"買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7347)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The accounts receivable automation market is expected to grow at a CAGR of 12.1% during the forecast period due to the growing focus on the improvement of cash flow and reduction in days sales outstandingThe global accounts receivable automation market size is expected to grow from USD 1.7 billion in 2019 to USD 3.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 12.1% during the forecast period. Growing focus on the improvement of cash flow and reduction in days sales outstanding and reduced accounting cycle time are the major factors driving the growth of the accounts receivable automation market.

The solution segment expected to hold a higher market share during the forecast period
Accounts receivable automation solutions are widely adopted by various end users, such as financial institutions, retail, manufacturing, healthcare providers, government agencies, and telecom and utilities to automate and improve their cash collection efficiency. Manual processes for accounts receivable processes are expensive, error-prone, and highly inefficient. The accounts receivable solution automates payment receivable processes and enables enterprises to maintain a vendor-supplier relationship. The accounts receivable automation solution offers visibility of entire accounts receivable processes such as invoicing, receipt, and timely payment collection management. Moreover, it can be easily integrated with the Enterprise Resource Planning (ERP), thereby providing enhanced ability to adopt changes and increase the efficiency of payment processes. Accounts receivable automation provides dashboards, account selections, compliance policies, routing rules, and approvals to deliver seamless proficiencies for an organization’s operation.

Cloud-based deployment type expected to have a significant growth in the accounts receivable automation market during the forecast period
Several vendors in the market are providing payment collection solutions through the public and private cloud. Cloud-based solutions are available in various subscriptions and pay-per-use models. Organizations are looking forward to having their solutions deployed on the cloud, as it offers various advantages, such as scalability, flexibility in capacity, enhanced collaboration, and cost-efficiency. The implementation of the cloud-based accounts receivable automation solution facilitates enterprises to focus on their core competencies, rather than IT processes. Cloud-based accounts receivable automation solutions are significantly gaining traction due to their unprecedented deployment flexibility benefits and global availability.

North America expected to have the largest market size during the forecast period
North America has been a frontrunner in adopting innovative technologies. The accounts receivable automation market in North America is competitive due to the presence of a large number of solution providers. The market in this region is already at a mature stage, and therefore, it is expected to witness slower growth as compared to the other regions. The well-developed economy in North America and the growing adoption of automation solutions are the key factors contributing to the growth of the accounts receivable automation market in this region. The enterprises operating in the region are increasing their IT spending to automate the financial process. Enterprises with a large volume of data and transactions have already realized the need for an accounts receivable automation solution to carry out error-free, on-time transactions. Metro cities, such as New York, San Francisco, and Washington, have a large pool of skilled accounts receivable automation professionals who use the accounts receivable automation solution to get on-time payments for achieving business growth. The US and Canada are the key countries considered for market analysis in this region.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level – 35%, Director Level – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, RoW – 5%
The major accounts receivable automation market vendors include Sage, Oracle, SAP , Workday, Bottomline Technologies, Comarch, Esker, Kofax, Zoho, HighRadius, FinancialForce, Emagia, VersaPay, Rimilia, and YayPay.

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the accounts receivable automation market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the accounts receivable automation market by component (solution and services), organization size (large enterprises, and small and medium-sized enterprises), deployment type (on-premises and cloud) verticals, and regions.

Key Benefits of Buying the Report:
The accounts receivable automation market has been segmented on the basis of components, organization size, deployment types, verticals, and regions.
