"脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR32018)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Stroke Therapeutics Market: About this market
Technavio’s stroke therapeutics market analysis considers sales from both ischemic stroke and hemorrhagic stroke types. Our analysis also considers the sales of stroke therapeutics in Asia, Europe, North America, and ROW. In 2018, the ischemic stroke therapeutics segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as availability of patient assistance programs will play a significant role in the ischemic stroke therapeutics segment to maintain its market position. Also, our global stroke therapeutics market report looks at factors such as high-risk factors for stroke, strong pipeline, and growth of the geriatric population. However, high level of genericization in the market, availability of substitutes, and clinical trial failures may hamper the growth of the stroke therapeutics industry over the forecast period.
Global Stroke Therapeutics Market: Overview
High-risk factors for stroke
Globally, stroke is the second-leading cause of death among adults. The high prevalence of stroke is attributed to the increase in the incidence of ischemic strokes and hemorrhagic strokes, mainly because of the increasing presence of high-risk factors over the years. The major risk factors such as high blood pressure, high cholesterol levels and obesity, heart diseases, and diabetes are increasing the number of strokes that results in several deaths across the world. The risk of stroke also increases due to excessive smoking and alcohol consumption. Such risk factors will lead to the expansion of the global stroke therapeutics market at a CAGR of almost 5% during the forecast period.
Development of novel therapies
The global stroke therapeutics market is expected to benefit from the development of novel therapies, such as stem cell therapies. Owing to the high prevalence of stroke, there is a huge need for safe and innovative novel therapies to treat stroke. Therefore, several companies are developing novel drugs for the treatment of stroke. The development of stem cell therapy will have a major impact on upcoming stroke therapeutics, as it has fewer side effects and regenerative properties. Some of the other novel drugs currently under various stages of development in the stroke therapeutics market are PSD-95 antagonist NA-1 developed by NoNO and 3K3A-APC developed by ZZ Biotech LLC. Such development of novel therapies with fewer side effects is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global stroke therapeutics market during the forecast period 2019-2023, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global stroke therapeutics market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading stroke therapeutics manufacturers, that include Amgen Inc., AstraZeneca Plc, Bayer AG, Boehringer Ingelheim International GmbH, Bristol-Myers Squibb Co., F. Hoffmann-La Roche Ltd., Johnson & Johnson Services Inc., Merck & Co. Inc., Pfizer Inc., and Sanofi.
Also, the stroke therapeutics market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Ischemic stroke – Market size and forecast 2018-2023
• Hemorrhagic stroke – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• North America – Market size and forecast 2018-2023
• Europe – Market size and forecast 2018-2023
• Asia – Market size and forecast 2018-2023
• ROW – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Development of novel therapies
• Increasing awareness about stroke
• Strategic alliances
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Amgen Inc.
• AstraZeneca Plc
• Bayer AG
• Boehringer Ingelheim International GmbH
• Bristol-Myers Squibb Co.
• F. Hoffmann-La Roche Ltd.
• Johnson & Johnson Services Inc.
• Merck & Co. Inc.
• Pfizer Inc.
