"メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 7350)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The metagenomic sequencing market is projected to grow at a CAGR of 17.0%.”The metagenomic sequencing market is projected to reach USD 2.3 billion by 2024 from USD 1.0 billion in 2019, at a CAGR of 17.0%. The growth of this market is driven by factors such as the significant applications of metagenomics in various fields, the various initiatives and funding from government & private bodies for large-scale sequencing projects, and the declining cost of sequencing.

“The reagents & consumables segment is expected to witness the highest growth in the metagenomic sequencing market during the forecast period.”
On the basis of product & service, the metagenomic sequencing market is segmented into reagents & consumables, instruments, services, and analysis & data interpretation solutions. Of all these segments, reagents & consumables are expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such as the development and commercialization of high-quality reagents and kits and the continuous requirement of sequencing reagents by end users are expected to drive the growth of the reagents & consumables market in the coming years.

“The sample processing & library preparation segment is expected to witness the highest growth in the metagenomic sequencing market during the forecast period.”
The market, based on workflow, has been segmented into sample processing & library preparation, sequencing, and data processing & analysis. The sample processing & library preparation segment projected to register the highest growth rate during the forecast period. This growth can be attributed to the growing number of metagenome sequencing research projects being conducted, the availability of technically advanced and robust sample processing and library preparation assay kits, and the demand for efficient library preparation products.

“The shotgun metagenomic sequencing technology segment is expected to witness the highest growth in the metagenomic sequencing market during the forecast period.”
On the basis of technology, the metagenomic sequencing market is segmented into shotgun metagenomic sequencing, 16S rRNA sequencing, metatranscriptomics, and whole-genome sequencing & de-novo assembly. The shotgun metagenomic sequencing technology is expected to witness the highest growth rate in the metagenomic sequencing market during the forecast period. This can be attributed to the advantages offered by shotgun sequencing over other techniques, growing adoption of shotgun metagenomic sequencing among researchers and healthcare professionals, and the increasing number of metagenomic sequencing-based research activities.

“The drug discovery segment is expected to witness the highest growth in the metagenomic sequencing market during the forecast period.”
Based on applications, the metagenomic sequencing market is segmented into drug discovery, clinical diagnostics, soil microbiome applications, industrial applications, ecological and environmental applications, veterinary applications, and other applications. The drug discovery segment is poised to grow at the highest rate during the forecast period. Growth in this market segment is mainly due to the increasing research activities for novel drug discovery, growing collaborations between market players, academic institutions, and pharmaceutical companies for drug development, and growing use of metagenomic NGS in clinical trials.

“The Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The metagenomic sequencing market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (Latin America, the Middle East, and Africa). The Asia Pacific regional segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Growth in this market segment is mainly due to a significant focus on R&D activities as a means of broadening the scope of metagenomics applications, increasing adoption of metagenomics for diagnostics (due to the decreasing cost of metagenomics products and services), and technological developments in metagenomics genomic data analysis as well as interpretation.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (25%), Tier 2 (30%), and Tier 3 (45%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (34%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (17%)

The major players operating in the global metagenomic sequencing market are Illumina, Inc. (US), Thermo Fisher Scientific, Inc (US), QIAGEN N.V. (Netherlands), PerkinElmer (US), Oxford Nanopore Technologies Ltd (UK), BGI Group (China), Macrogen Inc. (South Korea), GENEWIZ (US), Eurofins Scientific (Luxembourg), Novogene Corporation (China), Zymo Research Corporation (US), NuGEN Technologies, Inc (US), IntegraGen SA (France), Microsynth AG (Switzerland), and DNAStar, Inc (US).

Research Coverage
This report studies the metagenomic sequencing market by product & service, workflow, technology, application, and region. It also covers factors affecting market growth, analyzes various opportunities and challenges in the market, and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the study analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the size of market segments with respect to key regions—North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World.

