"高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3262)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The HPF market is projected to register a CAGR of 6.9% between 2019 and 2024.
The global high performance fluoropolymers (HPF) market size is estimated to be USD 3.3 billion in 2019 and is projected to reach USD 4.6 billion by 2024, at a CAGR of 6.9%. This growth is attributed to HPF’s growing number of applications in various industries. Also, expansion across end-use industries is further driving the industry for HPF globally.

Coatings accounted for the largest market share and are also estimated to be the fastest-growing segment
HPF possess excellent insulating properties, low surface energies, impermeability to gases, and high resistance to oils, UV radiation, chemicals, water, and corrosion. Owing to these excellent properties, HPFs, are used for architectural coatings, metallic coatings, wire & cable coatings, fiber coatings, and glass coatings, among other coating applications.

Increasing demand for coatings from various industries such as automobiles, industrial textiles, wires & cables, and industrial machinery, has created high demand for HPF’s. Considering this scenario, the coatings segment is estimated to be the largest segment in the HPF market. Growth across various end-use industries of HPF’s globally is the reason behind the fastest growth of HPF market in the coatings segment.
North America is the largest HPF market globally

In 2018, North America accounted for the largest share in the global HPF market. New application development, product innovation, and presence of a large number of end-use industries, such as industrial processing, transportation, and electronics & electrical, among others.
US emerged as the largest producer of oil & gas globally, which triggered the expansion across downstream process industries, which benefitted the HPF market. Also, the US and Mexico are amongst the top automotive manufacturers of HPF globally. Presence of full-fledged end-use industries is the major demand driver for HPF in North America.

Extensive primary interviews were conducted in the process of determining and verifying sizes of several segments and subsegments of the HPF market gathered through secondary research.
The breakdown of primary interviews has been given below.
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C Level Executives – 36%, Director Level – 18%, Others – 46%
• By Region: North America – 37%, APAC – 27%, Europe – 27%, RoW – 9%,
The key companies profiled in this report include The Chemours Company (US), Daikin Industries, Ltd. (Japan), 3M (US), Solvay SA (Belgium), AGC (Japan), The Dongyue Group (China), Gujrat Fluorochemicals Ltd. (India), Halopolymer OJSC (Russia), Hubei Everflon polymer (China), and China Reform Culture Holdings Co. Ltd. (China).

Research Coverage
This report covers the HPF market and forecasts its market size until 2024. The market has been segmented based on type, form, end-use industry, and region. The report also provides detailed information on company profiles and competitive strategies adopted by the key players to strengthen their positions in the market. The report also provides insights into the driving and restraining factors in the HPF market, along with opportunities and challenges across these industries. It also includes profiles for top manufacturers in the market.

Reasons to Buy the Report
The report is expected to help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the HPF market and provides the closest approximations of overall market size for its segments across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the market.
3. This report is expected to help stakeholders obtain an in-depth understanding of the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on strategies, such as new product launch, acquisition, and expansion.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 HPFS Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3.1 HPFS Market Analysis Through Primary Interviews
2.4 Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in the Global HPFS Market
4.2 HPFS Market in APAC, 2018
4.3 HPFS Market, By Type
4.4 HPFS Market, By Form