• Sanofi
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Product overview
Exhibit 02: Global pharmaceuticals market
Exhibit 03: Segments of global pharmaceuticals market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by type
Exhibit 20: Ischemic stroke – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 21: Ischemic stroke – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Hemorrhagic stroke – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 23: Hemorrhagic stroke – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by type
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 29: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: Top 3 countries in North America
Exhibit 31: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 32: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: Top 3 countries in Europe
Exhibit 34: Asia – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 35: Asia – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Asia
Exhibit 37: ROW – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)
Exhibit 38: ROW – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in ROW
Exhibit 40: Key leading countries
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Impact of drivers and challenges
Exhibit 43: Vendor landscape
Exhibit 44: Landscape disruption
Exhibit 45: Vendors covered
Exhibit 46: Vendor classification
Exhibit 47: Market positioning of vendors
Exhibit 48: Amgen Inc. – Vendor overview
Exhibit 49: Amgen Inc. – Business segments
Exhibit 50: Amgen Inc. – Organizational developments
Exhibit 51: Amgen Inc. – Geographic focus
Exhibit 52: Amgen Inc. – Key offerings
Exhibit 53: Amgen Inc. – Key customers
Exhibit 54: AstraZeneca Plc – Vendor overview
Exhibit 55: AstraZeneca Plc – Business segments
Exhibit 56: AstraZeneca Plc – Organizational developments
Exhibit 57: AstraZeneca Plc – Geographic focus
Exhibit 58: AstraZeneca Plc – Key offerings
Exhibit 59: AstraZeneca Plc – Key customers
Exhibit 60: Bayer AG – Vendor overview
Exhibit 61: Bayer AG – Business segments
Exhibit 62: Bayer AG – Organizational developments
Exhibit 63: Bayer AG – Geographic focus
Exhibit 64: Bayer AG – Segment focus
Exhibit 65: Bayer AG – Key offerings
Exhibit 66: Bayer AG – Key customers
Exhibit 67: Boehringer Ingelheim International GmbH – Vendor overview
Exhibit 68: Boehringer Ingelheim International GmbH – Business segments
Exhibit 69: Boehringer Ingelheim International GmbH – Organizational developments
Exhibit 70: Boehringer Ingelheim International GmbH – Geographic focus
Exhibit 71: Boehringer Ingelheim International GmbH – Segment focus
Exhibit 72: Boehringer Ingelheim International GmbH – Key offerings
Exhibit 73: Boehringer Ingelheim International GmbH – Key customers
Exhibit 74: Bristol-Myers Squibb Co. – Vendor overview
Exhibit 75: Bristol-Myers Squibb Co. – Business segments
Exhibit 76: Bristol-Myers Squibb Co. – Organizational developments
Exhibit 77: Bristol-Myers Squibb Co. – Geographic focus
Exhibit 78: Bristol-Myers Squibb Co. – Key offerings
Exhibit 79: Bristol-Myers Squibb Co. – Key customers
Exhibit 80: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Vendor overview
Exhibit 81: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Business segments
Exhibit 82: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Organizational developments
Exhibit 83: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Geographic focus
Exhibit 84: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Segment focus
Exhibit 85: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Key offerings
Exhibit 86: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Key customers
Exhibit 87: Johnson & Johnson Services Inc. – Vendor overview
Exhibit 88: Johnson & Johnson Services Inc. – Business segments
Exhibit 89: Johnson & Johnson Services Inc. – Organizational developments
Exhibit 90: Johnson & Johnson Services Inc. – Geographic focus
Exhibit 91: Johnson & Johnson Services Inc. – Segment focus
Exhibit 92: Johnson & Johnson Services Inc. – Key offerings
Exhibit 93: Johnson & Johnson Services Inc. – Key customers
Exhibit 94: Merck & Co. Inc. – Vendor overview
Exhibit 95: Merck & Co. Inc. – Business segments
Exhibit 96: Merck & Co. Inc. – Organizational developments
Exhibit 97: Merck & Co. Inc. – Geographic focus
Exhibit 98: Merck & Co. Inc. – Segment focus
Exhibit 99: Merck & Co. Inc. – Key offerings
Exhibit 100: Merck & Co. Inc. – Key customers
Exhibit 101: Pfizer Inc. – Vendor overview
Exhibit 102: Pfizer Inc. – Business segments
Exhibit 103: Pfizer Inc. – Organizational developments
Exhibit 104: Pfizer Inc. – Geographic focus
Exhibit 105: Pfizer Inc. – Segment focus
