"グラフデータベースの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 6341)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"グラフデータベースの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global graph database market size to grow at a CAGR of 22.2% during the forecast periodMarketsandMarkets forecasts the global graph database market size to grow from USD 1.0 billion in 2019 to USD 2.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.2% during 2019–2024. The major growth factors of the graph database market include excellent real-time big data mining with visualizations of results, growing demand for systems’ capability of processing low latency queries, and the adoption of Artificial Intelligence (AI)-based graph database tools and services.

Services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
The graph database market database market by component has been segmented into tools and services. Professional and managed services enable organizations to maintain healthy consumer relationships. Additionally, these services assist enterprises to maximize their resource usage, effectively executing the activities enhancing business operations. The need for services, such as support and maintenance, would grow, as the adoption of graph database tools increases.

Banking, Financial Services and Insurance industry vertical expected to hold the largest market size throughout the forecast period
Graph database has a wide variety of applications in the Banking, Financial Services and Insurance (BFSI) industry vertical, such as fraud detection, cash flow analysis, and transaction analysis. Banks and other financial institutions are prone to frauds, such as fraudsters demanding loans, credit cards, and unsecured bank credits with no intention of paying them back. In such cases, graph database tools and services help the bank detect and reduce the occurrence of such frauds. Moreover, with the increasing number of financial industry regulatory requirements, such as PCI DSS and SOX, organizations require advanced security technologies to meet these regulations. The best way to reduce the operational complexities and enhance the business growth of an organization is to upgrade its systems and technology architecture.

North America to hold the largest market size during the forecast period
North America is expected to account for the largest market size, owing to the early adoption of graph database tools as well as prominent initiatives taken by industry players in the form of partnerships with different technology players to offer rapid analytics and data processing solutions. The major presence of graph database vendors as well as the widespread awareness about these solutions would continue to help the region sustain its largest market sizeduring the forecast period.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the graph database market.
 By Company: Tier I: 15%, Tier II: 25%, and Tier III: 60%
 By Designation: C-Level Executives: 25%, Director-Level: 45%, and Others: 30%
 By Region: North America: 40%, Europe: 20%, APAC: 30%, RoW: 10%

The report includes the study of the key players offering graph database tools and services. It profiles major vendors in the global graph database market. The major vendors include IBM (US), Microsoft (US), Oracle (US), AWS (US), Neo4j (US), OrientDB (UK), TIBCO (US), Franz (US), OpenLink Software (US), MarkLogic (US), TigerGraph (US), DataStax (US), Ontotext (Bulgaria), Stardog (US), Cray (US), ArangoDB (US), Bitnine (US), Objectivity (US), Memgraph (UK), Cambridge Semantics (US), Fluree (US), and Blazegraph (US). It also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the graph database market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research coverage
The report segments the global graph database market by component (tools and services), application, type, deployment mode, organization size, industry vertical, and region. The graph database market by industry vertical is divided into BFSI, retail, and eCommerce, telecom and Information Technology (IT), healthcare and life sciences, government and public sector, manufacturing, energy and utilities, others ( media and entertainment, education and research, travel and hospitality, and real estate) categories. The component segment comprises solution and services. The services segment is divided into managed services and professional services (support and maintenance services, consulting services, and deployment and integration services). The graph database market by deployment mode is segmented into cloud and on-premises. On the basis of organization size, the graph database market is divided into large enterprises and Small and Medium-sized Enterprises (SMEs). The graph database market by application is segmented into customer analytics, risk and compliance management, recommendation engines, fraud detection, supply chain management and others (operation management and asset management). The report also covers the graph database market with respect to 5 major regions, namely, North America, Europe, Asia Pacific (APAC), Latin America, and the Middle East and Africa (MEA).

The report would help the market leaders and new entrants in the global Graph Database market in the following ways:
1. The report segments the market into various subsegments; hence, it covers the market comprehensively. It provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. The market numbers are further split across industry verticals and regions.
