"ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 1610)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing use of PHA in various applications is expected to drive the global market.”The global polyhydroxyalkanoate (PHA) market size is estimated to grow from USD 57 million in 2019 to USD 98 by 2024, at a CAGR of 11.2%. Increasing use of the chemical for various applications fueled by stringent government regulations and changing consumer behavior is expected to drive the growth of the global polyhydroxyalkanoate industry. PHA is a family of biodegradable polymers and plastics, which are synthesized and accumulated by bacteria inside their cells. These biodegradable plastics are also biocompostable and biocompatible, which means they can be used for biomedical applications too.

“Short-chain length PHAs are expected to be the fastest-growing type segment of the market, in terms of value and volume, between 2019 and 2024.”
The short-chain length segment is expected to witness the highest growth in terms of value and volume during the forecast period. The growing use of short-chain length PHAs in various applications such as packaging & food services, bio-medical, and agriculture along with the higher production capacity of short-chain length PHAs is driving the growth of this segment.

“Packaging & food services application segment is estimated to witness the highest growth rate between 2019 and 2024.”
The packaging & food services application segment is estimated to witness the highest growth rate, in terms of value and volume, between 2019 and 2024. Due to the ecological imbalance created by plastic waste, several organizations, including governments, have imposed taxes and enacted stringent policies against single-use plastics. These initiatives are driving the demand for PHA in the packaging & food services application. The growth of these end-user industries owing to the expansion of e-commerce portals across the food and retail sector is expected to propel the growth of the market further during the forecast period.

“Rising demand for biodegradable plastics and bioplastic, due to changing consumer behavior, is likely to drive the demand for PHA market in Europe.”
The Europe PHA market is estimated to witness significant growth during the forecast period, fueled by the growing demand for biodegradable plastics and bioplastics due to the increasing ecological concerns and trends such as sustainable development and circular economy. Additionally, the presence of major manufacturers such as Bio-On Srl (Italy), Natureplast (France), Biomer (Germany), Colorfabb (Netherlands), Nafigate (Czech Republic), and Bochemie (Czech Republic) has positively influenced the demand trend for PHAs in the region.
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 43%, and Tier 3 – 27%
• By Designation: C-Level – 21%, Director Level – 23%, and Others – 56%
• By Region: North America – 30%, Europe – 18%, APAC – 41%, Rest of the world – 11%

The key players profiled in the report include Kaneka Corporation (Japan), Danimer Scientific. (U.S.), Shenzhen Ecomann Biotechnology Co., Ltd. (China), Bio-On Srl (Italy), Newlight Technologies, LLC (U.S), and TianAn Biological Materials Co. Ltd. (China).

Research Coverage
This report segments the market for PHA based on type, production method, application, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, new product launches, expansions, and acquisitions associated with the market for PHA market.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market ranking analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the PHA market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on PHAs offered by top players in the global market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, R&D activities, and new product launches in the PHA market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for PHAs across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global mold release agents market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the PHA market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Primary and Secondary Research (Volume Market)
2.1.2 Primary and Secondary Research (Value Market)
2.1.3 Market Calculation, By Application
2.2 Forecast Number Calculation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.3.3 Secondary Data
2.3.4 Primary Data
2.3.4.1 Breakdown of Primary Interviews
2.3.5 Key Industry Insights
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Significant Opportunities in the PHA Market
4.2 PHA Market Size, By Region
4.3 Europe: PHA Market, By Application and Country
4.4 PHA Market Size, By Application
4.5 PHA Market Attractiveness: Major Markets
4.6 PHA Market Size, By Type and Region
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Evolution of PHA
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Positive Attitude of Governments Toward Green Procurement Policies
5.3.1.2 The Vast Availability of Renewable and Cost-Effective Raw Materials
5.3.1.3 Biodegradability Driving the Consumption
5.3.1.4 Increasing Concerns for Human Health and Safety
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 High Price Compared to Conventional Polymers
5.3.2.2 Performance Issues
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Scope in End-Use Segments
