"ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR32015)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Polyamide Resins Market: About this market
Technavio’s polyamide resins market analysis considers sales from reactive polyamide resins and non-reactive polyamide resins. Our analysis also considers the sales of polyamide resins in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2018, the reactive polyamide resins segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as rising demand for paints and coatings because of the increasing number of residential and non-residential construction projects will play a significant role in the reactive polyamide resins segment to maintain its market position. Also, our global polyamide resins market report looks at factors such as increasing application of polyamide resin in automotive industry, growing paper industry, and replacement of conventional resins by polyamide resins. However, shortage in supply of polyamide resins, high price of polyamide resins, and stringent regulations on polyamide resins may hamper the growth of the polyamide resins industry over the forecast period.
Global Polyamide Resins Market: Overview
Replacement of conventional resins by polyamide resins
Polyamide resins are increasingly replacing conventional resins owing to their superior properties. Polyamide resins exhibit properties such as excellent wear resistance, high mechanical strength, high thermal stability, and high impact strength and stiffness. They also possess properties such as excellent flame retardation capability and good mechanical and barrier properties. Owing to the high temperature and electrical resistances, polyamide resins are considered as high-performance plastics and are widely used in automotive and transportation, electrical and electronics, and consumer goods applications. The demand for glass-filled polyamide resins is also increasing as it can withstand gamma radiation. Such superior properties of polyamide resins, along with their increasing applicability in end-user industries will lead to the expansion of the global polyamide resins market at a CAGR of almost 6% during the forecast period.
Rising adoption of recycled polyamide resins
Environmental concerns have become more important to consumers, which has led many companies to design products considering sustainability principles. As a result, the demand for recycled polyamide resins has increased across the globe. The use of recycled polyamide resins helps reduce the amount of landfill and the overall cost for vendors. There are three main types of recycled polyamide resins, namely post-consumer recycled (PCR) polyamide resins, pre-consumer recycled polyamide resins, and post-industrial recycled polyamide resins. For instance, Econamid, a range of recycled polyamide resins offered by DOMO Chemicals is produced from sustainable feedstock derived from manufacturing of film, fiber, and yarn. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global polyamide resins market during the forecast period 2019-2023, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global polyamide resins market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading polyamide resins manufacturers, that include Arkema SA, BASF SE, Celanese Corp., DuPont de Nemours Inc., Evonik Industries AG, Koninklijke DSM NV, Mitsubishi Chemical Holdings Corp., Solvay SA, Toray Industries Inc., and Unitika Ltd.
Also, the polyamide resins market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Reactive polyamide resins – Market size and forecast 2018-2023
• Non-reactive polyamide resins – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Europe – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• North America – Market size and forecast 2018-2023
• MEA – Market size and forecast 2018-2023
• South America – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Capacity expansions for manufacturing raw materials
• Growing popularity of bio-based polyamide resins
• Rising adoption of recycled polyamide resins
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Arkema SA
• BASF SE
• Celanese Corp.
• DuPont de Nemours Inc.
• Evonik Industries AG
• Koninklijke DSM NV
• Mitsubishi Chemical Holdings Corp.
• Solvay SA
• Toray Industries Inc.
