"CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR31971)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) Inhibitors Market: About this market
Technavio’s CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) inhibitors market analysis considers sales from both monotherapy and combination therapy . Our analysis also considers the sales of CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Associated Protein 4) inhibitors in Asia, Europe, North America, and ROW. In 2018, the monotherapy segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as low side effects due and better tolerability will play a significant role in the monotherapy segment to maintain its market position. Also, our global CTLA4 inhibitors market report looks at factors such as high target affinity and specificity of CTLA4 inhibitors, growing popularity of combination therapy, and strategic alliances. However, lack of approved therapies, availability of substitutes, and stringent regulations may hamper the growth of the CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) inhibitors industry over the forecast period.
Global CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) Inhibitors Market: Overview
High target affinity and specificity of CTLA4 inhibitors
CTLA4 inhibitors function by boosting the immune system and reducing the side effects. CTLA-4 is a protein found on the surface of T-cells which suppress the growth of cancer cells by activating the immune system. These drugs work directly on the target, and their efficacy is higher than that of other conventional treatments such as chemotherapy. Though the CTLA4 inhibitors are new to the oncology treatment landscape, increasing R&D efforts by market vendors are supporting the growth of CTLA4 inhibitors market This will lead to the expansion of the global CTLA4 inhibitors market at a CAGR of over 9% during the forecast period.
Increasing awareness about cancer
The awareness programs conducted by various organizations provide an opportunity to raise awareness about lung cancer screening and treatment options, including CTLA4 inhibitors. For instance, Cancer Breakthroughs 2020 an initiative taken by the US government for the development of research on vaccine-based immunotherapies for cancer. This project aimed at making therapies available to more patients while detecting the disease at an early stage. Such awareness programs are also raising awareness about the treatment of various cancer types by using CTLA4 inhibitors. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) inhibitors market during the forecast period 2019-2023, click here.
Competitive Landscape
With the presence of a few major players, the global CTLA4 inhibitors market is highly concentrated. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of few leading CTLA4 inhibitors manufacturers, that include AstraZeneca Plc, Bristol-Myers Squibb Co., Ono Pharmaceutical Co. Ltd.
Also, the CTLA4 (Cytotoxic T-Lymphocyte-Alymphocyte-associated Protein 4) inhibitors market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Monotherapy – Market size and forecast 2018-2023
• Combination therapy – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• North America – Market size and forecast 2018-2023
• Europe – Market size and forecast 2018-2023
• Asia – Market size and forecast 2018-2023
• ROW – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Expansion of research indications
• Special drug designations
• Increasing awareness about cancer
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• AstraZeneca Plc
• Bristol-Myers Squibb Co.
• Ono Pharmaceutical Co. Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Product overview
Exhibit 02: Global pharmaceuticals market
Exhibit 03: Segments of global pharmaceuticals market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by type
Exhibit 20: Monotherapy – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Monotherapy – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Combination therapy – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Combination therapy – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: Asia – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 33: Asia – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: ROW – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 35: ROW – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: Key leading countries
Exhibit 37: Market opportunity
Exhibit 38: Impact of drivers and challenges
Exhibit 39: Vendor landscape
Exhibit 40: Landscape disruption