5.3.3.2 The Emergence of New Raw Materials
5.3.3.3 Potential for Cost Reduction Through the Economy of Scale
5.3.3.4 Growth Opportunities in APAC
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Manufacturing Technology Still in Its Initial PHAse
5.3.4.2 Under-Utilization of PHA Producing Plants
5.3.4.3 The Expensive and Complex Production Process
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
5.4.1 Threat of Substitutes
5.4.2 Threat of New Entrants
5.4.3 Bargaining Power of Suppliers
5.4.4 Bargaining Power of Buyers
5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.5 Technological Overview
5.5.1 Commercialized Technologies
5.5.2 PHA Production in Bio-Refineries
5.5.3 Yet to Be Commercialized
5.5.4 Other Possibilities
6 Sources and Process of PHA Production (Page No. – 53)
6.1 General Production Process
6.2 Sugar Substrate Or Carbohydrates From Plants
6.3 Triacylglycerols
6.4 Hydrocarbons
6.5 Strain Selection
6.6 Bio-Process and Downstream Process
6.6.1 Fermentation Process
6.6.1.1 Discontinuous Process
6.6.1.1.1 Batch Process
6.6.1.1.2 Fed-Batch Process
6.6.1.1.3 Fed-Batch Process With Cell Recycling Process
6.6.1.1.4 Repeated Fed-Batch
6.6.1.2 Continuous Process
6.6.1.2.1 Continuous Fed-Batch Process
6.6.1.2.2 One-Stage Chemostats
6.6.1.2.3 Two-Stage Chemostats
6.6.1.2.4 Multi-Stage Chemostats
6.6.2 Extraction Process
7 Production Capacity Analysis (Page No. – 59)
8 PHA Patent Analysis (Page No. – 63)
9 PHA Market, By Type (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Short Chain Length
9.2.1 Polyhydroxyvalerate (PHV)
9.2.1.1 PHV Polymers Can Form Single Crystals With Lamellar
9.2.2 P (4hb-Co-3hb)
9.2.2.1 Ratio of 4hb and 3hb Decides the Properties of Co-Polymer
9.2.3 P (3hb-Co-3hv)
9.2.3.1 High Amount of Hv Fraction Can Make Polymers More Elastic
9.2.4 Others
9.3 Medium Chain Length
9.3.1 P (Hydroxybutyrate-Co-Hydroxyoctanoate)
9.3.1.1 Nodax is the Most Common PHA, Which is Manufactured By Danimer Scientific
9.3.2 P (3hb-Co-3hv-Co-4hb)
9.3.2.1 P (3hb-Co-3hv-Co-4hb) is Suited for Medical Applications, Owing to Higher Mechanical Strength
9.3.3 Others
10 PHA Market, By Production Method (Page No. – 72)
10.1 Introduction
11 PHA Market, By Application (Page No. – 75)
11.1 Introduction
11.2 Packaging & Food Services
11.2.1 Packaging
11.2.1.1 Rigid Packaging
11.2.1.1.1 Rigid Packaging Segment Will Be Highly Impacted By PHA
11.2.1.2 Flexible Packaging
11.2.1.2.1 PHA Will Replace Petroleum-Based Plastics in Flexible Packaging
11.2.1.3 Others
11.2.1.3.1 Loose Fill
11.2.1.3.2 Compost Bags
11.2.2 Food Services
11.2.2.1 Cups
11.2.2.1.1 Biodegradable Disposable Cups Made of PHA Can Help Reduce Plastic Wastes
11.2.2.2 Trays
11.2.2.2.1 Sustainable Plastic Trays Can Be Made From PHA- Based Plastics
11.2.2.3 Others
11.2.2.3.1 Containers
11.2.2.3.2 Jars
11.3 Biomedical
11.3.1 Sutures
11.3.1.1 Biodegradable Sutures With High Tensile Strength Can Be Manufactured From PHA
11.3.2 Drug Release
11.3.2.1 Biocompatibility of PHA-Based Plastics is Suitable for Drug Carrier Application
11.3.3 Others
11.4 Agriculture
11.4.1 Mulch Films
11.4.1.1 PHA-Based Mulch Films Allow Farmers to Directly Plow Fields
11.4.2 Plant Pots
11.4.2.1 Plant Pots Made of PHA Can Help Plant Growth in the Initial Stages
11.4.3 Others
11.4.3.1 Bins
11.4.3.2 Chutes
11.4.3.3 Hoppers
11.5 Others
11.5.1 Wastewater Treatment
11.5.1.1 Denitrification Process Using PHA is A Sustainable Way of Wastewater Treatment
11.5.2 Cosmetics
11.5.2.1 PHA is Suitable for Making Cosmetics as Well as Cosmetic Containers
11.5.3 Chemical Additives
11.5.3.1 PHA Can Be Used as an Additive to Enhance Properties of Other Plastics
11.5.4 3D Printing
11.5.4.1 PHA is A Sustainable Material for Making 3D Printer Filaments
12 PHA Market, By Region (Page No. – 87)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Presence of Strict Regulations Regarding Plastic Production, Use, and Disposal is Driving the Market
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Proposed Ban on Single-Use Plastics By 2021 is Expected to Influence the Market, Positively
12.2.3 Mexico
12.2.3.1 Government Initiatives and International Investments are Creating Growth Opportunities for PHA Manufacturers in the Country
12.3 Europe
12.3.1 Germany
12.3.1.1 The Country has One of the Most Advanced Infrastructures in the Region for Solid Waste Management
12.3.2 UK
12.3.2.1 Government’s Aim to Achieve A Zero-Waste Economy is Likely to Boost the Market
12.3.3 France
12.3.3.1 Government’s Initiatives for the Development of A Bio-Based Economy are Promising for the Market
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Italy is One of the Major Consumers of Bio-Based Polymers in Europe
12.3.5 Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 The Market in the Country is Characterized By the Presence of Global and Local PHA Manufacturers
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Several Associations, Including Japan Bioplastics Association, are Involved in the Popularization of Biomass-Based Plastics and Biodegradable Plastics
12.4.3 India
12.4.3.1 The Indian PHA Market is Gaining Traction at A Slow Rate
12.4.4 Malaysia
12.4.4.1 Malaysia has A Fully Automated PHA Bioplastics Plant, Which Produces Biodegradable Plastic Materials From Palm Oil