Reasons to Buy the Report:
From an insights perspective, this research report focuses on various levels of analysis—market ranking the analysis of the top players and their company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging segments of the metagenomic sequencing market and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Application-Based Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Metagenomic Sequencing: Market Overview
4.2 Metagenomic Sequencing Market Share, By Product & Service (2019 vs. 2024)
4.3 Market Share, By Workflow (2019 vs. 2024)
4.4 Market Share, By Technology (2019 vs. 2024)
4.5 Market, By Application, (2019 vs. 2024)
4.6 Market, By Region (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Significant Applications of Metagenomics in Various Fields
5.2.1.2 Initiatives and Funding From Government & Private Bodies for Large-Scale Sequencing Projects
5.2.1.3 Declining Cost of Sequencing
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 End-User Budget Constraints in Developing Countries
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Availability of Cloud Computing for Data Management
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Storage of Sequencing Data
5.2.4.2 Dearth of Skilled Professionals
6 Metagenomic Sequencing Market, By Product & Service (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Reagents & Consumables
6.2.1 Rising Adoption of Metagenomic Sequencing is Driving the Use of Reagents and Consumables
6.3 Instruments
6.3.1 Launch of Advanced Ngs Platforms Will Support the Growth of This Segment
6.4 Services
6.4.1 Time and Cost-Effectiveness of Outsourcing Ngs Projects has Driven Demand for Services
6.5 Analysis and Data Interpretation Solutions
6.5.1 Limited Technical Knowledge of Advanced Analysis Solutions Among End Users to Hamper Market Growth
7 Metagenomic Sequencing Market, By Workflow (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Sample Processing & Library Preparation
7.2.1 Sample Processing & Library Preparation Holds the Largest Share of the Market, By Workflow
7.3 Sequencing
7.3.1 Sanger Sequencing has Been Supplanted By Ngs Due to Its Advantages and Rapidity
7.4 Data Processing & Analysis
7.4.1 Need for Skilled Personnel to Operate Data Processing and Analytics Tools has Slowed Market Growth
8 Metagenomic Sequencing Market, By Technology (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 16s Rrna Sequencing
8.2.1 16s Rrna Sequencing is A Cost-Effective Technique for the Identification of Bacterial Strains
8.3 Shotgun Metagenomic Sequencing
8.3.1 Shotgun Metagenomic Sequencing Segment to Witness the Highest Growth Rate During the Forecast Period
8.4 Whole-Genome Sequencing and De Novo Assembly
8.4.1 Wgs Can Sequence the Complete Metagenome of Environmental Samples & Helps Generate Accurate Reference Genomes for Microbial Identification
8.5 Metatranscriptomics
8.5.1 Metatranscriptomics Helps in the Understanding of the Active Functional Profile of A Microbial Community
9 Metagenomic Sequencing Market, By Application (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Drug Discovery
9.2.1 Drug Discovery Accounts for the Largest Share of the Market
9.3 Ecological & Environmental Applications
9.3.1 Metagenomic Sequencing Can Help Identify Invasive and Endangered Species
9.4 Clinical Diagnostics
9.4.1 Advantages of Metagenomic Ngs Have Enabled Wide Applications in Diagnostics
9.5 Soil Microbiome Applications
9.5.1 North America Shows High Demand for Metagenomic Sequencing in Soil Microbiome Applications
9.6 Industrial Applications
9.6.1 Energy
9.6.1.1 Declining Fossil Fuel Reserves and Growing Energy Needs Will Drive Demand Growth in This Application Segment
9.6.2 Bioremediation
9.6.2.1 Need to Monitor Pollutant Impact and Contamination Will Provide Opportunities for Metagenomic Sequencing in Bioremediation
9.6.3 Other Industrial Applications
9.7 Veterinary Applications
9.7.1 Demand for Rapid and Accurate Pathogen Diagnosis is Supporting Demand for Sequencing
9.8 Other Applications
10 Metagenomic Sequencing Market, By Region (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Well-Established Infrastructure and Funding Sources Required for Overall Ngs Based Small- and Medium-Sized Research Studies and Projects Make the US the Largest Market in North America
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Focus of Ngs Players on Expanding their Presence in Canada and Increasing Government Initiatives to Support Genomics Research and Workshops to Support Growth in This Market
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany has Witnessed A Significant Increase in Investments in Next-Generation Technologies, Making It the Largest Market in Europe
10.3.2 UK
10.3.2.1 The UK is One of the Leaders in Biotechnology in the European Region Owing to the Presence of A Large Number of Ngs Players in the Country
10.3.3 France
10.3.3.1 Government Initiatives to Support Genomics Research are Primarily Driving the Growth of the Metagenomic Sequencing Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Several Ngs Players are Focusing on Strengthening their Presence and Offerings in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Rising Use of Metagenomic Sequencing for Various Application to Drive Market Growth in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 Decreasing Cost of Sequencing to Drive Market Growth in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
10.5.1 Latin America
10.5.2 Middle East
10.5.3 Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 95)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Acquisitions
11.3.2 Agreements
11.4 Competitive Leadership Mapping
11.4.1 Competitive Leadership Mapping: Major Market Players (2018)
11.4.2 Visionary Leaders
11.4.3 Innovators
11.4.4 Dynamic Players
11.4.5 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 100)
