"キャストアクリルシートの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 5955)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"キャストアクリルシートの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing usage of cast acrylic sheet as a replacement to glass to drive market growth”The cast acrylic sheet market size is expected to grow from USD 3.0 billion in 2019 to USD 4.1 billion by 2024, at a compound annual growth rate (CAGR) of 6.4% during the forecast period. The cast acrylic sheet industry is driven by various factors such as its usage in a wide range of applications, excellent mechanical & chemical properties, and lightweight and low handling cost as compared to glass. Cast acrylic sheet is also safer than glass as it does not shatter, and unlike glass shards, broken cast acrylic sheet pieces are not sharp. These properties will drive the demand for cast acrylic sheet during the forecast period.

“Cell Cast process type is expected to grow at a higher CAGR during the forecast period.”
Cell cast process type was the largest and likely to be the fastest-growing process for cast acrylic sheet market during the forecast period. The cell cast process is easier and requires low set-up cost. The cell cast process type is labor-intensive, and the process produces better-saturated color. It also possesses an improved impact resistance and optical clarity. These factors have supported the growth of cell cast acrylic sheet market during the forecast period.

“Signage & display application to record the fastest growth during the forecast period.”
Use of cast acrylic sheet in signage & display application is increasing at a fast pace and has become the largest application. The lightweight of the material ,and high permeability of light allowed by cast acrylic sheet has led the advertisers to chose cast acrylic sheet over other materials, especially in Out-of-home advertising applications. The easy machinability and availability in various designs have led the architects and builders in selecting the material for architecture & design application. These factors will drive the demand for cast acrylic sheet during the forecast period.

“APAC to be the largest and fastest-growing market during the forecast period”
APAC to be the largest and fastest-growing market during the forecast period. The major countries in the region include China, India, Japan, and Indonesia. Rising income levels in these countries have led to an increase in demand for high-quality material, increasing urbanization and rapid infrastructure development has resulted in the growth of cast acrylic sheet in the region during the forecast period.

By Company type: Tier1:30% Tier2:50% Tier3:20%
By Designation: C-level executives: 40% Directors: 20% and Others: 40%
By Region: North America: 10% Europe: 40% APAC: 30% South America: 10% Middle East & Africa: 10%

The cast acrylic sheet market is highly fragmented and comprises of major players such as, Mitsubishi Chemical Corporation (Japan), 3A Composites (Switzerland), Altuglas International (France), Aristech Acrylics (US), Madreperla (Italy), Gevacril (US), Margacipta Wirasentosa (Indonesia), Astari Niagra (Indonesia), Spartech (US), Asia Poly (Malaysia), Ray Chung Acrylic Enterprise (Taiwan), GRUPO IRPEN (Spain), Polyplastic (Netherland), Jokema Industry (Taiwan), Acrilex (US), Shanghai Acrylic (Cast) Chemical Corporation (China), Limacryl (Belgium), Lei Mei Acrylic (Dongguan) Co., Ltd. (China), Nitto Jushi Kogyo Co., Ltd (Japan), and UB Acrylics (Indonesia).

Research Coverage
This research report categorizes the global Cast acrylic sheet market based on type, end-use industry, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, opportunities, and challenges. Detailed analysis of the key market players provides insights into business overviews, services, key strategies, and recent developments associated with the market.

