"AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7355)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for building trust in AI systems and increasing demand for transparency in AI decisions are expected to drive the growth of the AI governance marketThe global AI governance market size is expected to grow from USD 51 million in 2019 to USD 316 million by 2025, at a CAGR of 44.3% during the forecast period. The growth of the market can be attributed to increasing government initiatives to leverage the benefits of Artificial Intelligence (AI) technology. However, understanding of data and AI skills hinder the growth of the market.

The automotive vertical is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Autonomous transportation is one of the areas in the automotive industry where the AI governance solutions are expected to be playing a major role because if the autonomous vehicle makes a mistake in decision making it can directly lead to the loss of life. Therefore, as self-driving cars can have major role in making life and death-related decisions, they are expected to become major adopter of AI governance solution.

The consulting services segment is expected to account for a higher market share during the forecast period as compared to the managed services segment
Organizations require consulting services for an enhanced strategic outlook, improved performance efficiencies, and transformation of business operations. With the help of consulting services, marketers can offer tailored content to their customers and deliver the maximum benefits.

Europe expected to grow at the highest growth rate during the forecast period
The AI governance market in Europe is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The region is expected to hold the second-largest market size in the global AI governance market. Various verticals across the region are focusing on incorporating AI governance model, to monitor the AI algorithm on a real-time basis, and to avoid complications and ethical challenges of post-development of the AI system. The European countries and regulatory authorities are at the forefront in the conducting research on ethical AI and governance of AI technology.
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-level – 46%, Director-level – 42%, and Others – 12%
• By Region: North America – 35%, APAC – 20%, Europe – 40%, RoW –5%
Major vendors offering AI governance solutions and services across the globe include-
IBM (US), Google (US), Facebook (US), AWS (US), Microsoft (US), Salesforce (US), SAP (Germany), SAS Institute (US), FICO (US), 2021.AI (Denmark), ZestFinance (US), integrate.ai(US), H2O.ai(US), Pymetrics (US).

Research coverage
The market study covers the AI governance market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as component (solutions and services), vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall AI governance market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Market
4.2 AI Governance Market: Top 4 Verticals
4.3 AI Governance Market: Top 3 Verticals and Regions
4.4 AI Governance Market, By Vertical
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Government Initiatives to Leverage the AI Technology
5.2.1.2 Increasing Need for Building Trust in AI Systems and Growing Demand for Transparency in AI Decisions
5.2.1.3 Growing Regulatory Compliances Around the Technology
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Establishing Comprehensive Ethical Principles for AI
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Reduction in Gender Bias and Discrimination Through the Use of AI
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Inadequate AI Expertise and Skills
5.2.4.2 Clean and Relevant Data Required to Train Ml Algorithms
5.3 Common AI Governance Principles
5.4 Use Cases
5.4.1 Scenario 1
5.4.2 Scenario 2
5.4.3 Scenario 3
5.5 Regulatory Implications
5.5.1 General Data Protection Regulation
5.5.2 Governance, Risk, and Compliance Standards
5.5.3 Health Information Technology for Economic and Clinical Health
5.5.4 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.5.5 Federal Trade Commission
5.5.6 Securities Financing Transactions Regulation
6 AI Governance Market, By Component (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Platforms
6.2.1.1 Increasing Need for A Comprehensive Solution to Build AI Governance Solutions to Drive the Growth of the Platforms Segment
6.2.2 Software Tools
6.2.2.1 Software Tools to Provide an Effective Way for Helping Enterprises Add AI Governance Capabilities Into the Existing Architecture
6.3 Services
6.3.1 Consulting
6.3.1.1 Need for an Enhanced Strategic Outlook, Improved Performance Efficiencies, and Business Transformation to Drive the Growth of Consulting Services
6.3.2 Integration
6.3.2.1 Need for Feasible Integration Services to Drive the Growth of Integration Services
6.3.3 Support and Maintenance
6.3.3.1 Complexity of Operations and the Need for Regular Assistance During the Software Life Cycle to Foster the Growth of Support and Maintenance Services
7 AI Governance Market, By Vertical (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Banking, Financial Services, and Insurance