Exhibit 106: Pfizer Inc. – Key offerings
Exhibit 107: Pfizer Inc. – Key customers
Exhibit 108: Sanofi – Vendor overview
Exhibit 109: Sanofi – Business segments
Exhibit 110: Sanofi – Organizational developments
Exhibit 111: Sanofi – Geographic focus
Exhibit 112: Sanofi – Segment focus
Exhibit 113: Sanofi – Key offerings
Exhibit 114: Sanofi – Key customers
Exhibit 115: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 116: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023
【発行日】2019年9月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR32018
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
脳卒中治療法の世界市場予測・分析2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他)、流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース)
    当調査レポートでは、アフターサンケア製品の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、プライスポイント別分析、フォーム別分析、流通経路別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・市場動向 ・アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース) ・アフターサンケア製品の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • 顕微鏡検査の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、顕微鏡検査の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・顕微鏡検査の世界市場:イントロダクション ・顕微鏡検査の世界市場:市場概観 ・顕微鏡検査の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・顕微鏡検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:種類別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:用途別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:主要地域別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:関連企業分析
  • タッチスクリーンコントローラの世界市場見通し2016-2022:静電容量タッチスクリーンコントローラ、抵抗膜方式タッチスクリーンコントローラ
    当調査レポートでは、タッチスクリーンコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチスクリーンコントローラの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:市場動向分析 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:競争要因分析 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:インターフェース別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:用途別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:技術別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:スクリーンサイズ別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:種類別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:地域別分析/市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの北米市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの欧州市場規模 ・タッチスクリーンコントローラのアジア市場規模 ・タッチスクリーンコントローラの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 動物用抗生物質および抗菌剤の世界市場予測2021:テトラサイクリン、ペニシリン、スルホンアミド、マクロライド、セファロスポリン、フルオロキノロン
    当調査レポートでは、動物用抗生物質および抗菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、デリバリ方式別分析、動物別分析、地域別分析、動物用抗生物質および抗菌剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおける3Dプリンティングの世界市場:技術別(電子ビーム溶融、レーザービーム溶融、インクジェット、光重合)、用途別(組織工学、外科用インプラント、ヘルスケア用ウェアラブルデバイス)、地域別予測
    本資料は、ヘルスケアにおける3Dプリンティングの世界市場について調べ、ヘルスケアにおける3Dプリンティングの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(電子ビーム溶融、レーザービーム溶融、インクジェット、光重合)分析、用途別(組織工学、外科用インプラント、ヘルスケア用ウェアラブルデバイス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはStratasys Ltd.、3D System Corporation、Aram AB、Materialize NV、 Renishaw PLC、Envision TEC GmbH 、Nano 3D Biosciences Inc.、Oxford Performance Materials、Organovo Holding Inc.、Eos GmbH などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルスケアにおける3Dプリンティングの世界市場概要 ・ヘルスケアにおける3Dプリンティングの世界市場環境 ・ヘルスケアにおける3Dプリンティン …
  • サウジアラビアのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 老人ホームサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、老人ホームサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、老人ホームサービス市場規模、サービス別(自立生活用住宅、介護、介護付き住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brookdale Senior Living Solutions, Erickson Living, Holiday Retirement (Harvest Management Sub), Home Instead, Sompo Holdingsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・老人ホームサービスの世界市場概要 ・老人ホームサービスの世界市場環境 ・老人ホームサービスの世界市場動向 ・老人ホームサービスの世界市場規模 ・老人ホームサービスの世界市場:業界構造分析 ・老人ホームサービスの世界市場:サービス別(自立生活用住宅、介護、介護付き住宅) ・老人ホームサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・老人ホームサービスの北米市場規模・予測 ・老人 …
  • 世界のトラップ弁市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラップ弁市場2015について調査・分析し、トラップ弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニストの概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容1アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セイボリースナックの世界市場動向・需要予測
  • 消泡剤の世界市場分析:製品別(水ベース、油ベース、シリコンベース)、用途別(パルプ・紙、コーティング、農薬、水処理、食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、消泡剤の世界市場動向、消泡剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別消泡剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 物理的セキュリティの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)、ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視)、サービス別(リモート監視、システム統合)、最終用途産業別、地域別予測
