"体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 2373)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global in-vitro toxicology testing market is projected to grow at a CAGR of 9.3%.”
The in-vitro toxicology testing market is expected to reach USD 12.7 billion by 2024 from an estimated USD 8.1 billion in 2019, at a CAGR of 9.3%. The opposition to animal testing, technological advancements, and increasing R&D expenditure to detect toxicity at an early stage during drug development are the primary growth factors for this industry. The increasing focus of the pharmaceutical and cosmetics industries on using in-vitro methods for product testing along with the improvement in silico methods for predictive toxicology studies are expected to offer significant growth opportunities for players in this market. However, the dearth of skilled professionals is a substantial market challenge.

“The software segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”
Based on the product & service, the in-vitro toxicology testing market is segmented into consumables, assays, equipment, software, and services. The software segment is projected to witness the highest growth in the in-vitro toxicology testing market during the forecast period. Growth in this segment is driven mostly by the rising number of new technologies to develop in-vitro signatures and computational models capable of predicting in vivo responses. Also, the increasing use of the latest software in the industry and the academia to predict toxicity by comparing the data of new substances with other structurally or biologically similar compounds, are expected to drive the growth of this segment.

“The ADME segment is expected to account for the largest market share in 2018.”
Based on toxicity endpoints & tests undertaken across all industries, the in-vitro toxicity testing market is segmented into ADME; skin irritation, corrosion, and sensitization; genotoxicity; cytotoxicity; ocular toxicity; organ toxicity; phototoxicity; dermal toxicity; and other endpoints & tests. The ADME segment accounted for the largest share of the in-vitro toxicity testing market in 2018. This can be attributed to the high adoption during the drug development process with the advantage of producing highly reproducible & accurate data.

“Toxicogenomics is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”
The toxicogenomics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the technological advancements taking place in the field of proteomics and genomics. Also, the improvements in proteomic technologies are enhancing the study of gene & protein activity during toxicity analysis. Technological advancements taking place in the field of proteomics and genomics will further drive the growth of this segment in the coming years.

“Europe is expected to hold the largest share for players operating in the in-vitro toxicology testing market.”
Europe accounted for the largest share of the in-vitro toxicology testing market in 2018. Factors such as high adoption of in-vitro toxicology testing assays and services in the cosmetics and chemical industries after the ban on animal testing in the region are among the few factors expected to contribute to the growth of this market.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1 (35%), Tier 2 (45%), and Tier 3 (20%)
• By Designation: C-level (35%), Director-level (25%), and Others (40%)
• By Region: North America (45%), Europe (30%), Asia Pacific (20%), Latin America (3%), and the Middle East & Africa (2%)
The prominent players in the in-vitro toxicology testing market include Thermo Fisher Scientific Inc. (US), Covance (US), Bio-Rad Laboratories, Inc. (US), GE Healthcare (US), Eurofins Scientific SE (Luxembourg), Merck KGaA (Germany), Charles River Laboratories International, Inc. (US), Catalent, Inc. (US), Cyprotex (UK), SGS S.A. (Switzerland), QIAGEN N.V. (Germany), Promega Corporation (US), Gentronix Limited (UK), BioIVT (US), and MB Research Laboratories (US).

