"フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7356)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The diisononyl phthalate (DINP) market is projected to register a CAGR of 4.0%, in terms of value, between 2019 and 2024.” The DINP market size is estimated at USD 2.7 billion in 2019 and is projected to reach USD 3.2 billion by 2024. The growth of this market is attributed to the increasing investments in building & construction. There is increased demand for flooring & wall covering in the emerging countries of APAC such as China, India, Taiwan, and South Korea. However, stringent safety regulations related to the production of phthalate based plasticizers are restraining the growth of the DINP market. Growing demand for flexible PVC in emerging economies is, however, providing growth opportunities for DINP manufacturers.

“Flooring & wall covering application is estimated to be the largest consumer of DINP.”
The flooring & wall covering segment is the largest application of DINP in 2019. The growing building & construction industry in the emerging countries of APAC, such as China, India, Taiwan, South Korea, Poland, Brazil, and Argentina is driving the demand for DINP in flooring & wall covering application. The other key applications of DINP are films & sheets, coated fabrics, consumer goods, medical devices, paints, adhesives, sealants, and lacquers.

“DINP market is projected to witness the highest growth in film & sheet application during the forecast period.”
PVC-based films & sheets are used in various applications such as automotive, stationery, packaging, waterproofing, tank lining, and consumer goods. In automotive applications, PVC-based sheets are used for door rims, roof lining, sun visors, silencer components, and tool kits. The film & sheet application is growing at a high rate owing to its suitability in a wide range of industries such as automotive, construction, packaging, and consumer goods.

“APAC is projected to be the largest DINP market during the forecast period.”
The APAC DINP market is projected to register the highest CAGR during the forecast period. This growth is mainly driven by high demand in the building & construction industry. Rising population and growing demand for flexible PVC have led to innovation and development of various applications of DINP in the construction industry, making APAC an important industrial hub, globally. High growth and innovation, along with industry consolidations, are expected to lead to the rapid growth of the market in APAC.

This study was validated through primary interviews conducted with various industry experts worldwide. The breakup of primary interviews on the basis of company type, designation, and region is given below:

• By Company Type – Tier 1: 25%, Tier 2: 50%, and Tier 3: 25%
• By Designation – C Level: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
• By Region – Europe: 30%, APAC: 25%, North America: 20%, South America: 15%, and the Middle East & Africa: 10%

The report profiles several leading players of the DINP market such as BASF (Germany), ExxonMobil (US), Evonik Industries (Germany), UPC Group (Taiwan), KLJ Group (India), LG Chem (South Korea), Nan Ya Plastics (Taiwan), Aekyung Petrochemicals (South Korea), and Mitsubishi Chemical Holdings Corporation (Japan). The report also includes detailed information about the various growth strategies adopted by these key players to strengthen their position in the DINP market.

Research Coverage:
The report offers insights into the DINP market in the key regions. It aims at estimating the size of the DINP market during the forecast period and projects future growth of the market across various segments based on polymer type, application, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the DINP market, which includes company profiles, SWOT analysis, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in the DINP market by providing them with the closest approximations of revenues for the overall market and its various sub-segments. This report will help stakeholders obtain a better understanding of the competitive landscape and gain insights to enhance their businesses and devise suitable market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and help acquire information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities affecting the growth of the DINP market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Dinp Market Segmentation