Reasons to Buy the Report
The report will help the leaders/new entrants in this market in the following ways:

1. This report segments the global cast acrylic sheet market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes expansions, acquisitions, and agreements.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"キャストアクリルシートの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Cast Acrylic Sheet Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply-Side Analysis
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 at tractive Opportunities in the Cast Acrylic Sheet Market
4.2 APAC Cast Acrylic Sheet Market, By Application and Country, 2018
4.3 Cast Acrylic Sheet Market, By Process Type
4.4 Cast Acrylic Sheet Market, By Application
4.5 Cast Acrylic Sheet Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Better Chemical and Mechanical Properties as Compared to Glass
5.2.1.2 Wide Range of Applications
5.2.1.3 Growing Demand for Lightweight Materials in End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low Melting Point and Health Hazards From Burning Or Heating of Cast Acrylic Sheet
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Replacement of Traditional Glass Screens With Cast Acrylic Sheet
5.2.3.2 Growing Retail Market in Developing Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Drop in Raw Material Production
5.2.4.2 Presence of A Large Number of Substitutes
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Pricing Analysis
5.5 Yc, Ycc Drivers
6 Cast Acrylic Sheet Market, By Process Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Continuous Cast Acrylic Sheet
6.2.1 Less Labor-Intensive and Competitive Price of the Sheet are Expected to Boost Its Demand
6.3 Cell Cast Acrylic Sheet
6.3.1 Better Optical Clarity and Greater Surface Hardness Properties are Driving the Demand for Cell Cast Acrylic Sheet
7 Cast Acrylic Sheet Market, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Signage & Display
7.2.1 Increasing Demand for Display Screens, Cover Panels, and Touchscreens Will Drive the Market in This Segment
7.3 Sanitaryware
7.3.1 Better Combination of Properties is Driving the Demand for Cast Acrylic Sheets in This Segment
7.4 Architecture & Interior Design
7.4.1 Weather Resistance Capability Along With Lightweight and Easy Fabrication is Boosting the Demand for Cast Acrylic Sheet
7.5 Transportation
7.5.1 Increasing Focus on Reducing Vehicle Weight Will Spur the Demand for Cast Acrylic Sheet
7.6 Medical
7.6.1 Excellent Light Permeability Among All Other Substitutes is Increasing the Demand for Cast Acrylic Sheet in This Application
7.7 Food & Catering
7.7.1 Increasing Demand for Processed Food Will Drive the Market in the Segment
7.8 Others
8 Cast Acrylic Sheet Market, By Region (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increasing Investments in Ooh Advertising Will Drive the Demand for Cast Acrylic Sheets
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Growth in Digital Outdoor Display and Transportation Sectors Will Drive the Demand
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Increase in Manufacturing Activities and Digital Advertisement to Boost the Market Growth
8.3 APAC
8.3.1 China
8.3.1.1 Increasing Display Production in the Country Will Drive the Market
8.3.2 Japan
8.3.2.1 Strong Presence of High-Tech Electronic Product Manufacturing Will Fuel the Market
8.3.3 India
8.3.3.1 Growing Economy and Increasing Fdi in the Country Will Foster the Market Growth
8.3.4 South Korea
8.3.4.1 Growing Market for Lcd and Led Displays to Drive the Demand for Cast Acrylic Sheets
8.3.5 Indonesia
8.3.5.1 Booming Tourism Industry to Drive the Cast Acrylic Sheet Market
8.3.6 Thailand
8.3.7 Rest of APAC
8.4 Europe
8.4.1 UK
8.4.1.1 Increasing Popularity of High-Tech Toilets and Ultra-Modern Bathrooms Concept to Drive the Market
8.4.2 Germany
8.4.2.1 Growth in Digitalization and Automation Will Drive the Market
8.4.3 France
8.4.3.1 Increasing Demand for Aircraft and Investment in Renewable and Sustainable Energy Infrastructure Will Fuel the Growth
8.4.4 Italy
8.4.4.1 Significant Production of Sanitaryware Will Drive the Consumption of Cast Acrylic Sheet
8.4.5 Rest of Europe
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Sanitaryware is the Largest and Fastest-Growing Application of Cast Acrylic Sheet in Saudi Arabia
8.5.2 UAE
8.5.2.1 Demand for Architectural Glazing and Increasing Tourism Will Fuel the Market Growth
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Modernization of Healthcare Facilities and Usage of High-Quality Equipment Spurring the Demand for Cast Acrylic Sheet
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Rise in Investments in Oil & Gas and Wind Power Industries to Drive the Market for Cast Acrylic Sheet
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 109)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Expansion
9.2.2 Merger & Acquisition
9.2.3 New Product Launch
