"古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR32005)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Wastepaper Management Market: About this Market
Wastepaper management involves collecting, storing, transferring, processing, and disposing of wastepaper, cardboard, and other paper products. Technavio’s wastepaper management market analysis considers revenue generation from recycling, landfill, and incineration services. Our analysis also considers the sales of wastepaper management in APAC, Europe, North America, and ROW. In 2018, the recycling segment held the highest market share, which is expected to remain prevalent over the forecast period. Recycling of wastepaper reduces stress on fresh resources, reduces landfills, and saves energy. Moreover, there is a need for establishing a circular economy for paper production and consumption. These factors will help the segment in maintaining its leading market position. Also, our global wastepaper management report has observed market growth factors such as environmental benefits of recycling wastepaper, growth in corrugated cardboard demand from the e-commerce industry, and growing urbanization and literacy rate. However, challenges such as the decline in wastepaper demand due to policy changes in China, shift toward digitization and paperless work culture, and risk of fire accidents at wastepaper recycling centers may hamper the growth of the wastepaper management industry over the forecast period.
Global Wastepaper Management Market: Overview
Environmental benefits of recycling wastepaper
The emphasis on recycling papers has increased over the years owing to favorable government policies and the growing awareness about the environmental benefits of recycling wastepaper. Vendors are capitalizing on this and are catering to government offices, corporate organizations, educational institutions, and others wherein the use of paper are extensive. As a result, the global wastepaper management market will record a CAGR of almost 4% during 2019-2023.
A shift toward a circular economy
The need to create a sustainable ecosystem has given rise to the establishment of a circular economy, which involves recycling and re-use of products. This trend is gaining prevalence in the paper and pulp industry and across sectors, which use paper products because waste management is not only reducing landfill pollution but also reducing stress on resources. As a result, vendors are recording business growth opportunities. Therefore, the trend is expected to have a positive impact on the overall wastepaper management market growth during the forecast period.
For the detailed list of factors that will drive the global wastepaper management market during the forecast period 2019-2023, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global wastepaper management market is highly fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients in improving their market positions, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading vendors such as DS Smith Plc, Global Waste Recyclers Ltd., Republic Services Inc., Shanying International Holdings Co. Ltd., UPM-Kymmene Corp., and Waste Management Inc.
Also, the wastepaper management market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies in strategizing and leveraging on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY SERVICE
• Market segmentation by service
• Comparison by service
• Recycling – Market size and forecast 2018-2023
• Landfill – Market size and forecast 2018-2023
• Incineration – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by service
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Europe – Market size and forecast 2018-2023
• North America – Market size and forecast 2018-2023
• ROW – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Shift toward a circular economy
• Emergence of start-ups in the wastepaper recycling industry
• Implementation of “Go-Green” initiatives
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• DS Smith Plc
• Global Waste Recyclers Ltd.
• Republic Services Inc.
• Shanying International Holdings Co. Ltd.
• UPM-Kymmene Corp.
