"乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 5452)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The Infant Formula Ingredients market is projected to grow at a CAGR of 5.0%, in terms of value.”The global infant formula ingredients market is estimated to be valued at USD USD 16.7 billion in 2019 and is projected to reach USD 25.5 billion by 2025, at a CAGR of 7.3% during the forecast period. In Asia Pacific, China holds high growth prospects in the years to come. The country has one of the highest number of births at a global level. Also, parents of babies rely heavily on imported infant formula in the country. The inability of mothers to lactate, rise in the number of women joining the workforce after childbirth, and growth in the number of companies taking an interest in producing ingredients similar to human milk are some of the factors contributing to the increased demand of infant formula ingredients in the coming years at a global level.

“The oils & fats segment in infant formula ingredients market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on ingredient type, the oils & fats segment is estimated to account for the largest share in the infant formula ingredients market in 2019. Oils & fats are one of the key ingredients required for the growth of infants as they meet the need for high energy and also help in a wide range of metabolic and physiological functions critical to the development, growth, and health of infants. A mixture of vegetable oils is the most widely used fat source in infant formulas.

“The cow milk segment in the infant formula ingredients market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the source, the cow milk segment is estimated to account for the largest share in the infant formula ingredients in 2019. Cow milk-based ingredients are used widely across Europe and North America. Apart from this, most of the infant formula manufacturers use cow-based ingredients, including Nestlé S.A. (Switzerland), Abbott Laboratories (US), and Mead Johnson & Company, LLC (US). Factors contributing to its widespread acceptance include the cost-effective manufacturing process, and cow milk-based ingredients are available in bulk.

“The growing-up milk (12 months & above) segment in the infant formula ingredients market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Loaded with calcium, vitamin D, and iron, growing-up milk serves as a part of a balanced diet for infants in the age group of 12 months & above. Urge for additional nutrition options has enabled parents to opt for growing-up milk, and the demand looks lucrative in the coming years, in the Asia Pacific region to be specific. The Chinese market leads the way as the country has the largest number of childbirths at a global level.

“The powder segment in the infant formula ingredients market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Infant formula ingredients are commonly used in the powdered form, owing to its ease of handling compared to liquid infant formula ingredients. Several types of ingredients such as carbohydrates, proteins, some fats, and prebiotics are commonly used in powdered form by infant formula manufacturers. Thus, high growth prospects lie ahead for powder infant formula manufacturers in the coming years, especially from the emerging countries.

“The Asia Pacific infant formula ingredients market is projected to witness significant growth.”
Asia Pacific infant formula ingredients market is projected to account for the largest share by 2025. Countries such as China, India, Japan, and South Korea are expected to be key revenue generators. China ranks among the largest markets for infant formula ingredients in the coming years. In Japan, liquid infant formulas are popular. These countries have seen a rise in the number of women joining workforce post-delivery, owing to urbanization, expanding the sales of infant formula and thus infant formula ingredients.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 20 %, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 40%
 By Designation: C-level – 30%, Director-level – 20%, and Others* – 50%
 By Region: North America – 10%, Europe – 20%, Asia Pacific – 60%, and RoW**– 10%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report:
This report includes a study of marketing and development strategies along with the product portfolios of the leading companies in the infant formula ingredients market. It consists of the profiles of leading companies such as AAK AB (Sweden), Fonterra Co-operative Group Limited (New Zealand), Carbery Food Ingredients Limited (Ireland), Royal Friesland Campina N.V. (Netherlands), Sachsenmilch Leppersdorf GmbH (Germany), BASF SE (Germany), Koninklijke DSM N.V. (Netherlands), Arla Foods amba (Denmark), Chr. Hansen Holdings A/S (Denmark), Kerry Group plc (Ireland), Lactalis Ingredients (France), Glanbia plc (Ireland), and Vitablend Nederland B.V. (Netherlands).

Research Coverage:
The report segments the infant formula ingredients market based on ingredient type, source, form, application, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global sodium hypophosphite high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the infant formula ingredients market.
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them.
