"衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7367)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The increasing need for high-resolution satellite imagery for data analytics, geospatial analytics, and deriving business intelligence, among others, are expected to fuel the growth of the satellite data services market across the globe.
The satellite data services market size is projected to grow from USD 7.5 billion in 2019 to USD 23.4 billion by 2025, at a CAGR of 21.0% from 2019 to 2025. Some of the factors that are expected to fuel the growth of the market are the need for satellite imagery data to monitor business operations, use precision agriculture techniques, and understand environmental impact on a global scale, among others.

The environmental segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period due to the rising need for understanding the global impact of pollution on our environment.
Based on vertical, the environmental segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period due to the heavy investments made by countries governments and private organizations globally to stop global warming. In addition to providing updated near-real-time reports on the health status of the Earth, satellite imagery also helps understand the cause & effect, and the solutions needed to stop environmental degradation. Satellite imagery can be used to track oil spills, damage due to excessive deforestation & urbanization, the impact of harmful mining & mineral extraction techniques, air purity, water purity, soil contamination, among others, which has led to its wide adoption and fast growth rate.

The commercial segment is expected to lead the satellite data services market in 2019.
Based on end-use, the commercial segment is estimated to account for the largest share of the satellite data services market in 2019. Spatial analytics is beginning to gain more importance in the business world because of the data-driven decision-making capabilities it offers. Organizations in verticals such as energy & power, transport and shipping, insurance, and engineering & Infrastructure, among others, are using satellite obtained data to make information-driven decisions. Satellite data combined with data analytics and geospatial analytics is in high demand by commercial organizations for applications such as monitoring, project planning, and asset tracking, among others.

The data analytics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Based on service, the data analytics segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Data analytics is the core of this market; without it, companies would not be able to extract valuable insights from satellite imagery. Many private companies and government organizations have worked to develop platforms which use artificial intelligence, machine learning, and big data analytics to extract valuable information from satellite imagery. For example, machine learning can be used to identify crops, the stage of growth it is in, and the necessary environment and nutrients it requires at that stage in growth.

North America is estimated to account for the largest share of the Satellite Data services Market in 2019.
North America is expected to lead the Satellite data services Market by region in 2019. The market in the geography is highly competitive, owing to the presence of many satellite operators and satellite data service providers such as Satellite Imaging Corporation, Harris Geospatial Services, Planet Labs, Inc. DigitalGlobe, Inc., among others. Extensive use of satellite imagery data and data analytics for both, commercial and government & military organizations, is expected to drive the growth of the satellite data services market in North America during the forecast period.
The break-up of the profiles of primary participants in the Satellite data services Market is as follows:
• By Company Type: Tier 1–35%; Tier 2–45%; and Tier 3–20%
• By Designation: C Level Executives–35%; Directors–25%; and Others–40%
• By Region: North America–45%; Europe–20%; Asia Pacific–30%; and Middle East & Africa, and South America–5%
Major players operating in the Satellite Data Services market include Airbus SE (Netherlands), Harris Geospatial Solutions, Inc (US), DigitalGlobe (US), Satellite Imaging Corporation (US), Planet Labs, Inc.(US), ICEYE (Finland), URSA Space Systems (US), SATPALDA Geospatial Services (India), Earth-i Ltd. (UK) and Land Info Worldwide Mapping (US) among others.

Research Coverage
This market study covers the Satellite data services Market across various segments and subsegments. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments based on vertical, end-use, service, and region. This study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments undertaken by them, and key market strategies adopted by them.