2. It helps in understanding the overall growth of the market. It also provides information about key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. It helps stakeholders in understanding their competitors better and gaining more insights to strengthen their position in the market. The study also presents the positioning of the key players based on their product offerings and business strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"グラフデータベースの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Graph Database Market
4.2 Market Top 3 Applications
5 Graph Database Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Excellent Real-Time Big Data Mining With Visualization of Results to Drive the Market
5.2.1.2 Growing Demand for Systems That Can Process Low-Latency Queries
5.2.1.3 Adoption of Ai-Based Graph Database Tools and Services to Drive the Market
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Standardization and Programming Ease
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Need to Identify Complex Patterns at Maximum Scale Gaining Traction
5.2.3.2 Rapid Use of Virtualization for Big Data Analytics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Technical Expertise
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Cases
5.3.2 Use Case: Scenario 1
5.3.3 Use Case: Scenario 2
5.3.4 Use Case: Scenario 3
5.3.5 Use Case: Scenario 4
5.3.6 Use Case: Scenario 5
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996
5.4.3 Basel Committee on Banking Supervision 239 Compliance
5.4.4 Sarbanes-Oxley Act of 2002
6 Graph Database Market By Type (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Resource Description Framework
6.2.1 Demand for Intelligent Data Management Solutions to Drive the Growth of RDF in the Market
6.3 Property Graph
6.3.1 Increasing Demand to Find Relationships Among Numerous Entities to Boost the Property Graph Segment Growth
7 Graph Database Market By Component (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Tools
7.2.1 Demand to Harness Precise and In-Depth Data Connections to Drive the Adoption of Graph Database Tools
7.3 Services
7.3.1 Managed Services
7.3.1.1 Increasing Need for Monitoring and Maintaining Tool Operations and Reducing Overhead Costs to Drive the Growth of Managed Services in the Market
7.3.2 Professional Services
7.3.2.1 Consulting Services
7.3.2.1.1 Technicalities Involved in Implementing Graph Database Tools and Services to Boost the Growth of Consulting Services
7.3.2.2 Deployment and Integration Services
7.3.2.2.1 Growing Need to Overcome System-Related Issues Effectively to Drive Deployment and Integration Services
7.3.2.3 Support and Maintenance Services
7.3.2.3.1 Growing Deployment of Graph Database Software to Drive the Demand for Support and Maintenance Services
8 Graph Database Market By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Customer Analytics
8.2.1 Growing Demand to Understand Customer Buying Behavior for Key Business Decisions to Drive the Graph Database Market
8.3 Risk and Compliance Management
8.3.1 Demand to Secure Customers’ Data and Meet Stringent Regulatory Compliance to Pave the Way for the Adoption of Graph Database
8.4 Recommendation Engines
8.4.1 Increasing Need to Provide Efficient, Accurate, and Personalized Services to Retain the Customers and Enhance Their Shopping Experience
8.5 Fraud Detection
8.5.1 Growing Focus on Mitigating Risks and Reducing Loss to Drive the Adoption of Graph Database Tools and Services
8.6 Supply Chain Management
8.6.1 Demand to Track Inventory Levels and Shipments to Fuel the Growth of Graph Database Tools and Services in Supply Chain Management
8.7 Others
9 Graph Database Market By Deployment Mode (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Cloud
9.2.1 Cost-Effectiveness and Scalability of Cloud Deployment to Boost Its Growth
9.3 On-Premises
9.3.1 Data-Sensitive Organizations Preferring the On-Premises Deployment Mode for Graph Database Tools
10 Graph Database Market By Organization Size (Page No. – 64)
10.1 Introduction
10.2 Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.1 Availability of Viable Cloud-Based, Cost-Effective Solutions to Drive the Adoption of Graph Database in Small and Medium-Sized Enterprises
10.3 Large Enterprises
