"クラフト紙の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PK 7361)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クラフト紙の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increased demand for kraft paper in various end-use industries is projected to drive the overall growth of the kraft paper market across the globe from 2019 to 2025.”
The kraft paper market is projected to grow from USD 15.6 billion in 2019 to USD 18.7 billion by 2025, recording a CAGR of 3.0% during the forecast period. The growing demand for kraft paper packaging solutions among various end-user industries such as food & beverages, pharmaceuticals, grocery bags, and consumer durables, and the increasing urban population across regions are factors that are driving the growth of the kraft paper market. However, various environmental mandates introduced across different regions for packaging products is projected to inhibit the growth of the market.

“In terms of volume, the bleached segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. ”
The bleached segment in the kraft paper market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of volume. The growth of this segment is attributed to the high strength and durability features of bleached kraft paper. This paper finds application majorly in the food & beverage industry. Moreover, bleached kraft papers are flexible and enable storing of packaging goods in bulk quantities.

“In terms of both value and volume, the corrugated boxes segment is projected to lead the kraft paper market from 2019 to 2025.”
The corrugated boxes segment is projected to lead the kraft paper market from 2019 to 2025, in terms of both value and volume. The growth of this segment is attributed to the low cost, high versatility, easy availability, and enhanced durability of the kraft paper packaging solutions. The grocery segment is projected to be the second-largest segment in the kraft paper market from 2019 to 2025, in terms of both value and volume. Grocery bags are widely used in retails shops to store and carry groceries. It helps to securely carry consumer commodities and prevent groceries from moisture, contamination, and spilling damage. Moreover, due to the increased awareness about the non-biodegradable features of plastics bags, the plastic carry bags are witnessing a ban in many cities of the country. The disposal and recycling of plastic bags have created havoc and a threat to the environment. Suitable solutions for this problem is to replace plastic bags with other bio-degradable materials, such as kraft paper bags, cotton bags, and jute bags. Considering the necessity to solve this problem, there is an immediate demand for kraft paper carry bags, which can be made in different sizes and thickness globally.

By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
By Designation: C-level: 25%, D-level: 35%, and Others*: 40%
By Region: North America: 20%, Europe: 35%, Asia Pacific: 25%, Middle East & Africa: 15%, and
South America: 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Mondi (Austria), Segezha group (Russia), Klabin(Brazil), Billerudkorsnas (Sweden), Stora Enso (Finland), Daio Paper Construction (Japan), Nordic Paper (Sweden), Glatfelter(US), and Gascogne Papier (Austria) are the key players operating in the kraft paper market.

Research Coverage
The market study covers the kraft paper market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on grade, packaging form, application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their products and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their position in the kraft paper market.

Key Benefits of Buying the Report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall kraft paper market and its segments and subsegments. This report is expected to help stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"クラフト紙の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Periodization Considered
1.3.2 Regional Scope
1.4 Currency Considered
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.2 Primary and Secondary Research
2.3 Primary and Secondary Research (Volume Market)
2.4 Primary and Secondary Research (Value Market)
2.5 Primary Research (Volume & Value Market)
2.6 Market Size Estimation
2.6.1 Bottom-Up Approach
2.6.2 Top-Down Approach
2.7 Secondary Data
2.8 Primary Data
2.9 Research Assumptions & Limitations
2.9.1 Assumptions
2.9.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in the Kraft Paper Market
4.2 Asia Pacific: Kraft Paper Market, By Grade & Country, 2018
4.3 Kraft Paper Market, By Grade
4.4 Kraft Paper Market, By Packaging Form
4.5 Kraft Paper Market, By Application
4.6 Kraft Paper Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Global Kraft Paper Market Overview
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Evolution of the Packaging Industry
5.3.1.2 Advancements in Packaging and Wrapping Applications
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Lack of Government Initiatives in Underdeveloped Countries
5.3.2.2 Technological Advancements and the Digital Revolution
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growth of the E-Commerce and Retail Sectors
5.3.3.2 Product Premiumization to Drive the Growth of the Kraft Paper Market
