"ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7362)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand for hybrid valve from the oil & gas and energy & power industries drives market growthThe hybrid valve market size is expected to grow at a CAGR of 6.4 % from 2019 to 2024, to reach USD 1.4 billion by 2024 from USD 1.0 billion in 2019. The need for controlling excessive noise, pressure, vibration, and cavitation in critical processes; and corrosion problems in the oil & gas are among the key driving factors for the hybrid valve industry. 3D printers in manufacturing lines and an increase in the number of refineries and petrochemicals and chemicals plants worldwide are fueling the growth of the market. However, high fabrication cost can hinder the growth.

The market for 1” to 6” hybrid valves to witness significant growth during the forecast period
The hybrid valve market, by size, is segmented into Up to 1”, 1”-6”, 6”-25”, 25”-50”, and 50” and larger. The 1”-6” hybrid valves segment is expected to witness significant growth during the forecast period. This growth is attributed to the increasing use of 1”-6” hybrid valves across several industries such as oil & gas, energy & power, food & beverage, and pharmaceuticals. These valves are used in pipeline applications to control the pressure and flow in water, oil, slurries, and chemicals.
APAC to hold the largest share of the market from 2019 to 2024

In terms of market size, APAC is expected to dominate the hybrid valve market share during the forecast period as it is likely to witness significant growth in the said market during the forecast period. High demand for modified infrastructure in emerging economies, heavy use of transportation, and the need for water reuse in this region would drive the market in the next few years.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key officials in the hybrid valve market. Following is the breakup of the profiles of primary participants for the report.
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Directors – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 5%
The report profiles key players in the hybrid valve market and analyzes their market rankings. Players profiled in this report are Emerson Electric Co. (US), IMI Plc. (Finland), Trillium Flow Technologies (US), Circor International Inc (US), Parcol S.P.A. (Switzerland), KOSO KENT INTROL PVT. LTD (UK), Wuxi Smart Auto-Control Engineering Co. LTD. (China), Chemtrols Emet Pvt. Ltd (India), Dymet alloys (UK), Carter Process Control GmbH (Austria), and others.

Research Coverage
This report segments the hybrid valve market by material, size, industry, and geography. The report also describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as includes the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy This Report
The report will help leaders/new entrants in the hybrid valve market in the following ways:
1. The report segments the hybrid valve market comprehensively and provides the closest market size estimation for all subsegments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the hybrid valve industry.
3. The report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the hybrid valve market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Hybrid Valve Market
4.2 Market, By Material
4.3 Market in Asia Pacific, By Country and End–Use Industry
4.4 Market, By Size
4.5 Market, By Country, 2019
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 The Need for Controlling Excessive Noise, Pressure, Vibration, and Cavitation in Critical Processes
5.2.1.2 Corrosion Problems in the Oil & Gas Industry are Projected to Drive the Demand for Hybrid Valve Made of Steel/Alloy/Carbide Materials
5.2.1.3 High Demand for Energy & Power Generation in Asia Pacific
5.2.1.4 The Increase in the Oil & Gas Production has Led to A Surge in Demand for Hybrid Valves in Gcc Countries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Rising Instances of Downtime to Increase the Repairing and Maintenance Expenditures of Valves
5.2.2.2 Lack of Standardized Certifications and Government Policies to Increase the Production Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 The Increasing Use of 3D Printers in Valve Manufacturing to Broaden the Growth Prospects
5.2.3.2 Increase in the Number of Refineries and Petrochemical & Chemical Plants Across Regions to Create Opportunities for Hybrid Valve Manufacturers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Fabrication Cost of Valves to Inhibit the Market Growth
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Industry Trends
6.3.1 IoT Impact on the Market