4.5 HPFS Market, By End-Use Industry
4.6 HPFS Market Share: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Demand in the End-Use Industries
5.2.1.2 Robust Growth in PV Installations
5.2.1.3 Growing Demand in Emerging Countries of APAC
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of HPFS in Comparison to Other Conventional Materials
5.2.2.2 Environmental Sustainability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets for Melt-Processable Fluoropolymers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty in Processing HPFS
5.2.4.2 Intense Price Competition From Chinese Manufacturers
5.2.4.3 Use of Reprocessed PTFE
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 HPFS Market, By Type (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 PTFE
6.2.1 Granular/Molded Powder
6.2.1.1 Granular PTFE is the Most Widely Used Form of PTFE Because of Its Low Price
6.2.2 Fine Powder
6.2.2.1 Extensive Performance Characteristics and Excellent Properties Increase the Demand for Fine Powder PTFE in Various Applications and End-Use Industries
6.2.3 Aqueous Dispersion
6.2.3.1 PTFE Aqueous Dispersion Can Be Used in Various Applications, Such as Dipping, Coating, and Spinning
6.2.4 Micronized Powder
6.2.4.1 Lower Molecular Weight Than PTFE is Boosting Micronized Powder Demand as an Additive in Various Applications
6.3 FEP
6.3.1 FEP is the Fastest-Growing Type of HPFS Because of Its Melt-Processable and Anti-Corrosion Properties
6.4 PFA/MFA
6.4.1 PFA/MFA are Resistant to High Temperature, Melting Point, and Greater Thermal Stability Because of Their Better Longevity and Flexibility Than FEP
6.5 ETFE
6.5.1 ETFE is Mainly Used as Films & Sheets, Wires & Cables, Tubes, and Coating Forms in Building & Construction, Automotive, Aerospace, Chemicals, and Other Industries
6.6 Others
7 HPFS Market, By Form (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Coatings
7.2.1 Growing Demand for Architectural Fluoropolymer Coatings is the Key Driver of the HPFS Market, Globally
7.3 Films & Membranes
7.3.1 Increased Demand for Membranes in Water Treatment Industry Fuels the HPFS Market Growth for Films & Membranes HPFS
7.4 Tubes
7.4.1 Fluoropolymer Tubes have Versatile Applications in Various Industries, Including Medical & Pharmaceutical, Chemical, Water Treatment, and Food & Beverage
7.5 Others
8 HPFS Market, By End-Use Industry (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Industrial Processing
8.2.1 HPFS are Used for Extensive Applications of Films, Coatings, Liners, and Components in A Wide Range of Machinery and Equipment in the Industrial Processing End-Use Industry
8.3 Chemical Processing
8.3.1 HPFS are Widely Used in the Chemical Processing Industry, Owing to Their Excellent Resistance to Chemical Attacks
8.4 Oil & Gas
8.4.1 High Consumption of Seals, Gaskets, Encapsulation, Power Cables, and Tubing in the Oil & Gas Industry Drives the HPFS Market
8.5 Power Plants
8.5.1 Significant Growth in the Power Consumption, Globally, Drives the HPFS Market in the Power Plants Segment
8.6 Water Treatment
8.6.1 Expansion Across Water Treatment Industry, Especially in APAC and the Middle East & Africa, Drives the HPFS Market in This Segment
8.7 Food Processing
8.7.1 High Chemical and Heat Resistance of HPFS Make Them A Preferred Material of Food Processing Industry
8.8 Transportation
8.8.1 Automotive
8.8.1.1 Growth in the Production of Automobiles Across APAC to Drive the HPFS Market
8.8.2 Aerospace
8.8.2.1 Growing Production of Aeroplanes Across Europe and North America to Drive the Demand for HPFS
8.9 Electrical & Electronics
8.9.1 Telecommunication
8.9.1.1 Growth in the Consumption of Wire & Cable Across Telecommunication has Increased the Demand for HPFS
8.9.2 Semiconductors
8.9.2.1 HPF Films have Increased the Demand in Semiconductor Coatings, Which Will Drive the HPFS Market
8.9.3 Electronic Components
8.9.3.1 Coating of Electronic Components to Drive the HPFS Market Demand
8.9.4 Defence Electronics
8.9.4.1 Growing Spending on Defence Projects. Globally, to Drive the HPFS Demand
8.10 Medical
8.10.1 Medical Devices
8.10.1.1 Increased Consumption of Dental Implants, Disposables, Surgical Instruments, Therapeutics, and Diagnostic Equipment to Drive the HPFS Market, Globally