• Unitika Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Key offerings
Exhibit 02: Global polymer market
Exhibit 03: Segments of global polymer market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by type
Exhibit 20: Reactive polyamide resins – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Reactive polyamide resins – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Non-reactive polyamide resins – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Non-reactive polyamide resins – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 33: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: MEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 35: MEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: South America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 37: South America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 38: Key leading countries
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Impact of drivers and challenges
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: Arkema SA – Vendor overview
Exhibit 47: Arkema SA – Business segments
Exhibit 48: Arkema SA – Organizational developments
Exhibit 49: Arkema SA – Geographic focus
Exhibit 50: Arkema SA – Segment focus
Exhibit 51: Arkema SA – Key offerings
Exhibit 52: BASF SE – Vendor overview
Exhibit 53: BASF SE – Business segments
Exhibit 54: BASF SE – Organizational developments
Exhibit 55: BASF SE – Geographic focus
Exhibit 56: BASF SE – Segment focus
Exhibit 57: BASF SE – Key offerings
Exhibit 58: Celanese Corp. – Vendor overview
Exhibit 59: Celanese Corp. – Product segments
Exhibit 60: Celanese Corp. – Organizational developments
Exhibit 61: Celanese Corp. – Geographic focus
Exhibit 62: Celanese Corp. – Segment focus
Exhibit 63: Celanese Corp. – Key offerings
Exhibit 64: DuPont de Nemours Inc. – Vendor overview
Exhibit 65: DuPont de Nemours Inc. – Business segments
Exhibit 66: DuPont de Nemours Inc. – Organizational developments
Exhibit 67: DuPont de Nemours Inc. – Geographic focus
Exhibit 68: DuPont de Nemours Inc. – Segment focus
Exhibit 69: DuPont de Nemours Inc. – Key offerings
Exhibit 70: Evonik Industries AG – Vendor overview
Exhibit 71: Evonik Industries AG – Business segments
Exhibit 72: Evonik Industries AG – Organizational developments
Exhibit 73: Evonik Industries AG – Geographic focus
Exhibit 74: Evonik Industries AG – Segment focus
Exhibit 75: Evonik Industries AG – Key offerings
Exhibit 76: Koninklijke DSM NV – Vendor overview
Exhibit 77: Koninklijke DSM NV – Business segments
Exhibit 78: Koninklijke DSM NV – Organizational developments
Exhibit 79: Koninklijke DSM NV – Geographic focus
Exhibit 80: Koninklijke DSM NV – Segment focus
Exhibit 81: Koninklijke DSM NV – Key offerings
Exhibit 82: Mitsubishi Chemical Holdings Corp. – Vendor overview
Exhibit 83: Mitsubishi Chemical Holdings Corp. – Business segments
Exhibit 84: Mitsubishi Chemical Holdings Corp. – Organizational developments
Exhibit 85: Mitsubishi Chemical Holdings Corp. – Segment focus
Exhibit 86: Mitsubishi Chemical Holdings Corp. – Key offerings
Exhibit 87: Solvay SA – Vendor overview
Exhibit 88: Solvay SA – Business segments
Exhibit 89: Solvay SA – Organizational developments
Exhibit 90: Solvay SA – Geographic focus
Exhibit 91: Solvay SA – Segment focus
Exhibit 92: Solvay SA – Key offerings
Exhibit 93: Toray Industries Inc. – Vendor overview
Exhibit 94: Toray Industries Inc. – Business segments
Exhibit 95: Toray Industries Inc. – Organizational developments
Exhibit 96: Toray Industries Inc. – Geographic focus
Exhibit 97: Toray Industries Inc. – Segment focus
Exhibit 98: Toray Industries Inc. – Key offerings
Exhibit 99: Unitika Ltd. – Vendor overview
Exhibit 100: Unitika Ltd. – Business segments
Exhibit 101: Unitika Ltd. – Organizational developments
Exhibit 102: Unitika Ltd. – Segment focus
Exhibit 103: Unitika Ltd. – Key offerings
Exhibit 104: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 105: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023
【発行日】2019年9月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR32015
