"植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7358)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The plant-based protein market is projected to grow at a CAGR of 14.0%, in terms of value.”The global plant-based protein market is estimated to be valued at USD 18.5 billion in 2019 and is likely to reach USD 40.6 billion by 2025, growing at a CAGR of 14.0% during the forecast period. Plant-based protein plays a significant role by providing vital nutritional benefits through its applications in food, beverages, dairy alternatives, meat alternatives, protein bars & snacks, nutritional supplements, processed meat, poultry, and seafood, and sports nutrition. The market is experiencing positive growth worldwide. In the North American region, high growth is expected due to increase in population, with improving economic conditions, and growth in concerns toward health has led to a rise in the demand for nutritional food and healthy diets in the region. Owing to these factors, the market in the North American region is projected to grow at a significant rate.

The key players in the global plant-based protein market include Cargill Inc. (US), ADM (US), DuPont Danisco (US), Glanbia (Ireland), Kerry Group (Ireland), Tate & Lyle (UK), Ingredion Inc. (US), Burcon NutraScience Corporation (Canada), Royal DSM N.V. (Netherlands), Sotexpro S.A (France), Axiom Foods (US), and The Scoular Company (US).

“The soy segment in plant-based protein market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the source, the soy segment is estimated to account for the largest share in the plant-based protein market in 2019. This segment is driven by the increasing popularity and rising demand for a high-protein diet among individuals. Soy protein helps to reduce the cholesterol level, improve metabolism, bone mineral density, and also reduce the risk of cancer. Soy protein isolates are used in applications such as nutritional bars, meat alternatives, bakery products, sports nutrition products, and beverages.

“The isolates segment in the plant-based protein market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on type, protein isolates contain a higher amount of protein along with greater digestibility. Isolates are demanded widely in protein and nutrition-oriented applications such as sports nutrition, protein beverages, and nutrition supplements. In recent years, they have been required more from athletes, bodybuilders, vegetarians, and have gained wide application in various beverages and dairy products, due to their different functional properties.

“The protein beverage segment in the plant-based protein market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Consumers are continually demanding beverages that provide sensory taste as well as nutritional benefits. The rise in the adoption of plant-based protein food & beverages owing to the awareness among consumers about the benefits offered by a plant-based diet is one of the major factors spurring the demand of plant-based protein beverages across the world. Moreover, in response to this trend, leading plant protein producers are introducing new and high-protein sources in the global market. For instance, DuPont Nutrition & Health expanded its plant-based protein product range with a new pea protein for beverages called TRUPRO 2000 Pea Protein in October 2018.

“The North American plant-based protein market is projected to witness significant growth.”
The presence of leading plant-based protein companies in North America, along with the availability of a variety of plant-based protein products that are made of different sources such as soy, wheat, pea, canola, and rice, is a key factor driving the North America plant-based protein market. According to the news website, “South China Morning Post,” the number of new US food and beverage products that mentioned “plant-based” grew by 268% between 2012 and 2018, which drove the demand for plant-based protein products in the region. Furthermore, consumers in the region are incorporating plant-based protein products in their daily routine diets, owing to the health concerns related to the consumption of animal protein products.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: C-level – 70%, Director-level – 20%, and Others* – 10%
 By Region: North America – 40%, Europe – 30%, Asia Pacific – 20%, and RoW**– 10%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report:
This report includes a study of marketing and development strategies along with the product portfolios of the leading companies in the plant-based protein market. It includes the profiles of leading companies such as Cargill Inc. (US), ADM (US), DuPont Danisco (US), Glanbia (Ireland), Kerry Group (Ireland), Tate & Lyle (UK), Ingredion Inc. (US), Burcon NutraScience Corporation (Canada), Royal DSM N.V. (Netherlands), Sotexpro S.A (France), Axiom Foods (US), and The Scoular Company (US).

Research Coverage:
The report segments the plant-based protein market based on source, application, type, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global plant-based high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.
Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the plant-based market.
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them.