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Access to High-Quality and Cost-Effective Raw Materials
5.3.4.2 Technology Obsolescence
5.4 Industry Regulation
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.1.1 Presence of Large-Scale Players
6.3.1.2 High Investments
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.2.1 Abundance of Substitutes
6.3.2.2 Low Switching Costs
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.3.1 The Kraft Paper Market Remains Fragmented With A Large Number of Suppliers
6.3.3.2 Unregulated Market for the Use of Kraft Paper and Paperboard Provides Profitable Opportunities for Companies to Switch Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.4.1 Wholesalers Have A High Degree of Bargaining Power
6.3.4.2 Availability of Numerous Substitutes
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6.3.5.1 Large Number of Small and Medium-Scale Players in the Industry
6.3.5.2 Highly Developed Market With Established Players
7 Kraft Paper Market, By Grade (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Bleached
7.2.1 Bleached to Be the Fastest-Growing Segment in the Global Kraft Paper Market
7.3 Unbleached
7.3.1 Unbleached Segment to Be the Largest in the Kraft Paper Market
7.4 Wrapping & Packaging
7.4.1 Wrapping & Packaging Segment is Projected to Be the Second-Largest in Terms of Consumption
7.5 Sack Kraft Paper
7.5.1 Sack Kraft Paper to Be the Second-Fastest-Growing Segment in the Kraft Paper Market
7.6 Others
8 Kraft Paper Market, By Packaging Form (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Wraps
8.2.1 Rise in Demand for the Wraps Segment Due to Its Durability Feature
8.3 Pouches/Sachets
8.3.1 Rise in the Demand for Pouches/Sachets Due to Its Load-Bearing Capacity
8.4 Envelops
8.4.1 Increase in Digitalization to Inhibit the Growth of Envelops
8.5 Grocery Bags
8.5.1 Grocery Bags Projected to Be the Second-Fastest-Growing Segment
8.6 Industrial Bags
8.6.1 Industrial Bags to Be the Third-Highly Consumed SegmentIn the Global Kraft Paper Market
8.7 Corrugated Boxes
8.7.1 Corrugated Boxes to Be the Highest Consumed Segment in the Global Kraft Paper Market
9 Kraft Paper Market, By Application (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 Food & Beverage
9.2.1 Food & Beverage Projected to Lead the Kraft Paper Market
9.3 Pharmaceuticals
9.3.1 Rise in Demand for Kraft Paper Packaging Due to Low Packaging Costs
9.4 Cosmetics and Personal Care
9.4.1 Cosmetic & Personal Care to Be the Second-Largest Consumer of Kraft Paper
9.5 Building & Construction
9.5.1 Building & Construction to Be the Second-Fastest-Growing Market in Terms of Volume
9.6 Others
10 Kraft Paper Market, By Region (Page No. – 62)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 China to Be the Largest Market for Kraft Paper, in Terms of Value & Volume
10.2.2 Japan
10.2.2.1 Japan is Projected to Be the Third-Largest Market
10.2.3 South Korea
10.2.3.1 Demand for Sustainable & Lightweight Packaging Solutions to Drive the Kraft Paper Market in South Korea
10.2.4 India
10.2.4.1 India is Projected to Witness the Third-Fastest Growth in the Asia Pacific Market
10.2.5 Rest of Asia Pacific
10.2.5.1 Steady Growth in the Kraft Paper Market in the Rest of Asia Pacific
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 US is Projected to Be the Largest Kraft Paper Market in North America
10.3.2 Canada
10.3.2.1 Canada to Be the Second-Fastest-Growing Market for Kraft Paper in the North American Region
10.3.3 Mexico
10.3.3.1 Mexico is Projected to Witness the Fastest Growth in North America
10.4 Europe
10.4.1 Germany
10.4.1.1 The Sack Kraft Paper Segment is Projected to Record Faster Growth in Germany, in Terms of Value
10.4.2 France
10.4.2.1 The Unbleached Segment is Projected to Grow at the Highest Rate in France
10.4.3 Sweden
10.4.3.1 Sweden is Projected to Be the Fastest-Growing Market for Kraft Paper in Europe
10.4.4 Spain
10.4.4.1 The Unbleached Segment Accounted for the Largest Share in Spain in 2018
10.4.5 Finland
10.4.5.1 The Corrugated Boxes Segment is Projected to Witness the Fastest Growth During the Forecast Period
10.4.6 Italy
10.4.6.1 Rising Demand From End-Use Industries to Drive the Kraft Paper Market in Italy
10.4.7 Rest of Europe
10.4.7.1 The Corrugated Boxes Segment is Projected to Record the Fastest Growth in the Rest of Europe By 2025
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 UAE
10.5.1.1 The Bleached Segment is Projected to Be the Fastest-Growing in the UAE, in Terms of Value
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Saudi Arabia to Be the Second-Fastest-Growing Market in the Middle East & Africa, in Terms of Value
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 South Africa to Be the Fastest-Growing Market for Kraft Paper in the Middle East & Africa
10.5.4 Rest of the Middle East & Africa
10.5.4.1 Increase in Demand for Cost-Effective Packaging Solutions to Drive the Kraft Paper Market in the Rest of the Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Kraft Paper Market
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Demand for Sustainable Packaging Solutions to Drive the Kraft Paper Market in Argentina
10.6.3 Rest of South America
10.6.3.1 Unbleached Kraft Paper is Projected to Remain the Largest Segment in the Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 127)
