"ペクチンの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7357)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ペクチンの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The pectin market is projected to grow at a CAGR of 6.5% from 2019 to 2025.The global pectin market is estimated to be valued at USD 1.0 billion in 2019 and is projected to reach USD 1.5 billion by 2025, recording a CAGR of 6.5%. Factors such as an increase in the consumption of convenience foods, rise in health consciousness among consumers, and multi-functionality of pectins, leading to its widening scope in applications and an increase in the demand for natural pectin is driving the growth of the global pectin industry.

The food & beverages segment projected to be the largest segment in the pectin market during the forecast period.
Pectin increasingly finds use in the food & beverages, pharmaceutical & personal care products, and industrial applications. Pectins are used in various food & beverage applications such as jams, jellies, and spreads; bakery & confectionery; beverages; dairy products; and other applications such as meat & poultry products, sauces & dressing, baby food, and prepared foods. They are used in various dairy products, such as ice cream and milk, where they act as stabilizing, thickening, and gelling agents. Pectins also improve the cooking yield and texture in meat & poultry products. They affect the viscosity of water-based food products and beverages, acting as binding agents. Pectin is used to improve the quality, texture, and stability of baked foods; whereas, in sauces & dressings, it acts as a water binder and stabilizer.

The citrus fruits segment to witness the fastest growth during the forecast period.
By raw material, the pectin market has been segmented into citrus fruit, apple, sugar beet, and others, which include sunflower, pear, guava, quince, plum, and berries. The demand for citrus fruits from the pharmaceutical & personal care industries has drastically increased over the last decade. Citrus fruits form the segment in the pectin market across the globe; they contain active phytochemicals that can protect the health of the consumers, and in addition to this, they also abundantly provide vitamin C, folic acid, and potassium. Sugar beet pectin extracts show a potential role as an emulsifier apart from a gelling agent, due to which it becomes a possible substitute for gum arabic as less quantity is required to activate the oil-water interface.

Europe market is estimated to account for the largest market share due to the high demand from Asia Pacific regions.
In 2019, Europe is estimated to hold the largest market share as the region Factors influencing its market dominance include high demand for functional dairy products, convenience foods, higher per capita consumption of jam & jellies and baked goods, and the presence of prominent players in the region. The Asia Pacific market is projected to grow at the highest CAGR in terms of value during the forecast period, driven by the growing demand for convenience foods, functional dairy products, and baked goods, coupled with the changing lifestyle trends in the region.

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: C-level – 33%, D-level – 45%, and Others* – 22%
 By Region: North America – 15%, Europe – 29%, Asia Pacific – 44%, Rest of the World (RoW)** – 12%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report
• DowDuPont (US)
• Cargill (US)
• Ingredion Incorporated (US)
• CP Kelco (US)
• Koninklijke DSM N.V. (Netherlands)
• Tate & Lyle PLC (UK)
• Naturex (France)
• Lucid Colloids Ltd. (India)
• Silvateam S.P.A. (Italy)
• Compañia Española de Algas Marinas (CEAMSA) (Spain)
• Herbstreith & Fox Corporate Group (Germany)
• Yantai Andre Pectin Co. Ltd (China)
• B&V SRL (Italy)

Research Coverage
This report segments the pectin market based on type, raw material, function, application, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the pectin market, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the pectin market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the pectin market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ペクチンの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Market
4.2 Market For Pectin, By Region, 2019 vs. 2025
4.3 Market For Pectin, By Raw Material, 2019 vs. 2025
