Imaging Systems – A Major Factor Driving Market Growth
9.4.2 China
9.4.2.1 China to Witness the Highest Growth Rate in the Global Market During the Forecast Period
9.4.3 India
9.4.3.1 Lack of Reimbursement for Diagnostic Imaging Procedures to Hamper Market Growth
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Brazil Dominates the Latin American Market Due to the High Burden of Cancer
9.5.2 Mexico
9.5.2.1 Rising Incidence of Cancer to Drive Market Growth in Mexico
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Improved Healthcare Infrastructure and Growing Awareness of Multimodal Imaging are Driving Market Growth in the Mea
10 Competitive Landscape (Page No. – 101)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Situation and Trends
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.5 Vendor Inclusion Criteria
10.6 Vendor Dive
10.6.1 Visionary Leaders
10.6.2 Innovators
10.6.3 Dynamic Differentiators
10.6.4 Emerging Players
11 Company Profiles (Page No. – 107)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Canon, Inc.
11.2 GE Healthcare
11.3 Heidelberg Engineering
11.4 Infraredx, Inc. (A Part of Nipro Corporation)
11.5 Koninklijke Philips N.V.
11.6 Mediso Medical Imaging Systems Kft
11.7 Neusoft Medical Systems Co., Ltd
11.8 Siemens Healthineers
11.9 Spectrum Dynamics Medical
11.10 Topcon Corporation
11.11 United Imaging Healthcare Co., Ltd.
11.12 Zeiss Group
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 131)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マルチモーダルイメージングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7353
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マルチモーダルイメージングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • DNAおよびジーンチップの世界市場:製品別(消耗品、計器)、用途別(がんの診断・治療、ドラッグデリバリー、ゲノム解析)最終用途別、セグメント予測
    DNAおよびジーンチップの世界市場は2025年には107億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.4%で成長すると予測されています。DNAおよびジーンチップは、病気の知識を強化し、それらをターゲットとするために、包括的なゲノム研究に役立つ大量の情報を提供する上で役立っています。この技術は、疾病管理のさまざまな側面にわたって有益かつ有望なソリューションとなっています。これらの要因により、市場の成長が期待されています。本調査レポートでは、DNAおよびジーンチップの世界市場について調査・分析し、DNAおよびジーンチップの世界市場動向、DNAおよびジーンチップの世界市場規模、市場予測、セグメント別DNAおよびジーンチップ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トリポリリン酸ナトリウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トリポリリン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トリポリリン酸ナトリウム市場規模、最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場概要 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場環境 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場動向 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場規模 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:業界構造分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他) ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トリポリリン酸ナトリウムのアメリカ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのアジア市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムの主要国分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の概要 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroi …
  • 画像診断の世界市場:市場展望、企業戦略、マーケティング、技術分析
  • 世界の有機顔料市場2016
    本調査レポートでは、世界の有機顔料市場2016について調査・分析し、有機顔料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 蒸気ボイラーシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、蒸気ボイラーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、蒸気ボイラーシステム市場規模、種類別(スーパーヒーター、煙管ボイラー、水管ボイラー)分析、コンポーネント別(エコノマイザー、空気予熱器、ボイラー、供給ポンプ、過熱器)分析、燃料別(ガス焚蒸気ボイラー、バイオマス焚蒸気ボイラー、石炭焚蒸気ボイラー、石油焚蒸気ボイラー、電気蒸気ボイラー)分析、エンドユーザー別(化学薬品、一次金属、火力発電所、食品、製油所、その他)分析、用途別(蒸気機関(機関車)、セメント生産、発電機、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:種類別(スーパーヒーター、煙管ボイラー、水管ボイラー) ・ 蒸気ボイラーシステムの世界市場:コンポーネント別(エコノマイザー、空気予熱器、ボイラー、供給ポンプ、過熱器 …
  • 傾斜掘削サービスの世界市場予測(~2021):用途別(オンショア、オフショア)、種類別(従来型および回転式操縦可能システム)、サービス別(掘削同時検層(LWD)、掘削同時計測(MWD)・調査、操舵型回転掘削機構(RSS)、モーター)、地域別
    当調査レポートでは、傾斜掘削サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、サービス別分析、地域別分析、傾斜掘削サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用電源ソリューションの世界市場予測(~2022):バッテリー、発電機、燃料電池、太陽光発電、エネルギーハーベスタ
