"ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 2815)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rising urbanization and infrastructure projects drive the overall growth of building information modeling market”
The building information modeling market size is projected to grow from USD 4.9 billion in 2019 to USD 8.9 billion by 2024, with a CAGR of 12.7%. The building information modeling market is driven by various factors, such as rising urbanization and infrastructure projects, growing benefits offered by BIM for the AEC industry, and increasing government mandates for BIM adoption. However, handling the initial high cost of BIM may hinder the growth of the industry.

“Services to witness the highest CAGR during the forecast period”
BIM services comprise services related to infrastructure modeling to architects, engineers, general contractors, and developers. In addition, BIM services include the provision of detailed engineering of a project, which helps in improving the quality of buildings, reducing their designing and maintaining costs, and sharing information more effectively among building owners, design teams, contractors, and facility managers. The service segment is expected to grow at the fastest rate as it includes the detailed engineering of a project, which helps in improving the quality of buildings, reducing their designing and maintaining costs, and sharing information more effectively among building owners, design teams, contractors, and facility managers.

“Based on applications, building is likely to be the fastest-growing application during 2019–2024”
Due to rising trends in digitization across industries, BIM is gaining popularity in the construction industry. Building applications mainly includes commercial, residential, and retail buildings. Buildings are designed with the help of BIM mostly during the preconstruction phase, in which the 3D modeling of the structure is prepared and the flow of the entire building project is decided. These buildings are constructed mostly on a customized basis. BIM is widely used in building applications to reduce the cost overrun and time overrun, which may help in reducing the delays in the project. With the help of various tools such as 3D modeling and clash detection, it helps efficiently plan, design, construct and manage buildings.

“APAC to record the highest growth rate in building information modeling market during the forecast period”
APAC is likely to be the highest growing market for building information modeling market in the coming years. The market in APAC is expected to grow at the fastest rate due to the use of BIM for large-scale infrastructure and building projects. Government initiatives are expected to act as a major factor driving the BIM market in APAC. Governments have started imposing new regulations regarding the building construction permit. Japan, China, and South Korea have already made BIM documents mandatory, especially for public buildings, along with green certification-related documents.

In-depth interviews have been conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the building information modeling marketplace.

• By Company Type: Tier 1 – 52%, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level Executives – 55%, Directors – 27%, and Managers – 18%
• By Region: North America – 40%, Europe – 20%, APAC – 28%, and RoW – 12%

The building information modeling market comprises major players such Autodesk (US), Nemetschek (Germany), Bentley Systems (US), Trimble (US), Dassault Systèmes (France), RIB (Germany), Asite (UK), AVEVA (UK), Hexagon (Sweden), and Archidata (Canada).

