"グリーン技術及び持続可能性の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7354)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"グリーン技術及び持続可能性の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing use of RFID, sensors to capture data and analyze to derive insights across various industries to drive the overall growth of green technology and sustainability marketThe green technology and sustainability market size is expected to grow from USD 8.7 billion in 2019 to USD 28.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 27.1% during the forecast period. The green technology and sustainability market is driven by various factors, such as rapidly approaching grid parity, cost-effective and reliable grid integration, and technological innovation are the 3 enablers which helped remove the obstacle for the deployments of renewables. However, high product and solution cost associated with green technology and sustainability solutions hinder the growth of the market.

Soil condition/Moisture monitoring application segment to grow at a prominent CAGR during forecast period
The green technology and sustainability market, based on applications, has been segmented into carbon footprint management, green building, water purification, crop monitoring, soil condition/moisture monitoring, weather monitoring and forecasting, air and water pollution monitoring, sustainable mining and exploration, forest monitoring, water leak detection, and water purification. The growth of soil condition/moisture monitoring is because the agriculture sector is increasingly looking at ways to leverage technology for better crop yield. Cutting-edge technologies, such as Artificial Intelligence (AI), digital twin, and Internet of Things (IoT) are being implemented by the agriculture sector. Moreover, companies are using sensors and various IoT-based technologies for soil condition/moisture monitoring.

Europe to constitute the second largest market size during the forecast period
Europe is expected to have the second largest market size during the forecast period, owing to the growth in investments and funding, and companies are attracting investments to develop green technology solutions for different applications in agriculture, weather, transportation, and the energy sectors.

Rapidly growing economies, such as Germany, UK and France, are implementing green technology and sustainability driven by the strong compliance and regulatory landscape and increasing investments from government as well companies to address climate change by deploying technology solutions for different applications in agriculture, weather, transportation, and energy sectors. The companies operating in Europe would benefit from the flexible economic conditions, industrialization-and globalization-motivated policies of the governments, as well as from the growing digitalization, which is expected to have a huge impact on the business community.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the green technology and sustainability marketplace.
 By Company: Tier I – 10%, Tier II – 25%, and Tier III – 65%
 By Designation: C-Level Executives – 25%, Directors – 50%, and Others – 25%
 By Region: North America – 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, RoW – 10%
The report includes the study of the key players offering green technology and sustainability solutions and services. The major green technology and sustainability vendors include General Electric (US), IBM (US), Enablon (France), Enviance (US), Sensus (US), Taranis (Israel), Trace Genomics (US), LO3 Energy (US), ConsenSys (US), CropX (Israel), Hortau (US), SMAP Energy (UK), Treevia (Brazil), Pycno (UK), IoT Solutions and Consulting (Europe), Oizom (India), MineSense Technologies (Canada), and WINT (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the green technology and sustainability market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the green technology and sustainability market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as technologies, applications, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product, and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall green technology and sustainability market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"グリーン技術及び持続可能性の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Green Technology and Sustainability Market
4.2 Market Top 3 Applications
4.3 Market By Region
4.4 Market in North America, By Technology and Application