Research Coverage:
This report analyzes the market for various in-vitro toxicology testing products and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the global in-vitro toxicology testing market and its product & service, technology, toxicity endpoint & test, industry, method, and regional segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global in-vitro toxicology testing market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global in-vitro toxicology testing market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about the new product, growing geographies, and recent developments in the global in-vitro toxicology testing market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market ranking, growth strategies, revenue analysis, and services of leading players in the global in-vitro toxicology testing market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Break Down of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 In Vitro Toxicology Testing Market Overview
4.2 Asia Pacific: Market, By Method
4.3 Market: Geographic Growth Opportunities
4.4 Market, By Region (2017–2024)
4.5 Market: Developed vs Developing Markets
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Opposition to Animal Testing
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 R&D Toward Early Stage Toxicity Detection
5.2.2 Market Restraints
5.2.2.1 Reluctance of Regulatory Authorities to Consider Alternative Methods for Proving Safety and Efficacy
5.2.2.2 Failure to Establish the Intricacies of in Vivo Conditions, In Vitro
5.2.2.3 Lack of In Vitro Models to Study Complex Endpoints
5.2.3 Market Opportunities
5.2.3.1 Increasing Focus on Drug Discovery and Personalized Medicine Using In Vitro Methods
5.2.3.2 Increasing Number of Toxicology Databases
5.2.4 Market Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Industry Insights (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Industry Trends
6.2.1 Increasing Focus on Predictive Toxicology
6.3 Supply Chain Analysis
6.4 Regulatory Committee Activities
6.4.1 Major Stakeholders
6.4.2 Key Influencers
7 In Vitro Toxicology Testing Market, By Product & Service (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Consumables
7.2.1 Consumables to Dominate the Market During the Forecast Period
7.3 Assays
7.3.1 Bacterial Toxicity Assays
7.3.1.1 Bacterial Assays Dominate the Market as They Form the Most Widely Adopted Assay Type Across Industries
7.3.2 Enzyme Toxicity Assays
7.3.2.1 Enzyme Toxicity Assays are Being Increasingly Used for Endocrine-Disrupting Studies
7.3.3 Cell-Based Elisa & Western Blots
7.3.3.1 Cell-Based Assays are Cost-Effective and Witnessing Increasing Adoption in Drug Discovery
7.3.4 Receptor-Binding Assays
7.3.4.1 Receptor-Binding Assays are Well-Suited for High-Throughput Formats
7.3.5 Tissue Culture Assays
7.3.5.1 Tissue Culture Assays Offer the Advantage of Mimicking in Vivo Tissue Architecture
7.3.6 Other Assays
7.4 Equipment
7.4.1 Fully Automated Equipment is Witnessing Growing Adoption in Research
7.5 Software
7.5.1 Software Tools are Vital in Reducing Analysis Times and Managing Large Amounts of Data Generated in Operations
7.6 Services
7.6.1 Lack of Infrastructure and Expertise have Driven Reliance on Service Providers
8 In Vitro Toxicology Testing Market, By Toxicity Endpoints & Tests (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 ADME (Absorption, Distribution, Metabolism, & Excretion)
8.2.1 ADME to Dominate the In Vitro Toxicity Testing Market During the Forecast Period
8.3 Skin Irritation, Corrosion, & Sensitization
8.3.1 This Toxicity Endpoint is Widely Studied in the Cosmetic Industry
