"専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT 7365)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global specialty PACS market is projected to grow at 6.0% during the forecast period.”
The specialty PACS market is projected to reach USD 3.5 billion in 2024 from USD 2.6 billion in 2019, at a CAGR of 6.0%. The growth in this market is driven mainly by the increasing geriatric population and subsequent growth in the incidence of various diseases, advantages associated with specialty PACS, government initiatives to increase the adoption of healthcare IT solutions, rising investments in medical imaging, growing adoption of medical imaging IT solutions, and increasing use of imaging equipment. On the other hand, budgetary constraints are expected to limit market growth during the forecast period.

“The services segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on the component, the specialty PACS market is segmented into software, services, and hardware. In 2018, the software segment accounted for the largest specialty PACS market share. With the consistent increase in the healthcare imaging volumes, there is a growing demand for PACS software. However, services are expected to register the highest CAGR of during the forecast period primarily due to the recurring need for services such as software upgrades and maintenance.

“The radiology PACS segment accounted for the largest share of the specialty PACS type market in 2018.”
Based on the type, the specialty PACS market is segmented into radiology PACS, cardiology PACS, pathology PACS, ophthalmology PACS, orthopedics PACS, oncology PACS, dermatology PACS, neurology PACS, endoscopy PACS, women’s health PACS, and other specialty PACS. The radiology PACS segment accounted for the largest share of the market in 2018 as a majority of imaging studies are handled, managed, and stored in the radiology departments of hospitals. Furthermore, with the ever-increasing volume of medical images, the pressure on radiology departments is also growing. Owing to this, many healthcare facilities are adopting radiology PACS solutions, which is expected to fuel the growth of the segment.

“Asia Pacific to witness high growth during the forecast period.”
In 2018, North America accounted for the largest share of the market, followed by Europe. However, Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such the increasing incidence of chronic diseases, rising awareness on the benefits of early disease diagnosis, and growing adoption of imaging modalities are some of the factors driving the growth of specialty PACS market in this region.
The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 44%; Tier 2 – 36%; Tier 3 – 20%.
• By Designation: C-level- 22%; D-level- 28%; others–50%.
• By Region: North America-35%; Europe-26%; Asia -33%; RoW-6%.
List of companies profiled in the report
• IBM Corporation (Merge Healthcare Incorporated) (US)
• McKesson Corporation (US)
• Agfa Healthcare (Belgium),
• Carestream Health (a part of Onex Corporation) (Canada)
• Philips Healthcare (Netherlands)
• Sectra AB (Sweden)
• Siemens Healthineers (Germany)
• Novarad (US)
• INFINITT North America (US)
• Intelerad Medical Systems (Canada)
• Topcon Corporation (Japan)
• Sonomed Escalon (US)
• Canon USA, Inc. (US) (a subsidiary of Canon Inc.)
• Visbion (UK)
• EyePACS, LLC (US).

Research Coverage:
The report provides an overview of the specialty PACS market. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments such as product, end user, and region. Furthermore, the report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the specialty PACS market by providing them with the closest approximations of revenues for the overall market and its subsegments. This report will help stakeholders to understand the competitive landscape better and gain insights to position their businesses and help companies adopt suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information regarding key market drivers and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Stakeholders
1.5 Market Study Scope
1.6 Limitations
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Research Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1 Key Drivers in the Specialty PACS Market
4.2 Specialty PACS Market, By End User and Region, 2019
4.3 Specialty PACS Market, By Region
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Government Initiatives to Increase the Adoption of Healthcare It Solutions
5.2.1.2 Growing Investments in Medical Imaging
5.2.1.3 Growing Adoption of Medical Imaging It Solutions
5.2.1.4 Increasing Use of Imaging Equipment
5.2.1.5 Increasing Geriatric Population and the Subsequent Growth in the Incidence of Various Diseases
5.2.1.6 Advantages Associated With Specialty PACS
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Budgetary
