"鉄道デジタル化(デジタルレールウェイ)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7351)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄道デジタル化(デジタルレールウェイ)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increaseing investment in railway infrastructure to drive the digital railway market growthMarketsandMarkets projects the digital railway market to grow from USD 50.0 billion in 2019 to USD 74.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 8.4% from 2019 to 2024. Major factors expected to drive the growth of the digital railway market include, advancement in communication technology and surge in passengers numbers over the past few years.

By solution, remote monitoring segment to account for the highest market share during the forecast period
Railways have limited operational flexibility, and face increasing passenger and freight traffic demand on existing infrastructure. The reliable provision of additional capacity requires an improved system for traffic control and management purposes, as well as for system reliability and safety. The use of smart infrastructure for fault prediction and the guidance of preventive maintenance helps maintain operational capacity and improves reliability of railway infrastructure and operational efficiency. The solutions enable organizations to view data from all railway assets and components. The solutions connect all assets to the central platform. Remote monitoring solutions detect abnormalities and set up notification rules to be alerted about abnormal or defective behavior in time.

By service, professional services segment to hold a larger market size during the forecast period
Professional services are provided by professionals or experts to assist customers. They include deployment and integration, training and consulting, and support and maintenance. Professional services vendors offer a broad array of services with the help of cutting-edge technologies, tools, and strategies to meet the needs of organizations. Deployment and integration services ensure the proper integration of the digital railway solutions and services with various other components of the Information Technology (IT) system. Support and maintenance services aim at providing technical support to customers and delivering enhancements and upgradations to the platform. Consulting services are used by customers to analyze their needs and understand the best fit according to their requirements.

Among regions, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is estimated to be the fastest-growing region in terms of the growth of the digital railway market, owing to the increasing adoption of new technologies, higher investments for digital transformation, and the increasing Gross Domestic Product (GDP) in the APAC countries. A majority of the potential economies in this region include Australia, Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India, which are said to be rapidly investing in technological transformation. According to data published on the website of United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) in 2019, the length of Trans-Asian Railway network comprises 117,500 km of railway lines serving 28 member countries. The high population growth rate in the region has intensified the need for transformation and expansion of the existing rail infrastructure. With untapped potential markets, the high penetration of advanced technologies, the growing freight usage in various industries, and the economic developments and government regulations are expected to drive the digital railway market growth at the highest rate in APAC during the forecast period.

The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Director Level – 25%, and Managers–40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 5%
The following key digital railway vendors are profiled in the report:
Siemens(Germany)
Cisco (US)
Hitachi (Japan)
Altsom (France)
IBM (US)
ABB (Switzerland)
Huawei (China)
Thales (France)
Fujitsu (Japan)
DXC (US)
Indra (Spain)
Nokia (Finland)
Atkins (UK)
Toshiba (Japan)
Bombardier (Canada)

Research Coverage
