"コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 5463)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The companion diagnostics market is estimated to grow at a CAGR of 15.7%”The companion diagnostics market is projected to reach 7.3 billion by 2024 from USD 3.5 billion in 2019, at a CAGR of 15.7%. The growth of the companion diagnostics industry is tied primarily to its various advantages, the growing need for targeted therapy, the increasing importance of personalized medicine. Moreover, the increasing global incidence of cancer, ever-increasing application areas of companion diagnostics, rising demand for next-generation sequencing, the growing significance of companion diagnostics in drug development, and the increasing number of clinical trials are expected to present growth opportunities for players in the market. However, the high cost of companion diagnostic tests and the uncertain reimbursement scenario in different regions affect market growth to a certain extent during the forecast period.

“Cancer segment to witness the highest growth during the forecast period”
The cancer segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. This can be attributed primarily to the increasing global incidence of cancer, the growing role of companion diagnostics in personalized medicine treatment for cancer, the rising utility of biomarkers in the diagnosis of cancer, technological advancements in cancer diagnostics at the molecular level, and the availability of funding for cancer research.

“Pharmaceutical & biopharmaceutical companies segment to grow at the highest CAGR in the companion diagnostics market, by end-user”
The major factors driving the demand for pharmaceutical & biopharmaceutical companies in companion diagnostics are growing prominence in drug development and the growing importance of companion diagnostic biomarkers. The increasing demand for personalized medicine as well as the high demand for targeted therapies for various diseases and disorders are also expected to drive the demand and uptake of companion diagnostics among pharmaceutical & biopharmaceutical companies.

“APAC market to witness the highest growth during the forecast period”
Asia Pacific is estimated to be the fastest-growing regional market for companion diagnostics during the forecast period. The high incidence of cancer, growing proteomics & genomics research, increasing research funding, rising investments by pharmaceutical and biotechnology companies, and growing awareness about personalized therapeutics in several APAC countries are some of the major factors driving the growth of this market.

A breakdown of the primary participants in this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–35%, Tier 2–45%, and Tier 3–20%
• By Designation: C-level–35%, Director Level–25%, and Others–40%
• By Region: North America–45%, Europe–20%, Asia Pacific–30%, Rest of the World (RoW)–5%

The prominent players operating in the global companion diagnostics market are F. Hoffmann-La Roche AG (Switzerland), Agilent Technologies, Inc. (US), QIAGEN N.V. (Germany), Abbott Laboratories, Inc. (US), Almac Group (UK), Danaher Corporation (US), Illumina, Inc. (US), bioMérieux SA (France), Myriad Genetics, Inc., (US), Sysmex Corporation (Japan), Thermo Fisher Scientific Inc. (US), Abnova Corporation (Taiwan), and Guardant Health, Inc. (US).

Research Coverage:
This report analyzes the market for various companion diagnostics and their adoption patterns. It aims at estimating the size and future growth potential of the global companion diagnostics market as well as its segments (by product & service, technology, indication, end-user, and region). The report also includes an in-depth competitive analysis of key market players along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
This report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or any combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global companion diagnostics market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and service launches in the global companion diagnostics market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global companion diagnostics market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of product offered, market shares, growth strategies, and revenue analysis of leading players in the global companion diagnostics market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Companion Diagnostics: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Companion Diagnostics Market, By End User (2018)
4.3 Regional Mix: Companion Diagnostics Market
4.4 Companion Diagnostics Market: Developing vs. Developed Countries
4.5 Geographical Snapshot of the Companion Diagnostics Market
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advantages of Companion Diagnostics
5.2.1.2 Growing Need for Targeted therapy
5.2.1.3 Growing Importance of Personalized Medicine