11.1 Overview
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Acquisitions
11.2.2 Investments
11.2.3 Agreements
11.2.4 New Product Launches
11.3 Micro-Quadrants for Kraft Paper Manufacturers
11.4 Kraft Paper Market (Global): Competitive Leadership Mapping, 2018
11.4.1 Strength of Product Portfolio
11.4.2 Business Strategy Excellence
12 Company Profiles (Page No. – 134)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 International Paper
12.2 Stora Enso
12.3 Nippon Paper Group
12.4 MONDI
12.5 Itc Limited
12.6 Sappi Limited
12.7 Smurfit Kappa
12.8 CMPC
12.9 Daio Paper Corporation
12.10 Ahlstrom-Munksjö
12.11 Billerudkorsnas
12.12 Segezha Group
12.13 Glatfelter
12.14 Other Players
12.14.1 Swedpaper AB
12.14.2 Klabin
12.14.3 Westrock Company
12.14.4 Tokushu Tokai Paper Co., Ltd.
12.14.5 Canfor
12.14.6 Heinzel Group
12.14.7 Gascogne Papier
12.14.8 Natron Hayat D.O.O.
12.14.9 Nordic Paper
12.14.10 SCG Packaging
12.14.11 Primo Tedesco S.A.
12.14.12 Copamex
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 175)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クラフト紙の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PK 7361
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】パッケージング
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クラフト紙の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 北米の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • トロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストの概要 ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンTXA2アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンTXA2アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンTXA2アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • MMOゲームの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、MMOゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MMOゲームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はMMOゲームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Activision Blizzard、Electronic Arts、Riot Games、Tencent、Valve Corporation等です。
  • ポリオレフィンのアジア市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンのアジア市場について調査・分析し、ポリオレフィンのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コンタクトレンズの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、コンタクトレンズの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の土壌水分モニタリング装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の土壌水分モニタリング装置市場2016について調査・分析し、土壌水分モニタリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • センサー内蔵ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、センサー内蔵ベアリングの世界市場について調査・分析し、センサー内蔵ベアリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬剤
  • 機能性流体の世界市場:トランスミッション液、油圧作動油、金属加工油、熱伝達流体、プロセス油
    当調査レポートでは、機能性流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性流体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 医療用ガイドワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ガイドワイヤの世界市場について調査・分析し、医療用ガイドワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ガイドワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ガイドワイヤ種類別分析(ストレート型、アングル型、J型)、医療用ガイドワイヤ用途別分析(末梢動脈疾患(PAD)、心血管疾患)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ガイドワイヤの市場概観 ・医療用ガイドワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ガイドワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ガイドワイヤの世界市場規模 ・医療用ガイドワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ガイドワイヤのアメリカ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのカナダ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのメキシコ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医療用ガイドワイヤのドイツ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのイギリス市 …
  • 保険仲介業の世界市場2020-2024:保険種類別、地域別
    「保険仲介業の世界市場2020-2024」は、保険仲介業について市場概要、市場規模、保険種類別(生命保険、損害保険)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ヘルスケア情報ソフトウェアの世界市場:保険種類別(生命保険、損害保険) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • エポキシ樹脂塗料の世界市場:溶剤型塗料、水性塗料、粉体塗料