7.2.1 Cost Associated With Compliance Requirements to Boost the Adoption of AI Governance in the BFSI Vertical
7.3 Government and Defense
7.3.1 AI Governance Solution to Become Critical in Government and Defense Areas Such as Autonomous Weapons and Crime Fighting Models
7.4 Healthcare and Life Sciences
7.4.1 Healthcare and Life Sciences Organizations to Adopt AI Governance Solutions to Manage Medical Treatments and Diagnosis Effectively
7.5 Media and Entertainment
7.5.1 Growing Data Privacy Concerns to Create Demand for AI Governance Solutions in the Media and Entertainment Vertical
7.6 Retail
7.6.1 Product Recommendation and Planning to Become Crucial in the Retail Vertical to Adopt AI Governance Solutions
7.7 Telecom
7.7.1 Telecom Vertical to Adopt AI Governance Solutions for the Effective Management of Assets
7.8 Automotive
7.8.1 AI Governance Solutions to Become Crucial in Self-Driving Cars
7.9 Others
8 AI Governance Market, By Region (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 Government Initiatives to Establish Guidelines for Ethical AI to Boost the Adoption of AI Governance Solutions in the Us
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Increasing Adoption of AI Technology Among the Banking and Retail Industry to Drive the Adoption of AI Governance in Canada
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.1.1 Increasing Adherence to Compliance Policies Regarding AI Technology to Boost the Adoption of AI Governance Solutions in the UK
8.3.2 Germany
8.3.2.1 Manufacturing and Automotive Industry to Adopt AI Solutions in Germany
8.3.3 France
8.3.3.1 France’s Governmental Initiatives to Become an AI Hub to Drive the Adoption of AI Governance
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Heavy Investments in Advanced Technologies to Boost the Adoption of AI Governance Solutions in China
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Increasing Digitalization Initiatives to Provide Opportunities to Deploy AI Governance Solutions in Japan
8.4.3 India
8.4.3.1 Initiatives on Advanced Technologies Would Enhance the Adoption of AI Governance Solutions in India
8.4.4 Singapore
8.4.4.1 Government Initiatives to Enhance the Adoption of AI Governance in Singapore
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Middle East and Africa
8.5.1.1 Increasing Investments in Advanced Technologies to Drive the Growth of AI Governance in Mea
8.5.2 Latin America
8.5.2.1 Growing Technological Advancements to Drive the Growth of AI Governance in Latin America
9 Company Profiles (Page No. – 74)
9.1 Introduction
(Business Overview, Platforms & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
9.2 IBM
9.3 Google
9.4 Microsoft
9.5 Facebook
9.6 SAP
9.7 Salesforce.Com
9.8 Fico
9.9 AWS
9.10 ZestFinance
9.11 2021.AI
9.12 Pymetrics
9.13 SAS Institute
9.14 H2O.AI
9.15 Integrate.AI
*Details on Business Overview, Platforms & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10 Appendix (Page No. – 99)
10.1 Industry Excerpts
10.2 Discussion Guide
10.3 Knowledge Store: MarketsandMarkets’ Subscription Portal
10.4 Available Customizations
10.5 Related Reports
10.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7355
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポリウレタン分散の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ポリウレタン分散の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(低溶剤、無溶剤)分析、用途別(塗料及びコーティング剤、接着剤及びシーラント剤、革仕上げ、繊維仕上げ)分析、ポリウレタン分散の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ポリウレタン分散の世界市場規模が2019年24億ドルから2024年34億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 帯電防止剤の世界市場予測(~2021年):エトキシル化脂肪酸アミン、グリセロールモノステアレート、ジエタノールアミン
    当調査レポートでは、帯電防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、需要先別分析、ポリマー種類別分析、地域別分析、帯電防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スリランカの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • グループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの概要 ・グループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グループ代謝型グルタミン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場見通し2016-2022:脅威管理、コンプライアンス管理、脆弱性管理、インシデント管理、エンドポイントセキュリティ
    当調査レポートでは、マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場について調査・分析し、マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:市場動向分析 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:競争要因分析 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:導入モード別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の北米市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)の欧州市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS)のアジア市場規模 ・マネージドセキュリティサービス(MSS) …
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬の状況 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の市場規模(販売予測) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬剤
  • プラスチック製パレットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラスチック製パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製パレットの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 圧縮機レンタルの世界市場予測(~2026):圧縮機種類別(往復動、回転スクリュー)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、圧縮機レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、圧縮機種類別分析、需要先別分析、地域別分析、圧縮機レンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均42.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aboard Software、Ailyti、Analytical Flavor Systems、Deepnify、ImpactVision等です。
  • バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場予測(~2023年)
    バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場は、2018年の24億米ドルから2023年には50億米ドルに達し、この期間中15.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。VPSを使用することで、共有サーバーと比較してサーバーの制御を強化できます。VPSは、あらゆる仮想化を展開する上で重要な役割を果たします。一方で、共有ホスティング、専用ホスティング、クラウドサーバーといったVPSのさまざまな代替の存在により、VPSの採用が進まない可能性があります。当調査レポートでは、バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、オペレーティングシステム別(Windows、Linux)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、産業別(BFSI、政府・防衛、IT・テレコム、小売、医療)分析、バーチャルプライベートサーバ-(VPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーGIS、開発者GIS、モバイルGIS、その他)、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)
    本資料は、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場について調べ、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場概要 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場環境 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場動向 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場規模 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーG …
  • 車車間・路車間通信(V2X)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、車車間・路車間通信(V2X)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. V2X通信市場の概要 3. V2X通信の世界市場予測 2016-2026 4. V2Xの地域別市場予測 2016-2026 5. V2X市場のSWOT分析 2016-2026 6. 専門家の意見 7. V2VおよびV2I市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • マイクロ灌漑システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロ灌漑システム市場規模、製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム)分析、用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マイクロ灌漑システムの世界市場概要 ・マイクロ灌漑システムの世界市場環境 ・マイクロ灌漑システムの世界市場動向 ・マイクロ灌漑システムの世界市場規模 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:業界構造分析 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロ灌漑システムの北米市場規模・予測 ・マイクロ灌漑システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マイクロ灌漑 …
  • 産業用絶縁材の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、産業用絶縁材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、フォーム別(パイプ、ブランケット、ボード)分析、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、発泡プラスチック)分析、エンドユーズ産業別(電力、化学・石油化学、石油・ガス、セメント、食品・飲料)分析、産業用絶縁材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、産業用絶縁材の世界市場規模が2019年26億ドルから2024年Ⅲ3億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • 南アフリカの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 水泳及びマルチスポーツ用時計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水泳及びマルチスポーツ用時計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳及びマルチスポーツ用時計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は水泳及びマルチスポーツ用時計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Garmin, • SUUNTO, • Swimovate• CASIO COMPUTER• Timex Group等です。
  • コスメシューティカルの世界市場
    当調査レポートでは、コスメシューティカルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・コスメシューティカルの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・コスメシューティカルの世界市場:化学成分別分析/市場規模 ・コスメシューティカルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・コスメシューティカルのアメリカ市場規模予測 ・コスメシューティカルのヨーロッパ市場規模予測 ・コスメシューティカルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析、自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ドアラッチの世界市場予測(~2021年):サイドドア用ラッチ、フード用ラッチ、テールゲート用ラッチ、後部座席用ラッチ
    当調査レポートでは、自動車ドアラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、車両別分析、地域別分析、自動車ドアラッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス繊維織物の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ガラス繊維織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、織物種類別分析、用途別分析、地域別分析、ガラス繊維織物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギャレー用機器の世界市場:単通路型ギャレー、双通路型ギャレー、ビジネス航空用ギャレー
    当調査レポートでは、ギャレー用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、フィット別分析、ギャレー種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フォレンジック(法科学)技術の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フォレンジック(法科学)技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、フォレンジック(法科学)技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフォレンジック(法科学)技術の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、LGC、Promega、Thermo Fisher Scientific、QIAGEN等です。
  • スロークッカーの世界市場
    当調査レポートでは、スロークッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スロークッカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • デジタルツインの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調べ、デジタルツインの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルツインの市場規模をセグメンテーション別(展開別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別(製造業、エネルギー及びユーティリティ、航空宇宙及び防衛、自動車、健康管理、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルツインの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均38%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルツインの市場状況 ・デジタルツインの市場規模 ・デジタルツインの市場予測 ・デジタルツインの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(オンプレミス、クラウド) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製造業、エネルギー及びユーティリティ、航空宇宙及び防衛、自動車、健康管理、その他のエンドユーザー) ・デジタル …
  • 世界のドロマイト市場2015