1.3.2 Years Considered For the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Dinp Market Analysis Through Primary Interviews
2.4 Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Dinp Market
4.2 Dinp Market, By Polymer Type
4.3 Dinp Market, By Application
4.4 Dinp Market, By Major Countries
4.5 APAC Dinp Market, By Application and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand For Flexible PVC in Various Industries
5.2.1.2 Booming Building & Construction Industry in Emerging Economies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations For the Use of Phthalate Plasticizers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Dinp Replacing Dehp
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Shift From Phthalate Plasticizers to Non-Phthalate Plasticizers
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Dinp Market, Raw Material Analysis
5.4.1 Phthalic Anhydride
5.4.2 Isononyl Alcohol
5.5 Dinp Market, Patent Analysis
6 Dinp Market, By Polymer Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Polyvinyl Chloride
6.2.1 The Growing Building & Construction Industry is Expected to Boost the Market in the PVC Segment
6.3 Acrylics
6.3.1 The Cost-Effectiveness and Reusability of Acrylics is Expected to Drive the Market
6.4 Polyurethanes
6.4.1 Flexible Polyurethanes are Used in A Wide Range of IndustrialAnd Consumer Products
6.5 Others
7 Dinp Market, By Application (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Flooring & Wall Covering
7.2.1 Higher Durability, Energy Efficiency, Weather Resistance, and Stain Resistance Properties Offered By Dinp in PVC Polymer
7.3 Wire & Cable
7.3.1 Properties of PVC, Such as Weather Resistance, High thermal Insulation, Long-Lasting Wear, and Durability, Makes It Suitable For Use in Wire & Cable Application
7.4 Film & Sheet
7.4.1 High Abrasion Resistance and Colorfastness are Among the Major Properties Provided By Dinp in PVC-Based Films and Sheets
7.5 Coated Fabric
7.5.1 Increased Durability and Low Material Cost are the Prime Advantages of PVC-Coated Fabrics
7.6 Consumer Goods
7.6.1 Non-Toxic Nature of Dinp is Increasing Its Use in PVC For Consumer Goods
7.7 Others
8 Dinp Market, By Region (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 Growing Export of Construction Products and Services are Likely to Have A Positive Impact on the Dinp Market
8.2.2 India
8.2.2.1 Growing Urban Construction Projects Will Propel the Dinp Market
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Dinp Demand is Majorly Driven By Increasing Commercial Infrastructure Sector in Japan
8.2.4 South Korea
8.2.4.1 Flooring & Wall Covering Application is Expected to Be the Largest Consumer of Dinp in South Korea
8.2.5 Taiwan
8.2.5.1 High Investments in Residential Developments are Likely to Fuel the Demand For Dinp
8.2.6 Rest of APAC
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 Growing Construction Industry in Suburban Cities is Likely to Boost the Dinp Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Canada’s Dinp Market is Majorly Driven By the Emerging Demand For Green Buildings
8.3.3 Mexico
8.3.3.1 Growth in Commercial Construction is Influencing the Market in Mexico
8.4 Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Growing Construction Industry and the Presence of Highly Integrated Chemical Parks are Boosting the Demand For Dinp
8.4.2 France
8.4.2.1 Growing Automotive, Construction, and Chemical Industries are Driving the Dinp Market
8.4.3 Italy
8.4.3.1 The Presence of Vast Raw Material Manufacturers in the Country is Driving the Market
8.4.4 Russia
8.4.4.1 The Growing Chemical Industry in the Country is Expected to Drive the Market
8.4.5 Poland
8.4.5.1 Availability of Qualified Workforce and Low Wages are Driving the Growth of the Market
8.4.6 Rest of Europe
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Growth in Non-Oil Sectors and Increasing Investments in the Construction Industry are Expected to Spur the Market Growth
8.5.2 Turkey
8.5.2.1 The Growing Economy and Huge Investments in the Construction Sector Will Boost the Demand For Dinp
8.5.3 North Africa
