"NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 5297)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The NGS-based RNA-sequencing market is projected to grow at a CAGR of 20.0%.”
The NGS-based RNA-sequencing market size is projected to reach USD 4.2 billion by 2024 from USD 1.7 billion in 2019, at a CAGR of 20.0%. Advantages of RNA-seq over conventional technologies; an increasing number of RNA-seq grants; rising number of research activities involving RNA-seq; rapid growth in precision medicine are the key factors driving the growth of the NGS based RNA sequencing industry.

“Pharmaceutical & biotechnology companies segment to witness the highest growth in the NGS-based RNA-sequencing market during the forecast period.”
Based on the end-user, the NGS-based RNA-sequencing industry is segmented into research & academia, hospitals & clinics, pharmaceutical & biotechnology companies, and other end users. The pharmaceutical & biotechnology companies segment is expected to witness highest growth rate during the forecast period mainly due to growing number of agreements and collaborations between NGS market players and pharmaceutical & biotechnology companies for the development of advanced products.

“Expression profiling analysis application to hold the largest share in the NGS-based RNA-sequencing market.”
Based on application, the NGS-based market is segmented into expression profiling analysis, small RNA-sequencing, de novo transcriptome assembly, and variant calling & transcriptome epigenetics. In 2018, the expression profiling analysis segment accounted for the largest share mainly due to the increasing prevalence of metabolic disorders, multiple sclerosis, and other diseases will propel the demand for expression profiling analysis to provide specific treatment options in the market during the forecast period.

“The Asia Pacific market is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.”
The market in Asia Pacific is projected to register the highest CAGR during the forecast period. Significant focus on R&D activities as a means of broadening the scope of RNA-Seq applications and decreasing the costs of NGS products and services are some of the key factors supporting the growth of the NGS-based RNA-sequencing market in the Asia Pacific.
Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1: 45%, Tier 2: 34%, and Tier 3: 21%
• By Designation: C-level: 47%, D-level: 33%, and Others: 20%
• By Region: North America: 35%, Europe: 32%, APAC: 25%, Latin America: 6% and Middle East & Africa: 2%

The major players operating in the NGS-based RNA-sequencing market are Illumina (US), Thermo Fischer Scientific (US) and Oxford Nanopore (UK), Agilent Technologies, Inc. (US), BGI (China), PerkinElmer Inc. (US), QIAGEN (Germany), Eurofins Scientific (Luxembourg), F. Hoffmann-La Roche Ltd (Switzerland), Takara Bio Inc. (Japan), GENEWIZ, Inc. (US), Hamilton Company (US), Macrogen (South Korea), Zymo Research (US), and Tecan Genomics, Inc. (Switzerland) among others are the major players operating in the NGS-based RNA-sequencing market

Research Coverage
This report studies the NGS-based RNA-sequencing market based on product & service, technology, application, end user, and region. It also covers factors affecting market growth, analyzes various opportunities and challenges in the market, and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the study analyzes micromarkets with respect to their growth trends and forecasts the size of market segments with respect to key regions—North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa (and the respective countries in these regions).