The digital railway market is segmented by solution (remote monitoring, route optimization and scheduling, analytics, network management, predictive maintenance, security, and others), service(professional services [consulting system integration and deployment] support and maintenance and managed services), application type (rail operation management [rail automation management, rail control, {signaling solution, rail traffic management, freight management} smart ticketing, workforce management], smart ticketing, passenger information system, asset management, and others), and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service and product launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the digital railway market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the digital railway market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"鉄道デジタル化(デジタルレールウェイ)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Digital Railway Market
4.2 Market By Offering, 2019
4.3 Market By Application, 2017–2024
4.4 Market By Service, 2019 vs 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Investments in the Railway Sector in Various Countries
5.2.1.2 Surge in Passenger Numbers Over the Past Few Years
5.2.1.3 Advancement in Communication Technology
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Strong Railway Infrastructure in Underdeveloped Countries
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Autonomous Train Represents Significant Opportunity for the Digital Railway Solution Providers
5.2.3.2 Emerging Trend of Smart Cities
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increased Threat of Cyberattacks as Railway Systems Becomes More Digital
5.2.4.2 Lack of IT Infrastructure and Skilled Personnel
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Cases
5.3.1.1 Use Case 1: Bae Systems
5.3.1.2 Use Case 2: Thales
5.3.1.3 Use Case 3: Huawei
5.3.1.4 Use Case 4: Cisco
5.3.2 Railway Infrastructure Investment By Country
5.4 Innovation Spotlight
5.4.1 Internet of Things in Railways
5.4.2 Big Data Analytics and Cloud Computing in Railways
5.4.3 Hyperloop – the Future of Transportation
5.4.4 Drones for Identifying Railway Infrastructure Issues
5.4.5 Automatic Warning System
6 Digital Railway Market By Solution (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Remote Monitoring
6.2.1 Remote Monitoring Solutions to Improve the Reliability of the Railway Infrastructure
6.3 Route Optimization and Scheduling
6.3.1 Route Optimization and Scheduling Solutions to Enable Efficient Planning and Management of Routine Operations for Trains
6.4 Analytics
6.4.1 Rail Analytics Systems to Help in Demand Planning, Revenue and Workforce Management, Transit Analysis, and Pricing Analysis
6.5 Network Management
6.5.1 Network Management Solutions to Play an Important Role in Disaster Management and Minimizing Loss
6.6 Predictive Maintenance
6.6.1 Predictive Maintenance Solutions to Increase the Asset Life and Improve Rail Operations and Safety
6.7 Security
6.7.1 Rail Security Solutions to Be Adopted Increasingly With the Increased Deployment of Digital Solutions
6.8 Others
7 Digital Railway Market By Service (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Professional Services
7.2.1 Consulting
7.2.1.1 Consulting Service Vendors to Offer Recommendations on Implementing New Technologies
7.2.2 System Integration and Deployment
7.2.2.1 System Integration and Deployment Service Providers to Help End Users Integrate Smart Infrastructure Solutions With Their Existing Infrastructure
7.2.3 Support and Maintenance
7.2.3.1 Support and Maintenance Services to Assist in Installing Freight Management System Solutions
7.3 Managed Services
7.3.1 Managed Services to Provide Constant Upgradations and Customized Features to Fulfill Customers’ Ever-Growing Demands
8 Digital Railway Market By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Rail Operations Management
8.2.1 Rail Automation Management
8.2.1.1 Rail Automation System Consists of Electronic Interlocking, Traffic Monitoring, and Level-Crossing Protection Systems to Ensure Safety and Better Experience
8.2.2 Rail Control
8.2.2.1 Signaling Solution
8.2.2.1.1 Signaling Solutions to Ensure Communication Between Trains, Stations, and Workforce
8.2.2.2 Rail Traffic Management
8.2.2.2.1 Rail Traffic Management to Offer Flexible Solutions for Increasing the Railway Network Capacity and Efficiency, and Regulating the Flow of Traffic
8.2.2.3 Freight Management
8.2.2.3.1 Freight Management Systems to Help Freight Operators in Infrastructure and Planning Decisions
8.2.3 Smart Ticketing