    当調査レポートでは、エポキシ樹脂塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの地熱発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 腎移植(Kidney Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎移植(Kidney Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎移植(Kidney Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎移植(Kidney Transplantation)の概要 ・腎移植(Kidney Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎移植(Kidney Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • オーストラリアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エジプトの外傷固定装置市場見通し
  • 自動車用HVACシステムの米州市場
    当調査レポートでは、自動車用HVACシステムの米州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用HVACシステムの米州市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用酵素の世界市場:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品用酵素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のOLED封止材市場2015
    本調査レポートでは、世界のOLED封止材市場2015について調査・分析し、OLED封止材の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病食品の世界市場:菓子類、パン類、スプレッド
    当調査レポートでは、糖尿病食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高機能顔料(HPP)の世界市場予測:有機、無機、ハイブリッド
    MarketsandMarkets社は、高機能顔料(HPP)の世界市場規模が2019年52億ドルから2024年64億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、高機能顔料(HPP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(有機、無機、ハイブリッド)分析、用途別(コーティング、プラスチック、インク、化粧品)分析、エンドユーズ産業別(自動車および輸送、建設およびインフラ、印刷、産業)分析、高機能顔料(HPP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアゾール包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、エアゾール包装の世界市場について調査・分析し、エアゾール包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・エアゾール包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・エアゾール包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・エアゾール包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 低侵襲機器のアジア太平洋市場
  • 世界の磁性材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の磁性材料市場2015について調査・分析し、磁性材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニックスパイスの世界市場:製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)、フォーム別(粉末、粒状、抽出物、生)、流通チャンネル別(直接、間接)
    本資料は、オーガニックスパイスの世界市場について調べ、オーガニックスパイスの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)分析、流通チャンネル別(直接、間接)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーガニックスパイスの世界市場概要 ・オーガニックスパイスの世界市場環境 ・オーガニックスパイスの世界市場動向 ・オーガニックスパイスの世界市場規模 ・オーガニックスパイスの世界市場:市場シェア ・オーガニックスパイスの世界市場:製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他) ・オーガニックスパイスの世界市場:フォーム別(粉末、粒状、抽出物、生) ・オーガニックスパイスの世界市場:流通チャンネル別(直接、間接) ・オーガニックスパイスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーガニックスパイスの北米市場規模・予測 ・オーガニ …
  • 空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧範囲別分析、設置別分析、用途別分析、地域別分析、空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自然食品・飲料の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自然食品・飲料の世界市場について調査・分析し、自然食品・飲料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自然食品・飲料の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自然食品・飲料の世界市場:セグメント別市場分析 ・自然食品・飲料の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大型トラック用車載故障診断システム(OBS)市場規模、車両総重量別(クラス8、クラス7)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場概要 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場環境 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場動向 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場規模 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:業界構造分析 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:車両総重量別(クラス8、クラス7) ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)の北米市場規模・予測 ・大型トラック用車載故障診断システム(OBS)のヨーロ …
  • 建設用化学品の世界市場:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)、地域別予測