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 29)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Environmental Awareness and Concerns
5.2.1.2 Increasing Use of RFID Sensors Across Various Industries
5.2.1.3 Increasing Consumer and Industrial Interest for the Use of Clean Energy Resources to Conserve the Environment
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Product Cost Associated With Green Technology Solutions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Initiatives to Tackle Climate Change and Air Pollution
5.2.3.2 Modernization of It and Telecom Infrastructure for Low Carbon Emission
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Tailored Solutions to Address Unique Environmental Issues
5.2.4.2 Lack of Regulations for Green Technology
5.3 Use Cases
5.3.1 Case 1: Cps Energy Deployed Enviance System to Enhance the Automation of Emissions Reporting Process
5.3.2 Case 2: Arizona State Government Deployed A Smart Solution to Improve Water Infrastructure
5.3.3 Case 3: Ge Helps Bord Gáis Energy Continue Its Operations and Reduce Unplanned Downtime
5.3.4 Case 4: Enviance System Manages and Stores Data, Making It Easy for Koch Fertilizers to Centralize Documentation and Deploy New Internal Programs
5.3.5 Case 5: Mumbai-Based Palava City to Control Air Quality Using Oizom’s Real-Time Emission Monitoring Solutions
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 The Kyoto Protocol
5.4.2 Affordable Clean Energy Rule
5.4.3 Dubai Green Building Evaluation System
5.4.4 General Data Protection Regulation
5.4.5 Federal Trade Commission
5.4.6 Ansi/Ashrae/Ies Standard 90.1
5.5 Sustainable Development Best Practices
5.5.1 Green Building
5.5.2 Conservation Agriculture
5.5.3 Leadership in Energy and Environmental Design
5.5.4 Green Mining
6 Green Technology and Sustainability Market By Technology (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Internet of Things
6.2.1 Growing Use of IoT Sensors in Drones for Environmental Monitoring
6.3 Artificial Intelligence and Analytics
6.3.1 Growing Demand of AI and Analytics for Policy-Making, Environmental Analysis, and Real-Time Decision-Making
6.4 Digital Twin
6.4.1 Need for Enhancing the Energy Efficiency of Building Stocks to Meet Climatic Changes to Drive the Adoption of Digital Twin
6.5 Cloud Computing
6.5.1 Rising Awareness of Use Cases of Cloud Computing in Agriculture and Waste Management
6.6 Security
6.6.1 Increase in Cyberattacks on Government Agencies of Energy and Water Management to Drive the Adoption of Security Technology
6.7 Blockchain
6.7.1 Increase in the Need for Decision-Making Capabilities Using Blockchain to Drive Their Adoption
7 Green Technology and Sustainability Market By Application (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Carbon Footprint Management
7.2.1 Need to Control the Exponentially Increasing Carbon and Ghg Emissions to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions
7.3 Green Building
7.3.1 Focus on Environment Conservation Along With Growing Integration of Technology While Designing and Constructing Buildings to Drive the Growth of Green Technology and Sustainability Market
7.4 Water Purification
7.4.1 Government Focus on R&D to Identify Use Cases of Advanced Technology in Water Purification to Drive the Adoption of the Green Technology and Sustainability Solutions
7.5 Water Leak Detection
7.5.1 Increasing Water Wastage Due to Leakage and the Need to Automate Conventional Water Leak Detection Systems to Drive the Green Technology and Sustainability Solutions
7.6 Fire Detection
7.6.1 Need for Quick Detection of Fire and Decision-Making to Ensure Safety to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions
7.7 Soil Condition/Moisture Monitoring
7.7.1 Increasing Awareness of Technologies for Soil Monitoring to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solution
7.8 Crop Monitoring
7.8.1 Increasing Awareness of Technologies for Crop Monitoring to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solution
7.9 Forest Monitoring
7.9.1 Rising Illegal Deforestation and Need for Monitoring Forests to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions
7.10 Weather Monitoring and Forecasting
7.10.1 Increase in Use of Ai, Sensors, Satellites, and Computer Models to Predict Future Weather Patterns to Drive the Adoption of Weather Monitoring and Forecasting Tools
7.11 Air and Water Pollution Monitoring
7.11.1 Increasing Air and Water Pollution to Drive the Need for Green Technology and Sustainability Solutions