    本資料は、物理的セキュリティの世界市場について調べ、物理的セキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視)分析、サービス別(リモート監視、システム統合)分析、最終用途産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・物理的セキュリティの世界市場概要 ・物理的セキュリティの世界市場環境 ・物理的セキュリティの世界市場動向 ・物理的セキュリティの世界市場規模 ・物理的セキュリティの世界市場規模:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・物理的セキュリティの世界市場規模:ハードウェア別(アクセス制御、侵入検知、ビデオ監視) ・物理的セキュリティの世界市場規模:サービス別(リモート監視、システム統合) ・物理的セキュリティの世界市場規模:最終用途産業別 ・物理的セキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・物理的セキュリティの北 …
  • 澱粉回収システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、澱粉回収システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、澱粉回収システム市場規模、施設規模別(小規模、中規模、大規模)分析、コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他)分析、用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 澱粉回収システムの世界市場:市場動向分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:競争要因分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:施設規模別(小規模、中規模、大規模) ・ 澱粉回収システムの世界市場:コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:主要地 …
  • 人造ダイヤモンドの世界市場
    当調査レポートでは、人造ダイヤモンドの世界市場について調査・分析し、人造ダイヤモンドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 水出しコーヒーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水出しコーヒーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水出しコーヒー市場規模、製品別(アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水出しコーヒーの世界市場概要 ・水出しコーヒーの世界市場環境 ・水出しコーヒーの世界市場動向 ・水出しコーヒーの世界市場規模 ・水出しコーヒーの世界市場:業界構造分析 ・水出しコーヒーの世界市場:製品別(アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種) ・水出しコーヒーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・水出しコーヒーの北米市場規模・予測 ・水出しコーヒーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水出しコーヒーのアジア太平洋市場規模・予測 ・水出しコーヒーの主要国分析 ・水出しコーヒーの世界市場:意思決定フレームワーク ・水出しコーヒーの世界市場:成長要因、課題 ・水出しコーヒーの世界市場:競争環境 ・水出しコーヒーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分 …
  • 容積式モーターの世界市場2019-2023
    容積式モーターは、掘削方向を制御する技術として使用されます。これらのモーターは、装置内の流体の流れを回転エネルギーに変換します。このエネルギーにより、ドリルビットは高rpmで動作します。容積式モーターの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.32%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Halliburton、MATRRIX Energy Technologies、Nabors Industries、Schlumberger、Weatherfordなどです。 当調査レポートでは、容積式モーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容積式モーター市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・容積式モーターの世界市場概要 ・容積式モーターの世界市場環境 ・容積式モーターの世界市場動向 ・容積式モーターの世界市場規模 ・容積式モーターの世界市場:業界構造分析 ・容積式モーターの …
  • 世界のDAB染色溶液市場2016
    本調査レポートでは、世界のDAB染色溶液市場2016について調査・分析し、DAB染色溶液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒石酸の世界市場
    当調査レポートでは、酒石酸の世界市場について調査・分析し、酒石酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用48V電源システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用48V電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用48V電源システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマンモグラフィー検査機器開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、マンモグラフィー検査機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マンモグラフィー検査機器の概要 ・マンモグラフィー検査機器の開発動向:開発段階別分析 ・マンモグラフィー検査機器の開発動向:セグメント別分析 ・マンモグラフィー検査機器の開発動向:領域別分析 ・マンモグラフィー検査機器の開発動向:規制Path別分析 ・マンモグラフィー検査機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別マンモグラフィー検査機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・マンモグラフィー検査機器の最近動向
  • 小切手スキャナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小切手スキャナの世界市場について調査・分析し、小切手スキャナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小切手スキャナシェア、市場規模推移、市場規模予測、小切手スキャナ種類別分析(シングルフィード、マルチフィード)、小切手スキャナ用途別分析(金融機関、企業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小切手スキャナの市場概観 ・小切手スキャナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小切手スキャナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小切手スキャナの世界市場規模 ・小切手スキャナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小切手スキャナのアメリカ市場規模推移 ・小切手スキャナのカナダ市場規模推移 ・小切手スキャナのメキシコ市場規模推移 ・小切手スキャナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・小切手スキャナのドイツ市場規模推移 ・小切手スキャナのイギリス市場規模推移 ・小切手スキャナのロシア市場規模推移 ・小切手スキャナのアジア …
  • 集束イオンビームの世界市場
    当調査レポートでは、集束イオンビームの世界市場について調査・分析し、集束イオンビームの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 貯蔵タンクの世界市場:タイプ別(ステンレス、コンクリート)、用途別(石油化学工業、製紙・パルプ産業、食品産業、バイオ燃料製造プラント)、地域別予測
    本資料は、貯蔵タンクの世界市場について調べ、貯蔵タンクの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ステンレス、コンクリート)分析、用途別(石油化学工業、製紙・パルプ産業、食品産業、バイオ燃料製造プラント)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・貯蔵タンクの世界市場概要 ・貯蔵タンクの世界市場環境 ・貯蔵タンクの世界市場動向 ・貯蔵タンクの世界市場規模 ・貯蔵タンクの世界市場規模:タイプ別(ステンレス、コンクリート) ・貯蔵タンクの世界市場規模:用途別(石油化学工業、製紙・パルプ産業、食品産業、バイオ燃料製造プラント) ・貯蔵タンクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・貯蔵タンクの北米市場規模・予測 ・貯蔵タンクのアメリカ市場規模・予測 ・貯蔵タンクのヨーロッパ市場規模・予測 ・貯蔵タンクのアジア市場規模・予測 ・貯蔵タンクの日本市場規模・予測 ・貯蔵タンクの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 脊椎用インプラントの世界市場:融合インプラント、非融合インプラント
    当調査レポートでは、脊椎用インプラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脊椎用インプラントの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)