10.3.1 Growing Demand to Analyze Voluminous Business Data to Drive the Adoption of Graph Database in Large Enterprises
11 Graph Database Market By Industry Vertical (Page No. – 67)
11.1 Introduction
11.2 Banking, Financial Services, and Insurance
11.2.1 Growing Focus on Financial Standards and Compliance With Regulations to Drive the Market in the BFSI Industry Vertical
11.3 Telecom and It
11.3.1 Increasing Demand to Provide Improved Services for A Growing Customer Base to Boost the Adoption of the Market in the Telecom and It Industry Vertical
11.4 Retail and eCommerce
11.4.1 Growing Demand to Identify Customer Behavior in Real Time to Fuel the Growth of the Market in the Retail and eCommerce Industry Vertical
11.5 Healthcare and Life Sciences
11.5.1 Growing Demand to Achieve Better Patient Experience and Personalized Treatment in Real Time to Fuel the Growth of the Graph Database Market in the Healthcare and Life Sciences Industry Vertical
11.6 Manufacturing
11.6.1 Growing Need to Extend the Lifespan of Factory Equipment and Reduce the Risk of Production Delays to Fuel the Growth of the Graph Database Application in the Manufacturing Industry Vertical
11.7 Government and Public Sector
11.7.1 Growing Demand for Enhanced Data Security and Advanced Intelligence to Drive the Market in Government and Public Sector
11.8 Transportation and Logistics
11.8.1 Increasing Need to Gain Complete and Real-Time Visibility Into Operations to Minimize Risks Driving the Market in the Transportation and Logistics Industry Vertical
11.9 Others
12 Graph Database Market By Region (Page No. – 74)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 United States
12.2.1.1 Government’s Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Graph Database Software in the US
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Increase in Investments and Research Activities to Drive Graph Database Software and Services Adoption in Canada
12.3 Europe
12.3.1 United Kingdom
12.3.1.1 Government Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Graph Database Software in the UK
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Growing Investments By Tech-Giants to Provide Opportunities for the Development of Graph Database Software
12.3.3 France
12.3.3.1 Focus on R&D and Heavy Inflow of Capital From Global Players and Investors to Drive the Market Growth in France
12.3.4 Rest of Europe
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Increasing Focus on Integrating AI and Deep Learning Technologies to Drive the Adoption of Graph Database Software in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Existing Market and Already Adopted Technology to Boost the Market in Japan
12.4.3 Australia and New Zealand
12.4.3.1 Growth in Infrastructure Developments and Adoption of Connected Devices to Act as A Driving Factor for the Graph Database Market in Anz
12.4.4 Rest of APAC
12.5 Middle East and Africa
12.5.1 United Arab Emirates
12.5.1.1 Advanced Analytics, Coupled With AI Adoption, to Drive the Market in the UAE
12.5.2 Qatar
12.5.2.1 Increasing R&D to Instigate the Need for Graph Database Technology in Qatar
12.5.3 Kingdom of Saudi Arabia
12.5.3.1 Government Initiatives and Investments to Drive the Adoption of the Market in KSA
12.5.4 South Africa
12.5.4.1 Transformation in the Overall Infrastructure Industry to Boost the Adoption of Graph Database Tools in South Africa
12.5.5 Rest of Middle East and Africa
12.6 Latin America
12.6.1 Brazil
12.6.1.1 Investments By Multinational Companies to Drive the Market Growth in Brazil
12.6.2 Mexico
12.6.2.1 Government Initiatives and Increasing Demand for Graph Database Software and Services to Trigger the Market Growth in Mexico
12.6.3 Rest of Latin America
13 Competitive Landscape (Page No. – 108)
13.1 Competitive Leadership Mapping
13.1.1 Visionary Leaders
13.1.2 Innovators
13.1.3 Dynamic Differentiators
13.1.4 Emerging Companies
13.2 Strength of Product Portfolio
13.3 Business Strategy Excellence
14 Company Profiles (Page No. – 112)
14.1 IBM
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.2 Oracle
14.3 Microsoft
14.4 AWS
14.5 Neo4j
14.6 OrientDB
14.7 TIBCO
14.8 Teradata
14.9 Franz
14.10 OpenLink Software
14.11 MarkLogic
14.12 TigerGraph
14.13 Cray
14.14 DataStax