6.3.2 3D Printing
7 Market, By Material (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Steel
7.2.1 Stainless Steel Material to Dominate the Market During the Forecast Period
7.3 Tungsten Carbide
7.3.1 Tungsten Carbide-Based Valves Play A Significant Role in the Market
7.4 Duplex Nickel
7.4.1 Duplex Nickel Material is Widely Used in the Petrochemical Industry
7.5 Titanium
7.5.1 Titanium-Based Valves Play A Significant Role in the Refinery, Food & Beverage, Mining, and Chemical Industries
7.6 Alloy
7.6.1 Higher Adoption of Alloy Material for Valves in the Power Industry
7.7 Others
8 Market, By Size (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Up to 1”
8.2.1 Up T O 1” Hybrid Valves to Witness Significant Growth in the Market
8.3 1”–6”
8.3.1 1” T O 6” Hybrid Valves to Dominate Market During the Forecast Period
8.4 6’’–25’’
8.4.1 6” T O 25” Hybrid Valves to Drive the Market for Large-Pressure Applications
8.5 25’’ to 50’’
8.5.1 Handle High Pressure, Drop Water, and High Temperature Steam are Key Applications for 25″ to 50″ Hybrid Valves
8.6 50’’ & Larger
8.6.1 50” and Larger Hybrid Valves to Drive the Market for Oil & Gas, Power, and Petrochemicals Industry
9 Market, By End-Use Industry (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 Oil & Gas
9.2.1 Increasing Oil Well Production is Projected to Drive the Demand for Hybrid Valve in the Oil & Gas Industry
9.3 Water & Wastewater
9.3.1 Increasing Investments in Water Infrastructure is Projected to Encourage the Demand for Hybrid Valves
9.4 Energy & Power
9.4.1 Increasing Number of Nuclear Power Plants is Projected to Drive the Growth of the Market
9.5 Food & Beverage
9.5.1 Increasing Instances of Retrofitting in Existing Facilities of Food & Beverage Companies are Projected to Create Growth Opportunities for Hybrid Valves
9.6 Chemicals
9.6.1 Expansion of Consent Decrees Implemented in Refineries is A Key Factor Driving the Demand for Hybrid Valves
9.7 Pulp & Paper
9.7.1 Increasing Paper and Paperboard Production Across Regions is Projected to Drive the Demand for Hybrid Valves
9.8 Metals & Mining
9.8.1 Increasing Construction of New Coal Plants is Projected to Drive the Demand for Hybrid Valves
9.9 Building & Construction
9.9.1 Increasing Investments to Develop Smart Cities are Projected to Drive the Demand for Hybrid Valves
9.10 Pharmaceuticals
9.10.1 Increase in Demand for Medical Devices is Projected to Drive the Growth of the Market
9.11 Agriculture
9.12 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 110)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The Aging Water & Wastewater Sector is Expected to Generate A Demand for Hybrid Valves in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Investments in Oil, Lng, and Energy Infrastructure Drive the Market in Canada
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Developments in Pipeline Infrastructure to Increase the Demand for Hybrid Valves in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 The Demand for the Production of Renewable Energy in Various Industries is Projected to Drive the Growth of the Market in Germany
10.3.2 UK
10.3.2.1 The Construction Industry is Projected to Fuel the Demand for Hybrid Valves in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 The Energy Sector in France is Projected to Drive the Growth of the Market
10.3.4 Italy
10.3.4.1 The Chemicals Industry in Italy to Drive the Market Growth
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 The Water & Wastewater Industry to Witness High Demand for Hybrid Valves in Asia Pacific
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Gas Pipeline Projects in Japan are Projected to Drive the Market
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 The Chemical and Food Processing Industries are Projected to Drive the Market in South Korea
10.4.4 India
10.4.4.1 The Mining & Energy Industry is Projected to Drive the Market in India
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
10.5.1 South America
10.5.1.1 Growth in the Mining Industry is Expected to Drive the Market in South American Countries
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Pipeline and Oil & Gas Projects in the Middle East Will Propel the Demand for Hybrid Valves
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Mining & Off-Shore Exploration Activities in Africa Will Drive the Market
11 Competitive Landscape (Page No. – 152)
11.1 Overview
11.2 Competitive Situations and Trends
11.2.1 Product Launches and Acquisitions
11.2.2 Agreements and Contracts
11.2.3 Others
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Business Strategy Excellence (For All 25 Players)