    鉄道車両管理の世界市場は、2019年の428億米ドルから2025年には584億米ドルに達し、この期間中5.32%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、時間とコストの最適化、コンポーネントのモニタリング、資産管理、ダウンタイムの短縮、資産の健全性のライブモニタリングに対する関心の高まりが考えられます。一方で、今後の技術的な変化や傾向に合わせて車両管理の革新と高度な機械を扱うことができる技術的専門知識の獲得が必要であり、それが市場成長の障害となる可能性があります。当調査レポートでは、鉄道車両管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、管理区分(鉄道、インフラ)分析、鉄道管理(遠隔診断、線路、車両、資産、CABアドバイザリー)分析、インフラ管理(管制室、駅、自動運賃収集)分析、保守サービス分析、鉄道車両管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ドライブトレインの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ドライブトレインの世界市場について調査・分析し、自動車用ドライブトレインの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:駆動種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:車両種類技術別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:電気車両種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:トランスミッション別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:エンジン位置別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:エンジン種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • カプロラクタムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ナイロン6繊維(テキスタイル、工業、カーペット用フィラメント、ステープルファイバー)・ナイロン6エンジニアリングプラスチック(自動車、電気・電子、産業・機械、ワイヤー&ケーブル))分析、カプロラクタムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 白斑(Vitiligo):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における白斑(Vitiligo)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、白斑(Vitiligo)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・白斑(Vitiligo)の概要 ・白斑(Vitiligo)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の白斑(Vitiligo)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・白斑(Vitiligo)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・白斑(Vitiligo)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • パフォーマンスエラストマーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パフォーマンスエラストマーの世界市場について調査・分析し、パフォーマンスエラストマーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:市場動向分析 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:競争要因分析 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:エンドユーザー別 ・電気・電子製品 ・工業機械 ・自動車・輸送 ・建設・建築 ・ヘルスケア ・その他 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:エラストマータイプ別 ・シリコーンエラストマー ・ニトリルエラストマー ・フルオロエラストマー ・その他 - パフォーマンスエラストマーの世界市場:主要地域別分析 - パフォーマンスエラストマーの北米市場規模(アメリカ市場等) - パフォーマンスエラストマーのヨーロッパ市場規模 - パフォーマンスエラストマーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・パフォーマンスエラストマーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 過圧揚水の世界市場:タイプ別(水圧破砕、セメンチング)、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別予測
    本資料は、過圧揚水の世界市場について調べ、過圧揚水の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(水圧破砕、セメンチング)分析、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・過圧揚水の世界市場概要 ・過圧揚水の世界市場環境 ・過圧揚水の世界市場動向 ・過圧揚水の世界市場規模 ・過圧揚水の世界市場規模:タイプ別(水圧破砕、セメンチング) ・過圧揚水の世界市場規模:抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井) ・過圧揚水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・過圧揚水の北米市場規模・予測 ・過圧揚水のアメリカ市場規模・予測 ・過圧揚水のヨーロッパ市場規模・予測 ・過圧揚水のアジア市場規模・予測 ・過圧揚水の日本市場規模・予測 ・過圧揚水の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 照明器具用安定器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、照明器具用安定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、照明器具用安定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 耐油紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、耐油紙の世界市場について調査・分析し、耐油紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別耐油紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、耐油紙種類別分析()、耐油紙用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・耐油紙の市場概観 ・耐油紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・耐油紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・耐油紙の世界市場規模 ・耐油紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・耐油紙のアメリカ市場規模推移 ・耐油紙のカナダ市場規模推移 ・耐油紙のメキシコ市場規模推移 ・耐油紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・耐油紙のドイツ市場規模推移 ・耐油紙のイギリス市場規模推移 ・耐油紙のロシア市場規模推移 ・耐油紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・耐油紙の日本市場規模推移 ・耐油紙の中国市場規模推移 ・耐油紙の韓国市場規模推移 ・耐油紙のインド市場規模推移 ・耐油紙の東南アジア市場規模推移 …
  • 膜用化学品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の膜用化学品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・膜用化学品の世界市場:イントロダクション ・膜用化学品の世界市場:市場概観 ・膜用化学品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・膜用化学品の世界市場:セグメント別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:主要地域別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:関連企業分析
  • ヘーゼルナッツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘーゼルナッツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘーゼルナッツの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:展開の種類別 ・苦情による詐欺 ・クレジット/デビットカード詐欺 ・なりすまし犯罪 ・マネーロンダリング ・購入予約詐欺 ・振り込め詐欺 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別 ・教育機関 ・金融企業 ・政府 ・ヘルスケア ・製造業部門 ・その他 - 金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:主要地域別分析 - 金融詐欺検知ソフトウェアの北米市場規模(アメリカ市場等) - 金融詐欺検知ソフトウェアのヨーロッパ市場規模 - 金融詐欺検知ソフトウェアのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・金融詐欺検知ソフトウェアの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 殺菌モニタリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、殺菌モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、製品別分析、方式別分析、需要先別分析、殺菌モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スキューバダイビング用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキューバダイビング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキューバダイビング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 豆乳・大豆クリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、豆乳・大豆クリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豆乳・大豆クリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 種子処理用化学薬品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子処理用化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子処理用化学薬品市場規模、機能別(種子強化、種子保護)分析、種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤)分析、用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他)分析、製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:市場動向分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:競争要因分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:機能別(種子強化、種子保護) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子処理用化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等 …
  • フレキシブルディスプレイの世界市場:LCD、電気泳動ディスプレイ、OLED
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場:デバイスタイプ別(光、パワー、RF)、ウェーハサイズ別、用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー)、垂直産業別(テレコム、民生機器、自動車)、地域別予測
    本資料は、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場について調べ、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界規模、市場動向、市場環境、デバイスタイプ別(光、パワー、RF)分析、ウェーハサイズ別分析、用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー)分析、垂直産業別(テレコム、民生機器、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場概要 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場環境 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場動向 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:デバイスタイプ別(光、パワー、RF) ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:ウェーハサイズ別 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー) ・ …
  • 健康成分の世界市場予測(~2022年):ビタミン、ミネラル、プレバイオティクス、脂質、機能性炭水化物、植物・果実抽出物、酵素、スターターカルチャー、タンパク質
    当調査レポートでは、健康成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、健康成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート電子レンジの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート電子レンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート電子レンジの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脅威インテリジェンスの世界市場
    本資料は、脅威インテリジェンスの世界市場について調べ、脅威インテリジェンスの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(統合型脅威管理 、SIEM、IAM、インシデントフォレンジック、ログ管理、サードパーティーリスク管理)分析、サービス別(専門サービス、マネージドサービス、サブスクリプションサービス、トレーニング&サポート)分析、組織サイズ別(SMEs、大企業)分析、用途別(BFSI、IT&テレコム、ヘルスケア、小売り、政府&防御、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVSMPO-AVISMA 、Timet、RTI、ATI、OSAKA Titanium、Toho Titanium 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脅威インテリジェンスの世界市場概要 ・脅威インテリジェンスの世界市場環境 ・脅威インテリジェンスの世界市場動向 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:ソリューション別(統合型 …
  • ファストフード店の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ファストフード店の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファストフード店の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファストフード店の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Chick-fil-A、Domino’s、McDonald’s、Restaurant Brands International、Starbucks、Yum! Brands等です。
  • 世界の実験用ミキサー市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは実験用ミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・実験用ミキサーの世界市場:エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 脊髄損傷(Spinal Cord Injury):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬の状況 ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬の市場規模(販売予測) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脊髄損傷(Spinal Cord Injury)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脊髄損傷(Spinal Cord Injury)治療薬剤
  • OLED(有機発光ダイオード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OLED(有機発光ダイオード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OLED(有機発光ダイオード)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • カナダの電気生理学装置市場(~2021)
  • ナルコレプシー治療薬の世界市場:疾患種類別、治療種類別
    当調査レポートでは、ナルコレプシー治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、病気種類別(昼間極度眠気、カタプレニア、その他)分析、治療種類別(中枢神経系刺激薬、三環系抗うつ薬、オキシケイ酸ナトリウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬など)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:病気種類別(昼間極度眠気、カタプレニア、その他) ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:治療種類別(中枢神経系刺激薬、三環系抗うつ薬、オキシケイ酸ナトリウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬など) ・ナルコレプシー治療薬の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"