14.15 Ontotext
14.16 Stardog
14.17 ArangoDB
14.18 Bitnine
14.19 Objectivity
14.20 Cambridge Semantics
14.21 Fluree
14.22 Blazegraph
14.23 Memgraph
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 155)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】グラフデータベースの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 6341
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
グラフデータベースの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のゾル-ゲル製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のゾル-ゲル製品市場2015について調査・分析し、ゾル-ゲル製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 治療用伸縮性テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療用伸縮性テープの世界市場について調査・分析し、治療用伸縮性テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療用伸縮性テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、治療用伸縮性テープ種類別分析(ロール形状、カット済み形状)、治療用伸縮性テープ用途別分析(薬局、オンラインショップ、モール・スーパーマーケット、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療用伸縮性テープの市場概観 ・治療用伸縮性テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療用伸縮性テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療用伸縮性テープの世界市場規模 ・治療用伸縮性テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療用伸縮性テープのアメリカ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのカナダ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのメキシコ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療用伸縮性テープのドイツ市場規模推移 ・治療用 …
  • 自動車用ラジエーターの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ラジエーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ラジエーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電力取引の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力取引の世界市場について調べ、電力取引の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力取引の市場規模をセグメンテーション別(種類別(前日取引、日中取引)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電力取引の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力取引の市場状況 ・電力取引の市場規模 ・電力取引の市場予測 ・電力取引の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(前日取引、日中取引) ・電力取引の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別
    本調査レポートは自動車用ピストンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用ピストンの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のポリスチレン(PS)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリスチレン(PS)市場2015について調査・分析し、ポリスチレン(PS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、トルエンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場予測(~2025年)
    動物飼料用プロバイオティクスの世界市場は、2019年の46億米ドルから2025年には70億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来製品の消費の増加、組織化されていない畜産業から組織化された畜産業への移行、病害発生の回避を念頭に置いた動物の健康に対する意識の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、家畜別(家禽、反芻動物、ブタ、養殖水産動植物、ペット)分析、ソース別(バクテリア、酵母・菌類)分析、形態別(乾燥、液体)分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヨーグルト市場2015
    本調査レポートでは、世界のヨーグルト市場2015について調査・分析し、ヨーグルトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用制御の世界市場:制御システム別(分散制御システム(DCS)、監視制御・データ取得システム(SCADA)、製造実行システム(MES)、その他)、コンポーネント別(センサー、スイッチ・リレー、制御装置、その他)、エンドユーザー別(自動車、ユーティリティ、エレクトロニクス・半導体、鉱業、その他)
    本資料は、工業用制御の世界市場について調べ、工業用制御の世界規模、市場動向、市場環境、制御システム別(分散制御システム(DCS)、監視制御・データ取得システム(SCADA)、製造実行システム(MES)、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、ユーティリティ、エレクトロニクス・半導体、鉱業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・工業用制御の世界市場概要 ・工業用制御の世界市場環境 ・工業用制御の世界市場動向 ・工業用制御の世界市場規模 ・工業用制御の世界市場:制御システム別(分散制御システム(DCS)、監視制御・データ取得システム(SCADA)、製造実行システム(MES)、その他) ・工業用制御の世界市場:コンポーネント別(センサー、スイッチ・リレー、制御装置、その他) ・工業用制御の世界市場:エンドユーザー別(自動車、ユーティリティ、エレクトロニクス・半導体、鉱業、その他) ・工業用制御の世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用制御の …
  • スピロジクロフェンの世界市場
    当調査レポートでは、スピロジクロフェンの世界市場について調査・分析し、スピロジクロフェンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 風力エネルギー財団の世界市場分析:場所別(オフショアタイプ(モノパイル、ジャケットパイル、重力、サクション、三脚)、オンショアバイタイプ(ラフト、パイル、ウェルファウンデーション))、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力エネルギー財団の世界市場について調査・分析し、風力エネルギー財団の世界市場動向、風力エネルギー財団の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力エネルギー財団市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬剤
  • 自動車スロットルバイワイヤ(TBW)システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車スロットルバイワイヤ(TBW)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車スロットルバイワイヤ(TBW)システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場予測2019-2024