Reasons to Buy this Report
This report is expected to help market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall Satellite data services Market and its segments. This study is also expected to provide region wise information about the applications, wherein satellite data services are used. This report aims at helping the stakeholders understand the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. This report is also expected to help them understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Objectives of Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Study Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2 Market Definition & Scope
2.2.1 Primary Data
2.2.1.1 Key Data From Primary Sources
2.2.1.2 Breakdown of Primaries
2.2.2 Segment Definitions
2.2.2.1 Satellite Data Service Market, By Vertical
2.2.2.2 Satellite Data Service Market, By End Use
2.2.2.3 Satellite Data Service Market, By Service
2.2.3 Exclusions
2.3 Market Size Estimation & Methodology
2.3.1 Bottom Up Approach
2.3.2 Market Sizing & Forecasting
2.3.3 Top-Down Approach
2.4 Data Triangulation
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Satellite Data Service Market
4.2 Satellite Data Service Market in Energy & Power, By Application
4.3 Satellite Data Service Market in Defense & Security, By Application
4.4 Spatial Image Data Service Market, By Type
4.5 Satellite Data Service Market for Data Analytics, By Type
4.6 Satellite Data Service Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Privatization of the Space Industry
5.2.1.2 Growing Need for Enterprises to Ensure Their Market Competitiveness
5.2.1.3 Significant Advancements in Geospatial Imagery Analytics With the Introduction of AI and Big Data
5.2.1.4 Increasing Demand for Earth Observation Small Satellites
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Implementation of Various Government Regulations
5.2.2.2 Lack of Dedicated Launch Vehicles for Small Satellites
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of 4D Gis Software With Satellite Data
5.2.3.2 Growing Newspace Movement
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Failure of Satellite Launch Vehicles and Satellites
6 Industry Trends (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Evolution of Earth Observatory Systems
6.3 Emerging Trends
6.3.1 Artificial Intelligence for Analytics-Based Decision Making
6.3.2 Advancement in On-Board Sensor Technologies
6.3.3 Cloud Computing for Image Storage and Analysis
6.3.4 Adoption of Full Motion Video for Military Purpose
6.3.5 Data Analytics and Processing
6.3.6 Increasing Usage of Hyperspectral and Multiple-Spectral Imaging in Data Analysis
6.3.7 Real-Time Acquisition and Processing Integrated Data Systems (Rapids)
6.4 Cost Estimation/Comparison
6.4.1 Imagery and Radar Data From Space
6.4.2 Electro-Optic (Eo) and Synthetic Aperture Radar (SAR) Image Pricing
6.5 Innovations & Patent Registrations
7 Satellite Data Services Market, By Vertical (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Energy & Power
7.2.1 Mining and Mineral Exploration
7.2.1.1 Efficiency in Planning and Operations Through Satellite Data to Aid Exploration
7.2.2 Oil and Gas Operation
7.2.2.1 Remote Monitoring Via Satellite to Enhance Security in Operations
7.2.3 Pipeline and Transmission Survey
7.2.3.1 Quick Turnaround Time in Assessment of Pipelines Via High-Resolution Satellite Imagery
7.3 Engineering & Infrastructure
7.3.1 3D Urban and Terrain Modeling (DTM)
7.3.1.1 Urban Infrastructure Planning Via Artificial Intelligence, Big Data, and 3D Models
7.3.2 Airport Mapping
7.3.2.1 Improving Airport Operations By Identifying Bottlenecks in Resource Utilization
7.3.3 Land & Urban Management
7.3.3.1 Strategic Planning of Land Use and Urban Development Via Gis Maps