5.2.1.4 Increasing Global Incidence of Cancer
5.2.1.5 Growing Application Areas of Companion Diagnostics
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Companion Diagnostic Tests
5.2.2.2 Uncertain Reimbursement Scenario in Different Regions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Next-Generation Sequencing
5.2.3.2 Growing Significance of Companion Diagnostics in Drug Development
5.2.3.3 Increasing Number of Clinical Trials
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Shortage of Trained Professionals
6 Industry Insights (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Industry Trends
6.2.1 Growing Focus on Liquid Biopsy in Companion Diagnostics
6.2.2 Increasing Collaborations
6.3 Regulatory Analysis
6.3.1 North America
6.3.1.1 US
6.3.1.2 Canada
6.3.2 Europe
6.3.3 Asia Pacific
6.3.3.1 Australia
6.3.3.2 Japan
6.3.3.3 China
6.3.3.4 India
6.3.4 Brazil
6.4 Product Pipeline Analysis
7 Companion Diagnostics Market, By Product & Service (Page No. – 63)
7.1 Introduction
7.2 Assays, Kits, & Reagents
7.2.1 The Volume of Cdx Tests Performed in Laboratories is Increasing, Which Supports the Adoption of Assays & Kits
7.3 Software & Services
7.3.1 The Need for Effective Data Management Software Within Laboratories is Increasing, Contributing to the Growth of the Companion Diagnostic Software & Services Market
8 Companion Diagnostics Market, By Technology (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Polymerase Chain Reaction (PCR)
8.2.1 Growing Applications of PCR Technologies in the Field of Personalized Medicine and Companion Diagnostics Drive the Growth of This Segment
8.3 Next-Generation Sequencing (NGS)
8.3.1 The NGS Segment is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
8.4 in Situ Hybridization (ISH)
8.4.1 Increasing Adoption of ISH is Mainly Due to Advancements in Hybridization and Its Demand in Small-Tumor Diagnostics
8.5 Immunohistochemistry (IHC)
8.5.1 Increasing Demand for User-Friendly and Cost-Effective Technologies in Companion Diagnostics to Drive the Growth of This Segment
8.6 Other Technologies
9 Companion Diagnostics Market, By Indication (Page No. – 80)
9.1 Introduction
9.2 Cancer
9.2.1 Breast Cancer
9.2.1.1 Breast Cancer is the Most Common Cancer Among Women—A Key Factor Contributing to the Large Share of This Market Segment
9.2.2 Lung Cancer
9.2.2.1 Growing Demand for Therapeutic Drugs and their High Efficacy in the Treatment of Lung Cancer Increase the Adoption of Companion Diagnostics in This Segment
9.2.3 Colorectal Cancer
9.2.3.1 Growing Need for Molecular Profiling of Primary Tumors in Colorectal Cancer to Drive Growth in This Market Segment
9.2.4 Melanoma
9.2.4.1 Growing Incidence of Melanoma, Along With the Need for the Early Diagnosis of Genetic-Mutated Tumors, Drives the Demand for Companion Diagnostics
9.2.5 Gastric Cancer
9.2.5.1 Increasing Focus of Market Players on the Development of Tests and Kits for Gastric Cancer Indications to Drive Market Growth
9.3 Neurological Diseases
9.3.1 Growing Number of Diagnostic Technologies for the Treatment of Neurological Diseases to Boost the Adoption of Companion Diagnostics in This Segment
9.4 Infectious Diseases
9.4.1 Growing Focus of Companion Diagnostic Players on Orphan Indications to Propel the Growth of This Segment During
9.5 Cardiovascular Diseases
9.5.1 Growing Demand for Targeted Therapies Due to High Incidence and Mortality Rate of Cardiovascular Diseases to Drive Growth in This Segment
9.6 Other Indications
10 Companion Diagnostics Market, By End User (Page No. – 98)
10.1 Introduction
10.2 Pharmaceutical & Biopharmaceutical Companies
10.2.1 Wide Usage of Companion Diagnostics in Pharmaceutical & Biopharmaceutical Companies Owing to their Growing Prominence in Drug Development to Drive Market Growth
10.3 Reference Laboratories
10.3.1 Growing Incidence of Diseases Such as Cancer and the Rising Demand for Targeted Therapies to Drive the Growth of This End-User Segment
10.4 Contract Research Organizations
10.4.1 Cros Offer A Complete Range of Companion Diagnostic Services Ranging From Companion Diagnostic Development to Targeted Therapy-Related Clinical Trials
10.5 Other End Users
11 Companion Diagnostics Market, By Region (Page No. – 105)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 The US is the Largest Market for Companion Diagnostics in North America
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Government Initiatives to Promote Companion Diagnostics in Various Indications are Expected to Drive Market Growth in Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Germany is A Major Market for Pharmaceutical and Biotechnology Products in Europe
11.3.2 UK
11.3.2.1 Growth in the Country’s Life Science Industry and Increasing Research are Key Factors Driving Market Growth in the UK
11.3.3 Switzerland
11.3.3.1 Switzerland Boasts A Strong Research-Oriented Pharma Industry, A Key Factor Supporting Market Growth