8.2.3.1 Smart Ticketing to Help Contribute to the Overall Improvement of the Railway Transport Network
8.2.4 Workforce Management
8.2.4.1 Workforce Management to Ensure Significant Cost Reductions, Improved Employee Productivity, Reduced Risks, and Effective Employee Engagement
8.3 Passenger Information System
8.3.1 Passenger Information System to Be A Key Communication Link Between Transportation Operators and Passengers Connectivity
8.4 Asset Management
8.4.1 Rail Asset Management to Optimize the Performance and Rail Infrastructure
8.5 Others
9 Digital Railway Market By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Government Initiatives to Drive the Digital Railway Market in the United States
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increasing Number of Passengers and Growing Freight Traffic to Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Need to Improve the Efficiency of the Existing Railway Infrastructure to Boost the Market in the United Kingdom
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Growing Adoption of IoT and Analytics to Boost the Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 High Investment By Railway Operators to Drive the Market in France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 High Government Investments in the Railway Infrastructure and Rapid Growth in the Railway Sector to Drive the Digital Railway Market in China
9.4.2 India
9.4.2.1 Growing Profits in the Railway Sector and Government Initiatives for Smart Cities to Drive the Market in India
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Higher Adoption of Railway Technologies to Boost the Market in Japan
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Middle East and Africa
9.5.1 Nigeria
9.5.1.1 Government Initiatives Combined With Cooperation With Other Countries to Boost the Market in Nigeria
9.5.2 United Arab Emirates
9.5.2.1 Government Initiatives to Drive the Market in the United Arab Emirates
9.5.3 South Africa
9.5.3.1 Increased Demand for Transportation Services to Match Regional Trade Requirements to Drive the Digital Railway Market in South Africa
9.5.4 Rest of Middle East and Africa
9.6 Latin America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 High Scope for Further Development of Railway Infrastructure to Boost High Growth Opportunity in Brazil
9.6.2 Mexico
9.6.2.1 Strategic Location to Play Key Role in the Development of Railway Infrastructure in Mexico
9.6.3 Rest of Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 95)
10.1 Competitive Leadership Mapping
10.1.1 Visionary Leaders
10.1.2 Dynamic Differentiators
10.1.3 Innovators
10.1.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 97)
11.1 Introduction
(Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 Siemens
11.3 Cisco
11.4 Hitachi
11.5 Alstom
11.6 IBM
11.7 ABB
11.8 Huawei
11.9 Thales
11.10 Fujitsu
11.11 DXC
11.12 Indra
11.13 Nokia
11.14 Atkins
11.15 Toshiba
11.16 Bombardier
*Details on Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 123)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄道デジタル化(デジタルレールウェイ)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7351
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄道デジタル化(デジタルレールウェイ)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のラットモデル市場規模・予測2017-2025:種類別(ハイブリッド、非近交系ラット、近交系ラット、ノックアウトラット、条件付け、免疫不全)、技術別(微量注入、核移植)、サービス別(繁殖、細胞凍結、検疫)、用途別(腫瘍学、オンコロジー、免疫学)、エンドユーズ別(CROs、学術研究機関、ヘルスケア企業)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のラットモデル市場について調査・分析し、世界のラットモデル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のラットモデル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 不整脈(Arrhythmias):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における不整脈(Arrhythmias)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、不整脈(Arrhythmias)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・不整脈(Arrhythmias)の概要 ・不整脈(Arrhythmias)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の不整脈(Arrhythmias)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・不整脈(Arrhythmias)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・不整脈(Arr …
  • パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場
    当調査レポートでは、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場について調査・分析し、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のポータブル空気圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル空気圧縮機市場2015について調査・分析し、ポータブル空気圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の血液検査市場動向(~2021)