7.4 Defense & Security
7.4.1 Maritime and Land Surveillance Activities
7.4.1.1 Satellite Imagery for Near Real-Time Monitoring of Maritime and Land Activities
7.4.2 Critical Infrastructure Protection
7.4.2.1 Protection and Monitoring of Assets Via Satellite Data
7.4.3 Crime Mapping
7.4.3.1 Enhanced Geospatial Visualization and Artificial Intelligence Technology to Predict Crime
7.4.4 Monitoring of Airfields
7.4.4.1 Need for Real-Time Data From Defense Organizations
7.5 Environmental
7.5.1 Global Climate Change
7.5.1.1 Understanding the Cause-Effect Relationship of Human Activity and Plans for Rectification
7.5.2 Land Cover and Change Detection
7.5.2.1 Efficient Planning and Utilization of Limited Land Resources
7.5.3 Air & Water Pollution
7.5.3.1 Mapping of Risk Areas Via Satellite Imagery to Combat Pollution
7.5.4 Natural Disasters
7.5.4.1 Quick Relief, Evacuation, and Damage Estimation Via Satellite Data
7.5.5 Natural Hazards
7.5.5.1 Mapping the Estimated Loss and Expected Repercussions Caused By Natural Hazards
7.6 Agriculture
7.6.1 Crop Type Identification
7.6.1.1 Enable Quick Classification and Species of Crop Using Satellite Imagery and Machine Learning
7.6.2 Precision Farming
7.6.2.1 Need for Increased Yield in A Limited Field Size to Combat Projected Food Deficit
7.7 Maritime
7.7.1 Ports & Harbors Monitoring
7.7.1.1 Use of Geospatial Intelligence With Bathymetric Data to Improve Efficiency
7.7.2 Coastal Management (Survey Waters, Detect Vessels, Track Activities)
7.7.2.1 Tracking Vessels and Automatic Identification of Non-Communicative Vessels
7.8 Forestry
7.8.1 Analyze the Impact of Deforestation on the Environment
7.9 Transportation & Logistics
7.9.1 Adoption of Satellite Imagery for Infrastructure Management
7.10 Insurance
7.10.1 Flood Monitoring
7.10.1.1 Quickly Assess the Estimated Damage and Verify Integrity of Claims Via Satellite Data
7.10.2 Property Damage Estimation
7.10.2.1 Accurately Estimate Damage Caused to Property Due to Natural Calamities
8 Satellite Data Services Market, By End Use (Page No. – 77)
8.1 Introduction
8.2 Government & Military
8.2.1 National Space Agencies
8.2.1.1 Increased Use for Planet Monitoring By Space Agencies
8.2.2 Departments of Defense
8.2.2.1 Need for Real-Time Actionable Insights for Remote Operations
8.2.3 National Security Agencies
8.2.3.1 Wide Adoption for Monitoring Borders, and Critical Infrastructure
8.2.4 Academic and Research Institutions
8.2.4.1 Increased Use of High-Resolution Imagery and SAR for Academic Research
8.2.5 Departments of Environment & Agriculture
8.2.5.1 Precision Agriculture for Increasing Yield
8.2.6 National Mapping & Topographic Agencies
8.2.6.1 Up-To-Date Mapping of Geological Structures
8.2.7 Others
8.3 Commercial
8.3.1 Geological Companies
8.3.1.1 Extensive Use in the Collection of Data for Scientific Databases
8.3.2 Mapping and Cartographic Companies
8.3.2.1 Creation of Basemaps for Other Industrial Applications
8.3.3 Mining, Oil, and Gas Companies
8.3.3.1 Monitoring Pipelines Via Satellite in Near Real-Time
8.3.4 Transport, Construction, and Infrastructure Companies
8.3.4.1 Track Large Project Developments, Shipping Routes, and Construction Sites
8.3.5 Satellite Operators/Owners
8.3.5.1 Increased Demand for Satellite Imagery From Various Industries for New Use Cases
8.3.6 Media and Entertainment
8.3.6.1 Use in Films for Adding Realistic Scenery
8.3.7 Others
9 Satellite Data Services Market, By Service (Page No. – 84)
9.1 Introduction
9.2 Image Data
9.2.1 Spatial
9.2.1.1 Very High Resolution
9.2.1.1.1 Wide Application in Defense and Security
9.2.1.2 High Resolution
9.2.1.2.1 Used in Pipeline Monitoring
9.2.1.3 Medium-Low Resolution
9.2.1.3.1 Need for Tracking Land Cover Changes at A Global Level
9.2.2 Spectral
9.2.2.1 Demand for Basemaps in Urban Development
