"コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 5744)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Computational photography market projected to grow at 9.3% CAGR during 2019–2024”
The computational photography market was valued at USD 10.7 billion in 2019 and is expected to reach USD 29.0 billion by 2024, at a CAGR of 22.0% from 2019 to 2024. The major driving factors is the trend of sharing images and videos using advanced media sharing technologies is a major aspect of social networking on a global basis within the smartphone and multimedia tablet ecosystem. Also, the enhancement in the image resolution of sensors along with the technological advancements in camera modules, components, and design is driving the computational photography market.

“Computational photography software to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024”
This high growth for computational photography software is attributed to the use of high-end algorithms to achieve advanced photography. Software is an integral part of computational cameras. It interfaces hardware with advanced computational capabilities. These software systems enhance and extend the capabilities of devices based on computational photography by compressing, expanding, and mosaicking the image.

“Based on type other cameras for computational photography market to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024”
Other computational cameras include cameras with 4, 8, and more lenses. Nikon has unveiled its 4-lens camera with a patent (No. 2016-114615) filed in June 2016. Other camera manufacturers, such as Sony (Japan) and Huawei (China), are expected to enter the computational photography market by launching cameras with variable aperture sizes and adjustable zooming features based on the size of the image sensor; as a result, new designs are created for multi-aperture cameras useful in computational photography.

“Mixed reality market to offer a lucrative opportunity for computational photography applications”
Mixed reality is the result of blending the physical world with the digital world. Mixed reality is the next evolution in the interaction between humans, computers, and the environment and unlocks various possibilities that were initially limited to our imaginations. Computational photography is expected to provide enhanced user experience with the help of advanced imaging combined with virtual reality.

“Machine vision cameras to grow at the fastest rate for computational photography”
There is a great importance of high-quality images to detect defects in final products. Machine vision can use computational photography when higher quality imaging with less maintenance is desired. Computational photography eliminates the need to adjust optics and lighting to get a perfect image. It reduces the need for post-processing of images.

“APAC continues to grow significantly for the computational photography market”
This high growth is attributed to the increasing number of Chinese vendors such as Huawei (China), Xiaomi (China), and others. These companies are coming up with advanced AI-based cameras for cutting-edge imaging purposes with powerful chipsets and processors. The growth opportunity for the computational photography market in countries apart from China, India, South Korea, Australia, and Japan will largely depend on the pricing strategies and awareness related to the benefit of computational cameras compared with DSLR cameras.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in computational photography marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 35%
• By Designation: C-level Executives – 45%, Directors – 25%, and Others – 30%
• By Region: North America – 55%, Europe – 20%, APAC – 15%, RoW – 10
The major players in computational photography market are Apple (US), Samsung (South Korea), Nvidia (US), Qualcomm (US), Adobe (US), Nikon (Japan), Sony (Japan), LG (South Korea), Light (US), Canon (Japan).

Research Coverage:
This research report categorizes the global computational photography based on offering, product, type, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to computational photography market and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the computational photography market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. The report helps stakeholders to understand the value-chain of computational photography market along with recent case studies.
4. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes product launch, acquisition, collaboration, expansion, and partnership.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Markets Covered
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.1.2 Approach for Capturing Market Share With Help of Various Players in Value Chain of Market