• To gain insights about the major countries/regions, in which the infant formula ingredients market is gaining popularity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Segmentation
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Infant Formula Ingredients Market
4.2 Infant Formula Ingredients Market, By Region, 2019 vs 2025
4.3 Infant Formula Ingredients Market, By Ingredient, 2019 vs 2025
4.4 Infant Formula Ingredients Market, By Source, 2019 vs 2025
4.5 Asia Pacific: Infant Formula Ingredients Market, By Application and Country, 2018
4.6 Infant Formula Ingredients Market, By Form, 2019 vs 2025
4.7 Infant Formula Ingredients Market, By Region, 2019 vs 2025
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Asia Pacific: A Key Revenue Generator in the Years to Come
5.2.1.2 Rise in the Infant Population
5.2.1.3 Extensive R&D By Companies Operating in the Infant Formula Ingredients Market
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Strict Regulations for Infant Formulas in China
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Shift in Preference for Plant-Based Infant Formula Ingredients
5.2.3.2 Alternate Animal Milk Sources Coming Up in the Market
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Cases of Contamination Found in Infant Formulas
5.3 Value Chain Analysis
6 Infant Formula Ingredients Market, By Ingredient (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Carbohydrates
6.2.1 Lactose is the Preferred Carbohydrate Ingredient Used in Infant Formula
6.3 Fats & Oils
6.3.1 Fats & Oils are One of the Key Ingredients Required for the Growth of Infants
6.4 Proteins
6.4.1 Whey Proteins
6.4.2 Casein Proteins
6.4.3 Plant Proteins
6.5 Vitamins
6.5.1 Infant Formulas are Fortified With Vitamins to Match the Vitamin Content Found in Human Milk
6.6 Minerals
6.6.1 Minerals are Used in Infant Formulas to Provide Enhanced Nutrition to Infants
6.7 Prebiotics
6.7.1 Human Milk Oligosaccharides-Based Prebiotic Ingredients are Being Increasingly Used in Infant Formula
6.8 Others
6.8.1 Demand for Infant Formulas With Enhanced Nutritional Values is Growing
7 Infant Formula Ingredients Market, By Form (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Powder
7.2.1 Powder Form of Infant Formula Ingredients are the Most Convenient to Use
7.3 Liquid & Semi-Liquid
7.3.1 Liquid & Semi-Liquid Infant Formula Ingredients are Used in Making Liquid Concentrates and Ready-To-Feed Infant Formulas
8 Infant Formula Ingredients Market, By Source (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Cow Milk
8.2.1 Cow Milk-Based Ingredients are Widely Used in the Manufacturing of Infant Formulas
8.3 Soy
8.3.1 Soy-Based Ingredients are Preferred By Lactose Intolerant Infants
8.4 Protein Hydrolysates
8.4.1 Protein Hydrolysates are Used By Babies Who are Allergic to Proteins That are Found in Cow-Based Formulas
8.5 Other Sources
8.5.1 Demand for Goat Milk- and Camel Milk-Based Sources of Infant Formula Ingredients is Increasing
9 Infant Formula Ingredients Market, By Application (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Growing-Up Milk
9.2.1 Growing-Up Milk is the Most Commonly Used Application
9.3 Standard Infant Formula
9.3.1 Suitable for Low Birth Weight Infants and in Cases Where Mother’s Milk Cannot Be Fed
9.4 Follow-On Formula
9.4.1 Follow-On Formulas have Higher Concentration Levels of Phosphorus and Calcium
9.5 Specialty Formula
9.5.1 Suited for Premature Infants and Infants With Disorders Associated With Amino Acid Metabolism
10 Infant Formula Ingredients Market, By Region (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Increased Demand From End-User Companies Such as Nestlé S.A. (Switzerland) and Danone S.A. (France)
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Demand for Organic Infant Formulas Expected to Play A Key Role
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Rise in Income Levels Expected to Boost the Sales of Infant Formulas, and Ultimately, of Infant Formula Ingredients
10.3 Asia Pacific
10.3.1 China
10.3.1.1 Large Number of Infant Formula Ingredient Manufacturers are Exporting Their Products to China
10.3.2 Japan
10.3.2.1 Liquid Infant Formulas are Gaining Popularity in Japan
10.3.3 South Korea
10.3.3.1 South Korean Infant Formula Ingredients Market is Dominated By Domestic Manufacturers
10.3.4 Australia & New Zealand
10.3.4.1 Infant Formula Ingredients Market in Australia & New Zealand is Driven By End-User Demand in China
10.3.5 Vietnam
10.3.5.1 Human Milk Oligosaccharides-Based Ingredients are Being Preferred By Infant Formula Manufacturers
10.3.6 Indonesia