9.2.3 Temporal
9.2.3.1 Increased Use in 3D Urban and Land Use Mapping
9.2.4 Radiometric
9.2.4.1 Increased Use in Natural Resource Monitoring
9.3 Data Analytics
9.3.1 Image Data Processing
9.3.1.1 Pan-Sharpening
9.3.1.1.1 Growing Demand for High-Resolution Images
9.3.1.2 Orthorectification
9.3.1.2.1 Increased Use of Topographically Diverse Landscape in Various Verticals
9.3.1.3 Mosaicking
9.3.1.3.1 Application of Mosaicking in Creating 3D Terrain Maps
9.3.1.4 Cloud Patching
9.3.1.4.1 Application of Cloud Patching in Creating GIS Maps
9.3.2 Feature Extraction
9.3.2.1 Need for Urban Monitoring Via Satellite to Assess Development
9.3.3 Digital Models
9.3.3.1 Digital Terrain Models (DTM)
9.3.3.1.1 Need for Basemaps Which Include Natural Features
9.3.3.2 Digital Surface Models (DSM)
9.3.3.2.1 Requirement for Vegetation Management
9.3.3.3 Digital Elevation Models (DEM)
9.3.3.3.1 Used as A Basemap for Other Applications
9.3.4 Classification
9.3.4.1 Object Classification Or Identification
9.3.4.1.1 Need to Identify and Classify Objects as Friend Or FOE
9.3.4.2 Land Cover and Change Detection
9.3.4.2.1 Monitoring the Impact of Urbanization on the Land and Environment
10 Satellite Data Services Market, By Region (Page No. – 93)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Rapid Adoption of Artificial Intelligence in Satellite Imagery
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Use of Satellite Data for Navigation Map Creation
10.3 Europe
10.3.1 Russia
10.3.1.1 Multiple Planned Launches of Satellites for Earth Observation
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Need for Satellites to Monitor Forests
10.3.3 France
10.3.3.1 Use of Satellite Imagery for Climate Prediction
10.3.4 UK
10.3.4.1 Increase in the Use of Remote-Sensing Satellites for Marine Applications
10.3.5 Netherlands
10.3.5.1 Use of Satellite Imagery for Asset Integrity Monitoring
10.3.6 Spain
10.3.6.1 Increasing Use of Satellites for Military Operations
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Multiple Planned Launches of Satellites for Earth Observation
10.4.2 Australia
10.4.2.1 Increased Use of Imagery for Urban Planning
10.4.3 India
10.4.3.1 Need for Satellite Imagery for Precision Farming
10.4.4 Japan
10.4.4.1 Use of Satellite Imagery to Monitor Volcanic Activity
10.4.5 South Korea
10.4.5.1 Monitoring Environment & Climate Change Via Satellite Imagery
10.4.6 Singapore
10.4.6.1 Use of Satellites for Monitoring Oil and Gas Operations
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Israel
10.5.1.1 Multiple Planned Launches of Satellites for Military Support
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Need for Satellites to Monitor Oil Fields and Shipping Routes
10.5.3 Turkey
10.5.3.1 Use of Satellite Imagery for Military Applications
10.5.4 South Africa
10.5.4.1 Increase in the Use of Remote-Sensing Satellites for Precision Farming
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Use of Satellite Imagery and Analytics for Environmental Monitoring
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Use of Satellite Imagery to Monitor Energy & Power Operations
11 Competitive Landscape (Page No. – 133)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Analysis
11.3 Market Ranking Analysis, 2018
11.4 Competitive Leadership Mapping
11.4.1 Visionary Leaders
11.4.2 Innovators
11.4.3 Dynamic Differentiators
11.4.4 Emerging Companies
11.5 Strength of Product Portfolio
11.6 Business Strategy Excellence
11.7 Competitive Scenario
11.7.1 New Product Launches
11.7.2 Contracts
11.7.3 Partnerships, Agreements, and Collaborations
12 Company Profiles (Page No. – 145)
(Business Overview, Products/Services/Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Satellites Used, Use Cases, and MnM View)*
