"オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR32105)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Oligonucleotide Synthesis Market: About this market

Technavio’s oligonucleotide synthesis market analysis considers sales from pharmaceutical and biotechnology companies, research and academic institutes, diagnostic laboratories, and hospital end-users. Our analysis also considers the sales of oligonucleotide synthesis in Asia, Europe, North America, and ROW. In 2018, the pharmaceutical and biotechnology companies segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as the increase in research on the development of oligonucleotide therapeutics will play a significant role in the pharmaceutical and biotechnology companies segment to maintain its market position. Also, our global oligonucleotide synthesis market report looks at factors such as the increasing research activities in the pharmaceutical and biotechnology sectors, increasing use of oligonucleotides as therapeutic and diagnostic tools, and emergence of technological innovations in oligonucleotide synthesis. However, regulatory issues associated with oligonucleotide therapeutics, diversity in oligonucleotide molecules, and challenges in effective oligonucleotide delivery may hamper the growth of the oligonucleotide synthesis industry over the forecast period.

Global Oligonucleotide Synthesis Market: Overview

Increasing research activities in the pharmaceutical and biotechnology sectors

The increasing prevalence of chronic and life-threatening diseases has prompted pharmaceutical companies and research firms to focus on R&D activities for the development of effective therapeutics. As a result, advances in life sciences research is leading to an improved understanding of biological systems. The development of oligonucleotide synthesis technologies has helped pharmaceutical and biotechnology researchers with molecular-level development, design, and modification of biological systems. The increasing research activities in the pharmaceutical and biotechnology sectors will lead to the expansion of the global oligonucleotide synthesis market at a CAGR of over 10% during the forecast period.

Increasing focus on R&D of new oligonucleotide therapies

Pharmaceutical and biotechnological companies are focusing on R&D of new oligonucleotide drugs due to the presence of the limited number of approved drugs. Oligonucleotides efficiently target disease-relevant proteins and genes that are inaccessible by small-molecule drugs and biologic drugs. Recent advances have helped overcome challenges associated with the administration, cellular uptake, biodistribution, and side effects of oligonucleotide therapies. Currently, many oligonucleotide therapeutics are in various stages of clinical trials for the treatment of many diseases, including viral infections, rare genetic disorders, neural and neuromuscular conditions, and cancers. The presence of these drugs and increase in R&D is expected to have a positive impact on the overall market growth.

For the detailed list of factors that will drive the global oligonucleotide synthesis market during the forecast period 2019-2023, click here.

Competitive Landscape

With the presence of several major players, the global oligonucleotide synthesis market is moderately concentrated. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading oligonucleotide synthesis manufacturers, that include Agilent Technologies Inc., Danaher Corp., General Electric Co., GenScript Biotech Corp., Kaneka Corp., Merck KGaA, Nitto Denko Corp., QIAGEN NV, Sarepta Therapeutics Inc., and Thermo Fisher Scientific Inc.

Also, the oligonucleotide synthesis market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY

PART 02: SCOPE OF THE REPORT

2.1 Preface

2.2 Preface

2.3 Currency conversion rates for US$

PART 03: MARKET LANDSCAPE

Market ecosystem

Market characteristics

Market segmentation analysis

PART 04: MARKET SIZING

Market definition

Market sizing 2018

Market size and forecast 2018-2023

PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS

Bargaining power of buyers

Bargaining power of suppliers

Threat of new entrants

Threat of substitutes

Threat of rivalry

Market condition

PART 06: MARKET SEGMENTATION BY END-USER

Market segmentation by end-user

Comparison by end-user

Pharmaceutical and biotechnology companies – Market size and forecast

2018-2023

Research and academic institutes – Market size and forecast 2018-2023

Diagnostic laboratories – Market size and forecast 2018-2023

Hospitals – Market size and forecast 2018-2023

Market opportunity by end-user

PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE

PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE

Geographic segmentation

Geographic comparison

North America – Market size and forecast 2018-2023

Europe – Market size and forecast 2018-2023

Asia – Market size and forecast 2018-2023

ROW – Market size and forecast 2018-2023

Key leading countries

Market opportunity

PART 09: DECISION FRAMEWORK

PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES

Market drivers

Market challenges

PART 11: MARKET TRENDS

Increasing focus on R&D of new oligonucleotide therapeutics

Strategic collaborations and partnerships for oligonucleotide drug discovery

and development

Rise in demand for low-cost and high-throughput oligonucleotide synthesis

PART 12: VENDOR LANDSCAPE

Overview

Landscape disruption

Competitive scenario

PART 13: VENDOR ANALYSIS

Vendors covered

Vendor classification

Market positioning of vendors

Agilent Technologies Inc.