7.12 Sustainable Mining and Exploration
7.12.1 Need to Reduce Carbon Emissions in Operations and Mitigate Adverse Environmental Mining Impacts to Drive the Green Technology and Sustainability Market Growth
8 Green Technology and Sustainability Market By Region (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 Government Focus on R&D to Integrate Smart Technologies With Utilities Sector to Fuel the Demand for Green Technology and Sustainability Solutions in the US
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Government and Private Sector Investments and Initiatives for the Development of Green Technologies to Boost the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Digital Data, Automation, Connectivity, and Digital User Interfaces to Drive Investments in the Green Technology and Sustainability Market in Germany
8.3.2 United Kingdom
8.3.2.1 Government’s Focus on Innovation and Research in the Areas of Green Technology to Fuel the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions in the UK
8.3.3 France
8.3.3.1 Multiple Governments and Industry-Driven Green Technology and Sustainability Initiatives to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solution in France
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Government Initiatives and Increase in Technology Adoption to Drive the Green Technology and Sustainability Market in China
8.4.2 Singapore
8.4.2.1 Various Government Initiatives to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions in Singapore
8.4.3 India
8.4.3.1 Government’s Push for the Adoption of AI By Businesses and the Need for Waste Management to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability in India
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East and Africa
8.5.1 Middle East
8.5.1.1 Government Initiatives and Partnerships for Clean Technology to Drive the Adoption of Green Technology and Sustainability Solutions in the Middle East
8.5.2 Africa
8.5.2.1 Focus on Government Initiatives to Boost the Growth of the Green Technology and Sustainability Market in Africa
8.6 Latin America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Increasing Investments and Support of the Government to Control Emissions and Promote the Construction of Green Buildings to Drive the Adoption of Green Building and Technology Solutions in Brazil
8.6.2 Mexico
8.6.2.1 The Initiation of the Government’s Carbon Market Pilot Project to Drive Investments in the Areas of Green Technology and Sustainability in Mexico
9 Company Profiles (Page No. – 79)
9.1 Introduction
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
9.2 General Electric
9.3 IBM
9.4 Microsoft
9.5 Enablon
9.6 Enviance
9.7 Sensus
9.8 Taranis
9.9 Trace Genomics
9.10 Lo3 Energy
9.11 Consensys
9.12 Cropx
9.13 Hortau
9.14 Smap Energy
9.15 Treevia
9.16 Pycno
9.17 IoT Solutions and Consulting
9.18 Oizom
9.19 Minesense Technologies
9.20 Wint
*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10 Appendix (Page No. – 108)
10.1 Industry Excerpts
10.2 Discussion Guide
10.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
10.4 Available Customizations
10.5 Related Reports
10.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】グリーン技術及び持続可能性の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7354
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
グリーン技術及び持続可能性の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マイクログリッドの世界市場:グリッドコネクテッド型、リモート/アイランド型、ハイブリッド型
    当調査レポートでは、マイクログリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、電力ソース別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の体形矯正デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の体形矯正デバイス市場2015について調査・分析し、体形矯正デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • NFCシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、NFCシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、NFCシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトランスフェクション試薬市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスフェクション試薬市場2015について調査・分析し、トランスフェクション試薬の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の概要 ・原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の原発性免疫不全症(Primary Immune Deficiency (PID))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • K-12用図画工作材料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、K-12用図画工作材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12用図画工作材料の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社はK-12用図画工作材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Itsy Bitsy• Michaels Stores• Ningbo Rainma Stationery• School Specialty• TTS Group等です。