12.1 Airbus Se
12.2 Digitalglobe, Inc. (Maxar Technologies)
12.3 Harris Geospatial Solutions, Inc.
12.4 Planet Labs, Inc.
12.5 Satellite Imaging Corporation
12.6 Iceye
12.7 Ursa Space Systems
12.8 Satpalda Geospatial Services
12.9 Earth-I Ltd.
12.10 Land Info Worldwide Mapping
12.11 Imagesat International (ISI)
12.12 Ceinsys Tech Ltd.
12.13 East View Geospatial
12.14 Trimble Inc.
12.15 Spectir
12.16 Geospatial Intelligence Pyt. Ltd.
12.17 Gisat S.R.O.
12.18 Planetobserver
12.19 Bird.I Ltd.
12.20 Blacksky
*Details on Business Overview, Products/Services/Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Satellites Used, Use Cases, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 198)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年9月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7367
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フランスのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイポーラデバイス・マイクロシザーズ市場規模、用途別(バイオポーラ鉗子、マイクロシザーズ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場概要 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場環境 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場動向 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場規模 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:業界構造分析 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:用途別(バイオポーラ鉗子、マイクロシザーズ) ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズの北米市場規模・予測 ・バイポーラデバイス・マイクロシザーズのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バイポーラデバイス・マイクロシ …
  • エリアスキャンカメラの世界市場予測2019-2024
    「エリアスキャンカメラの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、CMOS、CCDなど、用途別には、Defect Detection、Size Measurement、Semiconductor Industry、Pharmaceutical industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。エリアスキャンカメラのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・エリアスキャンカメラの世界市場概要(サマリー) ・エリアスキャンカメラの企業別販売量・売上 ・エリアスキャンカメラの企業別市場シェア ・エリアスキャンカメラの世界市場規模:種類別(CMOS、CCD) ・エリアスキャンカメラの世界市場規模:用途別(Defect Detection、Size Measurement、Semiconductor Industry、Pharmaceutical industry、Others) ・エリアスキャンカメラの米州市場規 …
  • 抗てんかん薬の世界市場予測
    当調査レポートでは、抗てんかん薬の世界市場について調査・分析し、抗てんかん薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・抗てんかん薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・抗てんかん薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・抗てんかん薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ノルウェーの装具市場見通し
  • 世界のバリダマイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のバリダマイシン市場2015について調査・分析し、バリダマイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの専門オンラインコース市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの専門オンラインコース市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの専門オンラインコース市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無線モデムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無線モデムの世界市場について調査・分析し、無線モデムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無線モデムシェア、市場規模推移、市場規模予測、無線モデム種類別分析(ライセンスフリー帯域、UHF、Wi-Fi、VHF)、無線モデム用途別分析(政府・防衛、交通、電子・電気、鉱業・石油、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無線モデムの市場概観 ・無線モデムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無線モデムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無線モデムの世界市場規模 ・無線モデムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無線モデムのアメリカ市場規模推移 ・無線モデムのカナダ市場規模推移 ・無線モデムのメキシコ市場規模推移 ・無線モデムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無線モデムのドイツ市場規模推移 ・無線モデムのイギリス市場規模推移 ・無線モデムのロシア市場規模推移 ・無線モデムのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • スケールアウトNASの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スケールアウトNASの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、ストレージ技術別分析、企業規模別分析、産業別分析、スケールアウトNASの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝炎治療の世界市場分析:病気別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、肝炎治療の世界市場について調査・分析し、肝炎治療の世界市場動向、肝炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界の金属加工油剤市場について調査・分析し、世界の金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)サービスの世界市場:超音波探傷試験、放射線透過試験、渦電流探傷試験、磁粉探傷試験、アコースティック・エミッション、テラヘルツ画像法、目視試験