• Waste Management Inc.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Vendor – Key offerings
Exhibit 02: Global environmental technologies market
Exhibit 03: Segments of global environmental technologies market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Service – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by service
Exhibit 20: Recycling – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 21: Recycling – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Landfill – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 23: Landfill – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Incineration – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 25: Incineration – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by service
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 29: Geographic comparison
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 33: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 35: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: ROW – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 37: ROW – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 38: Key leading countries
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Impact of drivers and challenges
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: DS Smith Plc – Vendor overview
Exhibit 47: DS Smith Plc – Business segments
Exhibit 48: DS Smith Plc – Organizational developments
Exhibit 49: DS Smith Plc – Geographic focus
Exhibit 50: DS Smith Plc – Segment focus
Exhibit 51: DS Smith Plc – Key offerings
Exhibit 52: Global Waste Recyclers Ltd. – Vendor overview
Exhibit 53: Global Waste Recyclers Ltd. – Key offerings
Exhibit 54: Republic Services Inc. – Vendor overview
Exhibit 55: Republic Services Inc. – Business segments
Exhibit 56: Republic Services Inc. – Organizational developments
Exhibit 57: Republic Services Inc. – Segment focus
Exhibit 58: Republic Services Inc. – Key offerings
Exhibit 59: Shanying International Holdings Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 60: Shanying International Holdings Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 61: Shanying International Holdings Co. Ltd. – Geographic focus
Exhibit 62: Shanying International Holdings Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 63: Shanying International Holdings Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 64: UPM-Kymmene Corp. – Vendor overview
Exhibit 65: UPM-Kymmene Corp. – Business segments
Exhibit 66: UPM-Kymmene Corp. – Organizational developments
Exhibit 67: UPM-Kymmene Corp. – Geographic focus
Exhibit 68: UPM-Kymmene Corp. – Segment focus
Exhibit 69: UPM-Kymmene Corp. – Key offerings
Exhibit 70: Waste Management Inc. – Vendor overview
Exhibit 71: Waste Management Inc. – Business segments
Exhibit 72: Waste Management Inc. – Organizational developments
Exhibit 73: Waste Management Inc. – Geographic focus
Exhibit 74: Waste Management Inc. – Segment focus
Exhibit 75: Waste Management Inc. – Key offerings
Exhibit 76: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 77: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023
【発行日】2019年9月24日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR32005
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 分配バルブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、分配バルブの世界市場について調査・分析し、分配バルブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別分配バルブシェア、市場規模推移、市場規模予測、分配バルブ種類別分析(スプレー弁、ニードル分配弁、ダイアフラムグルーバルブ、スクリュー分配弁、その他 )、分配バルブ用途別分析(エレクトロニクス生産、家電、カーエレクトロニクス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・分配バルブの市場概観 ・分配バルブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・分配バルブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・分配バルブの世界市場規模 ・分配バルブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・分配バルブのアメリカ市場規模推移 ・分配バルブのカナダ市場規模推移 ・分配バルブのメキシコ市場規模推移 ・分配バルブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・分配バルブのドイツ市場規模推移 ・分配バルブのイギリス市場規模推移 ・分配バルブのロシア市場規模推移 ・分配バル …
  • ヒューズホルダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヒューズホルダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒューズホルダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンクリート表面処理用化学薬品の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、コンクリート表面処理用化学薬品の世界市場について調べ、コンクリート表面処理用化学薬品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンクリート表面処理用化学薬品の市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭用、非家庭用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はコンクリート表面処理用化学薬品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場状況 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場規模 ・コンクリート表面処理用化学薬品の市場予測 ・コンクリート表面処理用化学薬品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(家庭用、非家庭用) ・コンクリート表面処理用化学薬品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • 石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け漏れ検知装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア・北アフリカの救急救命装置市場:点滴ポンプ、人工呼吸器、患者モニター
  • アメリカの学校・企業LMS(学習管理システム)市場
    当調査レポートでは、アメリカの学校・企業LMS(学習管理システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの学校・企業LMS(学習管理システム)市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ロボットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ロボット市場規模、製品別(器具・付属品、ロボットシステム)分析、用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ロボットの世界市場概要 ・医療用ロボットの世界市場環境 ・医療用ロボットの世界市場動向 ・医療用ロボットの世界市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・医療用ロボットの世界市場:製品別(器具・付属品、ロボットシステム) ・医療用ロボットの世界市場:用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他) ・医療用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ロボットの北米市場規模・予測 ・医療用ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ロボットの主要国分析 ・医療用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ロ …