11.3.4 France
11.3.4.1 Increasing Government Funding for Genomics and Personalized Therapeutics R&D is Driving Market Growth
11.3.5 Italy
11.3.5.1 Growing Disease Prevalence has Contributed to the Demand for Better, More Powerful Therapeutics in Italy
11.3.6 Spain
11.3.6.1 Medical Institutes in Spain are Increasingly Focusing on Cancer Biomarker Research
11.3.7 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan Holds the Largest Share of the Market in APAC
11.4.2 China
11.4.2.1 China is One of the Most Prominent Research Markets, Worldwide
11.4.3 India
11.4.3.1 Initiatives By the Indian Government to Tackle the Growing Burden of Cancer are Expected to Increase the Adoption of Companion Diagnostics in the Country
11.4.4 Australia
11.4.4.1 Growing Geriatric Population in Australia has Resulted in Initiatives to Enhance Healthcare Access and Infrastructure
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Latin America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Brazil Dominates the Latin American Companion Diagnostics Market
11.5.2 Mexico
11.5.2.1 Mexico is Emerging as A Prominent Medical Tourism Hub
11.5.3 Rest of Latin America
11.6 Middle East & Africa
11.6.1 Rising Cancer Incidence Rate has Attracted Stakeholder Attention to Regional Markets in MEA
12 Competitive Landscape (Page No. – 186)
12.1 Overview
12.2 Market Share Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.4 Vendor Inclusion Criteria
12.5 Vendor Dive
12.5.1 Visionary Leaders
12.5.2 Innovators
12.5.3 Emerging Companies
12.5.4 Dynamic Differentiators
12.6 Competitive Situations and Trends
12.6.1 Partnerships, Collaborations, & Agreements
12.6.2 Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 196)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, MnM View)*
13.1 F. Hoffmann-La Roche AG
13.2 Agilent Technologies, Inc.
13.3 QIAGEN N.V.
13.4 Abbott Laboratories, Inc.
13.5 Almac Group
13.6 Danaher Corporation
13.7 Illumina Inc.
13.8 Biomérieux SA
13.9 Myriad Genetics, Inc.
13.10 Sysmex Corporation
13.11 Thermo Fisher Scientific, Inc.
13.12 Abnova Corporation
13.13 Guardant Health, Inc.
*Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 230)
14.1 Insights From Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 5463
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンパニオン診断の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中小企業(SMB)IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業(SMB)IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業(SMB)IT支出の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位置別分析、アクスル種類別分析、プロペラシャフト種類別分析、材料別分析、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑添加剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、潤滑添加剤の世界市場について調査・分析し、潤滑添加剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・潤滑添加剤の世界市場規模:用途別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:種類別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:油の種類別分析 ・潤滑添加剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 射撃訓練場の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、射撃訓練場の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、射撃訓練場の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 放送用スイッチャーのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、放送用スイッチャーのヨーロッパ市場について調査・分析し、放送用スイッチャーのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • メキシコの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • クロム採鉱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クロム採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロム採鉱の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空アナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空アナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空アナリティクス市場規模、事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他)分析、エンドユーザー別(航空会社、空港、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空アナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修) ・ 航空アナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ 航空アナリティクスの世界市場:アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他) ・ 航空アナリテ …
  • 自律移動ロボットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自律移動ロボットの世界市場について調査・分析し、自律移動ロボットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自律移動ロボットシェア、市場規模推移、市場規模予測、自律移動ロボット種類別分析(SLAMあり、SLAM)、自律移動ロボット用途別分析(病院・医療、製造、ロジスティックス・倉庫、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自律移動ロボットの市場概観 ・自律移動ロボットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自律移動ロボットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自律移動ロボットの世界市場規模 ・自律移動ロボットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自律移動ロボットのアメリカ市場規模推移 ・自律移動ロボットのカナダ市場規模推移 ・自律移動ロボットのメキシコ市場規模推移 ・自律移動ロボットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自律移動ロボットのドイツ市場規模推移 ・自律移動ロボットのイギリス市場規模推移 ・自律移動ロボ …
  • 等温包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、等温包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、等温包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は等温包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AirContainer Packaging System、InsulTote、Polar Tech、Sonoco等です。