    当調査レポートでは、非破壊検査(NDT)サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、非破壊検査(NDT)サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の心臓血管手術装置市場見通し
  • 廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場見通し2016-2026
    当調査レポートでは、廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場について調査・分析し、廃棄物エネルギー回収(WtE)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. 廃棄物エネルギー回収市場の概要 3. 廃棄物エネルギー回収の世界市場 2016-2026 4. 欧州の廃棄物エネルギー回収市場 2016-2026 5. アジア太平洋の廃棄物エネルギー回収市場 2016-2026 6. 北米の廃棄物エネルギー回収市場 7. その他地域の廃棄物エネルギー回収市場予測 2016-2026 8. 廃棄物エネルギー回収市場のPEST分析 2016-2026 9. 専門家の意見 10. 廃棄物エネルギー回収市場における主要企業 11. 結論 12. 用語集
  • 産業用ヘンプの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、産業用ヘンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ヘンプシード、ヘンプシードオイル、ヘンプファイバー、およびCBDヘンプオイル)分析、用途別(食品、飲料、パーソナルケア製品、繊維製品、医薬品)分析、由来別(有機、従来)分析、産業用ヘンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、産業用ヘンプの世界市場規模が2019年46億ドルから2025年266億ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。
  • 中国の配線用遮断器(MCCB)市場2015
    本調査レポートでは、中国の配線用遮断器(MCCB)市場2015について調査・分析し、配線用遮断器(MCCB)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の建設市場におけるコントラクター(ゼネコン)及び下請業者の重要成功要因
  • 韓国のポリプロピレン市場(~2019)
  • エアフレッシュナーの世界市場:製品種類別(スプレー/エアゾール、電気芳香剤、ゲル芳香剤、キャンドル芳香剤、その他のエアフレッシュナー)、用途別(家庭、企業、車、その他)、顧客タイプ別(個人顧客、企業顧客)
    本資料は、エアフレッシュナーの世界市場について調べ、エアフレッシュナーの世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(スプレー/エアゾール、電気芳香剤、ゲル芳香剤、キャンドル芳香剤、その他のエアフレッシュナー)分析、顧客タイプ別(個人顧客、企業顧客)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エアフレッシュナーの世界市場概要 ・エアフレッシュナーの世界市場環境 ・エアフレッシュナーの世界市場動向 ・エアフレッシュナーの世界市場規模 ・エアフレッシュナーの世界市場:製品種類別(スプレー/エアゾール、電気芳香剤、ゲル芳香剤、キャンドル芳香剤、その他のエアフレッシュナー) ・エアフレッシュナーの世界市場:用途別(家庭、企業、車、その他) ・エアフレッシュナーの世界市場:顧客タイプ別(個人顧客、企業顧客) ・エアフレッシュナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアフレッシュナーの北米市場規模・予測 ・エアフレッシュナーのアメリカ市場規模・予測 ・エアフレッシ …
  • 自動車用軽量素材の世界市場予測2019-2024
    「自動車用軽量素材の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、金属合金、高張力鋼 (HSS)など、用途別には、Passenger Car、Commercial Vehicleなどに区分してまとめた調査レポートです。自動車用軽量素材のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動車用軽量素材の世界市場概要(サマリー) ・自動車用軽量素材の企業別販売量・売上 ・自動車用軽量素材の企業別市場シェア ・自動車用軽量素材の世界市場規模:種類別(金属合金、高張力鋼 (HSS)) ・自動車用軽量素材の世界市場規模:用途別(Passenger Car、Commercial Vehicle) ・自動車用軽量素材の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動車用軽量素材のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動車用軽量素材の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動車用軽量素材の …
  • 人工知能(AI)プラットフォームの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、人工知能(AI)プラットフォームの世界市場について調べ、人工知能(AI)プラットフォームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、人工知能(AI)プラットフォームの市場規模をセグメンテーション別(展開別(オンプレミス、クラウドベース)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は人工知能(AI)プラットフォームの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均28%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・人工知能(AI)プラットフォームの市場状況 ・人工知能(AI)プラットフォームの市場規模 ・人工知能(AI)プラットフォームの市場予測 ・人工知能(AI)プラットフォームの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(オンプレミス、クラウドベース) ・人工知能(AI)プラットフォームの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ガス処理の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガス処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(アミン、非アミン)分析、用途別(酸性ガスの除去、脱水)分析、ガス処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用ドローンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商業用ドローンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用ドローン市場規模、製品別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、エンドユーザー(インフラ、農業、公共安全、エネルギー、メディア・エンターテインメント、保険、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3D Robotics, Aeryon Labs, DJI, Parrot, Strat Aeroなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用ドローンの世界市場概要 ・商業用ドローンの世界市場環境 ・商業用ドローンの世界市場動向 ・商業用ドローンの世界市場規模 ・商業用ドローンの世界市場:業界構造分析 ・商業用ドローンの世界市場:製品別(ソフトウェア、ハードウェア) ・商業用ドローンの世界市場:エンドユーザー(インフラ、農業、公共安全、エネルギー、メディア・エンターテインメント、保険、その他) ・商業用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用ドローンの北米市 …
