"造影剤注入器の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 5244)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"造影剤注入器の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The contrast media injector market is projected to grow at a CAGR of 6.1% during the forecast period.”The contrast media injectors market is projected to reach USD 1.8 billion by 2024 from USD 1.3 billion in 2019, at a CAGR of 6.1% during the forecast period. Factors such as the growing prevalence of cancer and CVD; a large number of approvals for contrast agents; and increasing investments, funds, and grants by government organizations are driving the growth of the contrast media injectors market. However, the high cost of contrast media injectors and consumables & accessories is restraining the growth of the market to a certain extent.

“The consumables segment is expected to witness the highest growth rate during the forecast period of the contrast media injector market”
Based on the product, the contrast media injectors market is segmented into injector systems, consumables, and accessories. The injector systems market is segmented further into CT injectors, MRI injectors, Angiography injectors. The consumables segment is segmented further into injector heads, syringes, tubes, and other consumables. The consumables segment is expected to witness the highest growth rate during the forecast period. The high growth rate in this segment can be attributed to the growing requirement of consumables to maintain safety and hygienic conditions during diagnostic procedures. These consumables need to be re-purchased for every new procedure as opposed to instruments.

“The interventional cardiology segment will continue to dominate the contrast media injector applications market during the forecast period.”
Based on application, the contrast media injectors market is segmented into radiology, interventional radiology, and interventional cardiology. In 2018, the interventional cardiology segment had the highest growth rate of the contrast media injectors market. The rising number of the high prevalence of CVD is driving the growth of this application segment.

“The hospital segment will continue to dominate the contrast media injector end-user market during the forecast period.”
Based on end-user, the contrast media injectors market is segmented into hospitals and diagnostic imaging centers. The hospital segment commanded the highest growth rate of the global contrast media injectors market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising number of diagnostic imaging procedures performed in hospitals and growing inclination of hospitals towards the automation and digitization of radiology patient workflow. Increasing adoption of minimally invasive procedures (including diagnostic imaging systems) in hospitals to improve the quality of patient care, and rising adoption of advanced imaging modalities to improve workflow efficiency in hospitals will also drive market growth.

“The contrast media injector market in Asia Pacific is expected to witness the highest growth rate during the forecast period.”
Geographically, the contrast media injector market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. The Asia Pacific market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to factors such as the rising R&D investments and favorable demographic scenario in China, rising aging population and cancer incidence in Japan. Growing investment in the Indian radiology market and increasing focus of market players & increasing government support to strengthen healthcare service delivery in other countries are driving the growth of this regional segment.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1: 55%, Tier 2: 20%, and Tier 3: 25%
• By Designation: C-level: 35%, Director-level: 25%, and Others: 40%
• By Region: North America: 20%, Europe: 25%, APAC: 40%, and the RoW: 15%

Major players in this market include are Bayer Ag (Germany), Bracco Imaging S.P.A( Italy), Guerbet Group (France), Ulrich GmbH & Co. KG (Germany), Nemoto Kyorindo Co., Ltd. (Japan), Sino Medical-Device Technology Co., Ltd. (Sinomdt) (China), APOLLO RT Co. Ltd. (Hongkong), Shenzhen Anke High-tech Co. Ltd. (China), Shenzen Seacrown Electromechanical Co. Ltd. (China), and Medtron AG (Germany).

Research Coverage
This report studies the Contrast Media Injector market based on product, application, end-user, and region. The report also studies the different factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the Contrast Media Injector market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"造影剤注入器の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Design
2.2 Research Approach
2.2.1 Research Methodology Steps
2.2.2 Secondary and Primary Research Methodology
2.2.2.1 Secondary Research
2.2.2.2 Secondary Sources
2.2.2.3 Primary Research
2.2.2.4 Primary Sources
2.2.2.5 Key Insights From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation Methodology
2.4 Market Data Estimation and Triangulation
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Contrast Media Injectors: Market Overview
4.2 Contrast Media Injectors Market, By Product, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.3 Contrast Media Injectors Market, By Application, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 Contrast Media Injectors Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.3 Drivers
5.3.1 Growing Prevalence of Cancer and CVD
5.3.2 Large Number of Approvals for Contrast Agents