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Artificial Intelligence With Specialty PACS Solutions
5.2.3.2 Growth Opportunities Offered By Cloud-Based Specialty PACS Solutions
5.2.3.3 Integration of PACS With Emr
5.2.3.4 Blockchain for Medical Imaging
5.2.4 Industry Insights
6 Specialty PACS Market, By Type
6.1 Introduction
6.2 Radiology PACS
6.3 Cardiology PACS
6.4 Pathology PACS
6.5 Opthalmology PACS
6.6 Orthopedics PACS
6.7 Women’s Health PACS
6.8 Dermatology PACS
6.9 Neurology PACS
6.10 Endoscopy PACS
6.11 Oncology PACS
6.12 Other Specialty PACS
7 Specialty PACS Market, By Component
7.1 Introduction
7.2 Software
7.3 Services
7.4 Hardware
8 Specialty PACS Market, By Deployment Model
8.1 Introduction
8.2 On-Premise Specialty PACS
8.3 Web/Cloud-Based Specialty PACS
9 Specialty PACS Market, By End User
9.1 Introduction
9.2 Hospitals
9.3 Ambulatory Surgery Centers & Clinics
9.4 Diagnostic Imaging Centers
9.5 Other End Users
10 Specialty PACS Market, By Region
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 UK
10.3.3 France
10.3.4 RoE
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Rest of APAC
10.5 Latin America
10.6 North Africa
10.5 RoW
11 Competitive Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Player Ranking
11.3 Competitive Scenario
11.4 Recent Developments
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Agreements, Partnerships, and Contracts
11.4.3 Expansions
11.4.4 Acquisitions
12 Company Profiles
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 IBM Corporation (Merge Healthcare Incorporated)
12.2 Mckesson Corporation
12.3 Agfa Healthcare
12.4 Carestream Health
12.5 Philips Healthcare
12.6 Sectra AB
12.7 Siemens Healthineers
12.8 Novarad Corporation
12.9 Infinitt North America
12.10 Intelerad Medical Systems Incorporated
12.11 Topcon Corporation
12.12 Sonomed Escalon
12.13 Canon Usa, Inc.
12.14 Visbion
12.15 Eyepacs, LLC
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT 7365
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の手術用顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用顕微鏡市場2015について調査・分析し、手術用顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IVFサービスの世界市場:サイクルタイプ別(新鮮なIVFサイクル(非ドナー)、解凍されたIVFサイクル(非ドナー)、およびドナー卵のIVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、および臨床研究機関)
    当調査レポートでは、IVFサービスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、地域別分析、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・IVFサービスの世界市場:地域別
  • ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)、最終用途別(家庭用、商用)、流通経路別(オンライン、オフライン)
    本調査レポートでは、ストレートヘアアイロンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)分析、最終用途別(家庭用、商用)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:最終用途別(家庭用、商用) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 患者体温管理の世界市場
    本調査レポートでは、患者体温管理の世界市場について調査・分析し、患者体温管理の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アジアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の硫酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸カリウム市場2015について調査・分析し、硫酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルディスプレイの世界市場2017-2021:フレキシブルOLED、フレキシブルEPD、フレキシブルLCD
    当調査レポートでは、フレキシブルディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブルディスプレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心血管疾患用医療機器の世界市場予測2017-2027:検査装置、診断装置、手術装置
    当調査レポートでは、心血管疾患用医療機器の世界市場について調査・分析し、心血管疾患用医療機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・心血管疾患用医療機器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・心血管疾患用医療機器の世界市場:セグメント別市場分析 ・心血管疾患用医療機器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リチウムイオン電池(LIB)セパレータ市場規模、用途別(自動車、自動車以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場概要 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場環境 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場動向 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場規模 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:業界構造分析 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:用途別(自動車、自動車以外) ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの北米市場規模・予測 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの …
  • 自動車用軽量材料の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車用軽量材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(金属、複合材、プラスチック、エラストマー)分析、用途・コンポーネント別(フレーム、エンジン、排気、トランスミッション、クロージャー、インテリア)分析、車両タイプ別(ICE、電気およびハイブリッド)分析、自動車用軽量材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用軽量材料の世界市場規模が2019年891億ドルから2027年1577億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 世界のデータ暗号化市場規模・予測:種類別(ファイルシステム暗号化、アプリケーションレベル暗号化)導入方式別(オンプレミス、クラウド)、産業別(金融、医療、政府、通信・IT、小売)、地域別(北米、欧州、アジア太平洋、中南米、その他)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータ暗号化市場について調査・分析し、世界のデータ暗号化市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータ暗号化関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スマートソーラーの世界市場