12.4.5 South Korea
12.4.6 Rest of APAC
12.4.7 Rest of the World
12.4.8 South America
12.4.9 Middle East & Africa
13 Competitive Landscape (Page No. – 123)
13.1 Overview
13.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
13.2.1 Visionary Leaders
13.2.2 Dynamic Differentiators
13.2.3 Innovators
13.2.4 Emerging Companies
13.3 Strength of Product Portfolio
13.4 Business Strategy Excellence
13.5 Key Market Players
13.6 Competitive Benchmarking
13.7 Competitive Situation and Trends
13.7.1 Collaborations, Partnerships, Contracts & Agreements
13.7.2 New Product Launches
13.7.3 Expansions
14 Company Profiles (Page No. – 130)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 Danimer Scientific
14.2 Shenzhen Ecomann Biotechnology Co., Ltd.
14.3 Newlight Technologies, LLC
14.4 Kaneka Corporation
14.5 Tianan Biologic Materials Co., Ltd.
14.6 Bio-On Spa
14.7 Rwdc Industries
14.8 Bochemie
14.9 Biomer
14.10 Polyferm Canada, Inc.
14.11 Other Key Market Players
14.11.1 TePHA Inc.
14.11.2 BluePHA Co., Ltd.
14.11.3 Full Cycle Bioplastics
14.11.4 CJ Cheiljedang Corp.
14.11.5 Yeild10 Bioscience
14.11.6 Genecis Bioindustries Inc.
14.11.7 Terraverdae Bioworks In
14.11.8 Mango Materials
14.11.9 Earthbi
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 148)
15.1 Insights From Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
15.4 Available Customizations
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 1610
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤフラムバルブ市場規模、流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル)分析、素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ)分析、ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材)分析、製品タイプ別(ウェアー式ダイヤフラムバルブ、ストレートダイヤフラムバルブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電力、化学、水処理、バイオテクノロジー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:市場動向分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:競争要因分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:製品タイプ …
  • 太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム)、ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他)、用途別(住宅用、商業用、工業用)、最終用途別(発電、加熱、充電、照明)
    当調査レポートでは、太陽光エネルギーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、ソーラーモジュール別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・太陽光エネルギーの世界市場:技術別(太陽光発電システムおよび集光型太陽光発電システム) ・太陽光エネルギーの世界市場:ソーラーモジュール別(単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンセル、その他) ・太陽光エネルギーの世界市場:用途別(住宅用、商業用、工業用) ・太陽光エネルギーの世界市場:最終用途別(発電、加熱、充電、照明) ・太陽光エネルギーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 液体定量供給システムの世界市場:製品別(融剤、潤滑油、ソルダペースト、接着剤 & シーラント、コンフォーマルコーティング)、用途別
    本調査レポートでは、液体定量供給システムの世界市場について調査・分析し、液体定量供給システムの世界市場動向、液体定量供給システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別液体定量供給システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動物飼料用添加物の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用添加物の世界市場について調査・分析し、動物飼料用添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • リテールオートメーションの世界市場:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)、地域別予測
    本資料は、リテールオートメーションの世界市場について調べ、リテールオートメーションの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)分析、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リテールオートメーションの世界市場概要 ・リテールオートメーションの世界市場環境 ・リテールオートメーションの世界市場動向 ・リテールオートメーションの世界市場規模 ・リテールオートメーションの世界市場規模:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札) ・リテールオートメーションの世界市場規模:エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局) ・リテールオートメーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リテールオートメーションの北米市場規模・予測 ・リテールオートメーション …
  • 空港スマート照明の世界市場