  • ベビー浴用石鹸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー浴用石鹸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー浴用石鹸の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 単結晶シリコンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、単結晶シリコンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、単結晶シリコン市場規模、用途別(太陽電池、電子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・単結晶シリコンの世界市場概要 ・単結晶シリコンの世界市場環境 ・単結晶シリコンの世界市場動向 ・単結晶シリコンの世界市場規模 ・単結晶シリコンの世界市場:業界構造分析 ・単結晶シリコンの世界市場:用途別(太陽電池、電子) ・単結晶シリコンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・単結晶シリコンのアメリカ市場規模・予測 ・単結晶シリコンのヨーロッパ市場規模・予測 ・単結晶シリコンのアジア市場規模・予測 ・単結晶シリコンの主要国分析 ・単結晶シリコンの世界市場:意思決定フレームワーク ・単結晶シリコンの世界市場:成長要因、課題 ・単結晶シリコンの世界市場:競争環境 ・単結晶シリコンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • コハク酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 選択的プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的プロテアーゼ阻害剤の概要 ・選択的プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 石油増進回収(EOR)の世界市場分析:技術別(熱、ガス注入、化学)、用途別(オンショア、オフショア)、地域別(北アメリカ、APAC、ヨーロッパ、CSA、MEA)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、石油増進回収(EOR)の世界市場について調査・分析し、石油増進回収(EOR)の世界市場動向、石油増進回収(EOR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別石油増進回収(EOR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場:タイプ別(サイバーセキュリティ、セキュリティサービス、コマンド・統制、スクリーニング・検出、監視、アクセス制御、境界セキュリティ、その他)、用途別(探査・掘削、輸送、パイプライン、流通・小売サービス、その他)、地域別予測
    本資料は、石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場について調べ、石油・ガス産業向けセキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(サイバーセキュリティ、セキュリティサービス、コマンド・統制、スクリーニング・検出、監視、アクセス制御、境界セキュリティ、その他)分析、用途別(探査・掘削、輸送、パイプライン、流通・小売サービス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco Systems、Siemens、Symantec、Honeywell、Parsons、Intel、General electric、Microsoft、ABB、Lockheed Martin などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場概要 ・石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場環境 ・石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場動向 ・石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場規模 ・石油・ガス産業向けセキュリティの世界市場規模:タ …
  • 組織学および細胞学の世界市場分析:試験方法別(細胞診[子宮頸がん、乳がん、その他]、組織学)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、組織学および細胞学の世界市場について調査・分析し、組織学および細胞学の世界市場動向、組織学および細胞学の世界市場規模、市場予測、セグメント別組織学および細胞学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 強皮症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、強皮症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、強皮症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃プラスチック管理の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、廃プラスチック管理の世界市場について調査・分析し、廃プラスチック管理の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別廃プラスチック管理シェア、市場規模推移、市場規模予測、廃プラスチック管理種類別分析(ごみ処理地、リサイクル、焼却)、廃プラスチック管理用途別分析(廃プラスチック、熱エネルギー発生、再利用プラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・廃プラスチック管理の市場概観 ・廃プラスチック管理のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・廃プラスチック管理のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・廃プラスチック管理の世界市場規模 ・廃プラスチック管理の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・廃プラスチック管理のアメリカ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のカナダ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のメキシコ市場規模推移 ・廃プラスチック管理のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・廃プラスチック管理のドイツ市場規模推移 ・廃プラ …
  • FTTxサービスおよび料金:主要企業の戦略およびポジショニング
  • スマートホームの世界市場
    当調査レポートでは、スマートホームの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマートホームの世界市場:製品別分析/市場規模 ・スマートホームの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・スマートホームの世界市場:技術別分析/市場規模 ・スマートホームの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートホームのアメリカ市場規模予測 ・スマートホームのヨーロッパ市場規模予測 ・スマートホームのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • Alpha-2アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2アゴニスト(作動薬)の概要 ・Alpha-2アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 南アフリカの股関節再建装置市場見通し
  • 次世代抗体療法の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、次世代抗体療法の世界市場について調査・分析し、次世代抗体療法の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代抗体療法の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代抗体療法の世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代抗体療法の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 配向性ストランドボード(OSB)の世界市場分析:用途別(建設、包装)、セグメント予測
    本調査レポートでは、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場について調査・分析し、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場動向、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別配向性ストランドボード(OSB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オランダの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 液状シリコーンゴムの世界市場2017-2021:産業グレード、食品グレード、医療グレード