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in Computational Photography Market
4.2 Market, By Product
4.3 Market, By Type
4.4 Market, By Offering
4.5 Market, By Application and Region
4.6 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Accelerated Demand for High-Resolution Still Cameras
5.2.1.2 Increased Adoption of Computational Photography in Smartphone Cameras
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Maintenance and Manufacturing Costs of Computational Camera Modules
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Adoption of Image Fusion Technique to Achieve High-Quality Image
5.2.3.2 Rising Use of Displays With 4k Resolution Standard
5.2.3.3 Increasing Demand for High-Resolution Computational Cameras in Machine Vision
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rising Focus on Miniaturization of Image Sensor Chips
6 Computational Photography Market, By Offering (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Camera Modules
6.3 Software
7 Computational Photography Market, By Type (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Single- and Dual-Lens Cameras
7.2.1 Single- and Dual-Lens Cameras to Hold Largest Market Size of Computational Photography
7.3 16-Lens Cameras
7.3.1 16-Lens Cameras to Witness Highest Growth in Market
7.4 Others
8 Computational Photography Market, By Product (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Smartphone Cameras
8.2.1 Smartphone Cameras Held Largest Market Size of Computational Photography
8.3 Standalone Cameras
8.3.1 Standalone Cameras Held Second-Largest Size of Market
8.4 Machine Vision Cameras
8.4.1 Machine Vision Cameras Accounted for Highest Growth of Market During Forecast Period
9 Computational Photography Market, By Application (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 3D Imaging
9.2.1 Rising Focus on Image Quality Propels Growth of Market for 3D Imaging
9.3 Virtual Reality
9.3.1 Growing Demand for Content Creation in VR Drives Market
9.4 Augmented Reality
9.4.1 Increasing Focus on Advanced Quality Cameras and Images Drives Market for AR
9.5 Mixed Reality
9.5.1 Rising Need for Enhanced User Experience Drives Growth of Market for MR
10 Geographic Analysis (Page No. – 80)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 Market in US to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
10.2.2 US
10.2.2.1 US Market is Largely Driven By Commercialization of L16 Cameras
10.2.3 Canada
10.2.3.1 Canadian Market Driven By Surge in Smartphone Production
10.2.4 Mexico
10.2.4.1 Mexican Market Driven By Expansion of Chinese Smartphone Manufacturers
10.3 Europe
10.3.1 Adoption of Machine Vision and Ai-Enabled Cameras Across Several Industries
10.3.2 UK
10.3.2.1 Trend of Sharing Images and Videos Using Advanced Media-Sharing Technologies
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Adoption of Machine Vision Cameras in Germany
10.3.4 France
10.3.4.1 Demand for 4k Pixel and Ultra Hd Camera Modules in France
10.3.5 Italy
10.3.5.1 Presence of Automobile Manufacturing Plants in Italy Require Advanced Machine Vision Cameras
10.3.6 Spain
10.3.6.1 Popularity of Chinese Phones Including Xiaomi and Huawei
10.3.7 Sweden
10.3.7.1 Large Market Share of Apple Smartphones in Sweden
10.3.8 Netherlands
10.3.8.1 Growth of Economy in Netherlands
10.3.9 Belgium
10.3.9.1 Domination of Samsung, Apple, and Huawei in Belgium
10.3.10 Norway
10.3.10.1 Leadership of Nokia in Norwegian Market
10.3.11 Rest of Europe
10.3.11.1 High Expenditure on Advanced Smartphones
10.4 APAC
10.4.1 Chinese Smartphone Manufacturers Boost Growth of Market in APAC
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Strong Foothold of Major Companies Offering Computational Photography Such as Canon, Nikon, and Sony
10.4.3 China
10.4.3.1 High Involvement of China in Technological Adoptions
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 Adoption of Computational Photography By Major Companies Such as Apple and Samsung Having Presence in Country
10.4.5 India
10.4.5.1 Setup of New Manufacturing Plants
10.4.6 Australia
10.4.6.1 Growing Adoption of AR and VR Applications
10.4.7 Singapore
10.4.7.1 Expansion of Manufacturing Base
10.4.8 Taiwan
10.4.8.1 Huge Market Base of Sony, Huawei, and Xiaomi
10.4.9 Rest of APAC
10.4.9.1 Growth of Manufacturing Industry
10.5 RoW
10.5.1 Growing Machine Vision Application in Middle Eastern Region
10.5.2 South America
10.5.2.1 Large Number of Tech-Savvy Consumers in Brazil
10.5.3 Middle East
10.5.3.1 Region Likely to Move Toward New Cognitive Technology
10.5.4 Africa
10.5.4.1 Smartphone Cameras have Huge Potential in African Market