4.4 Market For Pectin, By Type, 2019 vs. 2025
4.5 Europe: Market For Pectin, By Application & Country
4.6 Pectin Market Share, By Food & Beverage, 2019 vs. 2025
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in the Consumption of Premium Food & Beverage Products
5.2.1.2 Multi-Functionality of Pectins Leading to Demand From Newer Applications
5.2.1.3 Growing Need for Pharmaceuticals
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations and Need for Quality Standards
5.2.2.2 Fluctuating Prices of Pectin and Its Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets Illustrating Great Potential for Pectin
5.2.3.2 Increase in Investments in Research & Development
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Development of Pectin Substitutes
5.2.4.2 Unclear Labeling Leading to Ambiguity and Uncertainty
6 Industry Trends (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Supply Chain
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of Substitute
6.3.2 Threat of New Entrants
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Rivalry Among Existing Competitors
6.4 Patent List
7 Pectin Market: Regulations (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Codex Alimentarius
7.3 North America
7.3.1 US Food and Drug Administration (21CFR 184.1588)
7.3.2 Canada
7.4 European Commission
7.5 Asia Pacific
7.5.1 India
7.5.2 Japan
7.5.3 Malaysia
7.6 RoW
8 Pectin Market, By Function (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Thickner
8.2.1 as A Thickening Agent, Pectin Finds Application in Confectionery Products, Dairy Products, and Jam & Jelly and Sauces & Dressings
8.3 Stabiliser
8.3.1 Pectin Acts as A Stabilizer in Various Food & Beverage Applications Such as Dairy Products, Beverages, and Desserts
8.4 Gelling Agent
8.4.1 Increasing Applications of Jams, Jelly, Confectionery Products, and Bakery Products is A Key Factor That is Projected to Drive the Market Growth
8.5 Fat Replacer
8.5.1 Due to the Increasing Health Awareness, Consumers Prefer Spending on Low-Fat Products in their Routine Diet
8.6 Others
8.6.1 Increasing Innovation in Edible Films and Packaging is Projected to Drive the Market for Pectin
9 Pectin Market, By Raw Material (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 Citrus Fruit
9.2.1 Rise in the Production of Citrus Fruits Increasing Opportunities for Pectin Manufacturers
9.3 Apple
9.3.1 Rise in the Production of Apple Pomace Expected to Boost the Demand for Pectin in Asian Countries
9.4 Sugar Beet
9.4.1 Rise in the Production of Sugar Beet in the European Region Boosting the Pectin Market
9.5 Others
9.5.1 Rise in the Production of Sunflower in Ukraine and Russia Boosting the Demand for Pectin
10 Pectin Market, By Type (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 HM Pectin
10.2.1 High Degree of Methylation, Up to Nearly 70%, Increases the Gel Strength of Jams and Jellies
10.3 LM Pectin
10.3.1 Calcium is A Key Ingredient Used in the Formation of Gels
11 Pectin Market, By Region (Page No. – 83)
11.1 Introduction
11.2 Food & Beverages
11.2.1 Jams, Jellies, & Spreads
11.2.1.1 The Rise in Demand for Jams, Jellies, and Spreads in European Countries is Driving the Pectin Market
11.2.2 Bakery & Confectionery
11.2.2.1 The Use of Pectin Enhances the Color, Texture, and Shelf Life of Bakery & Confectionery Products
11.2.3 Beverages
11.2.3.1 Growth in Demand for Natural & Organic Ingredients and Functional Foods is the Driving Factor for the Beverages Segment
11.2.4 Dairy Products
11.2.4.1 Technical Advancements in the Manufacturing of Pectin Products are Driving the Dairy Products Segment
11.2.5 Other Food & Beverages
11.2.5.1 Increase in Consumer Awareness Regarding Health and Wellness is A Driving Factor for Pectin
11.3 Pharmaceuticals & Personal Care Products
11.3.1 The Rise in Demand From the Pharmaceutical Industry Will Boost the Demand for Pectin
11.4 Industrial Applications
11.4.1 The Growth in Livestock and Feed Consumption is Expected to Drive the Demand for Pectin
12 Pectin Market, By Region (Page No. – 98)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Favorable Price Support Systems and Increasing Preference for Natural and Clean Label Products Among Consumers in the Country is Projected to Drive the Growth of the Pectin Market in the US
12.2.2 Canada