5.3.3 Increasing Investments, Funds, and Grants By Government Organizations
5.4 Restraints
5.4.1 High Cost of Contrast Media Injectors, Consumables, & Accessories
5.5 Opportunities
5.5.1 It-Enabled Solutions for Contrast Media Injectors
5.6 Challenges
5.6.1 Hospital Budget Cuts
5.6.2 Dearth of Trained Professionals
6 Contrast Media Injectors Market, By Product (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Consumables
6.2.1 Injector Heads
6.2.1.1 Single-Head Injectors
6.2.1.1.1 North America Accounted for the Largest Share of This Market in 2018
6.2.1.2 Dual-Head Injectors
6.2.1.2.1 Dual-Head Injectors are Efficient in Terms of Contrast Delivery and Avoid Air Embolisms
6.2.1.3 Syringeless Injectors
6.2.1.3.1 Market Players have Introduced Syringeless Injectors Compatible With Imaging Modalities
6.2.2 Syringes
6.2.2.1 APAC is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
6.2.3 Tubes
6.2.3.1 Depending on Their Intended Use, Contrast Media Injector Tubes Come in Various Shapes and Sizes
6.2.4 Other Consumables
6.3 Injector Systems
6.3.1 CT Injectors
6.3.1.1 Increasing Number of CT Scans to Boost Market Growth
6.3.2 MRI Injectors
6.3.2.1 Launch of Technologically Advanced MRI Injectors to Drive Market Growth
6.3.3 Angiography Injectors
6.3.3.1 Rising Number of CVD to Propel Market Growth
6.4 Accessories
7 Contrast Media Injectors Market, By Application (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Radiology
7.2.1 Rising Number of Radiology Procedures Using Contrast Media to Drive Market Growth
7.3 Interventional Cardiology
7.3.1 Rising Burden of CVD to Drive Market Growth
7.4 Interventional Radiology
7.4.1 Increasing Need for Minimally Invasive Procedures Likely to Bolster Market Growth
8 Contrast Media Injectors Market, By End User (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Adoption of Diagnostic Imaging Modalities Across Hospitals Likely to Drive Market Growth
8.3 Diagnostic Imaging Centers
8.3.1 Increasing Number of Private Imaging Centers is Contributing to Market Growth
9 Contrast Media Injectors Market, By Region (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Dominated the North American Market in 2018
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Rise in the Number of Investments Towards Improving Medical Imaging —A Major Factor Driving Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Well-Developed Diagnostic Imaging Infrastructure is A Major Factor Driving Market Growth in Germany
9.3.2 UK
9.3.2.1 Although Running on Outdated Equipment, the UK Healthcare System has Seen Fresh Funding for Upgradation
9.3.3 France
9.3.3.1 France has A Low Installed Base of Imaging Devices
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Growing Prevalence of Cancer and Obesity Will Drive Demand for Diagnostic Procedures in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Shortage of Radiologists in the Country to Restrain Market Growth
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Rising Aging Population and Cancer Incidence to Drive Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 High Cancer and Stroke Incidence is Driving Market Growth in China
9.4.3 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Initiatives to Modernization Healthcare are Likely to Boost Market Growth in the Region
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Poor Reimbursement System and Lack of Proper Healthcare Infrastructure to Restrain the Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Product Launches & Approvals
10.4.2 Expansions
10.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships
11 Company Profiles (Page No. – 114)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Bayer AG
11.2 Bracco Imaging S.P.A
11.3 Guerbet Group
11.4 Shenzhen Anke High-Tech Co., Ltd.
11.5 Nemoto Kyorindo Co., Ltd.
11.6 Sino Medical Device Technology Co., Ltd. (Sinomdt)
11.7 Apollo Rt Co., Ltd.
11.8 Shenzen Seacrown Electromechanical Co. Ltd.
11.9 Ulrich GmbH & Co. Kg.
11.10 Medtron AG
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 129)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】造影剤注入器の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 5244
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
造影剤注入器の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルカゴン受容体アンタゴニストの概要 ・グルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルカゴン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルカゴン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルカゴン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シンガポールのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 韓国のプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 水産養殖および漁業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水産養殖および漁業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水産養殖および漁業市場規模、タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網)分析、種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:市場動向分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:競争要因分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:主要地域別分析 ・ 水産養殖および漁業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水産養殖 …
  • 使い捨ておむつのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、使い捨ておむつのヨーロッパ市場について調査・分析し、使い捨ておむつのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国のリクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国のリクローザ市場2015について調査・分析し、リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓補助装置市場(~2021)
  • 自動車イモビライザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車イモビライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車イモビライザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ITアウトソーシングの世界市場