The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the building information modeling market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The report defines, describes, and forecasts the building information modeling market based on type, project life cycle, applications, end-users, and geography. It provides detailed information regarding factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the building information modeling market. It also analyzes competitive developments such as product launches, acquisitions, expansions, contracts, partnerships, and developments carried out by the key players to grow in the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall building information modeling market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in BIM Market
4.2 BIM Market, By Project Life Cycle
4.3 BIM Market, By Application and Country
4.4 Country-Wise BIM Market Growth Rate
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Urbanization and Infrastructure Projects
5.2.1.2 Growing Benefits Offered By BIM for AEC Industry
5.2.1.3 Increasing Government Mandates for BIM Adoption
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Handling Initial High Cost of BIM
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Use of AR/VR and Adoption of Green BIM
5.2.3.2 Rising Trends of IoT
5.2.3.3 Increasing Trends of BIM
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Low Digitization in Construction Industry
6 Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Architectural Design
6.2.1.1 Architectural Design to Lead the Market as BIM is Widely Used for Modeling By Architects
6.2.2 Sustainabilty
6.2.2.1 Sustainability Software Helps Create Energy-Efficient Buildings
6.2.3 Structure
6.2.3.1 Structural Analysis is Done to Calculate the Stability, Strength, and Rigidity of Structures to Be Built
6.2.4 Mep
6.2.4.1 BIM Helps Mep Engineers Keep Design Data Coordinated, Minimize Errors, and Experience Enhanced Collaboration
6.2.5 Construction
6.2.5.1 BIM Mainly Used for Simulation, Estimating, and Construction Analysis in Construction Process
6.2.6 Facility Management
6.2.6.1 BIM Allows Facility Managers to Take Informed Decisions Through the Whole Life Cycle
6.3 Services
6.3.1 Software Support and Maintenance
6.3.1.1 BIM Software Support and Maintenance Service Benefits Contractors and Building Owners
6.3.2 Project Management and Support
6.3.2.1 BIM in Project Management and Support Services Helps in Improved Collaboration and Control Among Various Stakeholders
7 Market, By Project Life Cycle (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Preconstruction
7.2.1 Preconstruction Phase to Dominate BIM Market
7.3 Construction
7.3.1 Major Subtasks are Performed in Construction Phase
7.4 Operations
7.4.1 Operations Phase Helps Improve Quality and Efficiency of A Building
8 Market, By Application (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Buildings
8.2.1 Building Application to Dominate BIM Market Due to Its Adoption in Commercial and Residential Buildings
8.3 Industrial
8.3.1 BIM to Be Used in Industrial Applications for Upgrading Industrial Facility and Construction
8.4 Civil Infrastructure
8.4.1 Civil Infrastructure Application to Hold Significant Share Due to High Adoption of BIM in Government-Based Infrastructure Projects
8.5 Oil & Gas
8.5.1 Oil & Gas to Hold Significant Share Due to Use of Mep Software
8.6 Utilities
8.6.1 BIM Reduces Overall Construction Budget Costs
8.7 Others
9 Market, By End User (Page No. – 85)
9.1 Introduction
9.2 AEC
9.2.1 AEC Segment to Lead BIM Market, By End User, Due to High Adoption of BIM
9.3 Consultants and Facility Managers
9.3.1 Consultants and Facility Managers to Use BIM for Reducing Cost Overrun and Delays
9.4 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 90)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Strong Economic Position and Active Government Support Contribute to Large-Scale Adoption of Advanced Technologies in the Construction Segment in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Significant Rise in BIM Due to Growing Awareness About BIM
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Promising Growth in the Construction Industry to Fuel the Growth of BIM in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increasing Number of Pilot Projects Would Lead to Higher Adoption of BIM
10.3.2 UK
10.3.2.1 UK to Lead the Market in Europe Due to Government Mandates for BIM
10.3.3 France
10.3.3.1 Initiatives Taken By Construction Companies to Adopt BIM Would Surge BIM Market Growth
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Implementation of “Decree BIM” By the Government to Fuel the Growth of BIM
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Rising Collaborative Work of Government, Construction Players, and BIM Experts to Adopt BIM
10.3.6 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Rising Investment in Infrastructure to Fuel the Growth of BIM in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Adoption of Digital Technologies in Infrastructure to Drive BIM Market in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 BIM to Be Adopted More in Public Projects in India
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 Government Mandates to Use BIM for Projects in Public Domain in the Country
10.4.5 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 Middle East and Africa
10.5.1.1 Oil & Gas Industry to Grow at Fastest Rate for BIM in Middle East and Africa
10.5.2 South America
10.5.2.1 Adoption of BIM in South America to Be Driven By AEC Industry
11 Competitive Landscape (Page No. – 122)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.2.1 Product Launches
11.2.2 Agreements, Collaborations, Partnerships, and Contracts
11.2.3 Mergers & Acquisitions
11.2.4 Expansions
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Players
12 Company Profiles (Page No. – 128)
12.1 Introduction
12.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2.1 Autodesk
12.2.2 Nemetschek
12.2.3 Bentley Systems
12.2.4 Trimble
12.2.5 Dassault Systèmes
12.2.6 RIB Software
12.2.7 Asite
12.2.8 Aveva
12.2.9 Hexagon
12.2.10 Archidata