8.10.2 Pharmaceutical and Biotechnology
8.10.2.1 HPFS Market Across Pharmaceutical & Biotechnology is Majorly Driven By Expansion in This Industry, Globally
8.11 Others
8.11.1 Building & Construction
8.11.2 Consumer Household
9 HPFS Market, By Region (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Capacity Expansion Across Oil & Gas and Chemical Industry to Drive the HPFS Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canada has A Highly Diversified Medical Industry That is Mostly Export-Oriented and Manufactures Equipment and Supplies, Which is Boosting the Growth of the HPFS Market
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Automotive Oem Manufacturing is Favorable for the HPFS Market in Mexico
9.3 APAC
9.3.1 China
9.3.1.1 The Presence of Chemical, Automotive, Medical, Food & Beverage, and Electronics Industries is the Reason for China’s Dominant Position in APAC HPFS Market
9.3.2 India
9.3.2.1 PTFE Segment Dominates India’s HPFS Market
9.3.3 Japan
9.3.3.1 Automotive and Chemical Industries to Drive the Hfps Market in Japan
9.3.4 South Korea
9.3.4.1 South Korea is an Export-Oriented Economy and One of the Largest HPF Consumers in APAC
9.3.5 Rest of APAC
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Germany Accounted for the Largest Share in the European HPFS Market
9.4.2 France
9.4.2.1 High Demand for Advanced Medical Devices is Expected to Increase the Demand for HPFS in the Country
9.4.3 UK
9.4.3.1 Construction Industry to Boost the HPFS Market in UK
9.4.4 Italy
9.4.4.1 Transportation is One of the Major End-Use Industries in Italy Expected to Drive the HPFS Market
9.4.5 Spain
9.4.5.1 Spain is Forecast to Register Fastest Growth in the HPFS Market of Europe
9.4.6 Rest of Europe
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Saudi Arabia Accounted for the Largest Market Share in the RoW HPFS Market
9.5.2 Brazil
9.5.2.1 The Chemical Industry of Brazil is Expected to Grow at Twice the Rate of the Overall Industrial Growth in the Country, Which is Expected to Increase the Demand for HPFS
9.5.3 Other Countries in RoW
10 Competitive Landscape (Page No. – 118)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Emerging Companies
10.2.4 Strength of Product Portfolio
10.2.5 Business Strategy Excellence
10.3 Market Ranking of Key Players, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launch
10.4.2 Expansion
10.4.3 Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 AGC
11.2 The Chemours Company
11.3 Daikin Industries
11.4 Gujarat Fluorochemicals Limited (GFL)
11.5 3M
11.6 Solvay
11.7 Dongyue Group
11.8 China Reform Culture Holdings Co., Ltd.
11.9 Hubei Everflon Polymer
11.10 Halopolymer
11.11 Other Companies
11.11.1 Chenguang Research Institute of Chemical Industry
11.11.2 Shamrock Technologies
11.11.3 Jiangsu Meilan Chemical Co. Ltd
11.11.4 Juhua Group Corporation
11.11.5 Guangzhou Lichang Fluoroplastics Co., Ltd
11.11.6 Hindustan Fluorocarbons Limited
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 147)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3262
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬剤
  • ターゲットドローン(無人標的機)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ターゲットドローン(無人標的機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンジン種類別分析、需要先別分析、ターゲット種類別分析、地域別分析、ターゲットドローン(無人標的機)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高圧ポンプ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • メイク落としの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • マレーシアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • スマートスペースの世界市場:コンポーネント別、スペース種類別、用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、スマートスペースの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)分析、スペース種類別(スマート屋内スペース&スマート屋外スペース)分析、用途別(エネルギー管理&最適化、レイアウト&スペース管理、緊急&災害管理、セキュリティ管理、その他)分析、エンドユーザー別(住宅および商業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スマートスペースの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス) ・スマートスペースの世界市場:スペース種類別(スマート屋内スペース&スマート屋外スペース) ・スマートスペースの世界市場:用途別(エネルギー管理&最適化、レイアウト&スペース管理、緊急&災害管理、セキュリティ管理、その他) ・スマートスペースの世界市場:エンドユーザー別(住宅および商業) ・スマートスペースの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 食品トレーサビリティの世界市場:技術別(RFID・RTLS、GPS、バーコード、赤外線、バイオメトリクス)、エンドユーザー別(食品メーカー、倉庫、食品小売業、防衛・セキュリティ、その他の政府機関、その他)、用途別(食肉・家畜、生鮮食品・種子製品、乳製品、飲料、水産物、その他)、地域別予測