8.4 Genotoxicity Testing
8.4.1 Genotoxic Assessment Forms an Integral Part in the Pre-Clinical Drug Development Process
8.5 Cytotoxicity Testing
8.5.1 Cytotoxic Tests are Majorly Done on Cancer and Non-Cancer Cell Lines
8.6 Ocular Toxicity
8.6.1 In Vitro and EX Vivo Methods are Gaining High Recognition for Ocular Toxicity Testing
8.7 Organ Toxicity
8.7.1 High-Content Screening and Cell-Based Assays are Used to Detect Organ-Specific Toxicity
8.8 Phototoxicity Testing
8.8.1 Validated Non-Animal Methods are Used to Evaluate Photosafety of Cosmetics, Pharmaceuticals, & Chemicals
8.9 Dermal Toxicity
8.9.1 In Vitro Methods for Dermal Toxicity Testing is Expected to Gain Recognition in the Coming Years
8.10 Other Toxicity Endpoints & Tests
9 In Vitro Toxicology Testing Market, By Technology (Page No. – 85)
9.1 Introduction
9.2 Cell Culture Technologies
9.2.1 Cell- & Tissue-Based Technologies are the Most Widely Adopted in In Vitro Testing
9.3 High-Throughput Technologies
9.3.1 Increasing Use of High-Content Imaging Technologies is Driving Market Growth
9.4 Toxicogenomics
9.4.1 Improvements in Proteomic Technologies are Enhancing the Study of Gene & Protein Activity During Toxicity Analysis
10 In Vitro Toxicology Testing Market, By Industry (Page No. – 92)
10.1 Introduction
10.2 Pharmaceuticals & Biopharmaceuticals
10.2.1 Drug Attrition Rate is Leading to the High Adoption of In Vitro Testing Assays in the Early Stages of Drug Development
10.3 Cosmetics & Household Products
10.3.1 Ban on Animal Testing is Increasing the Adoption of In Vitro Assays for Safety Testing
10.4 Food
10.4.1 Increasing Focus on Food Safety is Driving Market Growth
10.5 Chemicals
10.5.1 Increasing Focus on Organoid-Based In Vitro Approaches for Chemical Testing is Propelling the Market
11 In Vitro Toxicology Testing Market, By Method (Page No. – 101)
11.1 Introduction
11.2 Cellular Assays
11.2.1 Development of Multi-Parameter Assays Will Provide Significant Growth Opportunities to Market Players
11.3 Biochemical Assays
11.3.1 Assays are Majorly Used in the Pharmaceutical Industry to Quantify Biological Activities in Drug Development
11.4 In Silico Models
11.4.1 In Silico Models are Expected to Register the Highest CAGR During the Forecast Period
11.5 EX Vivo Models
11.5.1 EX Vivo Models are Widely Used in Skin & Eye Toxicity Testing in the Cosmetic Industry
12 In Vitro Toxicology Testing Market, By Region (Page No. – 108)
12.1 Introduction
12.2 Europe
12.2.1 Germany
12.2.1.1 Germany Holds the Largest Share of the European Market
12.2.2 UK
12.2.2.1 Rising Awareness, Growing R&D, and Increasing Collaborations are Key Indicators of Market Growth in the UK
12.2.3 France
12.2.3.1 Research Initiatives Supported By the Government are Aiding Market Growth in France
12.2.4 Italy
12.2.4.1 Growth in This Market is Mainly Driven By the Increasing Life Science R&D
12.2.5 Spain
12.2.5.1 Spain’s Growing Chemical Industry is A Major Factor Supporting Its In Vitro Toxicology Testing Market
12.2.6 Rest of Europe
12.3 North America
12.3.1 US
12.3.1.1 US Dominates the North American Market
12.3.2 Canada
12.3.2.1 Strong Support for R&D and Focus on Developing New Therapies Will Support Market Growth in Canada
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Increasing International Pressure to Ban Animal Testing Methods Will Propel Market Growth in the Coming Years
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Use of Artificial Skin Patches and Plates of Cultured Human Cells has Increased in Japan
12.4.3 India
12.4.3.1 Growing Crams Industry and the Ban on the Use of Animals in Cosmetics and Universities are Likely to Propel Market Growth