    当調査レポートでは、空港スマート照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港スマート照明の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のリール・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のリール・ケーブル市場2015について調査・分析し、リール・ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サツマイモでんぷんの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サツマイモでんぷんの世界市場について調査・分析し、サツマイモでんぷんの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サツマイモでんぷんシェア、市場規模推移、市場規模予測、サツマイモでんぷん種類別分析(生、乾燥)、サツマイモでんぷん用途別分析(さつまいも麺、料理、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サツマイモでんぷんの市場概観 ・サツマイモでんぷんのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サツマイモでんぷんのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サツマイモでんぷんの世界市場規模 ・サツマイモでんぷんの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サツマイモでんぷんのアメリカ市場規模推移 ・サツマイモでんぷんのカナダ市場規模推移 ・サツマイモでんぷんのメキシコ市場規模推移 ・サツマイモでんぷんのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サツマイモでんぷんのドイツ市場規模推移 ・サツマイモでんぷんのイギリス市場規模推移 ・サツマイ …
  • 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場について調査・分析し、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:市場動向分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:競争要因分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:用途別 ・美容整形手術 ・一般的な手術 ・眼科手術 ・循環器科の手術 ・肺手術 ・中枢神経系(CNS)手術 ・泌尿器科の手術 ・その他 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科治療センター ・病院 ・クリニック - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:症状別 ・組織の封止 ・組織工学 ・外科的な止血 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:製品別 ・天然/生物学的封止剤および接着剤 ・合成および半合成接着剤と封止剤 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 外科手術用封止剤&接着剤のヨーロッパ市場規模 - 外科手術用封 …
  • 世界のほう化ハフニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のほう化ハフニウム市場2016について調査・分析し、ほう化ハフニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アゼルバイジャンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • シームテープの世界市場予測(~2023年)
    シームテープの世界市場は、2018年の1億2,700万米ドルから2023年には1億7,800万米ドルに達し、この期間中6.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スポーツやテキスタイル・アパレル産業からの需要の高まり、そして防護服や快適な衣服の需要の増加などが考えられます。一方で、原材料価格の変動が市場の成長に影響をおよぼす可能性があります。当調査レポートでは、シームテープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(単層、多層)分析、基材(ポリウレタン、熱可塑性ポリウレタン、ポリアミド)分析、用途(下着、スポーツ用インナー、スポーツウェア、カジュアルな衣料、靴)分析、シームテープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アドベンチャーツーリズムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アドベンチャーツーリズムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アドベンチャーツーリズム市場規模、カテゴリー別分析、種類別(国内、国外)分析、GDP貢献別(間接型、直接型、誘導型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場概要 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場環境 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場動向 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場規模 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場:業界構造分析 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場:カテゴリー別 ・アドベンチャーツーリズムの世界市場:種類別(国内、国外) ・アドベンチャーツーリズムの世界市場:GDP貢献別(間接型、直接型、誘導型) ・アドベンチャーツーリズムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アドベンチャーツーリズムのアメリカ市場規模・予測 ・アドベンチャーツーリズムのヨーロッパ市場規模・予測 ・アドベンチャーツーリズムの …
  • グラフェンの世界市場の規模及び予測:製品別(ナノプレートレット、酸化物)、用途別(エレクトロニクス、複合材料、エネルギー)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、グラフェンの世界市場について調査・分析し、グラフェンの世界市場動向、グラフェンの世界市場規模、市場予測、セグメント別グラフェン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 吻合装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、吻合装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、手術用ステープラー別(手動、動力付き)分析、手術用縫合糸別(吸収性、非吸収性)分析、手術用シーラント及び接着剤別分析、吻合装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、吻合装置の世界市場規模が2019年21億ドルから2024年29億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。
  • 油田掘削デリック及びマストの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田掘削デリック及びマストの世界市場について調べ、油田掘削デリック及びマストの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田掘削デリック及びマストの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は油田掘削デリック及びマストの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田掘削デリック及びマストの市場状況 ・油田掘削デリック及びマストの市場規模 ・油田掘削デリック及びマストの市場予測 ・油田掘削デリック及びマストの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田掘削デリック及びマストの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成 …