Danaher Corp.

General Electric Co.

GenScript Biotech Corp.

Kaneka Corp.

Merck KGaA

Nitto Denko Corp.

QIAGEN NV

Sarepta Therapeutics Inc.

Thermo Fisher Scientific Inc.

PART 14: APPENDIX

Research methodology

List of abbreviations

Definition of market positioning of vendors

PART 15: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Product overview

Exhibit 02: Global healthcare market

Exhibit 03: Segments of global healthcare market

Exhibit 04: Market characteristics

Exhibit 05: Market segments

Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist

Exhibit 07: Market size 2018

Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 10: Five forces analysis 2018

Exhibit 11: Five forces analysis 2023

Exhibit 12: Bargaining power of buyers

Exhibit 13: Bargaining power of suppliers

Exhibit 14: Threat of new entrants

Exhibit 15: Threat of substitutes

Exhibit 16: Threat of rivalry

Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018

Exhibit 18: End-user – Market share 2018-2023 (%)

Exhibit 19: Comparison by end-user

Exhibit 20: Pharmaceutical and biotechnology companies – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 21: Pharmaceutical and biotechnology companies – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 22: Research and academic institutes – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 23: Research and academic institutes – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 24: Diagnostic laboratories – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 25: Diagnostic laboratories – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 26: Hospitals – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 27: Hospitals – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 28: Market opportunity by end-user

Exhibit 29: Customer landscape

Exhibit 30: Market share by geography 2018-2023 (%)

Exhibit 31: Geographic comparison

Exhibit 32: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 33: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 34: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 35: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 36: Asia – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 37: Asia – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 38: ROW – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 39: ROW – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 40: Key leading countries