12.4.4 Rest of Asia Pacific
12.5 Latin America
12.5.1 Low Cost of Drug Trials have Made Latin America A Popular Outsourcing Market
12.6 Middle East & Africa
12.6.1 Increasing R&D Investments and Focus on the Development of New Drugs are Contributing to Market Growth
13 Competitive Landscape (Page No. – 173)
13.1 Overview
13.2 Market Share Analysis
13.3 Competitive Leadership Mapping
13.3.1 Visionary Leaders
13.3.2 Innovators
13.3.3 Dynamic Differentiators
13.3.4 Emerging Companies
13.4 Competitive Situation and Trends
13.4.1 Product & Service Launches
13.4.2 Expansions
13.4.3 Acquisitions
13.4.4 Other Strategies
14 Company Profiles (Page No. – 183)
14.1 Thermo Fisher Scientific, Inc.
14.2 Merck KGaA
14.3 Eurofins Scientific Se
14.4 GE Healthcare
14.5 Covance, Inc.
14.6 Charles River Laboratories International, Inc.
14.7 SGS S.A.
14.8 Bio-Rad Laboratories, Inc.
14.9 Qiagen N.V.
14.10 Cyprotex PLC
14.11 Promega Corporation
14.12 Catalent, Inc.
14.13 Gentronix Limited
14.14 MB Research Laboratories
14.15 Bioivt
14.16 Creative Biolabs
14.17 GVK Biosciences Private Limited
14.18 Shanghai Medicilon Inc.
14.19 Creative Bioarray
14.20 Insphero
15 Appendix (Page No. – 243)
15.1 Insights of Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Available Customizations
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 2373
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 企業用WLANの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、企業用WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、機器別分析、産業別分析、地域別分析、企業用WLANの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物学的合理殺虫剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生物学的合理殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物学的合理殺虫剤市場規模、殺虫剤種類別(生物学的合理殺線虫剤、生物学的合理殺虫剤、生物学的合理殺菌剤、その他)分析、剤形別(乾燥、液体)分析、穀物種類別(穀草類・穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、その他)分析、原料別(非オーガニック、微生物、植物、その他)分析、使用方法別(樹幹注入、土壌処理、葉面散布、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:市場動向分析 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:競争要因分析 ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:殺虫剤種類別(生物学的合理殺線虫剤、生物学的合理殺虫剤、生物学的合理殺菌剤、その他) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:剤形別(乾燥、液体) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:穀物種類別(穀草類・穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、その他) ・ 生物学的合理殺虫剤の世界市場:原料別(非オーガニ …
  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬剤
  • マリンスクラバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マリンスクラバーの世界市場について調査・分析し、マリンスクラバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マリンスクラバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、マリンスクラバー種類別分析(オープンループ型、クローズドループ型、ハイプリッド型)、マリンスクラバー用途別分析(改造品、新船舶)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マリンスクラバーの市場概観 ・マリンスクラバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マリンスクラバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マリンスクラバーの世界市場規模 ・マリンスクラバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マリンスクラバーのアメリカ市場規模推移 ・マリンスクラバーのカナダ市場規模推移 ・マリンスクラバーのメキシコ市場規模推移 ・マリンスクラバーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マリンスクラバーのドイツ市場規模推移 ・マリンスクラバーのイギリス市場規模推移 ・マリンスクラバー …
  • 絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、McCain Foods、Mondelēz International、Snyder's – Lance等です。
  • 包装用テープ印刷の世界市場:製品種類、材料、印刷インキ、印刷方式、需要先、地域別分析
    当調査レポートでは、包装用テープ印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、材料別分析、印刷インキ別分析、印刷方式別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈内薬物送達ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静脈内薬物送達ソリューションの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メディアゲートウェイの世界市場:タイプ別(アナログ、デジタル)、技術別(有線、無線、ハイブリッド)、垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送)、地域別予測
    本資料は、メディアゲートウェイの世界市場について調べ、メディアゲートウェイの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アナログ、デジタル)分析、技術別(有線、無線、ハイブリッド)分析、垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メディアゲートウェイの世界市場概要 ・メディアゲートウェイの世界市場環境 ・メディアゲートウェイの世界市場動向 ・メディアゲートウェイの世界市場規模 ・メディアゲートウェイの世界市場規模:タイプ別(アナログ、デジタル) ・メディアゲートウェイの世界市場規模:技術別(有線、無線、ハイブリッド) ・メディアゲートウェイの世界市場規模:垂直産業別(通信、行政、BFSI、製造、ヘルスケア、輸送) ・メディアゲートウェイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディアゲートウェイの北米市場規模・予測 ・メディアゲートウェイのアメリカ市場規模・予測 ・メディアゲートウェイのヨーロッパ市 …