    当調査レポートでは、軍事用電源ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、電源別分析、用途別分析、電圧別分析、軍事用電源ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、シリコーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリコーン市場規模、製品別(溶液、樹脂、ゲル・その他)分析、最終用途別(工業、建設、パーソナルケア・消費者製品、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シリコーンの世界市場概要 ・シリコーンの世界市場環境 ・シリコーンの世界市場動向 ・シリコーンの世界市場規模 ・シリコーンの世界市場:業界構造分析 ・シリコーンの世界市場:製品別(溶液、樹脂、ゲル・その他) ・シリコーンの世界市場:最終用途別(工業、建設、パーソナルケア・消費者製品、輸送、その他) ・シリコーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・シリコーンのアメリカ市場規模・予測 ・シリコーンのヨーロッパ市場規模・予測 ・シリコーンのアジア市場規模・予測 ・シリコーンの主要国分析 ・シリコーンの世界市場:意思決定フレームワーク ・シリコーンの世界市場:成長要因、課題 ・シリコーンの世界市場:競争環境 …
  • 世界の尿路カテーテル市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、尿路カテーテルのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿路カテーテルの概要 ・尿路カテーテルの開発動向:開発段階別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:セグメント別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:領域別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:規制Path別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別尿路カテーテルの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・尿路カテーテルの最近動向
  • CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場について調査・分析し、CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場:セグメント別市場分析 ・CBRN (化学、生物、放射性物質、核兵器) 防衛の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 繊維補強コンクリートの世界市場予測(~2021):種類別(合成繊維、スチール繊維、ガラス繊維、天然繊維、玄武岩繊維)、最終用途産業別(交通インフラ、建築・建設、鉱山・トンネル、工業用フローリング)、地域別
    当調査レポートでは、繊維補強コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、繊維補強コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 超崩壊剤の世界市場:種類別(合成、天然、その他)、剤型別(錠剤、カプセル剤)、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)、地域別予測
    本資料は、超崩壊剤の世界市場について調べ、超崩壊剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(合成、天然、その他)分析、剤型別(錠剤、カプセル剤)分析、治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超崩壊剤の世界市場概要 ・超崩壊剤の世界市場環境 ・超崩壊剤の世界市場動向 ・超崩壊剤の世界市場規模 ・超崩壊剤の世界市場規模:タイプ別(合成、天然、その他) ・超崩壊剤の世界市場規模:剤型別(錠剤、カプセル剤) ・超崩壊剤の世界市場規模:治療分野別(消化器官疾患、心血管疾患、神経疾患、腫瘍、血液疾患、炎症性疾患、感染性) ・超崩壊剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超崩壊剤の北米市場規模・予測 ・超崩壊剤のアメリカ市場規模・予測 ・超崩壊剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・超崩壊剤のアジア市場規模・予測 ・超崩壊剤の日本市場規模・予測 ・超崩壊剤の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • フラックツリーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、フラックツリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フラックツリー市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フラックツリーの世界市場概要 ・フラックツリーの世界市場環境 ・フラックツリーの世界市場動向 ・フラックツリーの世界市場規模 ・フラックツリーの世界市場:業界構造分析 ・フラックツリーの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・フラックツリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フラックツリーの北米市場規模・予測 ・フラックツリーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フラックツリーのアジア太平洋市場規模・予測 ・フラックツリーの主要国分析 ・フラックツリーの世界市場:意思決定フレームワーク ・フラックツリーの世界市場:成長要因、課題 ・フラックツリーの世界市場:競争環境 ・フラックツリーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 塞栓術装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塞栓術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塞栓術装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • MRI装置の北米市場
  • 先進サスペンション制御システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、先進サスペンション制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、先進サスペンション制御システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の細胞表面マーカー検査市場2016-2020
  • ECG装置の世界市場
    本調査レポートでは、ECG装置の世界市場について調査・分析し、ECG装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 韓国の感染症検査市場動向(~2021)
  • UAEの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 採掘用化学品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、採掘用化学品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、採掘用化学品市場規模、製品別(浮選剤、凝集剤、溶剤抽出剤、捕集剤、スケール抑制剤、結晶成長抑制剤、消泡剤、粉砕助剤、その他)分析、鉱物タイプ別(貴金属、非金属鉱物、希土類金属、卑金属)分析、化学物質別(硫酸、シアン化物、重金属、ガソリン、硝安油剤爆薬(ANFO)、アセチレン、硝酸)分析、用途別(鉱物処理、爆発・掘削、水・廃水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 採掘用化学品の世界市場:市場動向分析 ・ 採掘用化学品の世界市場:競争要因分析 ・ 採掘用化学品の世界市場:製品別(浮選剤、凝集剤、溶剤抽出剤、捕集剤、スケール抑制剤、結晶成長抑制剤、消泡剤、粉砕助剤、その他) ・ 採掘用化学品の世界市場:鉱物タイプ別(貴金属、非金属鉱物、希土類金属、卑金属) ・ 採掘用化学品の世界市場:化学物質別(硫酸、シアン化物、重金属、ガソリン、硝安油剤爆薬(ANFO)、 …