    当調査レポートでは、ITアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ITアウトソーシングの世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングのアメリカ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのヨーロッパ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • スリランカのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エピペンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エピペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エピペンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機タービンブレード・翼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機タービンブレード・翼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機タービンブレード・翼の世界市場規模及び予測、航空機サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アフターマーケットの世界市場分析:交換部品別(タイヤ、バッテリー、ブレーキ部品、フィルター、ボディパーツ、照明・電子部品、ホイール、排気部品)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、自動車アフターマーケットの世界市場動向、自動車アフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車アフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 弾道保護の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、弾道保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、弾道保護の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 製油産業の世界市場見通し(~2021)
  • 高級フレグランスの世界市場
    本資料は、高級フレグランスの世界市場について調べ、高級フレグランスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、 オー フレッシュ、その他)分析、用途別(メンズ、ウィメンズ、キッズ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSteel Case、Ashley Furniture Industries、Inter IKEA Group、Sears Holdings、Haworth、Herman Miller、HNI、Kimball International、Knoll、KOKUYO Furniture、Poltrona Frau、Masco、Mercury Row、Red Barrel Studio、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高級フレグランスの世界市場概要 ・高級フレグランスの世界市場環境 ・高級フレグランスの世界市場動向 ・高級フレグランスの世界市場規模 ・高級フレグランスの世界市場規模: …
  • 世界のシクロヘキサノンパーオキサイド市場2015
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキサノンパーオキサイド市場2015について調査・分析し、シクロヘキサノンパーオキサイドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場分析:用途別(BFSI、教育、ITサービス、政府、製造、ヘルスケア)、企業規模別(中小企業、大企業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場動向、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソフトウェア定義ストレージ(SDS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場2020-2024:変換プロセス別、地域別
    「リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場2020-2024」は、リグノセルロース原料ベースバイオ燃料について市場概要、市場規模、変換プロセス別(生化学、熱化学)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・リグノセルロース原料ベースバイオ燃料の世界市場:変換プロセス別(生化学、熱化学) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • インフルエンザ迅速診断検査の世界市場2017-2021:A型インフルエンザ、B型インフルエンザ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、インフルエンザ迅速診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インフルエンザ迅速診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインフルエンザ迅速診断検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAlere、BD、Quidel等です。
  • 微細セルポリウレタンフォームの世界市場:低密度フォーム、高密度フォーム
    当調査レポートでは、微細セルポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのニュージーランド市場
  • 不妊検査・不妊治療のアジア市場
    本調査レポートでは、不妊検査・不妊治療のアジア市場について調査・分析し、不妊検査・不妊治療のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 臨床試験イメージングの世界市場予測2021:CT、MRI、PET、超音波、心エコー検査、X線検査
    当調査レポートでは、臨床試験イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、臨床試験イメージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルディスプレイの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェアラブルディスプレイの世界市場について調べ、ウェアラブルディスプレイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェアラブルディスプレイの市場規模をセグメンテーション別(製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はウェアラブルディスプレイの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェアラブルディスプレイの市場状況 ・ウェアラブルディスプレイの市場規模 ・ウェアラブルディスプレイの市場予測 ・ウェアラブルディスプレイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(OLEDディスプレイ、TFT LCD、マイクロLEDディスプレイ) ・ウェアラブルディスプレイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EM …
  • 湿潤創傷被覆材の世界市場:フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他
    当調査レポートでは、湿潤創傷被覆材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿潤創傷被覆材市場規模、製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Acelity, Coloplast, ConvaTec, Mölnlycke Health Care, Smith & Nephewなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・湿潤創傷被覆材の世界市場概要 ・湿潤創傷被覆材の世界市場環境 ・湿潤創傷被覆材の世界市場動向 ・湿潤創傷被覆材の世界市場規模 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:業界構造分析 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他) ・湿潤創傷被覆材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・湿潤創傷被覆材の北米市場規模・予測 ・湿潤創傷被覆材のヨーロッ …
  • 保護通信装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保護通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護通信装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドネシアの市場見通し(~2021年)
  • パーム油メチルエステルの世界市場
    本調査レポートでは、パーム油メチルエステルの世界市場について調査・分析し、パーム油メチルエステルの世界市場動向、パーム油メチルエステルの世界市場規模、市場予測、セグメント別パーム油メチルエステル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血友病B(Hemophilia B):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血友病B(Hemophilia B)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血友病B(Hemophilia B):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血友病B(Hemophilia B)のフェーズ3治験薬の状況 ・血友病B(Hemophilia B)治療薬の市場規模(販売予測) ・血友病B(Hemophilia B)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血友病B(Hemophilia B)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血友病B(Hemophilia B)治療薬剤
  • 世界のイオン注入装置市場:技術別、地域別
    本調査レポートはイオン注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・イオン注入装置の世界市場:技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 塩化アクリルの世界市場:タイプ別(.96、.97、.98、その他)、最終用途別(医薬品、農薬、香辛料、溶剤、その他)、地域別予測