  • 医療ITセキュリティの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療ITセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酢酸エチルの世界市場2020-2024
    「酢酸エチルの世界市場2020-2024」は、酢酸エチルについて市場概要、市場規模、用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ギリシャのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 抗酸化物質の世界市場
    当調査レポートでは、抗酸化物質の世界市場について調査・分析し、抗酸化物質の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 水産養殖の世界市場
    当調査レポートでは、水産養殖の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水産養殖の世界市場:環境別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:用途別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:製品別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水産養殖のアメリカ市場規模予測 ・水産養殖のヨーロッパ市場規模予測 ・水産養殖のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • オーガニック乳製品の世界市場:オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ
    当調査レポートでは、オーガニック乳製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーガニック乳製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フローダイバージョン動脈瘤治療市場規模、製品別(FDS、Intrasaccular flow disruption device)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acandis, Medtronic, Phenox, Stryker, TERUMO CORPORATIONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場概要 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場環境 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場動向 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場規模 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:業界構造分析 ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:製品別(FDS、Intrasaccular flow disruption device) ・フローダイバージョン動脈瘤治療の世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 微小球技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、微小球技術の世界市場について調査・分析し、微小球技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 微小球技術の世界市場:市場動向分析 - 微小球技術の世界市場:競争要因分析 - 微小球技術の世界市場:原材料別 ・セラミック微小球 ・フライアッシュ(セノスフェア)微小球 ・ガラス微小球 ・金属微小球 ・ポリマー微小球 ・その他 - 微小球技術の世界市場:種類別 ・固体微小球 ・中空微小球 ・常磁性微小球 ・磁性微小球 - 微小球技術の世界市場:用途別 ・医療技術 ・生命科学・バイオテクノロジー ・建築用複合材料 ・自動車 ・航空宇宙 ・石油・ガス ・塗料・コーティング ・化粧品・パーソナルケア ・その他 - 微小球技術の世界市場:主要地域別分析 - 微小球技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 微小球技術のヨーロッパ市場規模 - 微小球技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・微小球技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 個人向け緊急応答システム・医療警報装置の世界市場2014-2025:タイプ別(地上通信、携帯、自立式)、最終用途別(家ベースのユーザー、老人ホーム、介護付生活施設、ホスピス)
    本調査レポートでは、個人向け緊急応答システム・医療警報装置の世界市場について調査・分析し、個人向け緊急応答システム・医療警報装置の世界市場動向、個人向け緊急応答システム・医療警報装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別個人向け緊急応答システム・医療警報装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ネットワーク対応兵器(NEW)市場規模、用途別(海上発射、空中発射、地上発射)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場概要 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場環境 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場動向 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場規模 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:業界構造分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:用途別(海上発射、空中発射、地上発射) ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアメリカ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアジア市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の主要国分析 ・ネットワーク対 …
  • フォームトレーの世界市場
    当調査レポートでは、フォームトレーの世界市場について調査・分析し、フォームトレーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のストップ・スタート自動車市場2015
    本調査レポートでは、世界のストップ・スタート自動車市場2015について調査・分析し、ストップ・スタート自動車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バングラデシュのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ピン及びスリーブデバイスのアメリカ市場:レセプタクル、コネクタ、プラグ、インレット
  • ロシアの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 5Gテスターの世界市場予測2019-2024