11.5 Strength of Product Portfolio (For All 25 Players)
12 Company Profiles (Page No. – 160)
12.1 Introduction
12.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2.1 IMI PLC
12.2.2 Emerson Electric Co.
12.2.3 Trillium Flow Technologies
12.2.4 Circor International Inc.
12.2.5 Parcol S.P.A
12.2.6 Koso Kent Introl Pvt. Ltd.
12.2.7 Wuxi Smart Auto-Control Co. Ltd.
12.2.8 Chemtrols Emet Pvt. Ltd
12.2.9 Dymet Alloys
12.2.10 Carter Process Control GmbH
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.3 Other Important Key Players
12.3.1 Seed Technologies Corp., Ltd (Aseeder)
12.3.2 Penn United Technologies, Inc
12.3.3 Master Flo Valve Inc.
12.3.4 Electronica Tungsten Ltd.
12.3.5 Mascot Cavflo
12.3.6 Civacon
12.3.7 Automat Industries
12.3.8 Flowserve Corporation
12.3.9 L&T Valves
12.3.10 Metraflex
13 Appendix (Page No. – 184)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7362
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用ラジエーターファンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ラジエーターファンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ラジエーターファンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ラジエーターファンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Delphi、DENSO、Johnson Electric等です。
  • 軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場2017-2021:固定翼、回転翼、UAV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用機用補助電力装置(APU)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHoneywell International、Safran、United Technologies等です。
  • ベーカリー&シリアルのドイツ市場
  • 豚コレラ用ワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、豚コレラ用ワクチンの世界市場について調査・分析し、豚コレラ用ワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別豚コレラ用ワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、豚コレラ用ワクチン種類別分析(組織培養、細胞株)、豚コレラ用ワクチン用途別分析(公共入札、市場販売)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・豚コレラ用ワクチンの市場概観 ・豚コレラ用ワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・豚コレラ用ワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・豚コレラ用ワクチンの世界市場規模 ・豚コレラ用ワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・豚コレラ用ワクチンのアメリカ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのカナダ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのメキシコ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・豚コレラ用ワクチンのドイツ市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチンのイギリス市場規模推移 ・豚コレラ用ワクチ …
  • ポーラスフィルターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポーラスフィルターの世界市場について調査・分析し、ポーラスフィルターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポーラスフィルターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポーラスフィルター種類別分析()、ポーラスフィルター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポーラスフィルターの市場概観 ・ポーラスフィルターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポーラスフィルターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポーラスフィルターの世界市場規模 ・ポーラスフィルターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポーラスフィルターのアメリカ市場規模推移 ・ポーラスフィルターのカナダ市場規模推移 ・ポーラスフィルターのメキシコ市場規模推移 ・ポーラスフィルターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポーラスフィルターのドイツ市場規模推移 ・ポーラスフィルターのイギリス市場規模推移 ・ポーラスフィルターのロシア市場規模推移 ・ポーラス …
  • アラミド繊維の世界市場:製品別(パラアラミド、メタアラミド)、最終用途別(セキュリティ・保護、航空宇宙、電気的絶縁)、セグメント予測
    アラミド繊維の世界市場は2024年には65億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、工業や防衛などのさまざまな産業における防護服に対する需要の増加が考えられます。これらのエンドユーザー産業の成長は、今後数年アラミド繊維に対する需要をさらに推し進めていくと予測されています。本調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場動向、アラミド繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別アラミド繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用フードプロセッサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用フードプロセッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用フードプロセッサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤の概要 ・トランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トランスクリプション3のシグナル物質と活性因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場2016-2020
    当調査レポートでは、北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 工業用アルコールの世界市場予測(~2022年):エチルアルコール、メチルアルコール、イソプロピルアルコール、イソブチルアルコール、ベンジルアルコール
    当調査レポートでは、工業用アルコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、工業用アルコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフェンチオン市場2015
    本調査レポートでは、世界のフェンチオン市場2015について調査・分析し、フェンチオンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲーム機用周辺機器の世界市場:コントローラー、ヘッドセット、キーボード、マウス、マウスパッド
    当調査レポートでは、ゲーム機用周辺機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲーム機用周辺機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用クラッチ及びブレーキの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用クラッチ及びブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用クラッチ及びブレーキの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ギヤボックス(変速装置)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ギヤボックス(変速装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、ギア数別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車ギヤボックス(変速装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 土木建設業界におけるCADの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、土木建設業界におけるCADの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、土木建設業界におけるCAD市場規模、用途別分析、製品別(3D、2D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Autodesk, Dassault