12.1 BGI Group
12.2 DNAstar, Inc.
12.3 Eurofins Scientific
12.4 GENEWIZ
12.5 Illumina, Inc.
12.6 Integragen SA
12.7 Macrogen, Inc.
12.8 Microsynth AG
12.9 Novogene Co., Ltd.
12.10 NuGEN Technologies, Inc. (A Wholly Owned Subsidiary of Tecan Trading AG)
12.11 Oxford Nanopore Technologies, Ltd.
12.12 Perkinelmer, Inc.
12.13 QIAGEN N.V.
12.14 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.15 Zymo Research Corporation
13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 7350
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脳深部刺激機器の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 世界の低電圧コンタクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧コンタクタ市場2016について調査・分析し、低電圧コンタクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のライター市場2016
    本調査レポートでは、世界のライター市場2016について調査・分析し、ライターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの脊椎手術処置動向(~2021)
  • アイウェアの世界市場2017-2021:眼鏡、サングラス、コンタクトレンズ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アイウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアイウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEssilior、Johnson & Johnson Vision Care、Novartis、Safilo Group等です。
  • データ移行の世界市場予測(~2022年):顧客データ、会計データ、製品データ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データ移行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、データタイプ別分析、業務機能別分析、構成要素別分析、地域別分析、データ移行の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル電子機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 - ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別 ・手首に着用 ・首に着用 ・眼に着用 ・脚に着用 ・体に着用 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:技術別 ・コンピューター技術 ・ディスプレイ ・音声認識 ・センサー技術 ・測位技術 ・ネットワーク技術 - ウェアラブル電子機器の世界市場:構成要素別 ・知覚 ・ディスプレイ ・インターフェース ・メモリー ・制御 ・測位とネットワーク ・電源 ・PCB ・電池 ・音声 ・カメラ ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:用途別 ・家電 ・医療 ・企業・産業 ・娯楽アプリ ・防衛 ・その他 - ウェアラブル電子機器の世界市場:主要地域別分析 - ウェアラブル電子機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - ウェアラブル電子機器の …
  • 世界のサイクルコンピューター市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 自動車ウオッシャー装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウオッシャー装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置のアメリカ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 耕運機の世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、耕運機の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・耕運機の世界市場:製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の医療用警報装置市場
  • 世界の酸素装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸素装置市場2015について調査・分析し、酸素装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート灌漑システムの世界市場2018-2022
    灌漑用ドローンの導入の増加により、スマート灌漑システムの需要が高まっています。スマート灌漑システムにおける最新の傾向の一つは、ハイパースペクトルセンサーや温度センサーを備えた灌漑用ドローンを導入する農家が増えてきており、乾燥して水が必要な土地を識別することができます。 ドローンを使用したスマート灌漑システムにより、農業工程をより効率化することができ、農家は常に土地の様子を監視することができます。 Technavioのアナリストは、世界のスマート灌漑システム市場が2022年までに約16%のCAGRで成長すると予測しています 主な分析対象企業は、Hunter Industries、HydroPoint Data Systems、NETAFIM、Rain Bird、The Toro Companyなどです。 当調査レポートでは、スマート灌漑システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート灌漑システム市場規模、技術別(土壌水分ベース制御装置、天候ベース制御装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成で …
  • フィリピンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 乳房再建の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「乳房再建の世界市場2020-2024」は、乳房再建について市場概要、市場規模、製品別(乳房インプラント、組織エキスパンダー)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・乳房再建の世界市場:製品別(乳房インプラント、組織エキスパンダー) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業衛星撮像の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、商業衛星撮像の世界市場について調査・分析し、商業衛星撮像の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・商業衛星撮像の世界市場規模:用途別分析 ・商業衛星撮像の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・商業衛星撮像の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • セラミック球の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セラミック球の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミック球の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続血糖測定器(CGM)のアジア市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)のアジア市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業用ギアオイルの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ギアオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ギアオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 製薬業界向けロボットの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、製薬業界向けロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、製薬業界向けロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬の世界市場規模及び予測、作用機序別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワーク中心戦闘の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ネットワーク中心戦闘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医用画像の世界市場