11 Competitive Landscape (Page No. – 108)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis 2018
11.3 Recent Developments
11.3.1 Product Launches
11.3.2 Partnerships, Contracts, Agreements, and Collaborations
11.4 Competitive Leadership Mapping
11.4.1 Visionary Leaders
11.4.2 Dynamic Differentiators
11.4.3 Innovators
11.4.4 Emerging Companies
11.5 Strength of Product Portfolio
11.6 Business Strategies Excellence
12 Company Profiles (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Apple
12.1.2 Adobe
12.1.3 Samsung Electronics
12.1.4 Qualcomm Technologies
12.1.5 NVIDIA
12.1.6 Canon
12.1.7 Nikon
12.1.8 Light
12.1.9 Sony
12.1.10 on Semiconductor
12.2 Other Key Players
12.2.1 Microsoft
12.2.2 HTC
12.2.3 Corephotonics
12.2.4 DXO Labs
12.2.5 Xperi
12.2.6 Affinity Media
12.2.7 Algolux
12.2.8 Leica Camera Ag
12.2.9 Raytrix
12.2.10 Almalence
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 136)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 5744
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンピュテーショナルフォトグラフィの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の概要 ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorde …
  • 微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:センサー、アクチュエーター
    当調査レポートでは、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(センサー、およびアクチュエーター)分析、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:種類別(センサー、およびアクチュエーター) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 空気浄化マスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空気浄化マスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気浄化マスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電線およびケーブルのインド市場2016-2020
    当調査レポートでは、電線およびケーブルのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電線およびケーブルのインド市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の血漿分画市場2017-2022
  • マイクロLEDディスプレイの世界市場:製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ)、用途別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、TV、スマートウォッチ、その他)、業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他)
    本資料は、マイクロLEDディスプレイの世界市場について調べ、マイクロLEDディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ)分析、業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロLEDディスプレイの世界市場概要 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場環境 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場動向 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場規模 ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:製品別(大型ディスプレイ、中小型ディスプレイ、マイクロディスプレイ) ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:用途別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、TV、スマートウォッチ、その他) ・マイクロLEDディスプレイの世界市場:業種別(民生機器、エンターテイメント・スポーツ、自動車、小売、政府機関・防衛、その他 …
  • 世界の高圧ポンプ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 母乳育児用品の世界市場:製品別(乳首ケア用品、ブレストシェル、乳房パッド、母乳保存用品・授乳用品)、セグメント予測
    母乳育児用品の世界市場は2025年には24億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新興国における医療インフラの改善や母乳バンクの数の増加が考えられます。さらに、発展途上地域の女性労働者数の増加に伴い、高度な母乳育児用品に対する関心も高まり、結果としてこの市場の成長に拍車がかかるでしょう。本調査レポートでは、母乳育児用品の世界市場について調査・分析し、母乳育児用品の世界市場動向、母乳育児用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別母乳育児用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナノボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ナノボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ナノボット市場規模、用途別(医療、その他)分析、種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Ginkgo Bioworks, Xidex, Zymergenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ナノボットの世界市場概要 ・ナノボットの世界市場環境 ・ナノボットの世界市場動向 ・ナノボットの世界市場規模 ・ナノボットの世界市場:業界構造分析 ・ナノボットの世界市場:用途別(医療、その他) ・ナノボットの世界市場:種類別 ・ナノボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ナノボットの北米市場規模・予測 ・ナノボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ナノボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・ナノボットの主要国分析 ・ナノボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・ナノボットの世界市場:成長要因、課題 ・ナノボットの世界市場:競争環境 ・ナノボットの世界市場:関連企業情 …
  • インドの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • グリアル発神経栄養因子モジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグリアル発神経栄養因子モジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グリアル発神経栄養因子モジュレーターの概要 ・グリアル発神経栄養因子モジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中のグリアル発神経栄養因子モジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グリアル発神経栄養因子モジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グリアル発神経栄養因子モジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用バックミラーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用バックミラーの世界市場について調査・分析し、自動車用バックミラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用バックミラーの世界市場:市場動向分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:競争要因分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:特徴別 ・死角検出機能 ・自動折りたたみ機能 ・方向指示機能 ・自動防眩機能 ・電力制御機能 ・加温機能 ・電動調整 ・その他 - 自動車用バックミラーの世界市場:取付位置別 ・ドア装着 ・ボディ装着 - 自動車用バックミラーの世界市場:ミラータイプ別 ・ルームミラー ・外装バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:車両タイプ別 ・ 小型商用車 ・バス ・乗用車 ・トラック - 自動車用バックミラーの世界市場:製品別 ・スマートバックミラー ・従来型バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用バックミラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用バックミラーのヨーロッパ市場規模 - 自動車用バックミ …
  • ブライダルウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ブライダルウェアの世界市場について調べ、ブライダルウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ブライダルウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はブライダルウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ブライダルウェアの市場状況 ・ブライダルウェアの市場規模 ・ブライダルウェアの市場予測 ・ブライダルウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ブライダルウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 水分補給製品の世界市場
    当調査レポートでは、水分補給製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水分補給製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サブソイラーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サブソイラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サブソイラー市場規模、製品別(牽引型サブソイラー、運搬型サブソイラー)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サブソイラーの世界市場:市場動向分析 ・ サブソイラーの世界市場:競争要因分析 ・ サブソイラーの世界市場:製品別(牽引型サブソイラー、運搬型サブソイラー) ・ サブソイラーの世界市場:用途別(家庭用、商業用) ・ サブソイラーの世界市場:主要地域別分析 ・ サブソイラーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ サブソイラーのヨーロッパ市場規模 ・ サブソイラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サブソイラーの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 化粧板の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、化粧板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、化粧板の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フェイシャルケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フェイシャルケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フェイシャルケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場について調べ、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(BCC、AML)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はヘッジホッグ経路阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場状況 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場規模 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の市場予測 ・ヘッジホッグ経路阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(BCC、AML) ・ヘッジホッグ経路阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 避妊法(Contraception):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、避妊法(Contraception)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・避妊法(Contraception):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・避妊法(Contraception)のフェーズ3治験薬の状況 ・避妊法(Contraception)治療薬の市場規模(販売予測) ・避妊法(Contraception)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・避妊法(Contraception)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の避妊法(Contraception)治療薬剤
  • 軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場について調査・分析し、軍事用拡張現実(MAR)技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用拡張現実市場の概要 3. 軍用拡張現実技術の世界市場 2016-2026 4. 世界の軍用拡張現実技術2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の軍用拡張現実技術市場予測 2016-2026 6. 軍用拡張現実技術市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 軍用拡張現実技術企業主要9社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • がん治療ジェネリック医薬品の世界市場予測2022:経口ジェネリック医薬品、注射剤ジェネリック医薬品
    当調査レポートはがん治療ジェネリック医薬品の世界市場について調査・分析し、がん治療ジェネリック医薬品の世界市場規模、がん治療ジェネリック医薬品の世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. がん治療薬の世界市場見通し2022 4. 市場成長要因&課題 5. がん治療ジェネリック医薬品の世界市場分析2022 6. 投与方法別がん治療ジェネリック医薬品の世界市場 7. 主な症状別がん治療ジェネリック医薬品の世界市場 8. 地域別がん治療ジェネリック医薬品の世界市場 9. 市場動向 10. M&A動向 11. キープレーヤー
  • エアロゲルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エアロゲルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゲル市場規模、種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他)分析、種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他)分析、加工別(添加剤、合成物、バージンエアロゲル)分析、技術別(超臨界乾燥、その他)分析、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、昼光照明・LVHS、パフォーマンスコーティング、輸送、防火、医療、工業・低温学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エアロゲルの世界市場:市場動向分析 ・ エアロゲルの世界市場:競争要因分析 ・ エアロゲルの世界市場:種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他) ・ エアロゲルの世界市場:種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他) ・ エアロゲルの世界市場:加工別 …
  • 中国のEV充電スタンド市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のEV充電スタンド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、中国のEV充電スタンド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メタンハイドレート抽出の世界市場:
    本資料は、メタンハイドレート抽出の世界市場について調べ、メタンハイドレート抽出の世界規模、市場動向、市場環境、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メタンハイドレート抽出の世界市場概要 ・メタンハイドレート抽出の世界市場環境 ・メタンハイドレート抽出の世界市場動向 ・メタンハイドレート抽出の世界市場規模 ・メタンハイドレート抽出の世界市場:地域別市場規模・分析 ・メタンハイドレート抽出の北米市場規模・予測 ・メタンハイドレート抽出のアメリカ市場規模・予測 ・メタンハイドレート抽出のヨーロッパ市場規模・予測 ・メタンハイドレート抽出のアジア市場規模・予測 ・メタンハイドレート抽出の日本市場規模・予測 ・メタンハイドレート抽出の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 自動車用スチールホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スチールホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スチールホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨セメントの世界市場
    当調査レポートでは、骨セメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨セメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱膨張計市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 卵管がん治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、卵管がん治療法の世界市場について調べ、卵管がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、卵管がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は卵管がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・卵管がん治療法の市場状況 ・卵管がん治療法の市場規模 ・卵管がん治療法の市場予測 ・卵管がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・卵管がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アメリカの家庭用家具市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの家庭用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの家庭用家具市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水上機の世界市場予測2019-2024
    「水上機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、個人用、商業用など、用途別には、Search and Rescue、Patrol、Tourist、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。水上機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・水上機の世界市場概要(サマリー) ・水上機の企業別販売量・売上 ・水上機の企業別市場シェア ・水上機の世界市場規模:種類別(個人用、商業用) ・水上機の世界市場規模:用途別(Search and Rescue、Patrol、Tourist、Others) ・水上機の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・水上機のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・水上機の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・水上機の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・水上機市場の成長要因・課題・動向 ・水上機の …
  • 抗酸化物質の世界市場
    当調査レポートでは、抗酸化物質の世界市場について調査・分析し、抗酸化物質の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 株式売買ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、株式売買ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、株式売買ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリミキシン(B/E)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリミキシン(B/E)市場2015について調査・分析し、ポリミキシン(B/E)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料ミキサーの世界市場予測2019-2024
    「動物飼料ミキサーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、垂直、水平など、用途別には、Farms、Feed Factoryなどに区分してまとめた調査レポートです。動物飼料ミキサーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物飼料ミキサーの世界市場概要(サマリー) ・動物飼料ミキサーの企業別販売量・売上 ・動物飼料ミキサーの企業別市場シェア ・動物飼料ミキサーの世界市場規模:種類別(垂直、水平) ・動物飼料ミキサーの世界市場規模:用途別(Farms、Feed Factory) ・動物飼料ミキサーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動物飼料ミキサーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・動物飼料ミキサーの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・動物飼料ミキサーの中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・動物飼料ミキサー市場の成長 …
  • ハイパーループ技術の世界市場予測(~2026年):カプセル、チューブ、推進システム
    当調査レポートでは、ハイパーループ技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、輸送タイプ別分析、地域別分析、ハイパーループ技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペシャルティモルトの世界市場:ソース別(小麦、ライ麦、大麦)、状態別(乾燥、液体)、用途別(乳製品&冷凍製品、パン&菓子、アルコール飲料、ノンアルコール飲料、その他)、製品別(カラメル麦芽、ローストモルト、その他)
    当調査レポートでは、スペシャルティモルトの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、ソース別分析、状態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・スペシャルティモルトの世界市場:ソース別(小麦、ライ麦、大麦) ・スペシャルティモルトの世界市場:状態別(乾燥、液体) ・スペシャルティモルトの世界市場:用途別(乳製品&冷凍製品、パン&菓子、アルコール飲料、ノンアルコール飲料、その他) ・スペシャルティモルトの世界市場:製品別(カラメル麦芽、ローストモルト、その他) ・スペシャルティモルトの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)、形状別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場について調べ、ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建)分析、形状別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場概要 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場環境 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場動向 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:用途別(乳房再建、額・肌の再建、頭頸部再建) ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:形状別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場規模:最終用途別 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の北米市場規模・予測 ・ティッシ …
  • 世界のクリプトン-キセノン市場2016
    本調査レポートでは、世界のクリプトン-キセノン市場2016について調査・分析し、クリプトン-キセノンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、地域別生産規模分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マネーロンダリング防止ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マネーロンダリング防止ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、マネーロンダリング防止ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マネーロンダリング防止ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、マネーロンダリング防止ソフトウェア種類別分析(取引監視ソフトウェア、貨幣取引報告(CTR)ソフトウェア、顧客確認管理ソフトウェア、コンプライアンス管理ソフトウェア)、マネーロンダリング防止ソフトウェア用途別分析(ティア1金融機関、ティア2金融機関、ティア3金融機関、ティア4金融機関)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マネーロンダリング防止ソフトウェアの市場概観 ・マネーロンダリング防止ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マネーロンダリング防止ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マネーロンダリング防止ソフトウェアの世界市場規模 ・マネーロンダリング防止ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マネーロンダ …
  • カルナウバ蝋の世界市場分析:用途別(タイプ1、タイプ3、タイプ4)、用途別(化粧品、食品、自動車、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カルナウバ蝋の世界市場について調査・分析し、カルナウバ蝋の世界市場動向、カルナウバ蝋の世界市場規模、市場予測、セグメント別カルナウバ蝋市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動物栄養の世界市場:アミノ酸、酵素、ミネラル、ビタミン、カロテノイド、脂質、ユーバイオティクス