Reasons to Buy the Report:
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analysis—market ranking analysis of the top players and their company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape, emerging segments of the NGS-based RNA-sequencing market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Application-Based Market Estimation
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 NGS-Based RNA-Sequencing: Market Overview
4.2 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Product & Service, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.3 NGS-Based RNA-Sequencing Market Share, By Technology, 2019 vs. 2024
4.4 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Application, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.5 NGS-Based RNA-Sequencing Market Share, By End User, 2019 vs. 2024
4.6 Geographical Snapshot of the NGS-Based RNA-Sequencing Market
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advantages of RNA-Seq Over Conventional Technologies
5.2.1.2 Increasing Number of RNA-Seq Grants
5.2.1.3 Growing Number of Research Activities Involving RNA-Seq
5.2.1.4 Rapid Growth in Precision Medicine
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Skilled Professionals
5.2.2.2 Standardization Concerns of RNA-Seq in Diagnostic Testing
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Applications of RNA-Seq in Research
5.2.3.1.1 Cancer Research
5.2.3.1.2 Agricultural Research
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Storage & Interpretation of Sequencing Data
5.2.4.2 Analysis of RNA-Seq Data for the Detection of Novel Transcripts
6 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Product & Service (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 RNA Sequencing Platforms & Consumables
6.2.1 Increasing Availability of Platforms and Growing Consumable Usage Have Ensured the High Share of This Segment
6.3 Sample Preparation Products
6.3.1 Sample Preparation is the First Step of an NGS Workflow
6.3.2 Sample Preparation Products, By Workflow
6.3.2.1 Library Preparation & Target Enrichment
6.3.2.2 Quality Control
6.3.3 Sample Preparation Products, By Method
6.3.3.1 Manual Sample Preparation
6.3.3.2 Microfluidic Sample Preparation
6.3.3.3 Robotic Liquid Handling Sample Preparation
6.4 RNA Sequencing Services
6.4.1 Lack of Infrastructure and Expertise Among End Users has Driven Demand for Services
6.5 Data Analysis, Storage & Management
6.5.1 Integration of Cloud Computing and Bioinformatics, Among Other Advancements, is Contributing to Market Growth
7 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Technology (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Sequencing By Synthesis
7.2.1 Sbs Technology Enables the Highest Production of Base Pairs in A Short Period of Time
7.3 Ion Semiconductor Sequencing
7.3.1 Ion Semiconductor Sequencing Platforms Possess High-Throughput Capabilities
7.4 Single-Molecule Real-Time Sequencing
7.4.1 Smrt Sequencing Produces Results in A Short Time and at Lower Costs
7.5 Nanopore Sequencing
7.5.1 Nanopore Sequencing is the Only Sequencing Technology With Direct RNA-Sequencing Capabilities
8 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Expression Profiling Analysis
8.2.1 Increasing Need for Improved Prognosis of Patients to Propel Market Growth
8.3 Small RNA Sequencing
8.3.1 Rising Need for Accurate Diagnostic Analysis to Support Market Growth
8.4 De Novo Transcriptome Assembly
8.4.1 Increasing Cancer Cases is Expected to Drive This Application Segment
8.5 Variant Calling & Transcriptome Epigenetics
8.5.1 Complicated RNA-Seq Data Analysis May Hamper the Growth of This Segment
9 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By End User (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Research & Academia
9.2.1 Increasing Number of Collaborations Between NGS Market Players and Academic & Research Institutes to Propel Market Growth
9.3 Hospitals & Clinics
9.3.1 Increasing Adoption of NGS Systems in Hospitals & Clinics to Drive Market Growth
9.4 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
9.4.1 Consolidation Between Biotech & Pharma Companies and NGS Market Players to Propel Market Growth
9.5 Other End Users
10 NGS-Based RNA-Sequencing Market, By Region (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Favorable Funding Scenario and Growing R&D Activity in the US are Driving Market Growth
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives for Genome Research Will Boost the Adoption of NGS Sequencing Technology
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Dominates the NGS-Based RNA-Sequencing Market in Europe