The report will help the market leaders/new entrants in the accounts receivable automation market in the following ways:
1. The overall accounts receivable automation market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering accounts receivable automation platform solutions and services, wherein services are inclusive of integration and deployment, support and maintenance, and consulting services, provided by professional service providers. Moreover, the services segment also includes revenues generated by Managed Service Providers (MSPs). The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Accounts Receivable Automation Market
4.2 Market in North America, By Industry and Country, 2019
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Focus on the Improvement of Cash Flow and Reduction of Days Sales Outstanding
5.2.1.2 Reduced Accounting Cycle Time
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Reluctance of Enterprises Toward Automating Their Accounts Receivable Processes
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 AI-Powered Accounts Receivable Automation
5.2.3.2 Growing Traction for Saas Solutions and Shift Toward Value-Based Pricing
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Security and Encryption Concerns
5.2.4.2 Complex Invoicing and Payment Management Processes
5.3 Use Cases
5.3.1 Yaypay
5.3.2 Versapay
5.3.3 Highradius
6 Accounts Receivable Automation Market By Component (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Increasing Need to Reduce Time and Errors in Accounts Receivable Workflow Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution
6.3 Services
6.3.1 Consulting and Implementation
6.3.1.1 Expertise and Technicalities Involved in Implementing Accounts Receivable Automation Solution to Boost the Demand for Consulting and Implementation Services
6.3.2 Support and Maintenance
6.3.2.1 Increasing Deployment of Accounts Receivable Automation Solution for Handling Complex Accounts Receivable Processes to Drive the Demand for Support and Maintenance Services
7 Accounts Receivable Automation Market By Organization Size (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Growing Need to Improve Cash Flow and Eliminate Human Errors in Accounting Processes Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution Among Large Enterprises
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Need for Cost-Effective Solutions to Drive the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution Across Small and Medium-Sized Enterprises
8 Accounts Receivable Automation Market By Deployment Type (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Benefits Such as Full Control of Infrastructure and Enhanced Security to Boost the Adoption of On-Premises Accounts Receivable Automation Solution
8.3 Cloud
8.3.1 Advantages Such as Scalability, Flexibility, Enhanced Collaboration, and Cost-Efficiency to Drive the Adoption of Cloud-Based Accounts Receivable Automation Solution
9 Accounts Receivable Automation Market By Industry (Page No. – 51)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Need to Maximize Staff Productivity and Save Time of Personnel Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in BFSI Industry
9.3 IT and Telecom
9.3.1 Increasing Need to Streamline Business Processes Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in IT and Telecom Industry
9.4 Manufacturing
9.4.1 Need for Faster Payment Processing and Gain Thorough Insights Into Working Capital Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Manufacturing Industry
9.5 Consumer Goods and Retail
9.5.1 Growing Necessity to Reduce Costs, Optimize Efficiency, and Streamline Back-Office Functions Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Consumer Goods and Retail Industry
9.6 Healthcare
9.6.1 Surging Need to Maintain Accuracy in Payment Acceptance Process Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Healthcare Industry
9.7 Energy and Utilities
9.7.1 Growing Necessity to Control Increasing Overhead Costs and Improve Cash Flow Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Energy and Utilities Industry
9.8 Others
10 Accounts Receivable Automation Market By Region (Page No. – 60)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Presence of A Large Number of Accounts Receivable Automation Solution Providers to Drive the Market Growth in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Changing Paradigm of Businesses Toward the Adoption of Digitalized Solutions to Fuel the Adoption of Accounts Receivable Solution in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Need for Efficient Management of Invoices Pertaining to Diverse Customers Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Growing Need for Efficient Accounting Process Among Large Enterprises to Drive the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Need to Overcome the Shortage of Human Resources Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Japan
10.4.2 Australia and New Zealand