    「自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、コーヒーの自動販売機、フィルターコーヒーマシン、エスプレッソマシンなど、用途別には、Coffee Shops、Bakeries、Offices、Restaurants、Hotelsなどに区分してまとめた調査レポートです。自動プロフェッショナルコーヒーマシンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場概要(サマリー) ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの企業別販売量・売上 ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの企業別市場シェア ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場規模:種類別(コーヒーの自動販売機、フィルターコーヒーマシン、エスプレッソマシン) ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場規模:用途別(Coffee Shops、Bakeries、Offices、Restauran …
  • 世界のヘッジトリマ市場2016
    本調査レポートでは、世界のヘッジトリマ市場2016について調査・分析し、ヘッジトリマの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの発電市場2016
  • 世界のノートパソコン用リチウムイオン電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用リチウムイオン電池市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用リチウムイオン電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イノシン5′-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるイノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤の概要 ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のイノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場の規模・予測2014-2025:航空機タイプ別(狭胴機、広胴機、リージョナルジェット)、装備タイプ別(組み込み、ラインフィット)、ハードウェア別、技術別
    本調査レポートでは、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場について調査・分析し、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場動向、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別機内無線エンターテインメント(W-IFE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 合成紙の世界市場:BOPP合成紙、HDPE合成紙
    当調査レポートでは、合成紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成紙の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頸動脈ステントの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、頸動脈ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頸動脈ステントの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は頸動脈ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.4%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Cardinal Health、Medtronic、Terumo等です。
  • 世界のグルコン酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸カリウム市場2015について調査・分析し、グルコン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2015について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、住宅用煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用煙感知器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 住宅用煙感知器は、煙を検知した時大きな警報音を出す独立した感知器の事です。煙感知器は警報危機に接続されており、煙を検知したら大きな警告音で住人に警報を出すので、事故を防ぐことができます。Technavio社は住宅用煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BRK Brands• Hochiki America• Honeywell International• Kidde• Siemens等です。
  • スマートキッチンの世界市場:スマート冷蔵庫、スマート調理機器、スマート食器洗い機
    当調査レポートでは、スマートキッチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキッチンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • フランスの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • アルゼンチンの装具市場見通し
  • 容器・包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容器・包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容器・包装市場規模、製品別(軟質ホイル、軟質紙、軟質プラスチック、ガラス、金属、板紙、硬質プラスチック、その他)分析、用途別(飲料包装、食品包装、医療製品包装、工業包装、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容器・包装の世界市場:市場動向分析 ・ 容器・包装の世界市場:競争要因分析 ・ 容器・包装の世界市場:製品別(軟質ホイル、軟質紙、軟質プラスチック、ガラス、金属、板紙、硬質プラスチック、その他) ・ 容器・包装の世界市場:用途別(飲料包装、食品包装、医療製品包装、工業包装、その他) ・ 容器・包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 容器・包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 容器・包装のヨーロッパ市場規模 ・ 容器・包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・容器・包装の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • IT運用分析の世界市場:リアルタイムログ解析、アプリケーション・パフォーマンス管理、インフラ管理、ネットワークおよびセキュリティ管理
    当調査レポートでは、IT運用分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用石材の世界市場:建設用骨材、天然石
    当調査レポートでは、建築用石材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築用石材の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア製品成分の世界市場
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品成分の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア製品成分の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 電気・電子産業におけるCADの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気・電子産業におけるCADの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気・電子産業におけるCADの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心調律管理装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心調律管理装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心調律管理装置の概要 ・心調律管理装置の開発動向:開発段階別分析 ・心調律管理装置の開発動向:セグメント別分析 ・心調律管理装置の開発動向:領域別分析 ・心調律管理装置の開発動向:規制Path別分析 ・心調律管理装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心調律管理装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心調律管理装置の最近動向