• To gain insights about the major countries/regions, in which the plant-based market is gaining popularity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Plant-Based Protein Market
4.2 Plant-Based Protein Market, By Region
4.3 Plant-Based Protein Market, By Application
4.4 Asia Pacific: Plant-Based Protein Market, By Source & Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Trend of Health and Sustainability
5.2.1.2 Innovations in Terms of Integrating Plant-Based Proteins With Meat and Poultry Products
5.2.1.3 Increase in Cases of Lactose Intolerance and Milk Allergies
5.2.1.4 Growth in Investments in Plant-Based Food Businesses
5.2.1.5 Social Media Trends to Sway More Consumers Toward Plant-Based Proteins
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Allergies Associated With Plant-Based Protein Sources Such as Soy and Wheat
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Constant Rise in Demand for Food With Organic Ingredients
5.2.3.2 Immense Opportunity in the Need for Alternative Solutions to Meet the Increasing Meat Demand
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increase in Production of and Adulteration With Genetically Modified (GM) Soybean
5.2.4.2 Unpleasant Flavor of Soy Products
5.3 Regulatory Framework
5.3.1 Burning Issues Regarding Protein Intake
6 Plant-Based Protein Market, By Source (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Soy
6.2.1 Significant Rise in Demand for Soy as an Alternative to Meat Protein Sources
6.3 Wheat
6.3.1 Consumption of Wheat Protein to Be the Highest in Europe as Compared to Other Regions
6.4 Pea
6.4.1 Rise in Demand for Plant-Based Meat and Healthy Food Products to Drive This Segment
6.5 Others
6.5.1 Increase in Awareness Regarding Various Benefits Associated With the Consumption of Oats
7 Plant-Based Protein Market, By Application (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Protein Beverages
7.2.1 Growth in Awareness of the Benefits of Protein in their Diets
7.3 Dairy Alternatives
7.3.1 Higher Demand for Dairy Alternatives That Provide A Sensory Taste as Well as Nutritional Benefits
7.4 Meat Alternatives
7.4.1 Shift in Consumption Patterns in the North American Region Toward Meat-Free Products
7.5 Protein Bars
7.5.1 Owing to the High Nutrition Levels, Protein Bars are Gaining Importance Among Health-Conscious Consumers
7.6 Nutrition Supplements
7.6.1 Application of Plant-Based Proteins in Nutrition Supplements Attributed to their High Amino Acid Profile
7.7 Processed Meat, Poultry, and Seafood
7.7.1 Pea Proteins are Used By Processed Meat Manufacturers as A More Economical Replacement for Animal Meat
7.8 Bakery Products
7.8.1 Growth in Trend of Natural Nutrition, Healthy Living, and Organic Products has Significantly Fueled the Demand for Plant-Based Proteins
7.9 Convenience Food
7.9.1 Increase in Health Consciousness and Obesity Levels Have Compelled Consumers to Focus on Healthy Diets
7.1 Sports Nutrition
7.10.1 Protein Powders, Which are A Mainstay of Sports Nutrition Products, are in High Demand
8 Plant-Based Protein Market, By Type (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Isolates
8.2.1 Isolates to Witness High Growth Due to the Rising Awareness About Healthy Food Habits Among Consumers
8.3 Concentrates
8.3.1 Concentrates to Witness High Demand From the North American Packaged Food & Beverage Sector
8.4 Protein Flour
8.4.1 Fast-Paced Lifestyles in Developed and Developing Countries Drive the Demand for Protein Flour in Several Food Applications
9 Plant-Based Protein Market, By Region (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US is Largely Influenced By the Health & Wellness Trend
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Shift Toward Lower-Cost and Nutrition-Rich Plant-Based Dairy Alternatives in the Country
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Preference for A Healthy and Nutritional Diet Among Mexican Consumers has Resulted in Significant Demand for Protein-Rich Food Products
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Rise in Health Awareness, Along With the Increase in the Vegetarian and Vegan Population
9.3.2 France
9.3.2.1 The Well-Established Food Industry of France is Experiencing Significant Prevalence in Demand for Healthy, Nutritious, and Plant-Based Food Products
9.3.3 Switzerland
9.3.3.1 More Plant-Based Food & Beverage Players Entering the Swiss Market Due to the Massive Demand in the Country
9.3.4 UK
9.3.4.1 Plant-Based Drinks Have Been Largely Trending in the UK in Recent Years
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth in the Inclination of Millennials Toward Protein-Rich and Nutritious Food to Drive the Spanish Plant-Based Protein Market
9.3.6 Netherlands
9.3.6.1 Government Support Toward A Plant-Based Protein Diet