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ポリアミド樹脂の世界市場予測・分析2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 連鎖球菌検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界のトラベルバッグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラベルバッグ市場2015について調査・分析し、トラベルバッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用食品保存容器の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用食品保存容器の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用食品保存容器の米国市場規模及び予測、材料別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用食品保存容器の米国市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はNewell Brands、S.C. Johnson and Son、The Clorox Company、Tupperware、World kitchen等です。
  • セイボリー成分の世界市場分析:製品別(酵母エキス、加水分解植物性タンパク質(HVP)、加水分解動物タンパク質(HAP)、グルタミン酸ナトリウム(MSG)、ヌクレオチド)、用途別(食品、ペットフード)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セイボリー成分の世界市場について調査・分析し、セイボリー成分の世界市場動向、セイボリー成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別セイボリー成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木酢液の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、木酢液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、木酢液市場規模、手法別(中間型熱分解、緩徐型熱分解、迅速型熱分解)分析、エンドユーザー別(農業、食品・飲料、飼料、パーソナルケア・化粧品、医薬品、廃水処理、木タール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 木酢液の世界市場:市場動向分析 ・ 木酢液の世界市場:競争要因分析 ・ 木酢液の世界市場:手法別(中間型熱分解、緩徐型熱分解、迅速型熱分解) ・ 木酢液の世界市場:エンドユーザー別(農業、食品・飲料、飼料、パーソナルケア・化粧品、医薬品、廃水処理、木タール、その他) ・ 木酢液の世界市場:主要地域別分析 ・ 木酢液の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 木酢液のヨーロッパ市場規模 ・ 木酢液のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・木酢液の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ドイツの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 世界の水検査市場:TOC、PH、伝導率、溶存酸素、濁り
  • 北米の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 自動車検査トンネルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車検査トンネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車検査トンネルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)
    本調査レポートでは、サービスとしての自動化の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・サービスとしての自動化の世界市場:ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他) ・サービスとしての自動化の世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・サービスとしての自動化の世界市場:業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメ …
  • 黄斑浮腫(Macular Edema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、黄斑浮腫(Macular Edema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・黄斑浮腫(Macular Edema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・黄斑浮腫(Macular Edema)のフェーズ3治験薬の状況 ・黄斑浮腫(Macular Edema)治療薬の市場規模(販売予測) ・黄斑浮腫(Macular Edema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・黄斑浮腫(Macular Edema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の黄斑浮腫(Macular Edema)治療薬剤
  • 頸動脈狭窄治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、頸動脈狭窄治療法の世界市場について調べ、頸動脈狭窄治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、頸動脈狭窄治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗血栓薬、抗高脂血症薬、降圧薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は頸動脈狭窄治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・頸動脈狭窄治療法の市場状況 ・頸動脈狭窄治療法の市場規模 ・頸動脈狭窄治療法の市場予測 ・頸動脈狭窄治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗血栓薬、抗高脂血症薬、降圧薬) ・頸動脈狭窄治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 電子フィルムの世界市場:タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム)、材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他)、用途別(電子ディスプレイ、プリント基板、半導体、その他)、地域別予測
    本資料は、電子フィルムの世界市場について調べ、電子フィルムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム)分析、材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他)分析、用途別(電子ディスプレイ、プリント基板、半導体、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDowDuPont、Gunze、Nitto Denko Corporation、Saint Gobain S.A.、Toray Industries Inc.、The Chemours Companyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電子フィルムの世界市場概要 ・電子フィルムの世界市場環境 ・電子フィルムの世界市場動向 ・電子フィルムの世界市場規模 ・電子フィルムの世界市場規模:タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム) ・電子フィルムの世界市場規模:材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他) ・ …
  • 生殖補助医療(ART)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生殖補助医療(ART)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生殖補助医療(ART)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエプロンラック市場2016
    本調査レポートでは、世界のエプロンラック市場2016について調査・分析し、エプロンラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用パッケージング(包装)の世界市場予測(~2026):ドラム缶、容器、バケツ、大袋、木枠、金属、段ボール、木材、プラスチック