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.3 Other Key Players
12.3.1 ACCA Software
12.3.2 Arcadiasoft
12.3.3 Procore Technologes
12.3.4 Smartbim Technologies
12.3.5 Pöyry
12.3.6 Beck Technology
12.3.7 Computers and Structures
12.3.8 Robert Mcneel & Associates
12.3.9 4M Company
12.3.10 CCT International
13 Appendix (Page No. – 163)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 2815
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ラテラルフローアッセイの世界市場:ラテラルフローリーダー、キット、試薬
    当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性食品の世界市場分析:製品別(カロテノイド、食物繊維、脂肪酸、鉱物、プレバイオティクス・プロビオティック、ビタミン)、用途別、エンドユーザー別(スポーツ栄養、体重管理、免疫、消化器の健康)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、機能性食品の世界市場について調査・分析し、機能性食品の世界市場動向、機能性食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 製薬業界向けロボットの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、製薬業界向けロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、製薬業界向けロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用レーザ装置の世界市場:ファイバレーザ、固体レーザ、化学レーザ、CO2レーザ、半導体レーザ
    当調査レポートでは、軍用レーザ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧迫療法市場:企業動向
  • 世界の排煙モーター市場2015
    本調査レポートでは、世界の排煙モーター市場2015について調査・分析し、排煙モーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気絶縁材料の世界市場:熱可塑性物質、エポキシ樹脂、セラミック
    当調査レポートでは、電気絶縁材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電気絶縁材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラマンスペクトロスコピー市場2016
    本調査レポートでは、世界のラマンスペクトロスコピー市場2016について調査・分析し、ラマンスペクトロスコピーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティソリューションの世界市場予測(~2022):防火、ビデオ監視、アクセス制御
    当調査レポートでは、セキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、セキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの滅菌器市場見通し(~2021)
  • 世界の据置型鉛電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の据置型鉛電池市場2015について調査・分析し、据置型鉛電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイドロゲルドレッシングの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、ハイドロゲルドレッシングの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ハイドロゲルドレッシングの世界市場:製品別(アモルファスヒドロゲルドレッシング、含浸ハイドロゲルドレッシング、ハイドロゲルシートドレッシング) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • TOFセンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、TOFセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、TOFセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はTOFセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.06%成長すると予測しています。
  • 自動倉庫システム(ASRS)の世界市場予測(~2023年):ユニットロード、ミニロード、垂直リフトモジュール、回転式コンベヤー、ミニロード、自動保管
    当調査レポートでは、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、機能別分析、産業別分析、地域別分析、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業自動化ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業自動化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業自動化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カルシウムプロピオン酸塩の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルシウムプロピオン酸塩の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルシウムプロピオン酸塩市場規模、製品別(乾燥、液体)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADDCON, Impextraco, Kemin Industries, Macco Organiques, Niacetなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場概要 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場環境 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場動向 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場規模 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:業界構造分析 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:製品別(乾燥、液体) ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:用途別 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カルシウムプロピオン酸塩の北米市場規模・予測 ・カルシウムプロピオン酸塩のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 医薬品開発業務受託機関(CRO)サービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、医薬品開発業務受託機関(CRO)サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、治療分野別分析、需要先別分析、地域別分析、医薬品開発業務受託機関(CRO)サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ポリウレタン接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ポリウレタン接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動化・制御システムにおける防爆装置市場
  • 発電機レンタルの米州市場
    当調査レポートでは、発電機レンタルの米州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電機レンタルの米州市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合職場管理システム(IWMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、統合職場管理システム(IWMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 前臨床トモグラフィシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、前臨床トモグラフィシステムの世界市場について調査・分析し、前臨床トモグラフィシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別前臨床トモグラフィシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、前臨床トモグラフィシステム種類別分析()、前臨床トモグラフィシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・前臨床トモグラフィシステムの市場概観 ・前臨床トモグラフィシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・前臨床トモグラフィシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・前臨床トモグラフィシステムの世界市場規模 ・前臨床トモグラフィシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・前臨床トモグラフィシステムのアメリカ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのカナダ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのメキシコ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・前臨床トモグラフィシステ …
  • 衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、衛星データサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、業種別(エネルギー及び電力、エンジニアリング及びインフラストラクチャ、環境、農業、海事、輸送及び物流、保険)分析、サービス別(画像データ、データ分析)分析、エンドユーズ別分析、衛星データサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、衛星データサービスの世界市場規模が2019年75億ドルから2025年234億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。
  • プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場について調査・分析し、プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラットホームスクリーンドア(PSD)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラットホームスクリーンドア(PSD)種類別分析(全閉型、半閉型、ハーフハイト型)、プラットホームスクリーンドア(PSD)用途別分析(地下鉄、その他交通機関)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の市場概観 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場規模 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のアメリカ市場規模推移 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のカ …
  • 患者体温管理のアジア市場