8.5.3.1 Rapid Developments in the Economy With Growing Construction and Electronics Industries are Driving the Demand For Dinp
8.5.4 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Huge Investments in the Construction Industry are Projected to Fuel the Market For Dinp in Brazil
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Overall Economic Development and Growing Automotive Industry are Driving the Market
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 91)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Ranking of Key Market Players
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 Expansion
9.6.2 Investment
10 Company Profiles (Page No. – 99)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Exxonmobil
10.2 BASF SE
10.3 Evonik Industries
10.4 UPC Group
10.5 KLJ Group
10.6 LG Chem
10.7 Nan Ya Plastics
10.8 Aekyung Petrochemical
10.9 Shandong Qilu Plasticizers
10.10 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
10.11 Other Players
10.11.1 Polynt Group
10.11.2 Oci Company
10.11.3 Hallstar
10.11.4 Helm AG
10.11.5 ABC Chemicals
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 119)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7356
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 装飾塗料の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、装飾塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、製品種類別分析、技術別分析、用途別分析、装飾塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱毛症治療薬の世界市場2016-2020:脱毛症局所治療薬、脱毛症内服治療薬、脱毛症治療注射剤
    当調査レポートでは、脱毛症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱毛症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トキソプラズマ症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • M2Mヘルスケアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、M2Mヘルスケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、M2Mヘルスケアの世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオインフォマティクス(生命情報学)の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、バイオインフォマティクス(生命情報学)の世界市場について調査・分析し、バイオインフォマティクス(生命情報学)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • パイプライン監視システムの世界市場予測(~2026年):超音波、PIG、スマートボール、漏洩磁束法
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パイプライン監視システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、パイプライン監視システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型光ファイバーセンシングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、分散型光ファイバーセンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散型光ファイバーセンシングの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場:種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)、地域別予測
    本資料は、G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場について調べ、G-CSF製剤バイオシミラーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)分析、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer 、Novartis、Roche、Merck & Co.、Sanofi、Johnson & Johnson、Gilead Science、GlaxoSmithKline、AbbVie、Amgen、AstraZeneca 、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場概要 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場環境 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場動向 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場規模 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場 …
  • 応募者追跡システムの米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、応募者追跡システムの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、応募者追跡システムの米国市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社は応募者追跡システムの米国市場が2017-2021年期間中に年平均8.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ApplicantStack• Greenhouse Software• Hyrell• iCIMS• Workable等です。
  • 世界のOTN装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のOTN装置市場2015について調査・分析し、OTN装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎透析装置の世界市場:腹膜透析、血液透析機械、透析用付属品、持続的腎代替療法装置
    当調査レポートでは、腎透析装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・腎透析装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腎透析装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腎透析装置のアメリカ市場規模予測 ・腎透析装置のヨーロッパ市場規模予測 ・腎透析装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場:タイプ別(腫瘍溶解性野生型ウイルス、遺伝子改変された腫瘍溶解性ウイルス)、用途別(乳がん、肺がん、前立腺がん、メラノーマ、脳腫瘍、血液がん)、地域別予測