12.2.2.1 High Domestic Demand for Healthy and Organic Food is Projected to Drive the Demand for Pectins in the Food and Beverage Industry
12.2.3 Mexico
12.2.3.1 Increasing Preference for Healthy Diets and Busy Lifestyles of Consumers Have Driven the Demand for Pectins in the Production of Convenience Food Products
12.3 Europe
12.3.1 Germany
12.3.1.1 The Rise in Demand From the Food & Beverage Industry is Expected to Drive the Pectin Market, Owing to Its Multi-Functionality
12.3.2 UK
12.3.2.1 Due to the Busy Lifestyles of Consumers, the Demand for Convenience and Ready-To-Eat Foods is Increasing in the Country
12.3.3 France
12.3.3.1 The Rise in Health Awareness Among Consumers is Driving the Pectin Market
12.3.4 Spain
12.3.4.1 The Rise in Awareness About the Use of Natural Ingredients in Personal Care Products Will Boost the Demand for Fruits as Natural Ingredients in the Country
12.3.5 Russia
12.3.5.1 Growth in Consumption of Apple Juice in Russia Will Drive Fruit Juice Production, Which Will Indirectly Boost the Pectin Market
12.3.6 Rest of Europe
12.3.6.1 The Increased Use of Pectins in Food & Beverage Applications is Propelling the Market Growth
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Changing Lifestyles of Consumers and the Increasing Preference for Convenience & Processed Food to Contribute to the Market Growth
12.4.2 India
12.4.2.1 High Demand for Plant-Based Ingredients in the Country is Driving the Market for Pectin
12.4.3 Japan
12.4.3.1 The Demand for Pectins Produced in the Country Remains High Due to Its Increasing Import Prices
12.4.4 Australia & New Zealand
12.4.4.1 The Demand for Plant-Based Products is Increasing in the Cosmetics Industry, Which Contributes to the Market Growth
12.4.5 Rest of Asia Pacific
12.4.5.1 The Use of Pectins Offered at Lower Prices to Support the Production of Citrus Fruit in the South Korean Countries
12.5 Rest of the World (RoW)
12.5.1 South America
12.5.1.1 The Per Capita Income in South America has Been Increasing, Due to Which the Demand for Pectin in Food Processing Applications in This Region is Growing
12.5.2 The Middle East & Africa
12.5.2.1 The Increase in Regional Economic Cooperation and the Intra-African Trade are Key Drivers of the Growth of the African Food Processing Industry
13 Competitive Landscape (Page No. – 129)
13.1 Overview
13.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
13.2.1 Terminology/Nomenclature
13.2.1.1 Visionary Leaders
13.2.1.2 Innovators
13.2.1.3 Dynamic Differentiators
13.2.1.4 Emerging Companies
13.3 Strength of Product Portfolio
13.4 Business Strategy Excellence
13.5 Ranking of Key Players, 2018
13.6 Competitive Scenario
13.6.1 New Product Launches
13.6.2 Expansions & Investments
13.6.3 Mergers & Acquisitions
13.6.4 Agreements, Collaborations, and Partnerships
14 Company Profiles (Page No. – 139)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 DowDupont
14.2 Cargill, Incorporated
14.3 Ingredion Incorporated
14.4 CP Kelco
14.5 Koninklijke DSM N.V.
14.6 Tate & Lyle Plc
14.7 Naturex
14.8 Lucid Colloids Ltd
14.9 Silvateam S.P.A
14.10 Compañía Española De Algas Marinas S.A (CEAMSA)
14.11 Herbstreith & Fox Corporate Group
14.12 Yantai Andre Pectin Co. Ltd.
14.13 B&V SRL
14.14 Krishna Pectins Pvt. Ltd.
14.15 Pacific Pectin Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 172)
15.1 Discussion Guide
15.2 Available Customizations
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ペクチンの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7357
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ペクチンの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 防食コーティングの世界市場2017-2021:エポキシ、ポリウレタン、アルキド、アクリル、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、防食コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防食コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は防食コーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、RPM International、The Dow Chemical Company、The Sherwin-Williams Company等です。
  • 移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD))の概要 ・移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の移植片対宿主病(Graft Versus Host Disease (GVHD))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • 生体活性創傷ケアの世界市場:アルギン酸ドレッシング材、抗菌性ドレッシング材、ハイドロコロイドドレッシング材、成長因子、代用皮膚