9.3.7 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Western Culture Encouraging Urban Chinese Consumers Toward Natural and Healthy Plant-Based Food
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Aging Population of Japan Opt for Plant-Based Healthy Food Options
9.4.3 India
9.4.3.1 Increase in Demand for Plant-Based Performance Nutrition Products to Drive the Demand in India
9.4.4 Australia & New Zealand
9.4.4.1 Increase in Demand for Functional Food & Beverages With Natural Ingredients Observed in these Two Countries
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Increase in Preferences Toward Plant-Based Food and Protein
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Greater Awareness Among Consumers About the Benefits of Food & Beverages Products With Natural Ingredients
10 Competitive Landscape (Page No. – 105)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Ranking of Key Players, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launches & Approvals
10.4.2 Expansions & Investments
10.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 113)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Glanbia
11.2 Cargill
11.3 ADM
11.4 DowDuPont
11.5 Kerry
11.6 Ingredion
11.7 Tate & Lyle
11.8 Royal DSM
11.9 Burcon Nutrascience Corporation
11.10 The Scoular Company
11.11 Axiom Foods
11.12 Sotexpro S.A
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 140)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7358
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 窒素置換装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、窒素置換装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、窒素置換装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は窒素置換装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Air Products and Chemicals• AQUILA ENGINEERS• GTS • Liquid Packaging Solutions (LPS)• Pepperl+Fuchs等です。
  • フィンランドの股関節再建装置市場見通し
  • スペインの小関節処置動向(~2021)
  • 自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場予測(~2024年):ロボット、ASRS、コンベヤ・仕分け装置、クレーン、AGV
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(ロボット、ASRS、コンベヤ・仕分け装置、クレーン、AGV)分析、システムタイプ(ユニットロード、ばら荷)分析、ソフトウェア・サービス分析、機能分析、自動マテリアルハンドリング(AMH)装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場
    ※本調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、腎細胞癌治療薬の世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の発酵用化学薬品市場予測2015-2023
    本調査レポートでは、北米の発酵用化学薬品市場について調査・分析し、北米の発酵用化学薬品市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 大腿骨ステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、大腿骨ステムの世界市場について調べ、大腿骨ステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、大腿骨ステムの市場規模をセグメンテーション別(造付別(非セメント製大腿骨ステム、セメント製大腿骨ステム)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は大腿骨ステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・大腿骨ステムの市場状況 ・大腿骨ステムの市場規模 ・大腿骨ステムの市場予測 ・大腿骨ステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:造付別(非セメント製大腿骨ステム、セメント製大腿骨ステム) ・大腿骨ステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場について調査・分析し、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のマニキュア道具市場2015
    本調査レポートでは、世界のマニキュア道具市場2015について調査・分析し、マニキュア道具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis)の概要 ・細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の細菌性(化膿性)髄膜炎(Bacterial (Pyogenic) Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • 世界のポリエステル・ゲルコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエステル・ゲルコート市場2015について調査・分析し、ポリエステル・ゲルコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 治験管理システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、治験管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、導入形式別分析、種類別分析、構成要素別分析、治験管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチドローンの世界市場予測(~2023年):レーザー、キネティック、電子
    当調査レポートでは、アンチドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、アンチドローンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓人工弁市場(~2021)
  • 動物用ワクチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、動物用ワクチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動物用ワクチンの世界市場:市場動向分析 - 動物用ワクチンの世界市場:競争要因分析 - 動物用ワクチンの世界市場:製品別 ・減弱化生ワクチン ・結合型ワクチン ・DNAワクチン ・不活化ワクチン ・組換えワクチン ・サブユニットワクチン ・トキソイドワクチン - 動物用ワクチンの世界市場:病気別 ・コンパニオン・アニマルの病気 ・鶏の病気 ・豚の病気 ・馬の病気 ・家畜の病気 ・養殖時の病気 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:流通チャネル別 ・動物病院 ・獣医診療所 ・開業薬局 ・動物病研究機関 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:主要地域別分析 - 動物用ワクチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 動物用ワクチンのヨーロッパ市場規模 - 動物用ワクチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・動物用ワクチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 歯内用品の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、歯内用品の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、製品別(歯内バーと栓塞子、歯内スケーラー、歯内治療用ファイル)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・歯内用品の世界市場:製品別(歯内バーと栓塞子、歯内スケーラー、歯内治療用ファイル) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • スイスの心臓律動管理装置市場見通し