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、液状シリコーンゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液状シリコーンゴムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は液状シリコーンゴムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、KCC、Momentive、Shin-Etsu Chemical、The Dow Chemical Company、The Wacker Chemie等です。
  • スマート兵器の世界市場:ミサイル、弾薬、誘導弾、誘導ロケット、誘導火器
    当調査レポートでは、スマート兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、プラットフォーム別分析、技術別分析、地域別分析、スマート兵器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 工具用複合材料の世界市場2017-2021:航空宇宙、自動車、建築、風力エネルギー、軍事・海洋
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工具用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工具用複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は工具用複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAirtech Advanced Materials Group、Hexcel、Koninklijke Ten Cate、Solvay、Sika、TEIJIN等です。
  • 建築パネル材料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建築パネル材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築パネル材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷デブリドマン製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷デブリドマン製品市場2015について調査・分析し、創傷デブリドマン製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスプラットフォームの世界市場:製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー)、ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM)、用途別(民生機器、データ処理、工業、通信、その他)、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスプラットフォームの世界市場について調べ、ワイヤレスプラットフォームの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー)分析、ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM)分析、用途別(民生機器、データ処理、工業、通信、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場概要 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場環境 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場動向 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模:製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー) ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模:ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM) ・ワイヤレスプラットフォームの …
  • 糖尿病食品の世界市場:菓子類、パン類、スプレッド
    当調査レポートでは、糖尿病食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サイバー保険の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、サイバー保険の世界市場について調査・分析し、サイバー保険の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・サイバー保険の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・サイバー保険の世界市場:セグメント別市場分析 ・サイバー保険の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スリランカの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 工業用繊維品の世界市場分析:技術別(熱成形、3D製織、3D編み、ナノファイバー、ヒートセット合成、仕上げ処理、手作りエレメント)、エンドユーザー別(車両関係、機械関係、スポーツ関係、建設関係、インテリア関係、布関係、医療関係、農業関係、防護関係、包装関係)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用繊維品の世界市場について調査・分析し、工業用繊維品の世界市場動向、工業用繊維品の世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用繊維品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 風力エネルギーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、風力エネルギーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、風力エネルギー市場規模、種類別(垂直軸式、水平軸式)分析、設置場所別(オフショア、オンショア)分析、接続別(オングリッド、オフグリッド)分析、容量別(30kW未満、30kW~500kW、500kW~2MW、2MW超)分析、用途別(商業、産業、ユーティリティ) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 風力エネルギーの世界市場:市場動向分析 ・ 風力エネルギーの世界市場:競争要因分析 ・ 風力エネルギーの世界市場:種類別(垂直軸式、水平軸式) ・ 風力エネルギーの世界市場:設置場所別(オフショア、オンショア) ・ 風力エネルギーの世界市場:接続別(オングリッド、オフグリッド) ・ 風力エネルギーの世界市場:容量別(30kW未満、30kW~500kW、500kW~2MW、2MW超) ・ 風力エネルギーの世界市場:用途別(商業、産業、ユーティリティ) ・ 風力エネルギーの世 …
  • 繊維薬品の世界市場分析:製品別(コーティング・サイジング、着色剤および助剤、仕上げ剤、界面活性剤、脱サイジング剤、漂白剤、精練剤、糸潤滑剤)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の概要 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場について調べ、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(シングルクラッチトランスミッション、デュアルクラッチトランスミッション)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はオートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場状況 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場規模 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの市場予測 ・オートバイ用トランスミッションコントロールユニットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(シングル …
  • キャリーハンドルタップの世界市場:タイプ別(アクリル、ゴム、シリコーン、エチレン酢酸ビニル、その他)、技術別(水性、溶剤型、ホットメルト、放射性、UV、電子ビーム硬化性)、エンドユーザー別(パッケージング、電子装置、建設、医療、医療機器、皮膚接触、衛生、その他)、地域別予測
    本資料は、キャリーハンドルタップの世界市場について調べ、キャリーハンドルタップの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アクリル、ゴム、シリコーン、エチレン酢酸ビニル、その他)分析、技術別(水性、溶剤型、ホットメルト、放射性、UV、電子ビーム硬化性)分析、エンドユーザー別(パッケージング、電子装置、建設、医療、医療機器、皮膚接触、衛生、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3M Company、Tesa 、Lintec Corporation、Nitto Denko Corporation、Scapa Group、Avery Dennison、Henkel、Intertape Polymerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・キャリーハンドルタップの世界市場概要 ・キャリーハンドルタップの世界市場環境 ・キャリーハンドルタップの世界市場動向 ・キャリーハンドルタップの世界市場規模 ・キャリーハンドルタップの世界市場規模:タイプ別(アクリ …