10.3.6.1 Multinational Companies Such as Nestle and Danone are Dominating the Indonesian Infant Formula Market
10.3.7 Rest of Asia Pacific
10.3.7.1 Favorable Export Market and Improving Economic Condition are Expected to Drive the Infant Formula Ingredients Market
10.4 Europe
10.4.1 UK
10.4.1.1 Rise in Demand From End-User Companies Such as Nestlé S.A. (Switzerland) and Danone S.A. (France)
10.4.2 Germany
10.4.2.1 The Demand for Infant Formulas From China is Expected to Boost the Sales of Infant Formula Ingredients in the Coming Years
10.4.3 France
10.4.3.1 Increase in Export Opportunities in China and Other Developing and Developed Countries at A Global Level
10.4.4 Netherlands
10.4.4.1 Presence of Key Players Operating in the Infant Formula Ingredients Market Operating in the Country
10.4.5 Turkey
10.4.5.1 Rise in Demand on the Domestic Front Expected to Create Lucrative Opportunities for Infant Formula Ingredient Manufacturers
10.4.6 Rest of Europe
10.4.6.1 Countries in This Region are Expected to Be Key Revenue Generators in the Years to Come
10.5 Rest of the World
10.5.1 South America
10.5.1.1 Powdered Infant Formulas are Gaining Popularity Due to Their Ease of Use
10.5.2 Middle East & Africa
10.5.2.1 Huge-Growth Potential for Organic Infant Formula Ingredients in the Middle East
11 Competitive Landscape (Page No. – 135)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Terminology/Nomenclature
11.2.1.1 Visionary Leaders
11.2.1.2 Innovators
11.2.1.3 Dynamic Differentiators
11.2.1.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Ranking of Key Players, 2018
11.6 Competitive Scenario
11.6.1 New Product Launches
11.6.2 Expansions & Investments
11.6.3 Mergers & Acquisitions
11.6.4 Agreements, Joint Ventures, and Partnerships
11.7 Competitive Leadership Mapping (Start-Ups/SMEs)
11.7.1 Progressive Companies
11.7.2 Emerging Companies
11.7.3 Responsive Companies
11.7.4 Dynamic Companies
12 Company Profiles (Page No. – 146)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Arla Foods Amba
12.2 Vitablend Nederland B.V.
12.3 Carbery Food Ingredients Limited
12.4 Fonterra Co-Operative Group Limited
12.5 Aarhuskarlshamn AB
12.6 Royal Frieslandcampina N.V.
12.7 Sachsenmilch Leppersdorf GmbH
12.8 BASF SE
12.9 Koninklijke DSM N.V.
12.10 Chr. Hansen Holding A/S
12.11 Glanbia PLC
12.12 Kerry Group PLC
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 180)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 5452
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
乳児用調整粉乳成分の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のSBC及び誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界のSBC及び誘導体市場2015について調査・分析し、SBC及び誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコーン油市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリコーン油市場2016について調査・分析し、シリコーン油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界市場について調べ、閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ドームカメラ、PTZカメラ、弾丸カメラ、ボックスカメラ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場状況 ・閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場規模 ・閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場予測 ・閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ドームカメラ、PTZカメラ、弾丸カメラ、ボックスカメラ) ・閉回路テレビ(CCTV)カメラの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、ア …
  • 四塩化炭素の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、四塩化炭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、四塩化炭素の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の胡桃油市場2015
    本調査レポートでは、世界の胡桃油市場2015について調査・分析し、胡桃油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場
    当調査レポートでは、世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジエチレントリアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のジエチレントリアミン市場2015について調査・分析し、ジエチレントリアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イオン交換樹脂の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、イオン交換樹脂市場規模、製品別(キレート樹脂、アニオン交換樹脂、吸着剤樹脂、カチオン交換樹脂、混床式樹脂、その他)分析、原材料別(架橋ポリスチレン、ポリスチレンコポリマー、ポリアクリルコポリマー、その他)分析、マトリックス構造別(シート、ゲル、ポーラスビーズ、微多孔質ビーズ、パウダー、その他)分析、用途別(tert-アミルメチルエーテル(TAME)、糖精製、液体グルコース、ウラン鉱業、金鉱採掘、メチルtert-ブチルエーテル(MTBE)触媒、超純水、ビスフェノールA、水軟化、その他)分析、エンドユーザー別(湿式精錬・金属表面処理、医薬品、食品・飲料、紙・パルプ、原子力水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ イオン交換樹脂の世界市場:市場動向分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:競争要因分析 ・ イオン交換樹脂の世界市場:製品別(キレート樹脂、アニオン交 …
  • 日本のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 小児・整形外科インプラントの北米市場