Exhibit 41: Vendors covered
Exhibit 42: Vendor classification
Exhibit 43: Market positioning of vendors
Exhibit 44: AstraZeneca Plc – Vendor overview
Exhibit 45: AstraZeneca Plc – Business segments
Exhibit 46: AstraZeneca Plc – Organizational developments
Exhibit 47: AstraZeneca Plc – Geographic focus
Exhibit 48: AstraZeneca Plc – Key offerings
Exhibit 49: AstraZeneca Plc – Key customers
Exhibit 50: Bristol-Myers Squibb Co. – Vendor overview
Exhibit 51: Bristol-Myers Squibb Co. – Business segments
Exhibit 52: Bristol-Myers Squibb Co. – Organizational developments
Exhibit 53: Bristol-Myers Squibb Co. – Geographic focus
Exhibit 54: Bristol-Myers Squibb Co. – Key offerings
Exhibit 55: Bristol-Myers Squibb Co. – Key customers
Exhibit 56: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 57: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 58: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 59: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Geographic focus
Exhibit 60: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 61: Ono Pharmaceutical Co. Ltd. – Key customers
Exhibit 62: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 63: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023
【発行日】2019年9月24日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR31971
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
CTLA4(細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4)阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ガスタービンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガスタービン市場規模、技術別(重荷重ガスタービン、航空転用ガスタービン)分析、エンドユーザー別(発電、モビリティ、石油・ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Ansaldo Energia, Caterpillar, GENERAL ELECTRIC, Kawasaki Heavy Industries, MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガスタービンの世界市場概要 ・ガスタービンの世界市場環境 ・ガスタービンの世界市場動向 ・ガスタービンの世界市場規模 ・ガスタービンの世界市場:業界構造分析 ・ガスタービンの世界市場:技術別(重荷重ガスタービン、航空転用ガスタービン) ・ガスタービンの世界市場:エンドユーザー別(発電、モビリティ、石油・ガス、その他) ・ガスタービンの世界市場:地 …
  • 電力産業向けバルブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電力産業向けバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業向けバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 表面測定機器およびツールの世界市場
    当調査レポートでは、表面測定機器およびツールの世界市場について調査・分析し、表面測定機器およびツールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 表面測定機器およびツールの世界市場:市場動向分析 - 表面測定機器およびツールの世界市場:競争要因分析 - 表面測定機器およびツールの世界市場:製品別 ・3D光学顕微鏡 ・原子間力顕微鏡(AFM) ・メカニカルテスター ・光学座標測定機 ・ペン型表面形状測定装置 - 表面測定機器およびツールの世界市場:用途別 ・電気&電子 ・自動車 ・光学 ・その他 - 表面測定機器およびツールの世界市場:主要地域別分析 - 表面測定機器およびツールの北米市場規模(アメリカ市場等) - 表面測定機器およびツールのヨーロッパ市場規模 - 表面測定機器およびツールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・表面測定機器およびツールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の自動車ウォーターポンプ・アセンブリ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ウォーターポンプ・アセンブリ市場2016について調査・分析し、自動車ウォーターポンプ・アセンブリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水中トレンチャーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水中トレンチャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水中トレンチャー市場規模、技術別(ウォータージェット、機械切削)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水中トレンチャーの世界市場概要 ・水中トレンチャーの世界市場環境 ・水中トレンチャーの世界市場動向 ・水中トレンチャーの世界市場規模 ・水中トレンチャーの世界市場:業界構造分析 ・水中トレンチャーの世界市場:技術別(ウォータージェット、機械切削) ・水中トレンチャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・水中トレンチャーのアメリカ市場規模・予測 ・水中トレンチャーのヨーロッパ市場規模・予測 ・水中トレンチャーのアジア市場規模・予測 ・水中トレンチャーの主要国分析 ・水中トレンチャーの世界市場:意思決定フレームワーク ・水中トレンチャーの世界市場:成長要因、課題 ・水中トレンチャーの世界市場:競争環境 ・水中トレンチャーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 癒着防止材の世界市場:製品別(合成、天然)、用途別(心血管、神経)、剤型別(フィルム・メッシュ、ゲル)、セグメント予測
    癒着防止材の世界市場は2026年には11億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%以上で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の有病率の増加が考えられます。また、術後ケアにおいて癒着防止材を使用することの利点に関して意識が高まったことも市場の成長につながっています。本調査レポートでは、癒着防止材の世界市場について調査・分析し、癒着防止材の世界市場動向、癒着防止材の世界市場規模、市場予測、セグメント別癒着防止材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 花火の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、花火の世界市場について調査・分析し、花火の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別花火シェア、市場規模推移、市場規模予測、花火種類別分析(カテゴリA、カテゴリB、カテゴリC、カテゴリD)、花火用途別分析(政府、商業用、個人用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・花火の市場概観 ・花火のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・花火のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・花火の世界市場規模 ・花火の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・花火のアメリカ市場規模推移 ・花火のカナダ市場規模推移 ・花火のメキシコ市場規模推移 ・花火のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・花火のドイツ市場規模推移 ・花火のイギリス市場規模推移 ・花火のロシア市場規模推移 ・花火のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・花火の日本市場規模推移 ・花火の中国市場規模推移 ・花火の韓国市場規模推移 ・花火のインド市場規模推移 ・ …
  • ブラジキニンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるブラジキニンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ブラジキニンアンタゴニストの概要 ・ブラジキニンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のブラジキニンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ブラジキニンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ブラジキニンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カナダの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 世界の吹付けコンクリート市場2015
    本調査レポートでは、世界の吹付けコンクリート市場2015について調査・分析し、吹付けコンクリートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘリコプター輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘリコプター輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘリコプター輸送市場規模、エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bristow Group, CHC Helicopter, Era Group, Erickson, PHIなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘリコプター輸送の世界市場概要 ・ヘリコプター輸送の世界市場環境 ・ヘリコプター輸送の世界市場動向 ・ヘリコプター輸送の世界市場規模 ・ヘリコプター輸送の世界市場:業界構造分析 ・ヘリコプター輸送の世界市場:エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他) ・ヘリコプター輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘリコプター輸送の北米市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送の …
  • 下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)のフェーズ3治験薬の状況 ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬の市場規模(販売予測) ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬剤
  • Electric Power Development Co., Ltd.:発電所および企業SWOT分析2015
  • クレーンの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、クレーンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 賭博の世界市場:賭け、カジノ、宝くじ
    当調査レポートでは、賭博の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、賭博の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無線プリンターの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、無線プリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線プリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の荷重検出比例バルブ市場2019
    本調査レポートでは、世界の荷重検出比例バルブ市場2019について調査・分析し、荷重検出比例バルブの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、荷重検出比例バルブのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、荷重検出比例バルブメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・荷重検出比例バルブの市場概要 ・荷重検出比例バルブの上流・下流市場分析 ・荷重検出比例バルブのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・荷重検出比例バルブのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・荷重検出比例バルブのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・荷重検出比例バルブのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・荷重検出比例バルブの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・荷重検出比例バルブの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・荷重検出比例バルブの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 宅配食品・持ち帰り食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、宅配食品・持ち帰り食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宅配食品・持ち帰り食品の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 凍結乾燥装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、凍結乾燥装置の世界市場について調査・分析し、凍結乾燥装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別凍結乾燥装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、凍結乾燥装置種類別分析(工業規模、試験規模、実験室規模)、凍結乾燥装置用途別分析(バイオ技術・環境、医薬品、食品加工、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・凍結乾燥装置の市場概観 ・凍結乾燥装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・凍結乾燥装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・凍結乾燥装置の世界市場規模 ・凍結乾燥装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・凍結乾燥装置のアメリカ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のカナダ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のメキシコ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・凍結乾燥装置のドイツ市場規模推移 ・凍結乾燥装置のイギリス市場規模推移 ・凍結乾燥装置のロシア市場規模推移 ・凍結乾燥装置のアジア市場分析(日本、中 …
  • 高所作業車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高所作業車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高所作業車市場規模、製品別(ブーム式リフト、シザーリフト、個人用ポータブルリフト、垂直昇降型マストリフト)分析、最終用途別(建設、通信、T&L、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高所作業車の世界市場概要 ・高所作業車の世界市場環境 ・高所作業車の世界市場動向 ・高所作業車の世界市場規模 ・高所作業車の世界市場:業界構造分析 ・高所作業車の世界市場:製品別(ブーム式リフト、シザーリフト、個人用ポータブルリフト、垂直昇降型マストリフト) ・高所作業車の世界市場:最終用途別(建設、通信、T&L、その他) ・高所作業車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高所作業車のアメリカ市場規模・予測 ・高所作業車のヨーロッパ市場規模・予測 ・高所作業車のアジア市場規模・予測 ・高所作業車の主要国分析 ・高所作業車の世界市場:意思決定フレームワーク ・高所作業車の世界市 …
  • 非乳製品ヨーグルトの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、非乳製品ヨーグルトの世界市場について調べ、非乳製品ヨーグルトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非乳製品ヨーグルトの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アーモンドベース、大豆ベース、ココナッツベース、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は非乳製品ヨーグルトの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・非乳製品ヨーグルトの市場状況 ・非乳製品ヨーグルトの市場規模 ・非乳製品ヨーグルトの市場予測 ・非乳製品ヨーグルトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アーモンドベース、大豆ベース、ココナッツベース、その他) ・非乳製品ヨーグルトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因 …