Exhibit 41: Market opportunity

Exhibit 42: Impact of drivers and challenges

Exhibit 43: Vendor landscape

Exhibit 44: Landscape disruption

Exhibit 45: Vendors covered

Exhibit 46: Vendor classification

Exhibit 47: Market positioning of vendors

Exhibit 48: Agilent Technologies Inc. – Vendor overview

Exhibit 49: Agilent Technologies Inc. – Business segments

Exhibit 50: Agilent Technologies Inc. – Organizational developments

Exhibit 51: Agilent Technologies Inc. – Geographic focus

Exhibit 52: Agilent Technologies Inc. – Segment focus

Exhibit 53: Agilent Technologies Inc. – Key offerings

Exhibit 54: Danaher Corp. – Vendor overview

Exhibit 55: Danaher Corp. – Business segments

Exhibit 56: Danaher Corp. – Organizational developments

Exhibit 57: Danaher Corp. – Geographic focus

Exhibit 58: Danaher Corp. – Segment focus

Exhibit 59: Danaher Corp. – Key offerings

Exhibit 60: General Electric Co. – Vendor overview

Exhibit 61: General Electric Co. – Business segments

Exhibit 62: General Electric Co. – Organizational developments

Exhibit 63: General Electric Co. – Geographic focus

Exhibit 64: General Electric Co. – Segment focus

Exhibit 65: General Electric Co. – Key offerings

Exhibit 66: GenScript Biotech Corp. – Vendor overview

Exhibit 67: GenScript Biotech Corp. – Business segments

Exhibit 68: GenScript Biotech Corp. – Organizational developments

Exhibit 69: GenScript Biotech Corp. – Geographic focus

Exhibit 70: GenScript Biotech Corp. – Segment focus

Exhibit 71: GenScript Biotech Corp. – Key offerings

Exhibit 72: Kaneka Corp. – Vendor overview

Exhibit 73: Kaneka Corp. – Business segments

Exhibit 74: Kaneka Corp. – Organizational developments

Exhibit 75: Kaneka Corp. – Geographic focus

Exhibit 76: Kaneka Corp. – Segment focus

Exhibit 77: Kaneka Corp. – Key offerings

Exhibit 78: Merck KGaA – Vendor overview

Exhibit 79: Merck KGaA – Business segments

Exhibit 80: Merck KGaA – Organizational developments

Exhibit 81: Merck KGaA – Geographic focus

Exhibit 82: Merck KGaA – Segment focus

Exhibit 83: Merck KGaA – Key offerings

Exhibit 84: Nitto Denko Corp. – Vendor overview

Exhibit 85: Nitto Denko Corp. – Business segments

Exhibit 86: Nitto Denko Corp. – Organizational developments

Exhibit 87: Nitto Denko Corp. – Geographic focus

Exhibit 88: Nitto Denko Corp. – Segment focus

Exhibit 89: Nitto Denko Corp. – Key offerings

Exhibit 90: QIAGEN NV – Vendor overview

Exhibit 91: QIAGEN NV – Product segments

Exhibit 92: QIAGEN NV – Organizational developments

Exhibit 93: QIAGEN NV – Geographic focus

Exhibit 94: QIAGEN NV – Segment focus

Exhibit 95: QIAGEN NV – Key offerings

Exhibit 96: Sarepta Therapeutics Inc. – Vendor overview

Exhibit 97: Sarepta Therapeutics Inc. – Product segments

Exhibit 98: Sarepta Therapeutics Inc. – Organizational developments

Exhibit 99: Sarepta Therapeutics Inc. – Key offerings

Exhibit 100: Thermo Fisher Scientific Inc. – Vendor overview

Exhibit 101: Thermo Fisher Scientific Inc. – Business segments

Exhibit 102: Thermo Fisher Scientific Inc. – Organizational developments

Exhibit 103: Thermo Fisher Scientific Inc. – Geographic focus

Exhibit 104: Thermo Fisher Scientific Inc. – Segment focus

Exhibit 105: Thermo Fisher Scientific Inc. – Key offerings

Exhibit 106: Validation techniques employed for market sizing

Exhibit 107: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023
【発行日】2019年9月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR32105
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測・分析2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国のLNG給油所市場2015
    本調査レポートでは、中国のLNG給油所市場2015について調査・分析し、LNG給油所の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場について調査・分析し、ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:製品別分析 ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 体外受精(IVF)のドイツ市場:サイクルタイプ別、エンドユーザー別
  • 油田用空気掘削の世界市場:ほこり、気泡流体、フォーム、ミスト
    Technavio社の本調査レポートでは、油田用空気掘削の世界市場について調べ、油田用空気掘削の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田用空気掘削の市場規模をセグメンテーション別(種類別(ほこり、気泡流体、フォーム、ミスト)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は油田用空気掘削の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田用空気掘削の市場状況 ・油田用空気掘削の市場規模 ・油田用空気掘削の市場予測 ・油田用空気掘削の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ほこり、気泡流体、フォーム、ミスト) ・油田用空気掘削の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 原子分光装置の世界市場:原子吸光分析装置(AAS)、蛍光X線分光装置(XRF)、X線回折装置(XRD)、ICP-MS、ICP-OE、元素分析装置
    当調査レポートでは、原子分光装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産養殖ワクチンの世界市場予測2019-2024
    「水産養殖ワクチンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、経口、注射、浸せきなど、用途別には、Bacterial Infection、Viral Infection、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。水産養殖ワクチンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・水産養殖ワクチンの世界市場概要(サマリー) ・水産養殖ワクチンの企業別販売量・売上 ・水産養殖ワクチンの企業別市場シェア ・水産養殖ワクチンの世界市場規模:種類別(経口、注射、浸せき) ・水産養殖ワクチンの世界市場規模:用途別(Bacterial Infection、Viral Infection、Others) ・水産養殖ワクチンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・水産養殖ワクチンのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・水産養殖ワクチンの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・水 …
  • ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の概要 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 振動子の世界市場2017-2021:水晶振動子、MEMS振動子
    当調査レポートでは、振動子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、振動子の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノ医薬品市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノ医薬品市場2015について調査・分析し、ナノ医薬品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は過活動膀胱治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・過活動膀胱治療法の市場状況 ・過活動膀胱治療法の市場規模 ・過活動膀胱治療法の市場予測 ・過活動膀胱治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬) ・過活動膀胱治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場について調査・分析し、デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:タッチポイント別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 尿道スリングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、尿道スリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、尿道スリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコネクテッドカー企業上位20社分析2016