    本資料は、食品トレーサビリティの世界市場について調べ、食品トレーサビリティの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(RFID・RTLS、GPS、バーコード、赤外線、バイオメトリクス)分析、エンドユーザー別(食品メーカー、倉庫、食品小売業、防衛・セキュリティ、その他の政府機関、その他)分析、用途別(食肉・家畜、生鮮食品・種子製品、乳製品、飲料、水産物、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBio-Rad Laboratories Inc. 、C.H. Robinson Worldwide Inc.、Cognex Corporation、Honeywell International Inc.、SGS SA、Barcode Integrators Inc.、Carlisle Technology Inc.、Mass Group Inc.、Merit-Trax Technologies Inc.、Picarro Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • 油圧シリンダの世界市場予測(~2023年):単動シリンダ、複動シリンダ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、油圧シリンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、機能別分析、仕様別分析、用途別分析、地域別分析、油圧シリンダの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • PCベースオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、PCベースオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、PCベースオートメーション市場規模、販売チャンネル別(間接、オンライン、直売)分析、提供サービス別(サービス)分析、構成品別(監視制御およびデータ収集機器(SCADA)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、産業用PC(IPC)、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)、分散制御システム(DCS)、その他)分析、オートメーション形態別(ワイヤレス通信技術、有線通信技術)分析、エンドユーザ別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ PCベースオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ PCベースオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ PCベースオートメーションの世界市場:販売チャンネル別(間接、オンライン、直売) ・ PCベースオートメーションの世界市場:提供サービス別(サービス) ・ PCベースオートメー …
  • PPSUの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PPSUの世界市場について調査・分析し、PPSUの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PPSUシェア、市場規模推移、市場規模予測、PPSU種類別分析()、PPSU用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PPSUの市場概観 ・PPSUのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PPSUのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PPSUの世界市場規模 ・PPSUの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PPSUのアメリカ市場規模推移 ・PPSUのカナダ市場規模推移 ・PPSUのメキシコ市場規模推移 ・PPSUのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PPSUのドイツ市場規模推移 ・PPSUのイギリス市場規模推移 ・PPSUのロシア市場規模推移 ・PPSUのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・PPSUの日本市場規模推移 ・PPSUの中国市場規模推移 ・PPSUの韓国市場規模推移 ・PPSUのインド市 …
  • 世界のトレオニン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトレオニン市場2016について調査・分析し、トレオニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 児用調製乳及びベビーフードの世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、児用調製乳及びベビーフードの世界市場について調査・分析し、児用調製乳及びベビーフードの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 船舶用エンジンの世界市場予測(~2024年)
    船舶用エンジンの世界市場は、2019年の推定140億米ドルから2024年には164億米ドルに達し、この期間中3.11%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、国際海上貨物輸送の増加、海上観光の増加、状況認識と安全のためのスマートエンジンの普及などが考えられます。一方で、世界的に厳しい環境規制と主燃料としての重油への依存は、市場の成長を妨げています。当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、出力別(1000馬力未満、1000~5000馬力、5000~10000馬力、10000~20000馬力、20000馬力超)分析、船舶別(商船、オフショア支援船)分析、燃料別(重油、残渣燃料油、舶用ディーゼルオイル・軽油)分析、エンジン別(推進、補助)分析、船舶用エンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、適応学習用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、適応学習用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生化学分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、生化学分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生化学分析装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:IEMS、BEMS、HEMS
    当調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型車用フロントエンドモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小型車用フロントエンドモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、小型車用フロントエンドモジュール種類別分析(金属/プラスチックハイブリッド、複合材、プラスチック、鋼、その他)、小型車用フロントエンドモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小型車用フロントエンドモジュールの市場概観 ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小型車用フロントエンドモジュールの世界市場規模 ・小型車用フロントエンドモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小型車用フロントエンドモジュールのアメリカ市場規模推移 ・小型車用フロントエンドモジュールのカナダ市場規模推移 ・小型車用フロントエ …
  • グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、マイニング種類別(表面および地下)分析、技術別(電力削減、燃料およびメンテナンス削減、毒性削減、排出削減、および水削減)分析、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場規模が2019年90億ドルから2024年129億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。
  • 電動車いすの世界市場
    当調査レポートでは、電動車いすの世界市場について調査・分析し、電動車いすの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車ドアラッチの世界市場予測(~2021年):サイドドア用ラッチ、フード用ラッチ、テールゲート用ラッチ、後部座席用ラッチ