  • バラスト水管理の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バラスト水管理の世界市場について調査・分析し、バラスト水管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バラスト水管理の世界市場規模:船舶種類別分析 ・バラスト水管理の世界市場規模:容量別分析 ・バラスト水管理の世界市場規模:サービス別分析 ・バラスト水管理の世界市場規模:技術別分析 ・バラスト水管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 産業用屋内天井クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用屋内天井クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用屋内天井クレーン市場規模、用途別分析、製品別(二重桁、単一桁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eilbeck Cranes, GH Crane & Components, GORBEL, KITO, Konecranes, Mazzella Companiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場概要 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場環境 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場動向 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場規模 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:業界構造分析 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:用途別 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:製品別(二重桁、単一桁) ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用屋内天井クレーンの北米市場規模・予測 ・産業用屋内天井クレーンのヨーロッパ・中東 …
  • レーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるレーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、レーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・レーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)の概要 ・レーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のレーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レーベル遺伝性視神経症(レーベル視神経萎縮症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • Integrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIntegrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Integrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤の概要 ・Integrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のIntegrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Integrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Integrin Alpha4beta1/VLA-4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セルフケア用医療機器の世界市場:血糖自己測定(SMBG)デバイス、腹膜透析、睡眠時無呼吸、インシュリンポンプ、体温モニタ、吸入器、歩数計、血圧モニタ、ネブライザー、男性用外付けカテーテル、ホルターモニター
    当調査レポートでは、セルフケア用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフケア用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディジタル保存装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ディジタル保存装置の世界市場について調査・分析し、ディジタル保存装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディジタル保存装置の世界市場:市場動向分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:競争要因分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:デバイス種類別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の北米市場規模 ・ディジタル保存装置の欧州市場規模 ・ディジタル保存装置のアジア市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • モバイルプリンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルプリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネオペンチルグリコール(NPG)市場2015
    本調査レポートでは、世界のネオペンチルグリコール(NPG)市場2015について調査・分析し、ネオペンチルグリコール(NPG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 樹脂カプセルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、樹脂カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、触媒種類別分析、樹脂種類別分析、需要先別分析、地域別分析、樹脂カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型クーラーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、携帯型クーラーの世界市場について調べ、携帯型クーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、携帯型クーラーの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は携帯型クーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・携帯型クーラーの市場状況 ・携帯型クーラーの市場規模 ・携帯型クーラーの市場予測 ・携帯型クーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・携帯型クーラーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向 …
  • 世界のオクトレオチド市場2016
    本調査レポートでは、世界のオクトレオチド市場2016について調査・分析し、オクトレオチドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のSCADA市場2015
    本調査レポートでは、世界のSCADA市場2015について調査・分析し、SCADAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアドライフードの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアドライフードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアドライフード市場規模、製品別(食品、ペットフード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアドライフードの世界市場概要 ・エアドライフードの世界市場環境 ・エアドライフードの世界市場動向 ・エアドライフードの世界市場規模 ・エアドライフードの世界市場:業界構造分析 ・エアドライフードの世界市場:製品別(食品、ペットフード) ・エアドライフードの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアドライフードの北米市場規模・予測 ・エアドライフードのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアドライフードのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアドライフードの主要国分析 ・エアドライフードの世界市場:意思決定フレームワーク ・エアドライフードの世界市場:成長要因、課題 ・エアドライフードの世界市場:競争環境 ・エアドライフードの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な …