10.4.2.1 Need to Manage Customer Accounts and Meet Diverse Customer Demands Driving the Adoption of Accounts Receivable Automation Solution in Anz
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 United Arab Emirates
10.5.1.1 Growing Need for Efficient Accounting Process Among Enterprises to Drive the Growth of Market in the UAE
10.5.2 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.2.1 Need for Better Customer Relationship and Efficient Management of Payment Receivables to Fuel the Growth of Market in Ksa
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Need to Overcome Shortage of Skilled Workforce Driving the Adoption of Accounts Receivable Solution in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Need to Streamline Business Operations Driving the Growth of Accounts Receivable Automation Market in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 80)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Service Launches and Product Enhancements
11.2.2 Partnerships, Collaborations, and Agreements
11.2.3 Mergers and Acquisitions
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 85)
12.1 Sage
(Business Overview, Products, Solutions, & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 SAP
12.3 Oracle
12.4 Workday
12.5 Bottomline Technologies
12.6 Comarch
12.7 Esker
12.8 Kofax
12.9 Zoho
12.10 Highradius
12.11 Financialforce
12.12 Emagia
12.13 Versapay
12.14 Rimilia
12.15 Invoiced
12.16 Yaypay
*Details on Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 111)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7347
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コールドプラズマの世界市場予測:産業別、用途別、レジーム別
    MarketsandMarkets社は、コールドプラズマの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年31億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コールドプラズマの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、産業別(繊維、エレクトロニクス&半導体、ポリマー&プラスチック、食品&農業、医療)分析、用途別(接着、エッチング、創傷治癒、がん治療)分析、レジーム別(大気圧、低圧)分析、コールドプラズマの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオテキスタイルの世界市場2017-2021:不織布、織物、編物
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ジオテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジオテキスタイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はジオテキスタイルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFibertex Nonwovens、GSE Environmental、Koninklijke Ten Cate、Leggett & Platt、Low & Bonar等です。
  • ムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)の概要 ・ムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症III型(MPS III)(サンフィリッポ症候群)治療薬の評価    …
  • 南アフリカの整形外科補綴市場見通し
  • 産業用ターボチャージャーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ターボチャージャー市場規模、エンドユーザー別(鉱業・建設機械、農業機械、石油・ガス産業、電力産業、海運産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ターボチャージャーの世界市場概要 ・産業用ターボチャージャーの世界市場環境 ・産業用ターボチャージャーの世界市場動向 ・産業用ターボチャージャーの世界市場規模 ・産業用ターボチャージャーの世界市場:業界構造分析 ・産業用ターボチャージャーの世界市場:エンドユーザー別(鉱業・建設機械、農業機械、石油・ガス産業、電力産業、海運産業) ・産業用ターボチャージャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ターボチャージャーの北米市場規模・予測 ・産業用ターボチャージャーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ターボチャージャーのアジア太平洋市場規模・予測 ・産業用ターボチャージャーの主要国分 …
  • 臨床試験所サービスの世界市場: サービスプロバイダー別、(病院に拠点を置く、独立型)、テスト類型別(医学微生物学・細胞学、臨床化学)
    本調査レポートでは、臨床試験所サービスの世界市場について調査・分析し、臨床試験所サービスの世界市場動向、臨床試験所サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験所サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 補聴器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、補聴器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、補聴器市場規模、製品別(補聴器、人工内耳)分析、患者タイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・補聴器の世界市場概要 ・補聴器の世界市場環境 ・補聴器の世界市場動向 ・補聴器の世界市場規模 ・補聴器の世界市場:業界構造分析 ・補聴器の世界市場:製品別(補聴器、人工内耳) ・補聴器の世界市場:患者タイプ別 ・補聴器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・補聴器のアメリカ市場規模・予測 ・補聴器のヨーロッパ市場規模・予測 ・補聴器のアジア市場規模・予測 ・補聴器の主要国分析 ・補聴器の世界市場:意思決定フレームワーク ・補聴器の世界市場:成長要因、課題 ・補聴器の世界市場:競争環境 ・補聴器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の脊椎外傷用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の脊椎外傷用デバイス市場2015について調査・分析し、脊椎外傷用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級マッサージチェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高級マッサージチェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級マッサージチェア市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級マッサージチェアの世界市場概要 ・高級マッサージチェアの世界市場環境 ・高級マッサージチェアの世界市場動向 ・高級マッサージチェアの世界市場規模 ・高級マッサージチェアの世界市場:業界構造分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・高級マッサージチェアの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・高級マッサージチェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級マッサージチェアのアメリカ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのアジア市場規模・予測 ・高級マッサージチェアの主要国分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:意思決定フ …