  • ベビー用トイレタリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー用トイレタリーの世界市場について調べ、ベビー用トイレタリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー用トイレタリーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー用トイレタリーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー用トイレタリーの市場状況 ・ベビー用トイレタリーの市場規模 ・ベビー用トイレタリーの市場予測 ・ベビー用トイレタリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー用トイレタリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業 …
  • アイルランドのオーソバイオロジクス市場見通し
  • ポリアルキレングリコールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリアルキレングリコールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリアルキレングリコール市場規模、製品別(ポリプロピレングリコール、ポリエチレングリコール)分析、用途別(ポリウレタンフォーム、潤滑油、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリアルキレングリコールの世界市場概要 ・ポリアルキレングリコールの世界市場環境 ・ポリアルキレングリコールの世界市場動向 ・ポリアルキレングリコールの世界市場規模 ・ポリアルキレングリコールの世界市場:業界構造分析 ・ポリアルキレングリコールの世界市場:製品別(ポリプロピレングリコール、ポリエチレングリコール) ・ポリアルキレングリコールの世界市場:用途別(ポリウレタンフォーム、潤滑油、パーソナルケア、医薬品、その他) ・ポリアルキレングリコールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリアルキレングリコールのアメリカ市場規模・予測 ・ポリアルキ …
  • 遺伝子治療の世界市場:研究開発および売上予測2016-2026
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・遺伝子治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・遺伝子治療の世界市場:疾患別市場分析 ・遺伝子治療の研究開発パイプライン分析・予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • インテリジェント聴力保護具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インテリジェント聴力保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント聴力保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの股関節再建市場動向(~2021)
  • 世界主要国における微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)市場2018-2023
    本調査レポートでは、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場について調査・分析し、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化)、用途別市場規模(工業用プラスチック、インク、塗料、潤滑油・グリース、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の企業別市場シェア ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の地域別市場規模 ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の種類別市場規模(モノマーの重合、樹脂の劣化) ・微粒ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の用途別市場 …
  • オーストラリアのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 世界の大判インクジェットプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界の大判インクジェットプリンター市場2015について調査・分析し、大判インクジェットプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵・冷凍倉庫の世界市場予測(~2022年):噴射冷却、蒸気圧縮、PLC、気化冷却
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、冷蔵・冷凍倉庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、温度別分析、用途別分析、地域別分析、冷蔵・冷凍倉庫の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレーバーヨーグルトの世界市場:フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他)、種類別(有機型、従来型)
    本調査レポートでは、フレーバーヨーグルトの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他)分析、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他)分析、種類別(有機型、従来型)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フレーバーヨーグルトの世界市場:フレーバー別(イチゴ、バニラ、ピーチ、ブルーベリー、その他) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマース、その他) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:種類別(有機型、従来型) ・フレーバーヨーグルトの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ロシアの心臓補助装置市場(~2021)
  • 機能性炭水化物の世界市場:イソモルト、パラチノース、シクロデキストリン、カードラン
    当調査レポートでは、機能性炭水化物の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(イソマルト、パラチノース、シクロデキストリン、カードランなど)分析、用途別(食品、飲料、化粧品、パーソナルケア、医薬品/栄養補助食品、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・機能性炭水化物の世界市場:種類別(イソマルト、パラチノース、シクロデキストリン、カードランなど) ・機能性炭水化物の世界市場:用途別(食品、飲料、化粧品、パーソナルケア、医薬品/栄養補助食品、その他) ・機能性炭水化物の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 安全ゴーグル・保護メガネの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、安全ゴーグル・保護メガネの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、安全ゴーグル・保護メガネの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場分析:原材料別(繊維セメント、複合材料、高圧ラミネート(HPL)、金属、テラコッタ、セラミック)、用途別(住宅、商業、オフィス、機関、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 半導体IPの世界市場:デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他)、IPソース別(ライセンス契約、ロイヤルティ、サービス)、用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他)
    本資料は、半導体IPの世界市場について調べ、半導体IPの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他)分析、用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・半導体IPの世界市場概要 ・半導体IPの世界市場環境 ・半導体IPの世界市場動向 ・半導体IPの世界市場規模 ・半導体IPの世界市場:市場シェア ・半導体IPの世界市場:デザインIP別(プロセッサーIP、インターフェイスIP、メモリIP、その他) ・半導体IPの世界市場:IPソース別(ライセンス契約、ロイヤルティ、サービス) ・半導体IPの世界市場:用途別(民生機器、テレコム、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、農業、その他) ・半導体IPの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体IPの北米市場規模・予測 ・半導体IPのアメリカ市場規模・予測 ・半導体IPのヨーロ …
  • インドのアクリロニトリル市場(~2019)
  • ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)血液検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Danaher, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthcare, Sysmexなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検 …