    本資料は、腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場について調べ、腫瘍溶解性ウイルス療法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(腫瘍溶解性野生型ウイルス、遺伝子改変された腫瘍溶解性ウイルス)分析、用途別(乳がん、肺がん、前立腺がん、メラノーマ、脳腫瘍、血液がん)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBiovex、Cell Genesys、Crusade Laboratories、Genelux Corporation、Lokon Pharma、Merck、MultiVirなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場概要 ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場環境 ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場動向 ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場規模 ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場規模:タイプ別(腫瘍溶解性野生型ウイルス、遺伝子改変された腫瘍溶解性ウイルス) ・腫瘍溶解性ウイルス療法の世界市場規模:用途別(乳がん、肺がん、前立腺がん、メラ …
  • 世界のベースオイル市場:グループ別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、油圧オイル、グリース、金属加工液)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のベースオイル市場:種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV) ・世界のベースオイル市場:用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オイル、グリース、その他) ・世界のベースオイル市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 防水用化学品の世界市場:ビチューメン、エラストマー、PVC、TPO、EPDM
    当調査レポートでは、防水用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、成分別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管造影検査装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管造影検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、処置別分析、用途(診断、治療)別分析、血管造影検査装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業アプリケーション統合の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業アプリケーション統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業アプリケーション統合の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における核磁気共鳴(NMR)分光計市場2018-2023
    本調査レポートでは、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場について調査・分析し、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(100MHz以下、300~400MHz、500MHz、600MHz、700~750MHz、800~850MHz、900MHz以上)、用途別市場規模(学術、製薬・生体工学、化学、農業・食品、石油・ガス、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の世界市場概要 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の企業別市場シェア ・核磁気共鳴(NMR)分光計の地域別市場規模 ・核磁気共鳴(NMR)分光計の種類別市場規模(100MHz以下、300~400MHz、500MHz、600MHz、700~750MHz、800 …
  • 工業用ゴムの世界市場:タイプ別(天然&合成)、最終用途産業別(自動車、建設、製造、電気&電子機器、その他)
    本調査レポートでは、工業用ゴムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(天然&合成)分析、最終用途産業別(自動車、建設、製造、電気&電子機器、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・工業用ゴムの世界市場:タイプ別(天然&合成) ・工業用ゴムの世界市場:最終用途産業別(自動車、建設、製造、電気&電子機器、その他) ・工業用ゴムの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 産業用電子レンジ機器の世界市場2014-2025:機器別(マグネトロン、RF半導体増幅器)、エンドユーズ別(食料、紙、木材・派生品、プラスチック、化学品)
    本調査レポートでは、産業用電子レンジ機器の世界市場について調査・分析し、産業用電子レンジ機器の世界市場動向、産業用電子レンジ機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用電子レンジ機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防衛用衛星ベースナビゲーションシステムの世界市場2017-2021:地上車両用、艦艇用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、防衛用衛星ベースナビゲーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防衛用衛星ベースナビゲーションシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は防衛用衛星ベースナビゲーションシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHoneywell International、Raytheon、Rockwell Collins、Safran、Thales Group等です。
  • プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場
    当調査レポートでは、プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場について調査・分析し、プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:市場動向分析 - プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:競争要因分析 - プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:用途別 ・乳児用調製粉乳 ・補助食品 ・特殊な栄養素 ・栄養補助食品 - プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:エンドユーザー別 ・人間向けプロバイオティクス ・動物向けプロバイオティクス - プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:主要地域別分析 - プロバイオティクス栄養補助製品の北米市場規模(アメリカ市場等) - プロバイオティクス栄養補助製品のヨーロッパ市場規模 - プロバイオティクス栄養補助製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・プロバイオティクス栄養補助製品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 日本の輸液装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、日本の輸液装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本の輸液装置市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の石油添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油添加剤市場2015について調査・分析し、石油添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料用安定剤の世界市場予測(~2023年):キサンタンガム、カラギーナン、アラビアガム、CMC
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飲料用安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(キサンタンガム、カラギーナン、アラビアガム、CMC)分析、機能(安定化、組織化、粘性化)分析、用途(フルーツ飲料、乳製品、ソフトドリンク)分析、飲料用安定剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン成人用おもちゃの世界市場2020-2024