  • キャンプ用品のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャンプ用品のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャンプ用品のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場について調査・分析し、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別戦術的通信および保護システム(TCAPS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、戦術的通信および保護システム(TCAPS)種類別分析(空中プラットフォーム、海上プラットフォーム、陸上プラットフォーム、水中プラットフォーム)、戦術的通信および保護システム(TCAPS)用途別分析(ISR、通信、戦闘、指揮・統制、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の市場概観 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場規模 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等 …
  • ナノ材料の世界市場
    本調査レポートでは、ナノ材料の世界市場について調査・分析し、ナノ材料の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のトップ10分析技術市場
  • 産業用パソコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用パソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用パソコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 集成材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、集成材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、集成材市場規模、用途別(商業用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Boise Cascade, CALVERT COMPANY, Canfor, PFEIFER GROUP, Setra Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・集成材の世界市場概要 ・集成材の世界市場環境 ・集成材の世界市場動向 ・集成材の世界市場規模 ・集成材の世界市場:業界構造分析 ・集成材の世界市場:用途別(商業用、住宅用) ・集成材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・集成材の北米市場規模・予測 ・集成材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・集成材のアジア太平洋市場規模・予測 ・集成材の主要国分析 ・集成材の世界市場:意思決定フレームワーク ・集成材の世界市場:成長要因、課題 ・集成材の世界市場:競争環境 ・集成材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業用PROFINETの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用PROFINETの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用PROFINETの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用PROFINETの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Belden• CISCO• HMS• Moxa• Siemens等です。
  • 世界のDRAM市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のDRAM市場について調査・分析し、世界のDRAM市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のDRAM関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業用遠心分離機の世界市場:遠心沈降分離機、遠心ろ過分離機
    当調査レポートでは、産業用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、デザイン別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 牧草用・飼料用機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、牧草用・飼料用機械の世界市場規模が2017年から2026年まで年平均5.27%成長すると予測しています。当調査レポートでは、牧草用・飼料用機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、牧草用・飼料用機械市場規模、種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機)分析、用途別(中小農場、大農場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:市場動向分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:競争要因分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:用途別(中小農場、大農場) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:主要地域別分析 ・ 牧草用・飼料用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 牧草用・飼料用機械のヨーロッパ市場規模 ・ 牧草用・飼料用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・牧 …
  • 生分解性超吸収の世界市場分析:材料別(ポリビニルアルコール、ポリイタコン酸、ポリアクリルアミド、多糖類)、用途別(使い捨ておむつ、成人失禁製品、女性用衛生製品、農業、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生分解性超吸収の世界市場について調査・分析し、生分解性超吸収の世界市場動向、生分解性超吸収の世界市場規模、市場予測、セグメント別生分解性超吸収市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用キッチンナイフの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用キッチンナイフの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用キッチンナイフの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートホームカメラの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートホームカメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートホームカメラ市場規模、カメラ接続方法別(有線、無線)分析、ワイヤレス技術別分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートホームカメラの世界市場概要 ・スマートホームカメラの世界市場環境 ・スマートホームカメラの世界市場動向 ・スマートホームカメラの世界市場規模 ・スマートホームカメラの世界市場:業界構造分析 ・スマートホームカメラの世界市場:カメラ接続方法別(有線、無線) ・スマートホームカメラの世界市場:ワイヤレス技術別 ・スマートホームカメラの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・スマートホームカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートホームカメラのアメリカ市場規模・予測 ・スマートホームカメラのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートホームカメラのアジア市場規模・予測 ・ …
  • ビジュアルコンテンツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビジュアルコンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジュアルコンテンツの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUV接着剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のUV接着剤市場2016について調査・分析し、UV接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)、形態別(液体&固体)、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)
    本調査レポートでは、プラスチック酸化防止剤の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)分析、形態別(液体&固体)分析、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:形態別(液体&固体) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"