  • 処方/ Rxサングラスの世界市場分析:レンズ材料別(ガラス、CR-39、ポリカーボネート、ポリウレタン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、処方/ Rxサングラスの世界市場について調査・分析し、処方/ Rxサングラスの世界市場動向、処方/ Rxサングラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別処方/ Rxサングラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の電気生理学装置市場(~2021)
  • ジェネリック医薬品の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、ジェネリック医薬品の世界市場について調査・分析し、ジェネリック医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ジェネリック医薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ジェネリック医薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・ジェネリック医薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のスチールファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチールファイバー市場2015について調査・分析し、スチールファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場について調査・分析し、液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場:セグメント別市場分析 ・液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 軍事用バッテリーの世界市場:プラットフォーム別、提供タイプ別、出力密度別、エンドユーザー別、エネルギー消費量別、地域別予測
    本資料は、軍事用バッテリーの世界市場について調べ、軍事用バッテリーの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別分析、提供タイプ別分析、出力密度別分析、エンドユーザー別分析、エネルギー消費量別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・軍事用バッテリーの世界市場概要 ・軍事用バッテリーの世界市場環境 ・軍事用バッテリーの世界市場動向 ・軍事用バッテリーの世界市場規模 ・軍事用バッテリーの世界市場規模:プラットフォーム別 ・軍事用バッテリーの世界市場規模:提供タイプ別 ・軍事用バッテリーの世界市場規模:出力密度別 ・軍事用バッテリーの世界市場規模:エンドユーザー別 ・軍事用バッテリーの世界市場規模:エネルギー消費量別 ・軍事用バッテリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・軍事用バッテリーの北米市場規模・予測 ・軍事用バッテリーのアメリカ市場規模・予測 ・軍事用バッテリーのヨーロッパ市場規模・予測 ・軍事用バッテリーのアジア市場規模・予測 ・軍事用 …
  • 頭蓋固定・安定化システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、頭蓋固定・安定化システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、頭蓋固定・安定化システム市場規模、製品別(頭蓋固定システム、頭蓋安定化システム)分析、エンドユーザー別(病院・専門クリニック、外来外科センター(ASC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場概要 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場環境 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場動向 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場規模 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場:業界構造分析 ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場:製品別(頭蓋固定システム、頭蓋安定化システム) ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場:エンドユーザー別(病院・専門クリニック、外来外科センター(ASC)) ・頭蓋固定・安定化システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・頭蓋固定・安定化システムの北米市場規模・予測 ・頭蓋固定・安定化システムのヨーロッパ・中東・ア …
  • ジェネリック医薬品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ジェネリック医薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェネリック医薬品の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属加工油剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属加工油剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属加工油剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の解剖器具市場2016
    本調査レポートでは、世界の解剖器具市場2016について調査・分析し、解剖器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セットトップボックス(STB)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セットトップボックス(STB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セットトップボックス(STB)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スキッドステアローダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキッドステアローダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキッドステアローダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 発電管理システム(GMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、発電管理システム(GMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電管理システム(GMS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油コークスの世界市場:製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス)、用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他)、地域別予測
    本資料は、石油コークスの世界市場について調べ、石油コークスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス)分析、用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・石油コークスの世界市場概要 ・石油コークスの世界市場環境 ・石油コークスの世界市場動向 ・石油コークスの世界市場規模 ・石油コークスの世界市場規模:製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス) ・石油コークスの世界市場規模:用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他) ・石油コークスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油コークスの北米市場規模・予測 ・石油コークスのアメリカ市場規模・予測 ・石油コークスのヨーロッパ市場規模・予測 ・石油コークスのアジア市場規模・予測 ・石油コークスの日本市場規模・予測 ・石油コークスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)