    「オンライン成人用おもちゃの世界市場2020-2024」は、オンライン成人用おもちゃについて市場概要、市場規模、製品別(成人用バイブレーター、勃起リング、ディルド、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン成人用おもちゃの世界市場:製品別(成人用バイブレーター、勃起リング、ディルド、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場規模及び予測、産業別分析、廃棄物別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場予測2019-2024
    「2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、HPA≥95.0%、HPA≥97.0%、HPA≥98.0%、その他など、用途別には、Coatings & Paints、Adhesives、Resins & Rubbers、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場概要(サマリー) ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の企業別販売量・売上 ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の企業別市場シェア ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場規模:種類別(HPA≥95.0%、HPA≥97.0%、HPA≥98.0%、その他) ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場規模:用途別(C …
  • スマート製造の世界市場予測(~2023年):状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート製造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、実現技術別(状態監視、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング)分析、情報技術別(WMS、MES、PAM、HMI)分析、産業別分析、スマート製造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場規模が2017年8028億ドルから2026年1兆5009億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器市場規模、デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器)分析、用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器) ・ インテリ …
  • 断熱加湿器の世界市場予測2019-2024
    「断熱加湿器の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、超音波式、高圧噴霧式、空気/水噴霧式、湿潤メディア蒸発式など、用途別には、Industrial and Commerical、Residential and Domestic、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。断熱加湿器のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・断熱加湿器の世界市場概要(サマリー) ・断熱加湿器の企業別販売量・売上 ・断熱加湿器の企業別市場シェア ・断熱加湿器の世界市場規模:種類別(超音波式、高圧噴霧式、空気/水噴霧式、湿潤メディア蒸発式) ・断熱加湿器の世界市場規模:用途別(Industrial and Commerical、Residential and Domestic、Others) ・断熱加湿器の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・断熱加湿器のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・断熱加 …
  • 航空機健全性モニタリングシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用給湯器の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、業務用給湯器の世界市場について調べ、業務用給湯器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、業務用給湯器の市場規模をセグメンテーション別(種類別(電気式給湯器、ガス式給湯器、太陽熱式給湯器)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は業務用給湯器の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・業務用給湯器の市場状況 ・業務用給湯器の市場規模 ・業務用給湯器の市場予測 ・業務用給湯器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(電気式給湯器、ガス式給湯器、太陽熱式給湯器) ・業務用給湯器の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • UV(紫外線)安定剤の世界市場:HALS(光安定剤)、UVA(紫外線吸収剤)、消光剤
    当調査レポートでは、UV(紫外線)安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 規制環境および影響分析: 無菌包装市場
  • 勃起不全(ED)治療の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、勃起不全(ED)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、勃起不全(ED)治療の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フラボノイドの世界市場分析:製品別(アントシアニン、フラボン、アンホキサンチン)、用途別(機能性飲料、機能性食品、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、フラボノイドの世界市場について調査・分析し、フラボノイドの世界市場動向、フラボノイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別フラボノイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データセンター・コロケーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター・コロケーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 データセンターコロケーションは、データセンターの提供するサービスの一種であり、サービスプロバイダーが外部の組織にデータセンターのスペースを提供することです。データセンターのスペースには、ラック、プライベートスイート、その他本格的な設備が備えられています。Technavio社はデータセンター・コロケーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• China Telecom• Equinix• Digital Realty Trust• NTT Communications• CenturyLink等です。
  • セラミックタイルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(床、壁、天井)別分析、建築タイプ別分析、需要先別分析、地域別分析、セラミックタイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLiDAR市場規模・予測2017-2025構成要素別(レーザースキャナー、ナビゲーション・ポジショニングシステム)、商品別(空中LiDAR、地上LiDAR、UAVLiDAR、ソリッドステートLiDAR)、用途別(回廊マッピング、エンジニア、環境、気象観測、ADAS・無人自動車)、サービス別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のLiDAR市場について調査・分析し、世界のLiDAR市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のLiDAR関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリイミドフィルム(PIフィルム)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ポリイミドフィルム(PIフィルム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ポリイミドフィルム(PIフィルム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 机上用IP電話の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、机上用IP電話の世界市場について調査・分析し、机上用IP電話の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別机上用IP電話シェア、市場規模推移、市場規模予測、机上用IP電話種類別分析(ビデオIP電話、共用)、机上用IP電話用途別分析(ビデオIP電話、共用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・机上用IP電話の市場概観 ・机上用IP電話のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・机上用IP電話のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・机上用IP電話の世界市場規模 ・机上用IP電話の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・机上用IP電話のアメリカ市場規模推移 ・机上用IP電話のカナダ市場規模推移 ・机上用IP電話のメキシコ市場規模推移 ・机上用IP電話のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・机上用IP電話のドイツ市場規模推移 ・机上用IP電話のイギリス市場規模推移 ・机上用IP電話のロシア市場規模推移 ・机上用IP電話のアジア市場分析(日本 …