  • 風力発電機用コーティングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、風力発電機用コーティングの世界市場について調査・分析し、風力発電機用コーティングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別風力発電機用コーティングシェア、市場規模推移、市場規模予測、風力発電機用コーティング種類別分析()、風力発電機用コーティング用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・風力発電機用コーティングの市場概観 ・風力発電機用コーティングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・風力発電機用コーティングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・風力発電機用コーティングの世界市場規模 ・風力発電機用コーティングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・風力発電機用コーティングのアメリカ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのカナダ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのメキシコ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・風力発電機用コーティングのドイツ市場規模推移 ・風力 …
  • 3Dプリンティングの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場動向、3Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のMEMSインクジェットヘッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のMEMSインクジェットヘッド市場2015について調査・分析し、MEMSインクジェットヘッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTセンサーの世界市場予測(~2023年):圧力、温度、湿度、磁力計、ジャイロスコープ、加速度計、画像、慣性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、IoTセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別(圧力、温度、湿度、磁力計、ジャイロスコープ、加速度計、画像、慣性)分析、ネットワーク技術別(有線、無線)分析、垂直産業別(民生用、商業、工業)分析、IoTセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用キャビンインテリアの世界市場2020-2024:種類別、製品別、地域別
    「民間航空機用キャビンインテリアの世界市場2020-2024」は、民間航空機用キャビンインテリアについて市場概要、市場規模、製品別(座席、洗面所モジュール、窓/キャビンパネル/収納ビン、ギャレー、照明)分析、種類別(狭胴機、広胴機、リージョナル機)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・民間航空機用キャビンインテリアの世界市場:製品別(座席、洗面所モジュール、窓/キャビンパネル/収納ビン、ギャレー、照明) ・民間航空機用キャビンインテリアの世界市場:種類別(狭胴機、広胴機、リージョナル機) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 棚札の世界市場:バーコードタグ、RFIDタグ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、棚札の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、棚札の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は棚札の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、AVERY DENNISON、Alien Technology、Brady、Tyco Sensormatic等です。
  • フィリピンのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 前立腺がん診断の世界市場:タイプ別(予備検査、確認検査)、セグメント予測
    前立腺がん診断の世界市場は2025年には55億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、前立腺がんの罹患率の上昇、絶え間ない診断技術の進歩およびそれに関する意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、前立腺がん診断の世界市場について調査・分析し、前立腺がん診断の世界市場動向、前立腺がん診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別前立腺がん診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 封止材の世界市場予測(~2022年):エポキシ、シリコーン、ウレタン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、封止材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、化学成分別分析、硬化タイプ別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、封止材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IT監視ツールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IT監視ツールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IT監視ツール市場規模、製品別(ITOA、ITIM、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IT監視ツールの世界市場概要 ・IT監視ツールの世界市場環境 ・IT監視ツールの世界市場動向 ・IT監視ツールの世界市場規模 ・IT監視ツールの世界市場:業界構造分析 ・IT監視ツールの世界市場:製品別(ITOA、ITIM、その他) ・IT監視ツールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・IT監視ツールのアメリカ市場規模・予測 ・IT監視ツールのヨーロッパ市場規模・予測 ・IT監視ツールのアジア市場規模・予測 ・IT監視ツールの主要国分析 ・IT監視ツールの世界市場:意思決定フレームワーク ・IT監視ツールの世界市場:成長要因、課題 ・IT監視ツールの世界市場:競争環境 ・IT監視ツールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 医療用放射線検出の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、医療用放射線検出の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用放射線検出の世界市場:イントロダクション ・医療用放射線検出の世界市場:市場概観 ・医療用放射線検出の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・医療用放射線検出の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:種類別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:主要地域別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:関連企業分析
  • 海洋補給船の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海洋補給船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海洋補給船市場規模、製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BOURBON, Edison Chouest Offshore, SEACOR Marine, Swire Pacific, Tidewaterなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海洋補給船の世界市場概要 ・海洋補給船の世界市場環境 ・海洋補給船の世界市場動向 ・海洋補給船の世界市場規模 ・海洋補給船の世界市場:業界構造分析 ・海洋補給船の世界市場:製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他) ・海洋補給船の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海洋補給船の北米市場規模・予測 ・海洋補給船のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・海洋補給船のアジア太平洋市場規模・予測 ・海洋補給船の主要国分析 ・海洋補給船の世界市場:意思決定フレームワーク ・海洋 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"