    当調査レポートでは、生体活性創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体活性創傷ケアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラフト紙の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、クラフト紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、グレード別(漂白、未漂白、ラッピング&パッキング、袋用クラフト紙)分析、パッケージングフォーム別(ラップ、ポーチ、食料品および工業用バッグ、段ボール箱、封筒)分析、用途別分析、クラフト紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラフト紙の世界市場規模が2019年156億ドルから2025年187億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • 第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 自動車用センターエアバックシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用センターエアバックシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用センターエアバックシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの心臓血管手術装置市場見通し
  • 食品強化剤の世界市場:ミネラル、ビタミン、炭水化物、プレバイオティクス、プロバイオティクス、脂質、タンパク質、アミノ酸
    当調査レポートでは、食品強化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の口腔ケア製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の口腔ケア製品市場2015について調査・分析し、口腔ケア製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テストステロン補充療法の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テストステロン補充療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テストステロン補充療法市場規模、製品別(注射、局所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テストステロン補充療法の世界市場概要 ・テストステロン補充療法の世界市場環境 ・テストステロン補充療法の世界市場動向 ・テストステロン補充療法の世界市場規模 ・テストステロン補充療法の世界市場:業界構造分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:製品別(注射、局所、その他) ・テストステロン補充療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テストステロン補充療法の北米市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のアジア太平洋市場規模・予測 ・テストステロン補充療法の主要国分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:意思決定フレームワーク ・テストステロン補充療法の世界市場:成長要因、課題 ・テストステロ …
  • 台湾の心臓補助装置市場見通し
  • 産業用冷蔵・冷凍の世界市場2017-2021:コンプレッサー、コンデンサ、蒸発器、ラック、熱交換器
    当調査レポートでは、産業用冷蔵・冷凍の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用冷蔵・冷凍の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の概要 ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性性機能不全(Male Sexual Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・男性性機能不全(Male Sexual Dysfuncti …
  • 世界のはんだごて市場2015
    本調査レポートでは、世界のはんだごて市場2015について調査・分析し、はんだごての世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨セメント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨セメントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨セメントの概要 ・骨セメントの開発動向:開発段階別分析 ・骨セメントの開発動向:セグメント別分析 ・骨セメントの開発動向:領域別分析 ・骨セメントの開発動向:規制Path別分析 ・骨セメントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨セメントの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨セメントの最近動向
  • スマートビルディングの世界市場見通し2016-2022:政府&公共インフラ施設、住居用建物、大学・キャンパス・病院建物、製造設備、商用ビル
    当調査レポートでは、スマートビルディングの世界市場について調査・分析し、スマートビルディングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマートビルディングの世界市場:市場動向分析 ・スマートビルディングの世界市場:競争要因分析 ・スマートビルディングの世界市場:ビル種類別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートビルディングの北米市場規模 ・スマートビルディングの欧州市場規模 ・スマートビルディングのアジア市場規模 ・スマートビルディングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 乳製品ブレンドの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、乳製品ブレンドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension)の概要 ・透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の透析低血圧(Intra Dialytic Hypotension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・透析低血圧(Intra Dialytic Hyp …
  • 医療画像の世界市場:タイプ別(MRI、超音波、X線、CTスキャン、核イメージング、マンモグラフィー)、用途別(産婦人科(OB・GYN)、整形外科・筋骨格、神経・脊髄、心血管・胸部、一般的イメージング、その他)、地域別予測
    本資料は、医療画像の世界市場について調べ、医療画像の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(MRI、超音波、X線、CTスキャン、核イメージング、マンモグラフィー)分析、用途別(産婦人科(OB・GYN)、整形外科・筋骨格、神経・脊髄、心血管・胸部、一般的イメージング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療画像の世界市場概要 ・医療画像の世界市場環境 ・医療画像の世界市場動向 ・医療画像の世界市場規模 ・医療画像の世界市場規模:タイプ別(MRI、超音波、X線、CTスキャン、核イメージング、マンモグラフィー) ・医療画像の世界市場規模:用途別(産婦人科(OB・GYN)、整形外科・筋骨格、神経・脊髄、心血管・胸部、一般的イメージング、その他) ・医療画像の世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療画像の北米市場規模・予測 ・医療画像のアメリカ市場規模・予測 ・医療画像のヨーロッパ市場規模・予測 ・医療画像のアジア市場規模・予測 ・医療画像の日 …
  • 世界のジッパー市場2016
    本調査レポートでは、世界のジッパー市場2016について調査・分析し、ジッパーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトルティーヤ市場:製品別、地域別
    本調査レポートはトルティーヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(トルティーヤチップス、調理済みトルティーヤ、トルティーヤミックス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トルティーヤの世界市場:製品別(トルティーヤチップス、調理済みトルティーヤ、トルティーヤミックス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • シリコンの世界市場分析:製品別[流体(変性、ストレート)、樹脂、ゲル、エラストマー(RTV、HTV、LSR)]、用途別(電気・電子、輸送、建設、パーソナルケア・医薬品、繊維)、セグメント予測