10 Company Profiles (Page No. – 112)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Mitsubishi Chemical Corporation
10.2 Altuglas International
10.3 3A Composites
10.4 Aristech Acrylics
10.5 Madreperla
10.6 Gevacril
10.7 Margacipta Wirasentosa
10.8 Astari Niagra
10.9 Spartech
10.10 Asia Poly
10.11 Other Key Players
10.11.1 Ray Chung Acrylic Enterprise
10.11.2 GRUPO IRPEN
10.11.3 Polyplastic
10.11.4 Jokema Industry
10.11.5 Acrilex
10.11.6 Shanghai Acrylic (Cast) Chemical Corporation
10.11.7 Limacryl
10.11.8 Lei Mei Acrylic (Dongguan)
10.11.9 Nitto Jushi Kogyo
10.11.10 UB Acrylics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 132)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】キャストアクリルシートの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 5955
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
キャストアクリルシートの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 獣医用・動物用ワクチンの世界市場の規模・予測2014-2025:製品別(弱毒性化、不活性化、サブユニット、DNAおよび組換え)、動物のタイプ別(ペット、牛、鶏、馬)
    本調査レポートでは、獣医用・動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、獣医用・動物用ワクチンの世界市場動向、獣医用・動物用ワクチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別獣医用・動物用ワクチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車産業用ロボットの世界市場:マテリアルハンドリングロボット、組み立てロボット、溶接ロボット、塗装ロボット
    当調査レポートでは、自動車産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • GPS追跡装置の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、GPS追跡装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、導入方式別分析、産業別分析、地域別分析、GPS追跡装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メラミンの世界市場
    当調査レポートでは、メラミンの世界市場について調査・分析し、メラミンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 予備電力レンタルの世界市場
    当調査レポートでは、予備電力レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、予備電力レンタルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症サーベイランスソリューションの世界市場:ソフトウェア、サービス、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、感染症サーベイランスソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙染料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、紙染料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紙染料市場規模、形態別(液体、粉末)分析、用途別(包装・ボード、紙印字・印刷、コート紙、ティッシュペーパー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Archroma,, Atul, BASF, DyStar Singapore, Kemiraなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紙染料の世界市場概要 ・紙染料の世界市場環境 ・紙染料の世界市場動向 ・紙染料の世界市場規模 ・紙染料の世界市場:業界構造分析 ・紙染料の世界市場:形態別(液体、粉末) ・紙染料の世界市場:用途別(包装・ボード、紙印字・印刷、コート紙、ティッシュペーパー、その他) ・紙染料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・紙染料の北米市場規模・予測 ・紙染料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・紙染料のアジア太平洋市場規模・予測 ・紙染料の主要国分析 ・紙染料の世界市場:意思決定フレームワーク ・紙染 …
  • 特殊紙の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊紙市場規模、種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他)分析、原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他)分析、用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊紙の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊紙の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊紙の世界市場:種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他) ・ 特殊紙の世界市場:原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他) ・ 特殊紙の世界市場:用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気 …
  • 世界のギプス包帯市場2015
    本調査レポートでは、世界のギプス包帯市場2015について調査・分析し、ギプス包帯の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート家電の世界市場:スマートキッチン、スマート洗濯機
    当調査レポートでは、スマート家電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート家電の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水力/油圧装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、水力/油圧装置の世界市場について調査・分析し、水力/油圧装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水力/油圧装置の世界市場:市場動向分析 - 水力/油圧装置の世界市場:競争要因分析 - 水力/油圧装置の世界市場:用途別 産業用 自動車市場 その他の用途 - 水力/油圧装置の世界市場:圧力段階別 750-2000 PSI 2000-3000 PSI 0-750 PSI >3000 PSI - 水力/油圧装置の世界市場:主要地域別分析 - 水力/油圧装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 水力/油圧装置のヨーロッパ市場規模 - 水力/油圧装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水力/油圧装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 航空機用タイヤの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空機用タイヤの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用タイヤ市場規模、タイヤ種類別(バイアスタイヤ、ラジアルタイヤ)分析、顧客タイプ別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空機用タイヤの世界市場概要 ・航空機用タイヤの世界市場環境 ・航空機用タイヤの世界市場動向 ・航空機用タイヤの世界市場規模 ・航空機用タイヤの世界市場:業界構造分析 ・航空機用タイヤの世界市場:タイヤ種類別(バイアスタイヤ、ラジアルタイヤ) ・航空機用タイヤの世界市場:顧客タイプ別(アフターマーケット、OEM) ・航空機用タイヤの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機用タイヤのアメリカ市場規模・予測 ・航空機用タイヤのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機用タイヤのアジア市場規模・予測 ・航空機用タイヤの主要国分析 ・航空機用タイヤの世界市場:意思決定フレームワーク ・航空機用タイヤの世界市場:成長要因 …
  • ビール加工の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ビール加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、醸造所種類別(大酒造、小酒造、醸造パブ、地域的)分析、ビール種類別(ラガー、エール&スタウト、スペシャルティビール、低アルコールビール)分析、流通チャンネル別分析、価格区分別分析、ビール加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビール加工の世界市場規模が2019年6607億ドルから2025年8154億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。
  • フラットパネルディスプレイ装置の世界市場2017-2021:家電、自動車、その他