  • ニキビ治療薬の世界市場:治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他)、製剤別(局所用薬剤、経口薬)、タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬)、ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性)、販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引)
    本資料は、ニキビ治療薬の世界市場について調べ、ニキビ治療薬の世界規模、市場動向、市場環境、治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他)分析、タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬)分析、ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性)分析、販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ニキビ治療薬の世界市場概要 ・ニキビ治療薬の世界市場環境 ・ニキビ治療薬の世界市場動向 ・ニキビ治療薬の世界市場規模 ・ニキビ治療薬の世界市場:治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他) ・ニキビ治療薬の世界市場:製剤別(局所用薬剤、経口薬) ・ニキビ治療薬の世界市場:タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬) ・ニキビ治療薬の世界市場:ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性) ・ニキビ治療薬の世界市場:販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引) ・ニキビ治療薬の世 …
  • ヒト化マウスモデルの世界市場予測(~2021):種類別(遺伝子、細胞ベース(CD34、PBMC、BLT))、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、ヒト化マウスモデルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、コーティング材別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ヒト化マウスモデルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの血栓管理装置市場見通し
  • セラミックタイルの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、セラミックタイルの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • カリナリーツーリズムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、カリナリーツーリズムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カリナリーツーリズム市場規模、種類別(国内、海外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カリナリーツーリズムの世界市場概要 ・カリナリーツーリズムの世界市場環境 ・カリナリーツーリズムの世界市場動向 ・カリナリーツーリズムの世界市場規模 ・カリナリーツーリズムの世界市場:業界構造分析 ・カリナリーツーリズムの世界市場:種類別(国内、海外) ・カリナリーツーリズムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カリナリーツーリズムの北米市場規模・予測 ・カリナリーツーリズムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カリナリーツーリズムのアジア太平洋市場規模・予測 ・カリナリーツーリズムの主要国分析 ・カリナリーツーリズムの世界市場:意思決定フレームワーク ・カリナリーツーリズムの世界市場:成長要因、課題 ・カリナリーツーリズムの世界市場:競争環境 ・カリナリーツー …
  • 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場規模が2017年107.4億ドルから2026年175.7億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍事シミュレーション・トレーニング市場規模、種類別(液体タイプ、乾燥タイプ)分析、トレーニング種類別(建設的、ライブ、ゲームシミュレーション、バーチャル)分析、用途別(地上、空中、海軍)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:市場動向分析 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:競争要因分析 ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:種類別(液体タイプ、乾燥タイプ) ・ 軍事シミュレーション・トレーニングの世界市場:トレーニング種類別(建設的、ライブ、ゲームシミュレーション、バーチャル) ・ 軍事シミ …
  • バイオテクノロジーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、バイオテクノロジーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バイオテクノロジーの世界市場規模:技術別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:用途別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 大気造水(AWG)の世界市場分析:製品別(冷却凝縮、湿潤乾燥)、用途別(産業、商業、住居)、セグメント予測
    本調査レポートでは、大気造水(AWG)の世界市場について調査・分析し、大気造水(AWG)の世界市場動向、大気造水(AWG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別大気造水(AWG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用レーダーの世界市場:用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他)、周波数別(24GHz、77GHz、79GHz)、範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR))、車両種類別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車用レーダーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他)分析、周波数別(24GHz、77GHz、79GHz)分析、範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR))分析、車両種類別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車用レーダーの世界市場:用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他) ・自動車用レーダーの世界市場:周波数別(24GHz、77GHz、79GHz) ・自動車用レーダーの世界市場:範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR)) ・自動車用レーダーの世界市場:車両種類別(乗用車&商用車) ・自動車用レーダーの世界 …
  • 現金輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、現金輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、現金輸送の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アセチルセルロースの世界市場
    当調査レポートでは、アセチルセルロースの世界市場について調査・分析し、アセチルセルロースの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 乗用車向けプラスチックの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、乗用車向けプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乗用車向けプラスチックの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は乗用車向けプラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Borealis、Covestro、LANXESS、Royal DSM等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"