10.3.2 UK
10.3.2.1 Strong Presence of NGS Organizations and Supportive Initiatives Will Drive Market Growth in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Awareness on Applications of High-Throughput Sequencing in Genetic Characterization Will Support Market Growth
10.3.4 RoE
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Strong Base of Established Players and Favorable Government Initiatives Account for China’s Large Market Share
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Growing Awareness and Rising Incidence of Genetic Disorders are Driving Demand for NGS-Based RNA-Seq in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 Rising Awareness and Player Interest in India Will Drive Market Growth
10.4.4 RoAPAC
10.5 Latin America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 High Hiv Prevalence in Brazil has Driven Demand for NGS in Research
10.5.2 Mexico
10.5.2.1 Economic Growth and Support for Infrastructural Development Will Drive Market Growth in Mexico
10.5.3 RoLA
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Lack of Infrastructure has Stifled Market Growth in the MEA
11 Competitive Landscape (Page No. – 101)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Terminology/Nomenclature
11.2.1.1 Visionary Leaders
11.2.1.2 Innovators
11.2.1.3 Dynamic Differentiators
11.2.1.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario (2015-2019)
11.4 NGS-Based RNA-Sequencing Market Ranking, By Top Three Market Players (2018)
12 Company Profiles (Page No. – 109)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Agilent Technologies
12.2 BGI Group
12.3 Eurofins Scientific
12.4 GENEWIZ (Part of Brooks Automation)
12.5 Hamilton Company
12.6 Illumina
12.7 Nugen Technologies (Part of Tecan Trading AG)
12.8 Oxford Nanopore Technologies
12.9 Perkinelmer
12.10 Psomagen
12.11 QIAGEN
12.12 F. Hoffmann-La Roche AG
12.13 Takara Bio
12.14 Thermo Fisher Scientific
12.15 Zymo Research
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 148)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 5297
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
NGSベースRNAシーケンシングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高気圧酸素治療(HBOT)機器の世界市場
    当調査レポートでは、高気圧酸素治療 (HBOT) 機器の世界市場について調査・分析し、高気圧酸素治療 (HBOT) 機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • デンマークの電気生理装置市場見通し
  • 自動料金収受システム(ETC)の世界市場予測(~2023年)
    自動料金収受システム(ETC)の世界市場は、2018年の71億米ドルから2023年には107億米ドルに達し、8.54%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、車線当たりの交通流の改善、政府によるITSの展開を目的とした予算の増加、ETCシステムによる環境汚染の低減、キャッシュレス交通機関による利便性の向上、およびスマートシティの開発が考えれられます。さらには、発展途上国への経済的・技術的な投資機会の増加、輸送セクターでの官民パートナーシップ(PPP)締結の増加、および完全電子化料金徴収(AET)システムへの移行の拡大によっても、この市場の成長が後押しされると見られています。一方で、発展途上の国々におけるインフラ開発の鈍化と高い運用コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、自動料金収受システム(ETC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術(RFID、DSRC、その他)分析、提供(ハードウェア、バックオフィス、その他)分析、用途(高 …
  • GIS(地理情報システム)の世界市場:GISソフトウェア、GISデータ、GISサービス
    当調査レポートでは、GIS(地理情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GIS(地理情報システム)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルVoIPの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルVoIPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルVoIPの世界市場規模及び予測、市場シェア、ユーザーモデル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ガソリン計量機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガソリン計量機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガソリン計量機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリティカル通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、サービス)分析、技術別(陸上移動無線、長期進化)分析、エンドユーズ産業別(公安、交通、ユーティリティ、鉱業)分析、クリティカル通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリティカル通信の世界市場規模が2019年139億万ドルから2024年198億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • PBBAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PBBAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PBBAの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はPBBAの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dell EMC• HPE• IBM• Oracle• Quantum等です。
  • 自動車ナンバープレートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車ナンバープレートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車ナンバープレート市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車ナンバープレートの世界市場概要 ・自動車ナンバープレートの世界市場環境 ・自動車ナンバープレートの世界市場動向 ・自動車ナンバープレートの世界市場規模 ・自動車ナンバープレートの世界市場:業界構造分析 ・自動車ナンバープレートの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車ナンバープレートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車ナンバープレートの北米市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車ナンバープレートの主要国分析 ・自動車ナンバープレートの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車ナンバープレートの世界市場:成長要因、課題 ・自動車ナンバープレー …