    本調査レポートでは、シリコンの世界市場について調査・分析し、シリコンの世界市場動向、シリコンの世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ケニアの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • スマートコネクテッド調理器具の世界市場2017-2021:レンジ、オーブン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートコネクテッド調理器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコネクテッド調理器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートコネクテッド調理器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHaier、LG Electronics、Robert Bosch、SAMSUNG、Whirlpool等です。
  • ノルウェーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • ドーナツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドーナツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドーナツの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ドーナツは、揚げた菓子パンの一種であり、デザートや軽食として食されています。様々な国々で人気があり、甘い軽食として小売店で購入されたりしていますが、健康志向の上昇で、近年市場への影響が懸念されています。Technavio社はドーナツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Daylight Donut Flour Company• Dunkin' Brands Group• Krispy Kreme Doughnuts• Mister Donut• Restaurant Brands International等です。
  • 工業用触媒コンバーターの世界市場
    当調査レポートでは、工業用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、工業用触媒コンバーターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:市場動向分析 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:競争要因分析 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:エンドユーザー別 ・自動車 ・化学 ・金属および採鉱 ・石油およびガス ・繊維製品 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:用途別 ・エアコンプレッサー ・建設用設備 ・穴開けおよび井戸掘り用機械 ・フォークリフト、クレーン、揚重機 ・暖炉および煙突 ・杭打機および架橋用機械 ・持ち運び可能な発電機、持ち運び可能なヒーター ・その他 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:種類別 ・二元 ・三元 - 工業用触媒コンバーターの世界市場:主要地域別分析 - 工業用触媒コンバーターの北米市場規模(アメリカ市場等) - 工業用触媒コンバーターのヨーロッパ市場規模 - 工業用触媒コンバーターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工 …
  • ソフトスタータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソフトスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトスタータの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はソフトスタータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Eaton• Rockwell Automation• Schneider Electric• Siemens等です。
  • ベビー用シャンプー及びコンディショナーの世界市場
    当調査レポートでは、ベビー用シャンプー及びコンディショナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用シャンプー及びコンディショナーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水素化ホウ素ナトリウム市場2015について調査・分析し、水素化ホウ素ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アンチピンチ機能付パワーウィンドウ装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 禁煙とニコチン中毒解消の世界市場分析:製品別(ニコチン置換療法、吸入器、歯茎、パッチ、麻薬、スプレー、舌下錠、バレニクリン、ブプロピオン、薬物療法、電子タバコ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、禁煙とニコチン中毒解消の世界市場について調査・分析し、禁煙とニコチン中毒解消の世界市場動向、禁煙とニコチン中毒解消の世界市場規模、市場予測、セグメント別禁煙とニコチン中毒解消市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)のフェーズ3治験薬の状況 ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の市場規模(販売予測) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬剤
  • 消化薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、消化薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、消化薬市場規模、用途別(IHR、下痢止め、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・消化薬の世界市場概要 ・消化薬の世界市場環境 ・消化薬の世界市場動向 ・消化薬の世界市場規模 ・消化薬の世界市場:業界構造分析 ・消化薬の世界市場:用途別(IHR、下痢止め、その他) ・消化薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・消化薬のアメリカ市場規模・予測 ・消化薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・消化薬のアジア市場規模・予測 ・消化薬の主要国分析 ・消化薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・消化薬の世界市場:成長要因、課題 ・消化薬の世界市場:競争環境 ・消化薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ジアセトンアルコールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ジアセトンアルコールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジアセトンアルコール市場規模、用途別(溶媒、化学中間体、掘削液、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arkema, KH Neochem, Monument Chemical, Solvay, Tokyo Chemical Industryなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ジアセトンアルコールの世界市場概要 ・ジアセトンアルコールの世界市場環境 ・ジアセトンアルコールの世界市場動向 ・ジアセトンアルコールの世界市場規模 ・ジアセトンアルコールの世界市場:業界構造分析 ・ジアセトンアルコールの世界市場:用途別(溶媒、化学中間体、掘削液、その他) ・ジアセトンアルコールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ジアセトンアルコールの北米市場規模・予測 ・ジアセトンアルコールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ジアセトンアルコールのアジア太平洋市場規 …
  • VoLTEの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、VoLTEの世界市場について調査・分析し、VoLTEの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・VoLTEの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・VoLTEの世界市場:セグメント別市場分析 ・VoLTEの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ポルトガルの整形外科補綴市場見通し
  • フュームシリカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フュームシリカの世界市場について調査・分析し、フュームシリカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フュームシリカシェア、市場規模推移、市場規模予測、フュームシリカ種類別分析(BET 100-160、BET 160-210、BET 210-300、その他)、フュームシリカ用途別分析(シリコンゴム、接着剤・シーラント、ポリエステル、塗料、インク、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フュームシリカの市場概観 ・フュームシリカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フュームシリカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フュームシリカの世界市場規模 ・フュームシリカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フュームシリカのアメリカ市場規模推移 ・フュームシリカのカナダ市場規模推移 ・フュームシリカのメキシコ市場規模推移 ・フュームシリカのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・フュームシリカのドイツ市場規模推移 ・フューム …
  • ヒドロタルサイトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒドロタルサイトの世界市場について調査・分析し、ヒドロタルサイトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒドロタルサイトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒドロタルサイト種類別分析()、ヒドロタルサイト用途別分析(医療、プラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒドロタルサイトの市場概観 ・ヒドロタルサイトのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒドロタルサイトのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒドロタルサイトの世界市場規模 ・ヒドロタルサイトの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒドロタルサイトのアメリカ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのカナダ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのメキシコ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒドロタルサイトのドイツ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのイギリス市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのロシア市場規模推移 ・ヒドロタルサイト …
  • WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインデートサービスの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、オンラインデートサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインデートサービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンラインデートサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Match.com、eHarmony、Tinder、Zoosk等です。
  • 熱処理のインド市場
  • 世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、オーバーザトップサービス(OTT)の世界市場規模が2019年816億ドルから2024年1569億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場を統合的に調査・分析し、市場概要、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース)分析、種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、ビデオオンデマンド、通信、その他)分析、ストリーミング装置別(スマートフォン&タブレット、デスクトップ&ラップトップ、インターネットプロトコルテレビ&コンソール)分析、サービス業種別(メディア&エンターテイメント、教育&学習、ゲーム、サービスユーティリティ)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース) ・世界のオーバーザトップサービス( …
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場2016-2020:窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 拡張現実(AR)及び仮想現実(VR)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)及び仮想現実(VR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、機器種類別分析、コンポーネント別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水溶性包装市場:原料別(ポリマー、界面活性剤、繊維)、エンドユーズ別(産業および住宅)、溶解度種類別(冷水可溶性および熱水可溶性)、包装タイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、水溶性包装の世界市場規模が2019年28億ドルから2025年37億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の水溶性包装市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(ポリマー、界面活性剤、繊維)分析、溶解度種類別(冷水可溶性、温水可溶性)分析、包装種類別(バッグ、ポーチ、ポッド&カプセル)分析、エンドユーズ別(産業、住宅/国内)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の水溶性包装市場:材料別(ポリマー、界面活性剤、繊維) ・世界の水溶性包装市場:溶解度種類別(冷水可溶性、温水可溶性) ・世界の水溶性包装市場:包装種類別(バッグ、ポーチ、ポッド&カプセル) ・世界の水溶性包装市場:エンドユーズ別(産業、住宅/国内) ・世界の水溶性包装市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • コンパニオン診断の世界市場:免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーション
    当調査レポートでは、コンパニオン診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、技術種類別(免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションなど)分析、疾患別(腫瘍学、神経学、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コンパニオン診断の世界市場:技術種類別(免疫組織化学、ポリメラーゼ連鎖反応[PCR]、次世代シーケンシング[NGS]、in situハイブリダイゼーションなど) ・コンパニオン診断の世界市場:疾患別(腫瘍学、神経学、その他) ・コンパニオン診断の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • セルロースエステルの世界市場:種類別(アセチルセルロース、セルロースアセテートプロピオネート、セルロースアセテートブチレート、ニトロセルロース、その他)、用途別(コーティング剤、可塑剤、シガレットフィルター、インク、フィルム・テープ、その他)、地域別予測
    本資料は、セルロースエステルの世界市場について調べ、セルロースエステルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アセチルセルロース、セルロースアセテートプロピオネート、セルロースアセテートブチレート、ニトロセルロース、その他)分析、用途別(コーティング剤、可塑剤、シガレットフィルター、インク、フィルム・テープ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEastman Chemical Company、. Solvay、 China National Tobacco Corporation、 Acordis Cellulostic Fibers、Celanese Corporation 、 Daicel Corporation、 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation 、 Sichuan Push Acetati、 Rayonier Advanced Materials、Sappiなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"