  • コンクリート床塗装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンクリート床塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリート床塗装の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ボールベアリング(玉軸受)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車バッテリー管理システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車バッテリー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車バッテリー管理システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のグルーミングテーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルーミングテーブル市場2015について調査・分析し、グルーミングテーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 顧客セルフサービスソフトウェアの世界市場予測(~2021年):ウェブセルフサービス、モバイルセルフサービス、インテリジェントバーチャルアシスタント、ソーシャルメディア・コミュニティセルフサービス
    当調査レポートでは、顧客セルフサービスソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、顧客セルフサービスソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の植物成長調節剤(PGR)市場
  • アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場:小分子、生物製剤
    Technavio社の本調査レポートでは、アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場について調べ、アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(小分子、生物製剤)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はアテローム性動脈硬化症治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場予測 ・アテローム性動脈硬化症治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(小分子、生物製剤) ・アテローム性動脈硬化症治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 肥料添加物の世界市場分析:機能別(腐食防止剤、疎水剤、防塵剤、固結防止剤)、最終製品別(尿素、硝酸アンモニウム、リン酸アンモニウム、硫酸アンモニウム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、肥料添加物の世界市場について調査・分析し、肥料添加物の世界市場動向、肥料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別肥料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 天然着色料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、天然着色料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、天然着色料市場規模、エンドユーザー別(食品産業、飲料産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Cargill, Chr. Hansen Holding, Kerry Group, Naturex, Sensient Technologies Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・天然着色料の世界市場概要 ・天然着色料の世界市場環境 ・天然着色料の世界市場動向 ・天然着色料の世界市場規模 ・天然着色料の世界市場:業界構造分析 ・天然着色料の世界市場:エンドユーザー別(食品産業、飲料産業) ・天然着色料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・天然着色料の北米市場規模・予測 ・天然着色料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・天然着色料のアジア太平洋市場規模・予測 ・天然着色料の主要国分析 ・天然着色料の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 医薬品分析試験アウトソーシングの世界市場:サービス別(生物分析、安全性試験、試験方法の開発・検証)
    本調査レポートでは、医薬品分析試験アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、医薬品分析試験アウトソーシングの世界市場動向、医薬品分析試験アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品分析試験アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潜水艦の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、潜水艦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 発芽キット/トレーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、発芽キット/トレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発芽キット/トレーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の安全注射器市場2015
    本調査レポートでは、世界の安全注射器市場2015について調査・分析し、安全注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバリン市場2016
    本調査レポートでは、世界のバリン市場2016について調査・分析し、バリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパワートレイン市場2015
    本調査レポートでは、世界のパワートレイン市場2015について調査・分析し、パワートレインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホール効果センサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のホール効果センサ市場2015について調査・分析し、ホール効果センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カプリン酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カプリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カプリン酸の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の温水器市場規模・予測2017-2025:電力供給源別(ガス、電気)、保管方法別(タンク・タンクレス/瞬時)、エンドユーズ別(住宅用、商業用)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の温水器市場について調査・分析し、世界の温水器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の温水器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • モバイルアプリの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モバイルアプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルアプリの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモバイルアプリの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apple、BlackBerry、Google、Microsoft、Nokia、Appster、Dom & Tom、Intellectsoft、WillowTree、Y Media Labs等です。
  • 毛包摘出(FUE)システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、毛包摘出(FUE)システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、毛包摘出(FUE)システム市場規模、製品別(非ロボット型、ロボット型)分析、最終用途別(移植、皮膚科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場概要 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場環境 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場動向 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場規模 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:業界構造分析 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:製品別(非ロボット型、ロボット型) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:最終用途別(移植、皮膚科、その他) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・毛包摘出(FUE)システムのアメリカ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのアジア市場規模・予測 ・ …
  • 子宮がん(Uterine Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮がん(Uterine Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮がん(Uterine Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮がん(Uterine Cancer)の概要 ・子宮がん(Uterine Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮がん(Uterine Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮がん(Uterine Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 真空包装の世界市場                 