    当調査レポートでは、フラットパネルディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラットパネルディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場について調査・分析し、アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・アルツハイマー病治療薬および診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 化粧品防腐剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、化粧品防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品防腐剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 音声生成装置の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、音声生成装置の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・音声生成装置の世界市場:イントロダクション ・音声生成装置の世界市場:市場概観 ・音声生成装置の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・音声生成装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・音声生成装置の世界市場:発話障害の原因別分析/市場規模 ・音声生成装置の世界市場:障害種類別分析/市場規模 ・音声生成装置の世界市場:アウトプットモード別分析/市場規模 ・音声生成装置の世界市場:会話装置別分析/市場規模 ・音声生成装置の世界市場:主要地域別市場分析 ・音声生成装置の世界市場:関連企業分析
  • 食品検査機器及び消耗品の世界市場2017-2021:PCRシステム、クロマトグラフィーシステム、MSシステム、免疫測定システム、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品検査機器及び消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品検査機器及び消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品検査機器及び消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、BioMérieux、Danaher、Shimadzu等です。
  • 溶射の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶射の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶射市場規模、エンドユーザー別(タービンメーカー、その他、自動車メーカー)分析、製品別(コーティングサービス、溶射材料、溶射装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶射の世界市場概要 ・溶射の世界市場環境 ・溶射の世界市場動向 ・溶射の世界市場規模 ・溶射の世界市場:業界構造分析 ・溶射の世界市場:エンドユーザー別(タービンメーカー、その他、自動車メーカー) ・溶射の世界市場:製品別(コーティングサービス、溶射材料、溶射装置) ・溶射の世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶射の北米市場規模・予測 ・溶射のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・溶射のアジア太平洋市場規模・予測 ・溶射の主要国分析 ・溶射の世界市場:意思決定フレームワーク ・溶射の世界市場:成長要因、課題 ・溶射の世界市場:競争環境 ・溶射の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は …
  • 自動車レーダーアプリケーションの世界市場予測
  • 禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場
    当調査レポートでは、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場について調査・分析し、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用エアフレッシュナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用エアフレッシュナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エアフレッシュナー市場規模、種類別(スプレー型、蒸発式、電気式)分析、製品別(ゲル・缶、紙箱入り、スプレー/エアゾール、送風口用・クリップ型、その他)分析、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:種類別(スプレー型、蒸発式、電気式) ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:製品別(ゲル・缶、紙箱入り、スプレー/エアゾール、送風口用・クリップ型、その他) ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・ 自動車用エアフレッシュナーの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動車用エアフレッシュナーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動車用エアフレッシュナーのヨ …
  • グルジアのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のトップ幹細胞企業分析:アメリカ、ヨーロッパ、イスラエル、アジア
  • グリーン包装のアジア太平洋市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリーン包装のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン包装のアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリーン包装のアジア太平洋市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Amcor、Berry、DS Smith、Sealed Air、Tetra Pack等です。
  • 未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の概要 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未熟児網膜症(Retinopathy …
  • 船舶用電子機器の世界市場2017-2021:ソナーシステム、レーダー、GPSトラッキングデバイス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用電子機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用電子機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用電子機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.77%成長すると予測しています。
  • ワイヤレスヘッドフォンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスヘッドフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレスヘッドフォン市場規模、種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場概要 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場環境 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場動向 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場規模 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:業界構造分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー) ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレスヘッドフォンのアメリカ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのヨーロッパ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのアジア市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンの主要国分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:意思決定フレームワーク ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:成長 …
  • モーターモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    モーターモニタリングの世界市場は、2018年の16億米ドルから2023年には23億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、予測保全に対する注目の高まり、モーターの故障による収益損失を最小限に抑える必要性が高まっていること、産業分野における無線技術の人気の高まりが考えられます。一方で、モーターモニタリング技術の予測能力に対する信頼性の欠如は、市場の成長を抑制する主な要因とされています。当調査レポートでは、モーターモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア)分析、モニタリングプロセス(オンライン、ポータブル)分析、導入分析、産業(石油・ガス、発電、金属・鉱業、上下水道、自動車)分析、モーターモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 廃熱ボイラーの世界市場:廃熱原別(石油エンジン排気ガス、ガスエンジン排気ガス、ガスタービン排気ガス、焼却炉流出ガス、炉ガス、その他)、廃熱温度別、地域別予測