  • 小売産業におけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、小売産業におけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、小売産業におけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーチの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(スタンドアップ、フラット、ロールストック)分析、材料別(プラスチックフィルム、アルミ箔、紙、バイオプラスチック)分析、処理タイプ別(標準、無菌、レトルト、ホットフィル)分析、ポーチ重量別分析、ポーチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ポーチの世界市場規模が2019年364億ドルから2024年461億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • 船舶用シートの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、船舶用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、船舶種類別(商用、軍用)分析、座席種類別(キャプテンシート/ヘルムシート、乗員席、助手席、一般座席)分析、コンポーネント別(ペデスタル、スイベル、スライド、シートマウント)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、船舶用シートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、船舶用シートの世界市場規模が2019年19億万ドルから2025年25億万ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。
  • オーガニックチョコレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オーガニックチョコレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、オーガニックチョコレートの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 高級ネイルポリッシュの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、高級ネイルポリッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高級ネイルポリッシュの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 配電ユニット(PDU)の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、配電ユニット(PDU)の世界市場について調べ、配電ユニット(PDU)の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ベーシックPDU、インテリジェント・モニター付きPDU、メーター付きPDU、スイッチ型PDU)分析、位相別(単相、三相)分析、用途別(データセンター、商業ビル、研究所)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、産業別(データセンター、テレコム・IT、BFSI、ヘルスケア、政府、教育、小売、ユーティリティ、軍・防衛、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・配電ユニット(PDU)の世界市場動向 ・配電ユニット(PDU)の世界市場環境 ・配電ユニット(PDU)のバリューチェーン分析 ・配電ユニット(PDU)の世界市場規模 ・配電ユニット(PDU)の世界市場規模:種類別(ベーシックPDU、インテリジェント・モニター付きPDU、メータ …
  • フローコンピュータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローコンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローコンピュータの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AWAY、Barracuda、Bluesmart、FUGU LUGGAGE、RADEN、Trunkster等です。
  • インビトロ毒性試験の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、インビトロ毒性試験の世界市場について調査・分析し、インビトロ毒性試験の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:方法別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:製品とサービス別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:技術別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:毒性エンドポイントと試験別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:種類別分析 ・インビトロ毒性試験の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 月経カップの世界市場:使い捨て、再利用可能
    当調査レポートでは、月経カップの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(使い捨ておよび再利用可能)分析、材料別(医療用シリコーン、天然ゴム、熱可塑性エラストマー)分析、流通チャンネル別(オンラインストア、薬局&小売店)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・月経カップの世界市場:製品種類別(使い捨ておよび再利用可能) ・月経カップの世界市場:材料別(医療用シリコーン、天然ゴム、熱可塑性エラストマー) ・月経カップの世界市場:流通チャンネル別(オンラインストア、薬局&小売店) ・月経カップの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 自動車排気ガス用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車排気ガス用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車排気ガス用センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の商業用キッチン器具・用品市場規模・予測2017-2025:商品別(食洗器、冷蔵庫、キッチン用品、その他)、エンドユーズ別(クイックサービスレストラン、フェリー・クルーズ、食堂、病院、リゾート・ホテル)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の商業用キッチン器具・用品市場について調査・分析し、世界の商業用キッチン器具・用品市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の商業用キッチン器具・用品関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アジア太平洋の産業用ロボット市場:マテリアルハンドリングロボット、組立ロボット、溶接ロボット、輸送ロボット、塗装ロボット、機械間ハンドリングロボット、検査ロボット
    当調査レポートでは、アジア太平洋の産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アジア太平洋の産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • K-12指導教材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、K-12指導教材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12指導教材の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿流動検査装置および消耗品の世界市場
    当調査レポートでは、尿流動検査装置および消耗品の世界市場について調査・分析し、尿流動検査装置および消耗品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の搬送ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界の搬送ロボット市場2015について調査・分析し、搬送ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微生物燃料電池(MFC)の世界市場
  • 世界の気象予測システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の気象予測システム市場2015について調査・分析し、気象予測システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、次世代シーケンシング市場規模、シーケンシングのタイプ別(全ゲノムシーケンシング、標的再シーケンシング、全エキソームシーケンシング、RNAシーケンシング、CHIPシーケンシング、De Novo シーケンシング、メチルシークエンシング、単一分子リアルタイムシーケンシング、事前シーケンシング)分析、製品別(機器、試薬・消耗品、サービス、プラットフォーム)分析、 用途別(生殖医療、腫瘍学、HLAタイピング・免疫システムモニタリング、メタゲノミクス、疫学・医薬品開発、アグリゲノミックス・フォレンジック、コンシューマーゲノミクス、臨床試験)分析、エンドユーザー別(農薬、病院、学術期間、バイオテクノロジー・製薬企業、創薬・オーダーメイド医療、遺伝子スクリーニング、診断・感染症、農業・動物研究、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 次世代シーケンシングの世界市場:市 …