    当調査レポートでは、自動車ドアラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、車両別分析、地域別分析、自動車ドアラッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコハク酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のコハク酸市場2015について調査・分析し、コハク酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンタルコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタンタルコンデンサ市場2015について調査・分析し、タンタルコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用カルーセルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用カルーセルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用カルーセル市場規模、製品別(水平、垂直)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用カルーセルの世界市場概要 ・産業用カルーセルの世界市場環境 ・産業用カルーセルの世界市場動向 ・産業用カルーセルの世界市場規模 ・産業用カルーセルの世界市場:業界構造分析 ・産業用カルーセルの世界市場:製品別(水平、垂直) ・産業用カルーセルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用カルーセルのアメリカ市場規模・予測 ・産業用カルーセルのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用カルーセルのアジア市場規模・予測 ・産業用カルーセルの主要国分析 ・産業用カルーセルの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用カルーセルの世界市場:成長要因、課題 ・産業用カルーセルの世界市場:競争環境 ・産業用カルーセルの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 3D半導体パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、3D半導体パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3D半導体パッケージングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 送電機器の世界市場
    当調査レポートでは、送電機器の世界市場について調査・分析し、送電機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フランスの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ソーラーコントロールガラスの世界市場分析:用途別(住宅用建物、商業ビル、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソーラーコントロールガラスの世界市場について調査・分析し、ソーラーコントロールガラスの世界市場動向、ソーラーコントロールガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ソーラーコントロールガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のトリフルオロ酢酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリフルオロ酢酸市場2015について調査・分析し、トリフルオロ酢酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 送電塔の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、送電塔の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、送電塔の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は送電塔の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kalpataru Power Transmission Limited、KEC International、Nanjing Daji Group等です。
  • ロシアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 農業用フィルムとボンドの世界市場分析:製品別(フィルム、より糸、ネット)、原材料別、用途別(温室、マルチング、サイレージ)、セグメント予測 2014 – 2024
    本調査レポートでは、農業用フィルムとボンドの世界市場について調査・分析し、農業用フィルムとボンドの世界市場動向、農業用フィルムとボンドの世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用フィルムとボンド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商業用衛星画像の世界市場:用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、商業用衛星画像の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他)分析、エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・商業用衛星画像の世界市場:用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:地域別 ・企業動向
  • フランスの股関節再建市場動向(~2021)
  • ニュージーランドの心臓人工弁市場見通し
  • 無線アクセスポイント(AP)の世界市場2016-2020:ゲートウェイ・ルーター、依存型AP、独立型AP
    当調査レポートでは、無線アクセスポイント(AP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線アクセスポイント(AP)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスーパーキャパシタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のスーパーキャパシタ市場2016について調査・分析し、スーパーキャパシタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場
    当調査レポートでは、クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯兵器の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、携帯兵器の世界市場について調査・分析し、携帯兵器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・携帯兵器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・携帯兵器の世界市場:セグメント別市場分析 ・携帯兵器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 発電機用ブレーカーの世界市場:空気遮断器、SF6遮断器、真空遮断器
    当調査レポートでは、発電機用ブレーカーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・発電機用ブレーカーの世界市場:種類別分析/市場規模 ・発電機用ブレーカーの世界市場:用途別分析/市場規模 ・発電機用ブレーカーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・発電機用ブレーカーのアメリカ市場規模予測 ・発電機用ブレーカーのヨーロッパ市場規模予測 ・発電機用ブレーカーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • インシデント対応の世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、サービス別、セキュリティタイプ別、導入モード別、組織規模別、地域別予測
    本資料は、インシデント対応の世界市場について調べ、インシデント対応の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、サービス別分析、セキュリティタイプ別分析、導入モード別分析、組織規模別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インシデント対応の世界市場概要 ・インシデント対応の世界市場環境 ・インシデント対応の世界市場動向 ・インシデント対応の世界市場規模 ・インシデント対応の世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・インシデント対応の世界市場規模:サービス別 ・インシデント対応の世界市場規模:セキュリティタイプ別 ・インシデント対応の世界市場規模:導入モード別 ・インシデント対応の世界市場規模:組織規模別 ・インシデント対応の世界市場:地域別市場規模・分析 ・インシデント対応の北米市場規模・予測 ・インシデント対応のアメリカ市場規模・予測 ・インシデント対応のヨーロッパ市場規模・予測 ・イン …