  • 世界の静脈内注入ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内注入ポンプ市場2015について調査・分析し、静脈内注入ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、光干渉断層撮影(OCT)市場規模、装置タイプ別(ドップラー型OCT装置、卓上型OCT装置、携帯型OCT装置、従来型OCT装置、カテーテル型OCT装置)分析、技術別(周波数領域法OCT(FD-OCT)、空間的にエンコードされた高周波領域OCT、時間的領域法OCT(TDOCT)、スウェプトソースOCT)分析、用途別(眼科、腫瘍、心臓病、皮膚、気管支鏡検査、歯科、その他)分析、エンドユーザー別(診療所、病院・クリニック、通院外科診療所(ASC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場:市場動向分析 ・ 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場:競争要因分析 ・ 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場:装置タイプ別(ドップラー型OCT装置、卓上型OCT装置、携帯型OCT装置、従来型OCT装置、カテーテル型OCT装置) ・ 光干渉断層撮影( …
  • BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 関節リウマチ治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、関節リウマチ治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、関節リウマチ治療薬市場規模、分子種類別(生物製剤、小分子)分析、種類別(血清陽性、血清陰性)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・関節リウマチ治療薬の世界市場概要 ・関節リウマチ治療薬の世界市場環境 ・関節リウマチ治療薬の世界市場動向 ・関節リウマチ治療薬の世界市場規模 ・関節リウマチ治療薬の世界市場:業界構造分析 ・関節リウマチ治療薬の世界市場:分子種類別(生物製剤、小分子) ・関節リウマチ治療薬の世界市場:種類別(血清陽性、血清陰性) ・関節リウマチ治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・関節リウマチ治療薬の北米市場規模・予測 ・関節リウマチ治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・関節リウマチ治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・関節リウマチ治療薬の主要国分析 ・関節リウマチ治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・関節リウマチ治療薬の …
  • 米国のプライベートレーベル食品・飲料市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、米国のプライベートレーベル食品・飲料市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のプライベートレーベル食品・飲料市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は米国のプライベートレーベル食品・飲料市場が2017-2021年期間中に年平均2.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Costco Wholesale、The Kroger、Trader Joe's、Wal-Mart Stores、Wegmans Food Markets等です。
  • 医薬品ロジスティクスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医薬品ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品ロジスティクス市場規模、サービス別(輸送、倉庫業)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医薬品ロジスティクスの世界市場概要 ・医薬品ロジスティクスの世界市場環境 ・医薬品ロジスティクスの世界市場動向 ・医薬品ロジスティクスの世界市場規模 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:サービス別(輸送、倉庫業) ・医薬品ロジスティクスの世界市場:製品別 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医薬品ロジスティクスの北米市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 ・医薬品ロジスティクスの主要国分析 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:成長要因、課題 ・医薬品ロジスティクスの世界市場:競争環境 ・医薬品 …
  • デンマークの整形外科補綴市場見通し
  • スマートファクトリーの世界市場:センサ、アクチュエーター、通信技術、産業用ロボット、マシンビジョン、制御装置、制御弁
    当調査レポートでは、スマートファクトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクトレンズの世界市場:材料別(シリコーンハイドロゲル、ハイブリッド)、デザイン別(球面、多焦点)用途別、流通チャネル別、使用類型別
    本調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、コンタクトレンズの世界市場動向、コンタクトレンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別コンタクトレンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 永久磁石の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、永久磁石市場規模、タイプ別(サマリウムコバルト磁石、ネオジムボンド磁石、フェライト磁石、セラミックマグネット、アルミニウムニッケルコバルト(AlNiCo)、その他)分析、エンドユーザー別(一般工業、医療技術、環境・エネルギー、航空宇宙・防衛、自動車、家電製品、発電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 永久磁石の世界市場:市場動向分析 ・ 永久磁石の世界市場:競争要因分析 ・ 永久磁石の世界市場:タイプ別(サマリウムコバルト磁石、ネオジムボンド磁石、フェライト磁石、セラミックマグネット、アルミニウムニッケルコバルト(AlNiCo)、その他) ・ 永久磁石の世界市場:エンドユーザー別(一般工業、医療技術、環境・エネルギー、航空宇宙・防衛、自動車、家電製品、発電、その他) ・ 永久磁石の世界市場:主要地域別分析 ・ 永久磁石の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 永久 …
  • ノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ノイラミニダーゼ阻害剤の概要 ・ノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のノイラミニダーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ノイラミニダーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ノイラミニダーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測