  • デジタル物流の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 中国のミックスト・シグナルSoC市場2015
    本調査レポートでは、中国のミックスト・シグナルSoC市場2015について調査・分析し、ミックスト・シグナルSoCの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中鎖脂肪酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中鎖脂肪酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中鎖脂肪酸市場規模、用途別(栄養補助食品、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中鎖脂肪酸の世界市場概要 ・中鎖脂肪酸の世界市場環境 ・中鎖脂肪酸の世界市場動向 ・中鎖脂肪酸の世界市場規模 ・中鎖脂肪酸の世界市場:業界構造分析 ・中鎖脂肪酸の世界市場:用途別(栄養補助食品、医薬品、その他) ・中鎖脂肪酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・中鎖脂肪酸の北米市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・中鎖脂肪酸の主要国分析 ・中鎖脂肪酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・中鎖脂肪酸の世界市場:成長要因、課題 ・中鎖脂肪酸の世界市場:競争環境 ・中鎖脂肪酸の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用プロペラシャフトの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、自動車用プロペラシャフトの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:市場動向分析 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:競争要因分析 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:シャフトの位置別 ・車軸間 ・リア ・フロント - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:素材の種類別 ・アルミ ・炭素繊維 ・スチール - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:製品別 ・伸縮式のシャフト ・一体成型 ・複数のパーツから成るもの - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:販路別 ・アフターマーケット ・OEM - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:車両の種類別 ・大型商用車 ・乗用車 ・小型商用車 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:カテゴリー別 ・中空軸 ・剛性軸 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:用途別 ・トラック ・車 ・その他 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:主要地域別分析 - 自動車 …
  • 世界のOBDテレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のOBDテレマティクス市場2015について調査・分析し、OBDテレマティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 分子診断の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、製品・サービス別分析、分子診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリアミドイミド樹脂の世界市場予測(~2022年):無充填、ガラス充填、炭素充填
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリアミドイミド樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(無充填、ガラス充填、炭素充填)分析、最終用途産業別(自動車、航空宇宙、電子・電気、石油・ガス)分析、ポリアミドイミド樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の大豆皮市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆皮市場2015について調査・分析し、大豆皮の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルOOH(屋外広告)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルOOH(屋外広告)の世界市場について調べ、デジタルOOH(屋外広告)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルOOH(屋外広告)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(小売、レクリエーション、銀行業、交通手段、教育、その他の用途)、種類別(店内広告、屋外広告)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルOOH(屋外広告)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場状況 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場規模 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場予測 ・デジタルOOH(屋外広告)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(小売、レクリエーション、銀行業、交通手段、教育、その他の用途) ・市場セグメンテーション:種類別(店内広告、屋外広告) ・デジタルOOH(屋外広告)の顧客状 …
  • ヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒスタミン受容体アンタゴニストの概要 ・ヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヒスタミン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒスタミン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒスタミン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガラス包装の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「ガラス包装の世界市場2020-2024」は、ガラス包装について市場概要、市場規模、用途別(食品&飲料包装、パーソナルケア包装、医薬品包装、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ガラス包装の世界市場:用途別(食品&飲料包装、パーソナルケア包装、医薬品包装、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ソース・ドレッシング・調味料の北米市場
  • 産業用バーコードスキャナーの世界市場:2Dイメージャ、線形イメージャ、レーザスキャナー
    当調査レポートでは、産業用バーコードスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用バーコードスキャナーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 日本の整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 耐熱性熱可塑性プラスチックの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、耐熱性熱可塑性プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、需要先別分析、樹脂種類別分析、温度別分析、地域別分析、耐熱性熱可塑性プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート医療機器の世界市場分析:診断装置、モニタリング装置、治療装置
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、スマート医療機器の世界市場について調査・分析し、スマート医療機器の世界市場動向、スマート医療機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート医療機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 関節炎(Arthritis Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、関節炎(Arthritis Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・関節炎(Arthritis Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・関節炎(Arthritis Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・関節炎(Arthritis Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・関節炎(Arthritis Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・関節炎(Arthritis Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の関節炎(Arthritis Pain)治療薬剤
  • 風力タービン用ブレーキの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、風力タービン用ブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力タービン用ブレーキの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 風力タービンは風の運動エネルギーを電気エネルギーに変換します。風力タービンは、基礎、タワー、ナセル、ローターで構成されています。このうちナセルは、主軸、ギアボックス、発電機、変圧器、制御システムなどの重要な機器を含みます。ブレーキは、ローターの回転が速くなりすぎるのを阻止する際や、点検時にローターを停止する際に使用されます。Technavio社は風力タービン用ブレーキの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Altra• GKN• SIBER Siegerland Bremsen• Thomson Industries• The Hilliard等です。