    本資料は、廃熱ボイラーの世界市場について調べ、廃熱ボイラーの世界規模、市場動向、市場環境、廃熱原別(石油エンジン排気ガス、ガスエンジン排気ガス、ガスタービン排気ガス、焼却炉流出ガス、炉ガス、その他)分析、廃熱温度別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・廃熱ボイラーの世界市場概要 ・廃熱ボイラーの世界市場環境 ・廃熱ボイラーの世界市場動向 ・廃熱ボイラーの世界市場規模 ・廃熱ボイラーの世界市場規模:廃熱原別(石油エンジン排気ガス、ガスエンジン排気ガス、ガスタービン排気ガス、焼却炉流出ガス、炉ガス、その他) ・廃熱ボイラーの世界市場規模:廃熱温度別 ・廃熱ボイラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・廃熱ボイラーの北米市場規模・予測 ・廃熱ボイラーのアメリカ市場規模・予測 ・廃熱ボイラーのヨーロッパ市場規模・予測 ・廃熱ボイラーのアジア市場規模・予測 ・廃熱ボイラーの日本市場規模・予測 ・廃熱ボイラーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 工業用酵素の世界市場予測(~2022年):アミラーゼ、セルラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、フィターゼ
    当調査レポートでは、工業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、工業用酵素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器疾患検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AWAY、Barracuda、Bluesmart、FUGU LUGGAGE、RADEN、Trunkster等です。
  • ケシ種子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ケシ種子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケシ種子市場規模、形態別(ドライシート、油、パウダー)分析、用途別(食品、化粧品・パーソナルケア)分析、流通経路別(間接販売、直販)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ケシ種子の世界市場:市場動向分析 ・ ケシ種子の世界市場:競争要因分析 ・ ケシ種子の世界市場:形態別(ドライシート、油、パウダー) ・ ケシ種子の世界市場:用途別(食品、化粧品・パーソナルケア) ・ ケシ種子の世界市場:流通経路別(間接販売、直販) ・ ケシ種子の世界市場:主要地域別分析 ・ ケシ種子の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ケシ種子のヨーロッパ市場規模 ・ ケシ種子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ケシ種子の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 段ボール包装の世界市場:製品タイプ別(片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール、複々両面段ボール)、梱包タイプ別(箱、木枠、トレイ、オクタビン、パレット、その他)、エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子機器、ホームケア用品、パーソナルケア用品、Eコマース、輸送・物流、ヘルスケア、その他)、地域別予測
    本資料は、段ボール包装の世界市場について調べ、段ボール包装の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール、複々両面段ボール)分析、梱包タイプ別(箱、木枠、トレイ、オクタビン、パレット、その他)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子機器、ホームケア用品、パーソナルケア用品、Eコマース、輸送・物流、ヘルスケア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはRengo Co, Ltd、Saica Group、OJI Holdings Corporation、Packaging Corporation of America、DS Smith Packaging Limited、Mondi Group、Georgia Pacific LLC 、Westrock Company、Pratt Industries Inc、Menasha Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・段ボール包装の …
  • 熱電素子の世界市場
    当調査レポートでは、熱電素子の世界市場について調査・分析し、熱電素子の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 韓国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 世界の特殊ファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊ファイバー市場2015について調査・分析し、特殊ファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三ふっ化ほう素市場2016
    本調査レポートでは、世界の三ふっ化ほう素市場2016について調査・分析し、三ふっ化ほう素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • アデノシンA3受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA3受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA3受容体アゴニストの概要 ・アデノシンA3受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA3受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA3受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA3受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 戦術用コンピュータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、戦術用コンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、戦術用コンピュータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、保険詐欺検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(不正分析、認証、GRC)、サービス)分析、用途範囲別(請求詐欺、個人情報盗難、支払い・請求詐欺、マネーロンダリング)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、保険詐欺検知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、保険詐欺検知の世界市場規模が2019年25億ドルから2024年79億ドルまで年平均25.8%成長すると予測しています。
  • 精神分裂病(Schizophrenia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精神分裂病(Schizophrenia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精神分裂病(Schizophrenia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精神分裂病(Schizophrenia)のフェーズ3治験薬の状況 ・精神分裂病(Schizophrenia)治療薬の市場規模(販売予測) ・精神分裂病(Schizophrenia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・精神分裂病(Schizophrenia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の精神分裂病(Schizophrenia)治療薬剤
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HVAC(空調)機器の世界市場
    当調査レポートでは、HVAC(空調)機器の世界市場について調査・分析し、HVAC(空調)機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調べ、自動車用ディスプレイシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ディスプレイシステムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット)、種類別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ディスプレイシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ディスプレイシステムの市場状況 ・自動車用ディスプレイシステムの市場規模 ・自動車用ディスプレイシステムの市場予測 ・自動車用ディスプレイシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット) ・市場セグメンテーション:種類別 ・自動車用ディスプレイシステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析   …
  • 世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用ウェアラブル装置の世界市場規模が2019年11億ドルから2024年86億ドルまで年平均50.2%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用ウェアラブル装置市場について調査・分析し、市場概要、装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他)分析、コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパッド&センサー、接続コンポーネント、カメラモジュール、その他)分析、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他) ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパ …
  • 世界の棺トロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界の棺トロリー市場2016について調査・分析し、棺トロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"