    本資料は、古紙再生の世界市場について調べ、古紙再生の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)分析、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・古紙再生の世界市場概要 ・古紙再生の世界市場環境 ・古紙再生の世界市場動向 ・古紙再生の世界市場規模 ・古紙再生の世界市場規模:タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙) ・古紙再生の世界市場規模:用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他) ・古紙再生の世界市場:地域別市場規模・分析 ・古紙再生の北米市場規模・予測 ・古紙再生のアメリカ市場規模・予測 ・古紙再生のヨーロッパ市場規模・予測 ・古紙再生のアジア市場規模・予測 ・古紙再生の日本市場規模・予測 ・古紙再生の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、耐火試験の世界市場規模が2019年63億ドルから2024年86億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本書は、世界の耐火試験市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(試験、検査、認証、その他)分析、ソーシング種類別(社内、外部委託)分析、用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の耐火試験市場:サービス別(試験、検査、認証、その他) ・世界の耐火試験市場:ソーシング種類別(社内、外部委託) ・世界の耐火試験市場:用途別(消費財&小売、農業&食品、化学、建設&インフラ、エネルギー&電力、産業&製造、医療&生命科学、鉱業、石油&ガス、公共部門、自動車、航空宇宙、マリン&鉄道、サプライチェーン&物流、その他) ・世界の耐火試験 …
  • 世界のモデルベース企業市場2019
    本調査レポートでは、世界のモデルベース企業市場2019について調査・分析し、モデルベース企業の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、モデルベース企業のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、モデルベース企業メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モデルベース企業の市場概要 ・モデルベース企業の上流・下流市場分析 ・モデルベース企業のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections)の概要 ・複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の複雑性腹腔内感染症(Complicated Intra-Abdominal Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • 圧力スイッチの世界市場:タイプ別(電気機械式、ソリッドステート)、圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超)、用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧)、エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業)、地域別予測
    本資料は、圧力スイッチの世界市場について調べ、圧力スイッチの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(電気機械式、ソリッドステート)分析、圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超)分析、用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧)分析、エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・圧力スイッチの世界市場概要 ・圧力スイッチの世界市場環境 ・圧力スイッチの世界市場動向 ・圧力スイッチの世界市場規模 ・圧力スイッチの世界市場規模:タイプ別(電気機械式、ソリッドステート) ・圧力スイッチの世界市場規模:圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超) ・圧力スイッチの世界市場規模:用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧) ・圧力スイッチの世界市場規模:エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業) ・圧力 …
  • 産業制御システムの世界市場
    当調査レポートでは、産業制御システムの世界市場について調査・分析し、産業制御システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ダイオードマウントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイオードマウントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイオードマウントの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイオードマウントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Edmund Optics• LASER COMPONENTS• Newport等です。
  • 不安障害(Anxiety Disorders):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、不安障害(Anxiety Disorders)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・不安障害(Anxiety Disorders):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・不安障害(Anxiety Disorders)のフェーズ3治験薬の状況 ・不安障害(Anxiety Disorders)治療薬の市場規模(販売予測) ・不安障害(Anxiety Disorders)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・不安障害(Anxiety Disorders)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の不安障害(Anxiety Disorders)治療薬剤
  • BCDパワーICの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BCDパワーICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BCDパワーICの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用プラスチックの世界市場:製品種類別、用途別(内装、外装、エンジンルーム)、地域別予測
    本資料は、自動車用プラスチックの世界市場について調べ、自動車用プラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別分析、用途別(内装、外装、エンジンルーム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用プラスチックの世界市場概要 ・自動車用プラスチックの世界市場環境 ・自動車用プラスチックの世界市場動向 ・自動車用プラスチックの世界市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:製品タイプ別 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:用途別(内装、外装、エンジンルーム) ・自動車用プラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用プラスチックの北米市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのアジア市場規模・予測 ・自動車用プラスチックの日本市場規模・予測 ・自動車用プラスチックの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 金属表面処理薬品の世界市場予測(~2021年):洗浄用薬品、化成皮膜処理用薬品、プロプライエタリ薬品