    「5Gテスターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ネットワーク分析装置、新語分析装置、信号発生器など、用途別には、Network Equipment Manufacturer、Mobile Device Manufacturer、Telecommunication Service Providerなどに区分してまとめた調査レポートです。5Gテスターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・5Gテスターの世界市場概要(サマリー) ・5Gテスターの企業別販売量・売上 ・5Gテスターの企業別市場シェア ・5Gテスターの世界市場規模:種類別(ネットワーク分析装置、新語分析装置、信号発生器) ・5Gテスターの世界市場規模:用途別(Network Equipment Manufacturer、Mobile Device Manufacturer、Telecommunication Service Provider) ・5Gテス …
  • 動物飼料用酵素の世界市場分析:製品別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ)、処方別(液体、乾燥)、用途別(家禽、豚、反芻動物、ペット、魚類)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用酵素の世界市場動向、動物飼料用酵素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用酵素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の電子セキュリティ市場(~2019)
  • 料理用油脂の世界市場
    当調査レポートでは、料理用油脂の世界市場について調査・分析し、料理用油脂の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フルオロエラストマーの世界市場予測(~2022年):フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフロロエラストマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フルオロエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、フルオロエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、ガラス用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラス用接着剤の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 歩数計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歩数計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩数計の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歩数計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fitbit• Garmin• Jawbone• Omron Healthcare等です。
  • 世界の特殊エラストマー市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊エラストマー市場2015について調査・分析し、特殊エラストマーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリグニンスルホン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、リグニンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、技術別(NLP、マシンラーニング・ディープラーニング)分析、用途別(ITオペレーション、ビジネスプロセスオートメーション、アプリケーション管理)分析、産業別分析、インテリジェントプロセスオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒気検知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、酒気検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酒気検知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター建設の世界市場:設計タイプ別(電気工事、機械工事)、ティア別(ティア1、ティア2、ティア3、ティア4)、産業別(BFSI、ヘルスケア、IT・テレコム、メディア・エンターテイメント、石油・エネルギー、公共部門)、地域別予測
    本資料は、データセンター建設の世界市場について調べ、データセンター建設の世界規模、市場動向、市場環境、設計タイプ別(電気工事、機械工事)分析、ティア別(ティア1、ティア2、ティア3、ティア4)分析、産業別(BFSI、ヘルスケア、IT・テレコム、メディア・エンターテイメント、石油・エネルギー、公共部門)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAECOM、Arup Group、Corgan、DPR Construction、Gensler、HDR、Page Southerland Page、Holder Construction Group、Jones Engineering Group、Structure Tone、Syska Hennssy、Turner Constructionなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データセンター建設の世界市場概要 ・データセンター建設の世界市場環境 ・データセンター建設の世界市場動向 ・データセンター建設の世界市 …
  • ガイドワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ガイドワイヤーの世界市場:原材料別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーのアメリカ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのヨーロッパ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の二ホウ化マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化マグネシウム市場2016について調査・分析し、二ホウ化マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 製品情報管理(PIM)の世界市場:ソフトウェア、サービス、導入、ユーザー、産業、地域別分析
    当調査レポートでは、製品情報管理(PIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(GPS、セルラー、BLE、LoRa WAN)、業種別(食品&飲料、医薬品、化学薬品、石油&ガス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマートコンテナの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年57億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のスマートコンテナ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他)分析、業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマートコンテナ市場:技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他) ・世界のスマートコンテナ市場:業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その …
  • 粉体塗装の世界市場:企業概要・規模・シェア・成長・動向・予測(~2025年)
    Data Bridgeが出版した本調査レポートでは、粉体塗装の世界市場について調査・分析し、粉体塗装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、粉体塗装市場規模、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"