  • IoTプラットフォームの世界市場
    当調査レポートでは、IoTプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoTプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3D印刷用プラスチックの世界市場:種類別(ABS・ASA、フォトポリマー、ポリアミド・ナイロン、PLA)、形態別(フィラメント、インク、パウダー)、用途別、セグメント予測
    3D印刷用プラスチックの世界市場は2025年には19億8,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率24.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、特に医療および航空宇宙・防衛産業での需要増加が考えられます。本調査レポートでは、3D印刷用プラスチックの世界市場について調査・分析し、3D印刷用プラスチックの世界市場動向、3D印刷用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別3D印刷用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 企業パフォーマンス管理の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入別(オンプレミス、クラウド)、ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他)、業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネルギー・ユーティリティ、その他)
    本資料は、企業パフォーマンス管理の世界市場について調べ、企業パフォーマンス管理の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他)分析、業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネルギー・ユーティリティ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・企業パフォーマンス管理の世界市場概要 ・企業パフォーマンス管理の世界市場環境 ・企業パフォーマンス管理の世界市場動向 ・企業パフォーマンス管理の世界市場規模 ・企業パフォーマンス管理の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:導入別(オンプレミス、クラウド) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:ファンクション別(会計、人事、サプライチェーン、その他) ・企業パフォーマンス管理の世界市場:業種別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア、エネル …
  • 世界の計装チューブ市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは計装チューブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・計装チューブの世界市場:エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 軍事用ARヘッドギアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ARヘッドギアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ARヘッドギアの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事用ARヘッドギアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Research Associates (ARA)• BAE Systems• Elbit Systems• Rockwell Collins• Thales Group等です。
  • 世界の無線ネットワークアクセス制御市場2019
    本調査レポートでは、世界の無線ネットワークアクセス制御市場2019について調査・分析し、無線ネットワークアクセス制御の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、無線ネットワークアクセス制御のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、無線ネットワークアクセス制御メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・無線ネットワークアクセス制御の市場概要 ・無線ネットワークアクセス制御の上流・下流市場分析 ・無線ネットワークアクセス制御のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・無線ネットワークアクセス制御のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・無線ネットワークアクセス制御のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・無線ネットワークアクセス制御のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・無線ネットワークアクセス制御の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・無線ネットワークアクセス制御 …
  • 局所麻酔薬の世界市場2018–2025:製品別(ブピバカイン、ロピバカイン、リドカイン、クロロプロカイン、プリロカイン、ベンゾカイン)、用途別
    本調査レポートでは、局所麻酔薬の世界市場について調査・分析し、局所麻酔薬の世界市場動向、局所麻酔薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別局所麻酔薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘムフランジデザイン用接着剤 の世界市場予測2019-2024
    「 ヘムフランジデザイン用接着剤 の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、一液性、二液性など、用途別には、Door、Deck Lids、Hood、Lift Gates、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。 ヘムフランジデザイン用接着剤 のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の世界市場概要(サマリー) ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の企業別販売量・売上 ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の企業別市場シェア ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の世界市場規模:種類別(一液性、二液性) ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の世界市場規模:用途別(Door、Deck Lids、Hood、Lift Gates、Others) ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ ヘムフランジデザイン用接着剤 のアジア市場規模(日本、中国、韓国、 …
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)市場規模、用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他)分析、最終用途別(防衛、産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場概要 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場環境 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場動向 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:業界構造分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:最終用途別(防衛、産業) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(H …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"