  • 医療用チューブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用チューブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用チューブ市場規模、構造別(編組チューブ、熱収縮チューブ、マルチルーメン、共押出、シングルルーメン、バルーンチューブ)分析、用途別(カテーテル、カニューレ、薬物送達システム(DDS)、使い捨てバルクチューブ、特殊用途)分析、原料別(ポリオレフィン、熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)、シリコン、熱可塑性エラストマー(TPE)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用チューブの世界市場:市場動向分析 ・ 医療用チューブの世界市場:競争要因分析 ・ 医療用チューブの世界市場:構造別(編組チューブ、熱収縮チューブ、マルチルーメン、共押出、シングルルーメン、バルーンチューブ) ・ 医療用チューブの世界市場:用途別(カテーテル、カニューレ、薬物送達システム(DDS)、使い捨てバルクチューブ、特殊用途) ・ 医療用チューブの世界市場:原料別(ポリオレフィン、熱可 …
  • 世界の自動車用バルブ・タペット市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用バルブ・タペット市場2016について調査・分析し、自動車用バルブ・タペットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バングラデシュのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 心臓超音波検査(ECG)装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、心臓超音波検査(ECG)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓超音波検査(ECG)装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼内レンズの世界市場2014-2025:製品別(眼内レンズ、角膜インプラント、緑内障インプラント、眼プロテーゼ)、用途別(緑内障、薬物送達)、最終用途別
    本調査レポートでは、眼内レンズの世界市場について調査・分析し、眼内レンズの世界市場動向、眼内レンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の太陽熱ヒーター市場2015
    本調査レポートでは、中国の太陽熱ヒーター市場2015について調査・分析し、太陽熱ヒーターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンの世界市場2018–2025:製品タイプ別(PE、PP、エチレン酢酸ビニル、サーモプラスチック・オレフィン)、用途別(フィルム・シート、射出成型、ブロー成形、プロファイル押出成形)
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンの世界市場動向、ポリオレフィンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリオレフィン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Xバンドレーダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Xバンドレーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Xバンドレーダーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 自動車用LEDヘッドライトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用LEDヘッドライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用LEDヘッドライト市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場概要 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場環境 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場動向 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場規模 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場:業界構造分析 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用LEDヘッドライトのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用LEDヘッドライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用LEDヘッドライトのアジア市場規模・予測 ・自動車用LEDヘッドライトの主要国分析 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場:成長要因、課題 ・自動車用LEDヘッドライトの世界市場:競争環境 ・自動車用LEDヘッド …
  • イネ科種子の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イネ科種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(ハイブリッド種、固定種(自然受粉種))分析、粒度別(長粒米、中粒米、短粒米)分析、ハイブリダイゼーション技術別(2系統、3系統)分析、処理別(処理済、未処理)分析、イネ科種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場規模及び予測、構成タイプ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症の疫学的予測
    当調査レポートでは、特発性肺線維症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・特発性肺線維症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・特発性肺線維症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 航空用レーザー障害物回避モニタリングシステムの世界市場
    当調査レポートでは、航空用レーザー障害物回避モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空用レーザー障害物回避モニタリングシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題などの情報をお届けいたします。
  • 電力レンタル付属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電力レンタル付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力レンタル付属品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Bluetoothビーコン端末の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Bluetoothビーコン端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Bluetoothビーコン端末の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業装置金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、農業装置金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業装置金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 浄水器の世界市場:技術別(UV、RO、重力ベース)、流通チャンネル別(小売販売、直接販売、オンライン)、携帯性別(ポータブル、非ポータブル)、エンドユーザー別(商業、家庭)
    本資料は、浄水器の世界市場について調べ、浄水器の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(UV、RO、重力ベース)分析、携帯性別(ポータブル、非ポータブル)分析、エンドユーザー別(商業、家庭)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・浄水器の世界市場概要 ・浄水器の世界市場環境 ・浄水器の世界市場動向 ・浄水器の世界市場規模 ・浄水器の世界市場:技術別(UV、RO、重力ベース) ・浄水器の世界市場:流通チャンネル別(小売販売、直接販売、オンライン) ・浄水器の世界市場:携帯性別(ポータブル、非ポータブル) ・浄水器の世界市場:エンドユーザー別(商業、家庭) ・浄水器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・浄水器の北米市場規模・予測 ・浄水器のアメリカ市場規模・予測 ・浄水器のヨーロッパ市場規模・予測 ・浄水器のアジア市場規模・予測 ・浄水器の日本市場規模・予測 ・浄水器の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のマッサージ枕市場2015