  • 敗血症診断の世界市場:技術別、製品別、方法別、検査タイプ別、需要先別、地域別予測
    本資料は、敗血症診断の世界市場について調べ、敗血症診断の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別分析、方法別分析、検査タイプ別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・敗血症診断の世界市場概要 ・敗血症診断の世界市場環境 ・敗血症診断の世界市場動向 ・敗血症診断の世界市場規模 ・敗血症診断の世界市場規模:技術別 ・敗血症診断の世界市場規模:製品別 ・敗血症診断の世界市場規模:方法別 ・敗血症診断の世界市場規模:検査タイプ別 ・敗血症診断の世界市場規模:需要先別 ・敗血症診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症診断の北米市場規模・予測 ・敗血症診断のアメリカ市場規模・予測 ・敗血症診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・敗血症診断のアジア市場規模・予測 ・敗血症診断の日本市場規模・予測 ・敗血症診断の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 膜厚測定システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膜厚測定システムの世界市場について調査・分析し、膜厚測定システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膜厚測定システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、膜厚測定システム種類別分析(膜厚モニタ、スペクトルエリプソメーター)、膜厚測定システム用途別分析(半導体、ディスプレイ、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膜厚測定システムの市場概観 ・膜厚測定システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膜厚測定システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膜厚測定システムの世界市場規模 ・膜厚測定システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膜厚測定システムのアメリカ市場規模推移 ・膜厚測定システムのカナダ市場規模推移 ・膜厚測定システムのメキシコ市場規模推移 ・膜厚測定システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膜厚測定システムのドイツ市場規模推移 ・膜厚測定システムのイギリス市場規模推移 ・膜厚測定シ …
  • FCC触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、FCC触媒の世界市場について調査・分析し、FCC触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別FCC触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、FCC触媒種類別分析(ガソリンの硫黄低減、最大軽質オレフィン、最大中間油留分、最大ボトム転化、その他)、FCC触媒用途別分析(減圧軽油、残留物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・FCC触媒の市場概観 ・FCC触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・FCC触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・FCC触媒の世界市場規模 ・FCC触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・FCC触媒のアメリカ市場規模推移 ・FCC触媒のカナダ市場規模推移 ・FCC触媒のメキシコ市場規模推移 ・FCC触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・FCC触媒のドイツ市場規模推移 ・FCC触媒のイギリス市場規模推移 ・FCC触媒のロシア市場規模推移 ・FCC触媒のアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • もみ殻灰の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、もみ殻灰の世界市場について調査・分析し、もみ殻灰の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別もみ殻灰シェア、市場規模推移、市場規模予測、もみ殻灰種類別分析()、もみ殻灰用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・もみ殻灰の市場概観 ・もみ殻灰のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・もみ殻灰のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・もみ殻灰の世界市場規模 ・もみ殻灰の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・もみ殻灰のアメリカ市場規模推移 ・もみ殻灰のカナダ市場規模推移 ・もみ殻灰のメキシコ市場規模推移 ・もみ殻灰のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・もみ殻灰のドイツ市場規模推移 ・もみ殻灰のイギリス市場規模推移 ・もみ殻灰のロシア市場規模推移 ・もみ殻灰のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・もみ殻灰の日本市場規模推移 ・もみ殻灰の中国市場規模推移 ・もみ殻灰の韓国市場規模推移 ・もみ殻灰のインド市 …
  • 自動車用トランシーバーの世界市場:プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他)、用途別(安全、車体制御モジュール、シャーシ、パワートレイン、ステアリングホイール、エンジン/気候、ドア/シート、ホイールノード、X-by-wireマスター、その他)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)
    本資料は、自動車用トランシーバーの世界市場について調べ、自動車用トランシーバーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用トランシーバーの世界市場概要 ・自動車用トランシーバーの世界市場環境 ・自動車用トランシーバーの世界市場動向 ・自動車用トランシーバーの世界市場規模 ・自動車用トランシーバーの世界市場:市場シェア ・自動車用トランシーバーの世界市場:プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他) ・自動車用トランシーバーの世界市場:用途別(安全、車体制御モジュール、シャーシ、パワートレイン、ステアリングホイール、エンジン/気候、ドア/シート、ホイールノード、X-by-wireマスター、その他) ・自動車用トランシーバーの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商 …
  • 動力式芝刈り機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、動力式芝刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力式芝刈り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場
    当調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:構成品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)のアメリカ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のヨーロッパ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"