    当調査レポートでは、医用画像の世界市場について調査・分析し、医用画像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医用画像の世界市場:市場動向分析 - 医用画像の世界市場:競争要因分析 - 医用画像の世界市場:製品別 ・コンピューター断層撮影 ・マンモグラフィー ・MRI ・核医学画像/放射性核種 ・超音波 ・X線画像 ・触覚イメージング ・サーモグラフィー ・エラストグラフィー ・その他 - 医用画像の世界市場:用途別 ・脳&神経系 ・心臓 ・神経 ・産科/婦人科 ・腫瘍 ・骨盤&腹部 ・脊柱&筋骨格 ・泌尿器 ・血管 ・その他 - 医用画像の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・外来外科センター ・画像診断研究所 ・病院 - 医用画像の世界市場:主要地域別分析 - 医用画像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医用画像のヨーロッパ市場規模 - 医用画像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医用画像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カザフスタンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • インドの自動車金融市場(~2020)
  • 真空包装の欧州市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、真空包装の欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、真空包装の欧州市場規模及び予測、原料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は真空包装の欧州市場が2017-2021年期間中に年平均3.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Bemis、Berry Global、Sealed Air等です。
  • 宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホット飲料市場における主要動向分析
  • 肺線維症(Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • パーソナルケア用品成分の世界市場2018-2022
    パーソナルケア用品成分は、スキンケア用品、ヘアケア用品、化粧品、香水やトイレタリー、および口腔衛生用品の製造に使用されています。パーソナルケア用品成分の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率6.41%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、BASF、DSM、Evonik Industries、Solvay、The Dow Chemical Companyなどです。 当調査レポートでは、パーソナルケア用品成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パーソナルケア用品成分市場規模、用途別(スキンケア、化粧品、ヘアケア、口腔ケア、パーソナルケア)分析、製品別(界面活性剤、品質改良剤、皮膚軟化剤、エモリエント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パーソナルケア用品成分の世界市場概要 ・パーソナルケア用品成分の世界市場環境 ・パーソナルケア用品成分の世界市場動向 ・パーソナルケア用品成分の世界市場規模 ・パー …
  • フィンランドの外傷固定装置市場見通し
  • 嘔吐(Emesis (Vomiting)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における嘔吐(Emesis (Vomiting))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・嘔吐(Emesis (Vomiting))の概要 ・嘔吐(Emesis (Vomiting))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • ナノ金属酸化物の世界市場分析:製品別(酸化アルミニウム、酸化鉄、二酸化チタン、二酸化ケイ素、酸化亜鉛)、用途別(電子、パーソナルケア、塗料およびコーティング)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノ金属酸化物の世界市場について調査・分析し、ナノ金属酸化物の世界市場動向、ナノ金属酸化物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ金属酸化物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 陸上移動無線(LMR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、陸上移動無線(LMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陸上移動無線(LMR)の世界市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用牽引装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用牽引装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用牽引装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動車用牽引装置とは、キャンピングカーやトレイラーなどを接続するために車両に乗せられる装置や付属品を指します。自動車用牽引装置には、予備車輪、ヒッチ、グーズネックヒッチ、牽引バー用ワイヤリングハーネス、重量配分装置、クロスバー、牽引用ロープや台車、ボールマウント、牽引バー、またチェーン、ストラップ、ヒッチロック、ヒッチカバー、ヒッチアライナー、予備車輪ヒッチアダプター、固定具などの牽引用付属品を含みます。Technavio社は自動車用牽引装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BOSAL• Brink Group• CURT Manufacturing• Demco• Horizon Global等 …
  • 自動車用EGRシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用EGRシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用EGRシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用EGRシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用EGRシステム種類別分析(ディーゼルエンジン、ガソリンエンジン)、自動車用EGRシステム用途別分析(乗用車、小型商用車、大型商用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用EGRシステムの市場概観 ・自動車用EGRシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用EGRシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用EGRシステムの世界市場規模 ・自動車用EGRシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用EGRシステムのアメリカ市場規模推移 ・自動車用EGRシステムのカナダ市場規模推移 ・自動車用EGRシステムのメキシコ市場規模推移 ・自動車用EGRシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用EGR …