  • スマートガラスの世界市場分析:製品別(エレクトロクロミック、PDLC、SPD、サーモクロミック)、用途別(建築、運輸、消費者家電)、輸送別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、スマートガラスの世界市場動向、スマートガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブロックチェーン政府の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ブロックチェーン政府の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロバイダー別分析、用途別分析、地域別分析、ブロックチェーン政府の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車音響工学サービスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車音響工学サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセス(設計、開発、試験)分析、ソフトウェア(較正、信号解析、シミュレーション、振動)分析、提供(物理、仮想)分析、用途分析、自動車音響工学サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用アクチュエーション・システムの世界市場:油圧式アクチュエータ、電気式アクチュエータ、空気圧式アクチュエータ
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエーション・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用アクチュエーション・システムの世界市場規模及び予測、システム別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベビーカーシートの米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベビーカーシートの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーカーシートの米国市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場:タイプ別(民間、公共)、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、最終用途別(電力、石油・ガス)、用途別、技術別、地域別予測
    本資料は、エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(民間、公共)分析、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、最終用途別(電力、石油・ガス)分析、用途別分析、技術別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場規模:タイプ別(民間、公共) ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場規模:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界市場規模:最終用途別(電力、石油・ガス) ・エネルギー分野におけるブロックチェーンの世界 …
  • 業務用ドリンクディスペンサーの世界市場
    当調査レポートでは、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ステアリングモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用ステアリングモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ステアリングモーター市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場概要 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場環境 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場動向 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場規模 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ステアリングモーターの北米市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用ステアリングモーターの主要国分析 ・自動車用ステアリングモーターの世界市場:意思決定フレー …
  • 止血剤・組織密閉剤の世界市場:製品別(局所止血剤、接着剤・組織シーラント)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、止血剤・組織密閉剤の世界市場について調査・分析し、止血剤・組織密閉剤の世界市場動向、止血剤・組織密閉剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別止血剤・組織密閉剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セファロスポリンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セファロスポリンの世界市場について調査・分析し、セファロスポリンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セファロスポリンシェア、市場規模推移、市場規模予測、セファロスポリン種類別分析(一次、二次、三次、四次)、セファロスポリン用途別分析(経口、注射)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セファロスポリンの市場概観 ・セファロスポリンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セファロスポリンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セファロスポリンの世界市場規模 ・セファロスポリンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セファロスポリンのアメリカ市場規模推移 ・セファロスポリンのカナダ市場規模推移 ・セファロスポリンのメキシコ市場規模推移 ・セファロスポリンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セファロスポリンのドイツ市場規模推移 ・セファロスポリンのイギリス市場規模推移 ・セファロスポリンのロシア市場規模推移 ・セファロス …
  • ドイツの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • CBDスキンケアの世界市場2020-2024
    「CBDスキンケアの世界市場2020-2024」は、CBDスキンケアについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(製薬会社、その他の組織)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・CBDスキンケアの世界市場:エンドユーザー別(製薬会社、その他の組織) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 建設機械の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、機械種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 多坑井掘削の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、多坑井掘削の世界市場について調査・分析し、多坑井掘削の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・多坑井掘削の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・多坑井掘削の世界市場:セグメント別市場分析 ・多坑井掘削の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 北米の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • ガーナの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの北米市場規模・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの欧州市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティのアジア市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の航空機内装製品市場:シート、客室電子機器、客室照明、ギャレー、ラバトリー
  • モバイルARの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルARの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、モバイルARの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用包装フィルム市場2019
    本調査レポートでは、世界の医療用包装フィルム市場2019について調査・分析し、医療用包装フィルムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、医療用包装フィルムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、医療用包装フィルムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用包装フィルムの市場概要 ・医療用包装フィルムの上流・下流市場分析 ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・医療用包装フィルムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・医療用包装フィルムの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・医療用包装フィルムの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 自動・スマート型ペット給餌装置の世界市場2017-2021:自動型、スマート型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動・スマート型ペット給餌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動・スマート型ペット給餌装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動・スマート型ペット給餌装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Feed and Go、Jempet、Petnet、Radio Systems (PetSafe)等です。