    本調査レポートでは、患者体温管理のアジア市場について調査・分析し、患者体温管理のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 下痢(Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下痢(Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下痢(Diarrhea)の概要 ・下痢(Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下痢(Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下痢(Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 世界の高周波アブレーション装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の高周波アブレーション装置市場2015について調査・分析し、高周波アブレーション装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二ホウ化マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化マグネシウム市場2016について調査・分析し、二ホウ化マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三フッ化ホウ素メタノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の三フッ化ホウ素メタノール市場2016について調査・分析し、三フッ化ホウ素メタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 天井仕上材の世界市場
    当調査レポートでは、天井仕上材の世界市場について調査・分析し、天井仕上材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • シナモンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、シナモンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シナモン市場規模、製品別(シナニッケイ、セイロンニッケイ)分析、流通経路別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シナモンの世界市場概要 ・シナモンの世界市場環境 ・シナモンの世界市場動向 ・シナモンの世界市場規模 ・シナモンの世界市場:業界構造分析 ・シナモンの世界市場:製品別(シナニッケイ、セイロンニッケイ) ・シナモンの世界市場:流通経路別 ・シナモンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・シナモンの北米市場規模・予測 ・シナモンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・シナモンのアジア太平洋市場規模・予測 ・シナモンの主要国分析 ・シナモンの世界市場:意思決定フレームワーク ・シナモンの世界市場:成長要因、課題 ・シナモンの世界市場:競争環境 ・シナモンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 動物飼料用添加物の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用添加物の世界市場について調査・分析し、動物飼料用添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • タービン入口冷却装置の世界市場
    当調査レポートでは、タービン入口冷却装置の世界市場について調査・分析し、タービン入口冷却装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測
    本調査レポートでは、狂犬病診断薬の世界市場について調査・分析し、狂犬病診断薬の世界市場動向、狂犬病診断薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別狂犬病診断薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨髄移植の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、骨髄移植の世界市場について調査・分析し、骨髄移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・骨髄移植の世界市場:市場動向分析 ・骨髄移植の世界市場:競争要因分析 ・骨髄移植の世界市場:病気の兆候別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:移植タイプ別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・骨髄移植の世界市場:地域別分析/市場規模 ・骨髄移植の北米市場規模・分析 ・骨髄移植の欧州市場・分析 ・骨髄移植のアジア市場・分析 ・骨髄移植の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ロボット掃除機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット掃除機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレーザ加工カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、レーザ加工の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レーザ加工市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、レーザ加工のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、情報セキュリティ別分析、物理セキュリティ別分析、地域別分析、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 穴掘り機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、穴掘り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、穴掘り機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インスリン送達機器の世界市場:インスリン注射器、インスリン・ポンプ、インスリン・ペン、インスリン・ジェット式注射器
    当調査レポートでは、インスリン送達機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インスリン送達機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスミノーゲン活性化因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプラスミノーゲン活性化因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プラスミノーゲン活性化因子の概要 ・プラスミノーゲン活性化因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のプラスミノーゲン活性化因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プラスミノーゲン活性化因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プラスミノーゲン活性化因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 低公害型溶剤およびバイオ溶剤の世界市場予測
  • 電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気自動車バッテリー熱管理システムの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 赤ちゃん用製品の世界市場分析:製品別(化粧品・トイレタリー、ベビーフード、赤ちゃんの安全と利便性)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、赤ちゃん用製品の世界市場について調査・分析し、赤ちゃん用製品の世界市場動向、赤ちゃん用製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別赤ちゃん用製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベーカリー製品材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ベーカリー製品材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベーカリー製品材料市場規模、種類別(生地コンディショナー、澱粉、ベーキングパウダー・ミックス、澱粉、乳化剤、その他)分析、用途別(パン、ケーキ・ペストリー、ロール・パイ、クッキー・ビスケット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:市場動向分析 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:競争要因分析 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:種類別(生地コンディショナー、澱粉、ベーキングパウダー・ミックス、澱粉、乳化剤、その他) ・ ベーカリー製品材料の世界市場:用途別(パン、ケーキ・ペストリー、ロール・パイ、クッキー・ビスケット、その他) ・ ベーカリー製品材料の世界市場:主要地域別分析 ・ ベーカリー製品材料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ベーカリー製品材料のヨーロッパ市場規模 ・ ベーカリー製品材料のアジア市場規模(日本市場、中 …
  • 肺結核(Pulmonary Tuberculosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬剤
  • 液体塗布メンブレンの世界市場分析:製品別(セメント質、ビチューメン、ポリウレタン)、用途別(屋根、壁、建築物、埋立地およびトンネル)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業、公共インフラ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体塗布メンブレンの世界市場について調査・分析し、液体塗布メンブレンの世界市場動向、液体塗布メンブレンの世界市場規模、市場予測、セグメント別液体塗布メンブレン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 伸縮性エレクトロニクスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、伸縮性エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、伸縮性エレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:構成要素別 ・伸縮導体 ・伸縮性電池 ・伸縮性太陽電池 ・伸縮性回路 ・電気活性ポリマー ・その他 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:用途別 ・医療 ・航空宇宙・防衛 ・家電 ・スマートテキスタイル ・カーエレクトロニクス ・電気通信 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - 伸縮性エレクトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 伸縮性エレクトロニクスのヨーロッパ市場規模 - 伸縮性エレクトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用ブレーキライニングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用ブレーキライニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ブレーキライニング市場規模、用途別(商用車、乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場概要 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場環境 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場動向 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場規模 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場:用途別(商用車、乗用車) ・自動車用ブレーキライニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ブレーキライニングの北米市場規模・予測 ・自動車用ブレーキライニングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ブレーキライニングのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用ブレーキライニングの主要国分析 ・自動車用ブレーキライニングの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用ブレーキ …
  • 細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・細胞分裂同期7関連タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"