  • 配電自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、配電自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(フィールドデバイス、ソフトウェア・サービス、通信技術)分析、ユーティリティの種類別(公共、民間)分析、配電自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液バンク用冷蔵庫の米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液バンク用冷蔵庫の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液バンク用冷蔵庫の米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軟骨修復・軟骨再生の世界市場予測(~2021):治療法別(軟骨細胞移植、増殖因子技術、組織スキャフォールド、無細胞コンポジット)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、軟骨修復・軟骨再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、治療法別分析、用途別分析、地域別分析、軟骨修復・軟骨再生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場:フロアタイル、壁タイル
    当調査レポートでは、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低電圧遮断器市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧遮断器市場2016について調査・分析し、低電圧遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用冷凍設備の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、産業用冷凍設備の世界市場について調査・分析し、産業用冷凍設備の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別産業用冷凍設備シェア、市場規模推移、市場規模予測、産業用冷凍設備種類別分析(冷凍圧縮機、蒸発ユニット、工業用ラック、熱交換器、その他)、産業用冷凍設備用途別分析(飲食料品製造、化学製品・医薬品、エネルギー、ロジスティックス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・産業用冷凍設備の市場概観 ・産業用冷凍設備のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・産業用冷凍設備のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・産業用冷凍設備の世界市場規模 ・産業用冷凍設備の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・産業用冷凍設備のアメリカ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のカナダ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のメキシコ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・産業用冷凍設備のドイツ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のイギリス市場規 …
  • 世界のデータ暗号化市場規模・予測:種類別(ファイルシステム暗号化、アプリケーションレベル暗号化)導入方式別(オンプレミス、クラウド)、産業別(金融、医療、政府、通信・IT、小売)、地域別(北米、欧州、アジア太平洋、中南米、その他)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータ暗号化市場について調査・分析し、世界のデータ暗号化市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータ暗号化関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 消化器内視鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消化器内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消化器内視鏡の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)
    本調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)分析、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)分析、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ) ・エアブレーキシステムの世界市場:構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他) ・エアブレーキシステムの世界市場:車両種類別(トラック、バス、鉄道車両) ・エアブレーキシステムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 生鮮加工肉の世界市場
    当調査レポートでは、生鮮加工肉の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生鮮加工肉の世界市場:種類別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:製品別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:食肉別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:流通別分析/市場規模 ・生鮮加工肉の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生鮮加工肉のアメリカ市場規模予測 ・生鮮加工肉のヨーロッパ市場規模予測 ・生鮮加工肉のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 血液加温器/標本加温器の世界市場予測(~2022年):血、胚、卵子、精液
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血液加温器/標本加温器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サンプル別分析、需要先別分析、地域別分析、血液加温器/標本加温器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における歯科用ウォーターピック市場2018-2023
    本調査レポートでは、歯科用ウォーターピックの世界市場について調査・分析し、歯科用ウォーターピックの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型)、用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、歯科用ウォーターピックの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・歯科用ウォーターピックの世界市場概要 ・歯科用ウォーターピックの企業別市場シェア ・歯科用ウォーターピックの地域別市場規模 ・歯科用ウォーターピックの種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型) ・歯科用ウォーターピックの用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他) ・歯科用ウォーターピックの主要企業分析 ・歯科用ウォーターピックの北米市場規模 ・歯科用ウォーターピックの米国市場規模 ・歯科用ウォータ …
  • ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場規模及び予測、コントローラー別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカーのインド市場
  • 建設足場レンタルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、建設足場レンタルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、建設足場レンタル市場規模、用途別(新築、改装、解体)分析、製品別(仮設足場、移動式足場、吊り式足場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Altrad, Ashtead Group, BRAND ENERGY AND INFRASTRUCTURE SEVICES, Condor, MONDRAGON S. COOP, United Rentalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・建設足場レンタルの世界市場概要 ・建設足場レンタルの世界市場環境 ・建設足場レンタルの世界市場動向 ・建設足場レンタルの世界市場規模 ・建設足場レンタルの世界市場:業界構造分析 ・建設足場レンタルの世界市場:用途別(新築、改装、解体) ・建設足場レンタルの世界市場:製品別(仮設足場、移動式足場、吊り式足場) ・建設足場レンタルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設足場レンタルの北米市場 …
  • 医療用テキスタイルの世界市場2018-2022
    医療用テキスタイルは、衛生、健康、およびプライベートケアやそれらの製品における使用、ならびに外科手術用途に使用されるよう設計されたテキスタイル材料です。医療用テキスタイルの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率4.23%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Asahi Kasei、Cardinal Health、Freudenberg、Getinge、KCWW、Schouwなどです。 当調査レポートでは、医療用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用テキスタイル市場規模、用途別(外科手術、ヘルスケア・衛生用品、体外用)分析、製品タイプ別(織物、不織布、編み織物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用テキスタイルの世界市場概要 ・医療用テキスタイルの世界市場環境 ・医療用テキスタイルの世界市場動向 ・医療用テキスタイルの世界市場規模 ・医療用テキスタイルの世界市場:業界構造分析 ・医療 …
  • 中国のサファイアインゴット市場2015
    本調査レポートでは、中国のサファイアインゴット市場2015について調査・分析し、サファイアインゴットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 乳腺腫瘍摘出術の世界市場
    当調査レポートでは、乳腺腫瘍摘出術の世界市場について調査・分析し、乳腺腫瘍摘出術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳腺腫瘍摘出術の世界市場:市場動向分析 - 乳腺腫瘍摘出術の世界市場:競争要因分析 - 乳腺腫瘍摘出術の世界市場:製品別 ・手術道具 ・システム - 乳腺腫瘍摘出術の世界市場:エンドユーザー別 ・病院&統合乳癌センター ・外来外科センター(ASC) - 乳腺腫瘍摘出術の世界市場:主要地域別分析 - 乳腺腫瘍摘出術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳腺腫瘍摘出術のヨーロッパ市場規模 - 乳腺腫瘍摘出術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳腺腫瘍摘出術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:用途別(病院、大規模診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場について調べ、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(病院、大規模診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場概要 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場環境 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場動向 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模:用途別(病院、大規模診療所、その他) ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの北米市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのアメリカ市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのヨーロッパ市 …
  • ブラジルのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • パッケージ型ボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パッケージ型ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージ型ボイラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 新生児スクリーニングの世界市場2015-2022
  • 重質炭酸カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、重質炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重質炭酸カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 炭酸カルシウムは、無機化合物です。炭酸カルシウムは、重質炭酸カルシウムと沈降炭酸カルシウムの二つに分類されます。炭酸カルシウムは、紙、塗料、プラスチック産業など様々な分野で使用されています。Technavio社は重質炭酸カルシウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Imerys• J.M. Huber Corporation • Minerals Technologies • Mississippi Lime Company• Omya等です。
  • ナイジェリアの市場見通し(~2021年)
  • 自動車用ハイパーバイザーの世界市場予測(~2025年)
    自動車用ハイパーバイザーの世界市場は、2018年の9,500万米ドルから2025年には7億7,200万米ドルに達し、この期間中34.90%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度なユーザーインターフェイスにおける革新技術の介入とコネクテッドカーの採用の増加が考えられます。また、車載インフォテインメントにおける仮想化ハイパーバイザーレイヤーは、車両の電気関連アーキテクチャの複雑性を軽減します。一方で、車載アプリケーション用のソフトウェアプラットフォームを開発するための標準プロトコルの欠如は、市場の成長にとって大きな制約となります。当調査レポートでは、自動車用ハイパーバイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(タイプ1、タイプ2)分析、車両の種類(PC、LCV、HCV)分析、エンドユーザー(低価格帯、中価格帯、高価格帯)分析、自動運転レベル(自動、半自動)分析、自動車用ハイパーバイザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)のフェーズ3治験薬の状況 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬の市場規模(販売予測) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"