  • 床材の世界市場
    当調査レポートでは、床材の世界市場について調査・分析し、床材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • サージ避雷器の世界市場
    当調査レポートでは、サージ避雷器の世界市場について調査・分析し、サージ避雷器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のフロー電池市場規模・予測2017-2025:種類別(レドックス、ハイブリッド)格納キャパシティ別(コンパクト、大型格納)、用途別(家電・その他ユーティリティ、商業用・産業用、電気自動車・充電スタンド、その他)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフロー電池市場について調査・分析し、世界のフロー電池市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフロー電池関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • キャノーラミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャノーラミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャノーラミールの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの整形外科補綴市場見通し
  • 皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の概要 ・皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • 空調システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空調システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空調システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 台湾のアクリル酸市場(~2019)
  • ドライアイ症候群治療薬の世界市場2017-2021:市販薬、処方薬
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ドライアイ症候群治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドライアイ症候群治療薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はドライアイ症候群治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Allergan、Novartis、Otsuka Holdings、Santen Pharmaceutical等です。
  • ハース(暖房装置)の世界市場予測(~2022年):暖炉、ストーブ、インサート
    当調査レポートでは、ハース(暖房装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、燃料種類別分析、製品種類別分析、デザイン別分析、場所別分析、ハース(暖房装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電用地熱掘削の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、発電用地熱掘削の世界市場について調べ、発電用地熱掘削の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発電用地熱掘削の市場規模をセグメンテーション別(用途別(バイナリプラント、スチームプラント)、)と地域別(アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ))に分けて算出しました。Technavio社は発電用地熱掘削の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発電用地熱掘削の市場状況 ・発電用地熱掘削の市場規模 ・発電用地熱掘削の市場予測 ・発電用地熱掘削の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(バイナリプラント、スチームプラント) ・発電用地熱掘削の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アジア太平洋のITアウトソーシング(ITO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のITアウトソーシング(ITO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のITアウトソーシング(ITO)市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 希突起膠腫(Oligodendroglioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における希突起膠腫(Oligodendroglioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)の概要 ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 卓上用/小袋入り甘味料の世界市場
    当調査レポートでは、卓上用/小袋入り甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓上用/小袋入り甘味料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水処理用化学物質および技術の世界市場
    当調査レポートでは、水処理用化学物質および技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水処理用化学物質および技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術のアメリカ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のヨーロッパ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の屈折矯正手術デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の屈折矯正手術デバイス市場2015について調査・分析し、屈折矯正手術デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性冠動脈症候群治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、急性冠動脈症候群治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・急性冠動脈症候群の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・急性冠動脈症候群の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・急性冠動脈症候群治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・急性冠動脈症候群治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・急性冠動脈症候群治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・急性冠動脈症候群治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • メキシコの心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 二要素生体認証の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二要素生体認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二要素生体認証の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮食品包装の世界市場
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、生鮮食品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生鮮食品包装の世界市場:市場動向分析 - 生鮮食品包装の世界市場:競争要因分析 - 生鮮食品包装の世界市場:材料別 ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエチレン ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・紙 ・二軸延伸ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・アルミ ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:包装の種類別 ・ガセット袋 ・段ボール箱 ・半硬質 ・加工巻紙 ・軟質な紙およびボール紙 ・硬質のもの ・木 ・金属 ・ガラス ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:販売場所別 ・卸売業者 ・小売業者 - 生鮮食品包装の世界市場:用途別 ・野菜 ・肉および肉製品 ・果物 ・シーフード ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:主要地域別分析 - 生鮮食品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 生鮮食品包装のヨーロッパ市場規模 - 生鮮食品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生鮮食品 …
  • ダンプトラックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ダンプトラックの世界市場について調査・分析し、ダンプトラックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ダンプトラックシェア、市場規模推移、市場規模予測、ダンプトラック種類別分析()、ダンプトラック用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ダンプトラックの市場概観 ・ダンプトラックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ダンプトラックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ダンプトラックの世界市場規模 ・ダンプトラックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ダンプトラックのアメリカ市場規模推移 ・ダンプトラックのカナダ市場規模推移 ・ダンプトラックのメキシコ市場規模推移 ・ダンプトラックのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ダンプトラックのドイツ市場規模推移 ・ダンプトラックのイギリス市場規模推移 ・ダンプトラックのロシア市場規模推移 ・ダンプトラックのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 磁気センサの世界市場予測(~2023年):ホール効果センサ、磁気抵抗センサ、超伝導量子干渉計(SQUID)、フラックス・ゲートセンサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、磁気センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、磁気センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡の世界市場:製品別(軟性、使い捨て、硬性)、用途別(消化管、泌尿器、腹腔鏡検査)、最終用途別、セグメント予測
    内視鏡の世界市場は2025年には171億9000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加、胃腸疾患の蔓延、および技術の高度化が考えられます。また、低侵襲外科手術(MIS)に対する選好の高まりによっても、市場が成長していくと期待されています。本調査レポートでは、内視鏡の世界市場について調査・分析し、内視鏡の世界市場動向、内視鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別内視鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IL-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-1アルファ阻害剤の概要 ・IL-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アスレチック収納ロッカーの世界市場予測2019-2024
    「アスレチック収納ロッカーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、金属、ラミネート、プラスチック・フェノール、その他など、用途別には、Schools、Gymnasiums、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アスレチック収納ロッカーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アスレチック収納ロッカーの世界市場概要(サマリー) ・アスレチック収納ロッカーの企業別販売量・売上 ・アスレチック収納ロッカーの企業別市場シェア ・アスレチック収納ロッカーの世界市場規模:種類別(金属、ラミネート、プラスチック・フェノール、その他) ・アスレチック収納ロッカーの世界市場規模:用途別(Schools、Gymnasiums、Other) ・アスレチック収納ロッカーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アスレチック収納ロッカーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アスレチック収納ロッカー …
  • 世界のセラミックコンデンサ市場2016
    本調査レポートでは、世界のセラミックコンデンサ市場2016について調査・分析し、セラミックコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フラッキング液体及び化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • クロム鉱業の世界市場(~2020)
  • 企業向けEラーニングの世界市場2020-2024:エンドユーザー別、展開別、地域別
    「企業向けEラーニングの世界市場2020-2024」は、企業向けEラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(サービス、製造、小売、その他)分析、展開別(オンプレミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・企業向けEラーニングの世界市場:エンドユーザー別(サービス、製造、小売、その他) ・企業向けEラーニングの世界市場:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • スマートテキスタイルの世界市場2016-2023
  • 農業用生物製剤の世界市場:バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の血管ステント市場2015
    本調査レポートでは、世界の血管ステント市場2015について調査・分析し、血管ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン再取り込み阻害薬の概要 ・セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン再取り込み阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン再取り込み阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン再取り込み阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 板金の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、板金の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、板金市場規模、エンドユーザー別(自動車、建設、機械、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acosta Sheet Metal Manufacturing, NCI Building Systems, Shanghai Metal Corporation, Tata Sons, United States Steelなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・板金の世界市場概要 ・板金の世界市場環境 ・板金の世界市場動向 ・板金の世界市場規模 ・板金の世界市場:業界構造分析 ・板金の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、機械、その他) ・板金の世界市場:製品別 ・板金の世界市場:地域別市場規模・分析 ・板金の北米市場規模・予測 ・板金のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・板金のアジア太平洋市場規模・予測 ・板金の主要国分析 ・板金の世界市場:意思決定フ …
  • 化学療法誘発性悪心・嘔吐:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の概要 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • フローサイトメトリーの世界市場:フローサイトメトリー装置、フローサイトメトリー試薬・消耗品
    当調査レポートでは、フローサイトメトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローサイトメトリーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管内皮増殖因子D阻害剤の概要 ・血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管内皮増殖因子D阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管内皮増殖因子D阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管内皮増殖因子D阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クラウド移行サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウド移行サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウド移行サービス市場規模、導入形態別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウド移行サービスの世界市場概要 ・クラウド移行サービスの世界市場環境 ・クラウド移行サービスの世界市場動向 ・クラウド移行サービスの世界市場規模 ・クラウド移行サービスの世界市場:業界構造分析 ・クラウド移行サービスの世界市場:導入形態別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド) ・クラウド移行サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド移行サービスのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド移行サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド移行サービスのアジア市場規模・予測 ・クラウド移行サービスの主要国分析 ・クラウド移行サービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・クラウド移 …
  • 音声認識バイオメトリクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音声認識バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音声認識バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"