  • 脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の概要 ・脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • デング熱(Dengue):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるデング熱(Dengue)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・デング熱(Dengue)の概要 ・デング熱(Dengue)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のデング熱(Dengue)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デング熱(Dengue)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • スウェーデンの末梢血管用装置市場見通し
  • 世界主要国におけるアルミフォーム市場2018-2023
    本調査レポートでは、アルミフォームの世界市場について調査・分析し、アルミフォームの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(オープンセルアルミフォーム、クローズドセルアルミフォーム)、用途別市場規模(航空宇宙・防衛、自動車、鉄道工業、建築、造船、風力エネルギー)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、アルミフォームの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・アルミフォームの世界市場概要 ・アルミフォームの企業別市場シェア ・アルミフォームの地域別市場規模 ・アルミフォームの種類別市場規模(オープンセルアルミフォーム、クローズドセルアルミフォーム) ・アルミフォームの用途別市場規模(航空宇宙・防衛、自動車、鉄道工業、建築、造船、風力エネルギー) ・アルミフォームの主要企業分析 ・アルミフォームの北米市場規模 ・アルミフォームの米国市場規 …
  • IoTプラットフォームの世界市場
    当調査レポートでは、IoTプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoTプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルツインの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルツイン市場規模、技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他)分析、用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他)分析、エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルツインの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルツインの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルツインの世界市場:技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他) ・ デジタルツインの世界市場:用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他) ・ デジタルツインの世界市場:エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業 …
  • 航空宇宙用材料の世界市場予測2019-2024
    「航空宇宙用材料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他など、用途別には、Commercial Aircraft、Military Aircraftなどに区分してまとめた調査レポートです。航空宇宙用材料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空宇宙用材料の世界市場概要(サマリー) ・航空宇宙用材料の企業別販売量・売上 ・航空宇宙用材料の企業別市場シェア ・航空宇宙用材料の世界市場規模:種類別(アルミニウム合金、合金鋼、チタン合金、超合金、複合材料、その他) ・航空宇宙用材料の世界市場規模:用途別(Commercial Aircraft、Military Aircraft) ・航空宇宙用材料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空宇宙用材料のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空宇宙用材料の欧州市場規模(ドイツ、 …
  • ブラジルの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、等温核酸増幅技術/INAATの世界市場規模が2019年19億ドルから2024年33億ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(アッセイ・キット・試薬、システム)分析、種類別(転写媒介増幅、ループ媒介等温増幅、鎖置換増幅、ヘリカーゼ依存性増幅、核酸配列ベース増幅、その他の技術)分析、用途別(感染症診断、血液検査、その他の用途)分析、エンドユーザー別(病院、リファレンス研究所、学術研究所、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ・キット・試薬、システム) ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:種類別(転写媒介増幅、ループ媒介等温増幅、鎖置換増幅、ヘリカーゼ依存性増幅、核酸配列ベース増幅、その他の技術) ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場: …
  • 血中循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別(検出方法、濃縮法)、用途別(がん幹細胞、EMT(上皮間葉転換)バイオマーカー開発)
    本調査レポートでは、血中循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調査・分析し、血中循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場動向、血中循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別血中循環腫瘍細胞(CTC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スピロテトラマトの世界市場
    当調査レポートでは、スピロテトラマトの世界市場について調査・分析し、スピロテトラマトの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 繊維の世界市場:原材料別(ウール、化学品、シルク、綿)、製品別(天然繊維、ポリエステル、ナイロン)、用途別(技術、ファッション・衣類、家庭)
    本調査レポートでは、繊維の世界市場について調査・分析し、繊維の世界市場動向、繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場
    当調査レポートでは、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場について調査・分析し、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 慢性リンパ性白血病(CLL)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、慢性リンパ性白血病(CLL)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、慢性リンパ性白血病(CLL)治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 個人用仮想アシスタント(VPA)およびスマート・アドバイザー市場
  • 第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコネクティッド・ヘルスケア市場予測2014-2020
    本調査レポートでは、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場について調査・分析し、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 日本の整形外科処置動向(~2021)
  • 足白癬治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、足白癬治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、足白癬治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"