    本資料は、塩化アクリルの世界市場について調べ、塩化アクリルの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(.96、.97、.98、その他)分析、最終用途別(医薬品、農薬、香辛料、溶剤、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはShandong Ward Chemical Technology、ABCR GmbH & CO. KG、Alfa Aesar、Anhui Wotu Chemical、Apollo Scientific、Beijing Dtftchem Technology、Haimen Best Fine Chemical、Hangzhou Volant Technology、HENAN WANXIANG TECHNOLOGY&TRADE、Huaian Hongyang Chemical、J & K SCIENTIFIC、Jia Xing Isenchem、Merck Schuchardt OHG、Nanjing Youhua Chemicals、Riedel-d …
  • 酸素療法消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、酸素療法消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酸素療法消耗品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測(~2023年)
    カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場は、2018年の45億5,000万米ドルから2023年には98億4,000万米ドルに達し、16.70%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、先進材料、電子装置・半導体、化学品・ポリマー、電池・コンデンサー、エネルギー、航空宇宙・防衛、医療などの用途からの需要の高まりが考えれられます。カーボンナノチューブの固有の機械的性質は上記の用途に適しています。また剛性、強度、および靱性においても、通常ほかの繊維素材はこれらの特性のうちの1つ以上を欠きますが、カーボンナノチューブは独自の組み合わせを有しています。一方で、市場の成長は、カーボンナノチューブのコスト構造、加工の難しさ、および炭化ケイ素ナノチューブ(SiCNT)といった代替品の入手可能性の影響を受けます。当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ(単層、多層)分析、手法(化学気相成長法、触媒化学気相成長法、高圧 …
  • タイのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 産業用ラックアンドピニオンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ラックアンドピニオンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ラックアンドピニオン市場規模、用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング )分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場概要 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場環境 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場動向 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場規模 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:業界構造分析 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング ) ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ラックアンドピニオンの北米市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのアジア太平洋市場規模・予測 ・産 …
  • 発酵化学品の世界市場予測
    本調査レポートでは、発酵化学品の世界市場について調査・分析し、発酵化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 民間航空機整備・補修・分解点検(MRO)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、民間航空機整備・補修・分解点検(MRO)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 民間航空機整備・補修・分解点検市場の概要 3. 民間航空機整備・補修・分解点検の世界市場 2016-2026 4. 民間航空機整備・補修・分解点検の2次市場予測 2016-2026 5. 主要地域の民間航空機整備・補修・分解点検(MRO)市場予測 2016-2026 6. 民間航空機MRO市場のSWOT分析 7. 民間航空機整備・補修・分解点検企業のトップ15社 8. 結論 9. 用語集
  • スペインの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 酢酸エチルの世界市場2020-2024
    「酢酸エチルの世界市場2020-2024」は、酢酸エチルについて市場概要、市場規模、用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング剤、パーソナルケア、F&B、医薬品、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 中南米の再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 顕微鏡用付属品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、顕微鏡用付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡用付属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ナンバープレートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車ナンバープレートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車ナンバープレート市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車ナンバープレートの世界市場概要 ・自動車ナンバープレートの世界市場環境 ・自動車ナンバープレートの世界市場動向 ・自動車ナンバープレートの世界市場規模 ・自動車ナンバープレートの世界市場:業界構造分析 ・自動車ナンバープレートの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車ナンバープレートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車ナンバープレートの北米市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートの主要国分析 ・自動車ナンバープレートの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車ナンバープレートの世界市場:成長要因、課題 ・自動車ナンバープレー …
  • アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 警備・法執行用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、警備・法執行用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警備・法執行用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトセメントの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ホワイトセメントの世界市場について調べ、ホワイトセメントの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ホワイトセメントの市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭用、商業用、インフラ用)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はホワイトセメントの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ホワイトセメントの市場状況 ・ホワイトセメントの市場規模 ・ホワイトセメントの市場予測 ・ホワイトセメントの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(家庭用、商業用、インフラ用) ・ホワイトセメントの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 検体妥当性試験の世界市場:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)、地域別予測
    本資料は、検体妥当性試験の世界市場について調べ、検体妥当性試験の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)分析、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)分析、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・検体妥当性試験の世界市場概要 ・検体妥当性試験の世界市場環境 ・検体妥当性試験の世界市場動向 ・検体妥当性試験の世界市場規模 ・検体妥当性試験の世界市場規模:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品) ・検体妥当性試験の世界市場規模:タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験) ・検体妥当性試験の世界市場規模:エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター) ・検体妥当性試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・検体妥当性試験の北米市場規模・予測 ・検体妥当性試験のアメリカ市場 …
  • スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の概要 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタル・ユーティリティの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、デジタル・ユーティリティの世界市場について調査・分析し、デジタル・ユーティリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - デジタル・ユーティリティの世界市場:市場動向分析 - デジタル・ユーティリティの世界市場:競争要因分析 - デジタルユーティリティの世界市場:導入モード別 ・オンプレミス ・ハイブリッド ・クラウド - デジタルユーティリティの世界市場・技術別 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・サービス - デジタルユーティリティの世界市場:ネットワーク別 ・送配電 ・発電 ・小売り - デジタル・ユーティリティの世界市場:主要地域別分析 - デジタル・ユーティリティの北米市場規模(アメリカ市場等) - デジタル・ユーティリティのヨーロッパ市場規模 - デジタル・ユーティリティのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・デジタル・ユーティリティの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"