  • 鉄筋の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鉄筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄筋の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌試験の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無菌試験市場規模、製品別(キット・試薬、検査機器、サービス)分析、検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植)分析、用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無菌試験の世界市場:市場動向分析 ・ 無菌試験の世界市場:競争要因分析 ・ 無菌試験の世界市場:製品別(キット・試薬、検査機器、サービス) ・ 無菌試験の世界市場:検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植) ・ 無菌試験の世界市場:用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他) ・ 無菌試験の世界市場:主要地域別分析 ・ 無菌試験の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 無菌試験のヨーロッパ市場規模 ・ 無菌試験のアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 世界の燐酸水素二ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の燐酸水素二ナトリウム市場2016について調査・分析し、燐酸水素二ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物育成用照明の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、植物育成用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物育成用照明市場規模、照明タイプ別(インターライト、トップライト)分析、製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア)分析、植物タイプ別(花、特殊植物、大麻、野菜・果物、その他)分析、配置別(レトロフィットソリューション、ターンキーソリューション)分析、技術別(LED(発光ダイオード)、HID(高輝度放電)、蛍光灯、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 植物育成用照明の世界市場:市場動向分析 ・ 植物育成用照明の世界市場:競争要因分析 ・ 植物育成用照明の世界市場:照明タイプ別(インターライト、トップライト) ・ 植物育成用照明の世界市場:製品別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア) ・ 植物育成用照明の世界市場:植物タイプ別(花、特殊植物、大麻、野菜・果物、その他) ・ 植物育成用照明の世界市場:配置別(レトロフィットソリューション、ターンキーソリュ …
  • 歯科用滅菌製品の世界市場:製品別(滅菌装置、超音波クリーナー、洗浄消毒器 、表面消毒剤、器具消毒剤、潤滑剤、洗浄液)、エンドユーザー別(病院、診療所、歯科技工所)、地域別予測
    本資料は、歯科用滅菌製品の世界市場について調べ、歯科用滅菌製品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(滅菌装置、超音波クリーナー、洗浄消毒器 、表面消毒剤、器具消毒剤、潤滑剤、洗浄液)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、歯科技工所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・歯科用滅菌製品の世界市場概要 ・歯科用滅菌製品の世界市場環境 ・歯科用滅菌製品の世界市場動向 ・歯科用滅菌製品の世界市場規模 ・歯科用滅菌製品の世界市場規模:製品別(滅菌装置、超音波クリーナー、洗浄消毒器 、表面消毒剤、器具消毒剤、潤滑剤、洗浄液) ・歯科用滅菌製品の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、診療所、歯科技工所) ・歯科用滅菌製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用滅菌製品の北米市場規模・予測 ・歯科用滅菌製品のアメリカ市場規模・予測 ・歯科用滅菌製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・歯科用滅菌製品のアジア市場規模・予測 ・歯科用滅菌製品の日本市場規模・予測 ・ …
  • パンおよびロールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パンおよびロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、パンおよびロールの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の床暖房市場2016
    本調査レポートでは、世界の床暖房市場2016について調査・分析し、床暖房の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の製油用触媒市場予測2016-2023
    本調査レポートでは、世界の製油用触媒市場について調査・分析し、世界の製油用触媒市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 注射ペンの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用量別(固定、可変)、用途別、セグメント予測
    注射ペンの世界市場は2025年には679億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな慢性疾患および急性疾患を管理するために使用する注射ペンに対する高い需要、および発展途上地域における意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、注射ペンの世界市場について調査・分析し、注射ペンの世界市場動向、注射ペンの世界市場規模、市場予測、セグメント別注射ペン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ダンプトラックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダンプトラックの世界市場について調査・分析し、ダンプトラックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダンプトラックシェア、市場規模推移、市場規模予測、ダンプトラック種類別分析()、ダンプトラック用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダンプトラックの市場概観 ・ダンプトラックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダンプトラックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダンプトラックの世界市場規模 ・ダンプトラックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダンプトラックのアメリカ市場規模推移 ・ダンプトラックのカナダ市場規模推移 ・ダンプトラックのメキシコ市場規模推移 ・ダンプトラックのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダンプトラックのドイツ市場規模推移 ・ダンプトラックのイギリス市場規模推移 ・ダンプトラックのロシア市場規模推移 ・ダンプトラックのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • クラウド分析の世界市場:ビジネスインテリジェンス、データウェアハウス、企業パフォーマンス管理
    当調査レポートでは、クラウド分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド分析の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 徐放性ドラッグデリバリーの世界市場:技術別(インプラント、経皮、マイクロカプセル化、標的送達)、放出メカニズム別、用途別、セグメント予測
    徐放性ドラッグデリバリーの世界市場は2025年には901億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率14.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老人および小児向けの徐放性ドラッグデリバリー技術および代替療法の必要性が高まり、これらのシステムが従来の形態に比べて利益をもたらすことについての認識が高まっていることが考えられます。本調査レポートでは、徐放性ドラッグデリバリーの世界市場について調査・分析し、徐放性ドラッグデリバリーの世界市場動向、徐放性ドラッグデリバリーの世界市場規模、市場予測、セグメント別徐放性ドラッグデリバリー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルヘルス(M-Health)の世界市場
    当調査レポートでは、モバイルヘルス(M-Health)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・モバイルヘルス(M-Health)の世界市場:デバイス別分析/市場規模 ・モバイルヘルス(M-Health)の世界市場:企業別分析/市場規模 ・モバイルヘルス(M-Health)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイルヘルス(M-Health)の世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・モバイルヘルス(M-Health)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・モバイルヘルス(M-Health)のアメリカ市場規模予測 ・モバイルヘルス(M-Health)のヨーロッパ市場規模予測 ・モバイルヘルス(M-Health)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 建設産業における個人用防護具(PPE)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設産業における個人用防護具(PPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設産業における個人用防護具(PPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 導電性インクの世界市場:銀フレーク、誘電性インク、銀ナノ粒子、銅フレーク、炭素ナノ粒子、炭素/グラフェン、導電性ポリマ
    当調査レポートでは、導電性インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、導電性インクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の磁気ビーズ市場2016
    本調査レポートでは、世界の磁気ビーズ市場2016について調査・分析し、磁気ビーズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)
    当調査レポートでは、地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:用途別(エンターテイメント、通信) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ルーフィングの北米市場
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工作機械のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、工作機械のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工作機械のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"