  • 水質センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水質センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水質センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ラットモデルの世界市場予測(~2021):モデル種類別(非近交系、近交系、ノックアウト)、技術別、治療分野別、サービス別、ケア製品別、需要先別
    当調査レポートでは、ラットモデルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モデル種類別分析、技術別分析、治療分野別分析、サービス別分析、ラットモデルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データバスの世界市場予測(~2021年):マイクロカプラー、ケーブル、コネクター、アクセサリー
    当調査レポートでは、データバスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プロトコル別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、データバスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 更年期障害(Menopausal Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期障害(Menopausal Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期障害(Menopausal Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期障害(Menopausal Disorders)の概要 ・更年期障害(Menopausal Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期障害(Menopausal Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・更年期障害(Menopausal Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 胃腸疾患の治療薬開発パイプライン分析2018
  • ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場について調査・分析し、ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ジメチルスルホキシド(DMSO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ジメチルスルホキシド(DMSO)種類別分析(工業グレード、医薬品グレード、電子グレード)、ジメチルスルホキシド(DMSO)用途別分析(化学産業、製薬産業、電子産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の市場概観 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の世界市場規模 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のアメリカ市場規模推移 ・ジメチルスルホキシド(DMSO)のカナダ市場規模推移 ・ジメチルスルホキシド(DM …
  • ジオメンブレンの世界市場分析:原材料別(HDPE、LDPE、EPDM、PVC)、技術別(押出、艶出し)、用途別(廃棄物管理、水処理、鉱業、トンネル・土木建設)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、ジオメンブレンの世界市場動向、ジオメンブレンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジオメンブレン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 保護コーティング剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、保護コーティング剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、保護コーティング剤市場規模、技術別(溶剤型、水性、粉末状)分析、樹脂種類別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン、その他)分析、最終用途別(インフラ・建設、石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・保護コーティング剤の世界市場概要 ・保護コーティング剤の世界市場環境 ・保護コーティング剤の世界市場動向 ・保護コーティング剤の世界市場規模 ・保護コーティング剤の世界市場:業界構造分析 ・保護コーティング剤の世界市場:技術別(溶剤型、水性、粉末状) ・保護コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン、その他) ・保護コーティング剤の世界市場:最終用途別(インフラ・建設、石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他) ・保護コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・保護コーティング剤のアメリカ市場規模・ …
  • 高機能プラスチックの世界市場予測(~2026):種類別(フルオロポリマー、高性能ポリアミド、PPS、SP、LCP、AKP、PI)、需要先別(輸送、電気&電子、医療、産業)、地域別
    当調査レポートでは、高機能プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、高機能プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ印刷の世界市場予測(~2026):印刷用インク別、印刷技術別(フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷)、材料別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、パッケージ印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、印刷用インク別分析、印刷技術別分析、材料別分析、用途別分析、パッケージ印刷の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体検査装置の世界市場:ウェハ検査装置、マスク検査装置
    当調査レポートでは、半導体検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体検査装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオセラミックスの世界市場分析:材料別(アルミナ、ジルコニア)、用途別(歯科、整形外科)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオセラミックスの世界市場について調査・分析し、バイオセラミックスの世界市場動向、バイオセラミックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセラミックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の地熱発電市場:種類別、地域別
    本調査レポートは地熱発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・地熱発電の世界市場:種類別(フラッシュ、ドライスチーム、バイナリー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 食品安全性検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品安全性検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品安全性検査市場規模、技術別(クロマトグラフィ―、酵素結合免疫吸着検定、免疫測定、食品照射、質量分析法、マイクロアレイ解析、核磁気共鳴(NMR)、ポリメラーゼ連鎖反応(PVR)、その他)分析、検査種類別(毒素、殺虫剤・肥料、脂質・脂肪・油分分析、遺伝子組換生物(GMO)、アレルゲン分析、微生物)分析、食品種類別(加工食品、肉・鶏肉、果実・野菜、乳製品、穀類、海産物、飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品安全性検査の世界市場:市場動向分析 ・ 食品安全性検査の世界市場:競争要因分析 ・ 食品安全性検査の世界市場:技術別(クロマトグラフィ―、酵素結合免疫吸着検定、免疫測定、食品照射、質量分析法、マイクロアレイ解析、核磁気共鳴(NMR)、ポリメラーゼ連鎖反応(PVR)、その他) ・ 食品安全性検査の世界市場:検査種類別(毒素、殺虫剤・肥料、脂質・脂肪 …