  • 神経デバイスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、神経デバイスの世界市場について調べ、神経デバイスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経デバイスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(神経刺激デバイス、介入神経デバイス、脳神経外科デバイス、脳脊髄液管理デバイス、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は神経デバイスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・神経デバイスの市場状況 ・神経デバイスの市場規模 ・神経デバイスの市場予測 ・神経デバイスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(神経刺激デバイス、介入神経デバイス、脳神経外科デバイス、脳脊髄液管理デバイス、その他) ・神経デバイスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ベクトル信号発生器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベクトル信号発生器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベクトル信号発生器市場規模、周波数別(2GHz、4GHz、6GHz)分析、最終用途別(通信、電子、自動車、工業、その他分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベクトル信号発生器の世界市場概要 ・ベクトル信号発生器の世界市場環境 ・ベクトル信号発生器の世界市場動向 ・ベクトル信号発生器の世界市場規模 ・ベクトル信号発生器の世界市場:業界構造分析 ・ベクトル信号発生器の世界市場:周波数別(2GHz、4GHz、6GHz) ・ベクトル信号発生器の世界市場:最終用途別(通信、電子、自動車、工業、その他 ・ベクトル信号発生器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベクトル信号発生器のアメリカ市場規模・予測 ・ベクトル信号発生器のヨーロッパ市場規模・予測 ・ベクトル信号発生器のアジア市場規模・予測 ・ベクトル信号発生器の主要国分析 ・ベクトル信号発生器の世界市場:意思決定 …
  • マルチモード受信機(MMR)の世界市場:プラットフォーム別(固定翼、回転翼)、施工タイプ別(ラインフィット、レトロフィット)、地域別、市場勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、マルチモード受信機(MMR)の世界市場について調査・分析し、マルチモード受信機(MMR)の世界市場動向、マルチモード受信機(MMR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別マルチモード受信機(MMR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 巻線型面実装インダクタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、巻線型面実装インダクタの世界市場について調査・分析し、巻線型面実装インダクタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別巻線型面実装インダクタシェア、市場規模推移、市場規模予測、巻線型面実装インダクタ種類別分析()、巻線型面実装インダクタ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・巻線型面実装インダクタの市場概観 ・巻線型面実装インダクタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・巻線型面実装インダクタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・巻線型面実装インダクタの世界市場規模 ・巻線型面実装インダクタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・巻線型面実装インダクタのアメリカ市場規模推移 ・巻線型面実装インダクタのカナダ市場規模推移 ・巻線型面実装インダクタのメキシコ市場規模推移 ・巻線型面実装インダクタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・巻線型面実装インダクタのドイツ市場規模推移 ・巻線型面実装インダクタのイギリス市 …
  • 男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の概要 ・男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 …
  • 世界のトリクロロメタン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリクロロメタン市場2015について調査・分析し、トリクロロメタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • コールドチェーンの世界市場:冷蔵保存、冷蔵輸送
    当調査レポートでは、コールドチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、温度範囲別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレーザ式ガス分析計市場2019
    本調査レポートでは、世界のレーザ式ガス分析計市場2019について調査・分析し、レーザ式ガス分析計の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、レーザ式ガス分析計のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、レーザ式ガス分析計メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レーザ式ガス分析計の市場概要 ・レーザ式ガス分析計の上流・下流市場分析 ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・レーザ式ガス分析計のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レーザ式ガス分析計の北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 世界の患者ポジショニングシステム市場規模・予測2017-2025:用途別(診断、手術)、商品別(台、付属品)、エンドユーズ別(病院、外来外科)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の患者ポジショニングシステム市場について調査・分析し、世界の患者ポジショニングシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の患者ポジショニングシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 神経内分泌(カルチノイド)がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における神経内分泌(カルチノイド)がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・神経内分泌(カルチノイド)がんの概要 ・神経内分泌(カルチノイド)がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経内分泌(カルチノイド) …
  • 世界のコネクテッドカー企業上位20社分析2016
  • 射出成型機の世界市場:材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他)、機械別(油圧式、電動式、複合型、その他)、エンドユーザー別(自動車・運輸、消費財、包装、ヘルスケア、電気・電子機器、建築・建設、家具・備品、その他)、地域別予測
    本資料は、射出成型機の世界市場について調べ、射出成型機の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他)分析、機械別(油圧式、電動式、複合型、その他)分析、エンドユーザー別(自動車・運輸、消費財、包装、ヘルスケア、電気・電子機器、建築・建設、家具・備品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはARBURG、HK Industries、Hitech Hydraulics、Natraj Industries、Supermac Machienary、Windsor Machines Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・射出成型機の世界市場概要 ・射出成型機の世界市場環境 ・射出成型機の世界市場動向 ・射出成型機の世界市場規模 ・射出成型機の世界市場規模:材料別(プラスチック、ゴム、金属、セラミックス、その他) ・射出成型機の世界市場規模:機械別(油圧式、電動式、複合型、その他) ・射出成型機の世界 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"