  • 世界のプロトン交換膜型燃料電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロトン交換膜型燃料電池市場2015について調査・分析し、プロトン交換膜型燃料電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)、形状別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場について調べ、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)分析、形状別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場概要 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場環境 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場動向 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建) ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:形状別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:最終用途別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の北米市場規模・予測 ・ティッシ …
  • 偽造防止包装の世界市場:RFID、コーディング/印刷、ホログラム、セキュリティラベル
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用燃料電池市場:コンポーネント別(燃料プロセッサー、燃料スタック、パワーコンディショナー、空気圧縮機、加湿器)、出力別( 250kW)、H2燃料ステーション別、車両タイプ別(PC、LCV、トラック、バス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、自動車用燃料電池の世界市場規模が2020年13.6千台から2028年932.6千台まで年平均69.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の自動車用燃料電池市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、コンポーネント別(燃料スタック、燃料プロセッサー、パワーコンディショナー、空気圧縮機、加湿器)分析、電力出力別(250 kW)分析、車種別(乗用車、LCV、バス、トラック)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の自動車用燃料電池市場:コンポーネント別(燃料スタック、燃料プロセッサー、パワーコンディショナー、空気圧縮機、加湿器) ・世界の自動車用燃料電池市場:電力出力別(250 kW) ・世界の自動車用燃料電池市場:車種別(乗用車、LCV、バス、トラック) ・世界の自動車用燃料電池市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ベーカリー&シリアルの日本市場
  • レジャーボートの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、レジャーボートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レジャーボート市場規模、製品別(ファウルリリースコーティング、防汚コーティング、防錆コーティング、その他)分析、動力別(非電動、電動)分析、種類別(船内ボート、船尾駆動ボート、個人用ウォータークラフト、船外機用ボート、セイルボート、その他)分析、装置別(IoTセンサー、テレマティックスソリューション、モニタリング機器、水検知センサー、温度・モーションセンサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レジャーボートの世界市場:市場動向分析 ・ レジャーボートの世界市場:競争要因分析 ・ レジャーボートの世界市場:製品別(ファウルリリースコーティング、防汚コーティング、防錆コーティング、その他) ・ レジャーボートの世界市場:動力別(非電動、電動) ・ レジャーボートの世界市場:種類別(船内ボート、船尾駆動ボート、個人用ウォータークラフト、船外機用ボート、セイルボート、 …
  • QSFPモジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、QSFPモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、QSFPモジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • EPDM(エチレンプロピレンジエンモノマー)の世界市場動向および予測(~2020)
    当調査レポートでは、EPDM(エチレンプロピレンジエンモノマー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場:種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)、地域別予測
    本資料は、G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場について調べ、G-CSF製剤バイオシミラーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)分析、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer 、Novartis、Roche、Merck & Co.、Sanofi、Johnson & Johnson、Gilead Science、GlaxoSmithKline、AbbVie、Amgen、AstraZeneca 、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場概要 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場環境 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場動向 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場規模 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場 …
  • 膝用パッドの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、膝用パッドの世界市場について調べ、膝用パッドの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、膝用パッドの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個々、産業用)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は膝用パッドの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・膝用パッドの市場状況 ・膝用パッドの市場規模 ・膝用パッドの市場予測 ・膝用パッドの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(個々、産業用) ・膝用パッドの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • セルラーIoTの世界市場予測(~2021):提供方法別(ハードウェアとソフトウェア)、種類別(2G、3G、4G、LTE-M、NB-LTE-M、NB-10T、5G)、最終用途別(自動車・輸送、エネルギー、製造業、小売、ビルディングオートメーションとスマートシティ)、地域別
    当調査レポートでは、セルラーIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、提供方式別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、セルラーIoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レイノー病(Raynauds Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるレイノー病(Raynauds Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、レイノー病(Raynauds Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・レイノー病(Raynauds Disease)の概要 ・レイノー病(Raynauds Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のレイノー病(Raynauds Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レイノー病(Raynauds Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • ニュートリコスメティクスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ニュートリコスメティクスの世界市場について調べ、ニュートリコスメティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニュートリコスメティクスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(栄養補助食品、食品&飲料)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はニュートリコスメティクスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ニュートリコスメティクスの市場状況 ・ニュートリコスメティクスの市場規模 ・ニュートリコスメティクスの市場予測 ・ニュートリコスメティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(栄養補助食品、食品&飲料) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ニュートリコスメティクスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"