    本市場調査レポートではナノエマルジョンの代替品について、イントロダクション、市場概要、種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)分析、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・市場概要 ・ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類) ・ナノエマルジョンの世界市場:用途別(飲料、乳製品、ベーカリー) ・ナノエマルジョンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • EV充電器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、EV充電器の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はEV充電器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均43.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AeroVironment• ChargePoint• Evatran• Leviton等です。
  • 脳インプラントの世界市場2018–2025:製品別(脳深部刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、パーキンソン病、てんかん、うつ病、アルツハイマー病)
    本調査レポートでは、脳インプラントの世界市場について調査・分析し、脳インプラントの世界市場動向、脳インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別脳インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のモンタンワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のモンタンワックス市場2015について調査・分析し、モンタンワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DevOpsプラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DevOpsプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DevOpsプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人機(UAV)用電池の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無人機(UAV)用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)用電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 骨誘導因子(BMP)の世界市場
    当調査レポートでは、骨誘導因子(BMP)の世界市場について調査・分析し、骨誘導因子(BMP)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オフショアデコミッショニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オフショアデコミッショニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オフショアデコミッショニング市場規模、サービス別(廃坑、プラットフォームの取り外し、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オフショアデコミッショニングの世界市場概要 ・オフショアデコミッショニングの世界市場環境 ・オフショアデコミッショニングの世界市場動向 ・オフショアデコミッショニングの世界市場規模 ・オフショアデコミッショニングの世界市場:業界構造分析 ・オフショアデコミッショニングの世界市場:サービス別(廃坑、プラットフォームの取り外し、その他) ・オフショアデコミッショニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オフショアデコミッショニングのアメリカ市場規模・予測 ・オフショアデコミッショニングのヨーロッパ市場規模・予測 ・オフショアデコミッショニングのアジア市場規模・予測 ・オフショアデコミッショニングの主要国分析 ・オフショ …
  • 世界の氷晶石市場2015
    本調査レポートでは、世界の氷晶石市場2015について調査・分析し、氷晶石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 貨物管理システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、貨物管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、需要先(3PL、フォワーダー、ブローカー、荷主)別分析、輸送方式別分析、地域別分析、貨物管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 睡眠時ブラキシズム治療の世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、睡眠時ブラキシズム治療の世界市場について調査・分析し、睡眠時ブラキシズム治療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 屋根用遮熱コーティング剤の世界市場:最終用途別、製品別(エラストマー、IR反射)、用途別(緩勾配、急勾配)、セグメント予測
    屋根用遮熱コーティング剤の世界市場は2025年には54億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、遮熱コーティング剤によってもたらされる省エネルギー化と、これを後押しする規制が考えられます。本調査レポートでは、屋根用遮熱コーティング剤の世界市場について調査・分析し、屋根用遮熱コーティング剤の世界市場動向、屋根用遮熱コーティング剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋根用遮熱コーティング剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • UCaaS(クラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、UCaaS(クラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、UCaaS(クラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ガス分析器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用ガス分析器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ガス分析器市場規模、機器別(濃縮器、フローメーター、調整器、真空装置、監視装置、その他)分析、製品別(混合ガス分析器、単一ガス分析器)分析、技術別(赤外線、電気化学、光学)分析、モダリティ別(卓上型、手持ち型、ポータブル型)分析、用途別(凍結療法、麻酔、循環器疾患、ラボ、呼吸器疾患、医用画像、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用ガス分析器の世界市場:市場動向分析 ・ 医療用ガス分析器の世界市場:競争要因分析 ・ 医療用ガス分析器の世界市場:機器別(濃縮器、フローメーター、調整器、真空装置、監視装置、その他) ・ 医療用ガス分析器の世界市場:製品別(混合ガス分析器、単一ガス分析器) ・ 医療用ガス分析器の世界市場:技術別(赤外線、電気化学、光学) ・ 医療用ガス分析器の世界市場:モダリティ別(卓上型、手持ち型、ポータブル型) ・ 医療用ガス分 …
  • メキシコの心臓補助装置市場(~2021)
  • 食品容器の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、食品容器の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・食品容器の世界市場:イントロダクション ・食品容器の世界市場:市場概観 ・食品容器の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・食品容器の世界市場:セグメント別市場分析 ・食品容器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・食品容器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・食品容器の世界市場:主要地域別市場分析 ・食品容器の世界市場:関連企業分析
  • プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管)、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)
    本市場調査レポートではプラスチックコンジットについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(硬質導管、可撓性導管)分析、材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他)分析、業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・プラスチックコンジットの世界市場:種類別(硬質導管、可撓性導管) ・プラスチックコンジットの世界市場:材料別(ポリ塩化ビニル、高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:業界別(製造、建設、ITおよびテレコム、ヘルスケア、その他) ・プラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 埋込用樹脂の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋込用樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋込用樹脂市場規模、用途別(電子・電気)分析、製品別(エポキシ樹脂、シリコン樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル、ポリアミド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋込用樹脂の世界市場概要 ・埋込用樹脂の世界市場環境 ・埋込用樹脂の世界市場動向 ・埋込用樹脂の世界市場規模 ・埋込用樹脂の世界市場:業界構造分析 ・埋込用樹脂の世界市場:用途別(電子・電気) ・埋込用樹脂の世界市場:製品別(エポキシ樹脂、シリコン樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリエステル、ポリアミド) ・埋込用樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・埋込用樹脂のアメリカ市場規模・予測 ・埋込用樹脂のヨーロッパ市場規模・予測 ・埋込用樹脂のアジア市場規模・予測 ・埋込用樹脂の主要国分析 ・埋込用樹脂の世界市場:意思決定フレームワーク ・埋込用樹脂の世界市場:成長要因、課題 ・埋込用樹脂の世界市場:競争環境 …
  • 高血糖症(Hyperglycemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高血糖症(Hyperglycemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高血糖症(Hyperglycemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高血糖症(Hyperglycemia)の概要 ・高血糖症(Hyperglycemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高血糖症(Hyperglycemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高血糖症(Hyperglycemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • エッジAIハードウェアの世界市場予測(~2024年)
    エッジAIハードウェアの世界市場は、2019年の6億1,000万米ドルから2024年には15億5,930万米ドルに達し、この期間中20.64%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、エッジデバイスでの低レイテンシおよびリアルタイム処理に対する需要の高まりと、エッジコンピューティング向けAIコプロセッサの出現が考えられます。また、IoTでのエッジコンピューティングおよびオンデバイス画像分析専用のAIプロセッサに対する需要の増大も市場の成長に貢献する潜在的な機会となっています。一方で、市場成長の主な制約は、オンデバイストレーニングとAIエキスパートの数が限られていることです。消費電力とサイズの制約も、大きな課題をもたらしています。当調査レポートでは、エッジAIハードウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイス別(スマートフォン、カメラ、ロボット、自動車、スマートスピーカー、ウェアラブルデバイス、スマートミラー)分析、プロセッサ別(CPU、GPU、ASIC、その他)分析、消費電力別分析、プロセ …
  • 電子カルテの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、電子カルテの世界市場について調査・分析し、電子カルテの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子カルテの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子カルテの世界市場:セグメント別市場分析 ・電子カルテの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ドキソルビシンの世界市場分析:用途別(卵巣がん、多発性骨髄腫、カポジ肉腫、白血病、骨肉腫、乳房、子宮内膜がん、胃がん、肝臓がん、腎臓がん、他のがん)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、ドキソルビシンの世界市場について調査・分析し、ドキソルビシンの世界市場動向、ドキソルビシンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ドキソルビシン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エピクロロヒドリンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エピクロロヒドリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エピクロロヒドリンの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエピクロロヒドリンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はOlin、OSAKA SODA、Shandong Haili Chemical Industry、Solvay、Sumitomo Chemical、The Dow Chemical Company、Vinythai等です。
  • カーシェールの食べ物の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カーシェールの食べ物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、カーシェールの食べ物の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 暗号通貨の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、暗号通貨の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プロセス別(マイニング、トランザクション)分析、タイプ別分析、用途別(取引、送金、決済、電子商取引、小売)分析、暗号通貨の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のBcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 下垂足インプラントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、下垂足インプラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、下垂足インプラントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リン酸エステルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、リン酸エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫チェックポイント阻害剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、免疫チェックポイント阻害剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、免疫チェックポイント阻害剤市場規模、種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場概要 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場環境 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場動向 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場規模 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:業界構造分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:種類別(PD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、その他) ・免疫チェックポイント阻害剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・免疫チェックポイント阻害剤の北米市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・免疫チェックポイント阻害剤の主要国分析 ・免疫チェックポイント阻害 …
  • GNSSチップの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、GNSSチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、デバイス別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、GNSSチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"