    当調査レポートでは、金属表面処理薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、材料別分析、需要先別分析、金属表面処理薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション&サービス)、組織規模別、展開モード別、業種別(エネルギー&ユーティリティ、政府&防衛、製造、ヘルスケア&ライフサイエンス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、プロジェクトポートフォリオ管理の世界市場規模が2019年40億ドルから2024年56億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本書は、世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(エネルギーおよび公益事業、政府および防衛、ITおよび通信、BFSI、製造、ヘルスケアおよびライフサイエンス、消費財および小売、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:展開モード別(オンプレミス、クラウド) ・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・世界のプロジェクトポートフォリオ管理市場:業種別(エネルギーおよ …
  • ベーカリー&シリアルの南アフリカ市場
  • スケール防止剤の世界市場:リン酸塩、カルボン酸塩、アクリル酸、スルホン酸
    当調査レポートでは、スケール防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ロボットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ロボット市場規模、製品別(器具・付属品、ロボットシステム)分析、用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ロボットの世界市場概要 ・医療用ロボットの世界市場環境 ・医療用ロボットの世界市場動向 ・医療用ロボットの世界市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・医療用ロボットの世界市場:製品別(器具・付属品、ロボットシステム) ・医療用ロボットの世界市場:用途別(腹腔鏡検査、整形外科手術、脳神経外科、その他) ・医療用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ロボットの北米市場規模・予測 ・医療用ロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ロボットの主要国分析 ・医療用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ロ …
  • シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイス別分析、ウェハーサイズ別分析、用途別分析、産業別分析、シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • リヨセル繊維の世界市場
    当調査レポートでは、リヨセル繊維の世界市場について調査・分析し、リヨセル繊維の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のアルコポップ市場2015
    本調査レポートでは、世界のアルコポップ市場2015について調査・分析し、アルコポップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルポテンショメータICの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルポテンショメータICの世界市場について調査・分析し、デジタルポテンショメータICの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルポテンショメータICシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルポテンショメータIC種類別分析(8ビット、6ビット、7ビット、10ビット、その他)、デジタルポテンショメータIC用途別分析(家電、通信製品、器具類、自動車用製品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルポテンショメータICの市場概観 ・デジタルポテンショメータICのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルポテンショメータICのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルポテンショメータICの世界市場規模 ・デジタルポテンショメータICの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルポテンショメータICのアメリカ市場規模推移 ・デジタルポテンショメータICのカナダ市場規模推移 ・デジタルポテンショメータICのメキシコ市場規模推移 ・デジタ …
  • 世界のシリコーン射出成形機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコーン射出成形機械市場2015について調査・分析し、シリコーン射出成形機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暗視装置(ナイトビジョンデバイス)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの小関節処置動向(~2021)
  • ITロボット自動化の世界市場
    本調査レポートでは、ITロボット自動化の世界市場について調査・分析し、ITロボット自動化の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 患者体温モニタリングの世界市場予測(~2023年):ウェアラブル、非侵襲性、連続コア、デジタル、侵襲性モニター
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、患者体温モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品(ウェアラブル、非侵襲性、連続コア、デジタル、侵襲性モニター)分析、サイト(皮膚、鼓膜、直腸)分析、用途(発熱、低体温、麻酔)分析、エンドユーザー(病院、血液バンク)分析、患者体温モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 賦形剤の世界市場2012–2025:製品別(ポリマー(MCC、アルファでんぷん、デンプングリコール酸ナトリウム、CMC、HPMC、MC、ポビドン)、アルコール、ミネラル、砂糖・ゼラチン)
    本調査レポートでは、賦形剤の世界市場について調査・分析し、賦形剤の世界市場動向、賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のレンズメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレンズメータ市場2015について調査・分析し、レンズメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空貨物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空貨物の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCathay Pacific Cargo、Emirates SkyCargo、FedEx、UPS等です。
  • 仮想現実(VR)グローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仮想現実(VR)グローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想現実(VR)グローブの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 4Gデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、4Gデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、4Gデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • DNAワクチンの世界市場展望
    ※本調査レポートでは、DNAワクチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、DNAワクチンの世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"