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 真空包装の世界市場:市場動向分析 - 真空包装の世界市場:競争要因分析 - 真空包装の世界市場:包装の種類別 ・半硬質の包装材 ・硬質の包装材 ・軟質の包装材 - 真空包装の世界市場:機械の種類別 ・外部型真空シーラー ・トレイ用シール包装機 ・熱成形機 ・その他 - 真空包装の世界市場:処理別 ・真空シュリンク包装 ・真空スキン包装 ・その他 - 真空包装の世界市場:包装素材別 ・ポリ塩化ビニリデン(PVDC) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエステル(PET) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリアミド(PA) ・ポリエチレン(PE) ・その他 - 真空包装の世界市場:用途別 ・医薬品用 ・工業製品 ・食品および飲料 ・消費財の包装 ・ヘルスケア ・その他 - 真空包装の世界市場:主要地域別分析 - 真空包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 真空包装のヨーロッパ市場規模 - 真空包装のアジア …
  • ポリイソブチレン(PIB)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリイソブチレン(PIB)のアメリカ市場規模予測 ・ポリイソブチレン(PIB)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリイソブチレン(PIB)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • HPDA(高性能データ分析)の世界市場予測:ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、HPDA(高性能データ分析)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、データ種類別分析、導入方式別分析、地域別分析、HPDA(高性能データ分析)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロタービンの世界市場予測・動向(~2021)
    当調査レポートでは、マイクロタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、出力定格別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カプリン酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カプリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カプリン酸の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用タイヤ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用タイヤ市場2016について調査・分析し、自動車用タイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートカードの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、通信(接触型、非接触型)別分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、用途(BFSI、政府機関・ヘルスケア、運輸、小売、その他)別分析、スマートカードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場について調査・分析し、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建材一体型太陽光発電(BIPV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、建材一体型太陽光発電(BIPV)種類別分析(多結晶けい素、単結晶シリコン、薄膜)、建材一体型太陽光発電(BIPV)用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の市場概観 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のアメリカ市場規模推移 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のカナダ市場規模推移 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメキシコ市場規模推移 …
  • 世界のスマートピル市場規模・予測2017-2025:用途別(カプセル内視鏡、薬品供給、患者監視)、ターゲットエリア別(食堂、腹、小腸・大腸)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートピル市場について調査・分析し、世界のスマートピル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートピル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • トレーシール機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トレーシール機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トレーシール機市場規模、製品別(手動・半自動、全自動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トレーシール機の世界市場概要 ・トレーシール機の世界市場環境 ・トレーシール機の世界市場動向 ・トレーシール機の世界市場規模 ・トレーシール機の世界市場:業界構造分析 ・トレーシール機の世界市場:製品別(手動・半自動、全自動) ・トレーシール機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・トレーシール機の北米市場規模・予測 ・トレーシール機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トレーシール機のアジア太平洋市場規模・予測 ・トレーシール機の主要国分析 ・トレーシール機の世界市場:意思決定フレームワーク ・トレーシール機の世界市場:成長要因、課題 ・トレーシール機の世界市場:競争環境 ・トレーシール機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の次世代癌診断診断市場規模・予測2017-2025:技術別(NGS、LOAC・RT-PCR)、用途別(CTC、バイオマーカー、プロテオミック)、がんの部位別(肺、胸)、機能別コンパニオン診断)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の次世代癌診断診断市場について調査・分析し、世界の次世代癌診断診断市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の次世代癌診断診断関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業用信号変換器の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用信号変換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用信号変換器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用信号変換器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Emerson Electric、General Electric、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)の概要 ・急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性虚血性発作(Acute Ischemic Stroke)治療薬の評価    …
  • アイルランドの心臓人工弁市場見通し
  • レニン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレニン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レニン阻害剤の概要 ・レニン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のレニン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レニン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レニン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電気機械式スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気機械式スイッチの世界市場について調査・分析し、電気機械式スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気機械式スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、電気機械式スイッチ種類別分析(タクト、ロータリー、エンコーダ、トグル、プッシュ、検出、マイクロ、DIP、その他(電力、スライド、操作レバー等))、電気機械式スイッチ用途別分析(軍事、航空宇宙、商業用、工業用、自動車用、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気機械式スイッチの市場概観 ・電気機械式スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気機械式スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気機械式スイッチの世界市場規模 ・電気機械式スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気機械式スイッチのアメリカ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのカナダ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのメキシコ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • 溶接製品の世界市場分析:技術別(アーク、抵抗、酸素燃料、レーザービーム)、製品別(スティック電極、ソリッドワイヤー、フラックス入りワイヤー)、エンドユーザー別(交通・自動車、建築・建設)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、溶接製品の世界市場について調査・分析し、溶接製品の世界市場動向、溶接製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶接製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場
    当調査レポートでは、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"