    当調査レポートでは、産業用パッケージング(包装)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、パッケージ種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、産業用パッケージング(包装)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フライアッシュの世界市場予測(~2023年)
    フライアッシュの世界市場は、2018年の34億米ドルから2023年には45億米ドルに達し、この期間中6.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建設業の成長、インフラと道路舗装への関心の高まり、フライアッシュの投棄に関連する問題、各国政府によるフライアッシュの促進、環境に優しい製品の使用への関心の高まりなどが考えれられます。一方で、寒冷地でのフライアッシュの不適合性およびエネルギーミックスにおける火力発電の割合の減少により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ(タイプF、タイプC)分析、用途(ポルトランドセメント・コンクリート、レンガ・ブロック、道路建設、農業)分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、フルオロほう酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨガマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヨガマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨガマットの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧ポンプの世界市場予測: 動的高圧ポンプ、容積式高圧ポンプ
    当調査レポートでは、高圧ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、圧力別分析、需要先別分析、地域別分析、高圧ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱成形プラスチックの世界市場分析:製品別、プロセス別、用途別(ヘルスケア、食品包装、電気・電子、自動車、建設、消費財)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱成形プラスチックの世界市場動向、熱成形プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱成形プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 苛性ソーダの世界市場:製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他)、用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他)
    本調査レポートでは、苛性ソーダの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他)分析、用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・苛性ソーダの世界市場:製造プロセス別(膜セル、隔膜セル、その他) ・苛性ソーダの世界市場:用途別(有機化学、無機化学、アルミナ、パルプ&紙、石鹸&洗剤、水処理、その他) ・苛性ソーダの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ハンガリーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 脱水ポンプの世界市場:水中脱水ポンプ、非水中脱水ポンプ
    当調査レポートでは、脱水ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(水中脱水ポンプおよび非水中脱水ポンプ)分析、用途別(建設&農業、石油&ガス、地方自治体、鉱物&鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・脱水ポンプの世界市場:種類別(水中脱水ポンプおよび非水中脱水ポンプ) ・脱水ポンプの世界市場:用途別(建設&農業、石油&ガス、地方自治体、鉱物&鉱業、その他) ・脱水ポンプの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 疎水性コーティング及び表面(疎水性物質)の世界市場2016-2023
  • 世界及び欧州の電気自動車(EV)市場-分析及び展望(~2022年)
  • ポーチの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(スタンドアップ、フラット、ロールストック)分析、材料別(プラスチックフィルム、アルミ箔、紙、バイオプラスチック)分析、処理タイプ別(標準、無菌、レトルト、ホットフィル)分析、ポーチ重量別分析、ポーチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ポーチの世界市場規模が2019年364億ドルから2024年461億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • 世界のポリカルボン酸流動化剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリカルボン酸流動化剤市場2016について調査・分析し、ポリカルボン酸流動化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の医療用ロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国の医療用ロボット市場2015について調査・分析し、医療用ロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子廃棄物管理の世界市場:処理材料別(金属、プラスチック、ガラス)、発生源別(産業、消費者)、用途別(廃棄、再利用)、セグメント予測
    電子廃棄物管理の世界市場は2025年には6370万5000米ドルに達すると予測されています。開発途上国における可処分所得の増加と、高度なガジェットに対する消費者の選好の高まりにより、電子機器の販売が著しくなり、この市場の成長が促されると考えられています。本調査レポートでは、電子廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、電子廃棄物管理の世界市場動向、電子廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別電子廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リスク分析ソフトウェアの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、リスク分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 容器用板紙の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容器用板紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容器用板紙市場規模、原材料別(リサイクルファイバー、上記組み合わせ、バージンファイバー)分析、種類別(段ボール用波形加工紙、クラフトライナー、テストライナー)分析、ボックス型別(センタースペシャル・フルオーバーラップフラップ、特注設計カバー付デザイン型、フルオーバーラップ型、その他)分析、箱強度別(シングルウォール、ダブルウォール)分析、パッケージグレード別(表面クラフトライナー、リサイクル素材製中芯、セミケミカル製法パルプ製中芯、無漂白クラフトライナー、漂白表面クラフトライナー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容器用板紙の世界市場:市場動向分析 ・ 容器用板紙の世界市場:競争要因分析 ・ 容器用板紙の世界市場:原材料別(リサイクルファイバー、上記組み合わせ、バージンファイバー) ・ 容器用板紙の世界市場:種類別(段ボール用波形加工紙、クラフトライナー、テストラ …
  • 工業用バルブの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、工業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類(鋳鉄、鋼、極低温、合金系)分析、サイズ分析、バルブタイプ(ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チャッキ、プラグ)分析、産業(石油・ガス、水・廃水、エネルギー・電力)分析、工業用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用レンズの世界市場:種類別(ADCレンズ、PCレンズ、PUレンズ、アクリルレンズ、エポキシレンズ、その他)、用途別(視力矯正レンズ、サングラスレンズ、白内障向け眼内レンズ、その他)、地域別予測