    本調査レポートでは、スマートソーラーの世界市場について調査・分析し、スマートソーラーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業用真空清掃機の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用真空清掃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(乾式、湿式・乾式)分析、電源別(電気、空気圧)分析、産業別(食品・飲料、医薬品、製造、金属加工、建築・建設)分析、産業用真空清掃機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質シーケンスの世界市場:製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他)、テクノロジー別(質量分析、エドマン分解)、用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究)
    本市場調査レポートではタンパク質シーケンスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他)分析、テクノロジー別(質量分析、エドマン分解)分析、用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・タンパク質シーケンスの世界市場:製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他) ・タンパク質シーケンスの世界市場:テクノロジー別(質量分析、エドマン分解) ・タンパク質シーケンスの世界市場:用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究) ・タンパク質シーケンスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • セレン化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セレン化亜鉛の世界市場について調査・分析し、セレン化亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セレン化亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、セレン化亜鉛種類別分析()、セレン化亜鉛用途別分析(レーザー用光学素子、医療分野、熱画像化システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セレン化亜鉛の市場概観 ・セレン化亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セレン化亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セレン化亜鉛の世界市場規模 ・セレン化亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・セレン化亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のカナダ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・セレン化亜鉛のドイツ市場規模推移 ・セレン化亜鉛のイギリス市場規模推移 ・セレン化亜鉛のロシア市場規模推移 ・セレン化亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • シロアリ防除の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、シロアリ種類別分析、防除方式別分析、用途別分析、地域別分析、シロアリ防除の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セールスインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、セールスインテリジェンスの世界市場規模が2019年20億ドルから2024年34億ドルまで年平均11.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、セールスインテリジェンスの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(リード管理、データ管理、分析とレポート、その他)分析、サービス別(コンサルティング、統合&展開、トレーニング、メンテナンス、サポート)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、展開モデル別(クラウド、オンプレミス)分析、業種別(BFSI、消費財&小売、IT&テレコム、メディア&エンターテイメント、ヘルスケア&ライフサイエンス、製造、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・セールスインテリジェンスの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・セールスインテリジェンスの世 …
  • イギリスの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 日本の太陽光発電(PV)市場2016
  • 農業用ロボットの世界市場分析:製品別(UAV、無人トラクター、搾乳ロボット、材料管理)、原材料別、用途別(畑作、酪農、動物、土壌・作物管理)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、農業用ロボットの世界市場動向、農業用ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 次世代メモリの世界市場予測(~2023年):HMC、HBM、MRAM、FRAM、RERAM、3D XPoint、NRAM
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、次世代メモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、ウェーハサイズ別分析、用途別分析、地域別分析、次世代メモリの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療コーティングの世界市場予測:親水性塗料、疎水性塗料
    当調査レポートでは、医療コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用感染症診断の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、動物用感染症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別(免疫診断(ラテラルフローアッセイ、ELISA)、分子診断)分析、動物別(コンパニオン、農場)分析、病原体別(細菌、ウイルス、寄生虫)分析、エンドユーザー別(ラボ、病院、クリニック、PoC)分析、動物用感染症診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、動物用感染症診断の世界市場規模が2019年14億ドルから2024年22億ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • 世界のオイルウエルセメント市場2015
    本調査レポートでは、世界のオイルウエルセメント市場2015について調査・分析し、オイルウエルセメントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオシンセチッククレイライナーの世界市場分析:用途別(封じ込め、排水処理、埋め立て、道路・土木建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場について調査・分析し、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場動向、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジオシンセチッククレイライナー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストの概要 ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞活性化タンパクアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飼料用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用酵素市場規模、種類別(カルボヒドラーゼ、フィターゼ、プロテアーゼ、その他)分析、家畜別(水生動物、反芻動物、家禽、ペット、馬、豚、その他)分析、形状別(液体、乾燥)分析、原料別(微生物、植物、動物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 飼料用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 飼料用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 飼料用酵素の世界市場:種類別(カルボヒドラーゼ、フィターゼ、プロテアーゼ、その他) ・ 飼料用酵素の世界市場:家畜別(水生動物、反芻動物、家禽、ペット、馬、豚、その他) ・ 飼料用酵素の世界市場:形状別(液体、乾燥) ・ 飼料用酵素の世界市場:原料別(微生物、植物、動物) ・ 飼料用酵素の世界市場:主要地域別分析 ・ 飼料用酵素の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 飼料用酵素のヨーロッパ市場規模 ・ 飼料用酵素のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • 高等教育試験・評価の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高等教育試験・評価の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育試験・評価の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • モバイルコンテンツの世界市場:ゲーム、動画、オーディオ、テキスト