    本資料は、建設用化学品の世界市場について調べ、建設用化学品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・建設用化学品の世界市場概要 ・建設用化学品の世界市場環境 ・建設用化学品の世界市場動向 ・建設用化学品の世界市場規模 ・建設用化学品の世界市場規模:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤) ・建設用化学品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設用化学品の北米市場規模・予測 ・建設用化学品のアメリカ市場規模・予測 ・建設用化学品のヨーロッパ市場規模・予測 ・建設用化学品のアジア市場規模・予測 ・建設用化学品の日本市場規模・予測 ・建設用化学品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • テルペンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、テルペン の世界市場について調査・分析し、テルペン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別テルペン シェア、市場規模推移、市場規模予測、テルペン 種類別分析()、テルペン 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・テルペン の市場概観 ・テルペン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・テルペン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・テルペン の世界市場規模 ・テルペン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・テルペン のアメリカ市場規模推移 ・テルペン のカナダ市場規模推移 ・テルペン のメキシコ市場規模推移 ・テルペン のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・テルペン のドイツ市場規模推移 ・テルペン のイギリス市場規模推移 ・テルペン のロシア市場規模推移 ・テルペン のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・テルペン の日本市場規模推移 ・テルペン の中国市場規模推移 ・テルペン …
  • チェコの心臓補助装置市場見通し
  • In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場予測(~2021):技術別(FISH、CISH)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、In situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱毛治療(ヘアケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • メキシコの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱伝達流体の世界市場予測(~2022年):鉱油、シリコーン、香料、グリコール
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱伝達流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、熱伝達流体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオプシー(生検)デバイスの北米市場
  • セーフティライトカーテンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セーフティライトカーテンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セーフティライトカーテンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤフラムバルブ市場規模、流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル)分析、素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ)分析、ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材)分析、製品タイプ別(ウェアー式ダイヤフラムバルブ、ストレートダイヤフラムバルブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電力、化学、水処理、バイオテクノロジー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:市場動向分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:競争要因分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:製品タイプ …
  • ベビーモニターの世界市場:オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター
    当調査レポートでは、ベビーモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビーモニター市場規模、製品別(オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビーモニターの世界市場概要 ・ベビーモニターの世界市場環境 ・ベビーモニターの世界市場動向 ・ベビーモニターの世界市場規模 ・ベビーモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビーモニターの世界市場:製品別(オーディオ・ビデオベビーモニター、先進ベビーモニター、オーディオベビーモニター) ・ベビーモニターの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ベビーモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビーモニターの北米市場規模・予測 ・ベビーモニターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ベビーモニターのアジア太平洋市場規模・予測 ・ベビーモニターの主要国分析 ・ …
  • 世界の3-メチルピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界の3-メチルピリジン市場2016について調査・分析し、3-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド実現技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウド実現技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド実現技術の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドネシアの市場見通し(~2021年)
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:中国の治療薬市場
  • デジタル資産管理の世界市場分析:用途別(非反応性ポリアミド樹脂、反応性ポリアミド樹脂、油田化学品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタル資産管理の世界市場について調査・分析し、デジタル資産管理の世界市場動向、デジタル資産管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタル資産管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 輸送機関用バッテリーの世界市場:二輪車用、自動車用、船舶用、航空用
    当調査レポートでは、輸送機関用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、輸送機関種類別分析、バッテリー種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DCモーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DCモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DCモーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 車載データロガーの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、車載データロガーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドマーケット別(OEM、サービスステーション、規制機関)分析、用途別分析、販売後用途別分析、チャネル別分析、車載データロガーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械制御システムの世界市場予測2022:トータルステーション(TS)、GNSS、レーザースキャナー、航空システム、GIS収集器
    当調査レポートでは、機械制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、産業別分析、地域別分析、機械制御システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"