    当調査レポートでは、動物栄養の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・動物栄養の世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物栄養の世界市場:投与方法別分析/市場規模 ・動物栄養の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・動物栄養の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物栄養のアメリカ市場規模予測 ・動物栄養のヨーロッパ市場規模予測 ・動物栄養のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界主要国における冷蔵・冷凍ショーケース市場2018-2023
    本調査レポートでは、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場について調査・分析し、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(冷蔵タイプ、冷凍タイプ)、用途別市場規模(飲料、食品、医療、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場概要 ・冷蔵・冷凍ショーケースの企業別市場シェア ・冷蔵・冷凍ショーケースの地域別市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの種類別市場規模(冷蔵タイプ、冷凍タイプ) ・冷蔵・冷凍ショーケースの用途別市場規模(飲料、食品、医療、その他) ・冷蔵・冷凍ショーケースの主要企業分析 ・冷蔵・冷凍ショーケースの北米市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの米国市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの南米市場規模 ・冷蔵・ …
  • アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール飲料用包装(パッケージング)市場規模、原材料別(ガラス、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場概要 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場環境 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場動向 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場規模 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:業界構造分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:原材料別(ガラス、金属、その他) ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のアメリカ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の …
  • ボアスコープの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ボアスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別(ビデオ、フレキシブル、内視鏡、セミリジッド、リジッド)分析、直径別(0 mmから3 mm、3 mmから6 mm、6 mmから10 mm、10 mm以上)分析、角度別(0°から90°、90°から180°、180°から360°)分析、産業別分析、ボアスコープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ボアスコープの世界市場規模が2019年674百万ドルから2024年837百万ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。
  • コンテンツサービスプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、コンテンツサービスプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別(文書・記録管理、ワークフロー管理、データ収集・情報セキュリティ、ガバナンス)分析、サービス別分析、組織規模別分析、設置タイプ別分析、コンテンツサービスプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場
    当調査レポートでは、計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、計器着陸装置(ILS)および視覚着陸支援装置(VLA)の世界市場規模及び予測、装置別市場シェア、サプライチェーン分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 微結晶セルロースの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、微結晶セルロースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、微結晶セルロース市場規模、原料別(非木質原料、製綿、木質原料)分析、用途別(製薬、食料・飲料、化粧品・パーソナルケア用品、塗料、ゴム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 微結晶セルロースの世界市場:市場動向分析 ・ 微結晶セルロースの世界市場:競争要因分析 ・ 微結晶セルロースの世界市場:原料別(非木質原料、製綿、木質原料) ・ 微結晶セルロースの世界市場:用途別(製薬、食料・飲料、化粧品・パーソナルケア用品、塗料、ゴム、その他) ・ 微結晶セルロースの世界市場:主要地域別分析 ・ 微結晶セルロースの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 微結晶セルロースのヨーロッパ市場規模 ・ 微結晶セルロースのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・微結晶セルロースの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ケーブル試験および認証の世界市場予測(~2023年)
    ケーブル試験および認証の世界市場は、2018年の113億米ドルから2023年には147億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、OECD諸国と非OECD諸国における発電の増加に伴うケーブル使用の増加、世界的なエレクトロニクス・IT産業の成長、工業化・グローバリゼーションの進展などが考えれられます。当調査レポートでは、ケーブル試験および認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧(低電圧、中電圧、高電圧)分析、試験(定期試験、サンプル試験、タイプ試験)分析、エンドユーザー(ケーブルメーカー、ユーティリティプロバイダー)分析、ケーブル試験および認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレコム産業の世界市場:用途別(携帯電話、ポケットベル、その他)、地域別予測
    本資料は、テレコム産業の世界市場について調べ、テレコム産業の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(携帯電話、ポケットベル、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレコム産業の世界市場概要 ・テレコム産業の世界市場環境 ・テレコム産業の世界市場動向 ・テレコム産業の世界市場規模 ・テレコム産業の世界市場規模:用途別(携帯電話、ポケットベル、その他) ・テレコム産業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テレコム産業の北米市場規模・予測 ・テレコム産業のアメリカ市場規模・予測 ・テレコム産業のヨーロッパ市場規模・予測 ・テレコム産業のアジア市場規模・予測 ・テレコム産業の日本市場規模・予測 ・テレコム産業の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 乳製品用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乳製品用包装の世界市場について調査・分析し、乳製品用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乳製品用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、乳製品用包装種類別分析(瓶、パウチ、カップ、缶、カートン・箱)、乳製品用包装用途別分析(チーズ、クリーム、アイスクリーム、ヨーグルト・発酵製品、牛乳、バター、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乳製品用包装の市場概観 ・乳製品用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乳製品用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乳製品用包装の世界市場規模 ・乳製品用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乳製品用包装のアメリカ市場規模推移 ・乳製品用包装のカナダ市場規模推移 ・乳製品用包装のメキシコ市場規模推移 ・乳製品用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乳製品用包装のドイツ市場規模推移 ・乳製品用包装のイギリス市場規模推移 ・乳製品用包装のロシア市場規模推移 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"