Systèmes, HEXAGON, PTC, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・土木建設業界におけるCADの世界市場概要 ・土木建設業界におけるCADの世界市場環境 ・土木建設業界におけるCADの世界市場動向 ・土木建設業界におけるCADの世界市場規模 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:業界構造分析 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:用途別 ・土木建設業界におけるCADの世界市場:製品別(3D、2D) ・土木建設業界におけるCADの世界市場:地域別市場規模・分析 ・土木建設業界におけるCADの北米市場規模・予測 ・土木建設業界におけるCADのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 世界の大豆食品市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆食品市場2015について調査・分析し、大豆食品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアイライナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイライナー市場2015について調査・分析し、アイライナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他)、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)
    本市場調査レポートではクローラーカメラシステムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(カメラ、クローラー、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他) ・クローラーカメラシステムの世界市場:エンドユーザー別(住宅、産業、自治体) ・医療用冷却システムの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • プラスチック酸化防止剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プラスチック酸化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、酸化防止剤種類別(フェノール、亜リン酸塩および亜リン酸塩、酸化防止剤ブレンド)分析、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン)分析、プラスチック酸化防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プラスチック酸化防止剤の世界市場規模が2019年22億ドルから2024年28億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • アジアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 世界の旅客搭乗橋市場2015
    本調査レポートでは、世界の旅客搭乗橋市場2015について調査・分析し、旅客搭乗橋の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽航空機(エアロスタット)の世界市場
    当調査レポートでは、軽航空機(エアロスタット)の世界市場について調査・分析し、軽航空機(エアロスタット)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • デンマークの心臓人工弁市場見通し
  • バイオマスボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイオマスボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオマスボイラーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)市場規模、製品別(デュアルチャネルABS、シングルチャネルABS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場概要 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場環境 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場動向 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場規模 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:製品別(デュアルチャネルABS、シングルチャネルABS) ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用ABS(ア …
  • 世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(GPS、セルラー、BLE、LoRa WAN)、業種別(食品&飲料、医薬品、化学薬品、石油&ガス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマートコンテナの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年57億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のスマートコンテナ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他)分析、業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマートコンテナ市場:技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他) ・世界のスマートコンテナ市場:業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その …
  • ESD保護デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ESD保護デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ESD保護デバイスの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はESD保護デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Murata Manufacturing• Nexperia• STMicroelectronics • Texas Instruments等です。
  • メキシコの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場:最終用途別(紙、食品包装、建設、エレクトロニクス)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場について調査・分析し、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場動向、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリビニルアルコール(PVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チリの体外式除細動器市場見通し
  • BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場:コンポーネント別(ツール、サービス)、ビジネス用途別(サプライチェーン管理、スマートコントラクト、ID管理、支払い、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)管理)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(銀行、ヘルスケア・ライフサイエンス、テレコム・IT、製造)、地域別予測
    本資料は、BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場について調べ、BaaS(Blockchain as a Service)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ツール、サービス)分析、ビジネス用途別(サプライチェーン管理、スマートコントラクト、ID管理、支払い、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)管理)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(銀行、ヘルスケア・ライフサイエンス、テレコム・IT、製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場概要 ・BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場環境 ・BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場動向 ・BaaS(Blockchain as a Service)の世界市場規模 ・BaaS(Blockchain as a Serv …
  • 分娩(Labor And Delivery):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における分娩(Labor And Delivery)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、分娩(Labor And Delivery)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・分娩(Labor And Delivery)の概要 ・分娩(Labor And Delivery)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の分娩(Labor And Delivery)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・分娩(Labor And Delivery)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 遠隔患者モニタリングシステムの世界市場:製品別(バイタルサインモニター、特殊モニター)、エンドユーズ別、用途別