    本調査レポートでは、世界のマッサージ枕市場2015について調査・分析し、マッサージ枕の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用死角検知の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用死角検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用死角検知の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車(ICE&EV)用照明の世界市場予測(~2022年):ハロゲンランプ、LEDランプ、キセノンランプ
    当調査レポートでは、自動車(ICE&EV)用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、技術別分析、位置別分析、用途別分析、地域別分析、自動車(ICE&EV)用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia)の概要 ・ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis Carinii Pneumonia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)市場規模、製品別(ABS、CC、TCS、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BMW, Continental, Honda Motor, Robert Bosch, ZF Friedrichshafenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場概要 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場環境 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場動向 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場規模 ・オートバイ用アドバンスドライダーアシスタンスシステム(ARAS)の世界市場:業界構造分 …
  • VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、VII・PPD用ポリメタクリル酸エステルの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品防腐剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、化粧品防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品防腐剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の色彩選別機市場2015
    本調査レポートでは、世界の色彩選別機市場2015について調査・分析し、色彩選別機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場2018-2022
    低騒音で排気ガスのない飛行の必要性が高まりを受け、電動航空機推進システムの需要が増えています。そのため、ドライブの最適化、電気回路網の開発、環境制御システム(ECS)、信頼性の高い燃料システム制御、センサー技術、その他のサブシステムやコンポーネントのための仮想システムモデルの使用が増えています。 したがって、電気航空機の開発の増加は、航空宇宙向け風洞試験サービス市場における主な傾向となっています。 Technavioのアナリストは、2022年までに3%を超えるCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、BAE Systems、Boeing、GKN、QinetiQ、RUAG Groupなどです。 当調査レポートでは、航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙産業向け風洞試験市場規模、用途別(商業・民間航空機、軍用機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場概要 …
  • 飲料用プラスチック包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、飲料用プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲料用プラスチック包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は飲料用プラスチック包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amcor• Reynolds• Sonoco Products Company• Berry Global等です。
  • 石油&ガスの腐食対策の世界市場
    当調査レポートでは、石油&ガスの腐食対策の世界市場について調査・分析し、石油&ガスの腐食対策の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:市場動向分析 - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:競争要因分析 - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:セクター別 ・アップストリーム ・ミッドストリーム ・ダウンストリーム - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:種類別 ・塗装 ・防止剤 ・コーティング ・その他 - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:場所別 ・陸上油田 ・海底油田 - 石油&ガスの腐食対策の世界市場:主要地域別分析 - 石油&ガスの腐食対策の北米市場規模(アメリカ市場等) - 石油&ガスの腐食対策のヨーロッパ市場規模 - 石油&ガスの腐食対策のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石油&ガスの腐食対策の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))の概要 ・脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy (SMA))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • ゼラチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゼラチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼラチンの世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用複合材の世界市場予測(~2023年):金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、船舶用複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材)分析、船舶タイプ(モーターボート、ヨット、クルーズ船)分析、船舶用複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チリの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • IoTプラットフォームの世界市場
    当調査レポートでは、IoTプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoTプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の概要 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬 …
  • 乾癬性関節炎治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • 光アイソレータの世界市場予測・分析
  • セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフクリーニングガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、コーティングタイプ(水性、油性)別分析、用途(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)別分析、セルフクリーニングガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 潜水艦用非大気依存推進(AIP)システムの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、潜水艦用非大気依存推進(AIP)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦用非大気依存推進(AIP)システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は潜水艦用非大気依存推進(AIP)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、United Shipbuilding Corporation、Saab、Thyssenkrupp、United Technologies等です。
  • ライフサイエンス用装置の世界市場:クロマトグラフィー装置、フローサイトメトリー装置、分光装置、PCR、顕微鏡、イムノアッセイ、遠心分離機、電気泳動装置、NGN、ウエスタンブロッティング
    当調査レポートでは、ライフサイエンス用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、ライフサイエンス用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の概要 ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovaria …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"