    当調査レポートでは、モバイルコンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルコンテンツの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫タンパク質診断検査の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、免疫タンパク質診断検査の世界市場について調査・分析し、免疫タンパク質診断検査の世界市場動向、免疫タンパク質診断検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別免疫タンパク質診断検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医薬品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品包装市場規模、技術別(プレフィル型吸入器、ラベル・付属品、バイアル、プレフィルドシリンジ、温度制御型ワクチン・医薬品パッケージング、医療用チューブ、カートリッジ、ジャー・キャニスター、アンプル、パウチ・ストリップパック、医療用特殊バッグ、ブリスターパック、プラスチックボトル、キャップ・クロージャー、非経口密閉容器、特殊バッグ、処方コンテナ、3次包装包装、IVバッグ、ミニジャー、硬質ボトル、サシェ、付属品、その他)分析、ドラッグデリバリー経路別(注射剤包装、経肺ドラッグデリバリー、IVドラッグデリバリー、局所的ドラッグデリバリー、経口ドラッグデリバリー、経眼ドラッグデリバリー、経皮ドラッグデリバリー、経鼻ドラッグデリバリー、その他)分析、材料別(ガラス、紙・板紙、アルミホイル、プラスチック・ポリマー、その他)分析、動物用ワクチン別(ウマ用ワクチン、ブタ用ワクチン、ネコ用ワクチン、水産養殖動物用ワクチン、家畜用ワクチン、犬用ワクチン、家禽用ワクチン)分析、エンドユーザー別(医薬品包装受託機関、製薬企業、 …
  • チリの装具市場見通し
  • 世界のトランスデューサー(変換器)市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスデューサー(変換器)市場2015について調査・分析し、トランスデューサー(変換器)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肉の代替食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肉の代替食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、肉の代替食品の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 移植診断の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別(PCR、NGS、サンガー法シーケンシング)分析、製品別(機器、試薬、ソフトウェア)分析、用途別(HLA、血液プロファイリング、病原体検出)分析、タイプ別(心臓、腎臓、肝臓、幹細胞)分析、移植診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場規模が2017年4434.2億ドルから2026年1兆1074.2億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)市場規模、エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:市場動向分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:競争要因分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維) ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:主要地域別分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の北米市場規 …
  • APT攻撃対策の世界市場
    本調査レポートでは、APT攻撃対策の世界市場について調査・分析し、APT攻撃対策の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の縫合線市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、縫合線のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・縫合線の概要 ・縫合線の開発動向:開発段階別分析 ・縫合線の開発動向:セグメント別分析 ・縫合線の開発動向:領域別分析 ・縫合線の開発動向:規制Path別分析 ・縫合線の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別縫合線の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・縫合線の最近動向
  • 世界の地理情報システム市場規模・予測、2017-2025:構成要素別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)、使用方法別(マッピング、測量、ナビゲーション)用途別(建築、農業、航空宇宙、鉱業、運送業)、デバイス別(モバイル、デスクトップ)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の地理情報システム市場について調査・分析し、世界の地理情報システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の地理情報システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スヌースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スヌースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スヌースの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーチェット病(Behcet’s Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるベーチェット病(Behcet's Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ベーチェット病(Behcet's Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ベーチェット病(Behcet's Disease)の概要 ・ベーチェット病(Behcet's Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のベーチェット病(Behcet's Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベーチェット病(Behcet's Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • AWDトラクターの世界市場
    当調査レポートでは、AWDトラクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、AWDトラクターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 世界の油田用界面活性剤市場
  • 燃料噴射器用ノズルの世界市場:ガソリン燃料ポート噴射、ガソリン直噴、ディーゼル直噴
    当調査レポートでは、燃料噴射器用ノズルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両種類別分析、技術別分析、燃料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)の世界市場
    当調査レポートでは、長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)の世界市場:樹脂種類別分析/市場規模 ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)のアメリカ市場規模予測 ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)のヨーロッパ市場規模予測 ・長繊維熱可塑性プラスチック(LFT)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • カップとふた包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、カップとふた包装の世界市場について調査・分析し、カップとふた包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カップとふた包装の世界市場:市場動向分析 - カップとふた包装の世界市場:競争要因分析 - カップとふた包装の世界市場:材料別 ・プラスチック ・板紙 ・ホイル ・金属 - カップとふた包装の世界市場:製品の種類別 ・カップ ・ふた ・その他 - カップとふた包装の世界市場:用途別 ・熱い飲み物 ・ソフトドリンク - カップとふた包装の世界市場:主要地域別分析 - カップとふた包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - カップとふた包装のヨーロッパ市場規模 - カップとふた包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カップとふた包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ディーゼル排気液(DEF)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ディーゼル排気液(DEF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ディーゼル排気液(DEF)市場規模、車種別(商用車、ノンロード車両、乗用車、鉄道)分析、パックサイズ別(バルク、缶・ビン、IBC・ドラム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場概要 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場環境 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場動向 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場規模 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場:業界構造分析 ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場:車種別(商用車、ノンロード車両、乗用車、鉄道) ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場:パックサイズ別(バルク、缶・ビン、IBC・ドラム) ・ディーゼル排気液(DEF)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ディーゼル排気液(DEF)のアメリカ市場規模・予測 ・ディーゼル排気液(DEF)のヨーロッパ市場規模・予測 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"