    本調査レポートでは、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場動向、遠隔患者モニタリングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別遠隔患者モニタリングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の水質監視装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の水質監視装置市場2015について調査・分析し、水質監視装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防曇剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、防曇剤の世界市場規模が2017年3004.1億ドルから2026年4905.6億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、防曇剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防曇剤市場規模、種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル)分析、フォーム別(ぬれたワイプ、スプレーソリューション、ゲル、クリーム、その他のフォーム)分析、用途別(食品包装フィルム、農業用フィルム、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 防曇剤の世界市場:市場動向分析 ・ 防曇剤の世界市場:競争要因分析 ・ 防曇剤の世界市場:種類別(二酸化チタン、脂肪酸用ソルビタンエステル、オレイン酸用ポリオキシエチレンエステル、ポリグリセリンエステル、グリセロールエステル) ・ 防曇剤の世界市場:フォーム別(ぬれたワイプ、ス …
  • 中国のプーアール茶市場2015
    本調査レポートでは、中国のプーアール茶市場2015について調査・分析し、プーアール茶の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プール洗浄機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プール洗浄機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プール洗浄機器市場規模、製品別(ロボット型、吸引型、圧力型)分析、最終用途別(業務用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プール洗浄機器の世界市場概要 ・プール洗浄機器の世界市場環境 ・プール洗浄機器の世界市場動向 ・プール洗浄機器の世界市場規模 ・プール洗浄機器の世界市場:業界構造分析 ・プール洗浄機器の世界市場:製品別(ロボット型、吸引型、圧力型) ・プール洗浄機器の世界市場:最終用途別(業務用、家庭用) ・プール洗浄機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プール洗浄機器のアメリカ市場規模・予測 ・プール洗浄機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・プール洗浄機器のアジア市場規模・予測 ・プール洗浄機器の主要国分析 ・プール洗浄機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・プール洗浄機器の世界市場:成長要因、課題 ・プール洗浄機器の世界市場:競争環境 ・ …
  • 世界のニードルフリー注入機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ニードルフリー注入機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニードルフリー注入機器の概要 ・ニードルフリー注入機器の開発動向:開発段階別分析 ・ニードルフリー注入機器の開発動向:セグメント別分析 ・ニードルフリー注入機器の開発動向:領域別分析 ・ニードルフリー注入機器の開発動向:規制Path別分析 ・ニードルフリー注入機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ニードルフリー注入機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ニードルフリー注入機器の最近動向
  • 芝及び庭用電力設備の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、芝及び庭用電力設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、芝及び庭用電力設備市場規模、設備種類別(除雪機、芝刈り機、芝生の刈り込み機・縁刈り機、送風機・掃除機、回転式耕運機、その他)分析、用途別(商業用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:市場動向分析 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:競争要因分析 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:設備種類別(除雪機、芝刈り機、芝生の刈り込み機・縁刈り機、送風機・掃除機、回転式耕運機、その他) ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:用途別(商業用、住宅用) ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:主要地域別分析 ・ 芝及び庭用電力設備の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 芝及び庭用電力設備のヨーロッパ市場規模 ・ 芝及び庭用電力設備のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・芝及び庭用電力設備の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 種子処理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、種子処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、種子処理の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動マッサージ器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動マッサージ器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動マッサージ器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の概要 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • アダプティブ・セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、アダプティブ・セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、用途別分析、導入形態別分析、産業別分析、アダプティブ・セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランジガスケットシートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フランジガスケットシートの世界市場について調査・分析し、フランジガスケットシートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フランジガスケットシートシェア、市場規模推移、市場規模予測、フランジガスケットシート種類別分析(金属型、半金属型、非金属型)、フランジガスケットシート用途別分析(石油・ガス産業、化学産業、電力産業、自治体インフラ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フランジガスケットシートの市場概観 ・フランジガスケットシートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フランジガスケットシートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フランジガスケットシートの世界市場規模 ・フランジガスケットシートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フランジガスケットシートのアメリカ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのカナダ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのメキシコ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場規模が2017年78.6億ドルから2026年138.6億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチング市場規模、装置・サービス種類別(セメント装置・サービス、ケーシング装置・サービス)分析、種類別(ケージング、セメンチング)分析、ウェル種類別(垂直式ウェル、水平式ウェル)分析、作動タイプ別(修復セメント、一次セメント、他の作動タイプ)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:市場動向分析 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:競争要因分析 ・ …
  • 発泡ポリエチレン(PE)の世界市場予測(~2021):種類別(非XLPE(非架橋ポリエチレン)&XLPE(架橋ポリエチレン))、最終用途別、地域別
    当調査レポートでは、発泡ポリエチレン(PE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、最終用途別分析、地域別分析、発泡ポリエチレン(PE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 血流測定機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血流測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血流測定機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・商品別市場分類 ・用途別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界の紫外線硬化粉体塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線硬化粉体塗料市場2015について調査・分析し、紫外線硬化粉体塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"