    本資料は、眼科用レンズの世界市場について調べ、眼科用レンズの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ADCレンズ、PCレンズ、PUレンズ、アクリルレンズ、エポキシレンズ、その他)分析、用途別(視力矯正レンズ、サングラスレンズ、白内障向け眼内レンズ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEssilor International 、Zeiss、CooperVision、GKB Ophthalmic、Hoya Corporation、Novartis AG (Alcon)、Shimizu、Rodenstock GmbH、Seiko Optical Products、Nikon、Johnson and Johnson、Valeant Pharmaceuticals、MingYue、Conant 、Wanxin などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科用レンズの世界市場概要 ・眼科用レンズの世界市場環境 ・眼科用レンズの世界市場動向 ・眼科用レン …
  • 自動車用イーサネット の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用イーサネット の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用イーサネット の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 種子処理の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、種子処理の世界市場について調査・分析し、種子処理の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・種子処理の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・種子処理の世界市場:セグメント別市場分析 ・種子処理の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 扇風機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、扇風機の世界市場について調べ、扇風機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、扇風機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は扇風機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・扇風機の市場状況 ・扇風機の市場規模 ・扇風機の市場予測 ・扇風機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機) ・扇風機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 使い捨て陰圧傷治療(NPWT)機器は、バッテリー、動力付きポンプ、キャニスタ無しの被覆材(ドレッシング)で構成されています。低~中程度の血液の滲み出ている傷を治療することに適しており、最高80mm Hgの圧をかけることができます。Technavio社は使い捨て陰圧閉鎖療法 (NPWT) 機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Acelity• Mölnlycke Health Care• Smith & Nephew等です。
  • 地震探査装置および捕捉装置の世界市場2018-2022
    地震探査装置および捕捉装置の市場は、地殻に埋蔵されている炭化水素の量を特定するために使用され、世界の石油・ガス産業の上流部門において重要な役割を果たしています。特定後、E&P(探鉱・試掘・開発・生産)を開始して、埋蔵されている炭化水素から再生不可能な資源を抽出します。地震探査装置および捕捉装置の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率4.4%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、CGG、Dawson Geophysical、ION Geophysical、PGS、Polarcus、SAExploration、TGSなどです。 当調査レポートでは、地震探査装置および捕捉装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地震探査装置および捕捉装置市場規模、サービスタイプ別(捕捉、探査)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・地震探査装置および捕捉装置の世界市場概要 ・地震探査装置および捕捉装置の世界市場環境 ・地震探査装 …
  • 抹茶の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抹茶の世界市場について調査・分析し、抹茶の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抹茶シェア、市場規模推移、市場規模予測、抹茶種類別分析(飲料用、添加物使用)、抹茶用途別分析(茶道、ペストリー、アイスクリーム、飲料)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抹茶の市場概観 ・抹茶のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抹茶のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抹茶の世界市場規模 ・抹茶の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抹茶のアメリカ市場規模推移 ・抹茶のカナダ市場規模推移 ・抹茶のメキシコ市場規模推移 ・抹茶のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抹茶のドイツ市場規模推移 ・抹茶のイギリス市場規模推移 ・抹茶のロシア市場規模推移 ・抹茶のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・抹茶の日本市場規模推移 ・抹茶の中国市場規模推移 ・抹茶の韓国市場規模推移 ・抹茶のインド市場規模推移 ・抹茶の東南アジア市 …
  • プラスチック製食品容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック製食品容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製食品容器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 微生物検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、微生物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、微生物検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートビルにおけるIoTの世界市場
  • 空港および港湾セキュリティの世界市場予測(~2025)
    当調査レポートでは、空港および港湾セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、セキュリティ技術別分析、サービス別分析、インフラ種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場について調査・分析し、戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別戦術的通信および保護システム(TCAPS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、戦術的通信および保護システム(TCAPS)種類別分析(空中プラットフォーム、海上プラットフォーム、陸上プラットフォーム、水中プラットフォーム)、戦術的通信および保護システム(TCAPS)用途別分析(ISR、通信、戦闘、指揮・統制、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の市場概観 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の世界市場規模 ・戦術的通信および保護システム(TCAPS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等 …
  • 産業用温度調節器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用温度調節器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度調節器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラフトビアのヨーロッパ市場
    当調査レポートでは、クラフトビアのヨーロッパ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトビアのヨーロッパ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"