  • プラスチック用酸化防止剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチック用酸化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プリマー樹脂別分析、酸化防止剤種類別分析、地域別分析、プラスチック用酸化防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートホームの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、スマートホームの世界市場について調査・分析し、スマートホームの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の人工心血管置換装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、人工心血管置換装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工心血管置換装置の概要 ・人工心血管置換装置の開発動向:開発段階別分析 ・人工心血管置換装置の開発動向:セグメント別分析 ・人工心血管置換装置の開発動向:領域別分析 ・人工心血管置換装置の開発動向:規制Path別分析 ・人工心血管置換装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工心血管置換装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工心血管置換装置の最近動向
  • バイオテクノロジーの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、バイオテクノロジーの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バイオテクノロジーの世界市場規模:技術別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:用途別分析 ・バイオテクノロジーの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 高純度石英の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高純度石英の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高純度石英市場規模、エンドユーザー別(半導体、ソーラー、照明、光学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高純度石英の世界市場概要 ・高純度石英の世界市場環境 ・高純度石英の世界市場動向 ・高純度石英の世界市場規模 ・高純度石英の世界市場:業界構造分析 ・高純度石英の世界市場:エンドユーザー別(半導体、ソーラー、照明、光学、その他) ・高純度石英の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高純度石英の北米市場規模・予測 ・高純度石英のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高純度石英のアジア太平洋市場規模・予測 ・高純度石英の主要国分析 ・高純度石英の世界市場:意思決定フレームワーク ・高純度石英の世界市場:成長要因、課題 ・高純度石英の世界市場:競争環境 ・高純度石英の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 血管炎の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、血管炎の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・血管炎の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・血管炎の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • ドライハチミツの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ドライハチミツの世界市場について調べ、ドライハチミツの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ドライハチミツの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ドライハチミツ、オーガニックドライハチミツ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はドライハチミツの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ドライハチミツの市場状況 ・ドライハチミツの市場規模 ・ドライハチミツの市場予測 ・ドライハチミツの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型ドライハチミツ、オーガニックドライハチミツ) ・ドライハチミツの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ネットワークオートメーションの世界市場予測(~2022年):SD-WAN、ネットワークオートメーションツール、インターネットベースネットワーク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、ネットワークインフラ別分析、サービス別分析、産業別分析、ネットワークオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハーブティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハーブティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハーブティの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場2016-2026:嚢胞性線維症膜貫通調節因子(CFTR)モジュレータ、タンパク質転写モジュレータ、膵酵素生成物(PEP)
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インホイールモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進タイプ別(BEV、HEV、PHEV、FCEV)分析、車両タイプ別(PC、CV)分析、モーター別(アキシャルフラックスモーター、ラジアルフラックスモーター)分析、冷却タイプ別(空気冷却、液体冷却)分析、インホイールモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーションリリース自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アプリケーションリリース自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ツール、サービス)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別分析、垂直産業別(BFSI、ITE・テレコム、製造)分析、アプリケーションリリース自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テラゾーフローリングの世界市場
    本資料は、テラゾーフローリングの世界市場について調べ、テラゾーフローリングの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー)分析、用途別(教育用、商業用、ヘルスケア&製薬、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFLUKE 、HT、FLIR SYSTEMS、AMETEK Land、JENOPTIK I Defense & Civil Systems、Optris、Infrared Cameras Inc.、FluxData Inc.、Infra Tec GmbH、Testo、Keysight Technologies、CorDEX、IRCameras、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テラゾーフローリングの世界市場概要 ・テラゾーフローリングの世界市場環境 ・テラゾーフローリングの世界市場動向 ・テラゾーフローリングの世界市場規模 ・テラゾーフローリングの世界市場規模:種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー) ・テ …
  • 血管ステントの世界市場予測(~2021年):ベアメタルステント、生体吸収性ステント、薬剤溶出ステント
    当調査レポートでは、血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、製品別分析、材料別分析、需要先別分析、血管ステントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ製文房具の世界市場:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)、地域別予測
    本資料は、ヨーロッパ製文房具の世界市場について調べ、ヨーロッパ製文房具の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3M、BIC、HAMELIN、ICO、LYRECO、WHSmithなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヨーロッパ製文房具の世界市場概要 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場環境 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場動向 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他) ・ヨーロッパ製文房具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨーロッパ製文房具の北米市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアメリカ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のヨーロッパ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアジア市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の日本市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の中国 …
  • 臨時電力発電/発電機レンタルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、臨時電力発電/発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、臨時電力発電/発電機レンタルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別臨時電力発電/発電機レンタルシェア、市場規模推移、市場規模予測、臨時電力発電/発電機レンタル種類別分析(ディーゼル、ガス・HFO・ガソリン)、臨時電力発電/発電機レンタル用途別分析(政府・ユーティリティ、石油・ガス、イベント、建設、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・臨時電力発電/発電機レンタルの市場概観 ・臨時電力発電/発電機レンタルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・臨時電力発電/発電機レンタルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・臨時電力発電/発電機レンタルの世界市場規模 ・臨時電力発電/発電機レンタルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・臨時電力発電/発電機レンタルのアメリカ市場規模推移 ・臨時電力発電/発電機レンタルのカナダ市場規模推移 ・臨時電力発電/発電機レンタルのメキシコ市場規模推移 ・ …
  • 小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 廃炉の世界市場:PWR原子炉、BWR原子炉、PHWR原子炉、LWGR原子炉、GCR原子炉
    当調査レポートでは、廃炉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、廃炉の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"