    本調査レポートでは、世界のドロマイト市場2015について調査・分析し、ドロマイトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子ドットの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、量子ドットの世界市場について調査・分析し、量子ドットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・量子ドットの世界市場規模:製品種類別分析 ・量子ドットの世界市場規模:用途別分析 ・量子ドットの世界市場規模:技術別分析 ・量子ドットの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・量子ドットの世界市場規模:材料別分析 ・量子ドットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 業務用冷蔵設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用冷蔵設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用冷蔵設備市場規模、製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用冷蔵設備の世界市場概要 ・業務用冷蔵設備の世界市場環境 ・業務用冷蔵設備の世界市場動向 ・業務用冷蔵設備の世界市場規模 ・業務用冷蔵設備の世界市場:業界構造分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他) ・業務用冷蔵設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用冷蔵設備のアメリカ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のアジア市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備の主要国分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用冷蔵設備の世界市場:成長要因、課題 ・業務用冷蔵設備の世界市場:競争環境 ・業務用冷蔵設備の …
  • 世界の流動パラフィン市場2015
    本調査レポートでは、世界の流動パラフィン市場2015について調査・分析し、流動パラフィンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・商用車の世界市場:市場動向分析 ・商用車の世界市場:競争要因分析 ・商用車の世界市場:タイプ別分析/市場規模 ・商用車の世界市場:用途別分析/市場規模 ・商用車の世界市場:地域別分析/市場規模 ・商用車の北米市場規模・分析 ・商用車の欧州市場・分析 ・商用車のアジア市場・分析 ・商用車の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 食品滅菌装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品滅菌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(熱、蒸気、放射線、化学、ろ過)分析、プロセス(バッチ、連続)分析、用途(スパイス・調味料・ハーブ、乳製品)分析、食品滅菌装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 物理的セキュリティの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)、ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視)、サービス別(リモート監視、システム統合)、最終用途産業別、地域別予測
    本資料は、物理的セキュリティの世界市場について調べ、物理的セキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視)分析、サービス別(リモート監視、システム統合)分析、最終用途産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・物理的セキュリティの世界市場概要 ・物理的セキュリティの世界市場環境 ・物理的セキュリティの世界市場動向 ・物理的セキュリティの世界市場規模 ・物理的セキュリティの世界市場規模:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・物理的セキュリティの世界市場規模:ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視) ・物理的セキュリティの世界市場規模:サービス別(リモート監視、システム統合) ・物理的セキュリティの世界市場規模:最終用途産業別 ・物理的セキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・物理的セキュリティの北 …
  • オピオイド誘発性便秘症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、オピオイド誘発性便秘症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・オピオイド誘発性便秘症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・オピオイド誘発性便秘症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 移植診断の世界市場予測(~2021):技術別(PCR、SSO-PCR、SSP-PCR、NGS、サンガーシーケンシング、マイクロアレイ)、製品&サービス別、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品&サービス別分析、用途別分析、需要先別分析、移植診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫黄肥料市場規模・予測2017-2025:種類別(硫酸・元素硫黄・微量元素の硫酸)、農作物別(従来の農業、環境コントロール型農業)、形態別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の硫黄肥料市場について調査・分析し、世界の硫黄肥料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の硫黄肥料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • フィンランドの脊椎手術装置市場見通し
  • 食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場:マシンビジョンシステム、X線検査システム、金属検出システム、検量システム
    当調査レポートでは、食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品安全・検査における産業オートメーション市場規模、製品別(マシンビジョンシステム、X線検査システム、金属検出システム、検量システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advantech, Datalogic, Inspection Systems, METTLER TOLEDO, Teledyne Technologies, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場概要 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場環境 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場動向 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場規模 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場:業界構造分析 ・食品安全・検査におけ …
  • 講義収録ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、講義収録ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、講義収録ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーフィングの北米市場
  • 日本の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • ホブ盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホブ盤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波金属溶接機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波金属溶接機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波金属溶接機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線医学情報システムの世界市場:製品別(統合型、単体型)、展開方法別(クラウドベース、ウェブベース、オンプレミス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、放射線医学情報システムの世界市場について調査・分析し、放射線医学情報システムの世界市場動向、放射線医学情報システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別放射線医学情報システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ボールベアリング(玉軸受)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体用誘電エッチング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体用誘電エッチング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用誘電エッチング装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星トランスポンダの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、衛星トランスポンダの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・衛星トランスポンダの世界市場規模:サービス別分析 ・衛星トランスポンダの世界市場規模:帯域幅別分析 ・衛星トランスポンダの世界市場規模:用途別分析 ・衛星トランスポンダの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ラベリング機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラベリング機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラベリング機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ECG装置の世界市場
    本調査レポートでは、ECG装置の世界市場について調査・分析し、ECG装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のバッティングヘルメット市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"