  • 自動車および自動車機能の電動化の世界市場2014–2025:製品別(アイドリングストップシステム、電動パワーステアリング、液浸PTCヒーター、電動オイルパンプ、電動ウォーターパンプ、スタータモーターおよびオルタネータ)、ハイブリッド化別
    本調査レポートでは、自動車および自動車機能の電動化の世界市場について調査・分析し、自動車および自動車機能の電動化の世界市場動向、自動車および自動車機能の電動化の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車および自動車機能の電動化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サイバーセキュリティソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サイバーセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サイバーセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアロプリノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアロプリノール市場2016について調査・分析し、アロプリノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子情報開示の世界市場見通し2016-2022:テクノロジーアシステッドレビュー(TAR)、リーガルホールド、訴訟案件の早期評価査定、データプロダクション、データプロセッシング
    当調査レポートでは、電子情報開示の世界市場について調査・分析し、電子情報開示の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電子情報開示の世界市場:市場動向分析 ・電子情報開示の世界市場:競争要因分析 ・電子情報開示の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:導入別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:産業別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電子情報開示の北米市場規模 ・電子情報開示の欧州市場規模 ・電子情報開示のアジア市場規模 ・電子情報開示の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 塗料・コーティング剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、塗料・コーティング剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塗料・コーティング剤市場規模、製品別(ハイソリッド塗料、特殊塗料、溶剤系塗料、水性塗料、粉体塗料)分析、樹脂別(粗アクリル塗料、アルキド塗料、酢酸塗料、アクリル酸ビニル塗料、スチレン/アクリル系塗料、その他)分析、成分別(一液、二液)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:市場動向分析 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:競争要因分析 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:製品別(ハイソリッド塗料、特殊塗料、溶剤系塗料、水性塗料、粉体塗料) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:樹脂別(粗アクリル塗料、アルキド塗料、酢酸塗料、アクリル酸ビニル塗料、スチレン/アクリル系塗料、その他) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:成分別(一液、二液) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 塗料・コーティング剤の北米市場規模(ア …
  • 自動車産業のメガトレンド分析
  • 楽器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、楽器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、楽器市場規模、製品別(拡声機器、弦楽器、キーボード、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・楽器の世界市場概要 ・楽器の世界市場環境 ・楽器の世界市場動向 ・楽器の世界市場規模 ・楽器の世界市場:業界構造分析 ・楽器の世界市場:製品別(拡声機器、弦楽器、キーボード、その他) ・楽器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・楽器のアメリカ市場規模・予測 ・楽器のヨーロッパ市場規模・予測 ・楽器のアジア市場規模・予測 ・楽器の主要国分析 ・楽器の世界市場:意思決定フレームワーク ・楽器の世界市場:成長要因、課題 ・楽器の世界市場:競争環境 ・楽器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • レーザー測距儀の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー測距儀の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー測距儀市場規模、エンドユーザー別(建築家、エンジニア、建設従業員、インテリアデザイナー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー測距儀の世界市場概要 ・レーザー測距儀の世界市場環境 ・レーザー測距儀の世界市場動向 ・レーザー測距儀の世界市場規模 ・レーザー測距儀の世界市場:業界構造分析 ・レーザー測距儀の世界市場:エンドユーザー別(建築家、エンジニア、建設従業員、インテリアデザイナー) ・レーザー測距儀の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー測距儀の北米市場規模・予測 ・レーザー測距儀のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・レーザー測距儀のアジア太平洋市場規模・予測 ・レーザー測距儀の主要国分析 ・レーザー測距儀の世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー測距儀の世界市場:成長要因、課題 ・レーザー測距儀の世界市場:競争環境 ・レーザ …
  • 世界の酸化ジスプロシウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化ジスプロシウム市場2015について調査・分析し、酸化ジスプロシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 入学管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、入学管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、入学管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 大学などの学校への入学は年に一、二度あり、その期間中、担当者には生徒や保護者からの入学に関する様々な質問に回答する負担がかかります。入学管理ソフトウェアで、入学等に関する学校のニーズに対処することができます。Technavio社は入学管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Blackbaud• Ellucian Company• Hyland Software等です。
  • 世界のX線フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界のX線フィルム市場2015について調査・分析し、X線フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの股関節再建装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"